タグ:飛天翔

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 寒い……東京の寒さぐらいで寒いとか言っていたら怒られるかもしれませんが、寒いす。そして先週は『鮫島』の最新(16)巻が発売になっていますので、お忘れなきよう購入のほど、よろしくお願いします。わたしはいつも通り電子と紙の両方買いました。

 今回は大興奮の天雷戦の決着直前まで収録です!
 間違えました! (16)巻は大興奮の天雷戦の決着から王虎さんVS百雲戦の途中まで、でした!「十一日目_その後(2)」までですね。ご指摘ありがとうございました!
  それでは、まずは今週の週刊少年チャンピオン2018年第7号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版は欅坂の長濱ねる嬢だそうです。
 ■弱虫ペダル:あの冬の出来事の巻。山岳賞まであとチョイ、でまさかの回想編です。
 ■刃牙道:引き出しの巻。武蔵無双が始まってます! これ、刃牙は勝てるのか?
 ■囚人リク:解放の巻。なんと瀬口先生の巻末コメントによるとあと5回で最終回だとか。マジかよ……今週もすさまじい顔芸がヤバいす。
 ■BEASTERS:仮想遺伝子の値打ちの巻。ルイ先輩のお話です。野菜ジュースが美味い!
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:シンヨコ・バトル・ロYヤルの巻。新横がY談空間に!最高ですw
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週はとうとう十二日目の朝を迎え、それぞれの朝稽古の模様と国技館入りまでが描かれました。結論から言うと、今週は鯉太郎と【王虎】さん、二人の運命の土俵入りまでです。冒頭は、興奮するNHKアナの絶叫中継から始まります。
 「本日は何と言っても 優勝に絡むであろう2人の全勝力士の直接対決 黄金世代といわれる 王虎 鮫島!! この大一番に注目が集まっております!」なお、どうやら横綱【泡影】は連勝記録を伸ばしているようですので、当然11日目終わりの状況で11勝、66連勝のようです。まあ当たり前か。
 さあ、いよいよ土俵入りですが、その前に、これまで登場してきた男たちが久しぶりにチラッと出てきます。それぞれの態度が、これまで物語を追いかけてきた我々読者には、なんともイイですね。
 まず登場するのは、あのとんでもないクソヤローでお馴染みの【宝玉光】関です。まーた【寺井】くんに怒鳴ってますよ?
 「何やってんだ寺井!! もたもたすんな! さっさと帰るぞ!!」
 「スミマセン関取…今日は先に帰ってもらえますか…」
 「あぁん?」
 「いや…このあとどうしても見たい取組があって…」
 「チッ…どうせ鮫島王虎だろ…」
 「ハイ…アイツら俺なんて眼中にないッスけど やっぱ同期なんで…正確には1期下…」
 というわけで、【寺井】くんは【宝玉光】関も一緒にどうすか、なんて誘いますが、ふざけんなバカヤローとプンスカ帰っちゃう【宝玉光】関であります。
 そして次は、あの天才?【毘沙門】の兄弟子に当たる、どんぐり君でお馴染みの渡部仁くんです。弟弟子の前で若干のドヤ顔な仁くん。どうやら、「俺は一度鮫島君に勝ってるっての!」と自慢話をしている模様です。しかし弟弟子たちには「ハイハイ」「嘘つくならもっとリアリティある話作ってくださいよ~」なんて言われ、仁くんはしょんぼりしてますが、それは紛れもない事実だということは、我々は良く知ってますよ! アレは見事な取り口だったと言えると思います。そんなしょんぼりな仁くんの背中を叩く男が! おおっと! 田上あらため【稲虎】関じゃあないすか! 「一緒に見ないか 渡部…」なんて、もう、ホント田上さんは良い人だなあ! 仁くんは言います「いつまでたっても僕だけ幕下だし…弟弟子に自慢できることなんてこれくらいしかなくて…」こんなしょんぼりでありながら、鯉太郎に勝ったことを誇りの思っているような表情の仁くん。そんなどんぐり君の肩にそっと手を置き、田上さんあらため【稲虎】関は言います。
 「アイツら二人は 俺も自慢だよ」
 このシーンは何かグッときましたねえ! 大変良いと思います。
 そして次に描かれるのは、かつては同期出世頭だったあの男、そうです、バーキこと【蒼希狼】関です! どうやら今日の取組が終わって、髪を床山さんに直してもらっているようですが、おっと、泣かせる兄貴でお馴染みの【大山道】兄貴が声をかけましたよ。
 「そういや蒼! 王虎と鮫島は同期だったよな どっちが勝つと思う?」
 この兄貴の問いかけに、考えること数秒……。蒼の答えは……
 「俺の方が強い!!」 の一言です。さすがバーキ、そうこなくっちゃな。【大山道】兄貴も嬉しそうに笑ってますね。
 そしていよいよ、【王虎】さん、鯉太郎、ともにそろそろ出番が来ました。描写は土俵上に移りますが、ああ、なんと、そこでは【天雷】関が3敗目を喫している場面でした。うーん、これは相手が誰だかわからないな……どっかに書いてあったっけな……忘れましたが、ともかく【天雷】関は十二日目に痛い黒星、NHKアナの実況も「昨日も鮫島線は激闘でしたからね…」とか言っています。
 そして花道を若干うなだれて引き上げる【天雷】関の前に、【王虎】さんが現れました。【天雷】関は悔しそうな顔で言います。
 「俺は鮫島の 隣に立っていることはできなかった…躊躇なく振り切ってくるアイツに ついていけなかった…引いてしまったんだ…鮫島の覚悟に…俺は鮫島を土俵で1人に…孤独にさせてしまった…だから…」
 そんな痛恨の言葉に、【王虎】さんはほんの少し、口角を上げ、言葉を返します。
 「テメーより鮫島の器が上で あのバカにお前が喰われちまった…それだけだろ…喰ってやるさ…鮫島(アイツ)の全部を…それが許されるのは…俺だけだ…」
 このシーンはですねえ、ぜひ、チャンピオンを買って味わってください。両者の表情はもうわたしには表現できないす。いや、ホント最高ですよ!
 そして一方の鯉太郎が行く通路の先には、石川大器くんこと【飛天翔】関が腕組みして、あぁん? という大器くんにお馴染みの表情で待っています。(たぶん)鯉太郎の脳裏には、昨日の夜の椿ちゃんの「石川君が言ってたの……」という言葉が蘇ります。しかし鯉太郎は、超晴れやかな表情で大器くんに言います。
 「いかねーとよ 王虎が待ってっから…」
 こんな表情でそんなことを言われたら…大器くんはもう、「クソ、このバカが!」とでも言いたげな表情です。「ガキみてーな目しやがって…バカヤローが」としか言えません。そして気合一発、最高の激励を飛ばします!
 「勝てよ! 鮫島!!」
 「ありがとな…石川…」
 このやり取りは、おたがいすれ違った後で、要するに両者ともに背を向けているわけですが、なんかもう、泣けそうですよ……つうかもうこれ、最終回直前ですか!? ここでの鯉太郎と大器くんの表情も、ぜひチャンピオンでご確認ください。相当最高です。
 というわけで、今週は鯉太郎と【王虎】さんが花道を入場する図が描かれたのち、「いよいよ運命の一番です!!」というNHKアナの絶叫で終了でありました。次号はセンターカラーだそうで、もう来週はハッキョイまで行っちゃいそうですね……。はーーーヤバいすなあ……今週もホント興奮しましたが、来週以降も興奮は続きそうで、もう最終回直前のような盛り上がりですが、大丈夫なんでしょうか。まさか、この【王虎】戦がスラムダンク的にいうところの山王戦になりはしないかと本気で心配です。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 12日目:【王虎】東大関
 --------
 【王虎】東大関。11日目現在11勝0敗
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目の結果不明
 【天雷】東関脇 12日目現在9勝3敗に←New
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。66連勝中(11日目現在)。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は鯉太郎と【王虎】さんそれぞれの花道入場までが描かれ、この取組に向けてかつて戦った男たちの心境もちょっぴり描かれるという、我々読者には大変おいしいお話でありました。いっそジョージ君や【毘沙門】、それから【闘海丸】タンの表情も観たかったと欲張りな想いも致しますが、きっと土俵に注目していることでしょうな。いやあ、しかし年末年始に『バチバチ』『Burst』『鮫島』をまとめて一気読みしてみましたが、ホントに『鮫島』は最高っすねえ! いよいよ始まるVS【王虎】戦、毎週固唾をのんで見守りたいと存じます。以上。

↓ くどいようですが、新刊発売中ですので、買って応援していただければと存じます!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間ですが、明日は勤労感謝の日で祝日ですので、本日水曜日に『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 現在毎日熱戦が繰り広げられている大相撲九州場所については、いろいろ書きたいことがありますが微妙なことも多くてやめにしておきます。ひとつだけ、わたしが応援している松鳳山裕也君は、昨日の十日目現在3勝7敗と星は良くありませんが、相撲の内容はとても松鳳山関らしいいい相撲が多く、ま、実際のところ星には不満ですが、頑張っていることは間違いなく、今後も応援を続けたいと存じます。やっぱり、幕内土俵入りのときにはひときわ小兵すねえ、松鳳山関は。それでいてガッツあふれる張りや押しが、わたしを熱くさせるわけで、大変素晴らしい力士だと思っております。そして九州場所ということで、わたし的には「毎日必ず客性にいる和服美人」のお姉さまを日々探し、おっと、今日は洋服だ!とか、若干ストーカー気味ににやにやするの図であります。変態サーセン!
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年52号概況です。
 ■巻頭グラビア:久松郁実嬢。超極上で素晴らしいすねえ!
 ■弱虫ペダル:つめたい雨の巻。手嶋先輩&葦木場くんの過去話終了、最後の勝負だ!
 ■刃牙道:今週は休載、どうも次号は2話掲載のようです。
 ■BEASTERS:博愛主義のディープワールドの巻。レゴシ突然襲われるの巻です!
 ■囚人リク:命令の巻。さあ、脱獄完了、リクたちのターンになるのか!?
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週はとうとう【王虎】さんVS新生【百雲】関の勝負の結末までが描かれ、【王虎】さんがぶん投げるの図で終わりました。今週は、NHKアナの「勝負あったーー!! 勝ったのは王虎ーーー!!」の絶叫と、ドワアアアと沸く観客席の様子から始まりです。
 今週はですね、【王虎】さんとNew【百雲】関の心のセリフですべてが語りつくされますので、その要約をお伝えするのが手っ取り早いと思われます。
 まずは、NHKアナの実況です。「百雲渾身の押しを見せるが王虎には通用せず 終わってみれば圧倒的な強さを見つけた王虎! 文句なしの圧勝で無傷の11連勝―――!!」
 です。うむ、という表情の虎城理事長、涙を流す新発田部屋親方、そして土俵でやり切った感?でゼェゼェと息を切らすNew【百雲】関が描かれます。
 そしてそんなNew【百雲】関を見下ろす【王虎】さんの長いモノローグが入りますよ!
 「どれほどのものか期待はしたが…しょせん何かを捨てなければ 何かを手に出来ない奴なんてこの程度 俺が欲しいのはもっと貪欲で強欲な純粋さ… お前のようにつくったものじゃなく…喰うか喰われるか… ギリギリのせめぎあいだけが俺を高みに上げる… 求めるのは 鮫島とのあの一番…」( ここでは、Brustでのあの一番が王虎さんの脳裏に描かれます。そして、「腹の足しにもならねーよ…テメーのレベルじゃ…」と捨て台詞を吐く【王虎】さんが1ページブチ抜きで描かれます! カッコイイ! 離れ眉の癖に! そして相撲記者としては新人の橋くんのモノローグが入ります。
 「驚いたな…似てたのは百雲じゃない…むしろ王虎の相手を引き上げる相撲こそ 鮫島と同じじゃないか…」 まあ、要するにそういうことなんすね。なるほど、す。そしてさらに、父であり師匠である往年の大横綱でもある虎城理事長も、この戦いを観て感じた想いがモノローグで語られます。
 「負ける訳にはいかなかっただろう…いや……負ける訳がなかったと言うべきか…百雲の相撲は 王虎…お前が通り過ぎてきた道……鮫島とのあの一番がなければ…今の王虎はなかっただろう…百雲にもそういったキッカケがもう少し早くあれば…百雲もまた違った答えを出したかもしれなんな…」
 というわけで、花道を引き揚げるNew【百雲】関には、観客席からは「あの相撲ならまた応援するぞ」とか「最後は良かったぞ」と信頼回復な声がかかっています。そして出迎えた新発田部屋親方もいい相撲だったと嬉しそう。しかし! 【百雲】関の表情はもはやボロボロで疲れ切った様子。親方たちは言葉を失います。そして【百雲】関の口から出たのは、今までご迷惑をおかけししました、もう疲れました、これで俺は、終わります、という引退宣言。【百雲】関は語ります。
 「いや…俺は終わってたんだ…あの泡影戦で…それを王虎のおかげでやっと飲み込めた…それどころか…あの泡影戦以上の力を…自分の能力以上の力を最後に出せた…その上で王虎(アイツ)は俺を 叩き潰してくれた…ちゃんと殺してくれた…アレも…器が違う…」
 この、最後の「アレも」というときの【百雲】関は、花道から振り返って土俵を見ています。そしてそこでは、勝ち残りの【王虎】さんが、横綱【泡影】へ力水を差しだしています。こここは何と見開きで、ズドーンと描かれる「横綱へ力水を差しだす王虎さんの図」です。なにやら極めて神々しい風景で、その様子に橋くんはブルリと身震い。ついに【王虎】さんも、横砂の存在感に負けていないほどになったようです! そしてそんな土俵を見た【百雲】関は、晴れやかな表情で言います。
 「最後の相手が…王虎(アイツ)で良かった…」
 というわけで、今週ラストはナレーションで終わります。
 「引退を決めた力士の目は 安堵に包まれたような優しさが宿るという…百雲の目にそれを見た親方の新発田は 何も言わずにそれを了承 そしてこの日 百雲は引退届を提出した」
 ラストのコマは、国技館から引き上げる【百雲】を待っていた綾子ちゃんの後ろ姿ですよ。は―――……【百雲】関、お疲れ様でした……。なんというか、綺麗にまとまりましたねえ……来週からは、また描写は鯉太郎に戻るのでしょうか。そして椿ちゃんや親方の想い、そして鯉太郎の行動は――!? と目が離せないわけで、来週も既にもう楽しみです! 最高すね、『鮫島』は!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】東大関。11日目現在11勝0敗
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目って結果出てましたっけ?
 【天雷】東関脇 11日目現在9勝2敗に
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は【王虎】さんの考えがはっきりわかり、そして【百雲】関が引退を決意したところまでが描かれました。そして【王虎】さんの存在感はもはや横綱に匹敵する神オーラを纏うまでになり、いよいよ本命であるVS鯉太郎戦も近づいている気配です。もちろん、【猛虎】さんも、素人時代の鯉太郎への借りを返す時を待っているでしょうから、鯉太郎最後の4番も大変なことになりそうですなあ! ヤバいす。我々読者としては、毎週ワクワクしながら今後の展開を待つしかないわけですが、はあ……しかしつらいというか、もうとにかく鯉太郎が心配でなりません。まったく大丈夫じゃないわけで……どうなるんすかねえ……佐藤タカヒロ先生、今後ともよろしくお願いいたします! 何をよろしくなのか我ながら良くわかりませんが! 以上。

↓ 来場所はまた前頭10枚目ぐらいに下がってしまうなあ……まあ、それでも応援します!





 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 現在熱戦が繰り広げられている平成29年大相撲九州場所ですが……何ともコメントのしようがない事件発覚で、しょんぼりですが、わたしとしては土俵上で戦い続ける力士たちを素直に応援することにしております。我が愛する松鳳山裕也君は、昨日の4日目時点で2勝2敗。親方にカッコイイ報告をするためにもますますの頑張りを期待したいと存じます。初日のVS【嘉風】関との戦いはホントにカッコ良かったぜ!
 ホントは九州場所ということで、毎年わたしが探すのを楽しみにしている「毎日必ず客席にいる和服美人」の件について書こうと思ったのに、なんか調子が狂ったのでやめにして、さっさと始めます。
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年51号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版は誰か調べてません。
 ■弱虫ペダル:ふたりの山岳賞の巻。手嶋先輩と葦木場くんの中学時代編です。
 ■刃牙道:喰らわばの巻。武蔵も刃牙もお互い御馳走みたいすな。わけが分かんけど。
 ■BEASTERS:信徒の生き甲斐の巻。巻頭カラーっす。新刊は12月発売す。
 ■囚人リク:脱出の巻。とうとう塀の外に出たリク一行。長かったすねえ!
 ■Gメン:嵐の一年生の巻。新学期篇突入す。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:女子会潜入大作戦の巻。ドラ美……笑えましたw
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週はラストでついに【百雲】関の闇は晴れ(?)、あの横綱【泡影】に勝ってしまった、【百雲】関得意の形を繰り出して【王虎】さんの前ミツをがっちりホールドするところまでが描かれました。いわば【百雲】関必勝の形、であります。
 そこに至るまでの流れは、【王虎】さんによる「偽物が」「チープなんだよ」「くだらねーことにつき合わせるな」というキツイ口撃があり、ダーク【百雲】のダーティーファイトに、何ら価値を認めない【王虎】さんの正論というか、まっとうな「相撲道」への姿勢?のようなものがあったわけで、それによって、ようやくReturn of the【百雲】関となったわけです。
 というわけで、今週は「ほう…王虎に掘られ 顔を出したか…」という虎城理事長のお言葉から開幕です。新発田部屋親方も、涙を流して「戻った…のか…!?」と驚きの表情、部屋の若い衆も「おっ…おい…」「あぁ…あの形は…」と動揺、場内も驚きの様子で静まり返ります。
 そして【百雲】関はというと―――鼻血を出し左目は腫れてふさがっていますが、全力で【王虎】さんと組んで、両者たがいに押し合う膠着状態。その時頭によぎるのは、やっぱり、愛する綾子ちゃんの姿であり、部屋のみんな、親方、そういった、これまで自分を支えてくれた人々の姿であります。
 「俺は…1人じゃ何も…ゴメン…ゴメン…ゴメンなさい…やっと…やっと飲み込めた…」
 そんな【百雲】関の姿に、部屋の若い衆が「押せ――――!! 押せ――――百雲!!」と大声で声援を投げると、ついに場内も百雲への応援が! 今までのダーティーファイトにまだふざけんな的感情を持つお客さんや、土俵上の姿に素直に応援したくなるお客さん、様々ですが、場内は沸いてまいりました! 【百雲】関も、ことここに至って、初めて、綾子ちゃんのあのセリフ「大丈夫だよ…」と言ってくれたあの笑顔の意味が分かったようです! 
 「うん…ありがとう…」
 さあ! 闇の晴れた【百雲】関の背中からは、光のオーラ的なものが立ち上がってまいりました! NHKアナも絶叫です!
 「ここにきて百雲 昔を取り戻してきたかのような押しを見せる!」
 しかし新発田部屋親方は、このNHKアナの解説に涙を流しながら反論します。
 「違うよ…あれは 昔の百雲なんかじゃない…苦しんで…悩んで…足掻いて…やっと辿り着いた新しい形…それが証拠に 俺は百雲(アイツ)の…あれほど美しい相撲は見たことがない…」とのこと。NEW【百雲】の誕生であります! そして「おおおおっ」の咆哮とともに押しに入るNEW【百雲】関! しかし! ページをめくると! 【王虎】さんの超イイ笑顔がドアップで描かれています! こ、これは!? 記者の橋くんは思います。
 「わざわざ これを引き出したのか…!? 王虎…」
 そうです。【王虎】さんの表情はまさしく、これを待ってたんだよ! と嬉しそう! Burst時代からは考えられない超イイ笑顔じゃあないですか! そして一気に押し返す【王虎】さん。「オラ…これがテメーの全てか…?」と言う表情も、若干嬉し気です。そして二人は全力をもって押し合い、力をぶつけあいます。NHKアナもまたしても絶叫です。「百雲 渾身の力で持っていったーー!!」
 しかし! 【王虎】さんはNEW【百雲】関の「全力」をしっかりと受け止めます。その刹那、NEW【百雲】関は悟ります。その表情は絶望ではなく、素直に相手を称賛する、いい顔をしているじゃあないですか!
 「クソ…吸われる…スゴイな…王虎(オマエ)…」
 そして【王虎】さんも、これは笑顔、でしょうか、当たりめーだ、的ないい表情ですよ。【王虎】さんはNEW【百雲】関の両腕を半ば極め気味に抱え……めくったページの先は、見開きでNEW【百雲】関をぶん投げる【王虎】さんの図、が大迫力で描かれておりました。勝負あり、で今週は幕であります。
 なるほど、こういう展開になったのですなあ……【王虎】さんが欲するものは、鯉太郎のような「ド直球」の「全力」であり、これまでの鯉太郎の戦いでも、相手は常に鯉太郎の「全力」に引っ張られて、自らの「全力」を出してきたわけで、鯉太郎と【王虎】さんには共通するものがあるのでしょうな。しかし、【天雷】関の言う通り、鯉太郎の「全力」は常識を超えるものであり、北斗神拳的に言うと、人間は自分の体が壊れないように潜在能力の100%を使うことはできないわけで、ブッ壊れることを恐れない鯉太郎の「全力」はもはや異常なわけです。これは……鯉太郎VS【王虎】さんの戦いが超ヤバいことになるのは、もはや確定的に明らかですなあ。しかし、恐らく【王虎】さんとの闘いの前に、まだ鯉太郎は【猛虎】さんとあと一人、倒さないといけない相手がいるわけで、はーーーとにかく鯉太郎の次の対戦相手が誰になるのか、大変大変楽しみですね。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 11日目現在9勝2敗に
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は【王虎】さんVS【百雲】関の結末までが描かれました。結果としては【王虎】さんの圧勝、と言えそうですが、そのことによってついに【百雲】関の闇も晴れたわけで、大変興奮する一番でありました。そしてこの戦いが終わると、おそらく来週からは鯉太郎の続報を我々は知ることが出来そうな予感です。はたして椿ちゃんの想いは鯉太郎にぶつけられるのか、そして親方からは「どうすんだ?」が発令されてしまうのか、それとも、何事もなく十二日目の描写に移るのか。鯉太郎の最後の十五日目まで、あと四番。相手が誰なのかも大変気にになるところでありますが、物語はクライマックスへ近づきつつあり、今後も大変楽しみであります。完結まであと1年ぐらいはかかるんすかねえ……わかりませんが、毎週応援し続けたいと存じます。以上。

↓ しつこいですが、単行本最新刊(15)巻が絶賛発売中ですので、せめて単行本は買って応援していただければと存じます。よろしくお願いします!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、昨日、『鮫島』の最新(15)巻が発売になっておりますので、もしこのBlogに偶然辿り着いた方は、もはや購入は義務ぐらいの勢いで、買って応援いただきたいと存じます。

 わたしは電子書籍で予約しておいたため、昨日の朝起きたら自動的にダウンロードまで完了していました。紙の単行本は今日の帰りに買うつもりです。昨日買うのを忘れてしまったので……。やっぱり、どうも漫画単行本を本屋さんで買う、という行動を忘れがちなわたしですが、『鮫島』だけは、紙と電子の両方で買って応援しております。
 そして早いもので、この週末から大相撲九州場所が開幕ですね。わたしの愛する松鳳山裕也君は、先場所でわたしの目の前で勝ち越してくれたこともあり、東前頭3枚目にちょっとだけ枚数が上がりました。大変楽しみなのですが、一方では、ニュースでも取り上げられた通り、松鳳山関の部屋の師匠である元大関・若島津こと二所ノ関親方の容体も大変心配です。裕也よ、いい成績を上げて親方を喜ばせておくれ! 頼むぞ!
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年50号概況です。
 ■巻頭グラビア:南口奈々嬢。GEMというグループのお方だそうです。
 ■弱虫ペダル:転校生の巻。巻頭カラーです。葦木場くんと手嶋先輩の中学の頃のお話。渡辺先生と先日JAPAN CUPで来日したコンタドール選手の特集ページのおまけつきです。
 ■刃牙道:なんと今週は休載です。
 ■BEASTERS:ブラックコーヒーにミルク垂れたの巻。再び演劇部内のお話。食殺事件を操作したいレゴシ君ですが、演劇部にイケメン草食男子が入部してきて――!?
 ■囚人リク:自分の巻。変態剣崎、まさかの仲間入り!です。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:Put a sock in it!!!の巻。今週も安定のギャグ満載で楽しめました。
 てな感じの週刊手年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は【百雲】関に対して「偽物が……」とたいそう御立腹な【王虎】さんに対し、目の毛細血管がブチブチと切れ、血の涙を流す鬼の表情の【百雲】関が、殺してやる! とばかりに再反撃するところまでが描かれました。今週はその続きですが、扉はカラーで、かなりおっかないオーラを漂わせている【王虎】さんの図であります。これはぜひ、今週のチャンピオンを買ってご確認いただきたいところです。
 というわけで、冒頭から【百雲】関のブチ切れラッシュが描かれます。「どの口で俺を偽物と呼ぶ…テメーごときに…俺の何が分かる…」血の涙が【百雲】関の怒りと悲しみを表すような壮絶な表情ですが、もう観客席はうわっ…とドン引き。しかし、さらに上を行くのが【王虎】さんです。左の張りが【百雲】関の顔面にクリーンヒット! それを耐え、ぐっと再び腰を据えて張りに行こうとする【百雲】関ですが、その前に再び【王虎】さんの張りが炸裂! 無情! 無慈悲! やっぱり【王虎】さんは強い! しかし【百雲】関は、強烈な張りを喰らいながらも【王虎】さんの左腕を取り、常松の腕を壊したときのように極めにかかります。その口元には笑みが。そして親方も「やっ…やめろ…百雲!!」と叫びます!
 しかし! ページをめくると、取られた腕をくるりと回して、【王虎】さんが掟破りの逆関節技を極めるの図であります!! パキャッと嫌な音がしております! 【百雲】関の左肘はイッちまったか!? さあ、ここからは【王虎】さんのターン開始なのか!? 【百雲】やばし!
 「チープなんだよ…テメーは…」
 おおっと! なんという無情な台詞でしょう! 【百雲】関が全てを捨てて得た”非情”なるものを、【王虎】さんは「安い」ものと言下に否定、その表情も、きわめてつまらなそうな顔をしています。左腕を失い、右手一本で健気に戦う姿勢を示す【百雲】関ですが、これはイカン!【王虎】さんは続けて思います。
 「チッ…くだらねーことに付き合わせる…百雲(テメー)じゃ届かねーさ…泡影(あそこ)には…終わってるのさ…分かってんだろ百雲(テメー)も…相手を壊すことも自ら苦境に立つことも ただの自傷…そんなもんは 覚悟じゃねえ…顔じゃねえよ…死に場所を求める死に損ない…それがテメーだ…」
 キ、キビシイお言葉ですねこれは……【王虎】さん、あんた、ホントに成長したんだね……。自傷という言葉で思い出すのは、『バチバチ』(11)巻、第91話での【王虎】さんです。あの頃の【王虎】さんは、鯉太郎に敗れて自暴自棄?な状態で、【猛虎】さんの付け人になることになって大暴れし、自分の腕にかぶりつくという文字通りの自傷行為に走ってイカレまくっていたわけですが……あれから正確な時間の流れは分かりませんが、5年ぐらい? 経っているわけで、大きく成長したわけですなあ……この人も。ちょっと、当時の【王虎】さんを探すのに、『バチバチ』をザーッとチェックしたのですが、【猛虎】さんは現・空流親方、当時の阿形さんに勝って、【王虎】さんを付け人にする権利を獲得したのでしたね、そういえば。やっぱり、虎城部屋にとって【猛虎】さんの存在も大きいのでしょうなあ。鯉太郎VS【猛虎】さんも早く観たいですなあ!
 で、土俵上では【王虎】さんがカチ上げ気味のショルダータックルを決め、フィニッシュすべくまわしを取りに行きます。もはや【百雲】関は戦意喪失か!?
 「やめてくれ…俺から相撲を…奪わないでくれ…俺にはもう…相撲しか…他には…何も…もう…何も……」
 しかしその時、【百雲】関の脳裏に蘇るのは、愛する綾子ちゃんの「道明さんなら…大丈夫だよ…」と言ってくれた、あの、別れの優しい笑顔です。血の涙が、透明な、本当の涙となって【百雲】関の頬を流れます。そして半ば無意識に? 【王虎】さんへ向かう【百雲】関! その形は! そう、これはまさしく! 
「あ…あれは…泡影(よこづな)を倒した あの時の…百雲(いぜん)の形…」
 というわけで、左腕を【王虎】さんの右わきに刺し入れて返すことで【王虎】さんの右腕を殺し、まわしを取らせず、そして自分は右手で王虎さんの前ミツをホールドする【百雲】関の図、で今週は幕となりました。
 あの時、【百雲】関は触れた瞬間に圧倒的な力の差を理解し、かつ、すべてがお見通しという不思議な感覚をえました。そして横綱【泡影】関は、それを確かめるように、味わうように、ただ傍観していたわけです。しかし、今回、【百雲】関は【王虎】さんに何を感じるのでしょうか。そして【王虎】さんはどう動くのかーーこれが来週の最大のポイントとなりそうです。【王虎】さんはニヤリと笑って、これを待ってたぜ……とか言いそうですねえ! そして無情に投げ飛ばしちゃうのでしょうか。はーーーヤバいす。来週も超楽しみであります!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 11日目現在9勝2敗に
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は【王虎】さんVS【百雲】関の一番の山場までが描かれ、【王虎】さんのイラ立ちもクライマックスに達し、一気に勝負がつくか? と思わせながら、ラストは邪念?を捨てた【百雲】関が本来の形を取り戻し、あの「横綱に勝ってしまった」一番得意の型に持って行くところまでが描かれました。【王虎】さんの言う「チープ」「そんなのは覚悟じゃない」というお言葉は重いすねえ……【百雲】関は、すべてがお見通しなら、予想もつかないその先へ、というつもりで外目にはダーティーファイトに映るような取り口に変貌していったわけですが、それは【王虎】さんからすると、言わば立ち合い変化をするようなもので、まさしく邪道、真正面からすべてをぶつけろ、という意味なのでしょうか? かつてはとんでもなくイカレていた【王虎】さんですが、鯉太郎との闘いを経て、大きく成長しましたなあ……。【猛虎】さんに学ぶことも多かったのでしょうね……。いずれにせよ、来週、【王虎】さんが【百雲】関の必勝の形をどのように打ち破るのか、大変楽しみであります! 常松の光のパワーをもってしても、【百雲】関の闇を払うことが出来なかったのに、まさか【王虎】さんが、【百雲】関の闇を払う役となる(?)なんて、わたしとしては大変興奮します! 来週が超楽しみです! 以上。

↓ もう九州場所か……1年はあっという間だなあ……ホントに……。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今月会社の引っ越しを予定しておりまして、もろもろの準備で無駄に忙しく、ネタがないので今週もさっさと始めます。
 まずは、今週の週刊少年チャンピオン2017年49号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版は3週連続欅坂のお嬢さんのようです。
 ■弱虫ペダル:南中の星の巻。引き続き手嶋先輩VS葦木場君です。ほぼ進展なし。
 ■刃牙道:待望の巻。今週は刃牙、入場まで。ほぼ進展なし。
 ■BEASTERS:ただ心臓が寄り添ったの巻。ルイ先輩がカッコイイ話です。イイすねえ!
 ■囚人リク:始末の巻。絶望の剣崎を描いたP332の1枚絵はもう完全にアートですよ。マジ最高です。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:ハロウィン過ぎたけどハロウィンの巻。最高に笑えましたw
 ■Gメン:変身!ブラックエンジェルレイナの巻。勝太、お前やっと気づいたのかよ!
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は【王虎】さんVS【百雲】関の立ち合い序盤の攻防が描かれ、【百雲】関の殺気溢れる非情な攻撃でやや優勢か、とみられるシーンまでが描かれました。今週はNHKアナの「あ――――!! 当たり勝ったのは百雲―――!!」という絶叫から始まります。
 その攻撃のすさまじさに、記者の橋くんは思わず「王虎の上をいくのか…」と目を見開き、虎城理事長は冷静に土俵を見つめます。そして土俵上では鬼気迫る表情の【百雲】関の攻撃が止まりません。ドンドンドンドンと強烈な張り手で【王虎】さんに迫る【百雲】関。その脳裏には、横綱【泡影】の顔が浮かんでいるようで、「ダメだ…まだ……ダメだ…もっと…もっと…染めろ」と、もう目の毛細血管がプチプチと切れまくり、狂戦士ばりの表情へと変化していきます! そして強烈なブチカマシが【王虎】さんの左胸にクリーンヒット! NHKアナも「強――烈なブチカマシ―――!!」と絶叫です。
 しかし、その狂戦士めいた戦いぶりに、土俵を見守る新発田部屋親方は、思わず涙です。「涙が出る…ただ純粋に…強さのために…一人孤独に苦境に立つお前に…最愛なる者を捨ててまで進む 修羅道に…クソ………あんなもん(=横綱)に出会わなければ…願わくば…願わくばそこまで捧げた百雲の願いを 成就させてくれ…」この親方の想いには大いに共感できますが、まあ、残念ながらそうはいかないだろうな……とわたしは思ってしまった冷たい男なわけですが、めくったその先は! 見開きでズドーーンと【王虎】さんが描かれています。すげえ存在感というか、悪役感バリバリです! しかもセリフは!
 「偽者が…」
 そ、そんな! キン肉マン的実況でお伝えするならば、「あーーーっと! 王虎、無傷ーーー!」です! 【百雲】関の修羅道は、【王虎】さんレベルには通じないというのでしょうか? そして【王虎】さんは、やおら振り上げた右手で【百雲】の左側頭部を引っ叩きます! コイツはマズイ! 【百雲】関の鼓膜はイッちまった模様です! キーーーンと効いてしまった【百雲】関に、右ショルダータックルで追い討ちをかける【王虎】さん! NHKアナも「強―――烈―――!! 今度は吹き飛んだ百雲―――!!」と絶叫、コイツは勝負あったか!? しかし、それを歯を食いしばって堪えた【百雲】関! 目がジワジワ赤く染まっていき、何やら目から出血、さながら血の涙を流しているような壮絶な表情となった【百雲】関! 今週ラストは、そんな【百雲】関のつぶやきで幕となりました。
 「に…せ も…の…だ…と……殺…して…やる……」
 はーーーー……。新発田部屋親方のような心境で考えると、もう見ていられないすねえ……しかし、なんというか、理解が難しくなってきたような気がしますね……ちょっとまとめるとこういうことでいいのでしょうか?
前提 VS【泡影】に対する意気込み
鯉太郎 小兵であり「相撲に選ばれていない」力士。取り口は「すべてを出す」もので、後のことなど考えない全力相撲。その覚悟は【天雷】をもってしても、隣に立ってやれなくてすまない……と泣かせるほど。 【泡影】が「相撲そのもの」であるならば、上等だ、振り向かせてやる! と思っている。
ただし体はもはや限界の時が……。
百雲 体格は十分? 元「角界の良心」。しかし【泡影】という圧倒存在の前に絶望、勝つためにはすべてを捨てて”非情”となるしかないと考える。 【泡影】が先を読めるというなら、今までのようなきれいな取り口ではなく、想像を超える攻めを、一歩でも、一手でも先を……そして奪われた誇りを取り返す! と思っている。
王虎 かつてはとんでもないクソ野郎だったが「Burst」ラストでの鯉太郎との戦いで改心(?)。血筋・体格とも申し分なし。 まだ【泡影】に届かないという自覚はある模様。【泡影】に勝つためには、かつて苦杯を味わった鯉太郎の全力を飲み込む必要あり、と鯉太郎をVS【泡影】への試金石のように考えている(?)
泡影 虎城理事長曰く「相撲そのもの」の存在。どうやら四股を踏むことで全てと繋がる、という神のような感覚を得ており、ほぼすべての取組の先が読めてしまう。相対した力士は、脳を無理矢理侵食されるような気持ち悪さと同時に気持ちよさも感じてしまう絶対王者。
 改めて考えると、【王虎】さんが【泡影】に届かない要因は何なのか、そこがもう少し知りたいですし、そして鯉太郎と【百雲】には本質的な違いはないのではないか? という気も非常にしますね。ともあれ、【王虎】さんVS【百雲】関もどうやらクライマックス。来週あたり決着でしょうか。そして鯉太郎の体はどうなのか、いよいよ物語全体の山場に近づいておりますな。来週も楽しみです!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は引き続き【王虎】さんVS【百雲】関の戦いの模様が描かれましたが、【百雲】関の”非情”は、もはや親方に涙を流させるほど”悲痛”であり、見た目にも痛々しく、つらい展開でありました。これはもう……大丈夫じゃあないすね……。そして気になるのは鯉太郎の体の様子ですが、大器くんにも託されてしまった椿ちゃんの心中も察して余りあるわけで、今後どんどんつらい展開になりそうな予感です。それでも、読むのをやめるわけには行きません。この物語の最後を、きっちり見届けたく存じます。以上。

↓ 最新(15)巻は来週発売ですよ!! 絶対に買いでお願いします!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、台風やら雨やら、スッキリしない毎日ですが、今日の東京は久しぶりにいい天気になるようですな。そして今日は朝から仕事が立て込んでいるので、さっさと始めようと思います。
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年48号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版は今週も欅坂の誰かですが、未確認です。欅坂は電子はダメなんですな。来週も欅坂の誰かのようなので、来週も電子版はナシだと思われます。
 ■弱虫ペダル:先頭の2人!!の巻。手嶋先輩VS葦木場君の戦いは、まだ足慣らし段階です。
 ■刃牙道:感服の巻。ちょっともう良くわかりません……刃牙VS武蔵が始まる直前です。
 ■BEASTERS:救世主の誘惑の巻。今週はルイ先輩のお話。なかなかの展開です。
 ■囚人リク:別格の巻。変態剣崎の過去話でした。ずい分見た目も変わったな……。
 ■六道の悪女たち:訣別の時の巻。乱奈さん!そっちへ行っちゃダメだ!
 ■Gメン:アニキたちの卒業の巻。八神さんたちが晴れて卒業。まさか最終回近しか?
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、鯉太郎VS【天雷】の激闘後の模様が描かれ、鯉太郎の体はもはや限界と石川くんが椿ちゃんに訴える様子とともに、次の取組である【王虎】さんVS【百雲】関の直前までが描かれました。そして【王虎】さんは、またもぶっ倒れて救護室行きになってしまった鯉太郎に、たいそう御立腹で、対峙する【百雲】関に向かって、つまらねー相撲取るんじゃねーぞ……俺は今機嫌が悪いんだ……なんて、まるで仮面ライダー王蛇的な悪役感あふれる表情で先週は終わりました。
 そんな【王虎】さんが、静かに土俵に手をおろすシーンから今週は始まります。
 静まり返る場内。緊張感が漂います。が、【王虎】さんは、何かを感じたようで、「!?」と【百雲】関へ目を向けると……完全に目がイッちゃってる【百雲】関が、もうすさまじい表情。しかしです! 【百雲】関の眼は、相対している【王虎】さんを見ていません。その眼は、土俵下で静かに待つ、横綱【泡影】を見ているじゃあないですか! その脳裏には、あの「勝っちゃった」一番が。そしてますます【百雲】関の殺気は高まります。これには【王虎】さんもやれやれ的な思いです。
 「おいおい…どこ見てんだよ…」ただし、いつものような「ニヤリ」はありません。その表情はいたって真剣。そして、場内の緊張が高まる中、とうとうハッキョイ!! バトルスタートです!
 しかし、ページをめくると、見開きブチ抜きで【王虎】さん得意の右ショルダーアタック! 別名「カチ上げ」が【百雲】関に炸裂!!コイツはキッツイ一撃だ! 場内のお客さんは茫然、記者の橋くんも思わず「しょ…勝負あった…」なんて思ってしまう勢い! 実際、【百雲】関はクラっと崩れ落ちるかに見えます……が! 歯を食いしばって踏みとどまった【百雲】関は左の張りを放って反撃! しかしそれをなんなくかわす【王虎】さん! いともたやすく行われるえげつない行為とはこのことか!
 「アレを耐えて攻撃に転じた…! だがソレを王虎も難なくかわす…」と橋くんの解説が入りますが、小さなコマで入る【王虎】さんの表情は、実に冷静というか、完全に動きを見切っている余裕があるようです。しかし一方の【百雲】関は、もう完全にイッちゃってます。必死というより、必殺な殺意溢れる表情が対照的だ! そして【百雲】関は続いて左ひじを【王虎】さんの顔面へ! 一気に突き押しの体勢です! NHKアナも「出だしに喰らったカチ上げの影響を微塵も感じさせません!」と興奮実況です。しかし橋くんは【百雲】に対して思います。
 「あのカチ上げが効いていない…? いや…違う…百雲もまた…鮫島と同じ…土俵にすべてを賭すことで 力を発揮するタイプか…」
 この【百雲】関の猛攻に、【王虎】さんもやられっぱなしではありません。2発目のショルダーアタックが【百雲】関の顔面にクリーンヒット! どうだ…? 決まったか!? しかし【百雲】関の眼はいまだ死んでません! 耐えた! コレも耐えるのかよ、と橋くんはゾッとしています。そして両者正面からぶつかりに行き―――
 「あ――――――当たり勝ったのは…百雲――――!!」というNHKアナの絶叫で今週は終わりでした。ふーーー興奮したわ……しかし、やっぱり【百雲】関の「全てを土俵に」という覚悟と、鯉太郎のものは、同じのようには思えないわけですが、かと言ってどこが違うのかを説明するのも難しいですな……どちらも、「相撲(そのものである泡影)を振り向かせる」という目的は一緒なのかなあ……でも、【百雲】関が(自分以外の)全てを捨てて土俵に臨む一方で、鯉太郎は自分(の未来)を捨てているという、そのやり方が違う、ということなのでしょうか……。なんだか、北斗の拳的に言うと、ラオウ様や聖帝サウザー様のような「愛などいらぬ」やり方を【百雲】は選び、トキやファルコのように刹活孔を突いて「生は一瞬」と最後の力を振り絞るやり方を鯉太郎は選んでいるように見えますが……どちらも最後は死んでしまうからなあ……。この構造からすると、ケンシロウ的存在は横綱【泡影】になってしまうので、どうなるんだろうなあ……。果たしてそういった全てを捨てた背水の相手に【王虎】さんがどんな戦いを見せるのか、大変楽しみであります!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。   
 今週はいよいよ【王虎】さんVS【百雲】関の一番がハッキョイ、【王虎】さんの必殺カチ上げを2発喰らっても沈まない【百雲】がやや優勢か? という序盤の戦いが描かれました。実際、【王虎】さんを見ずに横綱【泡影】しか目に入っていない【百雲】関。その戦いは悲痛でもあり、はたして【王虎】さんの逆襲はいかに――!? というイイところで今週は幕です。そしてこの勝負の行方ももちろん楽しみですが、果たして鯉太郎は翌12日目の土俵に立てるのだろうか……親方の「どうすんだ?」が発令されてしまうのか……実に心配です。あと4番、鯉太郎の戦いから目が離せませんね……。以上。

↓ おっと、次の最新(15)巻は来月発売ですよ! 絶対に買いでお願いします!

 
 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今日の東京は大変寒い雨の朝を迎えており、わたしは暑いのが苦手なので、今ぐらいのひんやりぐらいな気候の方が好きなわけですが、気温が25度とかを超えている日々だと、わたしはですね、便座の電源をオフにしているわけですよ。急な話ですが。で、ですね、今日の朝、よっこらせ、と便座に座ったらですね、その冷たさに思わず「ひゃんッ!?」とか、もう完全に不意打ちだったので、飛び上がるぐらいビクッ!としたわけです。すかさず電源オンにして、数秒でじんわりと温まってゆく便座に、ああ、日本って素晴らしいとか思ったわけですが、まあ要するにそれだけ寒くなってきましたなあ、という時候のご挨拶と、最近やけにこの『鮫島』ニュースは海外からのアクセスをいただいているようなので、海外にお住まいの方はこの電熱便座の恩恵にあずかっているのだろうか……とぼんやり思った次第です。はい。
 というわけで、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年47号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシです。紙雑誌版は欅坂の渡邉理佐嬢だそうです。
 ■弱虫ペダル:届いた震動の巻。いよいよ終盤、手嶋先輩最後の覚悟が発動しますよ!
 ■刃牙道:ガラス玉の巻。刃牙の準備も体の方は完了しているようですが……。
 ■BEASTERS:イブは林檎を食べたからの巻。いよいよ最初の食殺事件に戻るのかな。
 ■出陣!昆虫武将チョウソカベ:殿と魔王の巻。ついに第六天魔王様登場です!
 ■囚人リク:完璧の巻。P126とP130の表情の違いが凄いすw
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週、ついに決着のついたVS【天雷】戦。結果は鯉太郎の掬い投げによる勝利で、これで鯉太郎は負けなしの11連勝となりましたが、その一方で、【天雷】は鯉太郎が「その先」へ行ってしまうことを止められず、一人で踏み込んでゆく孤独について行ってやれない自分に涙を流したわけです。そして鯉太郎も、勝利したとはいえ体はもうボロボロ、花道で肩を貸した石川くんも、その、もう終わりが近いという状態に気付いてしまった所までが描かれました。
 今週は、ある男の支度部屋の様子から始まります。
 ある男―――それは【王虎】さんです。付け人が【王虎】さんに、そろそろ、と声をかけ、鯉太郎の様子も【王虎】さんに伝えます。「ちなみに鮫島は…まだ診療所でブッ倒れてるみたいです…」
 それを聞いた【王虎】さんの表情がヤバいすよ。ほぼ1ページブチ抜きに近い大ゴマでつぶやきます。「チッ…失望させる…」
 なんすかもう! のっけからやけにカッコイイすねえ! そして場面はまさしく「ブッ倒れている」鯉太郎を常松や豆助、大吉たちが看護している様子に移ります。こりゃあ、本当にもうヤバいじゃあ済まないのでは……どうも脱水&熱まで出ている模様です。
 そして、客席では椿ちゃんが悲しそうな表情でうつむいています。脳裏に再現されるのは、セクシー女医でお馴染みの美和子先生のあの一言。「彼の体は…もう限界だと思う…よく見ててあげて…手遅れにならないように…」
 そんな、しょんぼりした椿ちゃんの元に、石川大器くんがやってきましたよ! 君は本当に、気が利く青年ですなあ! ちょっと顔貸してくれるか……? と連れ出す大器くん。
 しかし場面は土俵上に戻ります。結び前、【王虎】さんVS非情の【百雲】関の一番です。場内大歓声。NHKアナは虎城理事長に話を振ります。この一番どうですか、と。理事長は、今の【王虎】は心身ともに充実している、けれど、そういう時こそわずかな隙が生まれるかもしれない、結局は、「百雲は己を貫き王虎に侵食できるかどうか…互いの思想…イデオロギーの強さが勝敗を分けるかもしれませんな…」ということらしいです。となると……VS常松戦で見せた通り、【百雲】関はすべてを捨ててでも、非情をもって横綱を倒すという覚悟がもう既に完了しているわけですが、果たして【王虎】さんに通用するのでしょうか……。なんというか、【王虎】さんは、【天雷】のいう「孤独」に、とっくに足を踏み入れて、一人で横綱【泡影】への道=相撲そのものの道、を切り開いているような気がします……。この取組もやっぱり大注目ですなあ!
 そして描写は、国技館の外に出た椿ちゃんと大器くんに移ります。大器くんは、さっき鯉太郎に肩を貸したときに気づいたことを、椿ちゃんに伝えます。どうもあれは、あまりにも自分と同じ、すなわち「慢性外傷性脳症」かもしれねえ、と。今、Wikiで初めて知りましたが、いわゆるボクシングの「パンチドランカー」として我々が知っているこの症状は、死後の脳の病理学的検査でしか診断することができないんだそうです。ともあれ、椿ちゃんは大ショック。あんなに相撲に一途で、あんなに相撲が大好きな奴なのに、なんで、どうしたらいいの……と悲観に暮れるしかありません。大器くんは言います。アイツのことだから、きっと誰にも言わない、たとえ兄弟弟子や親方にも。そして何より、今、鯉太郎がそういう体の変調があったとしても、自分から止まることはないだろう、なぜなら、今の鯉太郎の相撲は、「一番一番良く…いや……えげつねーほど 凄くなってる…」のだから、と。この先、大器くんの長い独白が続きますが、泣けるので引用します。
 「俺には…鮫島がいた…だからここで止まることが出来た… アイツも土俵なら止まれる力士がいるかもしれねえ…でもよ…椿ちゃん…君なら土俵の外から 唯一鮫島を止められるんじゃねーかな…(略) アイツ アホだろ…もし俺と同じなら多分1人で抱えてると思うんだ…なっさけねーけど…俺には何もできねーから…もう土俵を降りちまった俺には…止めてやることも隣に立ってやることも出来ねーから…ダチなのに…だから椿ちゃん…悪ーけど…本当…なっさけねーけど 頼むわ…鮫島を…孤独に突っ走らせないでくれ…頼む…」
 まあ、つまり大器くんも【天雷】同様の気持ちなわけですが、しかし仮に椿ちゃんが止めても、鯉太郎は止まらないでしょうし、そもそも、椿ちゃんも最終的には行ってらっしゃいと送り出すような気がしますね……これは来週以降が大変楽しみ? というか、気がかりですなあ……。
 さて、土俵上では、時間いっぱい、いよいよハッキョイ直前です。場内は、【百雲】関へのひどいブーイングが響いています。しかしそんな中でも【百雲】関はいつも通り、フン…とお構いなし。そんな【百雲】関へ、【王虎】さんが声をかけて今週は終わります。
 「おい……つまらねー相撲取るんじゃねーぞ…俺は今…」
 そしてページをめくると! 1ページブチ抜きの【王虎】さんが!
 「機嫌が悪い……」
 やっばい!! 【王虎】さんが激怒してます!! そしておっそろしくカッコイイ!! さんざん悪党だった【王虎】のくせに!! 【王虎】さんが何に対して怒っているのか、それは恐らくは鯉太郎に対してでありましょう。「相撲に選ばれた」【王虎】さんにしてみれば、「天雷との取組ぐれーでへばってんじゃねえよ、アホが!」ぐらいな気持ちなのかもしれません。【王虎】さんにとっては、鯉太郎はラスボス横綱【泡影】への重要なアイテム、これを取らないと【王虎】さんの考える相撲道はエンディングを迎えられないということでしょうか。まさしく修羅道ですなあ……! この怒れる【王虎】さんに、【百雲】関の”非情”は通じるのか!? わたしとしては、久しぶりに凶悪【王虎】さんの相手の腕をへし折る勢いの小手投げが見たいすねえ! 来週がもう楽しみでならないす! 
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。   
 今週からは「その後」が始まりましたが、描かれたのは2つ、ひとつは【天雷】に勝利はしたもののブッ倒れた鯉太郎を心配する石川大器くんが、椿ちゃんに想いを託し、縋る姿です。悲痛ですなあ……。そしてもう一つは、【王虎】さんの怒り、でありました。果たして椿ちゃんは鯉太郎を止められるのか、そもそも止めようとするのか、そして怒れる【王虎】さんは、その怒りを半ば八つ当たり的に【百雲】関にぶつけ、あっさり勝つのか、それとも【百雲】関の”非情”が隙をつくのか、と大変ドキドキな展開であります。恐らくは、椿ちゃんとともに、師匠である【仁王】兄貴こと現・空流親方も、当然事態を察しているでしょうから、ひょっとしたら鯉太郎へ「どうすんだ?」が発令される事態もあり得るのかもしれません。しかし、椿ちゃんでも、親方でも、鯉太郎を止められないでしょうなあ。止められたら物語終わっちゃうし。椿ちゃんや大器くん、そして常松や白水兄貴、親方といった部屋の家族たちの想いを、鯉太郎はどう受け止め、さらに「その先」へ征こうとするのか。そこがどうやら一番のポイントになりそうですなあ。はあ……どういう形で完結を迎えるにせよ、泣くしかないすねえ……。最後まで、応援したいと存じます。以上。

↓ やっぱり、どうしても矢吹丈が重なりますなあ……全巻まとめ買いするか……映像も最高す。「好きなのよ矢吹くん!あなたが!」という葉子お嬢様の声が脳裏に響きます。。。

劇場版 あしたのジョー2 [Blu-ray]
あおい輝彦
バンダイビジュアル
2016-07-22

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 今週は体育の日の休日から、ずっとせっせと『弱虫ペダル』の(1)巻から最新話までを読んでいたのですが、もう何度目になるか分からないですけど、ホントに何度読んでも面白いですなあ。やっぱりインターハイの1年目、2年目ともに、3日目になってスプリンターが仕事を終えて下がっていくところは何度読んでも泣けますね。鳴子くんのセリフにある通り、「クソカッコエエッス!!」てやつです。鳴子くん自身もカッコイイですけど。そして現実の自転車ロードレースの世界は、先日ロード世界選手権が行われ、人気者のピーター(ペテル)・サガン選手が前人未到の3連覇を達成し、来年も一年間「アルカンシェル」(=世界王者のみが着用することを許される「虹色ジャージ」)を着ることになりました。5週前の『ペダル』で、泉田君の左上脚筋の名前として挙がった「ペテル」のことっすね。というわけで、現実世界のロードレースはほぼシーズンオフに突入、残りは2週間後のジャパンカップぐらいなわけですが、なんと今年のジャパンカップには、わたしがずっと応援してきて今年で引退を表明しているアルベルト・コンタドール選手が来日するそうで、マジで会場の宇都宮に行こうか超悩み中のわたしであります。
 というわけで、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年46号概況です。今年も残り僅かになってきましたなあ。
 ■巻頭グラビア:牧野真莉愛嬢。モー娘。の方だそうです。大変極上です。
 ■弱虫ペダル:総北の旗の巻。ヤバいす。手嶋先輩の最後の雄姿にまた泣きそうす。
 ■刃牙道:原始人とサムライの巻。武蔵とピクルの語らいです。言葉はないですが。
 ■BEASTERS:細い煙に耳澄ませの巻。おおっと!新キャラ登場ですよ!!しかも蛇!
 ■囚人リク:攻防の巻。今週も基本的に「イヤー」「グワー」的展開でした。
 ■東京野球少女百景:読み切りです。以前も短期集中(だっけ?)で登場された水森崇史先生の短編ですが、大変イイですな。Twitterで大人気なんですと。へえ~。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週ラストはとうとう決着のついたVS【天雷】戦。今週は、その結末に静まり返る国技館の様子から始まります。誰もが息をのみ、静まり返り客席。椿ちゃんも、大器くんも、常や【白水】さん、虎城理事長、皆があっけにとられるというか、呆然とする中、【王虎】さんは若干大きめのコマで、フン……的な表情。そしてNHKアナの絶叫をきっかけに、場内は再び割れんばかりの歓声が上がります。「勝負あり―――!! 勝ったのは鮫島―――!!」
 そしてNHKアナと、虎城理事長の解説が続きます。
 「渾身の力で合掌捻りにいった天雷! 勝負あったかに思えた刹那 これ以上ないタイミングで鮫島が掬い投げ――!」
「その体格差から天雷は確実に潰しに行きました…しかし鮫島はそれを気迫だけで押し返した…天雷の敗因は一気に勝負を決めにかかった投げ…そして鮫島の勝因は天雷にそうしむけたということでしょうな…壊れてもいいという覚悟で…」
 合掌捻り……聞いたことのある決まり手だと思って、思わずググってみると、そうでした、かのウルフマンの必殺技の一つでしたね……。しかしこの理事長の解説を聞くと、じゃあ、【天雷】はあのサバ折りめいた締めでそのまま鯉太郎に膝を付かせようとしていれば勝てたかも、そしてそうせずに、投げを打たせたのは、必死の抵抗によって、【天雷】に、分かった、もう俺が終わらせてやる、と思わせた鯉太郎の「壊れてもいいという覚悟」の上での作戦ってことなんでしょうか? でもまあ、それは結果論で、鯉太郎が意識してやったことではないでしょう。鯉太郎が意識していたのは、ただ全てをぶつけることだけ、だと思います。
 そして敗れてしまった【天雷】は、涙を流します。何故か? それはおそらく、「悲しいから」だとわたしは受け取りました。【天雷】の心の独白をちょっと聞いてみましょう。
「出来ないんだよ…頭でどんなに理解しても…鮫島…お前のようには普通…出来ないんだ…クソ…言いたくないが…思いたくないが…どうしても頭に浮かんでしまう…お前は…異常だ…そうやってお前はずっと…土俵(ここ)で1人でずっと…すまない…俺はお前の隣に立ってやれなかった…すまない…オレにお前を止めてやれる力がなくて…すまない…孤独にさせてしまって…すまない…」
 この何とも悲し気な独白の間、描かれるのは、鯉太郎が半ば意識を失いつつある表情で、ゆっくり、ゆっくり、ようやく立ち上がり、【天雷】に背を向けて、土俵の西へ戻る、という、なんというか非常に孤独を感じさせる姿です。勝ったのに、そこには何の歓喜もないような、ひどく胸に来る絵ですよ。そんな、ひとりぼっちの鯉太郎に抱く【天雷】の悲しみが、わたしの胸にも響きます! これは泣けますなあ……! ここが今週のクライマックスと言ってもいいように思えます。
 そして場面は再び歓声に沸く場内とNHKアナの実況が描写されます。「下がる天雷の目に涙が見えます それだけ天雷もこの同期戦に思い入れがあったのでしょう!」当たり前だ! でも天雷の涙はもっといろいろなもんが溢れてるっつーの! 余人にはわからないものなんすよ! そして優勝も見えてきた鮫島、という実況に、こっ…こっ…こっ…こりゃああるぞおい…もしかしたらもしかするぞ…と空流後援会の皆さんも大興奮、椿ちゃんに話を振りますが……椿ちゃんは涙をたたえてつぶやきます。
「いえ…何か…何か凄く残酷に見えて…」
 そして花道を引き揚げる鯉太郎。石川大器くんが「オウ…いい取組だったぜ…鮫島…」と声をかけますが、当の鯉太郎は意識朦朧。大器くんはとっさに、こ、これはと事態の深刻さを悟ります。多くの記者たちが鯉太郎を囲んでインタビューをはじめようとしますが、すかさず大器くんは鯉太郎に肩を貸し、わりーけど…後にしてやってくれよ…と鯉太郎を抱えて引き揚げます。そしてようやく大器くんに気が付く鯉太郎。大器くんは努めて明るく言います。
「バカヤローが…俺の張りパクりやがって…でも甘ーな…俺なら一撃で決めてたぜ…」
「うるせー…」
「ハハッ…んな口が利ければ大丈夫だな…」
「そう言う石川(オマエ)は…今日…勝ったのかよ…」
 な、なんつった鯉太郎、お前……!? わたしはそう思い、大器くんもそんな表情です。おい、鯉太郎、お前……!? 大吉も困惑の表情で、なっ何言ってんですか、飛天翔関は引退したじゃないですか、とフォロー。それにも鯉太郎は「……あぁ…そうだっけ…」と分かっているのかいないのか、ぼんやりとした返事のみ。そして大器くんは気が付きます。抱える鯉太郎の右手が、カタカタカタと震えていることに……。まさか、という表情で大器くんは「鮫……島…お前……」とつぶやいて今週は終了、でありました。
 ああ……こりゃあマズイ、こりゃあマズイっすよ……。わたし、実は今週号は今日のAM01:20頃に読んだのですが、その後寝ても、なんか『鮫島』の夢を見ちゃったぐらいす。よく覚えてませんが。本当なら、果たして鯉太郎の次の相手は誰なんすかねえ! と無邪気に盛り上がるつもりでしたが、こりゃあマズイなあ……はあ……あとまだ4番残っているのですが、果たして鯉太郎は持つのでしょうか? まだきっと確実に【猛虎】さんと【王虎】さんとの取組もあるはずだし、そして相撲そのものを体現する横綱【泡影】との闘いもきっとあるはずで、これは……ほんとヤバいすなあ……【天雷】はきっと、そんな修羅道を一人行く鯉太郎の孤独に涙したわけで、わたしももう泣けてきます。おそらく、来週からちょっと「その後」と、「王虎VS百雲」も描かれると思いますが、わたしは今日明日あさってぐらい、後先を考えずすべてをぶつけて戦う男の孤独について、思いを寄せたいと存じます。つらい……。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。 
 今週は勝利確定後の【天雷】の感じた鯉太郎の孤独とそれに寄り添えなかった自分への哀しみが涙をもって描かれ、一方では、石川くんに抱えられて花道を下がる鯉太郎の異常な事態に、石川くんが気付いてハッとするところまでが描かれました。完全に物語は破滅へ向かっているように思えますが、それは破滅なのか、それとも―――というこの作品の根源にあるテーマに直結しているわけで、如何にして佐藤タカヒロ先生がこの先を描いてくれるのか、今後も毎週楽しみに待ちたいと存じます。もはやきっと、椿ちゃんがどんなに止めても鯉太郎は止められないだろうし、椿ちゃんも止めないかもしれません。鯉太郎はその代償に何を得るのか―――もう、わたしの中ではこの『鮫島、最後の十五日』は現段階ですでに名作判定されていますが、ラストは泣くしかないでしょうな。つーかもう泣きそうです。むしろ泣いてます! 以上。

↓ 全く関係ありませんが、「アルカンシェル」とはこういうものです。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 すみません! 昨日少しやり残した仕事をAM6:40からしていたら、いつの間にかこんな時間に! 更新が遅くなってしまって申し訳ありません! やっちまったー! ごめんなさい!
 というわけで、さっさと進行しましょう。まずは、今週の週刊少年チャンピオン2017年45号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙版はAKBの入山杏奈嬢だそうです。
 ■弱虫ペダル:手嶋のオーダーの巻。坂道くんをどう使うかの作戦です。
 ■刃牙道:屠り去るの巻。いよいよ刃牙がマジす。そして武蔵meetsピクルagain!
 ■BEASTERS:強鼠なので猫を噛むの巻。おっと、とうとう第1話のあの犯人登場か!?
 ■囚人リク:一番の巻。基本的に「イヤー」「グワー」的流れです。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:ウッキーライフ・タマちゃんホームの巻。今週も腹を抱えて笑いました。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先々週ラストで覚醒したと思われた【天雷】でしたが、先週は鯉太郎の「先が見えている」動き、それはまさに横綱【泡影】のように、次々と【天雷】の動きに先んじて攻撃を仕掛ける展開が描かれ、ラストではとうとう鯉太郎がうおお!と渾身の力で押すも、【天雷】の”怪力”がついに発動、がっちりと鯉太郎を不完全な体勢ながらベアハッグ、相撲で言うところのサバ折り的な体勢でとらえるシーンで終わりました。しかし、わたしは先週書きそびれていたんですが……鯉太郎は、どうも体勢的に、得意の「左下手」を取っているようにも見えていました。今週はそこからです。
 今週の冒頭は、NHKアナの、「つっ…掴まえたーーー!」という絶叫と、常松の「あぁ そんな…」という蒼白な顔、そして、虎城理事長の「鮫島の読みを力で断ち切ったか…天雷…」というゴクリ、な表情で幕を開けます。
 そしてページをめくると、【天雷】のすさまじい表情です。
 「ここがゴールだ…鮫島…最後に…俺の全てを…ありったけをお前に…」
 もちろんメキメキベキベキと嫌な音がしています。”怪力”が炸裂、そして次のページは1枚ブチ抜きの凄い絵ですよ! 【天雷】ががっちりホールドした状態で、上から圧し掛かり、鯉太郎を押しつぶそうと渾身の力を込めている迫力の一枚絵です! わたし、昨日検索して初めて知ったのですが、いわゆる「サバ折り」という決まり手は、まさしくこの【天雷】のように、両手を回して締め上げつつ、そのままのしかかって、相手の「膝」を土俵に付かせる決まり手なんですね。コイツはヤバい! そして痛そう! 鯉太郎も声なき絶叫をあげているようです! やばし!
 この熱戦を観ている石川くんも、まずいぞ的表情、そして椿ちゃんはもう土俵を見ていられず、必死に祈るような表情です。
 しかし! 来た! 左下手をホールドする鯉太郎がなんとか【天雷】を押し戻し始めた! ここはほぼ見開きで描かれています。全力で抵抗する鯉太郎に、一同マジかよ!?的表情です。【天雷】も、もう全力を出している表情ですが、脳裏ではこう考えています。
 「もういい…もう…もう削れるな…止まれ…削るな…なぜそこまで…なぜ…本当に…終わってしまうぞ…」
 そして描写は、「ぐしゃ」という音やブチブチゴキゴキッという不吉な音が表現されており、読者としてももう、鯉太郎お前死んじまう! と心配なぐらい。しかし、【天雷】は鯉太郎がこう言っていたことを思い出しました。
 「何も…何も残す気はない…」
 その鯉太郎の言葉を思い出した【天雷】は、このことか、まさに鯉太郎は本当に、マジでそう思っているんだ! と気付きハッとします。そして場内は、鯉太郎の必死の抵抗に万雷の拍手。すべてを理解した【天雷】は、ああ、なんと! なんと【天雷】は涙を流しました! わたしも泣きそうです!
 「わかった…もう…もう…俺が終わらせる…」
 そして決意の表情で、両腕をホールドしたまま鯉太郎をぶん投げる【天雷】の図! が、見開き1枚絵で描かれます。OH! MY! これはいっちまったかーーー!?
 しかしです!! 次のページは、まるで時間が静止したような静かな風景です。【天雷】はまるでスローモーションのように、鯉太郎の顔を見ます。そして鯉太郎は、とても静かに、無心の表情でつぶやきます。
 「ここ…」
 そして! なんと! 左足一本で耐えていた体を、左足一本で立て直し、もろ差し気味に【天雷】を抱え込んで……投げ返した――――ーーーーー!!!!!!! この投げ返しによって完全に【天雷】がひっくり返っているの図も、超迫力の見開き1枚絵です。やった……やりおった――――!!!
 今週ラストページは、【天雷】を土俵にたたきつける鯉太郎と、その熱戦が行われている国技館のショットで終わりました。はーーーーヤッバイす。もう途中で息を止めてたんじゃないかと言うぐらい、ラストページで、ぷはあと息をつきました。一体何が起きたのか、おそらくは来週以降語られると思いますが、全力で投げに行った【天雷】を、仏壇返しめいた投げ技で大逆転、鯉太郎の11日目の勝利は確定です! はーーー。こういう結末か……いやはや、わたしはまだ興奮で呆然としていますが、これはもう、来週以降の解説を待ちましょう。きっと虎城理事長や鯉太郎本人、そして【天雷】も語ってくれることだと思いますので、来週を楽しみに待ちたいと思います。【王虎】さんも何かコメントしてくれるかもしれないすね。はーーー興奮したわ……。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、わたしは全く予想してませんでしたが、ついにVS【天雷】の一番に決着がついてしまいました。まさかの大逆転、仏壇返しかどうかはわたしにはちょっと判定できませんが、まさしく石垣のように堅牢な【天雷】をひっくり返してしまいました! ただし、鯉太郎はその勝利と引き換えに、相当な代償を体で払っているものと思われます。まずは来週以降の、勝負の解説と、そして、鯉太郎の負った肉体的ダメージの状態をドキドキしながら待ちたいと思います。いやあ、こういう結末とは……とにかく読んでいて、わたしはホントに息を止めてたようです。それほど興奮というか、力んでいたようで、まだなんか整理がつきません。いやー、ほんとに『鮫島』は最高ですね! 以上。

↓ 今月のチャンピオンコミックス新刊はこれを買います。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先週わたしは両国国技館にて大相撲観戦に行ってきたわけですが、その様子は別記事を読んでいただくということで、省略します。わたしの応援している松鳳山関が目の前で勝ち越しを決めてくれて、まあ、大興奮でありました。やっぱり生はいいですなあ! そして、ホントに力士はデカいすねえ!
 ところで、このインターネッツという銀河の片隅でわたしが毎週せっせと書いている『鮫島』ニュースですが、その読者の方で、Stephen  King大先生のファンの方はどれくらいいるのでしょうか。さっぱり見当がつきませんが、わたしは世界の小説家の中で、Stephen King 大先生が最も好きなのですが、King先生の日本語で読める最新作『FINDERS, KEEPERS (邦題もそのままファインダーズ・キーパーズ)』が、いよいよ発売になりました!
finderskeepers
 文藝春秋社から発表されている正式な発売日はあすの金曜日なんですが、書籍というものはその流通上、お店に着いたら売っていいという慣習があって(雑誌は絶対ダメ)、都内では昨日、既に売っておりました。なので即Getし、昨日の帰りの電車内からさっそく読み始めております。今回もヤバいすねえ……超面白いす。
ファインダーズ・キーパーズ 上
スティーヴン・キング
文藝春秋
2017-09-29

ファインダーズ・キーパーズ 下
スティーヴン・キング
文藝春秋
2017-09-29

 わたしはこの『鮫島』ニュースで散々書いている通り、すっかり電子書籍野郎に変身して、チャンピオンすら電子で買っているのですが、King先生の「単行本」は、紙で買うことにしてます。なぜなら! 単に本棚に並べて悦に入りたいからです! 文庫まで待つなんてことももうやめました。だって、よく考えると文庫になると分厚い上中下とか分冊になって、合計では大して値段も違わないし。なので、1000円ぐらいの差額に関しては、もう、いち早く読める「特急料金」と納得することにし、単行本で買って読む方針にずいぶん前に変更しました。実際、読みたくて読みたくて我慢できないし! というわけで、今わたしはKing先生の新作に日夜興奮しております!
 それでは、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年44号概況です。
 ■巻頭グラビア:2週連続で都丸紗也華嬢です。極上です。
 ■弱虫ペダル:全開坂道の巻。引き続き箱学を追う総北。タイトル通り全開です。
 ■刃牙道:ビッグマッチの巻。さあ、いよいよ刃牙VS武蔵が正式決定のようですよ。
 ■BEASTERS:危険なエゴイスト2匹の巻。ジュノちゃんはレゴシ君に振られたことががショックなようです。次期BEASTERSになれるのでしょうか。
 ■囚人リク:子猿の巻。ちなみに本編では「子猿」に「カス」というルビが振ってあります。そのシーンの絵が最高です。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ;レジェンド オブ ロナリストの巻。今週も大変笑わせていただきました。とにかくボケ合戦がしつこくて最高です。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、立ち合いから優勢が続く(?)鯉太郎の猛攻に、【天雷】がやっとというかとうとう、覚悟を決め、「本当のすべてで行く」決意を固めて、”怪力”【天雷】の真の反撃が始まりそうなイイところで終了でした。今週はその続きです。鯉太郎による石川譲りの「非情の一撃」が炸裂し、一瞬意識が飛んだ【天雷】。しかし、その鯉太郎の右腕をがっちりホールド。さあ、反撃なるか、であります。
 しかし……最初に結論から言うと、今週は非常に文字で説明するのが難しい展開であります。次々と攻防が入れ替わる展開ですが、鯉太郎が常に先手先手と、【天雷】の攻撃を「先読みしている」という、息もつかせぬ展開であります。
 まず、今週冒頭は、がっちり腕を取られた鯉太郎が、その瞬間に「ヤバイ!」と感じるシーンから始まりました。しかし、ナレーションによると
 「しかし天雷も無意識に近い状態で腕を掴んだはいいが 鮫島渾身の一撃のダメージは明白だった そのダメージが次への移行への思考を コンマ数秒遅らせた」のであります。そして鯉太郎も、まさしく息を付かせぬ攻撃を繰り出していたため、呼吸が必要でした……が、そのまま呼吸せず間髪入れずの続行を決意。それすなわち、
 「鮫島の勝負勘が わずか後に来る天雷の攻撃の危険な臭いを嗅ぎ取った」のです!
 無呼吸、それは目いっぱいの力を出す時の人間の生理的現象(と言っていいのかな?)ですが、通常は数十秒が限界。よく、陸上競技では400mが最も過酷とか言われますよね。400m、50秒程度の無呼吸走法が限界だというわけです。自転車ロードレースでも、最後のゴールスプリント300mは無呼吸でいくわけで、とにかくMAXパワーの続く限界時間というものがあります。
 というわけで、【天雷】は鯉太郎の右腕を取った状態からとったりでぶん投げようとしますが、無呼吸で即座に対応していた鯉太郎はすぐさま回り込んで対応します。これには【天雷】も「今のタイミングではずした…? いや…違う…今のは……読まれていた?」と戦慄の表情です。
 ならば、と【天雷】は逆方向へ腕捻りで投げを打ちに行きます……が、鯉太郎はそれも堪えます。またしても【天雷】はショックな表情。
 「コレも…!? 間違いない…何が来るか…先が見えている…」
 そんな驚愕の天雷の脳裏には、【王虎】さんの言葉が蘇ります。
 「鮫島(アレ)は俺の道具だ…この先へに必要な…」
 そういうことかと理解した【天雷】は、ならば上等、とばかりに鯉太郎の頭を抑え、上から力づくで押し潰そうとします、が、やはりそれも鯉太郎は回避、先に膝を当てて切り返しで攻撃を仕掛けます。読者から見ると、もう【天雷】は焦っているように見えるのですが、大丈夫なのでしょうか!? 天雷は脳裏で鯉太郎に話しかけています。「鮫島……お前には何が見えている…お前の底はどこにある…お前はどこまで行く…あぁ…引っぱられる…見えていたと思った自分の底が…お前といると分からなくなる…俺もきっと…まだまだ先へ行ける…」
 先週描かれた通り、【天雷】は、絶対王者である横綱【泡影】との戦いで、ああ、なんてこった、自分はこんなものなのか、全然足りないじゃないか、と、自分の底が見えちゃったような気になっていたわけです。そして鯉太郎の、そんな自分の底なんて気にする余裕なんてないような、覚悟を持って闘う姿勢に、JOJOでいうところの、「そこに痺れる憧れるぅ!」と感じるに至ったわけですが、まさしく、鯉太郎と戦うと、オレもまだ先へ行ける! と思えるのでしょう。おそらくは、その点こそ、【王虎】さんが「俺の道具」と言い放った意味なのかもしれません。
 というわけで、【天雷】は首捻りで鯉太郎を再び強引に力で持って行った―――! という1ページブチ抜きショットが現れます。これには土俵を見守る石川大器くんも「速い…」と驚き、そして虎城理事長も「鮫島の思考の先を いったか天雷…」と若干のドヤ顔。
 しかし! 鯉太郎の心臓がバクン!と脈動し、潰れるな、まだ、あと少しだけ! という鯉太郎の渾身が炸裂、左腕で【天雷】の膝裏を取り、右腕は【天雷】の顔面を抑え、そしてそのまま頭をつけて倒しにかかります! 説明が難しい! その様に、虎城理事長は「さらにその先を行くか…鮫島鯉太郎」と呆然、そして観客席の椿ちゃんは「いけ!!」と絶叫、そこで鯉太郎のうおおお!的な顔アップです!
 しかし! ああ! なんと! 鯉太郎渾身の押しも、【天雷】は両腕で鯉太郎の体をホールドしてびくともしません!! その両腕は、鯉太郎の背中でがっちりと組まれています。説明が難しいですが、要するに、と、止めた――――!! の図が見開きで描かれています! 土俵上の二人の渾身が、そして佐藤先生の渾身が伝わる素晴らしい一枚絵ですので、ぜひ今週のチャンピオンを買ってご確認ください。そして今週は、その一瞬の膠着状態で、【天雷】が「ありがとう…鮫島……」と囁きながら、不完全なベアハッグめいた体勢でメキメキ・ミシミシと鯉太郎の体を締め上げる描写で幕を閉じました……。
 なお、編集部謹製のエンディングキャッチは「決着の刻迫る…!? 次号に続く。」でした。マジかよ……決着のときが迫ってるんすかねえ!? これは一体どういう結末を迎えるのかなあ……鯉太郎は勝てるのか、【天雷】のその先が描かれるのか、わくわくしますなあ! いやー、来週号が楽しみです!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、鯉太郎と【天雷】の攻防、おそらく実時間では数十秒程度、の経過が描かれました。鯉太郎は常に先を取りますが、後の先、ともいうべき【天雷】の受けも強固であり、やっぱり体格差もここで影響してきているとも見えます。強固な石垣のような【天雷】。鯉太郎はその城壁に風穴を開けることができるのか。はーーーヤバいすねえ……。常松は「がっちり組まれたら終わり」的なことを言っていましたし、それは鯉太郎も承知しているわけで、今週ラストの状態から、鯉太郎はどんな攻撃を繰り出すのか、来週が本当に楽しみであります!
 ところで、ここでミニ情報~~! 現在、週刊少年ジャンプで連載中の同じ相撲マンガ『火ノ丸相撲』ですが、数週間前から、第2章として「プロ大相撲編」に移っています。主人公の鬼丸くんは既に幕内力士として戦っていますが、なんと今週は、高校時代のチームメイトであり親友である桐仁くん(体のせいで一度相撲をあきらめた彼)が、なんと十両力士として登場、不敵な宣戦布告をカッコよくかましてくれました。こちらも燃えますなあ! 『鮫島』とはかなり違いますが、わたしは『火ノ丸』も応援しております! まあ、ジャンプのマンガなので、いちいちカッコイイあだ名や必殺技名が若干アレですが。以上。

↓ というわけで、『火ノ丸』は既に(16)巻まで出てます。次の(17)巻は11月頭発売みたいすね。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、あさっての土曜日にわたしは両国国技館へ大相撲9月場所を観に行く予定なのですが、なんというか……盛り上がりに若干欠ける展開なのは皆様ご存知の通りで、大変しょんぼりしております。昨日の11日目現状、カド番脱出が確定した大関・豪栄道関が10勝1敗で単独首位を守っており、まあ、わたしも豪栄道関には頑張ってほしいと思っているのでその成績には納得なのですが……順当に勝ち星を重ねると、明日の金曜日には、優勝が決まってしまうかもしれず、そうなったらわたしが観戦予定のあさっては、もうとりわけ何かがかかっているような取組がなくなってしまい、さらにわたし的気分は盛り下がってしまうような気がしております。はあ……せっかくチケット獲れて浮かれてたのになあ……まあ、今日は、わたしが最も応援している前頭四枚目の松鳳山裕也君がその豪栄道関と戦う一番が予定されておりますので、豪栄道関のファンの方々には大変恐縮ですが、松鳳山関には是非とも勝利し、混戦を演出していただきたいものです。しかし中日八日目の、松鳳山関と嘉風関の一番は興奮しましたねえ! 翌日のNHKの解説によると、血まみれになった嘉風関は「松鳳山関が全力で来てくれたから最高の一番が取れた」と言ってくれ、そして我が愛する松鳳山裕也君も「嘉関との戦いはいつも最高です」的なことを言っていたそうで、二人とも小兵と言っていい力士だけに、その『鮫島』的コメントに、わたしは大変胸が熱くなりました。
 それでは、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年43号概況です。
 ■巻頭グラビア:都丸紗也華嬢。大変極上です。いろいろ夢が溢れてますなあ!
 ■弱虫ペダル:距離の巻。前号でラストの牽きを見せた泉田君のおかげで700mの距離を稼いだ箱学。総北は追いつけるか。まあ、そりゃ追いつくんでしょうな。”山王”坂道くんの出番がとうとう来たようですよ!
 ■刃牙道:気の強靭さの巻:さあ、再び主人公・刃牙の出番が来たようですよ!
 ■BEASTERS:生命の味は重い鉛の巻。ルイ先輩の変化の謎のお話です。凄い展開!
 ■囚人リク:侮蔑の巻。今週はもう相当な数の”顔芸”炸裂で大変楽しめました。ヤバいす。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:帰ってきたメチャクチャマンの巻。今週もしつこいギャグが最高す。
 てな感じの週刊手年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、【天雷】の”怪力”が一瞬炸裂するものの、すぐにまわしを切った鯉太郎のアッパー気味もろ手突きが【天雷】にクリーンヒットするというシーンで終わりましたが、今週はその続きです。どうも、先週の描写によると【天雷】は、鯉太郎と戦えることがうれしすぎて、若干気が緩んでいた的な心理状態だったようですが、まあ、このまま【天雷】がやられっぱなしで終わるはずもなく、今週はラストの大ゴマで描かれる、【天雷】の決意に満ちた表情が超カッコ良く、大興奮であります。
 まず、今週の開幕ページは、NHKアナの絶叫中継から始まります。
 「鮫島 下から諸手で突いた――!! 意表を突かれたか天雷! モロに入った! すかさず鮫島 追撃に入る! しかし 下がらない天雷!!」
 というわけで、2発目のもろ手突きも【天雷】にヒットしますが、動じない【天雷】の図です! 鯉太郎の腕はビリッビリッと痺れています。そして【天雷】の下半身はがっちり体勢を維持。そんな【天雷】に鯉太郎は嬉しそう!
 「ハハッ…詰まってんな…」そう思う鯉太郎の脳裏には、ギッチリと積み重ねられた石垣のイメージが浮かんでいます。コイツは頑丈というか難攻不落だぜ!? そんな土俵を見守るどんぐり渡部くんは言います。
「やはり鮫島君の体格で天雷君を相手に正面から行くってのは無理があるんだ…」
 ちょっと、どんぐり君、お前黙ってろ! もちろん、そんな我々読者の心情を代弁してくれるのは、親友、石川大器くんです!
 「バーーーーーカ… それでもいくさ……鮫島(アイツ)は…」
 さあ、土俵上では両者体勢を整え、鯉太郎はダン、としっかり腰を下ろし……おおっと! 張りの速射砲発射だ! パパパンと【天雷】に高速張り手が炸裂! しかし、その張りは【天雷】には軽いようです! やっぱり体格差はどうにも埋まらないのか? 鯉太郎は脳裏でこう考えています。
 「くっ…違う…もっと速く突く…そして速く引く……上体は起こして体重はしっかり下半身に乗せる……回せ…もっと速く…もっと…もっと…まだいける…まだ……まだ出せる…」
 そうです、これぞまさしく! 大器くんの必殺技ですよ! 
 「石川(アイツ)のように…もっと…もっと! 己を乗せろ」
 そんな鯉太郎の姿に、「俺の…相撲…」と大器くんはもう泣きそうです。わたしも泣きそうです! これはアレですね、北斗の拳的に言うと、ラオウと戦うケンシロウが、トキやレイの技を繰り出すあのシーン(JC14巻)が目に浮かびますなあ! この石川スペシャルが【天雷】に次々ヒットする様が、見開きで描かれ、NHKアナの絶叫中継が興奮を盛り上げます。
 「鮫島まさに息もつかせぬ猛攻!! 何も出来ない天雷 防戦一方!!」
 しかしそれでも【天雷】の上体が上がらず、鯉太郎の張りでは通用しないのか、とNHK中継は続きますが、大器くんとしては、そんな体格差で通じないなんて断固認めません。
 「ふざけんな…その突きは…その張りは…足りねー体で…幕内で…渡りあってきた……一級品だ…いけ…いけ!」そしてついに、【天雷】の上体が浮いてきましたよ! もちろん【天雷】は、くっ…と体を下げます。が、その瞬間こそ! 石川スペシャルのフィニッシュ技である「非情の一撃」を放つ時です! 土俵を見守る大器くんの「はなて!」とともに、鯉太郎渾身の「非情の一撃 feat.飛天翔SPECIAL」が大ゴマで炸裂だ―――!!! コイツか効いたか!? 絵的には、さすがの【天雷】も”飛んだ”表情です。
 恐らくはこの瞬間、【天雷】の脳は時間が引き延ばされ、スローモーションのように感じているのでしょう。飛びそうな意識の中で、天雷は思います。
 「痛感する…自分の浅はかさを…本当に鮫島(コイツ)は”今”しか見えていない…”今”しかない…」
 【天雷】は、もう今場所はこの取組以外はどうでもいいとか言っていました。でも、鯉太郎は”今”の一瞬一瞬だけしかないわけです。そして【天雷】は、次の大関は決まりだな、とか、次の横綱候補とか言われていたわけです。しかし、関脇として横綱【泡影】と対戦してきた【天雷】は感じていました。
 「評価とは裏腹に感じていた 絶対的な者の前で 圧倒的に足りない何か…泡影に触れどこか見えていた自らの底…俺は鮫島のように戦えていたのだろうか…鮫島のように底など気にする余裕もない覚悟で戦えていたのだろうか…俺は恵まれた体にあぐらをかいていたんじゃないのか…鮫島……やっぱりお前は……」
 ときて、デカい文字で続きます。
 「俺の憧れだ…
 この1ページブチ抜きの大コマで、ガシッと鯉太郎の右腕を両手でホールドする【天雷】が描かれます。もうなんというか、本当に胸に来ましたよ。男にあこがれを感じさせる鯉太郎のこれまでの激闘を思うと、本当に泣けてきますし、そしてそれを素直に吐露する【天雷】も泣かせますねえ! さあ、いよいよ、本当の意味で【天雷】の逆襲が始まりそうな気配です!
 「だから鮫島…俺もお前のように…本当の全てでいく…
 という【天雷】の、これまでで最高にカッコイイ決意の表情で今週は終了でありました。いやーーーこれはもう、来週から大変なことになりますよ、きっと。今週はこのラストの【天雷】の表情を、ぜひともチャンピオンを買って、その目で確認していただきたいと思います。鯉太郎的には超マズイ展開ですが、物語的にはとうとう【天雷】の真の意味での本気が見られるわけで、毎回書いているような気がしますが、もう今すぐ来週号が読みたい気分であります! ヤバいすねえ! はーーー興奮した……。というわけで、来週からの【天雷】の逆襲が超楽しみです!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 鯉太郎VS【天雷】はハッキョイから3週目でとうとう【天雷】の本気が発動しそうな超いいところまでが今週は描かれました。そして今週は、鯉太郎による飛天翔SPECIALも炸裂し、それを見て泣きそうになる大器くんの姿にわたしも泣きそうでした。来週からは【天雷】の逆襲が始まるはずですが、果たしてこの一番はどのような結末に至るのか、ちょっと想像がつきません。とにかく、勝負の行方よりも、鯉太郎の体の方が心配ですなあ……。もう既にまったく大丈夫じゃないもんなあ……。とにかく、情熱が残酷を超えるその時、わたしはきっと泣くのではないかということだけは確かなようです。しかし今週の大器くんの表情には、もうホントに胸に刺さるものがあったすね……。もういろいろヤバいす。以上。

↓ とりあえず土曜日、国技館でいろいろグッズを漁ってくる所存であります。こういうので、松鳳山関Verが欲しいのだが……売っているのだろうか……。 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、何週間か前に、ここでわたしは「9月場所のチケットが取れたぜ! わーい!」とか無邪気にはしゃいでいたわけですが、皆様ご存知の通り、現在熱戦が繰り広げられている大相撲平成29年9月場所はですね……まあ大変な数の休場者なわけです。白鵬関・鶴竜関・稀勢の里関の3人の横綱が休場、そして大関・高安関、元気な宇良関までもが休場と相成り、せっかく生で観られるぜ! と盛り上がっていたわたしとしては、実に残念です。なんか、怒りは別にわかないのですが……とにかく残念というか、マジでしょんぼりっす……。おまけに出場している横綱・日馬富士関も昨日4日目の段階で早くも2敗、カド番大関・照ノ冨士関も既に3敗、期待の関脇・御嶽海関も3敗、嘉風関は4敗と上位陣がかなり厳しい状況で、これまた何というか……しょんぼりです……せめてわたしが一番応援している前頭4枚目の松鳳山裕也君には、逆に優勝目指してチャンスを掴め!と日夜応援しているのですが、現状2勝2敗。どうか二けた勝利目指して戦っていただきたいと念じております……はあ……なんかなあ……せっかくチケット獲れたのになあ……かえすがえすも残念す……。
 それでは、テンション低めですが、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年42号概況です……。
 ■巻頭グラビア:今週は久松郁実嬢。ええ、素晴らしくお綺麗ですよ……。最高す……。
 ■弱虫ペダル:FINAL ROADの巻。泉田アブ一郎くんの仕事完遂……お疲れっす……。
 ■刃牙道:消えたねの巻。いよいよ刃牙が再挑戦みたいす……遅くね……? そして花山君は鎬紅葉先生の手術で一命はとりとめたようです。あー良かった……。
 ■BEASTERS:炎のオセロの巻。ルイ先輩が帰ってきたっす……極道として……。
 ■囚人リク:無駄の巻。ラストのコマは……変態剣崎最高す……。
 ■ヒマワリ:「クローバー」でお馴染みの平川先生による新連載。期待したいす……。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました……。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。今週はセンターカラーで大増23Pなので、是非ともチャンピオンを買っていただければと思います。カラー扉がとてもカッコイイですよ!
 先週は、とうとうハッキョイでバトルスタートとなった鯉太郎VS【天雷】戦ですが、序盤の立ち合いは鯉太郎のブチカマシが3連コンボでクリーンヒット、【天雷】が吹っ飛ぶ絵で終わりましたが、今週はつづいて4発目が炸裂しそうなところから開始です。NHKアナは興奮の実況ですが、【飛天翔】こと石川大樹君のカットインで「ボーーーーッとしてんじゃねえぞ天雷!!」という激が飛びます。
 えっ!? なんだよ【天雷】、お前、ボーッとしてたのかよ!? とわたしは若干びっくりしましたが、ともあれ、鯉太郎の4発目が炸裂します。が、【天雷】は「ガッ」と右腕一本で鯉太郎の頭を押さえ、止めにかかりました。しかしHNKアナの絶叫の通り「がっ 止まらないーーー!!」という状況で再び押しやられる【天雷】です! なにしてんの! 弾幕薄いよ! とブライトさんなら叫んだことでしょう!
 【天雷】は若干の驚きの表情(?)で、思います。
「あぁ…そうだな… また土俵でお前と会えた歓喜…いつの間にかそれに浸り気付かずゆるんでいた… 少しでもゆるさを見せれば一瞬で首を切られる…土俵はそういう場所だよな…お前はそういう奴だよな…なぁ…鮫島…」
 さあ、反省タイムはこれまでだぜ? 【天雷】の逆襲が始まるぞ! というわけで、めくった先は、見開き一枚絵で、右手一本で鯉太郎を振り払う【天雷】の図であります! カッコイイ! 首をひねりながら吹っ飛ぶ鯉太郎に、常も【白水】さんも大器君も、マジかよ的な表情です! そして吹っ飛ぶ鯉太郎に【天雷】が迫る! 大器君も思わず「くるぞ鮫島!!」と絶叫、鯉太郎もすかさず体制を戻して左手一本の強烈な張りをお見舞いだ!!!
 しかし! 止まらない! 鯉太郎の強烈な張りを受けたまま【天雷】前進だ――!! NHKアナも「あーーー!! 打った鮫島が逆に下がってる!! ここで体重差が露呈したか―――!!」と絶叫です! そして見守る常も、「ふざけろよ…280㎏の巨桜丸でさえぐらつかせる張りだぞ…それをまるで虫でもあたったかのように いくらなんでもそれは…」と唖然の表情です! まさしく、いともたやすく行われるえげつない行為!!
 そして今度はすかさず【天雷】が詰め、右のまわしを取りに行きます! 常も思わず「ダメだ…」と絶叫! 鯉太郎もそれはヤバいことは十分承知ですので、体を開いて組まれることを阻止します。「危ねえ…天雷にマワシを取らせちまったら終わりだ…」と常松も読者たるわたしの心境を代弁してくれていますが、ああ! なんと! 【天雷】の左の小指一本が、一枚まわしに引っかかっている! やばいやばいやばい! めくったその先のページは、一枚まわし&小指1本で、うりゃあああ! と鯉太郎をぶんなげる”怪力”【天雷】の図です!! こちらも見開き一枚絵で描かれた迫力の絵です! NHKアナも「天雷が強引に持って行った――!!」と叫びます!
 しかし! 鯉太郎はその強引な投げを、間一髪でまわしを切って耐えました! アッブねえ! 常は「た、助かった…指1本で…」と顔面蒼白、大器君は「なんつー馬鹿力だよ…」と冷や汗、虎城理事長は冷静な表情で見守り、そして、【王虎】さんは「引っぱられたか…天雷…」と好勝負に冷静な分析をします。そしてページをめくった先では、【天雷】は何かを感じ「ゾクッ」とします。そう、ここは【王虎】さんの解説を引用すると、「いや…引っぱり合いか…」というわけです。【天雷】だけじゃあなく、鯉太郎も、この勝負にニヤリとするほど、ギンギンに来てるわけです。
 NHKアナは再び絶叫です!「あ――――――――!! 鮫島またブチカマシの体勢に入る!!」
 そうです、鯉太郎は再び腰を低くし、ブチカマシの発射体制に入りました! それに対して【天雷】は「もう…効きはしない…」という判断。あかん! 【天雷】! お前、油断しちゃあだめに決まってんだろうが!!! そして今週最終ページは、そんな【天雷】にむけて、鯉太郎の低い位置から上へ撃ちだす形での、両手を突き上げるもろ手突き(?)がクリーンヒット、【天雷】の首から上が強烈なアッパーカットを喰らったかの如くゴッと上を向いてしまうの図で終了です。
 はーーーー……今週も興奮したわ……。つーかですね、ええっ!? 【天雷】って油断してたんすか!? そんな馬鹿な!? 油断というか、嬉しくてたまらなくて「ゆるんで」いたんすかね? まあ、【天雷】がこのまま、ある意味一方的にやられるはずはないし、単行本収録を考えると、先週の134話から、次の次の新刊(16)巻に収録されると思うので、まだ7話分はVS【天雷】戦が描けるはずなので、来週からの展開も楽しみにしたいと存じます。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は【天雷】の”怪力”が炸裂する展開になるかと思いきや、いまのところ鯉太郎優勢で進んでおり、鯉太郎の強力なアッパーが炸裂して【天雷】吹っ飛ぶの図で終わりました。しかしアレかな、来週の冒頭は、「あーーーっと! 天雷無傷! 効いてナーーーイ!!」で始まるのでしょうか!? はーーーヤバいすなあ……。何度も書いていますが、この【天雷】戦のあともまだ4番残っているわけで、鯉太郎の体も心配ですが、わたしの脳の血管も心配です……。大丈夫かな……まあ、とにかく鯉太郎最後の15日をその終わりまで、見届けたいと存じます。それではまた来週! 以上。

↓ しつこいですが載せておきます。リンクを踏む必要は全くないので、どうかどこかで買って、この作品を応援していただけないでしょうか! 最新(14)巻は泣ける常松回です!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今日は単行本の『鮫島』最新(14)巻も発売ですよ! 収録されるのは、今のところわたしが一番泣けた「常松回」でお馴染みの、【松明】VS【百雲】戦の結末まで、一気に収録されております。このお話は、横綱【泡影】を理解する上でも、【百雲】の感じた、気持ち悪さと圧倒的な心地よさが同居する違和感、は重要だと思いますので、普段はチャンピオンは買っていないという方は、せめて、単行本はちゃんと買っていただけないでしょうか! お願いします! それが最大の応援だと思いますので……。わたしはさっき電子版を買い、今日の帰りにでも紙単行本版を買う所存であります。

 表紙カバーがカッコイイですなあ! それでは今週こそさらっと終わらせようと存じます。
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年41号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版もナシ、みたいです。
 ■聖闘士聖矢:久々連載復帰、とうとう幻の「蛇夫宮」(=蛇遣い座)が出現です!
 ■弱虫ペダル:産声の巻。とうとう泉田アブ一郎君の新筋肉が爆誕、その名も「ペテル」と「マーク」! これは日本全国のロードレースファン全員がキターと興奮したと思います。わたしもサガンとカヴェンディッシュの新旧世界王者キタ!と大興奮ですw ちなみにご存じない方に説明しておきますが、泉田君のフランク・アンディ・ファビアンの元となった選手はもう三人とも現役引退してます。そしてペテルは現世界王者のスプリンター(というよりクラッシックレーサーか?)であり、マークは、最近はあまり調子のよくない、けど本当に強かった元世界王者のスプリンターです。泉田君にふさわしいすね。
 ■刃牙道:一興の巻。もう武蔵編はそろそろ終わりでいいのでは……。
 ■BEASTERS:古代を飛び越せ子供たちの巻。レゴシ&ジャックの7歳当時のお話です。おおかみこどもと子犬のビジュアルが可愛くないわけがない!
 ■囚人リク:爆発の巻。計画は順調、ラストは変態剣崎登場でブハッと吹きました。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:聖剣の叫び声を聞けの巻。ホント最高に面白いす。
 ■少年ラケット:最終回。淋しいすねえ……ちなみに今週のチャンピオンは、他にも『サウエ』『虚ろう君』も最終回でした。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、国技館の支度部屋での鯉太郎と【天雷】関のそれぞれの模様が描かれました。鯉太郎は朝から、四股に何やら「気持ち悪い」ものを感じており、横綱【泡影】関めいた何かなのか、と【丈影】関もチラリと登場、そして土俵に向かう鯉太郎に【王虎】さんらしい激励、とも取れるような余計な一言が投げかけられ、一方の【天雷】関の元には、石川くんこと【飛天翔】関が激励に訪れました。その後、いよいよ土俵に向かう二人に場内が盛り上がったところまでが描かれたわけですが、今週はもう、時間いっぱいからハッキョイ、そして最初のブチカマシまでが描かれます!
 まず、冒頭はNHKアナの興奮したトーンによる二人の紹介ですが、これは先週ラストとほぼ同じなので割愛します。が、絵としては、そんきょして柏手を打って対峙する二人が、見開きでかっこよく描かれております。わたしは、タブレットで、電子書籍で読んでおりますので、ここは是非、横向きにして一枚絵として観ていただきたい! これは電子書籍の特権ですよ。大変美しくカッコイイ!
 そしてNHKアナに話を振られた虎城理事長の解説が続きます。その背景には、客席で見守る椿ちゃん、そして石川&どんぐり渡部くんの同期コンビ、さらには支度部屋で髪を直してもらっているバーキこと【蒼希狼】の姿も見えます。そしてもちろん【王虎】さんも、空流のみんなも注目しています!
 「現在(番付的には)鮫島が天雷に挑むという形になっていると思うのですが この一番 どう見ますか虎城さん」
 「確かに目で計れるもので見れば 間違いなく天雷が上でしょう しかし今場所 鮫島は計れない部分で ここまで星を伸ばしてきたのも事実… 挑戦を受ける立場だと構えていられる余裕は天雷には無いほどに 今の鮫島には怖い勢いがある まぁ…天雷が未だ鮫島をライバルだと緊張感を持っているなら 崩れる隙はないでしょう 逆を言えばそれでもなお天雷を降すことがあるとすれば 鮫島の力は勢いという言葉では収まらないものとなっているのでしょうな… 私にとっても 注目の一番です…」
 そしていよいよ時間いっぱい! 両者ともに「さぁ…いくぞ…」と土俵上の緊張感は頂点に達します! そしてとうとうハッキョイ! です!!! ファーストアタック、鯉太郎のブチカマシが【天雷】の右胸にヒット! ここも見開きの大迫力な絵です! 電子書籍では継ぎ目なく一枚絵として観られるのがうれしいすね! しかし天雷はがっちり受け、口元は笑みさえ浮かべている様子! 左足を引いて、次の第2撃を迎え撃つべく【天雷】も前に出る! あーーっと! しかし鯉太郎は一瞬かがんで溜めた! そして2撃目もブチカマし、これもヒット! 【天雷】の体が浮いた! というか、やや立ち気味になったぞ!! そして! あーーっと! 第3撃が来る!!! 来たーーー!!! この3撃目も見開きで凄い迫力で描かれております! あーーっと! NHKアナも「鮫島一気に持って行った―――!!」と絶叫です! わたしも絶叫です! 
 はーーーヤバい、興奮しすぎてもう完全にキン肉マン的実況中継になってしまった……。というわけで、今週は立ち合いから鯉太郎の怒涛のブチカマシ3連発が炸裂し、【天雷】がかなり吹っ飛ぶ描写で幕でありました。はーーーホント血圧上がるわ……。
 まあ、このまま【天雷】がやられっぱなしのはずはないわけですが、果たして鯉太郎は横綱【泡影】ばりの、「先が見える」能力で【天雷】すらも凌駕する展開となるのか、まあ、例えそうなっても、【天雷】の怪力が発揮されることになるのはおそらく確実だと思いますので、来週も大興奮の展開が待っているのも確実でありましょう。はーーーーくそう、来週号が今すぐ読みたいっす!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、立ち合いからハッキョイ、そして鯉太郎の連続3連撃コンボが【天雷】にヒットして、序盤優勢な状況までが描かれました。もちろん【天雷】がこのまま終わるはずもなく、先週、常が警告してくれたように、がっちりホールドされたらマズイ展開になるわけで、読み終わったそばからもう、来週号が読みたいという気持ちになること請け合いの第135話でありました。よし、今週は比較的さらっとまとめられたかな。それではまた来週! 以上。

↓ こちらは紙単行本版です。しつこいですが、どうかお願いします。単行本は買ってください! お近くの書店またはいつも使っているWeb書店にて絶賛発売中です! 下のamazonリンクを踏む必要は全くありません。単に書影を見せたいだけなので。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今日は8月31日ということで、なんというかもう明日から9月かよ、という得も言われぬ虚脱感を感じつつも、今日のような月末日はやたらと仕事が多くて、申し訳ないんですが今週はさらっと終わらせるつもりでいます。――今のところは。
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年40号概況です。
 ■巻頭グラビア:渡邉幸愛嬢。大変結構なお点前ですなあ。良いと存じます。
 ■弱虫ペダル:小さな約束の巻。手嶋さん!そりゃあそうなるでしょ?な展開です。
 ■刃牙道:その漢、花山の巻&嘘つきの巻。2本立てです。花山君がカッコ良すぎます!
 ■BEASTERS:残暑 各々に散らばりての巻。夏休みの終わるレゴシ君たちのそれぞれの夏の総括でありました。しかしルイ先輩はもう戻ってこないのでしょうか……心配す。
 ■囚人リク:蘇生の巻。リクは無事生還。あー良かった。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:仁義なきオータムデンジャラの巻。今週も一番笑いました。最高す。
 ■少年ラケット:輝きのその先への巻。うぉおい!来週最終回か……淋しいす。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、いよいよ迫るVS【天雷】戦を前に、どうも鯉太郎の体?精神?になにやらいつもと違う違和感らしきものが現れたというお話と、【王虎】さんの、「相撲に選ばれた者」だけが横綱【泡影】との戦いに挑めるんだ的な深い解説で終わりました。今週は、すでに国技館の支度部屋に入っている鯉太郎が、四股を踏んでいる情景から始まります。
 朝稽古のときから、やたらと四股を踏む鯉太郎に、常がずっと四股ばかり踏んでどうかしましたか?と鯉太郎に声をかけます。鯉太郎は、自分でもわからないけど……的な表情で、常にこう答えました。
「今朝稽古場で四股踏んだ時 スゲー違和感があってな…感覚的に…何つーか……気持ち悪いって言うか…」 この「気持ち悪い」を太文字にしたのは、わたしが強調したかったからで、本文では普通に書かれています。しかし、四股を踏んで気持ち悪い? だと? と我々読者も思うでしょうし、その後ろにいた、一人の力士もその言葉に、な、なんだって!? という顔で反応します。そう、それは比嘉ライアン君こと【丈影】関です。
 【丈影】関と言えば、横綱【泡影】関の同門・同期で常に横綱を一番そばで見てきた男です。彼の脳裏には、その横綱【泡影】との会話が蘇ります。
 丈「どうしたんですか…最近稽古場で四股しか踏んでないですよね…」
 泡「あの気持ち悪さが…薄く…なってきている…」
 丈「………?」
 てなことが過去にあったようです。これがどのぐらいの過去か良くわかりませんが、自分には意味不明だった「気持ち悪さ」を鯉太郎も感じているのだとしたら――!? 常と鯉太郎のやり取りを聞いてハッとした【丈影】関ですが、鯉太郎が常に、今日はやっぱり寝すぎたんだろ、今はいつも通りしっくり来てる、という話をしているのを聞いて、「まさか……な……」と、とりあえず気のせいだろうと片づけたようです。まあ、気のせいじゃないんですけどね、たぶん!
 そして場面は一方の【天雷】のいる東の支度部屋へ移ります。どうやら今日は鯉太郎は西の支度部屋のようですね。で、【天雷】は当然気合十分で、お付きの若い衆も、さすがに今日はピリついてんな、いつもはニコニコ談笑してるのに、それだけ鮫島線は特別ってことだろ、と分かりやすい解説を入れてくれます。そんな、集中して近寄るなオーラを発散している【天雷】関の元に、でかい声で「オイ! コラ! 天雷!」と話しかける男が! 我らが石川大器くん aka【飛天翔】関です!ここでの二人の会話は、なんというか、とてもイイので引用しましょう。
「らしくねーな…まさかビビッてんじゃねーだろーな」
「……ナーバスにもなるさ…ずっと待ってたからな…鮫島との取組を…だから今…気が急いて空回りしそうになるのを必死で抑えてる…悔しかったよ…お前ら2人の取組を見てて…今場所の覚えてるか…? お前が初日 鮫島との取組終わりに叫んだ言葉…」
 (出来るか オメーらに!! 出来るか ここまで 勝てるか 俺らに!! のあのシーン)
「きっと今日はお前が 悔しがる…」
「へっ! 心配ねーみてーだな」
「心配してたのか?」
「同期だからな…当たり前だろ…」
「ハハッ お前はいい奴だな山本…」
「石川だ」
 まったく、大器はイイ奴ですなあ!! 分かってるくせに名前を間違えられると、分かっていてもカチンときますね。とまあ、こんなお約束で締めた二人の会話が終わり、いよいよ出番、二人とも土俵に向かいます、が、なんとここで! 土俵に向かおうとする鯉太郎に、あのお方から声がかかりましたよ! あのお方って誰? なんて聞かないでください! 【王虎】さんに決まってるじゃあないですか!
「オイ…くだらない仲良しこよしを 見せるんじゃねーぞ」
 うお!カッコイイすねえ! そして鯉の答えももちろんこう来ます。その表情は悪タレフェイスですよ!
「俺がそんなもん土俵に持ち込むと思うか…? 王虎(テメー)は黙って見てろ…」
 いいすねえ! そして鯉&【天雷】の入場です! NHKアナの解説もかなり血圧が上がっている様子です。相当テンションが上がってますなあ!
「未だ負けなし10連勝! 小兵と言っていいその体で真っ向から強敵を打ち破ってきた その魂の相撲は見る者の心を掴みます! 前頭14枚目 鮫島!!」
「しかし今日の相手は一筋縄ではいきません! ここまでまだ1敗と優勝圏内! 角界一の怪力で間違いなく次の大関はこの力士でしょう! 関脇 天雷!!」
「この大きな山を越えられるか鮫島!! 鮫島の勢いを止めるか天雷!!」
 というわけで、入場コールされた二人の顔アップで今週は終了でありました。これはもう、この場の興奮が伝わってきたかの如く、読んでいるわたしも大興奮です! ヤバいすねえ! つか、意外とさっさとハッキョイまで来ちゃいそうな展開ですね。もっと体の状態のこととか、椿ちゃんの想いとかが描かれると思ってましたが、やはり【天雷】戦には、そういう余計?な要素は必要なし、ただただぶつかるのみ、ってことなんでしょうか。実際アリだと思います。いやー、しかしどうなるんだろうなあ……ホント楽しみですなあ! どうやら、覚醒しつつある鯉太郎、そして万感の思いを込めて全力で当たる天雷。こいつはもう、感動なのか、嬉しくてなのか良くわかりませんが、場合によってはわたしは泣く可能性すらありますね。【天雷】との一番が終わってもまだ残り4番あるわけで、まだ泣くところじゃあないと思いますが、マジでヤバいす!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、意外と早い展開で、もう鯉太郎と【天雷】が土俵に上がるところまで一気に描かれました。しかし、【天雷】の元にやってきた石川くんといい、鯉太郎に余計な一言をかける【王虎】さんといい、大変素晴らしいですな。そして【丈影】関の感じた、鯉太郎と横綱の奇妙な一致点。これは、とうとう鯉太郎が相撲を振り向かせ、相撲に選ばれし者に進化しつつあるという前兆なのでしょうか。はーーーホント今週も無駄に興奮してサーセンした! 以上。

↓ 9月場所の番付が発表されました! 我が愛しの【松鳳山】裕也くんは東の4枚目だそうです。結構枚数があがったね! やったぜ!

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 まずは今週の週刊チャンピオン2016年21号の概況です。
 ■『弱虫ペダル』:今週は鳴子くんの奮闘と、ピヨ泉くんこと総北高校のエース今泉くん&坂道くんが 先頭集団へ追いつこうとする展開です。タイム差がどのくらいあるのかわからないので、何とも言えませんが、まあ当然来週は追いつくことになるのでしょう。平坦では難しいと思いますが、山ならあり得る展開です。一般的に、ロードレースでは、平坦の場合は1分の差を詰めるのに10kmの距離が必要というのが、J-SPORTSの中継では良く言われています。しかし山ではそうとも限りません。あっという間に差がなくなったり、逆に差が付いたりすます。しかし……鳴子くんにここまで働かせて、ゴールを獲れなかったら、今泉くんホントにもう活躍する場面ないのでは? 気合を入れていただきたいですな。本当は鳴子くんにゴールを獲らせてあげたい……。今週ラストのコマで、またもキモー筋がやらかす的な動きをしたので、鳴子くんが心配です!!
 ■『牙刃道』:ピクルvs武蔵、武蔵強し、ピクル嬉し気の巻。
 ■『囚人リク』:巻頭カラー!! 謎の看守現るの巻。
 ■『少年ラケット』:イチロー君覚醒か!? ビリーさんピンチかも!? の巻
 ■『ニコべん!』:残念ながら最終回。笑顔の梅宮さんがやっぱり可愛いで賞。単行本は、紙では発売されず。6月に電子書籍のみで3巻~5巻が一挙発売だとか。もちろん買います。
 ■『Gメン』:天王会編無事決着。キャラが皆いいですな。大変面白し。
 ■『AIの遺電子』:独特の空気感で今回はVRと思い出の話。大変いいです。
 ■『錻力のアーチスト』:9回表、弐織兄を打ち取るところまで。果たして逆転は可能なのか、楽しみです。
 という感じでした。ああ、しかし本当に『ニコべん!』の終了が残念だ……。もっと梅宮さんの背景が知りたかった……キャラクターみんなの成長を楽しみにしていたのだが……極めて残念です。そして、紙では単行本を出さず、電子のみというのも……そこまで部数が厳しかったのだろうか……電子でもきちんと買って、。ファンとしての想いを伝いたいと思います。ホントに残念です。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 先週、取組後の医務室で、虎城理事長からまさかの引退勧告を受けた鯉太郎。そしていよいよ物語にその姿を現した、ラスボスとなる史上最強横綱【泡影】。今週は、七日目の結びの一番、横綱【泡影】関と、鯉太郎の親友でお馴染みの【飛天翔】の兄弟子として、今までちょいちょい登場していた西四枚目【飛天勇】関の取組が描かれました。 
 NHKアナウンサーの解説によると「優勝回数29回 記録で見れば歴代4位となりますが、驚くべきは関脇のころから途切れることなく29回連続での優勝の大記録!!」だそうです。 という事は……逆算すると、現在が9月場所なので、5年前の九州場所(11月場所)が初優勝という事になります。ここで、ちょっと時間軸を整理しておこう。
 5年前(何月場所か不明):【仁王】兄貴は当時「十両」。横綱になる宣言。
 3年前(横綱になる宣言から2年後):【仁王】兄貴は関脇。大関まであと一歩のところで、先代・空流親方が事故で亡くなり、葬儀の日に髷を落として新たな空流親方を襲名。
 ということなので、【仁王】兄貴こと現・空流親方は、最強横綱【泡影】とは3年前には戦っているはず、ということになる。関脇が横綱と対戦しないわけがないので。おそらくは、前頭の上位の時から戦っているだろうから、きっと【仁王】兄貴は、【泡影】のことは良く知っているだろう、という設定になるはずだ。ま、そういった背景は、頭の片隅に置いておこう。
 で、今週の物語に戻ると、【泡影】を前にのまれそうになっている【飛天勇】に、土俵下審判席に座る【仁王】兄貴こと現・空流親方が声をかけます。「おうコラ飛天勇・・・何青白いツラしてんだ? この俺とバチバチやってたテメーが まーさかビビッてんじゃねーだろーな・・・?」「誰がビビってんだ! 引いたテメーは黙って見てろ・・・」「おう・・・見せて見ろよ・・・俺が悔しがるような取組を・・・テメーのカワイイ弟弟子が 安心してマゲを落とせる取組をよ・・・」新寺部屋では、鯉太郎と最後の勝負をもって引退届を提出した、【飛天翔】こと石川大器くんもTV観戦中です。空流親方にこんな声をかけられて、奮起しない【飛天勇】兄貴じゃありません。時間いっぱいとなって渾身の気合を入れる【飛天勇】兄貴。「見てろ大器 引退したお前に・・・これ以上ねぇデッケー餞別を 贈ってやる・・・」しかし、横綱【泡影】は、虎城理事長がいう「その器の底が知れん」男。【飛天勇】兄貴の気合をも静かに飲み込んでしまいます。そしてハッキョイ!! 速い立ち合いで【飛天勇】兄貴はぶつかります。がしかし!! 横綱【泡影】は、右ハズをとって余裕の投げを打ち、瞬殺!! 全く歯が立たず!! というところまでが今週の『鮫島』でした。
 いやーーー。これはヤバい。実にヤバい相手です。強すぎる。もう横綱【泡影】は、そのルックスもですが完全にお釈迦様的な無敵の力士ですね。どうあがいても、掌の上だった、でお馴染みの孫悟空的な扱いで軽く瞬殺です。先週も書いた通り、今場所東前頭十四枚目の鯉太郎が横綱と対戦するには、相当高いハードルがあるはずで、むしろ横綱との対戦よりもそのハードルをクリアする方が大変かもしれませんが、果たして鯉太郎の明日はどっちなんでしょうか。鯉太郎の今後の戦いから目が離せない展開となっております!!
 最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭七枚目←?? 同枚数ってあり得るのか?
  --------
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明
 【飛天勇】西前頭四枚目。 石川の兄弟子←New!!
 【丈影】東前頭四枚目。次の対戦相手か!? 四股名的に、横綱の弟弟子っぽい
 【泡影】東(?)横綱。第72代。29場所連続優勝中。62連勝中。
  --------
 というわけで、結論。  
 単行本収録的には、おそらく来週までが(8)巻収録となるはずなので、区切りがつくのではないかと思いますが、部屋に帰った鯉太郎と椿ちゃん、そして空流親方の話になってほしいですね。それにしても、わたしとしては横綱【泡影】との対戦よりも、そこに至るまでの道のりの方が気になります!! 以上。

 ↓春のロードレース、クラシックは残り1戦。大変今年も盛り上がっています。今週末のレースはこれ。2010年の「大佐」ことヴィノクロフの優勝、そして2011年に無敵を誇ったジルベールのカッコ良さがわたし的には強く印象に残ってますね。1892年から開催されている「最古参」の伝統あるレースです。


↑このページのトップヘ