タグ:龍真咲

 昨日の夕方、わたしは17時になると千代田区内に流れ響く「夕焼け小焼け」が耳に入った瞬間、PCをシャットダウンし、直ちに会社を出る準備を始めた。というのも、ちょっと前にわたしのヅカ友の美しいお姉さまから連絡があり、「4/16月曜日の夜の帝劇のチケットが余ってるけれど、あなた、いかがかしら?」というお誘いをいただいたためである。社交辞令でなく、恐らく出会った人は10人中10人が美人だと思うお姉さまのお誘いをわたしが断るはずもなく「押忍! あっしでよろしければ、ぜひ、お供つかまつります!」と元気に返事をし、昨日は17時定時ダッシュで有楽町へ向かい、帝国劇場、略して帝劇に赴いた次第である。
 そして現在帝劇にて上演されているのは、こちらの作品であります。
1789-01
 うお、相変わらず写真の才能ねえなあ……、それはともかく。
 そうです。かつて、2015年に宝塚歌劇団の月組によって日本で初演された『1789―バスティーユの恋人たち―』であります。この作品は、その後2016年に東宝・帝劇版として普通に男優も交えたミュージカルとして上演され、今回はその再演、な訳であります。
 わたしは当然2015年の月組公演を観ていて、そのストーリーは「一人の平民の目から見たフランス革命」という点でとても興味深く、また歌も非常にカッコ良く(本作はフレンチロック・ミュージカルで、歌が少しロックテイスト)、大変面白かった記憶はあるのだが、実は歌詞などはかなり忘れていて、わたしが覚えていることと言えば、ヒロインを演じた海乃美月ちゃんが(以下:うみちゃん)が超絶可憐で可愛かったことぐらいである。なんでも、昨日一緒に観に行った美女曰く、宝塚版と今回の東宝版とでは、歌詞は基本変わっていないそうだ。去年赤坂ACTシアターで観た『スカーレット・ピンパーネル』では、宝塚版と梅芸男優アリ版は全ての歌詞が変わっていたのと比べると、へえ、そうなんだ、である。
 で。物語をまずは簡単にまとめておこう。時は1788年、革命前夜のフランスである。既に財政破綻まっしぐらのブルボン王朝は、平民への課税をさらに重くし、地方では貧窮にあえいでいた。地方の農民、ロナン・マズリエは、父を役人に殺され、パリへ上り、そこでマクシミリアン・ロベスピエールジョルジュ・ダントンカミーユ・デムーランという3人の革命を志す若者たちと知り合い、印刷所で働くことになるが、田舎に残してきた妹もパリに来ていて、おまけに娼婦に身をやつし、ダントンの恋人となっていたのだった。
 一方フランス王宮では、夜な夜な遊びまくる王妃マリー・アントワネットとフランス王ルイ16世の夫婦仲は冷めていて、アントワネットは「ベルばら」でもお馴染みのスウェーデン貴族ハンス・アクセル・フォン・フェルゼンとの情事に夢中であった。フランス財政の破たんは目の前であり、ルイ16世の弟、シャルル・アルトワ伯爵(後のシャルル10世)は王妃のスキャンダルを利用してフランス国王の座を狙っているという混乱した状況にあった。そんな中、バスティーユに勤務する陸軍中尉の娘、オランプは、王太子ルイ・ジョセフの養育係としてアントワネットの信頼も厚く、フェルゼンとの逢瀬の手引きをしたりしていたため、アルトワ伯配下の秘密警察に目を付けられていた。
 ある日、ロナンはパレ・ロワイヤルで酔っ払って寝ていた時、アントワネットとフェルゼンの密会を目撃してしまい、秘密警察に逮捕拘留されてしまう。ついうっかりロナンに目を引き付けることでアントワネットたちを逃げさせたオランプは、要するに自分のせいでロナンが逮捕されてしまったことに心痛め、バスティーユに拘留されたロナンを脱走させるのだった。そして立場の違う二人には、愛が芽生えてしまいーー「この愛の行方、神さまさえ、知らない」ーーてなお話であります。サーセン、相当はしょりました。
 実は今、わたしはWOWOWで録画した宝塚版を観ながらこれを書いているのだが、やっぱ面白いすねえ! 歌も超イイ! もちろん、昨日の東宝版も非常に良かった。アレすね、やっぱり男たちがいっぱい出てると、その迫力は増加しますな。というわけで、以下、各キャラと演じた役者をメモしていこう。
 ◆ロナン・マズリエ:年齢不詳。10代なのかな? 田舎出身の元農夫。宝塚版で演じたのは当然当時の月組TOPスター龍真咲さん(以下:まさお)。まさお氏はやっぱり、ロナン的なちょっと少年ぽさの残る主人公が似合いますな。そして昨日の東宝版でロナンを演じたのは加藤和樹氏。東宝版は主要キャストがWキャストでVerが複数あるのだが、わたしが観た昨日の配役はこんな感じでした。
1789-02
 今回、ロナンを演じる小池徹平氏と加藤氏なわけだが、わたしのヅカ友の美女曰く、加藤氏の方がお好みだそうだ。わたしも、去年の『Ledy Bess』、今年初めの『マタ・ハリ』と連続で加藤氏を観ているけれど、やっぱりうまいしカッコイイですなあ。おまけに、当たり前というか今さらなんだけど、宝塚版ではキスシーンは美しさ優先で、男のわたしは実はあまりドキドキしないのだけれど、今回のように、本当に女性と男が目の前でラブラブなキスシーンを演じると、やっぱりドキドキしますね。加藤氏がうらやまけしからん思いであります。
 ◆オランプ:ヒロイン。宝塚版もWキャストで、わたしが観た時はうみちゃんが超可憐に演じていたけれど、今わたしの部屋で流れているWOWOW放送Verでは、3日前の土曜日に観た月組公演で卒業を発表している早乙女わかばさんが演じている。そして昨日わたしが観た東宝版でオランプを演じたのは、もう現役時代数多くの作品を観た元星組TOP娘役、夢咲ねねさんであった。ねねちゃんを観るのは、ねねちゃんが退団した2015年以来なのでわたしは3年ぶりだ。相変わらず細く華奢でかわいいですなあ。やっぱりとてもイイすね、ねねちゃんは。意外とアンチがいるらしいけど、わたしはねねちゃんの声と、下がり眉の困った表情が大好きです。久し振りに見るねねちゃんのしょんぼりフェイスは最高でした。Wキャストの神田沙也加ちゃんVerも気になるすね。
 ◆マリー・アントワネット:冒頭から1幕終盤までは、浪費家で恋愛脳のダメ女かと思いきや、王太子を亡くしてからは王妃の務めに目覚め、毅然とした態度で王妃らしく役目を全うしようとする。この変化が本作の見どころの一つと言っていいだろう。宝塚版で演じたのは当然月組が誇る最強プリンセス愛希れいかさん(以下:ちゃぴ)。ちゃぴのアントワネットぶりはもう本当に最高でしたな。芝居も歌ももうパーフェクト。そしてわたしが昨日観たアントワネットは、なんと宝塚版で主役ロナンを演じたまさお氏である。すっかり女子になったまさお氏。やっぱり可愛いし美人で強力に輝いている女性だ。歌も、やっぱり若干の「まさお節」と呼ばれる独特さは残っているけど、まあとにかく美しいですよ。2幕の毅然としたアントワネットは、ちゃぴ版もまさお版もやっぱりグッとくるっすね。いっそWキャストである凰稀かなめさん(元雪組→元星組→元宙組TOPスター)Verも観てみたいす。
 ◆ソレーヌ・マズリエ:ロナンの妹。パリに出て娼婦となるがダントンの恋人に。しかし、「所詮アイツらはおぼっちゃまよ!」と革命の闘士たちを見ていて、実は一番世の中が見えてる女性なんじゃないかという気もする。宝塚版ではWキャストで、わたしが観たのがどちらの方かもうすっかり忘れたけど、今わたしの横で流れているWOWOW放送版では95期の晴音アキさん。歌うまいすねえ! そして昨日の東宝版で演じていたのが、ミュージカル女優として輝いているソニンちゃんだ。わたしが昨日の公演で一番素晴らしいと思ったのが彼女ですよ。もうそのダンスや歌は別格に迫力があって、そして可愛く、超大絶賛したいと思う。ソニンちゃんはかなりちびっ子なんですね。周りの男たちがデカいのでそのちびっ子さはより目立つけれど、あの小さな体で、全身を使って激しい感情を表現する様は、圧巻の一言ですな。ホントにブラボーでありました。
 ◆ロベスピエール:ご存知のちの恐怖政治家。本作の段階ではまだ理想に燃える弁護士。宝塚版で演じたのは現在の月組TOPスター、BADDYこと珠城りょうさん。そして東宝版で演じたのが、わたしにとってはセイザーX仮面ライダーオーズでアンクを演じたことでお馴染みの三浦涼介くん。とても特徴ある顔立ちのイケメンなので、一発で彼だと分かったのはいいけれど、わたしは彼が歌えることを知らなかったし、キャストも予習していかなかったので、ここで三浦くんに会えるとは、そしてこんなに歌が上手いとは!と、とても驚いた。大変カッコ良かったと思います。今後、また別のミュージカルで彼に会いたいすな。
 ◆ダントン:ロベスピエールの盟友で議員。後にロベスピエールと袂を分かち処刑される運命に。本作ではまだ若き議員として革命に燃える男。宝塚版で演じたのは、今年退団された沙央くらまさん(以下:コマちゃん)。確かこの当時は月組から専科に異動したすぐ後ぐらいだったですかね。そして東宝版で演じたのは、去年観た『スカーレット・ピンパーネル』で怒れるロベスピエール閣下を超熱演し、同時に超お気楽バカ殿めいたプリンス・オブ・ウェールズの二役を演じられていた上原理生さんですよ! 藝大声楽科出身の美声はハンパないすね。今回も暑苦しく(ホメ言葉)、最強のダントンでした。
 ◆デムーラン:革命三人衆の一人。宝塚版で演じられたのは、当時月組で現在専科のカチャ、でお馴染み凪七瑠海さん。そして東宝版で演じたのが渡辺大輔氏。わたしにとって彼は4代目手塚部長なのだが、順調にキャリアを積んで、様々なミュージカルに出演されてますな。
 ◆アルトワ伯:ルイ16世の弟であり、本作での一番の悪党。歴史上、革命期はさっさとイギリスに逃れ、後にナポレオン失脚後の王政復古でシャルル10世として即位し、反動政治を敷いて7月革命で再びイギリスに逃げて終了、な人。宝塚版ではこのアルトア伯が超ヤバイ人物で、演じた美弥るりかさん(以下:みやちゃん)の強烈なビジュアルとともに、一番?印象に残る悪い人。みやちゃんのアルトア伯はホント最高でした。しかし東宝版では、まあ、ひどい言葉で言うと単なる悪党のおっさんで、メイクもなんか歌舞伎めいたもので、わたし的には圧倒的にみやちゃん版の方が素晴らしかったと存じます。ただ、演じた吉野圭吾氏の歌は相当素晴らしく、役者としての格は断然高いお方でありました。
 ◆フェルゼン伯爵:「ベルばら」でもお馴染みのアントワネットの恋人のスウェーデン貴族。宝塚版では暁千星さん(以下:ありちゃん)が演じたんすね。ゴメン、忘れてたよ。しかし昨日の東宝版で演じた広瀬友祐さんは超カッコ良かった! あ、なんだ、このお方は去年の暮れに観た『屋根の上のバイオリン弾き』のパーチックだったんすね。ええと、次女ホーデルの恋人で革命家の彼すね。そうだったんだ、全然気が付かなかったオレのバカ! ありちゃんには申し訳ないけれど、広瀬フェルゼン様はとにかく殺陣が美しく、なんつうか、体幹のぶれない舞うような殺陣、そして翻るマント、は今回男優の中で一番カッコ良かったと思う。歌もイイし、体も凄くがっちりして数字以上にデカく見えるすね。大変素晴らしかったすな。
 ◆最後は、単なる備忘録として、宝塚版でだれが何を演じたかメモっておこう。
 ・ペイロール(ロナンの父を殺した政府役人):マギーさんでお馴染み星条海斗さん
 ・ルイ16世(錠前作りが趣味のダメ王):さやかさんでお馴染み美城れんさん
 ・ジャック(ロナンの印刷所仲間の市民):としさんでお馴染み宇月颯さん
 ・ペイロール(秘密警察の手下A):美貌のあーさでお馴染み朝美絢さん
 ま、こんなところかな。

 というわけで、もうさっさと結論。
 2015年に観た宝塚歌劇団月組公演『1789―バスティーユの恋人たち―』。その後、2016年に帝劇版として普通の男優も交えたミュージカルとして上演されたわけだが、このたび再演され、わたしも昨晩、美女に誘われて帝劇へ馳せ参じてきた次第である。本作は、歌もイイし、セットや衣装も実に豪華で大変見ごたえのある作品だと思う。物語としても、加藤氏とねねちゃん演じる主人公の二人のアツアツ振りは観ていてドキドキするほどだし、まあ要するに素晴らしい演技であったということだろうと思う。そしてアントワネットを演じたまさお氏も、すっかり女子が板につき、元々美人でかわいいまさおはきっとこれからも素晴らしいシンガーとして、そして女優として活躍するのであろうと改めて思うに至った。わたしとしては、今回のベスト女優はソニンちゃん、そしてベスト男優はフェルゼン様をやけにカッコよく演じた広瀬氏かなあ。とりわけソニンちゃんのパワフルでソウルフルなパフォーマンスは圧巻でした。結論としては、とにかく歌が熱くて、超最高でした。以上。

 付け足し:ちなみに昨日は月曜日、そして現在日比谷で公演中なのは月組、ということで、昨日の帝劇には月組生が観劇に来ていて、わたしでも、あっ!と分かるジェンヌが数名いらっしゃいました。そりゃ見に来るよね、まさお氏の回だし。明らかに、あの方はジェンヌに違いない、というオーラがありますな、やっぱり。

↓ てなわけで、やっぱりBlu-ray買わないとダメすかねえ……WOWOW版では見られない、うみちゃんVerのオランプがもう一度観たいす……。まだキャトルに普通に売ってるのかな?

 はーーー寒し。
 昨日は寒空の中、渋谷のオーチャードホールへ、『エリザベート TAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』 を観に行ってきた。去年の12月に、梅田芸術劇場での大阪公演を観に行った話は以前書いた通りだが、大阪では淋しくぼっち観劇であったけれど、いよいよ東京公演ということで、今回はヅカ友のお姉さんたちとの観劇であったので心強し、である。

 すでに前回の観劇での時に書いた通り、今回の『エリザベート TAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』は、ミュージカル『エリザベート』日本初演20周年を記念したOGたちによるコンサート形式の公演であり、初演キャストバージョン、フルコスチュームバージョン、メモリアルバージョンと3種類の公演があって、昨日わたしが観たのは、「フルコスチュームバージョン」であった。
 大阪で観た「メモリアルバージョン」は、一つの役を複数の演者が入れ替わりながら演じ・歌われたものだったが、今回は(メインの役は)一役一人と固定されている。で、昨日の主なキャストはこんな感じであった。
bunkamura
 というわけで、主に2005年/2009年の月組メンバー中心と言っていいのだろうと思う。なので、2010年1月からヅカを観始めた、ヅカ歴7年のビギナーに過ぎないわたしが現役時代を観て知っている方は、シシィの凪七瑠海さん(通称:カチャ※現役)、ルキーニの龍真咲さん(通称:まさお)、ルドルフの涼紫央さん(通称:とよこさん)、それから大ベテランの磯野千尋さんぐらいだろうか。
 よって、わたしとしては、昨日はとにかく、去年専科へ移動となって、現在も現役ジェンヌとしてバリバリに頑張っているカチャのシシィぶり(何しろカチャは普段は男役なので、女性を演じるのはわたしは初めて観る。ショーではたまに観たことあったけど)と、梅田ではおっそろしく美人できれいなシシィとして登場したまさおの、ノリノリなルキーニを大変楽しみにしていたわけである。
 結論から言うと、カチャのシシィは、なかなか可愛かった。歌も、非常に悪くない。むしろ普段は男役のカチャから考えれば超イイじゃん!と偉そうに思った。あたりまえだけれど、立派?に女子ですよ。そしてやっぱり背が高いですな。実際可愛いと思います。
 そしてまさおの方はというと、梅田でのまさおシシィが超素晴らしかったのは、ホント大阪に行ったかいがあったぜと満足であったわけですが、今回は久しぶりの男役、しかも物語の狂言回しとして重要なルキーニである。しかし全く心配なく、すっかりいつもの、安定のまさお節全開で楽しいルキーニでした。いやあ、シシィの時は完全にまさお節は封印されていたのだけれど、やっぱり男になると、紛れもなくまさおですな。若干信長様も入ってて、わたしとしては大変良かったと思います。やっぱり2幕冒頭の「キッチュ!」のノリは楽しいすね。前回も書いたけれど、まさおはとにかく、素で超美人なので、シシィの時は非常に美しく、そしてルキーニの時はやっぱりイケメンですよ。わたしとしては大変満足でありました。同行のお姉さまたちも、大変満足されていたようだけど、あーん、やっぱり梅田にまさおシシィ観に行けば良かった~~と仰っていたので、だからオレ、行きましょうよってさんざん誘ったのに……と思いつつ、オレは観たもんね~~とプチ自慢してやったのは言うまでもなし、であります。しかしアレですな、今年はないみたいだけれど、今後帝劇版の『エリザベート』が上演される際は、まさおシシィが起用されるんでしょうな、きっと。そしてまたチケットが全然取れないんだろうな……。やれやれです。
 そしてもう一人、わたしは星組イチオシなので、舞台に立つとよこさんも大変ご無沙汰の久しぶりであった。すでに2児の母となったとよこさん。去年二人目が生まれたばっかりだよな? まったくもって体形はわたしの知るとよこさんの、シュッとしたいでたちで、なんというか、すげえな~と感じ入った。そして演じるルドルフは、第2幕からの登場だけど、わたしは青年ルドルフとトート様の「闇が広がる」とか、「皇~帝~ル~ド~ル~フは立ち上がぁ~る~」の場面や、シシィとの「僕はママの~鏡だからママは~」のシーンがかなり好きなので、とよこさんがルドルフを演じるのは大変楽しみにしておりました。そして、やっぱり非常に良かったと思います。なんかとても久しぶりに歌声を聞いたような気がして、大変胸熱でありました。
 しかしアレですな、Bunkamuraオーチャードホールは久しぶりだけど、梅田芸術劇場の方が大きいような気がしますね。梅田は1階の結構前での観劇であったけれど、今回のオーチャードホールは2階席で、まあ、ど真ん中だったので観やすかったけれど、双眼鏡なしではきつかったす。
 そしてやっぱり『エリザベート』は歌が最高ですね。わたしは帝劇版のCDを車でヘビロテで聞いているのですが、2幕で浮気したフランツに絶望したエリザベートに対して、トート様が言うセリフが宝塚版と帝劇版は違うんすよね。
 宝塚版「死ねばいい!」
 帝劇版「それがいい……待っていた!」
 わたしは、帝劇版は城田トート様しか観たことがないのだが、まあ、とにかくここの、「お前がそう言うのを待っていたぞ、フハハハハ!!」的なトート様はおっそろしくカッコ良いと存じます。あと、そういえばストーリーも、性病の話は宝塚版にはほぼなくなってるし、ほんのちょっとだけ、違うんすかね。まあ、わたし的にはどちらも大好きです。
 はーー。やれやれ。実は、2回目ということで、あまり書くことがないのですが、結論としては大変素晴らしかったと思います。わたしはこの観劇後、とあるジェンヌのファンミーティングなるものにぼっち参加し、そちらではすでに退団された同期元ジェンヌがサプライズ乱入したりと、そちらの方が昨日の出来事としては大きく・楽しく・泣けたので、そっちのことを書きたいのだが、Web等での拡散は禁じられているので書けません。そちらももう、本当に大満足の2時間で最高でありました。

 というわけで、結論。
 2回目の観劇となった『エリザベート TAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』は、わたしとしてはやはり、まさおルキーニとカチャシシィを楽しみに劇場へ参上したわけだが、期待通り大変楽しめました。そしていつか、まさおシシィの帝劇版が実現するといいすね。そして宝塚版は……わたしの好み的には、たまきちくんが大きく成長した時、まだちゃぴちゃんが隣にいるなら、その二人でトート様とシシィを演じてほしいなあと思います。もちろん、その時には美弥ちゃんには超ノリノリでルキーニを演じていただきたいですな。フランツじゃなくて。ま、数年のうちにはまたどこかの組で上演されることだと思うので、楽しみにしていたいと思います。以上。

↓ しつこいですが、わたしとしてはみっちゃんのフランツはやっぱり素晴らしいと存じます。みっちゃん……全然チケット獲れないよ……くそう……。
『エリザベート ―愛と死の輪舞―』 [Blu-ray]
宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2014-11-06



 

 突然だが、わたしは今、大阪にいる。梅田の北の方の、安くてぼろいビジネスホテルの一室である。予約を取ったのは昨日の23時頃、すなわち直前である。実は直前まで、来るつもりはなかった、が、来ちゃったのである。一人で。何をしに大阪に来たかって? そんなの決まってますよ。こいつを見に来たのである。
eliza001
 話せば若干長いのだが、手短に済ますとですね、要するに、間違っちまったのです。
 わたしはこのBlogで何度も書いているとおり、宝塚歌劇が大好きなわけです。で、宝塚の演目の中でも、非常に人気の高い『エリザベート』という作品があって、それが今年、初演から20周年であり、その記念として、主にOGを主体としたコンサート公演が行われているわけです。で、そのチケットは、まあ普通には全然取れないもので、わたしも東京公演を1回やっと取れて喜んでいたわけですが、11月になるちょっと前だったかに、追加席の発売があって、どうせダメなんでしょ?と思いながらチケットぴあを覗いたら、普通にするっと買えてしまって、やった―――!! だったわけです。そして、席はどんな席かなあ、いい席だといいなあ、とかのんきに確認メールを見たらですね……やっちまった―――――!!! 東京じゃなくて、大阪の公演を取っちまった―――!!! オレのバカバカバカ!!! というありさまだったわけです。東京は年明け1月中旬に公演があるのですが、オレ……日付しか目に入ってなかったよ……17日、夕方の回、これだ―!! という勢いで買ってしまい、よく見たら1月17日じゃなくて12月17日、だったのです。ホント、自分に呆れるわ……
 なので、わたしも、周囲のヅカ仲間のお姉さんたちに、やっちまったんですけど、買ってくれませんか……? もしくは一緒に行きませんか…? と散々聞いて回ったのだが、もう皆さん、「あら、やっちゃったわね……まあ、ヅカあるあるよそんなのは。あたしも東京公演取ったつもりで大劇場の公演を取っちゃったなんて何度もあるわ。これであなたも一人前ね」みたいなことを片っ端から言われ、誰も一緒に来てくれないし、あまつさえ、わたしも売ろうと思ったけど全然買い手がつかない!!! ので、ならばオレが一人で行くしかねえ!!! 上等だぜ! とまあ、昨日の夜、決心したわけであります。
 というわけで、わたしは今日の昼に東京駅からのぞみ号をぶっ飛ばして大阪に降り立った次第である。いまだに歩きたばこのおっさんがいることには驚いたが、大阪はかなり久しぶりである。まあ、久しぶりとはいえ、大阪はそれなりに地理感もあるので、まずはホテルに荷物を置いて、さっそく初めての梅田芸術劇場に向かってみた。ロフトのあたりも、なんかだいぶ変わったなあ、とか思いつつ、全く迷うことなく劇場に着いたはいいが、時間は16時、開演まで大分時間があったので、ちょっと街をぶらぶらしてみたが、まあ、特にすることもないのでいかにも大阪な古い喫茶店で時間をつぶし、開演となる17時半を待った。
 そして乗り込んだ梅田芸術劇場は、想像よりもかなり大きかった。天井高が非常に高いような気がします。入る前に、入り口のチケットブースを見てみたら「全公演当日券あります」的なことが書いてあった。おいおい、まじかよ、であるが、まあ、席は非常に遠い3階とかなんでしょうな、きっと。
 で。会場は、男客も結構いたけれど、まあズバリ、わたしのようなおっさん一人客は見かけなかったすね。いいよ、別に。もう慣れてるし。そして2000円の公演パンフを買って、劇場内の喫煙ルームでタバコを吸いながらパラパラ読んでいたところ、これまた典型的な大阪のおばちゃん4人組が、本物大阪トークを飛ばしている様をみかけ、そのトークがまた面白くて、ずっとパンフを読んでいる体を装って、大阪のおばちゃんトークを聞いていました。なにやら、コートが邪魔らしく、「ロッカーどっかにあったやろ?」「奥にあるで」「あたしは持っとるからええわ」「なんで?じゃまやんか」「あたしもべつにええわ」「確か奥やったで、ロッカー」「はよいかんとなくなるで」「なんでやの、いれといたらええやんか」「いらんちゅうねん」、みたいな途切れることのないおばちゃんトークは最高に笑えました。
 で。この公演は、実は3種類のバージョンがあって、初演のキャストで演じられるバージョン、フルコスチュームを着用して演じるバージョン、そして過去『エリザベート』に出演したことのあるOGが大勢出演して演じられるアニヴァーサリーバージョンと構成が違っている。今日、わたしが観たのは、3つ目のアニヴァーサリーバージョンで、キャストはこんな感じでした。
eliza_003
 そして、上演時間はこんな感じ。
eliza002
 わたしはこのタイムスケジュールを見て、なんだよ、20時に終わるなら余裕で帰れたじゃん!! ホテル予約する必要なかった!!! とまたも抜かってしまったことを知った。わたしは、きっと3時間ぐらい、つまり21時近くなるだろうから、多分最終の新幹線に間に合わねえ、もし間に合わなかったら最悪だ、と思ったのに。これなら余裕で間に合ったすね……。やれやれだぜ。

 ともあれ。
 わたしはまだ宝塚ファン歴6年11カ月のビギナーなので、実際のところ、今日のキャストで現役時代を観たことがある方は非常に少なく、メイン級では水 夏希さん、霧矢大夢さん、そして夏に卒業されたばかりの龍真咲さん、通称まさおちゃんぐらいしかいない。他の方々は、もちろん名前も顔も知っているが、現役時代を知らない。そんな私がこの公演を楽しめたかというと、実に楽しめたのである。いやー、やっぱり素晴らしかったす。
 水さんはオープニングのトート様だったかな。そして霧矢さんは2幕後半のルキーニ(1幕でちょっとだけフランツもやってたのかな)、そしてまさおちゃんは2幕後半のシシィで、とりわけまさおシシィは、予想よりもずっとずっと素晴らしかった。シシィにしてはデカいけど、歌がですね、きっちり女子ですよ。元々男役のまさおちゃんだけど、抜群に美人だし、実際まさおシシィはとても可愛らしかったですね。まあ、2幕後半の、ずっと黒い服の暗いシシィからの登場だったけれど、歌もいつものまさお節はほとんど感じられない、ストレートに女子でした。つーか、やっぱり本当にこの人は美人だと思う。ラストのトート様を受け入れる純白ドレス姿も素晴らしかったすね。フルコスチュームでないので、ズラではなく髪がまだ短い今のまさおヘアのシシィもとても可愛らしかったですよ。このまさおシシィが観られただけでも、大阪に来てよかったと思いました。
 そのほか、LEGENDクラスのOGたちも、当然のことながら素晴らしかったです。わたしがとても気に入ったのが、ゾフィーを超おっかなく演じた出雲綾さんと、第1幕のシシィをずっと演じた白羽ゆりさんかな。あと、女官長(リヒテンシュタインだっけ?)を演じた紫城るいさんも良かったすね。皆さん、抜群に歌がうまかったです。まあ、あたりまえか。出雲さんは元月組組長で宝塚卒業後、劇団四季にもいたことがあるバリバリのベテランだし、白羽さんも紫城さんも、元TOP娘役だもんな。白羽さんのシシィは特にかわいかったなあ……素晴らしかった。ああ、そうだ、出番は少なかったけど、安蘭けいさんのちびっ子ルドルフもよかったすねえ。大変可愛らしかったです。もちろん、オープニングのルキーニを演じてくれた湖月わたるさんも、2幕冒頭のルキーニを演じてくれた樹里咲穂さんもノリノリで、やっぱりルキーニという役はこうでなくちゃね、という素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。当然、霧矢ルキーニも素晴らしかったです。
 今日の、アニヴァーサリーバージョンは、この通り一つの役を複数の演者が代わる代わる演じていて、まあ、数多くの方々を観て聴くことができたので、わたしとしては大満足である。そして、コンサート、という体裁なので、芝居部分がなく、歌が連続する感じである(※もちろん、歌に入る直前のお芝居はある)。そしてみな、マイクを手に持って歌うので、その辺は通常のミュージカルとは明確に違う。また、このバージョンは衣装は劇中衣装と同じ(全く同じなのか、わからないけれど)で、メイクは抑えめ、そしてズラはほぼなし、という形であった。歌に関しては、わたしはもう帝劇版のCDを車でエンドレスに聞いているので、ほぼ完璧に知っているのでとても楽しめた。これまで知らないOGの皆さんの歌を聞けたのはとても嬉しかったすね。いや、ホントに素晴らしい2時間半でありました。

 というわけで、結論。
 わたしのうっかりミスで取れてしまった、『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』の大阪公演であるが、大変素晴らしく、大阪に来てよかったと心から思う。年明けに、1度だけ再び見る機会があるが、それはフルコスチュームバージョンだったと思うので、今日の公演との違いもまた楽しみにしていたいと思う。まさおシシィは東京では観られないのかな? まさおはやっぱり超美人でありました。そしてやっぱりデカイ! 以上。

↓ はあ……この時にフランツを演じた、愛する北翔海莉さんことみっちゃんにも、ぜひ出演してほしかった……
『エリザベート ―愛と死の輪舞―』 [Blu-ray]
宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2014-11-06

 というわけで、昨日は超暑かったわけだが、そんな中、わたしはヅカ友とともに、TOHOシネマズ新宿へ行ってきた。そして観たのは、昨日、千秋楽を迎え、宝塚歌劇団月組のTOPスター龍 真咲さん(通称:まさお)のファイナルステージとなる『NOBUNAGA<信長>―下天の夢―/Forever LOVE!!』の、劇場ライブ中継である。

  既に、わたしはこの公演を1回観ているし、その時に内容については書いたので、今日は詳しく書くつもりはない。ちなみに同行のMお姉さまは昨日の中継で8回目だというし(マジすげえ!!)、もう一人のMちゃんは3回目、だそうだ。何が言いたいかと言うと、ヅカファンというものは、自らの推しているスターや組の公演を複数回見るのは結構普通のことで、わたしはたいてい1回しか見ないので、実のところわたしの方が、気合の入っていない普通のファン、と見做されてしまってもやむないような、ある種の特殊な常識が存在しているのである。
 ついでに言うと、「劇場ライブ中継」というのも、ヅカファンでない人にはピンと来ないかもしれないので、簡単に説明すると、ここ1年ぐらいかな、東京宝塚劇場での千秋楽は、どの公演も全国の映画館へ生中継されていて、基本的に千秋楽公演のチケットはウルトラ・プラチナチケットなので入手することはほぼ不可能なわけで、それを、映画館で観る、というものだ。しかも今回は、TOPスターの「ラスト・デイ」であり、この「劇場中継」のチケットさえも非常に入手困難で、わたしは行く予定はなかったものの、たまたまチケットを融通してもらって参加したわけである。
 わたしは今回初めて「劇場ライブ中継」を観たのだが、想像と若干違っていて、実のところ、こういう感じなんだ、と若干残念? というか、へえ~と勉強になった。
 まず第一に、「拍手」せずにじっとおとなしく観ているのが一番意外だった。わたしはつい、スターの決めのポーズや歌の締めくくりでは、もう習慣として拍手してしまうのだが、実に映画館内では静かだったのが、わたし的には、へえ~、であった。そういうものなんだなあ。なんかちょっと、もっと盛り上がっていいんじゃね? という気もして、少し残念に思った。特にショーの方は、思わず手拍子したくなるわけで、わたしはとりあえず、控えめに手を叩いてみました。特に周りには怒られなかったけど。
 あともう一つ、残念なのは、ズバリ、画質が良くない。演者のアップはそれなりに綺麗、ではあるが、引きの画はもう全然ダメ。あれじゃあイカンだろ、とわたしは残念に思った。まあ、高画質にすればするほどデータ量は増えるわけで、どういうインフラなのか知らないけど、アレで限界なのかな。あれではちょっと、もったいないというか厳しいすね。おまけに、やっぱり基本的にTOPスターを追いかける映像なので、まわりの皆さんがまったく見えないわけで、これは今回がTOPスターのサヨナラ公演だからなのか分からないけど、ほかの贔屓のジェンヌが見えないのは、まあこれは販売しているBlu-rayなんかもそうだけど、若干残念だ。でもまあ、それはもはやどうしようもないと思うので、全然許せることだと思う。が、しかし、画質の向上は是非お願いしたいものだ。ちょっと動きがあるとブロックノイズ化してしまうのは、現在のインフラでは止む無しとしても、やや残念であった。

 で。肝心の内容はと言うと、公演内容はもう前回書いたからいいとして、今回は千秋楽でありなおかつTOPスターラストデイという事で、いわゆる「サヨナラショー」が行われる特別な公演である。それは、宝塚歌劇団を卒業していくTOPスター最後の輝かしいショーなわけで、これまで演じた思い出の役柄の歌を歌ってくれるものだ。そして最後には、締めくくりとして、組長さんの呼びかけに対して、退団する方が(今回はTOPスターのまさおちゃんを含め6名が退団)最後の大階段を下りてきて、共演者と同期のみんなからお花をもらい、最後の挨拶をしてくれるわけだ。
 まず、まさおちゃんが歌ってくれたサヨナラショー部分で、わたしが一番、へえ~、と思ったのは、宝塚の演目ではない、『Morzart!』から主題歌の「Ich bin Musik(僕こそミュージック)」を歌ってくれたのが少し驚いた。これはあれかな、既にまさおちゃんのコンサートとかでは歌ったことがあるのかな? 分からないけれど、宝塚以外の楽曲を歌ってくれたのは嬉しくもアリ驚きでもあった。
 そして、千秋楽という事で、カーテンコールを4回かな(5回?)やってくれたのだが、その中で、月組の後を託す、娘役TOPの愛希れいかさん(通称:ちゃぴちゃん)と次期TOPスターの珠城りょうさん(通称;たまきち)の二人を呼んで、
 「(ちゃぴちゃんに)ありがとう」
 「(たまきちに、笑いながら)しっかりしろ!(と肩をどつく)」
 というシーンがとても印象的だった。
 ちゃぴちゃんは、気を緩めると泣いてしまうから、「今日は感情にふたをした」そうで、まさおちゃんからの「ありがとう」の一言には、「もう……ふたがずれちゃいました……」だそうで泣いてしまうし、たまきちも、とても感極まった表情で、そんなたまきちに、まさおちゃんは激励を込めて「しっかりしろ!」「泣くな!」とどやしつけたわけで、常日頃、説教することが有名なまさきちゃんからの、「最後の説教」は、とてもグッとくるシーンだった。まさおちゃん曰く、「TOPになってもなりたてはまだまだ青く、そこからの精進が大切」だそうで、そりゃあそうだよね。最初から完成されたTOPスターはいないだろうし、わたしとしては、ほんとうに、たまきちくんに頑張ってもらいたいと思う。なんか、これからは、わたしは星組がイチオシなのだけれど、その次にたまきちくんを応援したいな、とさえ思った。本当に、立派なTOPスターに成長してほしいと思う。その素養は十分に持っているはずだから。

 というわけで、13時半からの公演は、通常だと3時間ぐらいなのだが、昨日は「サヨナラショー」があったため、終わったのが18:20ぐらいだったと思う。いつもは、まあ、観劇後はお茶でもしながら語り合うわけだが、今回、我々は、新宿から日比谷へ向かい、いわゆる「出待ち」に参戦してみることにした。歌舞伎町からつかつか歩いてALTAの裏から地下に入り、すぐの丸ノ内線に乗り、一路銀座へ。そして日比谷の東京宝塚劇場前に着いたのが18:50ぐらいだったと思う。
 もう、劇場前は、揃いのTシャツを着用したファンクラブの皆さんがスタンバイしており(報道によると8000人!! そんないたのか!?)、我々も帝国ホテル側の方でぼんやり待ってみたものの、なかなか出ていらっしゃらない。それでもヅカ友の二人は待つ、というので、わたしもじっと暑さを耐え忍んで待ってみた。すると、19時半前ぐらいから、今回退団された方々が一人ずつお出ましになり、ラストのまさおちゃんが出てきたのは20時ぐらいだっただろうか? もっと遅かったかな? もはや朦朧としていたので時間は記憶にないが、やはり、まさおちゃんが最後にファンの皆さんへお辞儀されたときの、晴れやかな顔は当分忘れないと思う。
 完全にやりきった、そして明日からの、ジェンヌではない日々が楽しみ、というワクワク感も混ざった、とても美しく、可愛らしい女性としての、最高の笑顔だったと思う。

 まあ、まさおちゃんは、素でとてもきれいで可愛いし、バリバリ大阪人としてトークもイケる口なので、今後の芸能活動には何の心配もなかろうと思う。ただ、そのキャラ的にトークも上手すぎるので、バラエティ系にも通用してしまうほどなわけだが、出来ればそれはやめてほしいなあ……。やはり、まさおちゃんには歌っていてほしい。へんなバラエティはご勘弁いただきたいものです。

 というわけで、結論。
 わたしは昨日、初めて宝塚歌劇のTOPスターの退団の様子を見たわけで、初めて出待ちなるものを体験してみたわけだが、龍 真咲という、4年間輝き続けた女性を忘れることは当分なかろうと思う。そして、後を託されたたまきちの成長を、応援しながら見守りたいと思います。以上。

↓ わたしが初めてまさおちゃんを観たのが6年前。わたしがヅカを観に行くようになって2作目だったすね。
『THE SCARLET PIMPERNEL』(月組) [DVD]
宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2010-06-25
 

 わたしが宝塚歌劇を愛していることは何度もこのBlogに書いているし、その始まりが、2010年1月に星組公演を見たことから始まったことも、何度か書いているのだが、2回目の宝塚観劇は、2010年6月に観た月組による『スカーレット・ピンパーネル』であった。その時の経緯も、今年の春に全国ツアー作品『激情』を観たときに書いたので、繰り返しになるが、初めてのヅカ体験(星組)で大興奮したわたしはチケットを取ってくれたお姉さまに、その時のTOPスター、柚希礼音さん、通称ちえちゃんが超カッコ良かったっす!! と報告したところ、じゃあ、これをご覧なさい、と渡されたのが、星組による2008年の『スカーレット・ピンパーネル』のDVDであった。そして観て、これまた大興奮し、翌日すぐに、最高でした!! と報告に行ったところ、じゃあ、次の月組公演が『スカ・ピン』だから、チケット獲ってあげるわ、と、いうわけで、わたしの2回目のヅカ観劇は、2010年6月の月組『スカ・ピン』と相成ったわけである。
 で、その時、わたしはポスターやプログラムで、後にTOPスターとなる二人のジェンヌをはじめて知ったのである。一人は、わたしが観た公演でショーヴランというカッコいい悪役を演じた明日海りおさん(通称:みりお)であり、もう一人が、みりおと役替わりで同じくショーヴランを演じ、わたしが観た公演ではアルマンを演じた龍 真咲さん(通称:まさお)である。二人とも、明らかにほかのキャストよりも強い輝きを放っており、誰が観ても、確実にこの二人は別格だと感じたのではなかろうか。当然わたしも非常に強い印象が残り、チケットを取ってくれたお姉さまに、観た翌日、興奮して報告に行ったのである。
 「押忍!! 昨日、最高だったっす!! あざっした!!」
 「あら、良かったわね。」
 「押忍!! 特に、明日海りおさんと龍真咲さんは相当イイっす!! つか、二人とも、素でかわいいつーか、美人だと思います!! 押忍!!」 
 「あら、さすが、よくわかったわね。二人とも、これから必ずTOPになる人材よ。今から応援するのはとてもいいことだわ」
 「押忍!! ごっつあんです!!」
 「いいわ、じゃあ、今後、毎公演、チケット仲間に入れてあげるから、行きたいときは返事なさい。」
 「押忍!! あざっす!! ごっつあんです!! 今後ともよろしくおなしゃす!!」
 というわけで、わたしは以来、大体の大劇場公演に声をかけてもらえることとなり、現在に至っているわけである。 そして、月日は流れ、まさおちゃんは2012年にめでたく月組TOPスターに昇進し、以来4年間、月組を引っ張ってきたわけで、2014年の宝塚歌劇100周年の時のオープニングTOPスターメンバーの中で、現在まで残っている最後の一人であり、わたしもその軌跡を6年間見守ってきた大変思い入れのあるスターだ。
 だが、そんなまさおちゃんも、とうとう退団の時が来てしまった。わたしとしては大変淋しい限りだが、今日、わたしが観てきた月組公演は、まさおちゃんの最後の舞台となる『NOBUNAGA』である。わたしも、気合を入れて、まさおちゃんの最後の雄姿を目に焼き付けるべく、双眼鏡持参で観劇に臨んだ次第である。

 わたしは、戦国武将オタでもあるので、おそらく普通の人以上に信長の台頭から関ケ原に至る流れと、その間に活躍した武将には詳しいつもりなのだが、実はまさおちゃんの退団公演が「信長」であることを知って、それはまた一体、どんなお話になるんだろう? と若干心配していた。
 なにしろ、織田信長は家臣の謀反で夢半ばで死亡することが確定している。それって……退団公演にしちゃあ、内容的にヤバくないか? と思ったのだ。「謀反」そして「夢半ば」。こんなキーワードは、宝塚を去っていくTOPスターには、むしろ絶対に禁句のような気がしたわけである。なので、どんな話なんだ? とドキドキしていたのだが、結論から言えば、歴史をうまく改変して、なかなかグッとくる、まさおちゃんの旅立ちにふさわしいお話になっていたように思う。
 ただ、相当駆け足で歴史をなぞるので、武将知識がないと、若干難しいようにも思う。わたしですら、あーこれ誰だっけ、ああ、前田利家の弟だ、とすぐに分からないような佐脇良之だったり、逆によく知っているけど名乗らないので誰だかわからない佐々成政とか、髭で、ああ、君は勝家だな、と一発で分かったりと、かなりキャラクターが多いので、はっきり言うと、お話し的にはちょっとだけ、理解するのが難しいと思う。
 だが、実際のところ、そんな細かいことはどうでもいいのかもしれない。
 歴史における織田信長は、確かに明智光秀の謀反により横死した。しかし、宝塚のまさおちゃんは、きっちりと次のステージへ旅立つのであり、その思いを残ったみんなが継ぐわけで、本作のエンディングも、「さあ、参ろうか!!」と、新天地へ向け旅立つ信長(?)であり、その点は非常にまとまって美しい結末だったと思う。思うに、まさきちゃんは本当に信長的な、厳しいTOPだったのだと思う。この国で、この舞台でやりたいことはすべてやったというのは信長もまさきちゃんも共通していて、宝塚を去り、新たなステージへ向かうまさきちゃんには、信長というイメージはとても合っていたんだろうな、とわたしは思った。最後まで、本当にカッコ良かったよ。

 というわけで、今回は完全に、まさおちゃんの、まさおちゃんによる、まさおちゃんのための公演だったわけで、わたしは確かに満足である。ショーの方も、非常に可愛くて、きらびやかで、カッコよく、とてもよかったと思う。歌の内容も、結構グッときましたね。月を愛した龍は種をまき、水を与えたわけですよ。
 わたしは、まさおちゃんは実際歌が大変うまいと思っているし、芝居の方の、「まさお節」と呼ばれる(?)独特のセリフ回しも、もうすっかり慣れているので全然問題ないというか、今日はもうその「まさお節」がさく裂しまくっていて、逆に、ああ、もうこの「まさお節」は聞けないんだ……という淋しさの方がわたしには大きかった。本当に淋しいよ。まさおが退団の日がやってきたなんてなあ……。でも、たぶんまさおちゃんなら、女優としても輝けるのは間違いないと思うよ。なにしろ、素でかわいいもんな。あの「まさお節」は、普通の芝居ではちょっと問題アリかもしれないけど(笑)、きっと大丈夫。全然根拠はないけど、まさおなら必ず活躍できると信じてます。
 で。
 残された月組のみんなを、まさおちゃんに代わって率いるのは、次期TOPに指名されている珠城りょうさん(通称:たまきち)だ。94期と若く、5つの組の中で最年少TOPとなる。どうもその大抜擢に、非常に風当たりが強いようで、精神的なプレッシャーも大きいことだろうと思う。人気もまさおに比べたらまだまだだ。だけど、たまきちには本当に頑張ってほしい。前回の全国ツアーでの主役ぶりも良かったし、今回も、歌なんてかなり頑張っていたと思う。まだまだ伸びしろのある若いTOPとして、大きな花を咲かせてほしい。わたしも、どうも実際人気がイマイチなのかな(今日、2階で『アーサー王』の文京シビックホール公演のチケットを売ってました。まだ売れ残ってたってことなのか)? 詳しいことはわからないけど、今後は星組の次に、月組を応援したいと思う。
 ちなみにわたしは、今日のショーの方では、月組でわたしが一番応援している海乃美月ちゃんをずっと双眼鏡で観ていました。いやあ、歌もいいし、とにかくかわいいですな。星組に来てくれねえかなあ……と実に勝手な思いがこみ上げましたが、とにかく、わたし的に今、娘役ではTOP5人以外で一番好きです。もちろん、現在の月組娘役TOPの愛希れいかちゃん(通称:ちゃぴちゃん)ももちろんかわいいし上手だと思います。なんか、気の強い女子を演じさせたらピカイチすな。今回の帰蝶も大変良かったです。
 それから、今回、秀吉を演じた元・星組の美弥るりかさん(通称:みやちゃん)は、当然星組イチオシのわたしはよく知っている方だが、今回ショーでは久しぶりの(?)女性の姿を見せてくれたし、同じく、今度専科に異動になることが発表されている凪七瑠海さん(通称:カチャ)も、本編では明智光秀を演じ、そしてショーでは女性の姿を見せてくれ、まあとにかく手足が細くてびっくりしたよ。二人とも、確か89期だよな。もう、今後は90期以降が主体になるんだなあ、と感慨も深いですな。専科といえば、まさおちゃんと同期の沙央くらまさん(通称:こまちゃん)ももう専科に移って1年半以上経つんだなあ、とこちらも感慨深い。わたし的には2011年の雪組『ロミオとジュリエット』での乳母役を演じたのが一番印象深いが、今回は本編でもショーでも、きっちり歌を聞かせてくれましたな。同期として、いろいろな思いがあったでしょう。素晴らしかったです。
 最後、現在の月組で、若手のイケメンといえば、わたし的には朝美 絢さん(通称:あーさ)がイチオシだ。以前、関西へ旅した時に、公演を見る時間はなかったのだが、とりあえず大劇場に行って、「ルマン」のたまごサンド食って帰るか、と用もなく大劇場に行ってみたら、偶然、バウ公演が終わって帰るところの出待ちに遭遇し、お、誰が出てくるんだろう? と思ってわたしもぼんやり突っ立っていたら、すぐにあーさが出てきてビビったことがある。超・近くで見るあーさは素顔も超・美人で、激烈に可愛かったすね。まあ、月組の将来は、たまきちやあーさや、美月ちゃんがしっかりまさおスピリッツを継いで、盛り立ててくれると思う。応援してますぜ!!
 というわけで、毎度お馴染みの、今回のイケ台詞の発表です。
 ※イケ台詞=わたしが「かーっ!! カッコええ!!」と思った台詞のこと。
 「さあ……参ろうか!!」(そして刀を振るうと、龍のマークの帆が翻る)
 やっぱり、一番ラストのここを今回は選びました。ラストの表情、ホントにグッと来たね。まさおちゃん、あなたは本当に、見事なTOPスターだったよ。たぶん、ずっと忘れないと思います。 

 というわけで、結論。
 わたしにとって思い入れ深い龍 真咲さんが、宝塚を卒業する時が近づいている。その最後の公演『NOBUNAGA<信長>―下天の夢―/Forever LOVE!!』を今日、観てきたわけだが、なんだか本当にこれで最後かと思うと、とても淋しい限りである。信長のように、TOPを極め、宝塚生活を駆け抜けたまさおちゃん。次のステージでも、活躍を期待しているし、活躍することは何の疑いもなかろうと思う。しばしのお別れだけど、次に会える時を、楽しみに待ってるからな。以上。

↓ 結局のところ、まさきちゃんの代表作というと、どれに当たるんだろうか? やっぱりこれか!?




 ↓ こっちの、まさお節の炸裂するロミオもわたしは結構好きです。でも、TOPなのに役替わりって、ホントなんというか……ひどい仕打ちだったと思うんだけどな……。
 

 以前も書いた通り、恐らくは誰もがその存在を知っている「宝塚歌劇」というものは、そのネームバリューの割には、その詳細についてはあまり一般的には知られていない部分がたくさんあると思う。例えば、宝塚市にある「宝塚大劇場」と日比谷にある「東京宝塚劇場」だけで公演を行っているわけではなく、他の劇場でも精力的に公演を行っているのだが、ご存知だろうか? その中には「全国ツアー」と呼ばれる公演というものがあり、その名の通り、日本各地の劇場を1日とか2日の公演で回るもので、我が地元の市川文化会館も、その全国ツアーがやってくる定番劇場のひとつとなっている。
 市川は、東京から1時間かからないぐらいの程近い場所にあり、年に1回か2回は必ず「全国ツアー」がやってくるのだが、わたしも地元民として、ああ、今度来るんだ、と思ってもチケットを取るのが非常に難しく、一度も地元で観たことはなかった。 が、今回、わたしのヅカ友の美しいお姉さまから、「チケット余っちゃったんだけど、どうかしら?」というお誘いがあり、おっと、市川ならオレ、地元なんで、チャリでいけるっす。買わせていただくっす。というわけで、なんの努力もせず、チケットを入手したわけである。それが、昨日の夜観てきた月組全国ツアー公演、『激情~ホセとカルメン/Apasionado!! III』である。
gekijoh
 ↑動画を探したのだが、ないっすなあ……というわけでポスター画像はこんな感じです。
 さて。今回は、わたし的には雪組に次いであまり縁のない月組である。月組は、現在TOPスターである龍 真咲さん(通称:まさお)が次の大劇場公演をもって退団することを発表しており、そのまさおちゃんは現在、ソロコンサート公演を梅田芸術劇場で行っているので(先月まで赤坂ACTシアター)、今回の全国ツアーには参加していない。そして今回の全国ツアーの主役を演じる珠城りょうさん(通称:たまきち)が、次の月組TOPスターに就任することも、既に宝塚歌劇団から発表されている。なので、事実上のTOPお披露目公演と言っていいだろう。そういう意味では、月組ファンの皆さんとしては、まさおちゃんのコンサートも、たまきちの全国ツアーも両方行かないと!! と嬉しい悲鳴であるのではなかろうか。
 しかし、星組を愛するわたしとしては、たまきちくんは94期生と非常に若く、確か、お相手の娘役月組TOPの愛希れいかちゃん(通称:ちゃぴちゃん)が95期生だから、これほど近い期のTOPコンビって珍しいのではないかなーと漠然と思う次第である。なにしろ、我が星組は、TOPスター北翔海莉さん(通称みっちゃん)が84期、娘TOPの妃海風ちゃん(通称:ふうちゃん)が95期と、歳の差カップルである。ちょっと気になったので、一覧にしてまとめてみよう。 
TOPスター 娘役TOP
星組 北翔海莉さん(84期) 妃海風ちゃん(95期)
花組 明日海りおさん(89期) 花乃まりあちゃん(96期)
宙組 朝夏まなとさん(88期) 実咲凛音ちゃん(95期)
月組 龍 真咲さん(87期)
→珠城りょうさん(94期)
愛希れいかちゃん(95期)
雪組 早霧せいなさん(87期)咲妃みゆちゃん(96期)
 とまあこんな感じなので、たまきちくんの若さはかなり目立つ存在である。わたしは月組公演に関しては、ここ数公演はずっと観ているが、毎回必ず観ているわけではないので、たまきちくんについても、あまり以前の活躍ぶりを意識していなかったので、今回のTOP指名で、へえ、それはちょっとチェックしないといけないなと思っていた。なので、今回の主役を張る全国ツアーは大変楽しみにしていたのである。
 しかし改めてまとめてみると、現在のTOPの中では、現・花組のみりおちゃんが最古参TOPスターか……はーーー時が過ぎたのう……かつて月組でまさきちゃんとともに、切磋琢磨していた二人だが、まさきちゃんが退団して、みりおちゃんが最古参TOPとは……。そして94期のたまきちくんがTOPになるということは、わたしが愛してやまない星組の礼 真琴ちゃん(95期)も、TOPになれる日が近づいているかもしれないっすな。その日が来ることを楽しみに待っていよう。
 
 で。今回の公演である。結論から言えば、かなり良かった。たまきちくん、若干ガタイが良い系の男役としては比較的王道といって良いのではないかと思う。歌もダンスも、いいじゃないですか。「カルメン」だけに、フラメンコがダンスの基本になるわけですが、かなり良いですね。これなら安心ですな、と上から目線で思うわたしは月組ファンのお姉さまたちに殺されるのは必至だが、ともかく非常に良かったと思う。しかし本当に若さあふれてますね。もう少し貫禄と、なんというか色気のあるエモーショナルな芝居? が身に付いてくればもう完璧だと思う。
 そんな風にわたしが偉そうに言うのはひとつだけ理由がありまして。
 実はこの、『激情~ホセとカルメン』という作品は、2回目の再演で、初演が1999年の宙組で、このときのTOPスターが姿月あさとさん&花總まりさん。この公演はわたしは観ていない。で、1回目の再演が、わが星組の柚希礼音さん&夢咲ねねちゃんのLEGENDコンビで、わたしはこの公演は観た。先週も書いたとおり、わたしは柚希礼音さん、通称ちえちゃんが大好きだということもあるのは間違いないのだが、この『激情』のちえちゃんがスーパー・ウルトラ・カッコイイんすよね。そしてねねちゃんの芝居も本当に素晴らしい大傑作だとわたしは思っているのだが、特に、もう怒鳴ってんじゃね? というぐらいの「ジェラシー」の熱唱シーンは失神モノである。比較するのは、たまきちくんに対して大変失礼であることは承知しているが、やっぱりちえちゃんの超絶なカッコよさが脳に鮮明に焼き付いているので、今回偉そうなことを申し上げた次第です。サーセン。でも、ほんと、たまきちくんも大変よかったと思います。ちょっと今後は月組も応援していきたい所存である。そういえば、ちえちゃんVerのときに星組生として出演していた早乙女わかばちゃんは、おととし月組に異動になって、今回も出ているので、唯一の前回との連続出演キャストかな、ひょっとして? 彼女も大変可愛いです。
 お話の方は、ビゼーのオペラや、映画にも何度もなっているProsper Merimeeの小説『カルメン』が原作である。これは、月組の前回の大劇場公演『舞音』とちょっと話が似ている。ともに、いわゆるファム・ファタールと出会ってしまった男の破滅の物語だ。なので、主役はある意味、そのファム・ファタールを演じる娘役とも言える。文学史上非常に有名なファム・ファタールとして名高いマノンとカルメンの二人をを演じたちゃぴちゃん。彼女は娘役としては非常に背が高いなーと思っていたら、どうも一度、男役をやっていたこともあるそうですね。へえ。なるほど。しかしやはり、非常にスタイルが良く、顔も小さく、非常に別嬪さんである。とてもいいですな。
 というわけで、毎度お馴染みの、今回のイケ台詞の発表です。
 ※イケ台詞=わたしが「かーっ!! カッコええ!!」と思った台詞のこと。
 「あたいは……あんたに惚れたわ!!」(そしてブチューーとキス)
 今回は、初めて娘役からのイケ台詞ですが、カルメンのこの台詞が、今回わたし的に一番グッときました。あたい……いいすね、あたい……現実世界では、まだわたしは、「あたい」という一人称を使う女子に出会ったことがないが、出会ったら100%惚れると思います。オレもお前に惚れたぜ!!
 最後に、自分用備忘録。初めての全国ツアーは大変楽しめた。ショーでの手拍子なんかは、大劇場公演より盛り上がってたのでは? と思うぐらい会場ノリノリであった。そして噂で聞いてた「5段しかない大階段」も初めて観た。いいすね、アレも。チャリで行ける場所でヅカ鑑賞というのも大変有り難しである。車は置けないかなと思ってたのに、余裕で駐車場に置けるようだったので、次は車で行こっと。駅から微妙に遠いので、車で行けばお姉さまたちを駅まで送れるしな。

 というわけで、結論。
 月組全国ツアー『激情~ホセとカルメン』はわたしとしては思わずちえちゃんVerと比べてしまったのだが、お許しいただきたい。しかしそれでも、たまきちの次期TOPとしての熱演は非常によかったと思います。カッコイイのは間違いナシです。ちゃぴちゃんもわたしとしては大変気に入りました。もちろん、ねねちゃんVerも素晴らしかったですけどね。ねねちゃんVerの方がもっと悪女っぽかったかな。久しぶりにまたBlu-rayでちえちゃんVerも観てみたくなりました。お話的に分かりやすいし、ヅカ初心者にもおすすめっすね。以上。

↓映画も数多くあるけれど、基本はオペラですね。 
ジョルジュ・ビゼー:歌劇《カルメン》[Blu-ray Disc]
クリスティーネ・ライス
OPUS ARTE
2016-03-30

↓ そして原作はこちらっす。大学2年か3年の頃に読んだ。わたしも持ってる岩波文庫版は非常に読みにくい。
カルメン (岩波文庫 赤 534-3)
プロスペル・メリメ
岩波書店
1960-12-05

 というわけで、今日は今年1本目の宝塚歌劇、月組公演を観てきた。
 今回の演目は『舞音―MANON―』。かの有名なフランス文学『マノン・レスコー』の宝塚Verミュージカルである。プッチーニのオペラやバレエ、映画の題材としてもお馴染みのこの小説は、すでに2001年にも宝塚においてバウホール公演がなされていたそうだが、今回はまた別の設定でのオリジナル・ミュージカルである。

 今回の舞台は1920年代のフランス領インドシナ。そこに着任した貴族出身の将校が、美女マノンと出会って恋に落ちるお話である。マノンと言えば、いわゆる「ファム・ファタール」として文学史上でも有名な存在だが、要するに「男を破滅に導く女」である。しかし、マノンの場合、悪女や魔性の女というより、むしろ逆に、天真爛漫すぎて男がだめになっていくというもので、そこには打算や恣意はない。今回は、95分と短いので、出会いから主人公が恋するまでおよそ5分ぐらいなので、全く前知識なく観ていると、ええと、これって一体……と展開の速さに驚くかもしれない。でもまあ、宝塚作品にそういう細かい突っ込みは無粋極まりないので、まあ置いておくのが正しい鑑賞姿勢であろう。今回、わたしが一番、へえ~、と思ったのは、主人公の別人格というか、主人公の立場や建前を超越した、本音? のような別人格が、影となって常に主人公に付きまとう演出法である。これはちゃんと観ていればよく分かる仕掛けになっていて、なるほどと思えるものなのだが、もうちょっとだけ説明があっても良かったかもしれない。いや、いらないか、やっぱり。それを説明したらもっと無粋か。そうっすね。まあ、宝塚ファンの皆さんには不要であろうか。
 で。月組は、わたしは毎回必ず観劇しているわけではないけれど、わたしが初めて観たのは、以前花組公演のレビューを書いたときも触れたが、2010年の『スカーレット・ピンパーネル』である。当時のTOPスターは、霧矢大夢さん。そして、現在のTOPである龍真咲さん(りゅう まさき:通称まさお)は、現在の花組TOPスター明日海りおさん(通称:みりお)と事実上のダブル2番手であった。そしてたまたまわたしが観た回で、悪役のショーヴランを演じていたみりおちゃんをそれ以降応援してきたのだが(もうひとつの役を、まさおとみりおで役代わりで交互に演じていた)、たぶんこの時点ではまさおちゃんのほうが人気があったんじゃないかと思う。その後、まさおちゃんは見事月組のTOPとなり、みりおちゃんはその後に花組に移籍になってTOPとなった。それまで何かとまさおとみりおはセット扱いだったのだが、まさおが月組TOPになってからも、TOPお披露目公演の『ロミオとジュリエット』やその次の『ベルばら』では、TOPなのにまだ、みりおと役代わりで主役を演じられないこともあって、けっこう気の毒な扱いをされていたと思う(なお、みりおは『ベルばら』後に花組に移った)。
 しかし、そんなまさおちゃんだが、実際のところ、素顔の彼女は、わたしのセンスからすると、現TOPの中で一番女の子っぽい可愛い女子である。たぶん一番線が細く華奢で、舞台衣装・舞台メイクではない、素のまさおちゃんはとても可愛らしいと思う。その点で、男役としては、少年っぽい役が多かったような気がする。なので、いわゆるダンディー系の男役はほとんど演じていない。『風とともに去りぬ』では、男主役のレッド・バトラーではなく、なぜかヒロインのスカーレット・オハラを演らされていたし。おそらくは、まさおちゃんの線の細さと可愛らしさが、そういう配役になってしまったのだと思う。というわけで、まさおちゃんはTOPとしての美しさ、オーラを非常に高いレベルで持っているのに、今までどうも、THE 男役的な役を演じられなかった。今回の、マノンに恋する将校も、若干世間知らずっぽさの残るお坊ちゃんである。でもまあ、そこがまさおちゃんの魅力であるし、この役を轟理事あたりが演じたら全く別の話になってしまいそうだし、これはこれでいいんだろうな、と納得することにした。
 先日、とうとうまさおちゃんも、次の大劇場公演(宝塚6月、東京8月)をもって退団することを発表した。これで、2年前の「100周年TOPメンバー」は、花組のみりおちゃんだけが残ることになる(※正確に言えば、花組の100周年TOPは蘭寿とむさんと言うべきかも)。まさおが退団してしまうなんてとても淋しいけれど、きっとまさおなら、女優としてもっともっと輝けると思うよ。応援するから頑張っていただきたいと思う。
 そして最後に、毎回お約束の、今回のイケ台詞を発表します。
 ※イケ台詞=わたしが「かーっ!! カッコええ!!」と思った台詞のこと。
 「(マノンを後ろから抱きしめて)君はここにいる。わたしの腕の中に。君を得るためならわたしは何だってする・・・君は・・・わたしの女だ」 かーっ!! カッコええですのう!!
 
 というわけで、結論。
 月組公演『舞音―MANON―』は、まさおちゃんのカッコよさが十分楽しめる、かなりイケてるお話でした。なお、わたしの月組のイチオシは、珍しく娘役の海乃美月ちゃんです。超かわええ……前回の『1789』以来ぞっこんです。あと、今回のレビューショー『GOLDEN JAZZ』は、かなりノリノリですので、幕間ではグッズショップQuatre Revesへ走って、ミニタンバリンを買いましょう!! 相当楽しいですよ!! 以上。

↓ マノンと言うと、わたしの場合思い出すのはこれ。小学生だったかな、超エロくてドキドキしたわ……。当時のチラシとかポスターの写真は下のジャケ写とは全く別物の、超エロイものでした。
マノン [DVD]
烏丸せつこ
紀伊國屋書店
2013-10-26
 

 ご存知の方にとっては常識だが、知らない人ために説明しておくと、わたしが愛する「宝塚歌劇団」は、星組、花組、月組、宙組、雪組の5つの組からなり、それぞれが年に2回、大劇場公演を行う。大劇場公演とは、宝塚大劇場→東京宝塚劇場という順番でそれぞれ約1ヶ月ずつ行う公演を指すものだが、その傍ら、若手を中心とした「バウ劇場公演」や、「全国公演」という地方を回る公演、あるいは名古屋・大阪・福岡限定の短めの公演をこなしており、さらに、TOPスターになると単独コンサートがあったり、2番手3番手クラスだとディナーショーなどもある。なので、基本的には1年中、どこかでどこかの組の公演を観ることができる。チケット争奪戦は大変だけれど。
 何が言いたいかというと、宝塚歌劇の皆さんは、ホントに忙しいということである。
 公演はもちろん、当然その稽古もみっちり入るので、休みはそりゃあるんだろうけど、まあ大変な毎日を送っていることと思う。その結果として、我々に見せてくれるパフォーマンスは、やはりプロとして素晴らしいものになるわけだ。それに比べれば……我々リーマンなんて、楽な商売だと思うよ。
 というわけで、現在東京宝塚劇場は、花組が公演中である。今回の演目は、『新源氏物語』。わたしも昨日の昼の部を観てきた。
 なお、これもヅカファンには常識だが、知らない人もいると思うので蛇足ながら付け加えると、宝塚歌劇の演目は、いわゆる「1本もの(2幕モノ)」と「2本もの(1幕のミュージカル+レビューショーの2本立て)」という区分がある。
 「1本もの(2幕もの)」は、2幕のミュージカルで、上演時間約3時間。間に30分の休憩時間アリ、という長いお話のミュージカルである。例えば、有名かつ人気のある『エリザベート』などはこちらにあたる。そして、昨日わたしが観てきた『新源氏物語』は、もう一方の「2本もの」にあたる。上演時間は、約1時間半。今回の『源氏』はちょっと長くて1時間45分ぐらいはあったかな。まあ、その短いミュージカルと、いわゆる「ショー」と呼ばれる歌&ダンスで魅せてくれるレビューの2本立て公演である。

 『新源氏物語』は、3回目の再演だそうであるが、ヅカ歴約6年の駆け出しファンであるわたしは、もちろん初めての観劇である。なので、今回のわたしの興味は、あの長い源氏物語をどう1時間半にまとめて構成するのだろうか? という点にあった。もちろん、TOPスターである明日海りお(通称:みりおちゃん)さんの美しさは、わたしとしては現在のTOPスターの中で一番好きなので、まったく不安はない。わたしも久しぶりの日本モノなので、非常に楽しみに劇場へ向かったわけである。
 まあ、とにかくみりおちゃんの顔の小ささといったら、毎度ながら驚く。わたしがみりおちゃんを初めて観たのは、月組時代の『スカーレット・ピンパーネル』でのショーヴランだったと思う。現在の月組TOPの龍 真咲(通称まさお)さんとのダブル2番手時代から何度もみりおちゃんには出会っているのだが、毎回、まず最初に思うのは、「ほんっとこの人は顔が小さいなー可愛いなー」というものである。とにかく、月組時代から、まさおと共に、いずれこの人はTOPに至るんだろうと思っていたが、2年前かな、花組に異動になって、去年いよいよTOPに登りつめた美人である。星組イチオシのわたしでも、ずっと気になる存在だったみりおちゃん。和装を観るのは初めてであったが、まあ、素晴らしいの一言。さすがに和装なので、派手なダンスはないが、非常に美しかった。
 ちなみに、わたしは毎回、宝塚歌劇を観に行くと、わたしが選ぶ「今回のイケ台詞」を一緒に観劇した先輩お姉さまたちに披露するのだが、今回は……ちょっと悩んで
「共に罪に落ちましょう。あなたと二人なら、どんな地獄も楽しそうだ」
 にしておきました。ホントは台詞で毎回選ぶのだが、今回は歌の出だし部分です。サーセン。正確にはちょっと言葉が違うかも。
 なお、この台詞は、母(正確には継母)である藤壺に言う(歌う)結構最初の方の場面で出てきます。
 つまり、ですね。今回の『源氏』は、この台詞が結構はじめの方に出てくることから分かる方もいるかもしれないが、最終的には、頭中将の息子の柏木と女三宮に子供が出来るところまで、と時間軸的には源氏物語のだいぶ最後の方まで物語が進んだのである。わたしはまた、須磨に流されるあたりまでかなと思っていたので、これは全く想定外だった。なので、ちょっと言葉は悪いけれど、その副作用としてかなり物語ははしょられていて、駆け足展開であるといわざるをえないだろう。
 しかし、間をつなぐ物語はコーラスで歌われて説明されるので、ちゃんと観ていれば十分物語は理解できると思う。ので、まあ問題なしだと思うが、一応は、源氏物語の最低限の知識があった方が楽しめるのは間違いなかろうと思います。夕顔とか空蝉とか明石の方などは出てこなかったけど、紫の上を見初める有名なシーンでは、「いぬき」がちゃんと出てきて、わたしとしては、ああ、ここはちゃんとやるんだ、と変に感心しました。紫の上を連れて行きたい源氏が、「いえ、決して不届きな(?正確な台詞忘れた)理由ではありません」と言い訳するシーンは、つい笑ってしまった。お前、思いっきり不届きな理由だろうが!! 完全に事案発生だぞw ただしイケメンは許されるのか……ブサメンのわたしとしては実に憤懣やるかたなしである。
 というわけで、源氏物語のストーリー展開を知っている人には、かなり、ああ、こう来たか、とか、なるほど、という構成で、わたしとしては大変楽しめた。もし、源氏に詳しくない方がいたら、公式Webサイトにある人物相関図だけ、事前に頭に入れておいた方がいいと思います。今回の公演では、わたしが花組ではみりおちゃんの次に推している柚香光(ゆずか れい。通称れいちゃん)も、いつも通り非常に美しかった。この人も、おっそろしく顔が小さい、超・美人である。わたしイチオシの星組で、わたしが非常に推している礼 真琴ちゃんと同期で、いずれこの二人もTOPに登極する日もやってくるでしょうな。あと5年ぐらい後ですかね……楽しみに待っていよう。なお、礼真琴ちゃんも、前回の公演で娘役を演じていたが(本来はれっきとした男役スター)、今回の柚香 光ちゃんも、なんと「六条御息所」という女性を演じていたので驚いた。ええと、源氏物語の中では有名な、生霊になって葵の上を呪い殺す、あの激しく教養ある女性ですな。詳しくは、Wikipediaでも見といてください。なお、柚香 光ちゃんは柏木も演じていますので、2役での出演です。

 というわけで、結論。
 花組公演『新源氏物語』は、和モノとしては宝塚初心者にも分かりやすく、また衣装も非常に絢爛で美しく、万人にお勧めできる作品であった。まあ、最低限の人物関係は頭に入れて観るのがよいと思います。歌もなかなか良いですよ。そして、全く触れませんでしたが、ショーも華やかで、超キラキラです。その点でも、初心者にも十分楽しめると思います。以上。

↓しかし……星組推しのわたしとしては、これはマストアイテムですかね……。礼真琴ちゃんの歌う「Let it go」は聴かずにはいられないよな……。買うしかないか……。
Disney Songs by TAKARAZUKA(CD+DVD)
V.A
WALT DISNEY RECORDS
2016-01-06

↑このページのトップヘ