タグ:沙央くらま

 今日から仕事始めの会社も多いと思うが、わたしの会社は明日からである。というのも、ホントは今日からにしようと思ったのだが、今日、1月4日は、うっかり愛する宝塚歌劇のチケットが幸運なことに宝塚友の会の抽選で当選してしまったため、今日は休みとして、2018年最初の宝塚歌劇を観劇してきたのであります。
 というわけで、現在日比谷の東京宝塚劇場で絶賛上演中なのは、雪組公演『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYGER―希望の海へ―』というミュージカルとレビューショーの2本立てである。本公演は、新たなる雪組TOPコンビの大劇場お披露目公演であり、かつ、現役最強の歌ウマと言われる望海風斗さん(以下:だいもん)と、これまた歌ウマな真彩希帆ちゃん(以下:まあやちゃん)の二人にふさわしく、かの元・宙組TOPスター和央ようかさんの旦那としてもおなじみのフランク・ワイルドホーン氏の楽曲による作品で、わたしはもう、今日は大変に期待して日比谷に向かったのであった。
 わかりやすく言うとわたしの脳内では、最強歌ウマ(だいもん+まあやちゃん)×ワイルドホーン氏の楽曲=超最高に決まってるじゃねえか! という計算式が成立していたわけです。そして観終わった今言えることは、この事前のわたしの計算に間違いはなく、全て計算通り! な素晴らしい作品で、大いに楽しめたのでありました。いやあ、ホント、だいもんの歌ウマぶりはもう分かり切っていることであったが、まあやちゃんがこれほどまでに歌えるとは、ちょっと想像以上でわたしは大満足であります。あんなにちびっ子(※公式では164cmなのでそれほどちびっ子ではない)で超華奢なのに(ウエストの細さが普通の人の首ぐらいしかない!)、真彩ちゃんにはホントやられたというか、現在の娘役TOPとしては、もちろんナンバーワンは月組のちゃぴちゃんであることは揺るがないとは思うけれど、歌だけに限っては、まあやちゃんはちゃぴに比類する凄い娘役であるとわたしの中で認識を新たにする必要がありそうだ。それほど、素晴らしかったです。 
 その実力のほどは、↑この動画でも明らかであろうと思う。これはマジで生で観た方がいいすね! 本作は、久しぶり? に歌率の高い作品で、数多くの歌を味わえる作品であった。
 まずは、作品について触れる前に、去年後半からかなり顔ぶれの変わった各組のTOPスター及びTOP娘役など、備忘録としてまとめておこうと思う。今現在、宝塚歌劇の各組は、以下のような陣容となっている。
TOPスター TOP娘役 2番手スター、主な新公主演経験者、
わたしの注目する娘役
花組 明日海りお
(みりお・89期)
月→花
2014年5月~
最強ビジュアル
仙名彩世
(ゆきちゃん・94期)
すっと花
2017年2月~
柚香光/95期/かれー/ずっと花/新公主演3回
瀬戸かずや/90期/あきら/ずっと花/新公主演1回

月組 珠城りょう
(たまきち・94期)
ずっと月
2016年9月~
最年少プリンス
愛希れいか
(ちゃぴ・95期)
ずっと月
2012年4月~
最強プリンセス
美弥るりか/89期/みやちゃん/星→月/新公主演1回
月城かなと/95期/れいこさん/雪→月/新公主演3回
暁千星/98期/ありちゃん/ずっと月/新公主演3回
海乃美月/97期/うみちゃん/ずっと月/新公ヒロイン3回
雪組 望海風斗
(だいもん・89期)
花→雪
2017年7月~
最強歌ウマ
真彩希帆
(まあやちゃん・98期)
花→星→雪
初舞台は月、組周りで宙も経験ありで全組制覇と珍しい歌ウマ娘
2017年7月~
彩風咲奈/93期/さき/ずっと雪/新公主演5回
朝美絢/95期/あーさ/月→雪/新公主演2回
永久輝せあ/97期/ひとこ/ずっと雪/新公主演4回
綾凰華/98期/あやな/星→雪/新公主演1回
星組 紅ゆずる
(紅子先輩・88期)
ずっと星
2016年11月~
意外と泣かせる最強コメディエンヌ
綺咲愛里
(あーちゃん・96期)
ずっと星
2016年11月~
意外な低音ボイスがイイ
礼真琴/95期/こっちん/ずっと星/新公主演3回
 ※わたしが一番応援しているお方。超歌ウマ。
七海ひろき/89期/かい/宙→星/新公主演1回
天華えま/98期/ぴーすけ/ずっと星/新公主演2回
極美慎/100期/きわみしん/ずっと星/新公主演1回
 ※今の星組若手でわたしのイチ推し。
星蘭ひとみ/101期/せーらちゃん/新公ヒロイン1回
宙組 真風涼帆
(ゆりか・92期)
星→宙
2017年11月~
長身の御曹司
星風まどか
(まどちん・100期)
ずっと宙
2017年11月~
芹香斗亜/93期/キキ/ちゃん星→花→宙/新公主演4回
愛月ひかる/93期/あいちゃん/ずっと宙/新公主演4回
蒼羽りく/93期/りく/ずっと宙/新公主演3回
桜木みなと/95期/ずんちゃん/ずっと宙/新公主演2回
 とまあこんな感じだと思う。わたしは星組イチ押しなわけだが、各組ともに2番手3番手ぐらいまで充実してきましたな。そして今回わたしが大絶賛しているまあやちゃんは、2年チョイ? わが星組にも所属していたことがあって、歌ウマであることは知っていたけれど、とにかく今回のヒロインは素晴らしかったと思う。
 というわけで、本作『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』だが、物語は宝塚の様々な作品に登場するロベスピエール閣下の栄光と挫折を描くもので、あの革命に燃えていた正義の男が、如何にして世界史史上最初のテロリスト=恐怖政治家になったのか? という物語だ。
 ロベスピエールと言えば、革命を指導する正義サイドに描かれたり、恐怖政治によって人々を処刑しまくる悪役サイドのボスとして描かれたり、作品の視点によってさまざまなわけだが、彼自身を主人公とする物語は今回が初めてではなかろうか。いずれにせよ、革命初期と後半ではかなり人物像に違いがあるのは間違いなく、その、いわば「ダークサイドに堕ちる」きっかけが本作で一番のキーになるのだろうとわたしは想像していたわけだが、本作では、その陰にタレーランをはじめとする陰謀めいた動きがあったという解釈となっている。
 タレーランと言えば、LEGEND柚希礼音さん(以下:ちえちゃん)主演の『ナポレオン』において、北翔海莉さん(以下:みっちゃん)が演じた、あの杖を突いている足の悪い外務大臣のことで、どうやら歴史上はタレーランは本作の舞台となる1793年から1794年にはイギリスに亡命して(その後アメリカに渡って)いたのでフランスにいたことはないはずだが(フランスに帰国したのは1796年)、どうやら本作では、実はタレーランの陰謀が、という物語になっている。わたし的にはもう、ちえちゃんナポレオンでのみっちゃんが超素晴らしかったので、悪役とは思いたくないのだが、今回のタレーランは悪い人でしたねえ! まあ、こういう歴史の誤用は、フィクションとしては十分アリ、だとわたしは思った。
 というわけで、またフランス革命について書きだすと超長くなるのでやめておきます。以前『スカーレット・ピンパーネル』の時に書いた長い記事はこちらですので、興味があればどうぞ。まあ、宝塚作品では様々に取り上げられる事件なので、一度整理しておくと物語がもっと面白くなると思いますよ。
 で。とにかく本作では、だいもん&まあやちゃんの歌ウマコンビによる素晴らしい曲が堪能できるわけだが、この二人以外でわたしがグッと来たジェンヌを以下列挙しておこう。
 まずは、礼儀として、本作で退団を発表されている専科の沙央くらまさん(以下:こまちゃん)を挙げねばなるまい。わたしは2010年から宝塚歌劇を嗜むようになったわけだが、こまちゃんとの最初の出会いは、2011年の雪組版『ロミオとジュリエット』だったと思う。あの作品で、ジュリエットの乳母を演じたこまちゃんがやけに目立っていて、以来ずっと顔と名前の一致するジェンヌの一人だったのだが、とうとう退団の時が来てしまった。乳母の「ロミオなんざ、パリス伯爵に比べたら雑巾ですよ!」という台詞がわたしには忘れられないす。今回のこまちゃんは、ミュージカルでもソロがあったし、ショーの方でも明確なソロパートがあって、送り出す的雰囲気もあってとても嬉しかったす。一番長く過ごした雪組で卒業を迎えられて、ホント良かったと思った。
 次は、本公演から雪組大劇場デビューとなった、月組からやってきた美貌のあーさ、こと朝美絢さんだ。やっぱりこの人は美しい、ホント美人ですな。ソロ曲もあったと思います(確か)。わたしはあーさに、1度はムラで、1度は日比谷でばったり出会ったことがあるけれど、何というか、顔の造詣が超整っているというか、何度も言いますが美人ですよ。サングラスしてても一発で、あっ!あーさだ!と分かるレベルでしたな。入れ替わりで雪から月へ移動したれいこさんこと月城かなとさんも美人ですが、わたしの好みとしては実はあーさの方が上です。今後のあーさの雪組での活躍に期待したいですな。歌もかなり良くなって、大変素晴らしいジェンヌだと思いますね。今回演じた役柄は、フランス革命では重要人物のサン=ジュスト。あ、本人も美貌だったんだ。そりゃあ―さにピッタリですな!
 次は、とうとう雪組の2番羽を背負うに至った彩風咲奈さん(以下:さきさん)だ。応援されている皆さんは、今回の2番羽を背負って大階段を下りてくるさきさんの姿に感無量でしたでしょうな。このお方は、八重歯で分かります。何気に背も高く、新公主演も5回も経験しているし、ようやく明確な2番手として、今回は歌もかなり堪能できました。いずれ確実にTOPになれると信じて応援したいすね。今回の役柄としては、これまた意外と様々な作品にも登場するジョルジュ・ダントン。泣ける最期でしたなあ。
 最後にもう一人。タレーランとともに陰謀をめぐらす? ロラン夫人を演じたのが、いつもは男役の彩凪翔さん。わたしはキャストを予習していなかったので、最初のころ、おかしい、彩凪さんがいねえぞ? とか思ってたオレのバカ! なんと今回は思いっきり夫人で最初から出てた! ことに途中で気が付いた。声からしてきっと普段は男役の方だろうと思っていたけれど、彩凪さんだったとは。見抜けなかったわたしはヅカオタ失格です……!

 というわけで、後半はショー『SUPER VOYGER―希望の海へ―』である。これがまた大変ノリノリで、おまけにTOPコンビの歌も素晴らしく、大変楽しめたのでありました。
yukigumi
 実はわたしはおとといの1月2日にNHK-BSで本レビューショーが放送されていたのをちゃんと観て予習していったので、開演前にキャトルで公演プログラムを買う時に、3分ほど迷ったんすよね……何を迷ったか、お分かりですよね? そうです。ポンポンです。買わねえとダメなんじゃねえかなあ……と、ホント悩んだんすよ? でも、でも……既にアラフィフのおっさんがポンポンを振り回してはしゃいでいる図を想像すると、ああそりゃあイカン! と自分却下となってしまったのであります。
 しかしですね……結論を言っていいですか?
 この作品を観に行く人は、絶対買っていくべきです! 絶対その方が楽しいと思いますよ! 買わなかったオレのバカ!! ↓この動画で、ちょっと練習していくことを強くお勧めします! このセンターのお方が、わたしが上でさんざん美人だと言っているあーささんこと朝美絢さんです。お綺麗でしょ?

 というわけで、だいもんこと望海風斗さんのTOPお披露目を祝う、素晴らしいショーで大満足でありました。
  では最後に、毎回恒例の今回の「イケ台詞」を発表して終わりたいと思います。
  ※イケ台詞=わたしが「かーっ!! カッコええ!!」と思ったイケてる台詞のこと。
 「それがあなたの理想?」
 「いや、願いだ。願いは未来だ。理想は思い出と共にある」
 今回は、少し前半にあるこのセリフを選びました。今回は歌も多くて、他にもかなりカッコイイセリフが多かったけれど、願い、希望は未来だというセリフがわたしは今回一番グッと来たっすね。みんなのためを思って戦ってきた、けれど、最後はダークサイドに堕ち、断頭台の露と消えたロベスピエール。彼を単純な悪党とは、やっぱり思えないですな……。大変グッと来た物語でありました。

 というわけで、結論。
 現役最強の歌ウマと言われる望海風斗さん。いよいよ雪組TOPスターとしての大劇場お披露目となった『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYGER―希望の海へ―』をさっそく日比谷にて観てきたが、期待にたがわぬ素晴らしい作品であった。そして、相手のTOP娘役、真彩希帆ちゃんの期待以上の歌のすばらしさに、もう大興奮である。いやー、ホント良かったすねえ! ショーの方も、とてもだいもんのお披露目を祝う雰囲気もアリ、一方ではきっちりとこまちゃんの卒業を見送る雰囲気もあって、大変良かったと思います。しかし、とにかく今回、わたしとしてはまあやちゃんの歌にKOされたわけで、まあやちゃん……恐ろしい娘! と思いました。以上。

↓ 大学時代、この「ダントンの死」をドイツ語で読みました。翻訳しているお方が、もう亡くなってしまったけどわたしの指導教授でした。このダントンが、本作で出てくるジョルジュです。

 わたしが宝塚歌劇を愛していることは何度もこのBlogに書いているし、その始まりが、2010年1月に星組公演を見たことから始まったことも、何度か書いているのだが、2回目の宝塚観劇は、2010年6月に観た月組による『スカーレット・ピンパーネル』であった。その時の経緯も、今年の春に全国ツアー作品『激情』を観たときに書いたので、繰り返しになるが、初めてのヅカ体験(星組)で大興奮したわたしはチケットを取ってくれたお姉さまに、その時のTOPスター、柚希礼音さん、通称ちえちゃんが超カッコ良かったっす!! と報告したところ、じゃあ、これをご覧なさい、と渡されたのが、星組による2008年の『スカーレット・ピンパーネル』のDVDであった。そして観て、これまた大興奮し、翌日すぐに、最高でした!! と報告に行ったところ、じゃあ、次の月組公演が『スカ・ピン』だから、チケット獲ってあげるわ、と、いうわけで、わたしの2回目のヅカ観劇は、2010年6月の月組『スカ・ピン』と相成ったわけである。
 で、その時、わたしはポスターやプログラムで、後にTOPスターとなる二人のジェンヌをはじめて知ったのである。一人は、わたしが観た公演でショーヴランというカッコいい悪役を演じた明日海りおさん(通称:みりお)であり、もう一人が、みりおと役替わりで同じくショーヴランを演じ、わたしが観た公演ではアルマンを演じた龍 真咲さん(通称:まさお)である。二人とも、明らかにほかのキャストよりも強い輝きを放っており、誰が観ても、確実にこの二人は別格だと感じたのではなかろうか。当然わたしも非常に強い印象が残り、チケットを取ってくれたお姉さまに、観た翌日、興奮して報告に行ったのである。
 「押忍!! 昨日、最高だったっす!! あざっした!!」
 「あら、良かったわね。」
 「押忍!! 特に、明日海りおさんと龍真咲さんは相当イイっす!! つか、二人とも、素でかわいいつーか、美人だと思います!! 押忍!!」 
 「あら、さすが、よくわかったわね。二人とも、これから必ずTOPになる人材よ。今から応援するのはとてもいいことだわ」
 「押忍!! ごっつあんです!!」
 「いいわ、じゃあ、今後、毎公演、チケット仲間に入れてあげるから、行きたいときは返事なさい。」
 「押忍!! あざっす!! ごっつあんです!! 今後ともよろしくおなしゃす!!」
 というわけで、わたしは以来、大体の大劇場公演に声をかけてもらえることとなり、現在に至っているわけである。 そして、月日は流れ、まさおちゃんは2012年にめでたく月組TOPスターに昇進し、以来4年間、月組を引っ張ってきたわけで、2014年の宝塚歌劇100周年の時のオープニングTOPスターメンバーの中で、現在まで残っている最後の一人であり、わたしもその軌跡を6年間見守ってきた大変思い入れのあるスターだ。
 だが、そんなまさおちゃんも、とうとう退団の時が来てしまった。わたしとしては大変淋しい限りだが、今日、わたしが観てきた月組公演は、まさおちゃんの最後の舞台となる『NOBUNAGA』である。わたしも、気合を入れて、まさおちゃんの最後の雄姿を目に焼き付けるべく、双眼鏡持参で観劇に臨んだ次第である。

 わたしは、戦国武将オタでもあるので、おそらく普通の人以上に信長の台頭から関ケ原に至る流れと、その間に活躍した武将には詳しいつもりなのだが、実はまさおちゃんの退団公演が「信長」であることを知って、それはまた一体、どんなお話になるんだろう? と若干心配していた。
 なにしろ、織田信長は家臣の謀反で夢半ばで死亡することが確定している。それって……退団公演にしちゃあ、内容的にヤバくないか? と思ったのだ。「謀反」そして「夢半ば」。こんなキーワードは、宝塚を去っていくTOPスターには、むしろ絶対に禁句のような気がしたわけである。なので、どんな話なんだ? とドキドキしていたのだが、結論から言えば、歴史をうまく改変して、なかなかグッとくる、まさおちゃんの旅立ちにふさわしいお話になっていたように思う。
 ただ、相当駆け足で歴史をなぞるので、武将知識がないと、若干難しいようにも思う。わたしですら、あーこれ誰だっけ、ああ、前田利家の弟だ、とすぐに分からないような佐脇良之だったり、逆によく知っているけど名乗らないので誰だかわからない佐々成政とか、髭で、ああ、君は勝家だな、と一発で分かったりと、かなりキャラクターが多いので、はっきり言うと、お話し的にはちょっとだけ、理解するのが難しいと思う。
 だが、実際のところ、そんな細かいことはどうでもいいのかもしれない。
 歴史における織田信長は、確かに明智光秀の謀反により横死した。しかし、宝塚のまさおちゃんは、きっちりと次のステージへ旅立つのであり、その思いを残ったみんなが継ぐわけで、本作のエンディングも、「さあ、参ろうか!!」と、新天地へ向け旅立つ信長(?)であり、その点は非常にまとまって美しい結末だったと思う。思うに、まさきちゃんは本当に信長的な、厳しいTOPだったのだと思う。この国で、この舞台でやりたいことはすべてやったというのは信長もまさきちゃんも共通していて、宝塚を去り、新たなステージへ向かうまさきちゃんには、信長というイメージはとても合っていたんだろうな、とわたしは思った。最後まで、本当にカッコ良かったよ。

 というわけで、今回は完全に、まさおちゃんの、まさおちゃんによる、まさおちゃんのための公演だったわけで、わたしは確かに満足である。ショーの方も、非常に可愛くて、きらびやかで、カッコよく、とてもよかったと思う。歌の内容も、結構グッときましたね。月を愛した龍は種をまき、水を与えたわけですよ。
 わたしは、まさおちゃんは実際歌が大変うまいと思っているし、芝居の方の、「まさお節」と呼ばれる(?)独特のセリフ回しも、もうすっかり慣れているので全然問題ないというか、今日はもうその「まさお節」がさく裂しまくっていて、逆に、ああ、もうこの「まさお節」は聞けないんだ……という淋しさの方がわたしには大きかった。本当に淋しいよ。まさおが退団の日がやってきたなんてなあ……。でも、たぶんまさおちゃんなら、女優としても輝けるのは間違いないと思うよ。なにしろ、素でかわいいもんな。あの「まさお節」は、普通の芝居ではちょっと問題アリかもしれないけど(笑)、きっと大丈夫。全然根拠はないけど、まさおなら必ず活躍できると信じてます。
 で。
 残された月組のみんなを、まさおちゃんに代わって率いるのは、次期TOPに指名されている珠城りょうさん(通称:たまきち)だ。94期と若く、5つの組の中で最年少TOPとなる。どうもその大抜擢に、非常に風当たりが強いようで、精神的なプレッシャーも大きいことだろうと思う。人気もまさおに比べたらまだまだだ。だけど、たまきちには本当に頑張ってほしい。前回の全国ツアーでの主役ぶりも良かったし、今回も、歌なんてかなり頑張っていたと思う。まだまだ伸びしろのある若いTOPとして、大きな花を咲かせてほしい。わたしも、どうも実際人気がイマイチなのかな(今日、2階で『アーサー王』の文京シビックホール公演のチケットを売ってました。まだ売れ残ってたってことなのか)? 詳しいことはわからないけど、今後は星組の次に、月組を応援したいと思う。
 ちなみにわたしは、今日のショーの方では、月組でわたしが一番応援している海乃美月ちゃんをずっと双眼鏡で観ていました。いやあ、歌もいいし、とにかくかわいいですな。星組に来てくれねえかなあ……と実に勝手な思いがこみ上げましたが、とにかく、わたし的に今、娘役ではTOP5人以外で一番好きです。もちろん、現在の月組娘役TOPの愛希れいかちゃん(通称:ちゃぴちゃん)ももちろんかわいいし上手だと思います。なんか、気の強い女子を演じさせたらピカイチすな。今回の帰蝶も大変良かったです。
 それから、今回、秀吉を演じた元・星組の美弥るりかさん(通称:みやちゃん)は、当然星組イチオシのわたしはよく知っている方だが、今回ショーでは久しぶりの(?)女性の姿を見せてくれたし、同じく、今度専科に異動になることが発表されている凪七瑠海さん(通称:カチャ)も、本編では明智光秀を演じ、そしてショーでは女性の姿を見せてくれ、まあとにかく手足が細くてびっくりしたよ。二人とも、確か89期だよな。もう、今後は90期以降が主体になるんだなあ、と感慨も深いですな。専科といえば、まさおちゃんと同期の沙央くらまさん(通称:こまちゃん)ももう専科に移って1年半以上経つんだなあ、とこちらも感慨深い。わたし的には2011年の雪組『ロミオとジュリエット』での乳母役を演じたのが一番印象深いが、今回は本編でもショーでも、きっちり歌を聞かせてくれましたな。同期として、いろいろな思いがあったでしょう。素晴らしかったです。
 最後、現在の月組で、若手のイケメンといえば、わたし的には朝美 絢さん(通称:あーさ)がイチオシだ。以前、関西へ旅した時に、公演を見る時間はなかったのだが、とりあえず大劇場に行って、「ルマン」のたまごサンド食って帰るか、と用もなく大劇場に行ってみたら、偶然、バウ公演が終わって帰るところの出待ちに遭遇し、お、誰が出てくるんだろう? と思ってわたしもぼんやり突っ立っていたら、すぐにあーさが出てきてビビったことがある。超・近くで見るあーさは素顔も超・美人で、激烈に可愛かったすね。まあ、月組の将来は、たまきちやあーさや、美月ちゃんがしっかりまさおスピリッツを継いで、盛り立ててくれると思う。応援してますぜ!!
 というわけで、毎度お馴染みの、今回のイケ台詞の発表です。
 ※イケ台詞=わたしが「かーっ!! カッコええ!!」と思った台詞のこと。
 「さあ……参ろうか!!」(そして刀を振るうと、龍のマークの帆が翻る)
 やっぱり、一番ラストのここを今回は選びました。ラストの表情、ホントにグッと来たね。まさおちゃん、あなたは本当に、見事なTOPスターだったよ。たぶん、ずっと忘れないと思います。 

 というわけで、結論。
 わたしにとって思い入れ深い龍 真咲さんが、宝塚を卒業する時が近づいている。その最後の公演『NOBUNAGA<信長>―下天の夢―/Forever LOVE!!』を今日、観てきたわけだが、なんだか本当にこれで最後かと思うと、とても淋しい限りである。信長のように、TOPを極め、宝塚生活を駆け抜けたまさおちゃん。次のステージでも、活躍を期待しているし、活躍することは何の疑いもなかろうと思う。しばしのお別れだけど、次に会える時を、楽しみに待ってるからな。以上。

↓ 結局のところ、まさきちゃんの代表作というと、どれに当たるんだろうか? やっぱりこれか!?




 ↓ こっちの、まさお節の炸裂するロミオもわたしは結構好きです。でも、TOPなのに役替わりって、ホントなんというか……ひどい仕打ちだったと思うんだけどな……。
 

↑このページのトップヘ