タグ:石川大器

 というわけで、昨日に引き続き、今週の『鮫島』ニュース番外編_これまでの歴史その(2)として、『Burst』編をまとめようと思います。
 昨日の『バチバチ』編同様に、メモ的に取り留めなくまとめるので、やっぱりわたし以外の人が読んでも特に意味はないと思います。そして先週も書きましたが、完全にネタバレなので、万が一、『バチバチBurst』を読んでいない人は、今すぐ退場してください。
 それでは、『バチバチ』同様流れをまとめてみるか。勿論これまた同様に、一番最初の『バチバチ』の時制を2009年と仮定しています。なお『Burst』は、前作『バチバチ』のエンディングから半年後の2010年4月からの2カ月間が集中的に描かれていて、時間の経過はほとんどありません。なので、今日はTableタグを使わないで、巻ごとにテキストで簡単にまとめることにしよう。
----<『バチバチ』終了後、『Burst』開始前に起こったこと>----
 ・王虎さんは2009年11月場所(序ノ口)、2010年1月場所(序二段)、2010年3月場所(三段目)で3場所連続全勝優勝しており、『Burst』で描かれる5月場所では幕下となって、鯉太郎に追いつく。
 ・この3場所の鯉太郎の戦績は不明だが、鯉太郎の5月場所の番付は幕下。枚数不明。
----<『Burst』(1)巻:2010年4月>----
 ◆靖国神社での奉納相撲
  王虎さん〇-●?? ※三段目として
  鯉太郎〇-●田上さん ※幕下
  白水さん〇-●?? ※幕下
  仁王さん〇-●?? ※十両
 ※仁王さんはこの後の5月場所は新入幕。
 ※負けた田上さんに王虎さんの「だからお前はダメなんだ」発動。
 ◆大吉&常松が入門。
 ◆大吉:丸山大吉。187cm139kg(新弟子検査時)。17歳。鯉太郎と同い年。入門初日に「肉体をその場に置き去りにして心だけがスカす」離れ技炸裂w 余りにすっとぼけな言動に鯉太郎ブチ切れ。
 ◆常松:常松洋一。186cm118kg(新弟子検査時)。22歳。鯉太郎の5つ上ってことか。ついでに言うと仁王さんとも1つ上、なのかな。学生横綱タイトルを獲り、幕下付出で初土俵(2010年5月場所)。大栄大学相撲部主将だった。 
 ◆鯉太郎は二人の世話係に任命されるも、両者にイラつきMAX、つい大吉をぶっ飛ばし、マスコミネタに。しかし兄弟子として、不忍池のほとりの「例のベンチ」までチャリで迎えに。
----<『Burst』(2)巻:2010年4月~5月場所開幕>----
 ◆大吉、鯉太郎の気持ちにやっと気が付き改心。
 ◆場所前、新寺から石川や飛天勇関が空流に出稽古に来てくれる。
 ◆一方虎城部屋は、場所前の激しい(一門連合)稽古。田上さんは王虎さんにガイにされて精神崩壊。十文字から来ていたブタフグに王虎さん目を止める。
 ◆王虎さん、生意気にTV出演、鯉太郎に負けたら引退宣言。
 ◆常松、マスコミへ俺が王虎を倒します宣言。それにカッと来た鯉太郎、王虎さんに負けたら廃業、に乗っかっちゃう。
 ◆2010年5月場所開始。
  基本的に主要キャラは幕下。枚数不明。どんぐり渡部くんと川さんは三段目。
 ◆初日の星取(※?は相手の名前不明)
   王虎さん〇-●?
   鯉太郎〇-●石川くん
   常松〇-●大森海
----<『Burst』(3)巻:2010年5月場所初日~4日目>----
 (初日の常松勝利直後から続き)
 ※常松のナメた相撲に親方激怒「勘違いするなよ こわっぱが…」
  白水さん〇-●?
  仁王さん●-〇? 勇み足w
 ◆二日目
  田上さん〇-●? ダーティーファイトで精神崩壊中。
 ◆三日目
  大吉●-〇小林 不浄負け。相手の小林君がナイスキャラで笑える。
 ◆四日目(かな? 自信なし)
  鯉太郎〇-●田上さん ダーティーファイトをする田上さんに真っ向勝負。
 ※この取組後、田上さんはブタフグにごちゃごちゃ言われるも、猛虎さんへ「俺に才能があるんですか!?」と涙、猛虎さん「知らん!」の名シーン。
 ※また、この取組で鯉太郎は人差し指を怪我、投げの基本を見つめ直すきっかけに。
----<『Burst』(4)巻:2010年5月場所5日目~7日目>----
 ◆五日目
  大吉●-〇? 波動拳不発w
 ◆六日目(かな?)
  鯉太郎●-〇王虎さん 真っ向勝負でぶん投げられ、「お前は…もう死んだ」宣言。
 ※この取組前、王虎さんは部屋で田上さんを前に、「やっとアイツを頭から消し去れる」嬉しさに、かなり歪んだ涙を流す。ククク……と泣く様は異様で異常。
 ※そして鯉太郎はこの敗戦で自信喪失。しかし「例のベンチ」で椿ちゃんの「土俵のアンタをずっと見ていたいのよ…」の涙の激励により大復活! 親方に土下座謝罪、そして兄弟子たちの泣かせる激励でヤル気MAXに。
 ※しかしそんな泣けるシーンの一方、常松はマスコミ連中に王虎は俺が倒しますよ宣言をしてネタ提供。やめときゃよかったのにね……常……。そして翌朝、椿ちゃんに「あなたは 何もわかっちゃいないわ…」とガッカリされる。
 ◆七日目
  鯉太郎〇-●? 悪タレフェイス復活、ブチカマシ一発でKO。
----<『Burst』(5)巻:2010年5月場所8日目~9日目>----
 ◆八日目
  常松●-〇王虎さん
 ※ここから常松の挫折の始まり。この辺の常松のことを思うと、ホントに『鮫島』での松明関はその成長が泣けますなあ。
 ※取組前に、空流親方が大栄大学相撲部を訪れ、常松の過去を取材。
 ※常松も、立ち合い前、「教えてやるよ…血統ってのは何の意味もない ただの飾りだってことを…」と闘志満々だったのだが……
 ※立ち合い後、群がるマスコミ連中に、親方はこの辺で勘弁してくれと頭を下げ、そして「教えのハブさん(月刊力士の記者、畑文太さん)」や日刊トップの山崎さんの言葉もあって、騒動は収まる。
  天雷〇-●ブタフグ大鵠
 ※兄貴の仇であるブタフグ大鵠をぶっ飛ばしたい天雷なのに、ブタフグ大鵠は勝負せず。ホントクソ野郎。天雷はこの取組の立ち合い不成立&突っ掛けで目を負傷。
 ■大刀力関→天雷の兄弟子。イイ人。天雷の兄の弟弟子っぽい。
 ■田上さんは猛虎さんの「知らん! だが、今より弱くなることはない」の激励? で精神崩壊から正気に戻っていたが、この天雷の取組前にブタフグにボコられ、取組後には王虎さんに(ブタフグを利用して天雷の眼をやったのかと)詰め寄る。「ガッカリさせんなよ…頼むよ…」は何か泣けますね。そして(そんな指示はしていない)王虎さんは、ブタフグ大鵠を「使えねーブタだ」と切り捨てる。
 ◆九日目(?)
  鯉太郎〇-●爛摩 ※デカい外国人力士?
 ※この取組で鯉太郎は偶然「仏壇返し」を放つ
----<『Burst』(6)巻:2010年5月場所9日目~11日目>----
 ※9日目、10日目はどうも日付がはっきりせずわたしの勘違いかも?
 ※9日目の鯉太郎の取組後、王虎さんVS天雷から始まる
  王虎さん〇-●天雷 真っ向勝負のクリーン相撲。天雷完敗で左腕負傷。
  白水さん〇-●元十両の? ゴリラ張り手で一発KO。白水さんで5勝目。
 ◆十日目は取組ナシ
 ※朝稽古で親方に「仏壇返し」を教わる鯉太郎
 ※稽古中、イラつき中の常松は、白水さんや鯉太郎を呼び捨てで八つ当たり激怒。ほんと、しつこいですが、このあたりの常を思うと、『鮫島』現在の松明関が泣けるすねえ……。
 ◆十一日目
  石川くん〇-●常松 ビンタ一発でOK
 ※取組後、「強くなりてーんだろ?」「はい……」の名シーン。泣ける!
 ※鯉太郎VSブタフグ大鵠の途中で(6)巻終了。
----<『Burst』(7)巻:2010年5月場所11日目>----
 ※ブタフグ戦の続きから白VS虎の泣ける結末まで
  鯉太郎〇-●ブタフグ大鵠
 ※鯉太郎の仏壇返し炸裂、「じゃあな…クソヤロー…」。悪タレ鯉太郎にファンがつきはじめ、マコ姉ちゃん思わず「泣く」と感激。
 ※取組後、ブタフグ精神崩壊。今、どうしてるんすかね……。
  白水さん〇-●王虎さん
 ※ご存知の通り、腕は折られても、心は折れず、白水さん奇跡の勝利! 取組後、鯉太郎や親方にはカッコイイところを見せるも、仁王さんには「チョ~コエ~よ アイツチョ~~~コエ~~コエよ いて~~~よ~~ 腕チョ~いて~よ~~~」と泣きつく姿がもう最高です!
 ※この白水さんの勝利(=王虎さんの敗北)で幕下は12人が1敗で並ぶ。
----<『Burst』(8)巻:2010年5月場所11日目の夜~15日目千秋楽優勝決定戦初戦>----
 ※十一日目の夜、王虎さんは荒れて部屋の稽古場で大暴れ。とうとう猛虎さんをも跪かせる。
 ※鯉太郎は白水さんの奮戦に「応えねーと男じゃねーよ」とやる気十分。椿ちゃんにも「お前の気持ちにも俺は応えるよ」とある意味愛の告白に椿ちゃん赤面、親方憤死にw
 ◆十二日目は描写ナシ(?わたしの勘違いかも)
 ◆十三日目と十四日目
 ※ダイジェストで鯉太郎・石川くん・天雷・王虎さんが勝って1敗キープが描かれる
 ※これで幕下は6勝1敗が6人となり、千秋楽に優勝決定戦へ。
 ◆十五日目(千秋楽・幕下6人の優勝決定戦)
  第1戦:鯉太郎〇-●岩の藤 カマーンとブチカマシ合戦となり、OK!と勝利。
  第2戦:天雷VS闘海丸 のハッキョイまで
----<『Burst』(9)巻:2010年5月場所15日目千秋楽>----
 ※天雷VS闘海丸のハッキョイからスタート
  第2戦:天雷●-〇闘海丸 土俵際のうっちゃり!
 ※天雷は、親や兄貴が見守る中、決意を持って戦うが、VS王虎さん戦で左腕を痛めていたのがたたってしまう。闘海丸「次は万全の状態で勝負だ!」天雷「いや…今も万全だったよ」とすがすがしく負けを認める。イケメンですなあ!
  第3戦:石川くん●-〇王虎さん
 ※大器くんも折れないハートで立ち向かうも、惜しくも敗退。あまりにまがまがしいオーラをまとって土俵に上がる王虎さんの邪気を、柏手一発で祓う大器はカッコよかったぞ! これで優勝は3人に絞られ巴戦へ!
  巴戦1番目:鯉太郎VS闘海丸くん序盤まで
----<『Burst』(10)巻:2010年5月場所15日目千秋楽&火竜虎城の因縁>----
  巴戦1番目:鯉太郎〇-●闘海丸
 ※この取組を観て、生意気だった常松も熱くなって応援! 「おいっ! 何やってんだ!! ふざけろよ! 見せたかったのはソレかよ!」という常の激に、鯉太郎は仁王兄貴や白水さんのハート、そして吽形さんの「立ち向かう勇気」を思い出す。この展開はもう、王道ですが熱くなりますなあ!! そして仏壇返しが決まるか!? というところで、まさかの闘海丸タンの外無双が炸裂し、思わず鏡川親方も大感激! そして「もっと腰を入れろ!! 鯉!!」という仁王兄貴の大喝で、結末は渾身の押し出し! 地道なけいこのたまものですよ!
 ※取組後、現役時代火竜に勝てなかった鏡川親方が、「懐かしいモン思い出させやがって…」と満足しているところに「いい弟子を育成しとるようだな」と着ぐるみが声をかける。その声はどうやら天城親方か? 「身に余るお言葉…」と頭を下げる鏡川親方。
  巴戦2番目:鯉太郎VS王虎さん 開始!
 ■そして火竜と大横綱虎城の因縁の過去話開始
 ※火竜はもともと黒森部屋。定年で同門の天城部屋に吸収合併された。この時序二段。すでに幕内力士だった虎城に稽古を挑むもあっさり退けられる。
 ※その後すぐ虎城は大関昇進。そして新大関にして初優勝、翌場所綱取りへ。
 ※そのころ火竜も序二段、三段目を連続優勝。幕下で三場所連続優勝か、と期待の場所中。稽古では、天城親方の丁寧な説明が通じず、うるせーハゲ!! 何言ってるかわかんねーんだよ! と生意気な口をきくが、虎城の「バ~~~~となるからギュっとためろ…そうすればグッとなってメリッとガッといく…」という普通の人には理解不能な虎城語だとあっさり理解し納得する。
 ※しかし最終戦の相手にあっさり引かれて敗北、激怒して土俵上で大暴れ。1場所出場停止となった。世に言う「火竜セカンドインパクト事件」であるw
 (※ファーストインパクト事件は、黒森時代の序二段の時に同じく土俵で大暴れ→1場所出場停止という事件があった)
 ※一方虎城は、同じ日勝利するも右腕を負傷。虎城は火竜に問う。
 虎「お前にとって相撲とは何だ…?」
 火「あ? んなモン殺し合いに決まってんだろ」
 虎「だからお前の相撲は軽いんだ」「相撲の重さ…強さは…きっと己の中の生き様で決まるんだ それを土俵でぶつけ合うのが…力士だ」
 火「何言ってんだ…何だよ…生き様ってよ…」
 虎「ここにガッとあって砕けねぇ…ドンとしたものだ」
 しかしなんつうか、まさか自らの息子が、のちに同じことを言うとは……そりゃあもう、親としては泣けますよ……ホント最高ですね。
 ※そして虎城は千秋楽、全勝をかけて横綱・大宝生との闘いに挑み、電車道で寄り切って勝利、横綱昇進を確定させる……が、その後の変貌はもうご存知の通りっす。
 ※この時の優勝パレードで顔じゃないのに優勝旗を火竜がかざし、二人が並んで写る唯一の写真となったのであった……。
 ※そして5場所連続優勝を決めた夜、新十両で優勝を決めた火竜は「ソレ付けて稽古場に来い」とけんかを売って(10)巻終了。
----<『Burst』(11)巻:2010年5月場所15日目千秋楽&火竜虎城の因縁2>----
 ※火竜の挑発に乗って稽古場に現れる「大横綱」虎城。
 虎「いつからだ…火竜(アイツ)を見ているとイラ立つようになったのは…いや………わかっている…火竜は綱を撮る前の俺…楽しさだけで相撲を取れたあの頃の俺だ…覚悟が足りないんだ…まだ……横綱道を進む覚悟が…火竜をうとましく感じるのは 俺がまだ過去の己と決別が出来ていない証拠…ここで俺は 過去の俺を…殺す」
 という決意でぶつかり合う二人。日刊トップの山崎さん一人が証人として立ち会う。生き様をぶつけ合う二人。そして「戻って…こいよ虎城…」と涙を流す火竜に、左耳を引きちぎる虎城。
 虎「……もう…聞こえん…」
 火「バカヤロウが…」
 という顛末で完全決別。そしてその後虎城は大横綱として数々の記録を打ち立てて引退、一方火竜は大関となって綱取り目前。そしてあの事件が……公園のベンチでだらしなく酔う火竜に山崎さんが事件の真相を伝えるも、火竜は山崎さんに語る。
 「土俵以外でどう生きたらいいのか…分からねーんだ 俺は…死んで生きるしかなかった…だがよ アイツはそれを良しとしなかった」「鯉太郎(アレ)は…俺だ 終わっちゃいねーんだ…まだ………何も………続いてんだ…鯉太郎の中で…俺の生き様は…鯉太郎なら…きっと俺の辿り着けなかった答えまで辿り着いてくれる 見てろよ 鯉太郎は必ず俺を超える あのクソガキが…鯉太郎がいれば…俺は死なねぇ」
 この言葉は、ホントにもう、今の『鮫島』読者にはグッと来てガッとするものがありますなあ……。そしてそんな父を思い、鯉太郎は満身創痍の体を奮い起こし、最終戦へ!
 ※そして一方の虎城は、火竜の墓前に「謝らんぞ…俺は……」と言いつつ、膝をついて恐らくは涙を流す。その墓参りの帰りの車の中で、幼き剣市へ「俺のようにはなるなよ」とつぶやくのだった(ただし生意気なガキの剣市が正しく理解しているとは思えないw)。回想はここまで。
 そして巴戦2番目:鯉太郎VS王虎さん、ハッキョイから戦い終盤へ
----<『Burst』(12)巻:2010年5月場所15日目千秋楽>----
 ※鯉太郎と王虎さんの激闘の続き。勝負は鯉太郎の右からの仏壇返しで決まったか!? と思いきや、王虎さんの左の小手が入って投げの打ち合いに。結果、同体、取り直しに!
 そして最終的には鯉太郎〇-●王虎さんで決着、鯉太郎、幕下優勝を決める。
 ※戦いを見届けた虎城の眼には涙が。そして「俺たちが見ることのなかった…あの場所まで…」と将来の図を脳裏に描く。
 ※終戦後、初めて鯉太郎は髷を結い、コンパチには多くの参加者が。仁くん、岩の藤、寺井、将太君などがニヤニヤで、そして超・力を込めてコンパチする。
 ※空流(みんな)に出会えてよかったです と言う鯉太郎に、初めての髷をみんなが冷やかし、激励し、常は祝儀金を回収してきますと言い、椿ちゃんも「カッコイイ」と満面の笑み。もう付き合っちゃえよ!
 ※そんな温かいムードのところに虎城親方登場、火竜を誰よりも強かったと賞賛し、鯉太郎へ次の言葉をかけて、『Burst』終幕。
 虎「昇ってみろ 父親のいた高みまで 火竜の続きを俺に見せてみろ やってみろ…鮫島鯉太郎!」
 鯉「オウ!」
---------------------------------
 はーーー……読んでたら興奮してまーーーた長くなっちゃった……
 なので、さっさと結論。
 要するにですね、『バチバチ』『Burst』『鮫島』と続く鮫島鯉太郎の物語は、最高です! まだ終わってないけど! はーーー……しかし『鮫島』の今後はどうなるんすかねえ……つうか、現在のVS猛虎戦も相当ヤバいことになるでしょうな……わたしとしては、戦いののち、猛虎さんのもとに竹虎さんが登場することを祈りたいすね。今どうしてるんすかねえ……。そしてやっぱり吽形さんにもまた登場してほしいですな。ダメかなあ……まあいずれにせよ、また来週からの『鮫島』が楽しみでたまらないっす! なお、今後、お盆ぐらいの時期に合併号があるタイミングで、『Burst』と『鮫島』の間の空白期間(5年ぐらいあるのかな? 3年か?)に何が起きたのか、をまとめようと思います。以上。

↓ もちろん『Burst』も全巻まとめ買いするのが大人のたしなみですよ!

 

 わたしは、まあなんつうか、年々病的に記憶力が低下しているような気がしてならず、ホントに長生きしていいことなんてねえなあ、と軽い絶望を抱き日々生活しているわけだが、毎週記録している『鮫島』ニュースを書く時も、その前日譚にあたる(?)『バチバチ』および『バチバチBurst』に関して、明確な記憶も薄れており、たまに大変な勘違いもあったりして、非常に恥ずかしい思いでいる。
 というわけで、週刊少年チャンピオンがGWで合併号、1週お休み、というこの機会に、備忘録としてちょっとまとめておこうと思った次第である。もう、取り留めなく、メモ的にまとめるので、わたし以外がこの記事を読んでも特に意味はないと思います。
 そして完全にネタバレなので、万一『バチバチ』『バチバチBurst』を読んでいない人はここで退場してください!
 というわけで……さて……どうまとめるかな……時系列をまとめてみるか。Tableで書くので、PCで閲覧しないとダメかも。
 そして、とりあえず、冒頭の時制を、連載開始の2009年と仮に定めておこう。
バチバチ全16巻 (1)巻 2009年3月?~4月 鯉太郎(16歳)、地元に来た巡業でケンカを売る。猛虎さんに勝利。空流親方に出会い、空流部屋へ入門。力士人生が始まる。
(2)巻~
(5)巻前半
2009年5月 5月場所。鯉太郎、初土俵&前相撲。王虎さんにも勝って全勝。
(5)巻後半~
(6)巻前半
2009年6月 鯉太郎、教習所1期目。
(6)巻後半~
(10)巻前半
2009年7月 7月場所(名古屋)。鯉太郎は東序ノ口22枚目。どんぐり仁くんに負けて6勝1敗で優勝逃す。ブタフグ(大鵠)との因縁ここから。この時、村神は鯉太郎に負けて目が覚め、教習2期目から兄の四股名「天雷」を継ぎ、キャラも変化。
(10)巻後半~
(11)巻後半
2009年8月 鯉太郎、教習所2期目&空流夏合宿。太れないことに悩む鯉太郎は投げを練習し始める。バーキ登場はここから。この頃、王虎さん引きこもり状態で、猛虎さんの付け人に。
(11)巻後半~
(16)巻ラスト前
2009年9月 9月場所。鯉太郎は東序二段75枚目で白水さん(西序二段110枚目)の番付を超える。全勝で迎えた優勝決定戦で白水さんとの兄弟対決。そして幕下では涙の阿吽対決。アレはホントに泣けましたなあ! なお、王虎さんもここから土俵復帰。前相撲でのダーティーファイトは描かれるがほぼ出番なし。
(16)巻ラスト前 2009年10月及び11月 エピローグとして教習3期目。王虎さんようやく教習参加、大器くんやバーキをガイにするほどに。そして11月場所初日、ハッキョイ、で『バチバチ』終了。
 とまあ、まとめると上記のような感じだと思うけれど、これで終わらせるのもアレなので、以下、出来事をメモしてみたい。
----------------------------------------
【バチバチ(1)巻】:2009年3月(?)の出来事
 ■鯉太郎、地元(山形)に巡業に来た大相撲に喧嘩を売る。その場で猛虎さんに勝利。
 ■なお、猛虎さんは学生横綱から入門して間もない頃(?)で、幕下。
 ■その3日後、父・火竜の7回忌。この時、鯉太郎は16歳。
 →火竜が亡くなったたのは6年前で、鯉太郎10歳の時か。
 ■空流部屋へ入門(→高校1年終わりの春休みっぽい)。
----------------------------------------
【バチバチ(2)~(5)巻前半】:同年4月から5月場所の出来事。
 ■主要キャラのこの時の年齢
 (2巻末のプロフィールによる)
 ◆空流親方(奥村旭・元小結【春風】)51歳
 ◆阿形さん(高杉剛平)20歳・東京出身・183cm・115kg
 ◆吽形さん(吉田亘孝)20歳・岩手出身・180cm・107kg。
 ◆白水さん(白水英樹)18歳・東京出身・192cm・90kg
 ◆鯉太郎は16歳・178cm・75kg
 ◆川さん(川口義則)すべて謎w
 (4巻末のプロフィールによる)
 ◆虎城親方(後藤昇)55歳
 ◆王虎さん(後藤剣市)17歳・東京出身・195cm・115kg
 ◆猛虎さん(小林哮)24歳・熊本出身・182cm・123kg
 ◆床上手さん(山岡薫)自称24歳・二等床山
 ◆椿ちゃん(奥村椿)16歳
 ◆真琴姉ちゃん(斎藤真琴)18歳
 ※単行本ではマコ姉ちゃん=16歳と表記してあるけどこれは誤植で、18歳が正解らしい。実際、夏合宿に来てくれたマコ姉ちゃんは受験生だったし、Burst冒頭では晴れて東京の大学に合格し女子大生として登場(その時からバイクに乗ってる)。
 ※ちなみに、吽形さんは吉田亘孝として、佐藤タカヒロ先生の柔道漫画『いっぽん!』に名前だけ登場している。ついでに言うと現在の『鮫島』に出てくる日刊トップの記者、橋くんも『いっぽん!』のレギュラーキャラ(と同一人物だと思う)。
 ■5月場所(鯉太郎初土俵)時の番付と星取
鯉太郎 前相撲。全勝。初戦は田上さんの鼻をへし折って勝利。2戦目(4日目)で王虎さんと対戦、投げの打ち合いで勝利かと思いきや物言いで取り直し、強烈なブチカマシの末に勝利。王虎さん休場、ダークサイドへ。
阿形さん 幕下?枚目。最終戦で猛虎さんに負け、6勝1敗。
曰く、幕下のケツ、な枚数だった模様。
吽形さん 三段目?枚目。7勝0敗。全勝で三段目優勝。
白水さん 序ノ口?枚目。5勝2敗。
川さん 三段目?枚目。4勝3敗。
猛虎さん 幕下11(10?)枚目。十両に上がったら王虎さんを自分の付け人にする約束を取り付ける。結果的に7戦目で阿形さんを下し、全勝で幕下優勝、十両昇進を決める。当時の虎城部屋はホント腐ってましたなあ……。一応関取の兄弟子はいたようだが、名前などその後は不明(※Burst冒頭では兄弟子は廃業し、猛虎さんは部屋頭になっていた)。
 ■メモ:5月場所終了の打ち上げで、白水さんはやっと髷が結える髪の長さに。しかし酔っ払った吽形さんにバリカンで刈られ、それじゃあ、と阿形さんに「殿」マゲにw ちなみに、その後髪が生えないのは、夜中、こっそり川さんが剃っているためらしいw
----------------------------------------
【バチバチ(5)巻後半~(6)巻前半】同年6月、相撲教習所第1期の出来事
 ■鯉太郎の相撲教習所第1期目スタート。
 ※ライバルたちの(5)巻末プロフィールは以下の通り
 ◆斎藤正一(マコ姉の父)42歳
 ◆村神(のちの天雷・村神凛太郎)18歳・愛媛出身・190cm・120kg
 ◆石川(のちの飛天翔・石川大器)16歳・神奈川出身・180cm・81kg
  ※大器の入門時、天鳳は既に大関だった。
 ◆渡部(渡部仁)16歳・千葉出身・175cm・79kg
 ◆田上(のちの稲虎・田上大)22歳・183cm・125kg
 ■教習所では、虎城親方からのツブせ指令を受けた竹虎さんにしごかれるも耐え、逆に竹虎さんは使えねえ奴と虎城親方にクビを宣告される。
 ■田ノ中の寺井と出会う。1場所先に前相撲を取っているので、偉そうにしていたが、鯉太郎や石川たちに押されてタジタジw
 ■鯉太郎、石川との突っ張り合いで顔を腫らす。村神、まるで周りを相手にせず。そしてこの頃から鯉太郎は、太れないことに悩む。
----------------------------------------
【バチバチ(6)巻後半~(10)巻前半】同年7月場所(名古屋場所)の出来事。
 ■名古屋への移動の新幹線で、クソ野郎・大鵠と吽形さん阿形さんの因縁を知る。おまけにブタフグは先代天雷(村神兄)とも因縁があったことが判明。
 ■名古屋での空流の宿は清浄寺。和尚の斉尚さんはバイカーでロックなお爺ちゃん。
 ■名古屋場所の番付と星取
鯉太郎 東序ノ口22枚目。
2戦目は石川と壮絶な張り合いを制して勝利。
3戦目の村神戦はハズ押しで勝利(この敗北で村神は目が覚め、後の2代目天雷が誕生する)。
そして6戦目でどんぐり渡部くんに敗北して初黒星。激しく落ち込むも立ち直り、6勝1敗で終了。優勝を逃す。
(※序ノ口優勝は蒼希狼であることが教習2期目で判明)
吽形さん 東幕下57枚目。
6戦目でブタフグ大鵠に勝利するもまたも膝をやられる。
しかし7戦目、引退を決意した竹虎さんとの闘いを気合で勝利、全勝で幕下優勝を飾る。なお、負けた竹虎さんは、十両力士として大銀杏を結った猛虎さんに「お疲れさんでございました」と丁寧に頭を下げられ男泣きするのであった……。
阿形さん 東幕下15枚目。初戦は勇み足で負け。その後は勝って6勝1敗で終了。特に最終戦は、憎きブタフグ大鵠をぶっ飛ばして勝利。この時の阿形さんの怒りはすさまじかった!
白水さん 西序二段90枚目。3勝4敗。
川さん 東三段目23枚目。4勝3敗。
----------------------------------------
【バチバチ(10)巻後半~(11)巻後半】同年8月。相撲教習所2期目と夏合宿の出来事。
 ■教習2期目スタート。兄弟子たちは合宿へ。教習2期目で、村神は天雷と四股名を改め、髪を上げ、キラキラなキャラにチェンジ。そしてバーキこと蒼希狼に出会う。
 ■一方の鯉太郎は、激しいけいこのし過ぎ?でどんどん体が絞られてしまい、自慢のブチカマシも、同期全員が耐えられるぐらいの威力に低下。すっかりスランプに。
 ■教習の休み期間、部屋の合宿に合流、吽形さんの「三年先の稽古をしよーぜ」にやっと心落ち着き、親方から「ブチカマシ」禁止令が発令、吽形さん直伝の投げ技への挑戦も始まる。
 ■休みが明けて再び教習へ。田上さんの髪が伸びてたり、どんぐりくんがでっぷり太っていたり、天雷が髪を上げてキラキラになったりと周りの変化がある中、鯉太郎の「オメーらだけには死んでも負けねえ」宣言で同期たちのハートにも火が付き教習は充実。
 ■一方そのころ、虎城部屋では、ガリガリに痩せて引きこもっていた王虎さんを、猛虎さんが付け人にする話でひと騒動。猛虎さんも、お前は「高みへ昇るため」の餌だと宣言。歪で殺伐とした兄弟弟子の関係が誕生。
----------------------------------------
【バチバチ(11)巻後半~(16)巻ラスト】同年9月場所での出来事
 ■この9月場所が『バチバチ』最終話。
 ■(15)巻2/3ぐらいまでが鯉VS白の泣ける戦い
 ■以後(16)巻2/3までが阿VS吽の超泣ける戦い。
 ■残り(16)巻ラスト1/3ぐらいがエピローグ&Burstへプロローグ。
 ■9月場所の番付と星取
鯉太郎 東序二段75枚目。
初戦は教習同期の寺井。ブチカマシ1発で勝利。3戦目はすっかり太ったどんぐり仁くんを強引に投げて勝利し、先場所の雪辱を晴らす。4(5?)戦目はVSバーキ戦(13巻)。激闘の末、吽形さん直伝の投げが決まって勝利(※この対戦中に、ヤンキーカップルの男「お前黙ってろ」)。6戦目は石森という力士で、白水さんとの関係がぎくしゃくしててよそ見をしていて一瞬苦戦するも勝利。7戦目(相手の名前?)も勝って7戦全勝、白水さんとの優勝決定戦へ。
阿形さん 東幕下3枚目。
5戦目は大銀杏を結って十両・大森海戦に力づくで勝利。6戦目前日に吽形さんの膝が限界に来ていることを知り、親方と医者に吽形さんの出場続行を土下座で直訴。7戦全勝で吽形さんとの優勝決定戦に挑む。
吽形さん 東幕下4枚目。
6戦目直前に医者から出場停止を宣告されるも強行出場。6戦目、VS若大雲を電車道で寄り切り、十両昇進を手中に。しかしもはや限界が来ており、7戦全勝での阿形さんとの優勝決定戦へ挑む。泣ける!!
白水さん 西序二段110枚目。
鯉太郎に番付を抜かされ大ショック。吽形さんの励まし、阿形さんの激励?でゴリラ張り手に開眼。3戦目?の田上さんとの闘いに勝利して自信をつけるが、5戦目の相手、天雷に思わずビビッて引落で勝利。そのことに自分でもがっくり落ち込む(13巻)。が、吽形さんに「お前は空流の柱になれ!」と叱咤され、6戦目、石剛雲をゴリラ張り手で倒し復活。その後、吽形さんの膝のことを知り、鯉太郎を奮起させるためにも、もしお互いに全勝で同部屋優勝決戦となったら、殺す気で来い、じゃねーと殺すぞ! と言い放つ。そして7戦目(相手の名前不明)も勝って7戦全勝、鯉太郎との優勝決定戦へ。
川さん 東三段目10枚目
王虎さん 前相撲で復帰。ダーティーファイト炸裂。ほぼ出番なし。
石川くん 序二段・枚数不明。3戦目?の天雷戦に敗北。
天雷 序二段・枚数不明。3戦目で石川に勝つも、5戦目のVS白水戦を落とし痛い1敗。
蒼希狼 序二段・枚数不明。(12)巻後半にバーキ過去話。4戦目で鯉太郎に敗北。負けたら終わりと思って戦ってきたが、親方の「もうアナタ ワタシの息子 バカ~~~」で心が救われる。
 ■ラストのエピローグでは、王虎さんがようやく教習開始。いきなりバーキや大器くんをガイにし、鯉太郎ともバチバチの教習稽古が描かれ、ラストは11月場所初日、ハッキョイ、で幕を閉じる。

 はーーー疲れた。こんな感じすね、だいたい。最後に、各力士の年齢と身長体重なども、もう一度簡単な表にまとめておくとしよう。あくまで、『バチバチ』で描かれる2009年(仮)のものです。白水さんはこの後でも身長が伸び続けたと『Burst』で椿ちゃんが言ってたような。
四股名 本名 年齢 出身 身長 体重
猛虎 小林哮 24歳 熊本 182 123
田上(→稲虎) 田上大 22歳 北海道 183 125
阿形→仁王 高杉剛平 20歳 東京 183 115
吽形 吉田亘孝 20歳 岩手 180 107
白水 白水英樹 18歳 東京 192 90
村神→天雷 村神凛太郎 18歳 愛媛 190 120
マコ姉ちゃん 斎藤真琴 18歳 山形 --- ---
王虎 後藤剣市 17歳 東京 195 115
石川(→飛天翔) 石川大器 16歳 神奈川 180 81
渡部 渡部仁 16歳 千葉 175 79
鮫島 鮫島鯉太郎 16歳 山形 178 75
椿ちゃん 奥村椿 16歳 東京 --- ---
 こうしてみると、【王虎】さんはずば抜けてデカいすねえ! まあ、さすがの血筋ってことなんですなあ。相撲に選ばれしもの、か……。しかしふと思ったけど、この翌年、弟子入りする常松は大学卒業しての角界入りだとするなら、この時点で大学4年生だろうから、まだ20歳の仁王兄貴より1歳か2歳ぐらい年上ってことすね。そうだったんだ。なるほど、すね。鯉太郎よりも6つぐらい年上だし、それを考えると、『Burst』でのクソ野郎ぶりもちょっとだけ心境は分からんでもないような気がするっすね。よーし、じゃあ、明日は『Burst』編をまとめてみますか。

 というわけで、結論。
 あらためて『バチバチ』を読んでみたら、意外なほど基本的な設定や物語を忘れており、本当にもう、わたしは病気なんじゃねえかという気がしてなりません。ホント、生きてていいことなんて、なかなかないすなあ……でもまあ、こうして面白い漫画が読めるのは大変うれしゅうございます。以上。

↓ もっていない人はすぐ買うべきでしょうな。この漫画は名作ですよ! 電子でまとめ買いが大人のたしなみだと存じます。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 なんつうか、ホントにもう、大相撲協会には問題が尽きないというか……やれやれです。が、土俵で戦う男たちの熱戦には、わたしも毎日興奮しております。わたしの愛してやまない松鳳山裕也君は、昨日の祝日11日目現在6勝5敗。毎日いい相撲なんすよねえ……。残り4戦、勝ち越しに向け頑張ってほしいす。そして帰ってきた男、逸ノ城関は昨日、横綱鶴竜関に負けて8勝3敗となりましたが、ホントに今場所は強いですなあ。二桁に乗せる勝利を挙げて、今年中に一気に大関まで行っちゃいそうな気もしますね。毎日、マジ血圧上がるっすわ。
 というわけで、まずは今週の週刊少年チャンピオン2018年17号概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は連載中の『魔法少年サイト』アニメ化記念でキャスト陣の声優さんたちです。サーセン……全然詳しくないのでコメントできないす。
 ■弱虫ペダル:逆境の巻。にくまっしぐら! 変態小鞠君VS悠人の戦いスタートです!
 ■刃牙道:供養の巻。徳川のご老公の言ってる意味が、ちょっとよくわからないす……。
 ■BEASTARS:君の振り子時計で巻き戻しての巻。巻頭カラーす。レゴシ君の尻尾……。
 ■Gメン:さよならーの巻。次週最終回。感慨深いすなあ……。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:ビタースイート・ショット・メモリーの巻。ショット君の過去話す。
 ■昆虫武将チョウソカベ!:殿、三兄弟と対決すの巻。毛利編はまだ続くみたいす。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週ついに発表になった13日目の取組、鯉太郎VS【猛虎】先生。この物語のいっちばん最初、『バチバチ』第1巻第1話からの因縁がついに土俵上で決着がつくという、おそらくこの『鮫島』ニュース読者全員が大興奮したであろう割が発表となりました。しかし一方で、VS【王虎】さん戦後の「その後」が語られようとしております。果たして今週はどんな物語が待っているのか、ドキドキであります。
 というわけで、今週の開幕トビラは、空流部屋の前で一人鯉太郎たちの帰りを待つ椿ちゃんの図です。ところで、鯉太郎と椿ちゃんは今何歳なんすかね……二人とも同じぐらいの年齢のはずですが、鯉太郎は『Burst』第1巻の冒頭で17歳、あれから最低でも5年は経過しているはずなので(?)、22~23歳あたりなのかな……。当時は女子高生だった椿ちゃんですが、すっかり大人びた表情です。
 そしてページをめくると、何やら雄たけびを上げている豆助です。そんな豆助に「うるさいな~もう…いいかげん落ち着きなよ…」と冷静にツッコミを入れているのは、あの森田茜くんじゃあないですか。なにやらご飯をよそっている茜くん。豆助としては、「バカヤロー!! 鯉太郎さんのあの魂の一番を見て燃え上がらねー奴がいるか! クソ…ダメだ~思い出したら涙が止まらねー……」だそうで、仕事も手につかない様子。茜くんは「早くチャンコ用意しよーよ…関取たち帰って来るよ…つーか僕お客なんだけど…」とイラッとしています。茜くんもすっかり空流の家族の一員ですなあ。
 ここから、豆助が空流に弟子入りする話が語られます。なんでも、どこかの田舎ヤンキーだった豆助は、その田舎に巡業にやってきた相撲の「力士に挑戦」コーナーで、鯉太郎に軽~く吹っ飛ばされたそうです。「それが鯉太郎さんとの運命の出会いさ…」とカッコ良く語る豆助ですが、背景に描かれる当時の絵は、大変カッコ良くないギャグ交じりのものです。しかし、そんな豆助の過去を聞くと、当然我々の脳裏には、『バチバチ』第1巻第1話の、あの光景がよみがえるわけですよ。豆助の話は続きます。
 豆「後から聞けば鯉太郎さんも 素人時代に力士相手に相撲取ったって言うじゃねーか」
 茜「へーーー……じゃ鯉太郎さんも豆助さんと同じでブッ飛ばされたの…?」
 茜くん、ナイスツッコミだぞ! その顛末を我々はよーく知っています!
 豆「それがあの人のスゲーところよ…ズタボロになりながら何と勝っちまったんだとよ! しかも相手は当時幕下付け出しのスーパールーキーだった」
 ここでページをめくると! そこにはあのお方が1ページブチ抜きで描かれております!
 豆「現大関 虎城の猛虎に…」
 車の中の【猛虎】先生は、外を眺めながら若干の笑み?です。そんな【猛虎】先生に、助手席の田上さんこと【稲虎】関が声をかけます。
 稲「何か嬉しそうですね大関…」
 猛「オレの意識を初めて変えてくれた男だからな…鮫島は…奴に鼻を折られなければ 今の俺はないよ…それに…」
 稲「……… それに?」
 猛「今日鮫島(アイツ)は王虎を喰った…鮫島の中に王虎もいる…こんな形で…願望が叶うとはな…」
 【猛虎】先生の願望……『バチバチ』第11巻の【猛虎】先生のセリフを思い出しますな……ちょっと今週号からは離れますが、当時の【猛虎】先生の発言を引用しておきます。あれは、自分が十両に上がったら、当時クソ野郎だった【王虎】さんを自分の付け人にしてもらうという約束を取り付け、そして、十両昇進を果たし、今日からお前は俺の付け人だ! と【王虎】さんに宣言したあの時のことです。全くダメ野郎として殴り掛かる【王虎】さんの拳に全く動じなかった【猛虎】先生でしたが、【王虎】さんが父、虎城親方につっかかって、【猛虎】先生ブチ切れるのシーンです。
 (当時の)猛虎さん「自分の虎の字は親方の虎の字です 自分はそこに誇りを持っています だから相手が誰であろうと今の親方に対する愚弄を見のがすコトはできない…大横綱虎城の息子はコイツだけじゃない」
 (当時の悪党な)王虎さん「クックック…違うだろーが…俺に偉そうに説教タレんのも 親方のタメか? オヤジの古惚けた名を 守るタメにここにいるのか? 腹黒ーーーな…お前も…(以下略)」
 猛「そうだ お前はただの餌だ! 俺があの頃の虎城親方がいた高みに昇るタメのな…」
 こうして【猛虎】先生と【王虎】さんの「歪で殺伐とした兄弟弟子の関係」が誕生したわけですが、「餌」と断じた【王虎】さんを「喰った」鯉太郎は、その意味でも、【猛虎】先生にとって戦う相手として最上の相手なわけですなあ。コイツはもう、ヤバいすねえ……!
 で。今週号に戻りますが、ようやく空流部屋の前にタクシーが到着、椿ちゃんは出迎えます……が、鯉太郎の表情は……これは文字では表現できないな……何と言えばいいのか……憔悴しているのかな……そんな表情の鯉太郎に、椿ちゃんは言葉が出ません。
 ふと、そんな椿ちゃんに気が付き、「よう…」と声をかける鯉太郎。デキル弟の常松は空気を察して大吉を伴って先に部屋に入っていきます。二人きり、部屋の玄関前で言葉を交わす鯉太郎と椿ちゃん。鯉太郎は語ります。以前、椿ちゃんには、くすぶり続けながら生きるのが怖い、的なことを言いましたが、今日の【王虎】さんとの取組を経て、はっきりと分かったことがあるとのこと。それは……
 鯉「俺はやっぱ相撲が楽しくて仕方ねえ…生きてるって実感も喜びも 土俵(そこ)でしか手に出来ねーんだ…その気持ちは誰にも…俺にも…止められねーんだ…だから俺は土俵に帰るんだ…最悪の…ワガママだ…ゴメンな…椿…」この気持ちを語る鯉太郎の表情は、ぜひチャンピオンを買ってご確認ください。もう、表現できないす。そしてこんな気持ちを聞かされて、椿ちゃんに出来ることがあるでしょうか……!? 
 椿ちゃんは、鯉太郎の胸を拳骨で叩きながら、「最悪だ…何なのよ…いったい…何なの…何なのよ…」という言葉しか出ません。そして心の中で思っているのはこんなことです。
 (止めることも…背を押すことも…何も出来ない私が ただ出来ることが…泣くことだけだなんて…最悪だ…)
 椿ちゃん……泣かないでおくれ……! もう鯉太郎、お前、椿ちゃんを抱きしめてやれよ! とおっさん読者としては思ってしまいますが、鯉太郎は男ですよ……。まるで、クラリスを抱きしめたいのにグッッッと我慢したルパンのように、椿ちゃんの肩に手を添えて、「ゴメン…」と一言漏らすのみでありました……。今週はこれにて幕、であります……。
 いやあ……ホントにいろいろありますなあ……【猛虎】先生の想い、鯉太郎と椿ちゃんの想い……なんつうか、生きるのは楽じゃないすねえ……。どうなんでしょう、この「その後」はもうこれ以上描くネタがあるんすかねえ……猛虎さんのこれまでの軌跡があってもいいとは思うものの……意外とすぐ取組に行っちゃうのか、それともしばらく続くのか……全く想像がつきませんが、今週の椿ちゃんの想いは大変グッときました。はあ、来週号が今すぐ読みたいす!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 12日目:【王虎】東大関
 13日目:【猛虎】東大関
 --------
 【王虎】東大関。12日目現在11勝1敗。鯉太郎に敗北!
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目の結果不明
 【天雷】東関脇。12日目現在9勝3敗に
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。66連勝中(11日目現在)。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、【猛虎】先生が鯉太郎との戦いにかける想いと、鯉太郎と椿ちゃんの想いが描かれ、とりわけ、止めることも背中を押すことも出来ない私が出来ることは、泣くことだけ……と嘆く椿ちゃんの姿がとても印象的でありました。そしてそんな椿ちゃんの肩にそっと手を添え、ゴメンと謝る鯉太郎。青春なんだかよくわかりませんが、わたしとしては痛く心に響いたっすねえ……。みんな真面目に生きている姿には、やっぱり感動しますなあ……。もうすっかりおっさんとなり果てたわたしには、非常につらいというか、まぶしいす。わたしに言えることはもう、ただ一つです。ホント『鮫島』は最高っすね! 以上。

↓ 最新(17)巻の書影キター! とうとう! 『鮫島』初の鯉太郎以外のカバーは【王虎】さんだ! ヤバイ! カッコイイ! 4月6日の発売日は、もちろん買いでお願いします!!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 まあ、なんつうか、いろいろ問題噴出? な日本相撲協会ですが、そっちの話題にはコメントしませんが、あくまで土俵で戦う男たちの話なんすけど、昨日の平成30年大相撲春場所4日目の時点で、わたしが愛してやまない松鳳山関が大変イイ感じで、負けなしの4連勝と、わたしとしては非常に嬉しく思っております。3日目のVS正代関との一番も良かったすねえ! わたしは出先で打合せ中だったのですが、「おっと、失礼、そろそろ出番なので……よーし、行けコラァ松鳳山! つうか合口悪いとかうるせーんだよ寺尾!(※解説が錣山親方だった) よし、よし、よし、よーーし! よっしゃああ! ふーーー……さて、先ほどの話ですが……」と打合せ先が勝手知ったる相手であったため、3分ほど中断してワンセグ観戦しておりました。そして何週間前かにここで書いた通り、逸ノ城関も遠藤関もイイすねえ! 二人とも1敗しちゃいましたが、まあ、そんな感じに毎日の大相撲春場所に興奮しているわたしであります。
 というわけで、まずは今週の週刊少年チャンピオン2018年16号概況です。
 ■巻頭グラビア:牧野真莉愛嬢。モー娘’18のお方だそうです。大変良いですな。
 ■弱虫ペダル:新開悠人の覚悟の巻。タイトル通りす。悠人、かっこいいぞ!
 ■刃牙道:罪の巻。これにて武蔵編終了なのでしょうか? 若干オチなしのような……。
 ■BEASTERS:君はぼっちのナイトの巻。レゴシ君も強くなったすね。ルイ先輩登場す!
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:歌うんだ!カラオケの鉄人たちの巻。のっけから笑ったすw
 ■昆虫武将チョウソカベ!:ダテとモウリと囚われの殿の巻。ダテさーーーん!

 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週は決着のついた運命の一番に、様々な人々の胸に去来する想いが描かれました。【王虎】さんは悔しくて、チッと舌打ちするほどなのに、鯉太郎に向けて「進め、この先へ」とエールらしきものを送り、鯉太郎もしっかりと「受け取った」と決意の言葉を返しました。そして一番感動的だったのが、かつて墓前で「俺は謝らんぞ」と言っていた虎城理事長が、「悪かったな、火竜」と謝罪を口にし、二人の息子たちに「ありがとうな」と涙を流して礼を述べるシーンでありました。そして一方の椿ちゃんは、鯉太郎がもう手の届かないところへ、たった一人で行ってしまったかのように思え、嬉しそうな鯉太郎を止められる訳がないと悲しさと切なさで涙するところで終わりました。
 そして今週からは「その後」のスタートです。実はわたしはもう今週号を最後まで読んでいるので、超・興奮しているのですが、順を追って見ていきましょう。今週も超ヤバイす!
 まずは国技館を背景に、「場内の騒めきがまだおさまりません!! 鮫島と王虎の一番の炎はそれだけ大きかったということでしょう!」というNHKアナの実況がかぶっています。そしてページをめくると、まずは【王虎】さんサイドの「その後」から始まります。全身に汗をかき、消耗した表情の【王虎】さん。この表情は、やっぱり言葉では表現できないすね……どんぐり君も「うわ…これがあの王虎の姿だなんて…」と目を見張っています。そんな【王虎】さんに、田上さんこと【稲虎】関が「お疲れ…」と声をかけます。
「星を落としたのは残念だが しかしまだ1敗だ…優勝の目がなくなったわけじゃない…」
 しかしそんな【稲虎】関に、【王虎】さんはズバリ答えます。
「フン…だからテメーは駄目なんだ稲虎…」
 ガビーン!な表情の田上さん。【王虎】さんは言葉を続けます。
「力を残すような取組を あのバカと出来ると思うか? 今場所はここで終わりだ…張っていた糸は完全に切れた…力は鮫島(アイツ)に全て置いてきた…」
 剣市くん、ホントにいい男に成長しましたねえ……素晴らしい一番でしたなあ……。そして描写は鯉太郎サイドに移ります。一人で「行って」しまった鯉太郎を、なんとも微妙な表情で迎える大器くん。その脇から、右腕を吊ったままの常松こと【松明】関が「鯉太郎さん」と駆けつけます。常よ、君も本当にデキル弟よなあ……なんかこういうところだけでも、かつてを知るだけに妙にグッと来てしまいますね……。
「大丈夫ですか!? 肩貸します! つかまってください!」
 そりゃあ、常からすれば、前日の【天雷】戦後の鯉太郎の様子を観てますからねえ……心配にもなりますなあ。つうかわたしも心配ですよ。しかし、今日の鯉太郎は、しっかりと立ち、常に応えます!
「いや…いい…」※口元のみ描写
「俺の中のもんと重なっちまったからよ…」※背中のみの描写
「許さねーんだ ここで崩れちまうことは…」※目元のみアップ!
「王虎(アイツ)がおいてった…ドンとしたもんが…」※1ページブチ抜きバストアップ!!
 この鯉太郎の表情は相当ヤバいす! カ、カッコイイ! そして凄惨な笑みだ! この表情に、常も大吉もゾクッと感じ、こ、これは!?な表情。そして大器くんは、なんてこった、的に目を伏せます。
「王虎…お前なら鮫島を止めることが出来ると思ったが…止めるどころか残酷にも背を押すのかよ…分かってたんだろ…それが出来るのは自分だけだって…」大器くんの悲しさ? つらさ? 切なさ? そして悔しさ? そんな様々な想いのこもった独白は、髪を直してもらいながら群がる記者たちを前にした王虎さんの絵を背景に、こう続きます。
「そして知ってたんだろ…もう次はないってコトも…」
 そしてそんな辛そうな表情の大器くんに、鯉太郎が声をかけました。
「コラ…石川…辛気臭ー顔してんじゃねーぞ 柄じゃないだろ…心配すんな…俺はどこも壊れちゃいねーよ…約束しただろ…お前も俺の中に…しっかり入っているからよ…」
 約束、それは今場所初日の二人の戦いの終わった土俵での「(お互い相撲に選ばれなかったけれど)お前は必ず、相撲を振り向かせろよ…」のアレです。そしてそれをきちんと果たそうとしてくれる親友。そんなことを、超イイ笑顔で言われたら、大器くんはもう、こう言うしかありません。
「バカヤローが…」
 背中姿しか描かれていませんが、大器くんは涙していると思われます。もうわたしも泣きそうです。泣いていいでしょうか……。ホント『鮫島』は最高っすわ……。
 そして描写は再び【王虎】さんへ。記者たちが群がってインタビューしようとしていますが、若い衆が、今はやめてくださいよ!と間に入っています。それでも、橋くんは【王虎】さんへ冷静に問いを発します。「大関の言っていた 時期が鮫島に来たと考えていいんでしょうか…?」この問いかけに、【王虎】さんは静かに答えます。
 王「今日の俺に勝つということは そうなのかもしれないな…」
 橋「では鮫島は 辿り着けると思っていいのですね…王虎(アナタ)という大きな点を超え 点を繋ぐ線の辿り着く先…泡影 勝てるんでしょうか…鮫島は…最強と言っていい時期を迎えている あの横綱に」
 王「泡影(アレ)は普通の精神では 決して触れるコトのない場所で生きるバケモノじみた何かだ… だから振り切れてねえ者は その強大さに引き込まれ 飲まれ…勝負師としても力士としても 終わる…」
 さあ皆さん! ここからが今週のクライマックスですよ!!! 心の準備はいいですか!? 描写は西の支度部屋、鯉太郎が風呂上りなのか、大吉に背中を拭いてもらっている様子に橋くんのセリフがかぶります。
 橋「だけど王虎関…今場所の鮫島は あきらかに振り切れている… 泡影に飲まれることなく 今も戦いを挑み続けている王虎(アナタ)のように…」
 ふ、と前を観る鯉太郎。そして【王虎】さんの横顔にこのセリフがかぶります。
 王「振り切れてるやつはまだいる…もしかしたら…俺よりもずっとな…」
 そしてページをめくると、鯉太郎の目の前に一人の男が立っています!!!! そしてその浴衣の肩には、なんてこった! ああ! とうとう!! 「」の一文字が!!!! 鯉太郎は「あんたは…」的な若干のキョトン顔だ!
 王「鮫島の流れの線上に残る大きな点が 泡影に辿り着くまでにまだあるということだ…」
 そしてその「猛」の浴衣の男が声を発します!
 「いつか必ずもう一度…回ってくると確信していたよ…あの時から…」
 あの時、それすなわち、『バチバチ』第1巻第1話です!!! わたしも確信してたよ!!!!
 橋「それは…」橋くん、きみは知らないだろうね……!
 王「虎城の 振り切れたもう一匹の虎…泡影の首に 一番近い場所にいるのは…」
 そして今週の最終ページは、あのお方の顔アップと黒ベタ白太文字でズドーーーンとこう書かれて終わりです。
 十三日目 鮫島ー猛虎
 やっばい!!!! ヤバすぎます!!! 来たよ、とうとうその日が!!! ヤッタ―――――!!! ついに、ついに【猛虎】さんキターーーー!!! 先生!!!! やっべええええ!!! はーーーどうしよう、嬉しすぎて失禁しそうです! 来たっすねえ……もうですね、実はわたしは今週号を今日のAM1時ごろに読んで眠気が吹っ飛んだわけですが、なんつーか……本当にもう言葉にならないす。マジ最高っすわ……とうとう来た【猛虎】先生との一番。鯉太郎には大きな借りのある【猛虎】先生。こいつはもう、盛り上がるなと言われても無理ですよ。ホントに『鮫島』は最高っす。佐藤先生、最終回間近かと心配してましたが、さらにこんなに興奮する展開を描いてくれて、本当にありがとうございます! こうなるとまた、あと一人は誰なんだ問題が再燃しますなあ……! なんつーか、もう今日はおそらく一日中ニヤニヤと妄想にふけりながら過ごすような気がします。いやーーーホントに最高ですわ……。興奮が収まらないす! 今回までが単行本(18)巻収録なはずなので、非常にキリのいい演出で、大変素晴らしかったすね。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 12日目:【王虎】東大関
 13日目:【猛虎】東大関←NEW!!!!!!! ヤバし!
 --------
 【王虎】東大関。12日目現在11勝1敗。鯉太郎に敗北!
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目の結果不明
 【天雷】東関脇。12日目現在9勝3敗に
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。66連勝中(11日目現在)。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週はもう、ラストにとんでもない興奮が待っていて、真夜中に読んだわたしは眠気が吹っ飛びました。ついに発表された十三日目の割、鯉太郎VS【猛虎】先生。夢の取組がついに現実のものとなりました。ヤッターーー!! しかしその興奮の前の、大器くんの想いや、それにこたえる鯉太郎の笑顔には本当に泣かされましたなあ……常も剣市くんも、かつてはとんでもない奴だったのに、ホントにイイ奴に成長して嬉しいすねえ。ただ、ここで【猛虎】先生との戦いはある意味順当だとしても、あと一人は誰なんだ問題が、ホントに謎になってきましたなあ。まあ、それはまたその時に、な、なんだってーーー!? と興奮することにして、まずは【猛虎】先生との一番を楽しみにしたいと存じます。なにしろ、【王虎】さんをして、「俺よりもずっと」振り切れているかも、と言わしめる【猛虎】先生。コイツはタダでは済まないでしょうなあ! ヤバいすねえ、ホント楽しみですなあ! はーーーホントに『鮫島』は最高ですね!! 以上。

↓ まずはコイツを読んでもらおうか! 話はそれからだ!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 いやあ、なんつうか、今年の初場所は、わたしとしては大いに熱くなりましたねえ! まず、何といっても【栃ノ心】関の平幕優勝はお見事でした。上位陣がイマイチ……という最大のチャンスを見事にモノにしましたなあ!
 わたしはですね、散々ここで書いている通り、【松鳳山】関が大好きで応援しているわけですが、【松鳳山】関の同期というとですね、この初場所では【錦木】関、怪我からとうとう帰ってきて初入幕の【竜電】関、そして【栃ノ心】関と4人活躍中なわけで(※2006年3月場所初土俵。【千代の国】関は同年5月場所初土俵なので教習所は同期なのかな?)、『鮫島』ファンならば、「同期」と聞けば当然なんかグッと気になる存在になるわけですよ。なので、14日目の、【栃ノ心】VS【松鳳山】の一番は、もうホントに血圧上がりましたわ……優勝のかかる【栃ノ心】関に勝たせてあげたい、けど、久々の二けた白星がかかる【松鳳山】関にも、もちろん勝ってほしい、みたいな、まさにもう、鯉太郎と石川大器くんや【天雷】や【王虎】さんの戦いのようにわたしには思えちゃったのです。いやあ、ホントに興奮しましたわ。
 しかし、【松鳳山】関の千秋楽の相手は、先週わたしがここで注目していると書いた新入幕の【阿炎】関だったわけですが、あの一番は勝って欲しかった……! 【阿炎】関のファンの方には申し訳ないのですが、あの勝負は勝って、顔じゃねーんだよ! と言って欲しかったすねえ……。というわけで、我が【松鳳山】関は9勝6敗で初場所を終え、4~5枚番付を上げられるかもしれないすな。そして千秋楽に【松鳳山】関を下した新入幕【阿炎】関は10勝5敗で見事に敢闘賞をゲット! 三賞インタビューでのガキっぽいVサインは若干イラッとしましたが、まあ実際ガキなので許しましょう。これからも精進していただきたいすね。
 はっ!? イカン、無駄にだらだら書きすぎた! それではまずは今週の週刊少年チャンピオン2018年第10号概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は『浦安』25周年祭りにつきどうやら紙雑誌版もナシ、みたいす。
 ■弱虫ペダル:仰ぎ見た空の巻。いやあ!もうわたしも「よっしゃ!」と声をあげそうになりました。手嶋さん! とうとう報われる日が来たね! 山岳賞おめでとう! 泣けたよ! そしてラストの田所さんにまた泣かされたよ……。
 ■刃牙道:おさらばの巻。おおっと、刃牙の反撃開始だ!
 ■囚人リク:対面の巻。いよいよ最終回まで今週入れて3話。長かったね、リク……。
 ■BEASTERS:ご挨拶冷えた口元燃える手にの巻。タイトルがいつも長い……単行本の板垣先生のあとがきによると、描き終わってからタイトルを決めるそうです。
 ■昆虫武将チョウソカベ!:殿はおイチの声を聞くの巻。シリアス展開が続きますが面白いす。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週はいよいよ始まった鯉太郎VS【王虎】さんの一番の序盤のぶつかり合いが描かれました。今のところ互角のように見えますが、頭と頭をぶつけ合う二人の熱い魂の雄たけびまでが先週は描かれました。今週はそこからの展開です。
 というわけで、今週のオープニングは額を合わせてギシッギシッと押し合う二人の顔アップから始まります。その押し合いの熱はすさまじく、土俵を見つめる田上さんこと【稲虎】関も「王虎(アイツ)があんなに汗を…」と驚くほどの熱量のようです。
 そして鯉太郎の目を見つめる【王虎】さんの脳裏には、鯉太郎への想いが去来します。もうこれ、愛の告白ですよ! 
 「そう…その目 そのクソムカツク目だ…俺を終わらせ…そして始まりとなった目…俺は強くあったぞ…分かるか鮫島…テメーがいつその眼でまた俺の前に現れてもいいように 俺は強くありつづけ待っていた…それを鮫島(テメー)は その目を他者に向け そして勝手に消えかかりやがって…だが誰もテメーについていけなかったんだろ…? 満足できなかったんだろ…? だからまだ土俵(ここ)にいるんだろ…俺に喰われるタメに…ここにいるんだろ…?」
 いやあ……ここの【王虎】さんの表情は、絶対にチャンピオンを買ってその目で確認してください。何とも嬉しそうじゃあありませんか!
 そして【王虎】さんはドッと前に出て鯉太郎を吹き飛ばします! がしかし! 鯉太郎も必死で踏みとどまる! そしてそこに、【王虎】さんの右ショルダーアタックが迫り……ボゴっという音とともに、鯉太郎の胸に王虎さんの右肩が炸裂! 血反吐を吐く鯉太郎、思わず膝がガクッと落ちたか!?
 そしてさらに! 狙いすましたかのような右張り手がアッパーのように下から鯉太郎の顎を直撃―――ッッッッ! コイツはえげつない、容赦ない攻撃! 土俵を見守るみんなにゾクッと悪寒が走る! そしてページをめくると、顎の浮いた鯉太郎にさらにショルダーアタックで追い打ちだ! 【王虎】さん、強ええ!!! 鯉太郎の骨や内臓が悲鳴を上げているぞ!
 しかし、左足を俵にかけ、何とか踏みとどまる鯉太郎は、まだ闘志満々の表情だ! そしてぐぐっと腰を沈め、体勢を整えて……これは! と大器くんも感じるように……高速張り手で応酬!
 白水兄貴「おお! チマゴリ殺法」
 大器くん「よし! そのまま…王虎の上体を起こせ…!」
 しかしページをめくると、そこには【王虎】さんの強烈な右張り手! 今度はフックです! 鯉太郎の顔の左側を強烈な衝撃が襲う! おお! なんと無慈悲! これは鯉太郎の鼓膜すらイッちまったかもしれないほどの強力な右フックが炸裂! 観客席からも「強ぇぇ…」「圧倒じゃん…」といった声が聞こえています。山崎さんも「破格だ…」とその圧倒的破壊神を評価。そして【王虎】さんは、どうやら怒っているようです!!
 「どうした…ナメてるのかテメーは…俺を誰だか忘れたか? 来いよ…何も残さねえほど もっとムキ出しで… テメーが欲しかった場所は ここだろ…」
 崩れ落ちそうな鯉太郎を見つめながら、【王虎】さんはさらに続けます。
 「燃やせ…もっと強烈に…テメーの生命(いのち)を…テメーが生命をかけるほどの 価値が…」
 そしてページをめくると、【王虎】さんが吠える!!!
 「俺にはあるぞ!! 鮫島!!!」
 ここの【王虎】さんの叫びはもう本当に熱くなりましたねえ! なお、正確に言うと、「俺にはあるぞ!!」までが心の中の独白であり、最後の「鮫島!!!」は本当に声に出して叫んだ描写になっております。こんな愛の告白めいた叫びは、当然鯉太郎にも届くわけで、再び鯉太郎の心臓は炎にまみれ、【王虎】さんの胸に強烈なブチカマシをお見舞いします。吹っ飛ぶ【王虎】さん。そんな光景にですね、観ている皆さんの心は様々に分かれるわけですよ……。
 「その…光景に…ある者は目をそむけ(=天雷関の描写)… ある者は奥歯を噛み(=大器くんの顔アップ)… その眼差しに映る 王虎(ソレ)に 嫉妬した…」
 というわけで、今週は鯉太郎と【王虎】さんの関係に、しょんぼりとうつむく椿ちゃんの図で幕でありました……。もうなんなんすかねえ……最高じゃあないですか、今週も! ラストの、椿ちゃんが思わず嫉妬してしまうような、最終ページの鯉太郎の表情も、ぜひチャンピオンで見ていただきたいと思います。いやあ、もうこの二人の間には入れない、という椿ちゃんのつらそうな表情がグッときますねえ……なんなんだよもう……まさか最終回が近いのでしょうか!? なんか本当にそんな空気に包まれていますが、最後の15日目まで、応援を続けたいと存じます!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 12日目:【王虎】東大関
 --------
 【王虎】東大関。11日目現在11勝0敗
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目の結果不明
 【天雷】東関脇 12日目現在9勝3敗に←New
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。66連勝中(11日目現在)。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は鯉太郎への【王虎】さんの熱い想いがあふれ、思わず「鮫島!!!」と叫んでしまった【王虎】さん。そしてその叫びに全力で応えようとする鯉太郎。もうこれは、いわゆるひとつの「愛」ってやつではないでしょうか。そりゃあ椿ちゃんも嫉妬しますよ。これで決まり手が首投げだったら大変なことになりますな。おっと、いかん、変に興奮してしまった……。しかしまあ、はーーー本当に今週も最高でした。この一番はどういう結末になるのか、本当に楽しみです! 以上。

↓ 何気に表紙に松鳳山関が! これは買いかも。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 なんだかもう、いろいろな事件?が起きる日本相撲協会ですが、まあ、わたしとしては土俵上の出来事以外にはコメントは差し控えたいと存じます。そして、現在絶賛開催中の初場所ですが、わたしが一番応援している松鳳山関は、昨日の11日目現在7勝4敗。ぐぬぬ……勝ち越しまであとひとつ、どうか頑張って勝ち越しておくれ……!
 ところで、わたしは今、今場所初入幕の東前頭14枚目、阿炎(あび)政虎関に大注目しております。何故かというとですね、去年、国技館へ観戦に行ったとき(当時は十両)に発見したのですが、この関取は、四股が超・美しいのです! 一度ぜひチェックしていただきたいのですが、阿炎関の四股は、足がまっすぐ伸びて、まさしく「シャキーーーンッ!」という効果音をつけたいような四股なのです。平成6年生まれだそうで、今年の誕生日でやっと24歳。体が柔らかいのでしょうな。あとは取り口がもっとガッツあふれる相撲になると、もっと応援したくなるのですが、どうも、若干あっさりしてるような……まあ、公式サイトの情報によると、身長187.0cmと長身な割に体重はまだ140.0kgと、たぶん幕内力士の中では軽い方だと思いますので、これからまだ体が幕内力士の体になる成長途上なんでしょうな。また立ち合いもやや腰が高いので、低重心でグッと踏ん張ってバーーッと行けば勝ち星も増えるような気がします。あと、ちょっと気に入らないのは、顔の表情が……もっと、殺気溢れる表情だといいのだが……とおっさんファンとしては思うすね。わたしの大好きな松鳳山関は、そのおっかない顔でもお馴染みです。
 イカン、余計なことを長々と……それでは、まずは今週の週刊チャンピオン2018年第9号概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は浅川梨奈嬢。このグラビアは最高すぎます。
 ■弱虫ペダル:先週告知のあった通り、今週はお休みです。今まで全く休みのなかった渡辺先生。ゆっくりお休みください。
 ■刃牙道:修行観の巻。刃牙の反撃開始か? 先が全く読めないす。
 ■囚人リク:何故の巻。最終回間近……。今週も鬼道院の顔芸炸裂です。
 ■BEASTERS:電流通う牙の列の巻。レゴシ君の捜査が続きます……。
 ■昆虫武将チョウソカベ!:殿とおイチの夫たちの巻。鬼柴田まで出てくるとは……!
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週はいよいよ鯉太郎VS【王虎】さんの宿命の戦いの幕が切って降ろされました。ハッキヨイからのファーストアタックは両者互角、二人ともに嬉しそうな表情を浮かべている様が描かれて先週は終わりましたが、今週は当然その続きです。
 というわけで、今週のオープニングはすぐさま追撃の2撃目です。立ち合いの時と同様、鯉太郎は頭から、【王虎】さんは右肩でドンとぶつかります。そしてまたも互角か!? いや!? 鯉太郎の顎が上がって吹っ飛ぶその時、【王虎】さんは渾身の右で張りに行ったーーー!! そしてボゴ!っと王虎さんの右ストレートが鯉太郎の顎にヒーーーッット! これはイッたか!?
 しかし鯉太郎は左足に力を込めて耐えきり、すかさず鯉太郎も渾身の右を返す! またもやボゴッと鯉太郎の右ストレートが【王虎】さんの顔の左側に炸裂! いいのが入ったぞ! これには石川君も虎城理事長も息をのんだ表情だ! そして両者、すこし距離が空いたのか、鯉太郎はグッと踏ん張り、ぶちかましの発射体制を整え、【王虎】さんはそれを右手で迎撃態勢をとり……両者発射だーーッ!
 おおっと!! しかし鯉太郎のぶちかましは右に変化、【王虎】さんの張りは空を切った! この変化には、【大山道】兄貴も、あれはオレの!的な表情! そして常松も「よしっ…横をとった…!!」と解説してくれます! しかし常松の解説はあてにならないことでおなじみです! 
 ああーーーっと! なんと横へ飛んだ鯉太郎の顔面を、【王虎】さんの左手ががっちりキャッチ! まるで、どこ行くんだコラァ!的なことを物語っているかような、血管の浮き上がる【王虎】さんの左手です! この【王虎】さんの動きに、バーキも「読んでやがった…」とゾッとした表情! 鯉太郎の顔面をつかんだ左手を、【王虎】さんはいともたやすくぶん投げます! 鯉太郎吹っ飛ぶ!
 しかし吹っ飛んだ鯉太郎はすぐさま体制を整え、ふたたびのぶちかましを発射! そして【王虎】さんも、上等だこの野郎!的表情です! するとめくったその先のページでは、来たあ! 鯉太郎のぶちかましを【王虎】さんは頭で受けたーーー!! ゴンとすごい音がしています! 頭には頭、これは天才【毘沙門】の対応と同じです! ハイリスク・ハイリターンな迎撃! お互い吹っ飛ぶ! そしてお互い、最高にうれしそうな笑みだ!
 鯉「そう……」
 虎「コレだ……」
 ここから先は、お互いが同じことを持っているのでしょう。二人の思いがつづられます。
 「心臓が破裂するまで 体が砕けるまで…脳が沸騰するまで…細胞が蒸発するまで…」
 そして再び頭と頭がゴンと音を立ててぶつかります!
 「己の…存在を…生き様を ぶちあてろ!!!」
 ここは見開きで素晴らしい二人の表情が描かれております!
 というわけで今週ラストは、頭をぶつけたままの体勢で、お互い「おおおおお」と雄たけびを上げるの図で終了でした。はーーーー……興奮したっすわ……これは時間にして10~20秒ぐらいでしょうか? 今のところは互角と言ってよさそうですが、果たしてどんな決着になるのか、もうドキドキが止まらないすねえ! やっぱり、鯉太郎は左前まわしを取り、そして【王虎】さんは小手に取り、投げの打ち合いになるんすかねえ……。はーーくそう、来週号が早く読みたい! つうかもう、最終回のクライマックスが近いようなテンションで、ホントにこのあと3番取れるのか心配です。どうなるんすかねえ……もう毎週ドキドキしながら鯉太郎の戦いを見守りたいと存じます。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 12日目:【王虎】東大関
 --------
 【王虎】東大関。11日目現在11勝0敗
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目の結果不明
 【天雷】東関脇 12日目現在9勝3敗に←New
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。66連勝中(11日目現在)。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、互角のファーストアタックからの展開が描かれ、張り合いから変化を交えた頭と頭のぶつかり合いという両者一歩も引かない状況でありました。まだお互いにまわしは取っておらず、組み合ってはいません。というわけで、序盤はまったくの互角。ここからどういう展開になるのか、超楽しみですなあ! 今すぐ来週号が読みたい!!! いやあ、ホントに鮫島は最高です! 以上。 

↓ ジャンプのこちらは最新刊で高校編完結、大相撲プロ編へ! TVアニメ化がうらやましい!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今日の東京は大変寒い雨の朝を迎えており、わたしは暑いのが苦手なので、今ぐらいのひんやりぐらいな気候の方が好きなわけですが、気温が25度とかを超えている日々だと、わたしはですね、便座の電源をオフにしているわけですよ。急な話ですが。で、ですね、今日の朝、よっこらせ、と便座に座ったらですね、その冷たさに思わず「ひゃんッ!?」とか、もう完全に不意打ちだったので、飛び上がるぐらいビクッ!としたわけです。すかさず電源オンにして、数秒でじんわりと温まってゆく便座に、ああ、日本って素晴らしいとか思ったわけですが、まあ要するにそれだけ寒くなってきましたなあ、という時候のご挨拶と、最近やけにこの『鮫島』ニュースは海外からのアクセスをいただいているようなので、海外にお住まいの方はこの電熱便座の恩恵にあずかっているのだろうか……とぼんやり思った次第です。はい。
 というわけで、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年47号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシです。紙雑誌版は欅坂の渡邉理佐嬢だそうです。
 ■弱虫ペダル:届いた震動の巻。いよいよ終盤、手嶋先輩最後の覚悟が発動しますよ!
 ■刃牙道:ガラス玉の巻。刃牙の準備も体の方は完了しているようですが……。
 ■BEASTERS:イブは林檎を食べたからの巻。いよいよ最初の食殺事件に戻るのかな。
 ■出陣!昆虫武将チョウソカベ:殿と魔王の巻。ついに第六天魔王様登場です!
 ■囚人リク:完璧の巻。P126とP130の表情の違いが凄いすw
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週、ついに決着のついたVS【天雷】戦。結果は鯉太郎の掬い投げによる勝利で、これで鯉太郎は負けなしの11連勝となりましたが、その一方で、【天雷】は鯉太郎が「その先」へ行ってしまうことを止められず、一人で踏み込んでゆく孤独について行ってやれない自分に涙を流したわけです。そして鯉太郎も、勝利したとはいえ体はもうボロボロ、花道で肩を貸した石川くんも、その、もう終わりが近いという状態に気付いてしまった所までが描かれました。
 今週は、ある男の支度部屋の様子から始まります。
 ある男―――それは【王虎】さんです。付け人が【王虎】さんに、そろそろ、と声をかけ、鯉太郎の様子も【王虎】さんに伝えます。「ちなみに鮫島は…まだ診療所でブッ倒れてるみたいです…」
 それを聞いた【王虎】さんの表情がヤバいすよ。ほぼ1ページブチ抜きに近い大ゴマでつぶやきます。「チッ…失望させる…」
 なんすかもう! のっけからやけにカッコイイすねえ! そして場面はまさしく「ブッ倒れている」鯉太郎を常松や豆助、大吉たちが看護している様子に移ります。こりゃあ、本当にもうヤバいじゃあ済まないのでは……どうも脱水&熱まで出ている模様です。
 そして、客席では椿ちゃんが悲しそうな表情でうつむいています。脳裏に再現されるのは、セクシー女医でお馴染みの美和子先生のあの一言。「彼の体は…もう限界だと思う…よく見ててあげて…手遅れにならないように…」
 そんな、しょんぼりした椿ちゃんの元に、石川大器くんがやってきましたよ! 君は本当に、気が利く青年ですなあ! ちょっと顔貸してくれるか……? と連れ出す大器くん。
 しかし場面は土俵上に戻ります。結び前、【王虎】さんVS非情の【百雲】関の一番です。場内大歓声。NHKアナは虎城理事長に話を振ります。この一番どうですか、と。理事長は、今の【王虎】は心身ともに充実している、けれど、そういう時こそわずかな隙が生まれるかもしれない、結局は、「百雲は己を貫き王虎に侵食できるかどうか…互いの思想…イデオロギーの強さが勝敗を分けるかもしれませんな…」ということらしいです。となると……VS常松戦で見せた通り、【百雲】関はすべてを捨ててでも、非情をもって横綱を倒すという覚悟がもう既に完了しているわけですが、果たして【王虎】さんに通用するのでしょうか……。なんというか、【王虎】さんは、【天雷】のいう「孤独」に、とっくに足を踏み入れて、一人で横綱【泡影】への道=相撲そのものの道、を切り開いているような気がします……。この取組もやっぱり大注目ですなあ!
 そして描写は、国技館の外に出た椿ちゃんと大器くんに移ります。大器くんは、さっき鯉太郎に肩を貸したときに気づいたことを、椿ちゃんに伝えます。どうもあれは、あまりにも自分と同じ、すなわち「慢性外傷性脳症」かもしれねえ、と。今、Wikiで初めて知りましたが、いわゆるボクシングの「パンチドランカー」として我々が知っているこの症状は、死後の脳の病理学的検査でしか診断することができないんだそうです。ともあれ、椿ちゃんは大ショック。あんなに相撲に一途で、あんなに相撲が大好きな奴なのに、なんで、どうしたらいいの……と悲観に暮れるしかありません。大器くんは言います。アイツのことだから、きっと誰にも言わない、たとえ兄弟弟子や親方にも。そして何より、今、鯉太郎がそういう体の変調があったとしても、自分から止まることはないだろう、なぜなら、今の鯉太郎の相撲は、「一番一番良く…いや……えげつねーほど 凄くなってる…」のだから、と。この先、大器くんの長い独白が続きますが、泣けるので引用します。
 「俺には…鮫島がいた…だからここで止まることが出来た… アイツも土俵なら止まれる力士がいるかもしれねえ…でもよ…椿ちゃん…君なら土俵の外から 唯一鮫島を止められるんじゃねーかな…(略) アイツ アホだろ…もし俺と同じなら多分1人で抱えてると思うんだ…なっさけねーけど…俺には何もできねーから…もう土俵を降りちまった俺には…止めてやることも隣に立ってやることも出来ねーから…ダチなのに…だから椿ちゃん…悪ーけど…本当…なっさけねーけど 頼むわ…鮫島を…孤独に突っ走らせないでくれ…頼む…」
 まあ、つまり大器くんも【天雷】同様の気持ちなわけですが、しかし仮に椿ちゃんが止めても、鯉太郎は止まらないでしょうし、そもそも、椿ちゃんも最終的には行ってらっしゃいと送り出すような気がしますね……これは来週以降が大変楽しみ? というか、気がかりですなあ……。
 さて、土俵上では、時間いっぱい、いよいよハッキョイ直前です。場内は、【百雲】関へのひどいブーイングが響いています。しかしそんな中でも【百雲】関はいつも通り、フン…とお構いなし。そんな【百雲】関へ、【王虎】さんが声をかけて今週は終わります。
 「おい……つまらねー相撲取るんじゃねーぞ…俺は今…」
 そしてページをめくると! 1ページブチ抜きの【王虎】さんが!
 「機嫌が悪い……」
 やっばい!! 【王虎】さんが激怒してます!! そしておっそろしくカッコイイ!! さんざん悪党だった【王虎】のくせに!! 【王虎】さんが何に対して怒っているのか、それは恐らくは鯉太郎に対してでありましょう。「相撲に選ばれた」【王虎】さんにしてみれば、「天雷との取組ぐれーでへばってんじゃねえよ、アホが!」ぐらいな気持ちなのかもしれません。【王虎】さんにとっては、鯉太郎はラスボス横綱【泡影】への重要なアイテム、これを取らないと【王虎】さんの考える相撲道はエンディングを迎えられないということでしょうか。まさしく修羅道ですなあ……! この怒れる【王虎】さんに、【百雲】関の”非情”は通じるのか!? わたしとしては、久しぶりに凶悪【王虎】さんの相手の腕をへし折る勢いの小手投げが見たいすねえ! 来週がもう楽しみでならないす! 
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。   
 今週からは「その後」が始まりましたが、描かれたのは2つ、ひとつは【天雷】に勝利はしたもののブッ倒れた鯉太郎を心配する石川大器くんが、椿ちゃんに想いを託し、縋る姿です。悲痛ですなあ……。そしてもう一つは、【王虎】さんの怒り、でありました。果たして椿ちゃんは鯉太郎を止められるのか、そもそも止めようとするのか、そして怒れる【王虎】さんは、その怒りを半ば八つ当たり的に【百雲】関にぶつけ、あっさり勝つのか、それとも【百雲】関の”非情”が隙をつくのか、と大変ドキドキな展開であります。恐らくは、椿ちゃんとともに、師匠である【仁王】兄貴こと現・空流親方も、当然事態を察しているでしょうから、ひょっとしたら鯉太郎へ「どうすんだ?」が発令される事態もあり得るのかもしれません。しかし、椿ちゃんでも、親方でも、鯉太郎を止められないでしょうなあ。止められたら物語終わっちゃうし。椿ちゃんや大器くん、そして常松や白水兄貴、親方といった部屋の家族たちの想いを、鯉太郎はどう受け止め、さらに「その先」へ征こうとするのか。そこがどうやら一番のポイントになりそうですなあ。はあ……どういう形で完結を迎えるにせよ、泣くしかないすねえ……。最後まで、応援したいと存じます。以上。

↓ やっぱり、どうしても矢吹丈が重なりますなあ……全巻まとめ買いするか……映像も最高す。「好きなのよ矢吹くん!あなたが!」という葉子お嬢様の声が脳裏に響きます。。。

劇場版 あしたのジョー2 [Blu-ray]
あおい輝彦
バンダイビジュアル
2016-07-22

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 今週は体育の日の休日から、ずっとせっせと『弱虫ペダル』の(1)巻から最新話までを読んでいたのですが、もう何度目になるか分からないですけど、ホントに何度読んでも面白いですなあ。やっぱりインターハイの1年目、2年目ともに、3日目になってスプリンターが仕事を終えて下がっていくところは何度読んでも泣けますね。鳴子くんのセリフにある通り、「クソカッコエエッス!!」てやつです。鳴子くん自身もカッコイイですけど。そして現実の自転車ロードレースの世界は、先日ロード世界選手権が行われ、人気者のピーター(ペテル)・サガン選手が前人未到の3連覇を達成し、来年も一年間「アルカンシェル」(=世界王者のみが着用することを許される「虹色ジャージ」)を着ることになりました。5週前の『ペダル』で、泉田君の左上脚筋の名前として挙がった「ペテル」のことっすね。というわけで、現実世界のロードレースはほぼシーズンオフに突入、残りは2週間後のジャパンカップぐらいなわけですが、なんと今年のジャパンカップには、わたしがずっと応援してきて今年で引退を表明しているアルベルト・コンタドール選手が来日するそうで、マジで会場の宇都宮に行こうか超悩み中のわたしであります。
 というわけで、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年46号概況です。今年も残り僅かになってきましたなあ。
 ■巻頭グラビア:牧野真莉愛嬢。モー娘。の方だそうです。大変極上です。
 ■弱虫ペダル:総北の旗の巻。ヤバいす。手嶋先輩の最後の雄姿にまた泣きそうす。
 ■刃牙道:原始人とサムライの巻。武蔵とピクルの語らいです。言葉はないですが。
 ■BEASTERS:細い煙に耳澄ませの巻。おおっと!新キャラ登場ですよ!!しかも蛇!
 ■囚人リク:攻防の巻。今週も基本的に「イヤー」「グワー」的展開でした。
 ■東京野球少女百景:読み切りです。以前も短期集中(だっけ?)で登場された水森崇史先生の短編ですが、大変イイですな。Twitterで大人気なんですと。へえ~。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週ラストはとうとう決着のついたVS【天雷】戦。今週は、その結末に静まり返る国技館の様子から始まります。誰もが息をのみ、静まり返り客席。椿ちゃんも、大器くんも、常や【白水】さん、虎城理事長、皆があっけにとられるというか、呆然とする中、【王虎】さんは若干大きめのコマで、フン……的な表情。そしてNHKアナの絶叫をきっかけに、場内は再び割れんばかりの歓声が上がります。「勝負あり―――!! 勝ったのは鮫島―――!!」
 そしてNHKアナと、虎城理事長の解説が続きます。
 「渾身の力で合掌捻りにいった天雷! 勝負あったかに思えた刹那 これ以上ないタイミングで鮫島が掬い投げ――!」
「その体格差から天雷は確実に潰しに行きました…しかし鮫島はそれを気迫だけで押し返した…天雷の敗因は一気に勝負を決めにかかった投げ…そして鮫島の勝因は天雷にそうしむけたということでしょうな…壊れてもいいという覚悟で…」
 合掌捻り……聞いたことのある決まり手だと思って、思わずググってみると、そうでした、かのウルフマンの必殺技の一つでしたね……。しかしこの理事長の解説を聞くと、じゃあ、【天雷】はあのサバ折りめいた締めでそのまま鯉太郎に膝を付かせようとしていれば勝てたかも、そしてそうせずに、投げを打たせたのは、必死の抵抗によって、【天雷】に、分かった、もう俺が終わらせてやる、と思わせた鯉太郎の「壊れてもいいという覚悟」の上での作戦ってことなんでしょうか? でもまあ、それは結果論で、鯉太郎が意識してやったことではないでしょう。鯉太郎が意識していたのは、ただ全てをぶつけることだけ、だと思います。
 そして敗れてしまった【天雷】は、涙を流します。何故か? それはおそらく、「悲しいから」だとわたしは受け取りました。【天雷】の心の独白をちょっと聞いてみましょう。
「出来ないんだよ…頭でどんなに理解しても…鮫島…お前のようには普通…出来ないんだ…クソ…言いたくないが…思いたくないが…どうしても頭に浮かんでしまう…お前は…異常だ…そうやってお前はずっと…土俵(ここ)で1人でずっと…すまない…俺はお前の隣に立ってやれなかった…すまない…オレにお前を止めてやれる力がなくて…すまない…孤独にさせてしまって…すまない…」
 この何とも悲し気な独白の間、描かれるのは、鯉太郎が半ば意識を失いつつある表情で、ゆっくり、ゆっくり、ようやく立ち上がり、【天雷】に背を向けて、土俵の西へ戻る、という、なんというか非常に孤独を感じさせる姿です。勝ったのに、そこには何の歓喜もないような、ひどく胸に来る絵ですよ。そんな、ひとりぼっちの鯉太郎に抱く【天雷】の悲しみが、わたしの胸にも響きます! これは泣けますなあ……! ここが今週のクライマックスと言ってもいいように思えます。
 そして場面は再び歓声に沸く場内とNHKアナの実況が描写されます。「下がる天雷の目に涙が見えます それだけ天雷もこの同期戦に思い入れがあったのでしょう!」当たり前だ! でも天雷の涙はもっといろいろなもんが溢れてるっつーの! 余人にはわからないものなんすよ! そして優勝も見えてきた鮫島、という実況に、こっ…こっ…こっ…こりゃああるぞおい…もしかしたらもしかするぞ…と空流後援会の皆さんも大興奮、椿ちゃんに話を振りますが……椿ちゃんは涙をたたえてつぶやきます。
「いえ…何か…何か凄く残酷に見えて…」
 そして花道を引き揚げる鯉太郎。石川大器くんが「オウ…いい取組だったぜ…鮫島…」と声をかけますが、当の鯉太郎は意識朦朧。大器くんはとっさに、こ、これはと事態の深刻さを悟ります。多くの記者たちが鯉太郎を囲んでインタビューをはじめようとしますが、すかさず大器くんは鯉太郎に肩を貸し、わりーけど…後にしてやってくれよ…と鯉太郎を抱えて引き揚げます。そしてようやく大器くんに気が付く鯉太郎。大器くんは努めて明るく言います。
「バカヤローが…俺の張りパクりやがって…でも甘ーな…俺なら一撃で決めてたぜ…」
「うるせー…」
「ハハッ…んな口が利ければ大丈夫だな…」
「そう言う石川(オマエ)は…今日…勝ったのかよ…」
 な、なんつった鯉太郎、お前……!? わたしはそう思い、大器くんもそんな表情です。おい、鯉太郎、お前……!? 大吉も困惑の表情で、なっ何言ってんですか、飛天翔関は引退したじゃないですか、とフォロー。それにも鯉太郎は「……あぁ…そうだっけ…」と分かっているのかいないのか、ぼんやりとした返事のみ。そして大器くんは気が付きます。抱える鯉太郎の右手が、カタカタカタと震えていることに……。まさか、という表情で大器くんは「鮫……島…お前……」とつぶやいて今週は終了、でありました。
 ああ……こりゃあマズイ、こりゃあマズイっすよ……。わたし、実は今週号は今日のAM01:20頃に読んだのですが、その後寝ても、なんか『鮫島』の夢を見ちゃったぐらいす。よく覚えてませんが。本当なら、果たして鯉太郎の次の相手は誰なんすかねえ! と無邪気に盛り上がるつもりでしたが、こりゃあマズイなあ……はあ……あとまだ4番残っているのですが、果たして鯉太郎は持つのでしょうか? まだきっと確実に【猛虎】さんと【王虎】さんとの取組もあるはずだし、そして相撲そのものを体現する横綱【泡影】との闘いもきっとあるはずで、これは……ほんとヤバいすなあ……【天雷】はきっと、そんな修羅道を一人行く鯉太郎の孤独に涙したわけで、わたしももう泣けてきます。おそらく、来週からちょっと「その後」と、「王虎VS百雲」も描かれると思いますが、わたしは今日明日あさってぐらい、後先を考えずすべてをぶつけて戦う男の孤独について、思いを寄せたいと存じます。つらい……。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。 
 今週は勝利確定後の【天雷】の感じた鯉太郎の孤独とそれに寄り添えなかった自分への哀しみが涙をもって描かれ、一方では、石川くんに抱えられて花道を下がる鯉太郎の異常な事態に、石川くんが気付いてハッとするところまでが描かれました。完全に物語は破滅へ向かっているように思えますが、それは破滅なのか、それとも―――というこの作品の根源にあるテーマに直結しているわけで、如何にして佐藤タカヒロ先生がこの先を描いてくれるのか、今後も毎週楽しみに待ちたいと存じます。もはやきっと、椿ちゃんがどんなに止めても鯉太郎は止められないだろうし、椿ちゃんも止めないかもしれません。鯉太郎はその代償に何を得るのか―――もう、わたしの中ではこの『鮫島、最後の十五日』は現段階ですでに名作判定されていますが、ラストは泣くしかないでしょうな。つーかもう泣きそうです。むしろ泣いてます! 以上。

↓ 全く関係ありませんが、「アルカンシェル」とはこういうものです。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 すみません! 昨日少しやり残した仕事をAM6:40からしていたら、いつの間にかこんな時間に! 更新が遅くなってしまって申し訳ありません! やっちまったー! ごめんなさい!
 というわけで、さっさと進行しましょう。まずは、今週の週刊少年チャンピオン2017年45号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙版はAKBの入山杏奈嬢だそうです。
 ■弱虫ペダル:手嶋のオーダーの巻。坂道くんをどう使うかの作戦です。
 ■刃牙道:屠り去るの巻。いよいよ刃牙がマジす。そして武蔵meetsピクルagain!
 ■BEASTERS:強鼠なので猫を噛むの巻。おっと、とうとう第1話のあの犯人登場か!?
 ■囚人リク:一番の巻。基本的に「イヤー」「グワー」的流れです。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:ウッキーライフ・タマちゃんホームの巻。今週も腹を抱えて笑いました。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先々週ラストで覚醒したと思われた【天雷】でしたが、先週は鯉太郎の「先が見えている」動き、それはまさに横綱【泡影】のように、次々と【天雷】の動きに先んじて攻撃を仕掛ける展開が描かれ、ラストではとうとう鯉太郎がうおお!と渾身の力で押すも、【天雷】の”怪力”がついに発動、がっちりと鯉太郎を不完全な体勢ながらベアハッグ、相撲で言うところのサバ折り的な体勢でとらえるシーンで終わりました。しかし、わたしは先週書きそびれていたんですが……鯉太郎は、どうも体勢的に、得意の「左下手」を取っているようにも見えていました。今週はそこからです。
 今週の冒頭は、NHKアナの、「つっ…掴まえたーーー!」という絶叫と、常松の「あぁ そんな…」という蒼白な顔、そして、虎城理事長の「鮫島の読みを力で断ち切ったか…天雷…」というゴクリ、な表情で幕を開けます。
 そしてページをめくると、【天雷】のすさまじい表情です。
 「ここがゴールだ…鮫島…最後に…俺の全てを…ありったけをお前に…」
 もちろんメキメキベキベキと嫌な音がしています。”怪力”が炸裂、そして次のページは1枚ブチ抜きの凄い絵ですよ! 【天雷】ががっちりホールドした状態で、上から圧し掛かり、鯉太郎を押しつぶそうと渾身の力を込めている迫力の一枚絵です! わたし、昨日検索して初めて知ったのですが、いわゆる「サバ折り」という決まり手は、まさしくこの【天雷】のように、両手を回して締め上げつつ、そのままのしかかって、相手の「膝」を土俵に付かせる決まり手なんですね。コイツはヤバい! そして痛そう! 鯉太郎も声なき絶叫をあげているようです! やばし!
 この熱戦を観ている石川くんも、まずいぞ的表情、そして椿ちゃんはもう土俵を見ていられず、必死に祈るような表情です。
 しかし! 来た! 左下手をホールドする鯉太郎がなんとか【天雷】を押し戻し始めた! ここはほぼ見開きで描かれています。全力で抵抗する鯉太郎に、一同マジかよ!?的表情です。【天雷】も、もう全力を出している表情ですが、脳裏ではこう考えています。
 「もういい…もう…もう削れるな…止まれ…削るな…なぜそこまで…なぜ…本当に…終わってしまうぞ…」
 そして描写は、「ぐしゃ」という音やブチブチゴキゴキッという不吉な音が表現されており、読者としてももう、鯉太郎お前死んじまう! と心配なぐらい。しかし、【天雷】は鯉太郎がこう言っていたことを思い出しました。
 「何も…何も残す気はない…」
 その鯉太郎の言葉を思い出した【天雷】は、このことか、まさに鯉太郎は本当に、マジでそう思っているんだ! と気付きハッとします。そして場内は、鯉太郎の必死の抵抗に万雷の拍手。すべてを理解した【天雷】は、ああ、なんと! なんと【天雷】は涙を流しました! わたしも泣きそうです!
 「わかった…もう…もう…俺が終わらせる…」
 そして決意の表情で、両腕をホールドしたまま鯉太郎をぶん投げる【天雷】の図! が、見開き1枚絵で描かれます。OH! MY! これはいっちまったかーーー!?
 しかしです!! 次のページは、まるで時間が静止したような静かな風景です。【天雷】はまるでスローモーションのように、鯉太郎の顔を見ます。そして鯉太郎は、とても静かに、無心の表情でつぶやきます。
 「ここ…」
 そして! なんと! 左足一本で耐えていた体を、左足一本で立て直し、もろ差し気味に【天雷】を抱え込んで……投げ返した――――ーーーーー!!!!!!! この投げ返しによって完全に【天雷】がひっくり返っているの図も、超迫力の見開き1枚絵です。やった……やりおった――――!!!
 今週ラストページは、【天雷】を土俵にたたきつける鯉太郎と、その熱戦が行われている国技館のショットで終わりました。はーーーーヤッバイす。もう途中で息を止めてたんじゃないかと言うぐらい、ラストページで、ぷはあと息をつきました。一体何が起きたのか、おそらくは来週以降語られると思いますが、全力で投げに行った【天雷】を、仏壇返しめいた投げ技で大逆転、鯉太郎の11日目の勝利は確定です! はーーー。こういう結末か……いやはや、わたしはまだ興奮で呆然としていますが、これはもう、来週以降の解説を待ちましょう。きっと虎城理事長や鯉太郎本人、そして【天雷】も語ってくれることだと思いますので、来週を楽しみに待ちたいと思います。【王虎】さんも何かコメントしてくれるかもしれないすね。はーーー興奮したわ……。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、わたしは全く予想してませんでしたが、ついにVS【天雷】の一番に決着がついてしまいました。まさかの大逆転、仏壇返しかどうかはわたしにはちょっと判定できませんが、まさしく石垣のように堅牢な【天雷】をひっくり返してしまいました! ただし、鯉太郎はその勝利と引き換えに、相当な代償を体で払っているものと思われます。まずは来週以降の、勝負の解説と、そして、鯉太郎の負った肉体的ダメージの状態をドキドキしながら待ちたいと思います。いやあ、こういう結末とは……とにかく読んでいて、わたしはホントに息を止めてたようです。それほど興奮というか、力んでいたようで、まだなんか整理がつきません。いやー、ほんとに『鮫島』は最高ですね! 以上。

↓ 今月のチャンピオンコミックス新刊はこれを買います。


↑このページのトップヘ