タグ:松明

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 今週は体育の日の休日から、ずっとせっせと『弱虫ペダル』の(1)巻から最新話までを読んでいたのですが、もう何度目になるか分からないですけど、ホントに何度読んでも面白いですなあ。やっぱりインターハイの1年目、2年目ともに、3日目になってスプリンターが仕事を終えて下がっていくところは何度読んでも泣けますね。鳴子くんのセリフにある通り、「クソカッコエエッス!!」てやつです。鳴子くん自身もカッコイイですけど。そして現実の自転車ロードレースの世界は、先日ロード世界選手権が行われ、人気者のピーター(ペテル)・サガン選手が前人未到の3連覇を達成し、来年も一年間「アルカンシェル」(=世界王者のみが着用することを許される「虹色ジャージ」)を着ることになりました。5週前の『ペダル』で、泉田君の左上脚筋の名前として挙がった「ペテル」のことっすね。というわけで、現実世界のロードレースはほぼシーズンオフに突入、残りは2週間後のジャパンカップぐらいなわけですが、なんと今年のジャパンカップには、わたしがずっと応援してきて今年で引退を表明しているアルベルト・コンタドール選手が来日するそうで、マジで会場の宇都宮に行こうか超悩み中のわたしであります。
 というわけで、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年46号概況です。今年も残り僅かになってきましたなあ。
 ■巻頭グラビア:牧野真莉愛嬢。モー娘。の方だそうです。大変極上です。
 ■弱虫ペダル:総北の旗の巻。ヤバいす。手嶋先輩の最後の雄姿にまた泣きそうす。
 ■刃牙道:原始人とサムライの巻。武蔵とピクルの語らいです。言葉はないですが。
 ■BEASTERS:細い煙に耳澄ませの巻。おおっと!新キャラ登場ですよ!!しかも蛇!
 ■囚人リク:攻防の巻。今週も基本的に「イヤー」「グワー」的展開でした。
 ■東京野球少女百景:読み切りです。以前も短期集中(だっけ?)で登場された水森崇史先生の短編ですが、大変イイですな。Twitterで大人気なんですと。へえ~。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週ラストはとうとう決着のついたVS【天雷】戦。今週は、その結末に静まり返る国技館の様子から始まります。誰もが息をのみ、静まり返り客席。椿ちゃんも、大器くんも、常や【白水】さん、虎城理事長、皆があっけにとられるというか、呆然とする中、【王虎】さんは若干大きめのコマで、フン……的な表情。そしてNHKアナの絶叫をきっかけに、場内は再び割れんばかりの歓声が上がります。「勝負あり―――!! 勝ったのは鮫島―――!!」
 そしてNHKアナと、虎城理事長の解説が続きます。
 「渾身の力で合掌捻りにいった天雷! 勝負あったかに思えた刹那 これ以上ないタイミングで鮫島が掬い投げ――!」
「その体格差から天雷は確実に潰しに行きました…しかし鮫島はそれを気迫だけで押し返した…天雷の敗因は一気に勝負を決めにかかった投げ…そして鮫島の勝因は天雷にそうしむけたということでしょうな…壊れてもいいという覚悟で…」
 合掌捻り……聞いたことのある決まり手だと思って、思わずググってみると、そうでした、かのウルフマンの必殺技の一つでしたね……。しかしこの理事長の解説を聞くと、じゃあ、【天雷】はあのサバ折りめいた締めでそのまま鯉太郎に膝を付かせようとしていれば勝てたかも、そしてそうせずに、投げを打たせたのは、必死の抵抗によって、【天雷】に、分かった、もう俺が終わらせてやる、と思わせた鯉太郎の「壊れてもいいという覚悟」の上での作戦ってことなんでしょうか? でもまあ、それは結果論で、鯉太郎が意識してやったことではないでしょう。鯉太郎が意識していたのは、ただ全てをぶつけることだけ、だと思います。
 そして敗れてしまった【天雷】は、涙を流します。何故か? それはおそらく、「悲しいから」だとわたしは受け取りました。【天雷】の心の独白をちょっと聞いてみましょう。
「出来ないんだよ…頭でどんなに理解しても…鮫島…お前のようには普通…出来ないんだ…クソ…言いたくないが…思いたくないが…どうしても頭に浮かんでしまう…お前は…異常だ…そうやってお前はずっと…土俵(ここ)で1人でずっと…すまない…俺はお前の隣に立ってやれなかった…すまない…オレにお前を止めてやれる力がなくて…すまない…孤独にさせてしまって…すまない…」
 この何とも悲し気な独白の間、描かれるのは、鯉太郎が半ば意識を失いつつある表情で、ゆっくり、ゆっくり、ようやく立ち上がり、【天雷】に背を向けて、土俵の西へ戻る、という、なんというか非常に孤独を感じさせる姿です。勝ったのに、そこには何の歓喜もないような、ひどく胸に来る絵ですよ。そんな、ひとりぼっちの鯉太郎に抱く【天雷】の悲しみが、わたしの胸にも響きます! これは泣けますなあ……! ここが今週のクライマックスと言ってもいいように思えます。
 そして場面は再び歓声に沸く場内とNHKアナの実況が描写されます。「下がる天雷の目に涙が見えます それだけ天雷もこの同期戦に思い入れがあったのでしょう!」当たり前だ! でも天雷の涙はもっといろいろなもんが溢れてるっつーの! 余人にはわからないものなんすよ! そして優勝も見えてきた鮫島、という実況に、こっ…こっ…こっ…こりゃああるぞおい…もしかしたらもしかするぞ…と空流後援会の皆さんも大興奮、椿ちゃんに話を振りますが……椿ちゃんは涙をたたえてつぶやきます。
「いえ…何か…何か凄く残酷に見えて…」
 そして花道を引き揚げる鯉太郎。石川大器くんが「オウ…いい取組だったぜ…鮫島…」と声をかけますが、当の鯉太郎は意識朦朧。大器くんはとっさに、こ、これはと事態の深刻さを悟ります。多くの記者たちが鯉太郎を囲んでインタビューをはじめようとしますが、すかさず大器くんは鯉太郎に肩を貸し、わりーけど…後にしてやってくれよ…と鯉太郎を抱えて引き揚げます。そしてようやく大器くんに気が付く鯉太郎。大器くんは努めて明るく言います。
「バカヤローが…俺の張りパクりやがって…でも甘ーな…俺なら一撃で決めてたぜ…」
「うるせー…」
「ハハッ…んな口が利ければ大丈夫だな…」
「そう言う石川(オマエ)は…今日…勝ったのかよ…」
 な、なんつった鯉太郎、お前……!? わたしはそう思い、大器くんもそんな表情です。おい、鯉太郎、お前……!? 大吉も困惑の表情で、なっ何言ってんですか、飛天翔関は引退したじゃないですか、とフォロー。それにも鯉太郎は「……あぁ…そうだっけ…」と分かっているのかいないのか、ぼんやりとした返事のみ。そして大器くんは気が付きます。抱える鯉太郎の右手が、カタカタカタと震えていることに……。まさか、という表情で大器くんは「鮫……島…お前……」とつぶやいて今週は終了、でありました。
 ああ……こりゃあマズイ、こりゃあマズイっすよ……。わたし、実は今週号は今日のAM01:20頃に読んだのですが、その後寝ても、なんか『鮫島』の夢を見ちゃったぐらいす。よく覚えてませんが。本当なら、果たして鯉太郎の次の相手は誰なんすかねえ! と無邪気に盛り上がるつもりでしたが、こりゃあマズイなあ……はあ……あとまだ4番残っているのですが、果たして鯉太郎は持つのでしょうか? まだきっと確実に【猛虎】さんと【王虎】さんとの取組もあるはずだし、そして相撲そのものを体現する横綱【泡影】との闘いもきっとあるはずで、これは……ほんとヤバいすなあ……【天雷】はきっと、そんな修羅道を一人行く鯉太郎の孤独に涙したわけで、わたしももう泣けてきます。おそらく、来週からちょっと「その後」と、「王虎VS百雲」も描かれると思いますが、わたしは今日明日あさってぐらい、後先を考えずすべてをぶつけて戦う男の孤独について、思いを寄せたいと存じます。つらい……。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。 
 今週は勝利確定後の【天雷】の感じた鯉太郎の孤独とそれに寄り添えなかった自分への哀しみが涙をもって描かれ、一方では、石川くんに抱えられて花道を下がる鯉太郎の異常な事態に、石川くんが気付いてハッとするところまでが描かれました。完全に物語は破滅へ向かっているように思えますが、それは破滅なのか、それとも―――というこの作品の根源にあるテーマに直結しているわけで、如何にして佐藤タカヒロ先生がこの先を描いてくれるのか、今後も毎週楽しみに待ちたいと存じます。もはやきっと、椿ちゃんがどんなに止めても鯉太郎は止められないだろうし、椿ちゃんも止めないかもしれません。鯉太郎はその代償に何を得るのか―――もう、わたしの中ではこの『鮫島、最後の十五日』は現段階ですでに名作判定されていますが、ラストは泣くしかないでしょうな。つーかもう泣きそうです。むしろ泣いてます! 以上。

↓ 全く関係ありませんが、「アルカンシェル」とはこういうものです。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 すみません! 昨日少しやり残した仕事をAM6:40からしていたら、いつの間にかこんな時間に! 更新が遅くなってしまって申し訳ありません! やっちまったー! ごめんなさい!
 というわけで、さっさと進行しましょう。まずは、今週の週刊少年チャンピオン2017年45号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙版はAKBの入山杏奈嬢だそうです。
 ■弱虫ペダル:手嶋のオーダーの巻。坂道くんをどう使うかの作戦です。
 ■刃牙道:屠り去るの巻。いよいよ刃牙がマジす。そして武蔵meetsピクルagain!
 ■BEASTERS:強鼠なので猫を噛むの巻。おっと、とうとう第1話のあの犯人登場か!?
 ■囚人リク:一番の巻。基本的に「イヤー」「グワー」的流れです。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:ウッキーライフ・タマちゃんホームの巻。今週も腹を抱えて笑いました。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先々週ラストで覚醒したと思われた【天雷】でしたが、先週は鯉太郎の「先が見えている」動き、それはまさに横綱【泡影】のように、次々と【天雷】の動きに先んじて攻撃を仕掛ける展開が描かれ、ラストではとうとう鯉太郎がうおお!と渾身の力で押すも、【天雷】の”怪力”がついに発動、がっちりと鯉太郎を不完全な体勢ながらベアハッグ、相撲で言うところのサバ折り的な体勢でとらえるシーンで終わりました。しかし、わたしは先週書きそびれていたんですが……鯉太郎は、どうも体勢的に、得意の「左下手」を取っているようにも見えていました。今週はそこからです。
 今週の冒頭は、NHKアナの、「つっ…掴まえたーーー!」という絶叫と、常松の「あぁ そんな…」という蒼白な顔、そして、虎城理事長の「鮫島の読みを力で断ち切ったか…天雷…」というゴクリ、な表情で幕を開けます。
 そしてページをめくると、【天雷】のすさまじい表情です。
 「ここがゴールだ…鮫島…最後に…俺の全てを…ありったけをお前に…」
 もちろんメキメキベキベキと嫌な音がしています。”怪力”が炸裂、そして次のページは1枚ブチ抜きの凄い絵ですよ! 【天雷】ががっちりホールドした状態で、上から圧し掛かり、鯉太郎を押しつぶそうと渾身の力を込めている迫力の一枚絵です! わたし、昨日検索して初めて知ったのですが、いわゆる「サバ折り」という決まり手は、まさしくこの【天雷】のように、両手を回して締め上げつつ、そのままのしかかって、相手の「膝」を土俵に付かせる決まり手なんですね。コイツはヤバい! そして痛そう! 鯉太郎も声なき絶叫をあげているようです! やばし!
 この熱戦を観ている石川くんも、まずいぞ的表情、そして椿ちゃんはもう土俵を見ていられず、必死に祈るような表情です。
 しかし! 来た! 左下手をホールドする鯉太郎がなんとか【天雷】を押し戻し始めた! ここはほぼ見開きで描かれています。全力で抵抗する鯉太郎に、一同マジかよ!?的表情です。【天雷】も、もう全力を出している表情ですが、脳裏ではこう考えています。
 「もういい…もう…もう削れるな…止まれ…削るな…なぜそこまで…なぜ…本当に…終わってしまうぞ…」
 そして描写は、「ぐしゃ」という音やブチブチゴキゴキッという不吉な音が表現されており、読者としてももう、鯉太郎お前死んじまう! と心配なぐらい。しかし、【天雷】は鯉太郎がこう言っていたことを思い出しました。
 「何も…何も残す気はない…」
 その鯉太郎の言葉を思い出した【天雷】は、このことか、まさに鯉太郎は本当に、マジでそう思っているんだ! と気付きハッとします。そして場内は、鯉太郎の必死の抵抗に万雷の拍手。すべてを理解した【天雷】は、ああ、なんと! なんと【天雷】は涙を流しました! わたしも泣きそうです!
 「わかった…もう…もう…俺が終わらせる…」
 そして決意の表情で、両腕をホールドしたまま鯉太郎をぶん投げる【天雷】の図! が、見開き1枚絵で描かれます。OH! MY! これはいっちまったかーーー!?
 しかしです!! 次のページは、まるで時間が静止したような静かな風景です。【天雷】はまるでスローモーションのように、鯉太郎の顔を見ます。そして鯉太郎は、とても静かに、無心の表情でつぶやきます。
 「ここ…」
 そして! なんと! 左足一本で耐えていた体を、左足一本で立て直し、もろ差し気味に【天雷】を抱え込んで……投げ返した――――ーーーーー!!!!!!! この投げ返しによって完全に【天雷】がひっくり返っているの図も、超迫力の見開き1枚絵です。やった……やりおった――――!!!
 今週ラストページは、【天雷】を土俵にたたきつける鯉太郎と、その熱戦が行われている国技館のショットで終わりました。はーーーーヤッバイす。もう途中で息を止めてたんじゃないかと言うぐらい、ラストページで、ぷはあと息をつきました。一体何が起きたのか、おそらくは来週以降語られると思いますが、全力で投げに行った【天雷】を、仏壇返しめいた投げ技で大逆転、鯉太郎の11日目の勝利は確定です! はーーー。こういう結末か……いやはや、わたしはまだ興奮で呆然としていますが、これはもう、来週以降の解説を待ちましょう。きっと虎城理事長や鯉太郎本人、そして【天雷】も語ってくれることだと思いますので、来週を楽しみに待ちたいと思います。【王虎】さんも何かコメントしてくれるかもしれないすね。はーーー興奮したわ……。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、わたしは全く予想してませんでしたが、ついにVS【天雷】の一番に決着がついてしまいました。まさかの大逆転、仏壇返しかどうかはわたしにはちょっと判定できませんが、まさしく石垣のように堅牢な【天雷】をひっくり返してしまいました! ただし、鯉太郎はその勝利と引き換えに、相当な代償を体で払っているものと思われます。まずは来週以降の、勝負の解説と、そして、鯉太郎の負った肉体的ダメージの状態をドキドキしながら待ちたいと思います。いやあ、こういう結末とは……とにかく読んでいて、わたしはホントに息を止めてたようです。それほど興奮というか、力んでいたようで、まだなんか整理がつきません。いやー、ほんとに『鮫島』は最高ですね! 以上。

↓ 今月のチャンピオンコミックス新刊はこれを買います。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先週わたしは両国国技館にて大相撲観戦に行ってきたわけですが、その様子は別記事を読んでいただくということで、省略します。わたしの応援している松鳳山関が目の前で勝ち越しを決めてくれて、まあ、大興奮でありました。やっぱり生はいいですなあ! そして、ホントに力士はデカいすねえ!
 ところで、このインターネッツという銀河の片隅でわたしが毎週せっせと書いている『鮫島』ニュースですが、その読者の方で、Stephen  King大先生のファンの方はどれくらいいるのでしょうか。さっぱり見当がつきませんが、わたしは世界の小説家の中で、Stephen King 大先生が最も好きなのですが、King先生の日本語で読める最新作『FINDERS, KEEPERS (邦題もそのままファインダーズ・キーパーズ)』が、いよいよ発売になりました!
finderskeepers
 文藝春秋社から発表されている正式な発売日はあすの金曜日なんですが、書籍というものはその流通上、お店に着いたら売っていいという慣習があって(雑誌は絶対ダメ)、都内では昨日、既に売っておりました。なので即Getし、昨日の帰りの電車内からさっそく読み始めております。今回もヤバいすねえ……超面白いす。
ファインダーズ・キーパーズ 上
スティーヴン・キング
文藝春秋
2017-09-29

ファインダーズ・キーパーズ 下
スティーヴン・キング
文藝春秋
2017-09-29

 わたしはこの『鮫島』ニュースで散々書いている通り、すっかり電子書籍野郎に変身して、チャンピオンすら電子で買っているのですが、King先生の「単行本」は、紙で買うことにしてます。なぜなら! 単に本棚に並べて悦に入りたいからです! 文庫まで待つなんてことももうやめました。だって、よく考えると文庫になると分厚い上中下とか分冊になって、合計では大して値段も違わないし。なので、1000円ぐらいの差額に関しては、もう、いち早く読める「特急料金」と納得することにし、単行本で買って読む方針にずいぶん前に変更しました。実際、読みたくて読みたくて我慢できないし! というわけで、今わたしはKing先生の新作に日夜興奮しております!
 それでは、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年44号概況です。
 ■巻頭グラビア:2週連続で都丸紗也華嬢です。極上です。
 ■弱虫ペダル:全開坂道の巻。引き続き箱学を追う総北。タイトル通り全開です。
 ■刃牙道:ビッグマッチの巻。さあ、いよいよ刃牙VS武蔵が正式決定のようですよ。
 ■BEASTERS:危険なエゴイスト2匹の巻。ジュノちゃんはレゴシ君に振られたことががショックなようです。次期BEASTERSになれるのでしょうか。
 ■囚人リク:子猿の巻。ちなみに本編では「子猿」に「カス」というルビが振ってあります。そのシーンの絵が最高です。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ;レジェンド オブ ロナリストの巻。今週も大変笑わせていただきました。とにかくボケ合戦がしつこくて最高です。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、立ち合いから優勢が続く(?)鯉太郎の猛攻に、【天雷】がやっとというかとうとう、覚悟を決め、「本当のすべてで行く」決意を固めて、”怪力”【天雷】の真の反撃が始まりそうなイイところで終了でした。今週はその続きです。鯉太郎による石川譲りの「非情の一撃」が炸裂し、一瞬意識が飛んだ【天雷】。しかし、その鯉太郎の右腕をがっちりホールド。さあ、反撃なるか、であります。
 しかし……最初に結論から言うと、今週は非常に文字で説明するのが難しい展開であります。次々と攻防が入れ替わる展開ですが、鯉太郎が常に先手先手と、【天雷】の攻撃を「先読みしている」という、息もつかせぬ展開であります。
 まず、今週冒頭は、がっちり腕を取られた鯉太郎が、その瞬間に「ヤバイ!」と感じるシーンから始まりました。しかし、ナレーションによると
 「しかし天雷も無意識に近い状態で腕を掴んだはいいが 鮫島渾身の一撃のダメージは明白だった そのダメージが次への移行への思考を コンマ数秒遅らせた」のであります。そして鯉太郎も、まさしく息を付かせぬ攻撃を繰り出していたため、呼吸が必要でした……が、そのまま呼吸せず間髪入れずの続行を決意。それすなわち、
 「鮫島の勝負勘が わずか後に来る天雷の攻撃の危険な臭いを嗅ぎ取った」のです!
 無呼吸、それは目いっぱいの力を出す時の人間の生理的現象(と言っていいのかな?)ですが、通常は数十秒が限界。よく、陸上競技では400mが最も過酷とか言われますよね。400m、50秒程度の無呼吸走法が限界だというわけです。自転車ロードレースでも、最後のゴールスプリント300mは無呼吸でいくわけで、とにかくMAXパワーの続く限界時間というものがあります。
 というわけで、【天雷】は鯉太郎の右腕を取った状態からとったりでぶん投げようとしますが、無呼吸で即座に対応していた鯉太郎はすぐさま回り込んで対応します。これには【天雷】も「今のタイミングではずした…? いや…違う…今のは……読まれていた?」と戦慄の表情です。
 ならば、と【天雷】は逆方向へ腕捻りで投げを打ちに行きます……が、鯉太郎はそれも堪えます。またしても【天雷】はショックな表情。
 「コレも…!? 間違いない…何が来るか…先が見えている…」
 そんな驚愕の天雷の脳裏には、【王虎】さんの言葉が蘇ります。
 「鮫島(アレ)は俺の道具だ…この先へに必要な…」
 そういうことかと理解した【天雷】は、ならば上等、とばかりに鯉太郎の頭を抑え、上から力づくで押し潰そうとします、が、やはりそれも鯉太郎は回避、先に膝を当てて切り返しで攻撃を仕掛けます。読者から見ると、もう【天雷】は焦っているように見えるのですが、大丈夫なのでしょうか!? 天雷は脳裏で鯉太郎に話しかけています。「鮫島……お前には何が見えている…お前の底はどこにある…お前はどこまで行く…あぁ…引っぱられる…見えていたと思った自分の底が…お前といると分からなくなる…俺もきっと…まだまだ先へ行ける…」
 先週描かれた通り、【天雷】は、絶対王者である横綱【泡影】との戦いで、ああ、なんてこった、自分はこんなものなのか、全然足りないじゃないか、と、自分の底が見えちゃったような気になっていたわけです。そして鯉太郎の、そんな自分の底なんて気にする余裕なんてないような、覚悟を持って闘う姿勢に、JOJOでいうところの、「そこに痺れる憧れるぅ!」と感じるに至ったわけですが、まさしく、鯉太郎と戦うと、オレもまだ先へ行ける! と思えるのでしょう。おそらくは、その点こそ、【王虎】さんが「俺の道具」と言い放った意味なのかもしれません。
 というわけで、【天雷】は首捻りで鯉太郎を再び強引に力で持って行った―――! という1ページブチ抜きショットが現れます。これには土俵を見守る石川大器くんも「速い…」と驚き、そして虎城理事長も「鮫島の思考の先を いったか天雷…」と若干のドヤ顔。
 しかし! 鯉太郎の心臓がバクン!と脈動し、潰れるな、まだ、あと少しだけ! という鯉太郎の渾身が炸裂、左腕で【天雷】の膝裏を取り、右腕は【天雷】の顔面を抑え、そしてそのまま頭をつけて倒しにかかります! 説明が難しい! その様に、虎城理事長は「さらにその先を行くか…鮫島鯉太郎」と呆然、そして観客席の椿ちゃんは「いけ!!」と絶叫、そこで鯉太郎のうおおお!的な顔アップです!
 しかし! ああ! なんと! 鯉太郎渾身の押しも、【天雷】は両腕で鯉太郎の体をホールドしてびくともしません!! その両腕は、鯉太郎の背中でがっちりと組まれています。説明が難しいですが、要するに、と、止めた――――!! の図が見開きで描かれています! 土俵上の二人の渾身が、そして佐藤先生の渾身が伝わる素晴らしい一枚絵ですので、ぜひ今週のチャンピオンを買ってご確認ください。そして今週は、その一瞬の膠着状態で、【天雷】が「ありがとう…鮫島……」と囁きながら、不完全なベアハッグめいた体勢でメキメキ・ミシミシと鯉太郎の体を締め上げる描写で幕を閉じました……。
 なお、編集部謹製のエンディングキャッチは「決着の刻迫る…!? 次号に続く。」でした。マジかよ……決着のときが迫ってるんすかねえ!? これは一体どういう結末を迎えるのかなあ……鯉太郎は勝てるのか、【天雷】のその先が描かれるのか、わくわくしますなあ! いやー、来週号が楽しみです!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、鯉太郎と【天雷】の攻防、おそらく実時間では数十秒程度、の経過が描かれました。鯉太郎は常に先を取りますが、後の先、ともいうべき【天雷】の受けも強固であり、やっぱり体格差もここで影響してきているとも見えます。強固な石垣のような【天雷】。鯉太郎はその城壁に風穴を開けることができるのか。はーーーヤバいすねえ……。常松は「がっちり組まれたら終わり」的なことを言っていましたし、それは鯉太郎も承知しているわけで、今週ラストの状態から、鯉太郎はどんな攻撃を繰り出すのか、来週が本当に楽しみであります!
 ところで、ここでミニ情報~~! 現在、週刊少年ジャンプで連載中の同じ相撲マンガ『火ノ丸相撲』ですが、数週間前から、第2章として「プロ大相撲編」に移っています。主人公の鬼丸くんは既に幕内力士として戦っていますが、なんと今週は、高校時代のチームメイトであり親友である桐仁くん(体のせいで一度相撲をあきらめた彼)が、なんと十両力士として登場、不敵な宣戦布告をカッコよくかましてくれました。こちらも燃えますなあ! 『鮫島』とはかなり違いますが、わたしは『火ノ丸』も応援しております! まあ、ジャンプのマンガなので、いちいちカッコイイあだ名や必殺技名が若干アレですが。以上。

↓ というわけで、『火ノ丸』は既に(16)巻まで出てます。次の(17)巻は11月頭発売みたいすね。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、あさっての土曜日にわたしは両国国技館へ大相撲9月場所を観に行く予定なのですが、なんというか……盛り上がりに若干欠ける展開なのは皆様ご存知の通りで、大変しょんぼりしております。昨日の11日目現状、カド番脱出が確定した大関・豪栄道関が10勝1敗で単独首位を守っており、まあ、わたしも豪栄道関には頑張ってほしいと思っているのでその成績には納得なのですが……順当に勝ち星を重ねると、明日の金曜日には、優勝が決まってしまうかもしれず、そうなったらわたしが観戦予定のあさっては、もうとりわけ何かがかかっているような取組がなくなってしまい、さらにわたし的気分は盛り下がってしまうような気がしております。はあ……せっかくチケット獲れて浮かれてたのになあ……まあ、今日は、わたしが最も応援している前頭四枚目の松鳳山裕也君がその豪栄道関と戦う一番が予定されておりますので、豪栄道関のファンの方々には大変恐縮ですが、松鳳山関には是非とも勝利し、混戦を演出していただきたいものです。しかし中日八日目の、松鳳山関と嘉風関の一番は興奮しましたねえ! 翌日のNHKの解説によると、血まみれになった嘉風関は「松鳳山関が全力で来てくれたから最高の一番が取れた」と言ってくれ、そして我が愛する松鳳山裕也君も「嘉関との戦いはいつも最高です」的なことを言っていたそうで、二人とも小兵と言っていい力士だけに、その『鮫島』的コメントに、わたしは大変胸が熱くなりました。
 それでは、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年43号概況です。
 ■巻頭グラビア:都丸紗也華嬢。大変極上です。いろいろ夢が溢れてますなあ!
 ■弱虫ペダル:距離の巻。前号でラストの牽きを見せた泉田君のおかげで700mの距離を稼いだ箱学。総北は追いつけるか。まあ、そりゃ追いつくんでしょうな。”山王”坂道くんの出番がとうとう来たようですよ!
 ■刃牙道:気の強靭さの巻:さあ、再び主人公・刃牙の出番が来たようですよ!
 ■BEASTERS:生命の味は重い鉛の巻。ルイ先輩の変化の謎のお話です。凄い展開!
 ■囚人リク:侮蔑の巻。今週はもう相当な数の”顔芸”炸裂で大変楽しめました。ヤバいす。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:帰ってきたメチャクチャマンの巻。今週もしつこいギャグが最高す。
 てな感じの週刊手年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、【天雷】の”怪力”が一瞬炸裂するものの、すぐにまわしを切った鯉太郎のアッパー気味もろ手突きが【天雷】にクリーンヒットするというシーンで終わりましたが、今週はその続きです。どうも、先週の描写によると【天雷】は、鯉太郎と戦えることがうれしすぎて、若干気が緩んでいた的な心理状態だったようですが、まあ、このまま【天雷】がやられっぱなしで終わるはずもなく、今週はラストの大ゴマで描かれる、【天雷】の決意に満ちた表情が超カッコ良く、大興奮であります。
 まず、今週の開幕ページは、NHKアナの絶叫中継から始まります。
 「鮫島 下から諸手で突いた――!! 意表を突かれたか天雷! モロに入った! すかさず鮫島 追撃に入る! しかし 下がらない天雷!!」
 というわけで、2発目のもろ手突きも【天雷】にヒットしますが、動じない【天雷】の図です! 鯉太郎の腕はビリッビリッと痺れています。そして【天雷】の下半身はがっちり体勢を維持。そんな【天雷】に鯉太郎は嬉しそう!
 「ハハッ…詰まってんな…」そう思う鯉太郎の脳裏には、ギッチリと積み重ねられた石垣のイメージが浮かんでいます。コイツは頑丈というか難攻不落だぜ!? そんな土俵を見守るどんぐり渡部くんは言います。
「やはり鮫島君の体格で天雷君を相手に正面から行くってのは無理があるんだ…」
 ちょっと、どんぐり君、お前黙ってろ! もちろん、そんな我々読者の心情を代弁してくれるのは、親友、石川大器くんです!
 「バーーーーーカ… それでもいくさ……鮫島(アイツ)は…」
 さあ、土俵上では両者体勢を整え、鯉太郎はダン、としっかり腰を下ろし……おおっと! 張りの速射砲発射だ! パパパンと【天雷】に高速張り手が炸裂! しかし、その張りは【天雷】には軽いようです! やっぱり体格差はどうにも埋まらないのか? 鯉太郎は脳裏でこう考えています。
 「くっ…違う…もっと速く突く…そして速く引く……上体は起こして体重はしっかり下半身に乗せる……回せ…もっと速く…もっと…もっと…まだいける…まだ……まだ出せる…」
 そうです、これぞまさしく! 大器くんの必殺技ですよ! 
 「石川(アイツ)のように…もっと…もっと! 己を乗せろ」
 そんな鯉太郎の姿に、「俺の…相撲…」と大器くんはもう泣きそうです。わたしも泣きそうです! これはアレですね、北斗の拳的に言うと、ラオウと戦うケンシロウが、トキやレイの技を繰り出すあのシーン(JC14巻)が目に浮かびますなあ! この石川スペシャルが【天雷】に次々ヒットする様が、見開きで描かれ、NHKアナの絶叫中継が興奮を盛り上げます。
 「鮫島まさに息もつかせぬ猛攻!! 何も出来ない天雷 防戦一方!!」
 しかしそれでも【天雷】の上体が上がらず、鯉太郎の張りでは通用しないのか、とNHK中継は続きますが、大器くんとしては、そんな体格差で通じないなんて断固認めません。
 「ふざけんな…その突きは…その張りは…足りねー体で…幕内で…渡りあってきた……一級品だ…いけ…いけ!」そしてついに、【天雷】の上体が浮いてきましたよ! もちろん【天雷】は、くっ…と体を下げます。が、その瞬間こそ! 石川スペシャルのフィニッシュ技である「非情の一撃」を放つ時です! 土俵を見守る大器くんの「はなて!」とともに、鯉太郎渾身の「非情の一撃 feat.飛天翔SPECIAL」が大ゴマで炸裂だ―――!!! コイツか効いたか!? 絵的には、さすがの【天雷】も”飛んだ”表情です。
 恐らくはこの瞬間、【天雷】の脳は時間が引き延ばされ、スローモーションのように感じているのでしょう。飛びそうな意識の中で、天雷は思います。
 「痛感する…自分の浅はかさを…本当に鮫島(コイツ)は”今”しか見えていない…”今”しかない…」
 【天雷】は、もう今場所はこの取組以外はどうでもいいとか言っていました。でも、鯉太郎は”今”の一瞬一瞬だけしかないわけです。そして【天雷】は、次の大関は決まりだな、とか、次の横綱候補とか言われていたわけです。しかし、関脇として横綱【泡影】と対戦してきた【天雷】は感じていました。
 「評価とは裏腹に感じていた 絶対的な者の前で 圧倒的に足りない何か…泡影に触れどこか見えていた自らの底…俺は鮫島のように戦えていたのだろうか…鮫島のように底など気にする余裕もない覚悟で戦えていたのだろうか…俺は恵まれた体にあぐらをかいていたんじゃないのか…鮫島……やっぱりお前は……」
 ときて、デカい文字で続きます。
 「俺の憧れだ…
 この1ページブチ抜きの大コマで、ガシッと鯉太郎の右腕を両手でホールドする【天雷】が描かれます。もうなんというか、本当に胸に来ましたよ。男にあこがれを感じさせる鯉太郎のこれまでの激闘を思うと、本当に泣けてきますし、そしてそれを素直に吐露する【天雷】も泣かせますねえ! さあ、いよいよ、本当の意味で【天雷】の逆襲が始まりそうな気配です!
 「だから鮫島…俺もお前のように…本当の全てでいく…
 という【天雷】の、これまでで最高にカッコイイ決意の表情で今週は終了でありました。いやーーーこれはもう、来週から大変なことになりますよ、きっと。今週はこのラストの【天雷】の表情を、ぜひともチャンピオンを買って、その目で確認していただきたいと思います。鯉太郎的には超マズイ展開ですが、物語的にはとうとう【天雷】の真の意味での本気が見られるわけで、毎回書いているような気がしますが、もう今すぐ来週号が読みたい気分であります! ヤバいすねえ! はーーー興奮した……。というわけで、来週からの【天雷】の逆襲が超楽しみです!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 鯉太郎VS【天雷】はハッキョイから3週目でとうとう【天雷】の本気が発動しそうな超いいところまでが今週は描かれました。そして今週は、鯉太郎による飛天翔SPECIALも炸裂し、それを見て泣きそうになる大器くんの姿にわたしも泣きそうでした。来週からは【天雷】の逆襲が始まるはずですが、果たしてこの一番はどのような結末に至るのか、ちょっと想像がつきません。とにかく、勝負の行方よりも、鯉太郎の体の方が心配ですなあ……。もう既にまったく大丈夫じゃないもんなあ……。とにかく、情熱が残酷を超えるその時、わたしはきっと泣くのではないかということだけは確かなようです。しかし今週の大器くんの表情には、もうホントに胸に刺さるものがあったすね……。もういろいろヤバいす。以上。

↓ とりあえず土曜日、国技館でいろいろグッズを漁ってくる所存であります。こういうので、松鳳山関Verが欲しいのだが……売っているのだろうか……。 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、何週間か前に、ここでわたしは「9月場所のチケットが取れたぜ! わーい!」とか無邪気にはしゃいでいたわけですが、皆様ご存知の通り、現在熱戦が繰り広げられている大相撲平成29年9月場所はですね……まあ大変な数の休場者なわけです。白鵬関・鶴竜関・稀勢の里関の3人の横綱が休場、そして大関・高安関、元気な宇良関までもが休場と相成り、せっかく生で観られるぜ! と盛り上がっていたわたしとしては、実に残念です。なんか、怒りは別にわかないのですが……とにかく残念というか、マジでしょんぼりっす……。おまけに出場している横綱・日馬富士関も昨日4日目の段階で早くも2敗、カド番大関・照ノ冨士関も既に3敗、期待の関脇・御嶽海関も3敗、嘉風関は4敗と上位陣がかなり厳しい状況で、これまた何というか……しょんぼりです……せめてわたしが一番応援している前頭4枚目の松鳳山裕也君には、逆に優勝目指してチャンスを掴め!と日夜応援しているのですが、現状2勝2敗。どうか二けた勝利目指して戦っていただきたいと念じております……はあ……なんかなあ……せっかくチケット獲れたのになあ……かえすがえすも残念す……。
 それでは、テンション低めですが、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年42号概況です……。
 ■巻頭グラビア:今週は久松郁実嬢。ええ、素晴らしくお綺麗ですよ……。最高す……。
 ■弱虫ペダル:FINAL ROADの巻。泉田アブ一郎くんの仕事完遂……お疲れっす……。
 ■刃牙道:消えたねの巻。いよいよ刃牙が再挑戦みたいす……遅くね……? そして花山君は鎬紅葉先生の手術で一命はとりとめたようです。あー良かった……。
 ■BEASTERS:炎のオセロの巻。ルイ先輩が帰ってきたっす……極道として……。
 ■囚人リク:無駄の巻。ラストのコマは……変態剣崎最高す……。
 ■ヒマワリ:「クローバー」でお馴染みの平川先生による新連載。期待したいす……。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました……。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。今週はセンターカラーで大増23Pなので、是非ともチャンピオンを買っていただければと思います。カラー扉がとてもカッコイイですよ!
 先週は、とうとうハッキョイでバトルスタートとなった鯉太郎VS【天雷】戦ですが、序盤の立ち合いは鯉太郎のブチカマシが3連コンボでクリーンヒット、【天雷】が吹っ飛ぶ絵で終わりましたが、今週はつづいて4発目が炸裂しそうなところから開始です。NHKアナは興奮の実況ですが、【飛天翔】こと石川大樹君のカットインで「ボーーーーッとしてんじゃねえぞ天雷!!」という激が飛びます。
 えっ!? なんだよ【天雷】、お前、ボーッとしてたのかよ!? とわたしは若干びっくりしましたが、ともあれ、鯉太郎の4発目が炸裂します。が、【天雷】は「ガッ」と右腕一本で鯉太郎の頭を押さえ、止めにかかりました。しかしHNKアナの絶叫の通り「がっ 止まらないーーー!!」という状況で再び押しやられる【天雷】です! なにしてんの! 弾幕薄いよ! とブライトさんなら叫んだことでしょう!
 【天雷】は若干の驚きの表情(?)で、思います。
「あぁ…そうだな… また土俵でお前と会えた歓喜…いつの間にかそれに浸り気付かずゆるんでいた… 少しでもゆるさを見せれば一瞬で首を切られる…土俵はそういう場所だよな…お前はそういう奴だよな…なぁ…鮫島…」
 さあ、反省タイムはこれまでだぜ? 【天雷】の逆襲が始まるぞ! というわけで、めくった先は、見開き一枚絵で、右手一本で鯉太郎を振り払う【天雷】の図であります! カッコイイ! 首をひねりながら吹っ飛ぶ鯉太郎に、常も【白水】さんも大器君も、マジかよ的な表情です! そして吹っ飛ぶ鯉太郎に【天雷】が迫る! 大器君も思わず「くるぞ鮫島!!」と絶叫、鯉太郎もすかさず体制を戻して左手一本の強烈な張りをお見舞いだ!!!
 しかし! 止まらない! 鯉太郎の強烈な張りを受けたまま【天雷】前進だ――!! NHKアナも「あーーー!! 打った鮫島が逆に下がってる!! ここで体重差が露呈したか―――!!」と絶叫です! そして見守る常も、「ふざけろよ…280㎏の巨桜丸でさえぐらつかせる張りだぞ…それをまるで虫でもあたったかのように いくらなんでもそれは…」と唖然の表情です! まさしく、いともたやすく行われるえげつない行為!!
 そして今度はすかさず【天雷】が詰め、右のまわしを取りに行きます! 常も思わず「ダメだ…」と絶叫! 鯉太郎もそれはヤバいことは十分承知ですので、体を開いて組まれることを阻止します。「危ねえ…天雷にマワシを取らせちまったら終わりだ…」と常松も読者たるわたしの心境を代弁してくれていますが、ああ! なんと! 【天雷】の左の小指一本が、一枚まわしに引っかかっている! やばいやばいやばい! めくったその先のページは、一枚まわし&小指1本で、うりゃあああ! と鯉太郎をぶんなげる”怪力”【天雷】の図です!! こちらも見開き一枚絵で描かれた迫力の絵です! NHKアナも「天雷が強引に持って行った――!!」と叫びます!
 しかし! 鯉太郎はその強引な投げを、間一髪でまわしを切って耐えました! アッブねえ! 常は「た、助かった…指1本で…」と顔面蒼白、大器君は「なんつー馬鹿力だよ…」と冷や汗、虎城理事長は冷静な表情で見守り、そして、【王虎】さんは「引っぱられたか…天雷…」と好勝負に冷静な分析をします。そしてページをめくった先では、【天雷】は何かを感じ「ゾクッ」とします。そう、ここは【王虎】さんの解説を引用すると、「いや…引っぱり合いか…」というわけです。【天雷】だけじゃあなく、鯉太郎も、この勝負にニヤリとするほど、ギンギンに来てるわけです。
 NHKアナは再び絶叫です!「あ――――――――!! 鮫島またブチカマシの体勢に入る!!」
 そうです、鯉太郎は再び腰を低くし、ブチカマシの発射体制に入りました! それに対して【天雷】は「もう…効きはしない…」という判断。あかん! 【天雷】! お前、油断しちゃあだめに決まってんだろうが!!! そして今週最終ページは、そんな【天雷】にむけて、鯉太郎の低い位置から上へ撃ちだす形での、両手を突き上げるもろ手突き(?)がクリーンヒット、【天雷】の首から上が強烈なアッパーカットを喰らったかの如くゴッと上を向いてしまうの図で終了です。
 はーーーー……今週も興奮したわ……。つーかですね、ええっ!? 【天雷】って油断してたんすか!? そんな馬鹿な!? 油断というか、嬉しくてたまらなくて「ゆるんで」いたんすかね? まあ、【天雷】がこのまま、ある意味一方的にやられるはずはないし、単行本収録を考えると、先週の134話から、次の次の新刊(16)巻に収録されると思うので、まだ7話分はVS【天雷】戦が描けるはずなので、来週からの展開も楽しみにしたいと存じます。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は【天雷】の”怪力”が炸裂する展開になるかと思いきや、いまのところ鯉太郎優勢で進んでおり、鯉太郎の強力なアッパーが炸裂して【天雷】吹っ飛ぶの図で終わりました。しかしアレかな、来週の冒頭は、「あーーーっと! 天雷無傷! 効いてナーーーイ!!」で始まるのでしょうか!? はーーーヤバいすなあ……。何度も書いていますが、この【天雷】戦のあともまだ4番残っているわけで、鯉太郎の体も心配ですが、わたしの脳の血管も心配です……。大丈夫かな……まあ、とにかく鯉太郎最後の15日をその終わりまで、見届けたいと存じます。それではまた来週! 以上。

↓ しつこいですが載せておきます。リンクを踏む必要は全くないので、どうかどこかで買って、この作品を応援していただけないでしょうか! 最新(14)巻は泣ける常松回です!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今日は単行本の『鮫島』最新(14)巻も発売ですよ! 収録されるのは、今のところわたしが一番泣けた「常松回」でお馴染みの、【松明】VS【百雲】戦の結末まで、一気に収録されております。このお話は、横綱【泡影】を理解する上でも、【百雲】の感じた、気持ち悪さと圧倒的な心地よさが同居する違和感、は重要だと思いますので、普段はチャンピオンは買っていないという方は、せめて、単行本はちゃんと買っていただけないでしょうか! お願いします! それが最大の応援だと思いますので……。わたしはさっき電子版を買い、今日の帰りにでも紙単行本版を買う所存であります。

 表紙カバーがカッコイイですなあ! それでは今週こそさらっと終わらせようと存じます。
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年41号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版もナシ、みたいです。
 ■聖闘士聖矢:久々連載復帰、とうとう幻の「蛇夫宮」(=蛇遣い座)が出現です!
 ■弱虫ペダル:産声の巻。とうとう泉田アブ一郎君の新筋肉が爆誕、その名も「ペテル」と「マーク」! これは日本全国のロードレースファン全員がキターと興奮したと思います。わたしもサガンとカヴェンディッシュの新旧世界王者キタ!と大興奮ですw ちなみにご存じない方に説明しておきますが、泉田君のフランク・アンディ・ファビアンの元となった選手はもう三人とも現役引退してます。そしてペテルは現世界王者のスプリンター(というよりクラッシックレーサーか?)であり、マークは、最近はあまり調子のよくない、けど本当に強かった元世界王者のスプリンターです。泉田君にふさわしいすね。
 ■刃牙道:一興の巻。もう武蔵編はそろそろ終わりでいいのでは……。
 ■BEASTERS:古代を飛び越せ子供たちの巻。レゴシ&ジャックの7歳当時のお話です。おおかみこどもと子犬のビジュアルが可愛くないわけがない!
 ■囚人リク:爆発の巻。計画は順調、ラストは変態剣崎登場でブハッと吹きました。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:聖剣の叫び声を聞けの巻。ホント最高に面白いす。
 ■少年ラケット:最終回。淋しいすねえ……ちなみに今週のチャンピオンは、他にも『サウエ』『虚ろう君』も最終回でした。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、国技館の支度部屋での鯉太郎と【天雷】関のそれぞれの模様が描かれました。鯉太郎は朝から、四股に何やら「気持ち悪い」ものを感じており、横綱【泡影】関めいた何かなのか、と【丈影】関もチラリと登場、そして土俵に向かう鯉太郎に【王虎】さんらしい激励、とも取れるような余計な一言が投げかけられ、一方の【天雷】関の元には、石川くんこと【飛天翔】関が激励に訪れました。その後、いよいよ土俵に向かう二人に場内が盛り上がったところまでが描かれたわけですが、今週はもう、時間いっぱいからハッキョイ、そして最初のブチカマシまでが描かれます!
 まず、冒頭はNHKアナの興奮したトーンによる二人の紹介ですが、これは先週ラストとほぼ同じなので割愛します。が、絵としては、そんきょして柏手を打って対峙する二人が、見開きでかっこよく描かれております。わたしは、タブレットで、電子書籍で読んでおりますので、ここは是非、横向きにして一枚絵として観ていただきたい! これは電子書籍の特権ですよ。大変美しくカッコイイ!
 そしてNHKアナに話を振られた虎城理事長の解説が続きます。その背景には、客席で見守る椿ちゃん、そして石川&どんぐり渡部くんの同期コンビ、さらには支度部屋で髪を直してもらっているバーキこと【蒼希狼】の姿も見えます。そしてもちろん【王虎】さんも、空流のみんなも注目しています!
 「現在(番付的には)鮫島が天雷に挑むという形になっていると思うのですが この一番 どう見ますか虎城さん」
 「確かに目で計れるもので見れば 間違いなく天雷が上でしょう しかし今場所 鮫島は計れない部分で ここまで星を伸ばしてきたのも事実… 挑戦を受ける立場だと構えていられる余裕は天雷には無いほどに 今の鮫島には怖い勢いがある まぁ…天雷が未だ鮫島をライバルだと緊張感を持っているなら 崩れる隙はないでしょう 逆を言えばそれでもなお天雷を降すことがあるとすれば 鮫島の力は勢いという言葉では収まらないものとなっているのでしょうな… 私にとっても 注目の一番です…」
 そしていよいよ時間いっぱい! 両者ともに「さぁ…いくぞ…」と土俵上の緊張感は頂点に達します! そしてとうとうハッキョイ! です!!! ファーストアタック、鯉太郎のブチカマシが【天雷】の右胸にヒット! ここも見開きの大迫力な絵です! 電子書籍では継ぎ目なく一枚絵として観られるのがうれしいすね! しかし天雷はがっちり受け、口元は笑みさえ浮かべている様子! 左足を引いて、次の第2撃を迎え撃つべく【天雷】も前に出る! あーーっと! しかし鯉太郎は一瞬かがんで溜めた! そして2撃目もブチカマし、これもヒット! 【天雷】の体が浮いた! というか、やや立ち気味になったぞ!! そして! あーーっと! 第3撃が来る!!! 来たーーー!!! この3撃目も見開きで凄い迫力で描かれております! あーーっと! NHKアナも「鮫島一気に持って行った―――!!」と絶叫です! わたしも絶叫です! 
 はーーーヤバい、興奮しすぎてもう完全にキン肉マン的実況中継になってしまった……。というわけで、今週は立ち合いから鯉太郎の怒涛のブチカマシ3連発が炸裂し、【天雷】がかなり吹っ飛ぶ描写で幕でありました。はーーーホント血圧上がるわ……。
 まあ、このまま【天雷】がやられっぱなしのはずはないわけですが、果たして鯉太郎は横綱【泡影】ばりの、「先が見える」能力で【天雷】すらも凌駕する展開となるのか、まあ、例えそうなっても、【天雷】の怪力が発揮されることになるのはおそらく確実だと思いますので、来週も大興奮の展開が待っているのも確実でありましょう。はーーーーくそう、来週号が今すぐ読みたいっす!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、立ち合いからハッキョイ、そして鯉太郎の連続3連撃コンボが【天雷】にヒットして、序盤優勢な状況までが描かれました。もちろん【天雷】がこのまま終わるはずもなく、先週、常が警告してくれたように、がっちりホールドされたらマズイ展開になるわけで、読み終わったそばからもう、来週号が読みたいという気持ちになること請け合いの第135話でありました。よし、今週は比較的さらっとまとめられたかな。それではまた来週! 以上。

↓ こちらは紙単行本版です。しつこいですが、どうかお願いします。単行本は買ってください! お近くの書店またはいつも使っているWeb書店にて絶賛発売中です! 下のamazonリンクを踏む必要は全くありません。単に書影を見せたいだけなので。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今日は8月31日ということで、なんというかもう明日から9月かよ、という得も言われぬ虚脱感を感じつつも、今日のような月末日はやたらと仕事が多くて、申し訳ないんですが今週はさらっと終わらせるつもりでいます。――今のところは。
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年40号概況です。
 ■巻頭グラビア:渡邉幸愛嬢。大変結構なお点前ですなあ。良いと存じます。
 ■弱虫ペダル:小さな約束の巻。手嶋さん!そりゃあそうなるでしょ?な展開です。
 ■刃牙道:その漢、花山の巻&嘘つきの巻。2本立てです。花山君がカッコ良すぎます!
 ■BEASTERS:残暑 各々に散らばりての巻。夏休みの終わるレゴシ君たちのそれぞれの夏の総括でありました。しかしルイ先輩はもう戻ってこないのでしょうか……心配す。
 ■囚人リク:蘇生の巻。リクは無事生還。あー良かった。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:仁義なきオータムデンジャラの巻。今週も一番笑いました。最高す。
 ■少年ラケット:輝きのその先への巻。うぉおい!来週最終回か……淋しいす。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週は、いよいよ迫るVS【天雷】戦を前に、どうも鯉太郎の体?精神?になにやらいつもと違う違和感らしきものが現れたというお話と、【王虎】さんの、「相撲に選ばれた者」だけが横綱【泡影】との戦いに挑めるんだ的な深い解説で終わりました。今週は、すでに国技館の支度部屋に入っている鯉太郎が、四股を踏んでいる情景から始まります。
 朝稽古のときから、やたらと四股を踏む鯉太郎に、常がずっと四股ばかり踏んでどうかしましたか?と鯉太郎に声をかけます。鯉太郎は、自分でもわからないけど……的な表情で、常にこう答えました。
「今朝稽古場で四股踏んだ時 スゲー違和感があってな…感覚的に…何つーか……気持ち悪いって言うか…」 この「気持ち悪い」を太文字にしたのは、わたしが強調したかったからで、本文では普通に書かれています。しかし、四股を踏んで気持ち悪い? だと? と我々読者も思うでしょうし、その後ろにいた、一人の力士もその言葉に、な、なんだって!? という顔で反応します。そう、それは比嘉ライアン君こと【丈影】関です。
 【丈影】関と言えば、横綱【泡影】関の同門・同期で常に横綱を一番そばで見てきた男です。彼の脳裏には、その横綱【泡影】との会話が蘇ります。
 丈「どうしたんですか…最近稽古場で四股しか踏んでないですよね…」
 泡「あの気持ち悪さが…薄く…なってきている…」
 丈「………?」
 てなことが過去にあったようです。これがどのぐらいの過去か良くわかりませんが、自分には意味不明だった「気持ち悪さ」を鯉太郎も感じているのだとしたら――!? 常と鯉太郎のやり取りを聞いてハッとした【丈影】関ですが、鯉太郎が常に、今日はやっぱり寝すぎたんだろ、今はいつも通りしっくり来てる、という話をしているのを聞いて、「まさか……な……」と、とりあえず気のせいだろうと片づけたようです。まあ、気のせいじゃないんですけどね、たぶん!
 そして場面は一方の【天雷】のいる東の支度部屋へ移ります。どうやら今日は鯉太郎は西の支度部屋のようですね。で、【天雷】は当然気合十分で、お付きの若い衆も、さすがに今日はピリついてんな、いつもはニコニコ談笑してるのに、それだけ鮫島線は特別ってことだろ、と分かりやすい解説を入れてくれます。そんな、集中して近寄るなオーラを発散している【天雷】関の元に、でかい声で「オイ! コラ! 天雷!」と話しかける男が! 我らが石川大器くん aka【飛天翔】関です!ここでの二人の会話は、なんというか、とてもイイので引用しましょう。
「らしくねーな…まさかビビッてんじゃねーだろーな」
「……ナーバスにもなるさ…ずっと待ってたからな…鮫島との取組を…だから今…気が急いて空回りしそうになるのを必死で抑えてる…悔しかったよ…お前ら2人の取組を見てて…今場所の覚えてるか…? お前が初日 鮫島との取組終わりに叫んだ言葉…」
 (出来るか オメーらに!! 出来るか ここまで 勝てるか 俺らに!! のあのシーン)
「きっと今日はお前が 悔しがる…」
「へっ! 心配ねーみてーだな」
「心配してたのか?」
「同期だからな…当たり前だろ…」
「ハハッ お前はいい奴だな山本…」
「石川だ」
 まったく、大器はイイ奴ですなあ!! 分かってるくせに名前を間違えられると、分かっていてもカチンときますね。とまあ、こんなお約束で締めた二人の会話が終わり、いよいよ出番、二人とも土俵に向かいます、が、なんとここで! 土俵に向かおうとする鯉太郎に、あのお方から声がかかりましたよ! あのお方って誰? なんて聞かないでください! 【王虎】さんに決まってるじゃあないですか!
「オイ…くだらない仲良しこよしを 見せるんじゃねーぞ」
 うお!カッコイイすねえ! そして鯉の答えももちろんこう来ます。その表情は悪タレフェイスですよ!
「俺がそんなもん土俵に持ち込むと思うか…? 王虎(テメー)は黙って見てろ…」
 いいすねえ! そして鯉&【天雷】の入場です! NHKアナの解説もかなり血圧が上がっている様子です。相当テンションが上がってますなあ!
「未だ負けなし10連勝! 小兵と言っていいその体で真っ向から強敵を打ち破ってきた その魂の相撲は見る者の心を掴みます! 前頭14枚目 鮫島!!」
「しかし今日の相手は一筋縄ではいきません! ここまでまだ1敗と優勝圏内! 角界一の怪力で間違いなく次の大関はこの力士でしょう! 関脇 天雷!!」
「この大きな山を越えられるか鮫島!! 鮫島の勢いを止めるか天雷!!」
 というわけで、入場コールされた二人の顔アップで今週は終了でありました。これはもう、この場の興奮が伝わってきたかの如く、読んでいるわたしも大興奮です! ヤバいすねえ! つか、意外とさっさとハッキョイまで来ちゃいそうな展開ですね。もっと体の状態のこととか、椿ちゃんの想いとかが描かれると思ってましたが、やはり【天雷】戦には、そういう余計?な要素は必要なし、ただただぶつかるのみ、ってことなんでしょうか。実際アリだと思います。いやー、しかしどうなるんだろうなあ……ホント楽しみですなあ! どうやら、覚醒しつつある鯉太郎、そして万感の思いを込めて全力で当たる天雷。こいつはもう、感動なのか、嬉しくてなのか良くわかりませんが、場合によってはわたしは泣く可能性すらありますね。【天雷】との一番が終わってもまだ残り4番あるわけで、まだ泣くところじゃあないと思いますが、マジでヤバいす!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、意外と早い展開で、もう鯉太郎と【天雷】が土俵に上がるところまで一気に描かれました。しかし、【天雷】の元にやってきた石川くんといい、鯉太郎に余計な一言をかける【王虎】さんといい、大変素晴らしいですな。そして【丈影】関の感じた、鯉太郎と横綱の奇妙な一致点。これは、とうとう鯉太郎が相撲を振り向かせ、相撲に選ばれし者に進化しつつあるという前兆なのでしょうか。はーーーホント今週も無駄に興奮してサーセンした! 以上。

↓ 9月場所の番付が発表されました! 我が愛しの【松鳳山】裕也くんは東の4枚目だそうです。結構枚数があがったね! やったぜ!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、わたくし、とうとうチケットが取れました! 何をって? 大相撲9月場所に決まってるじゃあないですか! 2人升席とやらで、かなり土俵から遠いのではないかと思いますが、生の大相撲の空気に触れて興奮してくる所存です。でも、正面(北)でも向こう正面(南)でもなく、西?のようなので、どうだろうなあ……まあ、今からもう大変楽しみであります!
 そして自転車ロードレースの世界は、現在、いわゆる三大グラン・ツールのラスト、スペインを舞台にしたVuelta a Españaが熱戦を繰り広げておりますが、ここでもツールを勝ったChristopher Froome選手が強く、どうもダブル・ツール達成はかなり濃厚なのでは……という展開になっています。とにかく、Froome選手の強さも凄いけれど、Team Skyがやっぱり凄いんすよね……わたしの応援するContador選手は出だしで体調不良により失速してしまいましたが、昨日の山岳では復活の兆しがあり、なんとか喰らいついて行ってほしいと祈念しております。
 それでは、まずは今週の週刊手年チャンピオン2017年39号概況です。
 ■巻頭グラビア:浅川梨奈嬢。最高です。すべてが!
 ■弱虫ペダル:静かなる侵撃の巻。御堂筋くんが完全に巨人です。キモイです。
 ■刃牙道:今週はお休み。そして来週は2話掲載だそうです。
 ■BEASTERS:潮風だけが知っているの巻。とうとう本気告白したレゴシ君。来週から新展開のようですが、今週は板垣先生のデビュー読み切り短編『BEAST COMPLEX』も掲載で相当編集部としては板垣先生を推しているようです。単行本も売れているのかな。めでたいすね。
 ■囚人リク:逆手の巻。リク、一時死亡! 大変な荒業ですが蘇生できるのでしょうか。
 ■AIの遺電子:旅のはじまりの巻。なんと最終回!別冊に移籍だそうです。マジかよ…。
 少年ラケット:運命の二人の巻。イチロー君、とうとう記憶回復です。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。浅川梨奈嬢が最高です。

 さてと。それではさっそく今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週のラストは、現在時制に戻って11日目の朝、いつもなら誰より早く稽古を始める鯉太郎が珍しく寝坊(というほどでもないけど)して遅れて稽古場にやって来て、四股を踏むところで、「鯉太郎にある異変が起こるのである」という何とも意味深なナレーションが入って終了でした。今週はそこからの続きです。
 静かに四股を踏む鯉太郎ですが、本人もピクン、と何かを感じ、同時に常と【白水】兄貴も「……!?」と何かピリッとしたものを感じます。親方も鯉太郎の方に振り向き、その四股を見つめます。振り上げた右足を、タンッ…と静かにおろす鯉太郎。そして鯉太郎本人も、常も白水兄貴も親方も、4人揃って、こ、これは……的な表情です。そこですかさずデータ力士の常による、みんなの気持ちを代弁する独白が入ります。
 「(何だ……今の感じ…いつも見ているただの四股なのに……何か………)どうかしましたか 鯉太郎さん……」
 鯉太郎は常の声掛けにも気が付かない様子で、口を覆い、「……?」と謎の表情です。こりゃあ、かつて新弟子時代の【泡影】に、「難解だな…」と言わしめた「四股」の極意? に鯉太郎も目覚めたのでしょうか? それとも、やっぱり体調的な違和感か? いずれにせよ、何かが違う四股に、鯉太郎も、空流の男たちもまだ理解が追いついていない様子です。
 ところで、四股って、実は相当難しいというか、よかた(素人)の我々が四股を踏んでも全く様にならないのは誰しも経験があると思いますが、グッと踏ん張って、片足だけ、綺麗に膝を曲げずに伸ばすことは相当の柔軟性と鍛えられた足腰がないと出来ないことだと思います。これはもう、誰しも、やってみれば分かることですが、わたしは全然膝が伸びない、ダッサい不細工な四股しか踏めません。わたし的には、全盛期の横綱【貴乃花】関の四股は、膝が伸びた美しい四股だった記憶がありますが、現役だと【遠藤】関の四股もなかなか美しいと思っています。そういえば全然関係ないのですが【遠藤】関は先場所足を痛めて途中休場し、7月下旬に手術を受けたそうで、9月場所に間に合うか大変心配ですが、どうか間に合うようにと祈っております。生で【遠藤】関の四股が観たいす!
 で。そんな謎の空気に包まれた空流部屋から、描写はなんと虎城部屋の朝稽古の様子に移ります。我々『バチバチ』からのファンにとって、かつての虎城部屋はかなりダメ部屋で、【猛虎】さん一人が良心を持った男として描かれていましたが、あれからもう数年経っており、とりわけ、『Burst』で描かれた鯉太郎VS【王虎】の激闘をみんなが目に焼き付けてきたわけで、どうやら現在の虎城部屋は、かつてのような無気力な雰囲気は払拭されており、完全に「ガチ部屋」に生まれ変わったようです。まあ、親方の虎城親方自身、理事長となって相当イイ人に変わりましたからね。
 というわけで、虎城部屋の朝稽古はすごい迫力です。みんな体が砂まみれ。黒まわしの若い衆の中で、一人、白まわし(=関取=十両以上)の男が気合の入ったぶつかり稽古をしています。そしてその男は―――! なんと! 田上改め【稲虎】関です! おいィ! 田上さん! あなた関取だったのかよ! やったじゃん、良かったね! わたしはまた、【王虎】さんの付け人なのかと勘違いしてたよ。ホント失礼いたしました。十両だったんですなあ! しかも「虎」の一文字をもらえるほど頑張ってきたのかと思うと、これはホントに嬉しいお知らせですね。 そして、そんなガチ稽古中の【稲虎】関には、若手がガンガンと、次は俺でお願いします、と「シャス」コールが殺到。虎城部屋もいい空気ですねえ! するとそこに、「オイ…」と一人の男がやってきました! 若手も全員サッと整列して道を開けます!
 その男はもちろん! 【王虎】さんの入場です! やけにカッコイイ【王虎】さんの登場にわたしは大興奮ですよ! そして田上改め【稲虎】関と稽古を始める【王虎】さん。ここから、取材に来ていた日刊トップの橋くんの解説が加わります。橋くんの解説をまとめると、
 ◆ここまで緊張感が張り詰めた感じは、他の部屋にはないものだ。
 ◆注目すべきは弟子たちの目である。彼らの目は、恐怖で統制されたものではなく、憧れと尊敬の眼差しである。
 というわけで、完全に虎城部屋はガチ部屋に生まれ変わったようです。そして弟子たちの熱視線の先にあるのは、【王虎】さんと【猛虎】さんであります! 【猛虎】さんの気合の入った四股と眼光鋭い眼差しが超カッコイイ! これはぜひ、今週のチャンピオンを買ってご確認ください! 橋くんは言います。「この二大関が…この虎城部屋に…”真剣”を充満させている」わけです。いいですねえ!
 そして稽古を終えた【王虎】さんに記者たちが今日の【百雲】戦へのコメントを求めて群がりますが、【王虎】さんは場所中にコメントを出さないお方だそうで、完全無視。しかしそこで、橋くんが、今日の鯉太郎VS【天雷】戦について一言いただけますかと声をかけました。それに反応する【王虎】さんのコメントが今週の山場かも知れません。
 橋くんは聞きます。二人とは同期で鯉太郎とは浅からぬ縁がある。【王虎】さんも幕下でのVS鯉太郎戦を機に相撲が変わったという人もいる。そんな鯉VS天に一言、というわけですが、【王虎】さんは、面白いこと言うな…日刊トップか…と実に大人というか冷静な口ぶり。そして橋くんは【王虎】さんが相撲番になったばかりの自分をちゃんと認識していることに驚きを隠せません。【王虎】さんは、うっすら笑みを浮かべて(!)、「時機ってのがある……」と答えはじめました。
 曰く、「まるでそうなることが定められたかのような流れ」「運命にすら思える流れに点在する点」「あの鮫島(アホ)なのか、天雷なのか、あるいは両者なのか、今場所の重要な流れの中の点となることは間違いないだろう」そして点は線に繋がれるか、その線の先には……と橋くんが話を受けると、「ただ一つだ……史上最強と呼ばれる横綱…その最強がまさに今 全盛期と言っていい力を見せる 最高の時機 線の辿り着く先は間違いなく泡影… そしてそこに辿り着ける者は…相撲に選ばれた者だけだ…」
 というわけで、今週ラストは笑みを浮かべる【王虎】さんの顔アップで終了でした。この【王虎】さんのご意見は理解が難しいすねえ……! 【王虎】さんの言う「時機」と「点」、これは……つまり運命の分かれ道、岐路、そんな意味なのかな……その、「今がその時」ということを理解し、全力を尽くさないと、先に進む「線」が伸びないということでしょうか……。そして正しい、というか、ありうべき? 「線」の先に待つ横綱【泡影】の前に立てるのは「相撲に選ばれし者」だけってことになるのでしょうか。しかし、我らが鯉太郎は、今までずっと「相撲に選ばれていない」ことに対して全力で抗い、力づくで「相撲」を振り向かせてやると戦ってきた反逆の男です。それがとうとう、THE CHOSEN ONEとして覚醒しつつあり、それが四股に現れつつあるという感じでなのしょうか。
 第69話で、VS【蒼希狼】戦後に花道ですれ違った【泡影】は、まったく鯉太郎を見もしませんでした。あの時、虎城親方は「アレが相撲に選ばれた者だ」と告げ、鯉太郎は上等だぜ、とさらに闘志を燃やしたわけですが、あれはまだ4日前ですよ。いずれにせよ、どうやら【王虎】さんも注目する鯉太郎VS【天雷】戦も、いよいよ始りの時が近づいております。恐らくは単行本の切れ目としては今週の第133話までが(15)巻収録となると思います。はーーーヤバい。来週からの展開が今からもう楽しみです!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけどその後は不明
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!←NEW!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、四股に何かを感じる鯉太郎たち、そして鯉VS天に運命的なもの感じる【王虎】さんの様子が描かれました。そして田上がなんと十両で【稲虎】という四股名にチェンジしていたことも判明しました。しかし【王虎】さんの発言は難しいというか……「相撲に選ばれし者」……鯉太郎はとうとうその域に達したのか? それは努力でどうにかなるものなのか? 全力で抗った鯉太郎に相撲の神さま? 的な何かが味方したのか? そういう運命的な展開というものは、きっと訪れるであろう「残酷」をより際立たせるのかもしれないすねえ……まあとにかく、今週も大変興奮し、まったく短くまとめられませんでした。ホントさーせん! 以上。

↓ 観劇を趣味とするわたしが必ず持参するのがこれですが、9月場所観戦の際も当然持参したい所存です。いいものはやっぱりレンズが明るくて見やすいです。意外と安かった。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先週は合併号でお休みなのを全く気が付かず、大変失礼いたしました。というわけで2週間ぶりの『鮫島』なのですが、今週は静かに、そして重く、ずっしり来る展開ですので、冷静に、そして手短にまとめようと存じます。
 まずは、今週の週刊少年チャンピオン2017年38号概況です。
 ■巻頭グラビア:TVドラマ「弱虫ペダル」より坂道くん役の小越勇輝氏でした。
 ■弱虫ペダル:猛攻の巻。箱学の猛攻にさらされる総北、そしてその背後には京伏が!的な展開です。まあ、そうなりますわな。常識的に考えて。
 ■刃牙道:驚嘆の巻。ついに花山君まで……鎬先生、助けてくれ―――!
 ■BEASTERS:コントラストで支配せよの巻。ジュノちゃんの猛攻すね。
 ■囚人リク:犠牲の巻。ふざけんなジジイ!てめえもだよ!の2連発が最高です!
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:九十九血鬼夜行作物語の巻。相変わらず畳みかけるギャグのキレ味が素晴らしいすね。オチも最高でしたw
 ■AIの遺電子:旅立ちの巻。リサちゃんの健気さが泣けますなあ……。
 ■少年ラケット:いよいよ試合も大詰め、イチロー君はさらなる進化を遂げそうです。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それではさっそく今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 前回は、数年前(?)に【天雷】との一番を控えた当日、前日ヤマ行っちまった鯉太郎に、親方である【仁王】兄貴が、「どうすんだ?」と問い、それでも出場を強行しようとする鯉太郎に、そんな状態で【天雷】と戦っても意味がない、ということを身をもって分からせる展開でありましたが、それでも出たいという鯉太郎に、これだけ言ってもわからねえのかこのガキャア、という鬼の表情の【仁王】兄貴で終わりました。今週はその続きからです。結論から言うと、わたしはもう、この事態を収めるには吽形さんあたりに登場してもらわないとダメなんじゃなかろうか、と思いましたが、意外と鯉太郎はあっさり、強行出場の思いを断ち切りました。
 いや、あっさりじゃないか。鯉太郎が出場をあきらめたのは、【仁王】兄貴の泣かせる説得があったからです! 兄貴は部屋の土俵にどっかと胡坐をかいて、鯉太郎に、いや、弟子全員に言います。7ページにわたる長いセリフですが、カッコ良すぎるので以下ポイント部分を引用します。
 「いいか…よく聞け…テメーは柴犬だ 柴犬が土佐犬相手に戦えば たとえ気力じゃ負けなくても体はどんどん削れズタボロになる…テメーの力士寿命は 短いだろう だがよ…だからって俺はテメーに小手先の相撲は取らせたくねぇし 取れるとも思っちゃいねえ…小せえナリで魂むき出しで真っ向から土佐犬に向かって行けるのが テメーの強さでもあるからな…(略) 俺の続きは…テメーらに託したからよ…だからその体は テメーらだけのものだと思うな…これからも今まで通り土俵で暴れ回ればいい…だが無茶はさせねえ…これ以上は無理だと俺が判断したら テメーらにどんなに恨まれようが ブッ殺してでも止める 手遅れに なる前によ…テメーらには一場所でも…一番でも…長く土俵に立たせてやりてえからよ…分かったか…チンコ虫どもが…」
 もうですね、この7ページの間に描かれる兄貴の表情、そして聞いているみんなの表情は是非、チャンピオンを買ってご覧いただきたいです。最後はもう【白水】兄貴は泣いてますよ。そしてこんな風に言われたら、弟子たちはみな、声をそろえて「はい!」というしかないじゃあないですか。親方……しゃべりが上手くできねえなんて真琴姉ちゃんに相談してましたが、なんのなんの、立派じゃあないですか!
 そして描写は現在時制、【天雷】との一番を控えた11日目の朝に戻ります。現在時制では、前日のVS【百雲】戦で肩を痛めた常松が、親方に「どうすんだ?」を喰らって休場を決意したところでした。豆助は、うちのオッカネー兄弟子たちを従わせるんだから、やっぱスゲーなうちの親方は、なんて言いますが、大吉はそれは違う、従うんじゃなくて、慕ってるんだ、と訂正を入れます。
「一見ガサツで乱暴に見えるけど 誰よりも僕たちを見ていてくれるんだ…弟子たちに自信をもって土俵に立てるように…」大吉よ、お前も本当に成長したのう。あのダメ人間だった大吉が、今やこんな風に常に声をかけます。
「悔しいだろうけど 今場所は治療に専念しよう 常ちゃん…」大吉ももう、空流に欠かせない男ですよ。そして、そんなやり取りの中、鯉太郎が部屋の土俵に現れます。この時点(というか前回の時点)で、おかしい、と気が付かないといけなかったのですが、うかつなわたしは全然気が付きませんでした。何をかって? それは豆助セリフに現れています。
「珍しいっスね鯉太郎さん…いつもは一番に稽古場に出て体動かしてるのに…」
 !? そうだ、確かに、それは珍しいというかおかしいぞ!? 鯉太郎は答えます。
「ん? …あぁ……なんか深く眠っちまってな…」
 このリアクションに、親方は横目でギロリ、そして常は、激闘続きだったんだからしっかり眠れたのはいいことですよ…と反応。ちょっと待って、何か鯉太郎の体に異変が起きているのでしょうか!?
 そして今起きてきた鯉太郎は、常と親方のやり取りを知りませんので、常に聞きます。「おう常…今日出るのか?」「いえ、親方の「どうすんだ」が出ましたから…」「そうか…」
 そして常も大吉も、【白水】兄貴も、今日の鯉太郎VS【天雷】戦を応援バックアップする気満々です。そんなみんなの想いに応えて、鯉太郎は言います。
「あの時…親方が止めてくれてよかった…上手く言えねーけど 今場所は…今までになかった手応え…みてーなものがあって…日を追うごとに 取組を重ねるごとに…今まで感じたことのねえ にいってるような感覚があって…今までにない最高が…今日もまた待ってるような気がするんだ…」
 そして若竹部屋では、【天雷】が気合十分で朝げいこ中です。4人の若い衆に押させても、押し返す【天雷】。むしろ物足りないと、2人の若手を追加発注です。若竹部屋の親方も、その充実した【天雷】の状態に、過去最高のコンディションであるとゾクゾクしています。
「お前にとって鮫島は そこまでの存在なんだな…どうなる…これで鮫島を前にしたら…計り知れん…」
 というわけで、【天雷】の状態は完全に仕上がっており、すさまじい一番になることはもう火を見るより明らかでしょう。しかし今週ラストは、四股を踏む鯉太郎の絵とともに、こんな謎のナレーションで終わりました。
「そして……鯉太郎にある異変が起こるのである」
 ちょっと待って! ある異変とは一体ーーー!!? はーーー……ヤバいすねえ……わたしがとっさに思ったのは2つの方向性で、一つはまず、体の状態のこと。巨人の星的に言えば「破滅の音」が近づいているということですが、もう一つは、四股を踏む足のアップがあったので、かつて新弟子時代の【泡影】をして「難解だな…」と言わしめた「四股」を鯉太郎は極めつつあるのではないか、というものです。
 まあ、どちらだとしてもまさしく「終わりの始まり」なわけで、これはもうホントに、ドキドキが収まりませんなあ。まだ千秋楽まで【天雷】戦を含めて5番もあるのに、最後の戦いのような熱量ですね。大丈夫なのか……いや、まったく大丈夫じゃあないですなあ……これは。ああ、今週こそ短くまとめようとしたのに、やっぱダメでした。サーセン……。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけどその後は不明
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【田上】番付不明※王虎の付け人をやってる模様。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 

 というわけで、結論。
 今週の『鮫島』は、どうやら「終わりの始まり」といった感のあるお話で、いよいよ11日目VS【天雷】戦を前にした空流部屋の朝の様子の続きが描かれました。親方がどういう想いをもって「どうすんだ?」を告げるのかはよーく分かりましたが、今のところ、まだ鯉太郎には親方の「どうすんだ?」は発令されていません。しかし、どうも普段の鯉太郎とは違う様子に、わたしとしてはいろいろな不安がよぎります。そして一方の【天雷】は心身ともに過去最高のコンディションで11日目の朝を迎えました。果たして二人の戦いは―――!! というわけで、今後も目が離せません! はーーー本当にこの先を読むのが怖いすねえ……しかしそれでも、鯉太郎の行く末を、最後まで応援したいと存じます。以上。

↓ わたしは宝塚歌劇やミュージカルが大好きなんですが、『ロミオとジュリエット』に「僕は怖い」という歌がありまして、今週号を読んでいる時、なんかずっと頭の中でその曲がかかってました。「待ち受ける何かは 明るい夜明けじゃない いつか来る終わりが 僕には見えるんだ 僕は怖い 何かの終わりが始まっている」的な歌詞で、非常にグッときます……!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先週書いた通り、わたしは既に、オレの夏は終わった的抜け殻状態なので、特に書くネタがないのですが、今はどうも相撲教習所の時期なんすかね? 今朝、総武線に乗ったら、ツン、となにやらいい匂いがして、おや? と前を見たら、まだ髷を結えない力士養成員と思われる浴衣着用のやけにガタイのいい若者が一人乗っておりました。そして両国で降りて行ったので、どうも、ああ、これは教習所か? と思ったわけですが、どうなんでしょうか。わたしは老人レベルに朝型なので、7時前には会社に着いて仕事を始めるわけで、『バチバチ』(5)巻収録の第35話「相撲教習所」によると、朝の6時半集合と書いてありましたので、確かに、わたしが今日見かけた若者もその時間にちょっと余裕のある時間に両国に着いていました。しかし力士のつけてる鬢付け油は、大変かぐわしい香りですな。総武線では場所中も良く力士を見かけますが、匂いで一発で、おっ!? と分かるすね。
 さてと。それではまずは今週の週刊少年チャンピオン2017年36号概況です。
 ※追記:全然気が付かなかったけど、この号は36+37号、つまり合併号でした。よって次週はお休みです!!!
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版は乃木坂の久保史緒里嬢・大園桃子嬢・山下美月嬢のお三方だそうです。付録もついてるらしいすよ。勿論電子版には付録はないす。
 ■弱虫ペダル:駆け上がるクライマーの巻。巻頭カラーです。まあ、タイトル通りの展開ですが、今年の山は泉田君まで登っているのが意外な展開です。これは後々総北にとってまずい展開になりそうですね。
 ■刃牙道:不倒の想いの巻。久々に突然主人公刃牙登場で盛り上がってまいりました!
 ■BEASTERS:睫毛の奥のブラックホールの巻。ジュノちゃんはおっかないすねえ……。
 ■囚人リク:破壊の巻。さあ田中のおっさんに死亡フラグは立ったのでしょうか。そして善に目覚めたピカソ内海の決断は! 今週はかなり真面目に普通な展開です。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:太陽は罪な奴の巻。今週はなんかいつもより畳みかけるギャグ成分が落ち着いてました。
 ■AIの遺電子:リサの巻。リサちゃんの過去話。先週からかなり驚愕の(?)展開でドキドキです。いつも健気なリサちゃんが可哀想……
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さてと。それでは、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 先週は、”怪力”【天雷】が10日目を【白鯨力】に勝ち、引き上げる花道での鯉太郎との邂逅がメインに描かれ、いよいよ我々ファン待望の【天雷】VS鯉太郎が正式決定しためでたいお話だったわけですが、今週は明けて11日目の朝の、空流部屋の様子から始まります。
 まずは、大吉や豆助に、ぎっちりと右肩をテーピングされる常松こと【松明】関です。大吉たちは心配の様子ですが、常は、下半身は動くんだから、頭を使って相撲を取るさ、とやる気満々。豆助はそんな常の姿に「漢(おとこ)だぜ松明関!」と感動の様子。そこに、現親方たる【仁王】兄貴がやってきます。
 「オウ…どうすんだ? 常松…」 この、どうすんだ、には傍点が振られ強調されています。そしてこの親方の言葉に、常は、えっと、ぐぬぬ、仕方ない、と表情が移り変わり、小さな声で「分かりました…」と答えます。そして、ページをめくると「休場します…」とうなだれ気味の常松。心配していた大吉は一安心、感動していた豆助は、常の悔しい気持ちをおもんぱかって気の毒そうな表情。常もしょんぼり。大吉は言います。
 「仕方ないよ…親方の「どうすんだ」が出たんだから…」というわけで、場面は過去へ。それは、鯉太郎VS【天雷】が決まっていた、けど、鯉太郎がケガをしてしまって勝負が流れてしまったあの日の模様であります。
 あの日ーーー。鯉太郎は、相手を土俵際の大逆転、うっちゃりで勝利を得たようですが、どうやら、その無理な体勢と、土俵下へ転落したことが影響したのか(?)、「右足大腿直筋の肉離れ」を起こしたのだそうです。そしてその日は傷みがひどく一日入院したのだそうです。
 部屋では常も【白水】兄貴も、明日の取組(=VS【天雷】戦)を楽しみにしてたのにな……としょんぼりなムード。しかし翌日の朝、鯉太郎は稽古場にやってきました。もちろん右足はもう、太ももからひざ下までテーピングでぐるぐる巻きです。そんな姿に【白水】兄貴も常も、大吉も目丸手も驚きの表情。「オイオイオイ! 大丈夫なのかよ鯉太郎! 肉離れしてんだろ…!? 無理すんなって」と【白水】兄貴が叫ぶのも無理はありません。そしてそこにやってきた【仁王】兄貴こと現・空流親方。
 「オウ…どうすんだ? 鯉…」つまり現在時制の11日目の朝の状況は、どうやらこの時と全く同じというわけです。もちろん、この時の鯉太郎はこういいますよ。
「出ますよ…誰に止められようが…絶対…今日は同期の天雷と組まれてるんです…このぐらいで休めませんよ…」
 この言葉を聞いた親方の取った行動、これが今週一番の盛り上がりポイントです!
 「そうか…」眼を閉じ、ある種の決意の表情の【仁王】兄貴
 「なら…」シャツのボタンに手をかける【仁王】兄貴
 「見せて見ろ…」ぱさっと放り投げられたシャツ
 「俺を倒せれば…」今でもムッキムキの【仁王】兄貴の背中! 弟子たち顔面蒼白!
 「出させてやるよ」完全に鬼の表情の【仁王】兄貴の顔のドアップ! やっばい! こ、これは…これはまさしく仁王様!!!
 この表情を見せられては鯉太郎も、声が出ません。そんなピリピリムードを【白水】兄貴はなんとかしようと「何言ってんだよ親方…目がマジだぜ…」と声をかけますが、鯉太郎は引けません。そして稽古場の土俵で対峙する【仁王】兄貴こと現・空流親方と鯉太郎。親方は鼻くそほじりながらの超余裕モード。鯉太郎もギリっと歯を食いしばって……立ち合います! が、しかし! 当然そんな足では、鯉太郎の最大の武器である立ち合いのブチカマシが出来ようはずもないじゃあないですか! トッと親方の胸に頭をぶつけるのが精いっぱい。さあ、ここからが親方のターンです!
 「なんだそりゃ…」というつぶやきののち、右手一本で鯉太郎を土俵にたたきつけます。
 「オラ…終わりか? 現役じゃねえ俺にそのザマで よく場所に出るなんで言えたもんだなあ…」これには【白水】兄貴は思わず心の中で、あんたまだまだ現役でもトップクラスの力があんだろうが、とツッコミますが、鯉太郎はそれでも雄たけび一発、親方にぶつかっていきます。
 「そんな腑抜けた当たりしか出来ねえ奴が プロとして土俵に立つってのか? 失笑もんだな…」そう言われても、鯉太郎の脳裏には、今日の一番を楽しみにしてるぜ、と言ってくれた【天雷】の晴れやかスマイルがこびりついています。
 「待ってる奴がいるんだ…これを逃したら次はいつになるか分からねえ…天雷の気持ちを…俺は踏み躙れねえ…」
 しかし親方は、非情の右張り手を一発かまし、鯉太郎を土俵に沈めます。それでもあきらめようとしない鯉太郎。もうそんな状況を見てられない【白水】兄貴が親方にも鯉太郎にも、もうやめろ、やりすぎだ、お前もだよ鯉太郎もうやめろって! と悲痛の叫びをあげます。ようやく親方も言います。
 「チッ まだ分からねーのかテメーは…天雷はそんなお前と戦いたいのか? そんな状態のお前と戦って テメーも天雷も最高の取組だったと言えるのか…?」
 兄貴! まったくもってそれは正論ですよ! ちゃんとアナタ、言葉でもいいこと言えるじゃないすか! 親方として見事に指導してるじゃないすか!
 「テメーの性格だ…ここまでしなきゃ納得しなかっただろ…分かったら今はまだ時期じゃなかったと諦めるんだな…」
 しかし頭ではそりゃあ分かって理解できても、鯉太郎のハートはまだおさまらないわけで、それも読者的には分かっちゃうからつらいところですねえ……
 「だけど…だけどやっぱり…少しでも体が動くなら…俺は…」
 という鯉太郎の言葉を聞き、なんだとてめえまだわからねえってのかこのガキャア、的な鬼の形相の【仁王】兄貴の横顔ショットで今週は幕、でありました。はーーーおっかねえ!
 なるほど、つまり親方が「どうすんだ?」と聞いた時は、もうアウトで「アッハイ、休場します!」と答える以外の選択肢はないんすね。要するに、親方はアウトじゃなきゃ「どうすんだ?」なんて、おそらく聞かないわけで、それを自分の口から言わせて、気持ちを整理させるための「どうすんだ?」なんでしょうな。素晴らしい親方じゃないですか。いやあ、こりゃあちょっと、今後、鯉太郎にいつ親方から「どうすんだ?」が発令されるか、あるいは発令されないのか、超ドキドキすねえ……今週は短くまとめようと思いましたが、ダメでした。ホントサーセン。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけどその後は不明
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇 で確定!!! やった!!
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関。共に10日目現在10勝0敗。
 【天雷】東関脇 10日目現在9勝1敗
 【田上】番付不明※王虎の付け人をやってる模様。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 

 というわけで、結論。
 今週描かれたのは、11日目の朝の空流部屋の様子と、かつての【天雷】戦の当日朝の鯉太郎と【仁王】兄貴のぶつかり合いの様相でありました。結果、10日目に【百雲】戦で右肩を痛めた常松は休場を決意。そしてかつての鯉太郎は、親方にどやされても【天雷】戦をあきらめきれず、親方の更なる怒り爆発寸前、までが描かれました。まあ、でも、やっぱり親方の方に理はあるわけで、それでもあきらめきれない鯉太郎の気持ちもわかるわけで、指導者としては、何としても鯉太郎にわからせる必要があるんでしょうな。かつての吽形さんのこともありますしね……。今週も大変読みごたえのあるお話で大満足ですので、まさしく仁王様ばりの親方の鬼の形相は、ぜひチャンピオンを買ってご確認ください! 最高です。以上。
 ※追記:全然気が付かなかったけど、この号は36+37号、つまり合併号でした。よって次週はお休みです!!!

↓ 要するにこういうことです。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、毎週お届けしている『鮫島』ニュースは自分用備忘録のつもりなのですが、毎週、海外ドメインからのアクセスが多く、きっと海外に赴任して、遠く離れた地でも鯉太郎の戦いの軌跡が気になってしょうがない人が多いんだろうな……と勝手に解釈しておりますが、他にも、どういうわけか地方自治体や公官庁のドメイン(県庁とか市役所はおろか国の省庁まで幅広い)からのアクセスも多いし、大学ドメインの.ac.jpもやけに目立つ(学生だか職員だか不明)、そして日中は一般企業のco.jpドメインからのアクセスも多くて、サボリーマンの皆さんやサボり役人の方々が多いんだなあ、とぼんやり認識しております。もちろん、まったく非難するつもりはありません。わたしも似たようなものなので。まあ、アクセスログをたまに見てみると、大変興味深いす。
 さて。では、まずは週刊少年チャンピオン2017年29号概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は浅川梨奈嬢。電子版もアリです。大変素晴らしいお体です!
 ■弱虫ペダル:涙の巻。今週はもう相当泣けます! 青八木さぁぁああん!!
 ■刃牙道:拳豪VS剣豪の巻。今週も花山君のターンです!武蔵をぶっ飛ばせ!
 ■BEASTERS:罫線に白い毛這わせての巻。パンダのゴウヒンさんがイイですなあ!
 ■囚人リク:格好の巻。今週は史郎さんのどや顔で締めですw 最高ですw
 ■Gメン:どつき合いの巻。まあ、これにて一件落着ですな。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:パパ・一撃・さようならの巻。この漫画ホント好き……しつこいぐらいのボケの連続で何気にネームがすごく多くて毎週大変笑わせていただいております。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週はついに決着した常松こと【松明】VS【百雲】の一番。結果は、横綱【泡影】を倒すためにすべてを捨てて非情を手に入れた【百雲】の勝利。サウザー様的「愛などいらぬ!」といった決意は悲痛な叫びのようにも聞こえますね。そして常も、投げ飛ばされなかったものの、無理な体勢でこらえたため、右肩は完全イッてしまいました。そして会場は常の健闘を称える拍手の嵐&勝った【百雲】へのブーイングが鳴り響く異様な事態となってしまいました。要するに、わたしが事前にテキトーな予想として考えていたような、どうせ常が勝って、【百雲】の纏う闇が払われ、会場の片隅で見守る元カノの綾子ちゃんと和解するんでしょ、という安っぽい展開には全くなりませんでした。むしろ正反対と言える、極めてシビアな結末で常VS【百雲】戦は幕を閉じたわけです。
 今週は、空流の若手【豆助】に付き添われて花道を下がってきた常を、鯉太郎が出迎える場面から始まります。真っ先に、「大丈夫か 常!!」と声をかける鯉太郎。しかし常の顔は、どこか晴れやか。そしてデータ力士らしく、自分のけがの解説を始めます。
 「左肘は関節包橈骨輪状人体が多少伸びているかもしれません…右腕は上腕骨と肩甲骨がズレてますね…」
 おいィ!解説してる場合じゃないぞ!同期の大吉くんも「痛くないの…」と震えていますが、常は冷静に「1人だったら阿鼻叫喚だ…」と大吉くんには素直な様子。鯉太郎も、バカヤロウ、すぐ診療所行くぞ、と促します。いつもは、取組後にボロボロになる鯉太郎を常が診療所へ連れて行くわけで、常も笑って「ハハハ…いつもと逆ですね」なんて言ってます。「軽口叩いてんじゃねーよ!」なんて答える鯉太郎に、空流の兄弟のきずなを感じますな。
 そして常は診療所へ向かうわけですが、大吉に、とある人物を呼んでおいてほしい、と頼みごとをしました。ページをめくると、それが誰なのかすぐに分かります。国技館横のテラスで常を待つ男が一人。そうです。常のクソ親父です。前日の夜突如として常の前に現れ、金の無心に来た親父。そんな親父の元に、帰り支度で右腕を三角巾で吊った常が現れます。そして袂から、かなり分厚くなっている封筒を取り出し、「ほらよ…」と差し出す常。
 しかし、あのクソ親父も、今日の常の戦いを観客席から見守り、常の成長を感じ取っていたわけで、自らを恥じているわけです。親父は、常に謝罪します。悪かったな…洋一…お前がどうやって生きてきたのか…取組を見て…俺は…泣いてばかりいたあのガキが…強くなっていたよ…。
 そんな親父の言葉に、常は答えます。それは、空流であったからであり、鮫島さんと出会ったからだ。鮫島、そう、あんたと同じ部屋だった、火竜の息子だよ、と。かつてはクソ親父も力士として、火竜の闘いを見守り、火竜に【松明(たいまつ)】という四股名を付けてもらったという縁があるわけですから、その火竜の息子である鯉太郎が常を鍛えてくれていることを知って、クソ親父としてはもう涙するしかありません。
 「そうか……そうか…ありがてーなー…」
 そしてクソ親父は、常にもう金の無心にきたことも忘れ、もう会うこともねえだろう、どうしようもねえ空っぽな自分とお前は違う、と別れを切り出します。しかし、常は本当に大人ですよ。冷静に親父に言います。「構えろよ…勝負しろ…俺と……」この時、常は雪駄を蹴り脱ぎながら言うのですが、実にカッコイイですなあ! まるで侍が本気の斬り合いの前に、草履を蹴り捨てて構えようとするような感じすね。もちろん、親父は、何言ってんだこんなジジイと幕内力士で勝負になるわけないとかごちゃごちゃ言いますが、常はまた、ビシッと親父に言います。これがまたカッコいい!
 「聞こえないのか…元三段目だった松明に言ってんだよ…それとも逃げるか…今までのように…そしてこれからも…戦いもせず…逃げるのか…ならなおさら俺がここで お前を終わらせてやる…」
 常の眼はもう完全に戦闘モード、「空っぽのまま 死んで行けクズが…」全身から闘気が溢れかえってます。常よ、お前本当にカッコイイ奴だよ! こう言われたクソ親父の脳裏には、かつての火竜の言葉や、幼き頃の常の姿が蘇ります。そして気合一発!常に挑む親父!そして、見開きで描かれるのは、当然、親父をぶっ飛ばす常の迫力の立ち合いです。そりゃそうだ。かなうわけはないし。でも、ここは、親父が逃げずに現役幕内力士に勝負を挑んだこと自体が重要なんですよ!
 ぶっ倒れた親父も、やっぱスゴイな幕内の当たりは、でもいっそ本当に殺してほしかったなどと言いますが、常はまた、ここでもピシャッとキメてくれます。
 「甘えるな…あと何年あんたが生きるのか知らねーが…生きてる間は終わりじゃねーだろ…見せて見ろよ…今みたいに意地を…立ち向かってみろよ…テメーの人生に…出来るだろ…アンタは俺の親なんだからよ…」
 もう、常よ、泣かせないでくれよ……このキメセリフの時の絵も素晴らしくカッコイイ常ですね。親父は泣きながら、ああ、そうだな…としか言えません。そしてそんな泣きながらぶっ倒れている親父に、常はそっと分厚い封筒を置いて立ち去ります。親父が、ちょっと待て、これは貰え…と言いかけたところで、常は親父の言葉をさえぎって言います。
 「チッ…礼だ…あんたは俺に相撲を残してくれたからな…」
 ――そして常はクールに去るの図、で今週は終わり、でした。はーーー今週の常はカッコ良すぎですよ……あの常松が……ホント成長しましたなあ……読者としては、Burstにおいてあんなに悪役だった常が、こうして立派に成長した姿を見せてくれると、本当に嬉しいというか、そう、これは感動ですよ、まさしく。常も言うように、空流だったからこそ、であり、鯉太郎と出会ったからこそなわけで、ホントに『鮫島』は最高です!
 ところで、今週の第124話で、単行本的にはおそらく(14)巻がちょうど終わるはずで、わたしは先週、いよいよ鯉太郎の11日目の相手が判明するかもしれないと書きましたが、上記の通り今週は常と親父の話の決着だったので、鯉太郎の次の相手は一切触れられませんでした。果たして鯉太郎は一体誰と次に戦うのか。そして【王虎】さんにぶっ殺す宣言をした【百雲】の「無情」の行く先は―――と、来週以降も『鮫島』からは目が離せないすね。はーーーもう、超楽しみっす!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけどその後は不明
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。64連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 今週は、常のエピソード最終編となる、クソ親父との決着が描かれました。そしてまあ、なんと常のカッコイイことよ……泣けたっす。そして気になるけがの状態ですが、まあ当然重症でしょう。果たして常は休場となるのか、ちょっと良くわかりませんが、いずれにせよ、11日目以降の各力士の星取り状況は、一度佐藤先生にきちんと公式発表していただきたいすね。【王虎】さんも全勝で来てるのかなあ? とか、【天雷】はどうだろう、とか、もう場所も後半優勝争いに突入しているわけで、来週あたり、その辺をどーんと教えてほしいっす。いやー『鮫島』はホント最高っす!以上。

↓ そういえば、5月場所の最中にちらっと両国に寄り、特に何も考えずコイツを買って来ました。なんか……癒されるナァ……。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、全然関係ないのですが、わたしは自転車ロードレースが大好きで、スカパー!の「J-SPORTS」だけ契約しており、毎年7月に開催される「ツール・ド・フランス」をもう10年以上楽しみに観戦しているわけなんですが、実は5月にはですね、イタリア一周のレース、「ジロ・デ・イタリア」というのが開催されているのです。こちらも実にエキサイティングなレースで面白いのですが……しかしですね! 実にガッデムなことに、今年はJ-SPORTSで放送されなかったのです!! なぜかというと、なんちゃらというネット配信屋に、日本での放送権を奪われてしまったからです。くっそーーー。実に腹立たしい……そしてまさかと思うけど「ツール」もダメなのか!? とドキドキしていたのですが、先週かな? やっとJ-SPORTSから、今年もちゃんと放送するぜ宣言が出たので、まあ一安心なのですが、わたし的には「ジロ」が観られなかったのが未だにちくしょうなわけで、毎日結果だけ観ても、くっそう、全然盛り上がらねえ!と嘆いておりました。しかし、もうTVより配信の時代になっていくんですなあ……昭和の男としては大変残念というか、しょんぼりであります。
 では、まずは週刊少年チャンピオン2017年28号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版ではまゆゆでお馴染みの渡辺麻友嬢です。ホントかわええなこの人……
 ■弱虫ペダル:追いつく!!の巻。とうとう箱学の背中をとらえた!! 来週は青八木くんがとうとう……という展開かな。かなり泣けそうな気配濃厚です!
 ■刃牙道:疵と剣の巻。いいぞ花山君!ぶん殴れ!! 武蔵の顔面にクリーンヒット!!
 ■BEASTERS:雨雲に引き連れられての巻。パンダ再登場!キタ――!
 ■囚人リク:陽動の巻。今週は顔芸ナシです。ラストの田中さんのキメ顔ぐらいかな。
 ■少年ラケット:高みへ!の巻。ロッキー先輩勝利!カッコ良かったぞ!
 ■Gメン:男の意地の巻。ベタだけど薙っちょかっこいいぞ!さあ逆襲だ!
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週は、常松こと【松明】VS【百雲】の、両者の投げ合いからついに常の右肩が「ボクン」と嫌な音を響かせてしまったところで終了し、もうどうなったかドキドキしながら真っ先に今週の『鮫島』を読み始めたのですが―――結論から言います。常の右肩はイッてしまい、勝負がついてしまいました。常の負け、です。わたしは散々、常の光のパワーで、【百雲】の闇を払ってくれと書いてきましたが、残念ながらそうはなりませんでした。大変残念す……。
 では冒頭から見てみましょう。
 「ボクン」という響きに、常の父親は唖然、鯉太郎は、常!と叫びそうな顔、王虎さんは、やりやがった……的なクールな表情、そして解説席の虎城理事長は「やりおった……」と土俵を見つめます。
 一方の【百雲】は心中でこう思っています。「関係ねーさ…関係ねえ…これは俺が手にした力…余分なものを全て削ぎ落とし手に入れた力…泡影(アレ)を潰すための…俺の力だ…」
 そして、見開きで描かれる大迫力の投げのシーンが入ります! が、常も、最後の力を振り絞り、雄たけびを上げて堪えます! その結果、常の右腕はあらぬ方向を向いたまま、【百雲】のホールドからすっぽ抜け、投げられることはありませんでした。これは文字で表現するのが難しい! 要するに【百雲】の投げは、空振りです。そして客席に座る常の親父は、涙を流し「もういい…わかった…わかったから…もう立つな…もう…やめてくれ…」とつぶやきます。
 しかし土俵上では、完全に右肩を壊された常が、すごい形相で【百雲】に「ニヤリ」とします。この絵は、ぜひチャンピオンを買ってチェックしてください! まさしく、そう、まさしく鯉太郎と同じ笑みですよ!【丈影】やバーキこと【蒼希狼】たちを震わせた、あの鯉太郎的な凄みです!
 そんな常の顔を見た【百雲】は、さらにエキサイト、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛と咆哮をあげて、右手を振りかぶってフィニッシュに持ち込みます! そして、再び見開きで描かれる【百雲】の強力な突き落とし(?)が常の後頭部にクリーンヒット!!! 場内はシーン……となります。が、常はまだ【百雲】から目を離しません。しかも、数ページ後に明らかになりますが、どうやら常の意識は飛んでいる模様です。しかし、意識が飛んでいても自分を見つめるその目に、「ゾッ……」と一瞬の恐怖を感じる【百雲】。ここでの常も、まさしく鯉太郎的です。しかし、ページをめくると……すでに、常の右腕はぶらんと自由が利かず、土俵についておりました。勝負あり! 【百雲】の勝利です……。
 勝負がついても、場内は静まり返ったまま。NHKアナも、若干戸惑いながら「しょ…勝負あり 勝ったのは百雲…」と結果を伝えるしかありません。そして虎城理事長も「極められた腕が限界でしたな…しかし意地を見せましたよ…松明は…」と若干のねぎらいコメントです。
 そして、徐々に拍手が起こり、その拍手で飛んでいたと思われる常の意識も回復。
 「俺…は…あぁ…そうか…負けたのか…」
 やっと顔をあげた時には場内は割れんばかりの歓声が常に降り注ぎます。
 「クソ…」
 今週一番のグッとくるシーンは、わたし的にはここです。本人は負けてしまったことが悔しくて、出る言葉は「クソ…」なんですが、それでも常の闘いは、クソ親父だけでなく、観客全員の心を動かし、場内は満場の歓声に満たされたわけです。しかも、この常の悔しさを表現する「クソ…」の一言の際に描かれている絵は、常の背中なんです! どんな顔をしているか分からないんです!もう、それを想像するだけで泣けますよここは! 常よ……すごい戦いだった……惜しかったなあ……くそう!
 はーーー泣ける……
 そして一方の【百雲】は花道を下がっていきますが、これがまた場内から大ブーイング。ふざけんなコラ!! やめちまえバカヤロー 帰れ帰れ!! なんでそんな汚ねえ相撲しか出来ねーんだ!! とか、もうひどい有様で、缶ビールが【百雲】の頭に当たるほどです。でも、【百雲】の心中を知っている我々には、とても複雑ですね……我々読者としては、そんなひどい非難はできないすよね……どうしても。親方も、【百雲】に声をかけます。
 「もう…いいだろ…なぜ自分から首を絞めるような相撲を取る…本当のお前はそんな相撲を取るような奴じゃないだろ…」
 いやいや、親方的にはせめて理解者であってほしいような気もしますね……。そんな親方の言葉に、【百雲】はこう返答します。
「勝てただろ…それだけあればそれでいい…後ろはないんだ…俺にはもう…」
 そして! ここで! 支度部屋に戻る【百雲】に、声をかける男が! そうです!大関【王虎】さんです!
「フン…面白かったぜ…己を殺して手に入れたのは勝ちに固執する無情か…」
 さすが【王虎】さんは分かっていらっしゃる! 対する【百雲】はこう答えて、今週は終了です。
 「明日は…王虎(テメー)の番だ…」
 な、なんだって――――!? ここで翌日11日目は、【百雲】VS【王虎】さんの取組であることが判明しました!! まじかよ! 佐藤先生あざっす! 当然その戦いも描かれると思っていいんすね!? キタ―――! とうとう『鮫島』で【王虎】さんの戦いが描かれる日が! わたしはてっきり、これは翌日は鯉太郎VS【百雲】となって、リベンジマッチかな、とかテキトーに思っていたのですが、どうやらそうはならないようです。今週の最終ページの、編集部からのアオリをメモして終わりにします。
 「深き闇の底を蠢く百雲。そして十一日目、王虎と対決。」 やっばい! 超最高す!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけどその後は不明
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。64連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 今週はとうとう常松VS【百雲】戦が終結、結果は常の負け、で終わりました。残念すねえ……。ちなみに先に客観的なことを書いておくと、単行本収録としては次の124話が(14)巻の切れ目になるんじゃないかな。つまり来週までで、いったんの区切りになるはずです。てことは、きっと来週、鯉太郎の11日目の相手も判明する予感がしますね! わたし的には、ここで【天雷】が来て欲しいのですが、どうなるでしょうか。そして何より心配なのが、常の右肩ですよ。これは脱臼なんですかねえ? 骨折、ではなさそうですが……。なんか脱臼というと千代の富士関を思い出しますなあ……常よ、確かに星は落としたが、お前の意地は、十分にクソ親父に通じたようだし、休場もやむなしだけどまずはケガの治療に専念しておくれ……大変心配です……。以上。

↓ 今日発売です! チャンピオンと同時に、こちらも朝起きたらTabletにダウンロードされておりました。なんて便利な世の中!




 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、昨日、ケンシロウの化粧まわしでお馴染みの毛深い男【高安】関がとうとう大関に昇進しましたね! そして会見ではラオウ様こと横綱【稀勢の里】関とがっちり握手。わたしはもう、おお……北斗の兄弟がここに……と感無量でありました。しかし、肝心の(?)、わたしの愛する黒ブタくんことトキ【松鳳山】関は同じ一門ではあっても部屋は違うし番付も下なのでこの2ショットには参加せず。当たり前ではありますがちょっと淋しいす。結局【松鳳山】関は後半4連勝したものの千秋楽は星を落とし、6勝9敗。もう1つ勝っておきたかったすねえ……また三役目指して頑張っておくれ……!
 では、まずは週刊少年チャンピオン2017年27号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版は今週もなし。紙雑誌版もなしなのかな?
 ■弱虫ペダル:6人の力!!の巻。巻頭カラーです。いよいよ集合、さあ、加速するんだ!
 ■刃牙道:「闇」の巻。花山君カッコ良すぎる!! 握力×体重×速度で武蔵をブッ倒せ!!
 ■BEASTERS:こぶしの縁に寄せての巻。レゴシの宣言はカッコイイですね!
 ■囚人リク:啖呵の巻。まさしく啖呵を切る田中氏のどや顔芸が素晴らしいww
 ■Gメン:条件の巻。さあ、薙のターンPart2です。早く勝太も駆けつけろ!
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:ロマンス・ロナルド・ロードショーの巻。ボケ合戦が最高ですw
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 今週はちょっと、ラストがわたし的に、ど、どういうこと……だ? という感じなのですが、まあ、いつもどおり始めましょう。
 先週は、常松こと【松明】が【百雲】の左腕をがっちりホールド、かつて王虎さんに教えたという得意の小手投げの体勢に入った―――!! というところまででした。今週はそこからです。虎城理事長も、決まったか……という実況席ですが、まあ、漫画的にそりゃああっさり決まるわけがないですよね。もちろんのこと、【百雲】はダン!! と右足を出して投げを堪えます。
 常も、「クッ…片手だけじゃダメだ…手を組んでフックさせねーと…」と思いますが、先週・先々週描かれた通り、常の左腕はひじに強烈な張りを喰らっています。「クソ…左腕がまだ利かねえ…」なわけですが、一瞬のその隙に、【百雲】が吠えます! NHKアナも絶叫! 「あーーーー!! 百雲が掬い投げで返しに行ったーーーー!!」な展開です! これには、王虎さんも「百雲(あの)クラスにはわずかな隙も命取りとなる…」と冷静に状況を支度部屋で見守っています。
 この、常の思う、小手投げの際の「手を組んでフックさせる」というのは、アレですね、『Burst』(6)巻での【王虎】VS【天雷】の一番で、【王虎】さんがみせたフィニッシュ技ですな。そして、この常の小手投げと【百雲】の掬い投げの打ち合いは、なんとなく我々としては、【白水】兄貴が腕をへし折られたかつての【王虎】戦を思い起こさせるような、若干嫌な予感がしてなりません!
 そして常と【百雲】の投げの打ち合いのさなか、常の脳裏にはクソ親父への想いが駆け巡ります。自分に期待するな、お前は俺のガキなんだからよ、といつも言っていたクソ親父。だから何だ、俺はお前とは違う!自分で自分を諦めて、だた逃げていたテメーとは…抗うぞ…俺も最後まで…あの人のように…!! と、鯉太郎の姿に希望を見ている常。健気じゃあありませんか……。
 NHKアナの興奮も続きます。「しかし松明もまだ投げを諦めていない! 両者投げの打ち合いになった――!! どちらが先に落ちるか力勝負だ!!」そして場内は松明コールが鳴り響きます!! その松明コールを聞いて、常のクソ親父もまた、昔、鯉太郎の父、【火竜】に言われた言葉を思い出します。 「生き様に火を積めて燃え上がるのよ 土俵でな…」
 まさに土俵で燃え上がる我が息子の姿に、とうとうクソ親父の頬にも涙が……!!
「何だったんだろーな……俺の人生は…やり直してーなー…あそこから…」
 あそこというのは、弟弟子である【火竜】との稽古の日々のことです。すっかりダメ力士になった自分に、【火竜】は「楽しいと楽ってのは違うだろ……」と言いました。あの日、あの時から、やり直せたら……はーーー残念ながらもう戻れないんすよ、あの日にはね……
 というわけで、土俵上は投げの打ち合い、常は気合の雄たけびを上げて、決まれ…と渾身の投げを見せます! が、【百雲】もガガッ!と堪え、逆に【百雲】が両手をぎっちりフックさせることに成功、渾身の投げを炸裂させます!!! が、ここでも常がズン!と堪え、膠着状態に。ギリギリと常の右肩を締め上げる【百雲】と、こらえる常松。その様子に新発田部屋の親方も「もう…無理するな…無理するな百雲!!」と叫びます。
 そしてーーーめくったページの先には、「ボクン」という嫌な音が!!
 今週ラストは、鯉太郎のハッとする表情、クソ親父の呆然とした表情、静まり返る観客たち、虎城理事長の無念そうな表情、王虎さんの厳しいまなざし、そして……新発田部屋親方が「バカヤローが…」と頭を抱えて嘆いている表情、これらの集合絵で終わりました。
 さあ、この「ボクン」という音ですが、これは……普通に常の右肩(もしくは右ひじ?)がイッってしまったということですよね? でも、新発田部屋親方の無理すんな、というのは……そこまでやることはない、無茶すんな、そこまで悪役(ヒール)になるな、という悲痛な叫び、ってことなのでしょうか? それともまったく別の意味があるの……か?
 まさしくかつての【王虎】VS【白水】兄貴の再現のようになってしまったこの一番、そういえば日曜日の千秋楽、【高安】関も【照ノ冨士】関に同じようにがっちり極められて負けてしまいましたが、痛そうでしたな……どうやら来週、常VS【百雲】はいよいよ決着となりそうな気配ですが、果たして勝者は!? いやーー今週も興奮してサーセン。ホント『鮫島』は最高すね!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけどその後は不明
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。64連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 どうやらイッちまったかと思われる常の右肩ですが、大変大変心配なラストで今週は幕です。読み終わった瞬間、もう来週が待ちきれないのですが、これは……マズイすね……。【白水】兄貴は【王虎】さんに腕を折られても立ち向かいましたが……しかしもしこのまま常が負けるとすると、鯉太郎VS【百雲】もあり得る展開かもしれませんなあ……はーーーもう、どうなるんだよ! 佐藤先生、来週が待てないっす! 以上。

↓ 6月はペダルの新刊ですな。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、現在熱戦が繰り広げられている大相撲夏場所ですが、先場所で左胸~左肩を負傷してしまった横綱【稀勢の里】関が休場となってしまいました。まあ、しょうがないすよね……しっかり治して、次の名古屋でまた活躍していただきたいと存じます。そして今場所は、昨日11日目終了時点で横綱【白鵬】関が11勝0敗と単独首位。ここ何場所だろう、えーと、去年の夏場所以来だから4場所優勝から遠ざかっておりますので、約1年ぶりの賜杯を手にすることができるか、楽しみですな。そしてわたしが応援している黒ブタくんこと【松鳳山】関は、現在3勝8敗とよろしくありません。いつもは、黒星でも超惜しかった、というような相撲内容は良かった黒星が多い松鳳山裕也君ですが、今場所はどうも内容的にもなあ……昨日は久しぶりに勝ったので、残り4番、かっこいいところを見せてほしいと思います。
 では、まずは週刊少年チャンピオン2017年26号概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ! 紙雑誌版だとAKBの入山杏奈嬢だそうですよ。
 ■弱虫ペダル:デスゲームの結末の巻。まあちょっと無理あったなあ。でもやっと手嶋さん&青八木くんが坂道たちに合流です。はよ追撃せんと手遅れになるぞ!
 ■刃牙道:純粋いの巻。「きれい」と読みます。花山君が相変わらずかっけえす。
 ■BEASTERS:美味礼賛のための巻。ハルちゃん超絶ピンチ!これもうアウトか!?
 ■囚人リク:地獄の巻。久々登場の鬼道院。もうほんと人間を超えてますw
 ■Gメン:惚れた女の為ならばの巻。さあ、薙くんのターンの始まりです!
 ■サウエラップ自由形:ダースレイダーの巻。「鮫島」ファンにしか通じないギャグが最高です。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週は【松明】VS【百雲】がとうとう始まり、立ち合いの攻防から常がまわしを取ったものの、常の左ひじに【百雲】のキツイ張りが炸裂し、さらにカチ上げ気味の右エルボーが常の顔面にヒット!! というところまで描かれました。今週はそこからの続きです。
 解説席の虎城理事長も、常の左ひじを襲った【百雲】のキツイ張りに、「壊(い)ったか…」と見ています。こりゃあ、完全にヤマ行った感じですね。そして常の顔面に炸裂した【百雲】のエルボーは、常を吹っ飛ばします。そんなラフファイト気味のカチ上げに、場内からは「キタネーぞ!」とか「みっともねー相撲取ってんじゃねーよ!!」的なブーイングです。しかし、当の【百雲】の脳裏にはそんなブーイングは響きません。
 「辿り着かねーんだ…普通にやってたら…テメーらには分からねーさ…分かってほしいとも思わねえ… 躊躇はしねえ… 罵倒されようと…蔑まれようと…泡影に辿り着くまでの 俺が選択した道…まだ土俵(ここ)に立っているための 俺の覚悟…」
 なんというか、悲痛な決意ですなあ。こういう、「たとえ誰にも理解されなくとも、俺は俺の信念を貫くぜ」的な不器用な男像というと、最近ではNHK大河の「例え卑怯者・敵と思われようと俺は大好きな直虎さまを守るぜ」という小野但馬守正次さまの決意を思い出しますね。若干方向性が違うか。まあいいや。いずれにせよ、【百雲】のラフファイトの真意に虎城理事長はちゃんと気が付いています。それは、あまりに横綱【泡影】が異質であることを知っている虎城理事長ならではでしょう。そして理事長はそんな【百雲】の決意をこう評します。
 「だが…その道は…苦しみを孕むその道は…生半可な精神では耐え切れんぞ…一歩踏み外せば破滅…それでもその道を進むか百雲…」
 理事長……あなたホントいい人になりましたね……。そして土俵上では、エルボーを喰らって一瞬ガクッとする常に追撃がかかりますが、常は気合で(?)右肩を【百雲】にブチかまします! NHKアナも絶叫、「あーーー!! 鬼の形相で前に出た松明!! さすがにこのままやられっぱなしでは終わらない!!」 そして場内も大歓声!! 常は「クソ…不用意にマワシを取ってしまった…バカか俺は その後の予測はできたはずだ…」とデータ力士らしく一瞬反省、そしてすぐさま襲い来るエルボー2発目を喰らいながら、「これほどの男がここまでして勝ちに来る世界…奇麗汚いで割り切れる簡単なもんじゃない…必死…土俵(ここ)にあるのはそれだけだ…落ち度はすべて俺にある…」と自己納得完了です。
 そして! 納得の完了した常の眼は当然死んでいません! 石川に一発KOを喰らった新弟子時代の常松ではありません! 気迫に満ちた、まさに「鬼の表情」ですよ! そして、それを観客席で観ている常のクソ親父は「もう…いいだろ…なんで…そこまで…」なんてつぶやいています。そして常の幼少期のことが頭に浮かびます。どーせ俺のガキなんだからお前なんてダメ、自分に期待すんじゃねーぞ、なんてひどいことを言っていた自分。それでも常は、何度も何度も、クソ親父に相撲取ろうよと言い続けていた過去。そんなことを思い出しながら、常のクソ親父は、土俵上で戦う常に、こう思います。
 「バカな奴だ…お前はそうやってずっと…あの頃から…俺を責めているのかよ…」
 常もまた不器用すねえ……でも小器用な男より、不器用でいいじゃあないですか。男って奴は! そして土俵上では、【百雲】の左のハリが常を襲う―――!! というところで、ザッと【百雲】の左腕を常は右腕でがっちりホールド!!! これは! まさしく! 小手投げの体勢だ―――!! キタ―――!! 王虎さんに教えたという、伝家の宝刀、小手投げ!! これには支度部屋で見守る王虎さんも、思わずニヤリ!
 「常松(オマエ)らしくない ずい分と泥臭い相撲じゃねーか…」
 あのですね……常の方が5歳ぐらい年上なんすけど……まあ、王虎さんの方が番付も上だし各界入りも先だから、オマエ呼ばわりはアリすね。虎城理事長も「敢えてもらい距離を測っていたか」と常の戦略にご満悦。
 「簡単には終わらねーんだよ…俺は…あの続きを…あの先を…意地張って歩き続けてきてんだよ…」
 という常の意地の小手投げが炸裂する1ページブチ抜きの大ゴマで今週は終わり、でありました。はーーー興奮したわ……。
 まあ、このまま素直に投げられるとは思えない……けれど、常の意地と【百雲】の覚悟のぶつかり合いは大変興奮しますね。来週決着まで行くかしら……どうでしょうね……ホントにもう、二人とも勝たせてあげたいですが、果たして勝者はどちらか、そして敗者に光はもたらされるのか、楽しみに応援したいと存じます。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけどその後は不明
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。64連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 いよいよ佳境に入った常VS【百雲】ですが、ラストの小手投げが勝負を決めるかどうか、大変興奮するところで今週は終わりました。いやー、来週も楽しみですなあ。そういえば、常は7日目まで全勝だったはずですが、その後の8日目と9日目はどうだったんだろうか? 勝ち越して、二ケタ勝って、小結ぐらいに昇進してほしいすねえ。そして、鯉太郎の次の相手が本当に気になりますなあ。VS【天雷】辺りが来てほしいのだが……そして復讐に燃える【猛虎】さんとの本割も絶対実現してほしいすねえ……「……やっとお前に借りを返せる時が来たな……」的なカッコイイ【猛虎】さんがみたいすね。そこんところ、佐藤先生よろしくお願いいたします! 以上。

↓ 一応、毎週ちゃんと観てます。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、いよいよ開幕した大相撲平成29年5月場所、通称夏場所ですが、なかなか波乱の展開であります。昨日4日目終了時点で、横綱・稀勢の里関は2敗。やっぱりどうも左が万全ではないようですな。しかし弟弟子の高安関が元気いっぱいです。今場所でいい成績を残せば大関昇進となるわけで、大変期待できそうです。一方で、わたしの応援する黒ブタくんこと松鳳山関は未だ勝ち星なしの4戦4敗。大変心配ですが、どうか頑張って! そしていよいよ公開された「北斗三兄弟」の化粧まわしですが、よく考えたら当たり前だけど……横綱は、その名の通りぶっとい綱(注連縄)を締めて、さらに紙垂をつけているわけで……凛々しく描かれたラオウ様がまるで見えない!のは大変残念です。まあしょうがないすけど……でも、露払いを務める松鳳山関の化粧まわしに描かれたトキはカッコイイすねえ!! 裕也よ、その化粧まわしにふさわしいカッコイイ力士になるのだぞ!
 はー。以上。では、まずは週刊少年チャンピオン2017年25号の概況です。
 ■巻頭グラビア:宮本佳林嬢。ハロプロの方だそうで大変お可愛いですな。
 ■『弱虫ペダル』:橋の上の決着!!の巻。えーと、ちょっと無理があるような……。 
 ■『刃牙道』:侠客立ちの巻。えーと、この話、もう何回目だろうか……。
 ■『BEASTERS』:ボディガードは神妙にの巻。狙われるルイ先輩、守るレゴシの巻。
 ■『囚人リク』:荷物の巻。やっと合流したリクとレノマ。さっさと移動しないと!
 ■『Gメン』:兄の懺悔の巻。なかなかイイお約束展開ですね。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。
 
 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。今週は巻頭カラーですよ! 何とも晴れやかで華やかな、まさしく初夏といった浴衣姿の空流の戦士たちが見開きカラーで描かれていますので、これはぜひチャンピオンを買ってご確認ください! 電子書籍だと、見開きの絵は切れ目がなく大変美しい一枚絵として観ることができますなあ。
 前話では、【百雲】関の悲痛(?)な決意が描かれ、いよいよ対する【松明】関こと常松との取組は時間いっぱい、ハッキョイ、までが描かれました。今週は、数秒時間をさかのぼって、時間いっぱいから、NHKアナが虎城理事長に、勝負のポイントは、と話を振るところから始まります。理事長曰く、出だしは【百雲】がエルボーをモロに当ててカチ上げに来るだろうから、【松明】がそれにどううまく対応するかでしょうな、だそうです。そして土俵上の常松も、同じことを考えています。さすがデータ力士、【百雲】の放つ嫌な気を当てられても冷静ですね。常も、「もらえば間違いなくアウト……」と【百雲】のエルボーアタックは警戒していますが、「一見ただ粗いだけの粗悪な戦法に思えるが 恐怖を主体にした隙の少ないよく考えられた攻め」と【百雲】の戦型の本質をちゃんとわかっているようです。空流の軍師と言われるだけありますな。そして、それが分かっていて、なら必要なのは……と常は決意の表情、いよいよハッキョイ、正面から二人は立ち合います! その真っ向勝負に【百雲】は「アホが…」と容赦ないエルボー。しかし! 我々は知っています! 常の右肩のこぶの意味を! そうです! 常もまた、右ショルダーアタックでのカチ上げを得意とする男ですよ! 常の右ほほをかすめる【百雲】のエルボー。そして下から【百雲】の右腕を、常は右肩でカチ上げます! よっしゃ! いいぞ! NHKアナも、あ―――!!?と絶叫、虎城理事長も、やるな、的なお顔です。そして! なんとその常のカチ上げに、あの男がこんなことを言います!
 「フッ…勇気あるじゃねーか…常松…」
 なんとここで王虎さんからまさかのお誉めのお言葉です! 王虎さん! なんか宮田くんみたいじゃないですか! ヤバイ、王虎さんがどんどんカッコ良くなっていく! まあ、王虎さんと常の因縁ももはや懐かしいですな。わたし的には今週はこの1コマでもう満足です。
 そしてこの後は、【百雲】と常のハイスピード&レベルの高い戦いが繰り広げられます。左を取りたい常、そしてそうはさせじと攻撃を繰り出す【百雲】。その応酬を制したのは常です。とうとう左をがっちりホールド! 場内大歓声、松明(まつあかり)コールが国技館に響き渡ります!
 しかし―――。ここで一人、大歓声の国技館で呆然とする男がいました。そうです。常のクソ親父です。ここから親父の現役時代の回想に入ります。なんと、現役時代の四股名【松明(たいまつ)】の名付け親は、当時の大関【火竜】、すなわち鯉太郎の父であることが明かされました。そういや【火竜】は虎城理事長こと元横綱【虎城】と同部屋だったので、横綱【虎城】の付け人だった常の親父とも同部屋だったわけすね。そしてどうやら、当時は常の親父は【火竜】と仲が良かったようで、
 「おうよ…生き様に火を点けて燃え上がるのよ 土俵でな…」という思いがこもった四股名【松明(たいまつ)】だったそうです。しかし現在の国技館に響く【松明(まつあかり)】コールを聞いて、常の親父の脳裏には当時のことが思い出されます。必死に稽古を積んできたのに、なかなかいい成績が残せず、しょんぼりしていた時に、「諦めんな!飾りじゃねーぞその四股名は!燃やしてみろ もっと!」と激励してくれたのは、弟弟子だけど先に出世した大関【火竜】でした。そしてその【火竜】はまさしくその言葉通りに、土俵上で燃えたぎり、「見てたか松明!こうやるんだ!」と身をもって示す頼もしい弟であった思い出。そしてその激励に応えるべく、渾身の一番で勝利した時――【松明(たいまつ)】が得たものは……ガラガラの観客席から聞こえてくる、ちょっとした拍手のみ。まあ、幕下以下では、そりゃあ観客は少ないでしょう。親父は、ここで悟ってしまいます。
 「人には…持って生まれた分てのがある…その分を超えたものを望んでも 得るのはみじめさだけだ…」
 かくして常の親父【松明(たいまつ)】は横綱【虎城】の金魚のフン的な、男芸者と蔑まされる男に堕ちてしまったようです。うーーん……これは、しょうがないじゃすまされないと思うけど……やっぱり、にんげんだもの……な理解をしてあげるべきですかねえ……
 というわけで、そんな過去を、常の親父は国技館を埋め尽くす【松明(まつあかり)】コールの中で思い出していました。現在時制の親父は、そんな場内で一人、つぶやきます。
 「さっさと終われ、お前は俺のガキだ、分を超えてんだ、この声援は…」
 ちょっと! あんた、一人すねてないで、うつむいてんじゃないよ! 土俵を観ろよ! 土俵で戦う常を見やがれこのクソ親父! 「お前の名は…その名は…輝かねぇんだ…」じゃねえっつーの!!
 土俵上では、【百雲】の鋭い左の突き、からの、右の強烈な張りが、左をがっちりホールドする常の左ひじにヒット! ゴギッっと嫌な男が響きます! 見開きで描かれるこの一撃は、若干極まって常の左ひじがあらぬ方向へ!? こりゃあヤマ行ったか!? と思わせる迫力の絵で描かれています。そしてそこへ、【百雲】の左エルボーが常の顔面を襲う―――!!? というところで今週は終了でした。
 いやあ、常の親父はクソですが、そう言うのは簡単なわけで、やっぱりみつお的な理解を示したくなっちゃう……けれど、あんた、生き様を燃やして戦う息子をちゃんと見てないのは、そりゃあ男としてダメですよ。そしてその姿を観れば、感じるものがあるでしょうに……それでもあんた、分を超えてる、みじめだ、なんて思うのかね……。いったい、「分」って何かね……!? と菅原文太的に聞きたくなりますな。
 しかしそれにしても、やっぱり【百雲】は強い! さすがは勝つためにすべてを、愛すらも捨てた非情の男よ……。俄然面白くなってきたVS【百雲】戦ですが、果たして勝者は!? いや、まあ普通に考えたら常でしょうけど、常の勝利で、【百雲】に、そしてクソ親父に光が照らされるといいですなあ! いや、今週も最高だったす。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけどその後は不明
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。64連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 今週は、常VS【百雲】戦の立ち合いからの攻防、推定10~20秒ほどが描かれました。【百雲】もやっぱり強い! そして常の親父の堕天ぶりも、だいたい事情は判明しました。この親父を許せるかどうか、まあ普通は許せませんが、おそらくは、誰しも年齢を重ねていくと、許せないけど理解はできるようになっちゃうような気がしますね。しかしだからと言って、自分の息子の生き方まで決めつけないでいただきたいですな。息子は、いつだって親父のようになるまいと足掻くものなんじゃないすかねえ。そして結局、ああ、俺もあいつの息子だったと思うかもしれないし、見たかクソ親父!と胸を張れるようになるかもしれないし、そこが男の生き様なのではないかしら。いずれにせよ、常はカッコ良く、そして王虎さんがやけに印象的な第120話でありました。いやー、『鮫島』はホント最高すね! 以上。

↓ 王虎さんと常の因縁は『Burst』で! 王虎を「さん」付けで呼ぶなんてありえない、そう思っていた時期が俺にもありました……




 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、『鮫島』の最新(12)巻が今週発売になっておりますので、是非皆さんお近くの本屋さんか自分のお気に入りの電子書籍サイトでお買い求めください。(12)巻では第98~106話の九日目その後の白水兄貴のお話と、VS【毘沙門】戦の冒頭までですよ!

 そして時事ネタ的には、この週末からいよいよ大相撲5月場所が開幕しますが、前回興奮してお知らせした通り、わたしとしてはラオウ様こと横綱・稀勢の里関の土俵入りが超楽しみです。 そしてその土俵入りの際には、太刀持ちとして大関取りに挑むケンシロウこと高安関、さらには我が愛しの黒ブタくんこと松鳳山関がトキの化粧まわしで露払いを務めるわけで、マジで泣くかもしれないす。嬉しくて。↓この記事はかなりわたしの気持ちを伝えてくれております。


 いいすねえ……北斗天帰掌……もしあやまって相手の拳に倒れようとも、相手を恨まず悔いを残さず天に帰るという誓いの儀礼! このトキの絵柄を選択した人は相当分かってますな。最高です。
 というわけで、まずは週刊少年チャンピオン2017年24号概況です。
 ■巻頭グラビア:牧野真莉愛嬢。モーニング娘。の方だそうです。
 ■『弱虫ペダル』:青八木、最後の望みの巻。いよいよスプリント!そして秘策とは!?
 ■『刃牙道』:お迎えの巻。烈海王の最期を聞いた花山君が本気にッッッ!! やばし!
 ■『BEASTERS』:宣誓…上へまいりますの巻。ルイ先輩の驚きの過去が!!
 ■『囚人リク』:出発の巻。連載300回記念の巻頭カラーです。やっとレノマと合流。今週ももちろん、リクの顔芸が超イイ感じですw
 ■『サウエとラップ』:この作品の著者である陸井先生は、前作の『いきいきごんぼ』という最高のギャグマンガで、結構頻繁に『バチバチ』のパロディをやってましたが、今回!とうとう!久しぶりに!『鮫島』がネタにされていて笑えます!! しかも百雲をネタにしてるしw
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。
 
 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 前話では、【百雲】の、勝ってしまった後の深い絶望が描かれ、あろうことか愛する綾子ちゃんに八つ当たりめいたブチ切れをかましてしまったところまで描かれましたが、今週はまさにそこからの続きです。
 どうやらこのブチ切れの心境をまとめると、
 ◆自分の周りに人が集まってきたのは、相撲があったからだ。
 ◆その相撲とは、ガキの頃から唯一誇れるものであり、俺が俺である証明だった。
 ◆外面は謙虚に見せていても、実は内心では絶対的な相撲への自信があった。
 ◆お前(=綾子ちゃん)だって、そんな連中(=絶対的な自信を持つ相撲があったから集まってきた人々)の一人だろ…
 ◆しかし、そんな絶対的な自信のよりどころである相撲は、【泡影】の前では通じず、何も出来なかった。
 そして、【百雲】は涙を流しながら、綾子ちゃんに「消えてくれ…」とまで言ってしまいます。曰く、「いらないんだ…もう…余分なものは…何も……誰かの存在が力になる…強さになるなんて…足りない部分を埋めた気になるだけのまやかしだ…圧倒的で絶対的な個 あそこにたどり着くために俺にもそれが必要なんだ…」
 なんてこった! 【百雲】! お前、そんな悲痛な決意だったのかよ! まさしく、以前指摘したケンシロウに勝つためにユリアを手に掛け(ようとし)たラオウ様的心情じゃないか! でも、それでいいのか……!? つづく綾子ちゃんのセリフは、もうまさしくユリア的ですよ!
 「うん…分かった…道明さんなら…大丈夫だよ…」
 そうです。ユリアも、ラオウ様が「ユリア!お前の命をくれい!」と迫った時、そっとラオウの傷に布を巻き、わたしに出来ることは心置きなく送り出すことだけ、わたしに見つめられていては突きにくいでしょう、と背を向けて命を差し出しました。まさしく今週の綾子ちゃんは、あのユリア的慈愛の笑顔です。
 まあ、ラオウ様は結局ユリアを殺すことができず、それ故にこそ愛を知って無想転生を身に付けることができたわけですが、一方綾子ちゃんを捨てた(?)【百雲】は、かなりのダーティーファイターへと変身してしまいます。それは、次のような理由からのようです。
 「今までの手本のような自分では勝てないのなら…泡影(アイツ)が先を読めるのなら…先が分かっているのなら…想像を超える攻めを…一歩でも…一手でも先を…たとえそこに讃美がなくとも…たとえ汚濁の中に落ちようと…泡影(あそこ)に溶けちまった誇りを…奪い返すために…」
 なるほど……そういうことだったんすねえ……この最後の【百雲】の絵はかなりカッコイイですよ! 妙な言い方かもしれませんが、かなり「前向きな闇落ち」とでも言えそうな変化ですなあ。バーキのようにやさぐれた(?)わけでもなく、【丈影】のように泡影崇拝(?)にはまったわけでもなく、あくまで、自分(の誇り)を取り戻すために、あえて魔狼の悪名をかぶろう!というユリアの兄ヒュウガ的心境かもしれないすね。いや、ヒュウガとはちょっと違うか。やっぱりラオウ様的にわたしには感じられますね。
 というわけで、場面は土俵上で【松明】こと常と対峙する現在に戻ります。場内は割れんばかりのブーイング&松明コール。【百雲】は常を睨みつけながら思います。
 「フン…価値観が違うんだよ…お前らとは…どいつもこいつもゆるい顔で土俵(ここ)に上がるな…潰れて消えろ…」
 しかし、そんな土俵を見つめる虎城理事長は思います。
 「百雲…輝きの強い力士だったが…より強大な光にあてられて暗闇に落ちたか…」
 虎城理事長、あなたもほんといい人になりましたなあ……『Brust』まではかなりの悪役だったのに。あなたの闇を祓ったのも、鯉太郎の、空流の男たちの光のパワーですよ。土俵上では常が、【百雲】の殺気に「嫌な空気をあててくる…」と警戒気味ですが「問題ない!」とまわしを叩いて一蹴、そんな常の成長に、虎城理事長は嬉し気に思います。
 「昔はどこか陰気な影があった奴だったがな…気質が今ではまるで違っとるな…空流部屋の光が…松明を中まで照らしたといったところか…これは面白い一戦だな…」
 そうです!理事長、さすが分かっておられる!読者としては理事長すらも変わったことに、お前が言うな!と言って差し上げたいですな! いや、自ら変わった理事長だからこそ、言えることなんすかねえ……! 空流部屋の光は、あなたさえも、そしてあなたの大切な息子【王虎】さえ照らしたんだもんね!
 一方、観客席の片隅で見守る常のクソ親父ですが、クソ親父は【百雲】の暗黒オーラを眺めながら、こりゃまたオッカネー相手じゃねえか、泣いて許してもらえよ、ガキの頃みてーによ、なんて言ってますが、常の「問題ない!」の自信の表情に、そして時間いっぱいで場内に溢れかえる松明コールで常の成長を知ります。いいすねえ!常!お前かっこいいぞ!
 場内を埋め尽くす松明コール。【百雲】はそんなもん、クソの役にも立たねーよ…とさらに闘志を燃やしますが、今週ラストは、鯉太郎と常の光の兄弟愛が美しいシーンで終わります。
 「常!見せてやれ…親父に…今のお前を…」
 「はい!」
 というわけで、ハッキョイ!! で今週は幕でありました。
 まあ、なんつうかですね、どんな場面でもあると思いますが、自分自身がチックショー――!!と思っている時に優しくされると、逆にイラッとすることは誰にでもありますわな。まあ、八つ当たりなんですが、真剣勝負に生きる【百雲】としては、優しさは邪魔なだけだと、泡影に勝つには必要ないと切り捨てたわけで、残酷に対して残酷で対抗しようとしているわけです。しかし、空流の男たちは残酷を情熱で超えようとしてるわけで、この戦いの果てに、【百雲】がどう変化するか、ホント楽しみすねえ!!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。64連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 今週は【百雲】闇落ちの理由がさらに深堀され、大体のところは判明しました。どうやら泡影に勝つため、という実にまっとうというか前向きな闇落ちだったわけですね。それはもはやいい悪いの問題ではないと思いますが、まあ、残酷な現実に残酷な心を持って対峙しても、光は見えないような気がしますね……そして虎城理事長の言う「空流部屋の光」は、果たして【百雲】の闇を祓えるのか。そして常はクソ親父の闇さえも祓うことができるのか。いや、ほんと『鮫島』は最高ですね! 以上。

↓ わたしとしては、今チャンピオンで『鮫島』の次におススメです。

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、わたしは漫画で一番好きな作品は何か? と問われれば、間違いなく『北斗の拳』だと答える男なわけで、今週このニュースを見て、ものすごく興奮しました。

 な、なんだって――――!!? これはすごいというか、わたし的に嬉しくて泣ける!!! そしてさらにですね、横綱・稀勢の里関=ラオウ様なんですが、な、なんと!太刀持ちの関脇・高安関=ケンシロウ、そして! そして! ああマジか!! 露払いを務める我が愛しの黒豚こと松鳳山関が、トキですよ!! 松鳳山裕也がトキ……しかもどうやら絵柄としては「北斗天帰掌」の構え! なんてこった! その扱いは嬉しいけど大丈夫か!? いやーこれはもうホントに5月場所が楽しみですねえ! どうか裕也(=松鳳山)よ、その化粧まわしに負けない相撲を見せてくれよ! メロン喰ってる場合じゃないぞwww

 はーー……興奮した……。ま、わたしの興奮なんぞどうでもいいので、まずは週刊少年チャンピオン2017年22+23合併号概況です。おっと、そうか、来週はGWでお休みですな。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙雑誌版だと欅坂の皆さんだそうです。
 ■『弱虫ペダル』:闘う6人!!の巻。久々に先頭集団も描かれました。
 ■『刃牙道』:国家の為の巻。警視総監と花山君の話です。とうとう喧嘩屋が動く!
 ■『囚人リク』:指輪の巻。変態ピカソ内海の過去話。意外と泣ける!
 ■『Gメン』:放課後の体育館裏の巻。薙の過去からの彼女話。こういう展開か……。
 ■『BEASTRES』:なら電気を消しての巻。ジュノちゃんは……結構自分を可愛いと自覚してる系の女子だったんすね……これは面白い展開になってきましたよ! 単行本3巻は5/8(月)発売です。買う!買います!
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 しかし……! 今週こそ本当に書くことがありません。今週は、【百雲】関が「勝っちゃった」あの横綱【泡影】涙の黒星の取組が描かれました。そこでの【百雲】関の内面については、簡単に箇条書きでまとめることにします。
 ◆あの時何が起こっていたのか、分からねー。それは誰にも分らねえ。
 ◆脳を強制的に繋がれ浸食されていくような気持ちの悪さ(を感じた)
 ◆矛盾するかもしれないけど、その状態に「圧倒的な心地よさ」も感じた
 ◆すべて事前に考えていた通りの、「数ミリの狂いもない完璧な百雲(オレ)の相撲」ではあった。
 ◆しかし……触れた瞬間理解する圧倒的な力の差、そして俺の取り口が寸分違わず泡影(コイツ)に透けているという不思議な感覚…それを確かめるように…味わうように…ただ…泡影は取組(ソレ)を傍観していた…
 ◆決めようと思えばきっと簡単に…勝ち負けの問題じゃねえ…勝負すらしてもらえなかった…
 ◆ここまで必死に磨き上げてきた俺の相撲が…この男にはその程度のものでしかなかった…
 という状態だったようです。そして、【泡影】はぽつりとつぶやきました。
 「また一つ…知れた…  ここにある全て………そう…お前のような小さな存在も含め全てが内にある…それだ……(そして涙)」
 そのつぶやきを聞いた【百雲】の絶望フェイスがなんとも……まあ、訳が分からんでしょうなあ。わたしも正直、正確にはよく分からんです。
 そしてお客さんや部屋仲間、親方はみんな、横綱に勝った結果に大興奮で賞賛してくれるわけですが、【百雲】は違う………やめろ………やめてくれ……と闇に落ちていくのでありました。そして挙句の果てには、横綱に勝った姿は涙が出るほどうれしかったよ、と言ってくれた愛する綾子ちゃんに「黙れよ!!」とブチ切れです。そう、「この金星で俺が得たものは…圧倒的な敗北感だけだった…」というのが今週のラストシーンでありました。
 はーーー。これはなんというか、難しいすね。ちょっとここで、過去【泡影】と闘って敗れた二人の男を思い出してみましょう。
 まず、バーキこと【蒼希狼】の場合ですが、彼は、良かれと思って実行していた故郷モンゴルへの仕送りが思わぬトラブルを招き親友の死に繋がってしまったことに絶望し、俺は今まで何のために闘ってきたんだクソッタレ!と気合を込めて【泡影】にぶつかっていきました(『鮫島』6巻)。そして【泡影】の強大な光のオーラの前にあっさりはじき返され、ああ、こういう力がないとダメなんだ、俺には何かを変える力なんてなかったんだ……と闇落ちしました。はたから見るとそれは、いわゆる「やさぐれた」ってことになるのでしょうか。まあそう言うのは簡単というかバーキに失礼かもしれませんけど。
 もう一人は同部屋同期の【丈影】ですが、彼の場合は非常に分かりにくい心理です。彼は自分の方が出世が速いのに、おまけに全然不愛想なのに、やたらとみんなの中心にいる【泡影】に対する嫉妬もあったんでしょう、渾身の殺気を込めて部屋の土俵で勝負を挑みます(『鮫島』9巻)。そもそも【丈影】が相撲を取るのは自らのハーフという血のアイデンティティーを確立するためで、いろいろ拘りとか信念があったわけですが、【泡影】のすべてを見通す相撲の前に、そんな思念は邪魔なだけ、あまりにチープだということに気づき、ただただ、無心で当たっていくしかなく、一発だけ、【泡影】を微笑ませた会心の一撃を放つことができたとき、やっと存在を認められたような気がして(=アイデンティの確立)、いつかこの人を倒す、この人の目から消えないために、それだけが我が望み、と土俵に屈しました。しかし以降の【丈影】はどう理解したらいいのかな……【泡影】親衛隊長であり、取組は、いつか【泡影】を倒すためのシミュレーションの場であって勝負の結果にはこだわらなくなった、ということ、だろうか。そして、我らが鯉太郎に、その「いつか」っていつだよバカヤロー!オメーの相手は目の前にいるこの俺だ!という気迫の相撲の前に、かつての熱を取り戻したと、そういうことのようです。
 で。
 一体全体、【百雲】の闇落ちはどう理解すべきなのか、まだわたしには良くわからんです。【泡影】との取組で、何を感じたのかは今週判明しました。とにかく得体のしれない異物感。それに対する恐怖のようなもの。しかし、その後完全に悪役的オーラを漂わせる【ダース百雲】になってしまったのは、単純にバーキのようにやさぐれちまったということなのか、それとももっと、それこそ「奴に勝つためには非情にならねばならん」的な別の意図があるのか……
  まあとにかく、そんな闇落ちした【ダース百雲】とわれらが空流の常がどんな闘いを見せるのか、来週以降の展開も大変楽しみですな。おっと、今週は合併号なので次は2週間後ですのでお間違えないように!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。64連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 今週は、あの【泡影】の涙の黒星の様子が【百雲】視点で描かれました。【百雲】が感じた圧倒的な異物感。それはこれまでもチョイチョイ描かれてきましたが、はたして常の情熱は【百雲】の残酷な闇を祓えるのか。そして間違いなく今後描かれることになる鯉太郎VS【泡影】戦はどんな戦いになるのか。いや、ほんと『鮫島』は最高ですね! そして新刊が5/8(月)発売ですので、このBlogにたどり着いた方は全員購入は義務として履行されることを願います!以上。

↓わたしはいつも通り、電子と紙の両方を買います。何度読んでも飽きないす。
 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、3日前の月曜日に、わたしの会社から徒歩3分の靖国神社において、平成29年奉納大相撲が開催されたのですが、わたし、朝7時くらいに様子を観に行ったら、まだあまり人がいなくて、こりゃあ余裕だな、と思って一度会社に引き上げて、1時間ぐらいしたらまた見に行ってみよ、と思って仕事を始め、気が付いたらもう10時過ぎで、やっべえ!やっちまった!と慌てて靖国に行ったらですね……もう数千人がずらーーーーりと並んでいて、こりゃアカン、とすごすご帰ってきたわけです。はーーーくそう。せっかく我が愛しの黒ブタこと【松鳳山】関が息子二人を抱えて土俵入りしたってのに……くそう。見たかったっすわ……。やれやれ。
 ま、そんなことはどうでもいいので、まずは週刊少年チャンピオン2017年21号の概況をさらっとまとめます。
 ■巻頭グラビア:今週は久松郁実嬢。大変素晴らしいお体ですな。
 ■『弱虫ペダル』:待宮と浦久保の巻。正直興味なし。だからなんなんだ。
 ■『刃牙道』:英断の巻。とうとう花山君の登場だ―――ッッ!アガる!
 ■『囚人リク』:詰問の巻。もう最終ページのピカソ内海の図に爆笑です。最高すぎる!
 ■『Gメン』:昔の女の巻。今回はとうとう薙の回ですな。イイと思います。
 ■『BEASTERS』:野望はショッキングピンクの巻。おおっと!なんとジュノの野望が明らかに。ジュノがやけにかわいいですね。
 ■『少年ラケット』:NEXTの巻。無事にイチロー君勝利。そして次の相手校は!
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 しかし……! 今週はほぼ書くことがありません。なぜなら、【百雲】のこれまでの過去が語られるだけだからです。困った……ストーリー的にどうにも説明のしようがないというか……。
 先週語られたように、【百雲】は学生横綱(?)になった後に、期待されて新発田部屋に入門し、その相撲にかける情熱と人柄の良さでたちまち部屋を引っ張る存在になったわけですが、今週は入門したての頃の回想から始まりました。公園で彼女と語らう【百雲】。プロの世界はやっぱりすごい、信じられないほど強い奴らがごろごろしている、と語る【百雲】ですが、彼女の「綾子」ちゃんは、それにしちゃあ嬉しそうだね、と突っ込みます。そして、これほどやりがいのある世界はない、いつか必ず俺の相撲で横綱を倒す姿を君に見せる、なんて完全に死亡フラグめいたことを言いました。もちろん綾子ちゃんも、待ってるよ、と期待のまなざしです。おっと!? どうやら【百雲】と綾子ちゃんは高校の時から付き合って6年、だそうです。てことは、学生横綱は大学生の時のようですね。
 そして新発田部屋では、綾子ちゃんもすっかり馴染みになっていて、兄弟子たちとも仲がいいし、親方も、早く一人前になって綾子ちゃんを安心させてやらねーとな~~なんて言ってます。この当時のことを、【百雲】はこう述懐します。
 「温かく尊敬できる親方 熱のある後援会の方々 普段はくだけていても稽古場では厳しく切磋琢磨し合える意識の高い兄弟弟子たち…そして俺を一番近くで理解してくれる最愛の人…俺は…怖いほど恵まれている…これで強くなれなかったら…それは俺の責任だ…早く上へ行かないと…」
 そして晴れて新入幕。後援会からは化粧まわしを贈られ、みんなの期待を背負い、今まで以上に気を引き締めていかないと、と気合と不安が入り混じった【百雲】ですが、一番大切な綾子ちゃんの「大丈夫だよ…道明さんなら…」というその言葉に、勇気をもらいます。「俺は土俵(ここ)にいろいろな人たちの力で立てている…心からそう思えていた…」わけですな。
 そして連合稽古(地方巡業か?)では角界の怪鳥でお馴染みの大関【天鳳】をも寄り切るほどの力をつけ、実力だけでなく人柄からも人望が集まる【百雲】。ここで、誰だかわからないどっかの親方が言います。どうやら横綱【泡影】は、稽古に顔を出しても一人四股を踏んでいるだけで、下の者に胸を貸すようなことは滅多にないそうで、【百雲】のように地方でも場所を盛り上げてくれるのは大変ありがたい存在だと。新発田部屋親方も、そういう点と比較すると、【百雲】の人柄は【泡影】を超える逸材だと確信している、とのことでした。そして新発田部屋親方は【百雲】を呼び出して話をします。どうだ、ここらで嫁さんをもらってみたら…あの娘もそれを待ってるんじゃないのか……? と。しかし、【百雲】はここまで一人で強くなれたわけじゃない、綾子だけでなく親方や後援会の皆さんにもらった恩をまだ返せていない、そんな半端な自分が結婚なんて、まだ早い、ときっぱり告げます。これはまるで新横綱【稀勢の里】関のようなカッコ良さ、ではありますが、あかん……こりゃますますフラグ色が強まってしまいましたねえ……。親方はその言葉を聞いて、【百雲】に告げます。そう言うと思ったよ、でもお前は強くなった。俺はお前が泡影にだって引けは取らんと思ってる。来場所はうまくいけば初めて横綱戦が組まれるだろう、そこで今のお前の力を実感してこい!そしたら胸を張って、あの娘を迎えに行ってやれ…。
 そして迎えた場所では、【百雲】は初日から4連勝、とうとう5日目に横綱戦を迎えました。その前日、【百雲】は綾子ちゃんと夜の公園で語らいます。
 百「ついに明日だよ…」
 綾「うん…楽しみ…?」
 百「……不安と半々ってとこかな…」
 綾「夢だったもんね…道明さんの相撲で横綱を倒すのが…」
 百「倒せるかは分からないよ…けど…胸を張れる相撲をしようと思ってる…そしたら…そしたら… いや……終わってから必ず言うよ…」
 綾「うん! 大丈夫だよ!」
 あかーーーん!! そういう展開はベタだけどグッときちゃうじゃないすか……! 完全に死亡フラグが成立してしまったわけで、まあ、結果は我々の知る通り【ダース百雲】が誕生してしまうわけですが、この気持ちの流れはどう理解すべきなんだろうな……北斗の拳的に言うと、ケンシロウの無想転生を破るためにユリアをその手にかけたラオウ様的心情なのでしょうか?
 「今 ユリアとケンシロウ ふたつを望むことはできぬ!! このラオウの生き方はひとつ!! (クワッ) 許せユリア!! わが内に悲しみとなって生きよ!!」
 というあの超名シーンの再現なんでしょうか!? 相撲と綾子、二つを望むことはできぬ!的な? それとも、単に【泡影】の不気味な、すべてを読まれている相撲に絶望して、やさぐれちゃっただけなんでしょうか? いずれにせよ、こういう闇に迷える力士に対しては、我らが空流の光の戦士の出番ですよ。常よ、【ダース百雲】の良くわからない方向性を正す情熱パワーで闇を祓ってくれ! そして、クソ親父にも再び光を与える相撲を見せてやるのだ!! 頼んだぜ!!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。64連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 今週は完全に【百雲】回でした。そして完全に死亡フラグは確定していしまいました。しかしアレですね、きっと間違いなく、この十日目の国技館には、綾子ちゃんも見に来てるんでしょうな。わたしの望むベタな展開としては、常に負けた百雲が正気を取り戻し、花道を下がる時に綾子ちゃんが登場して、「お帰り……道明さん…」的な感じすね。まあ、正直わたしとしては、【百雲】はほぼどうでもいいので、鯉太郎の十一日目の相手が気になります。まったく根拠なく、次はもう、【天雷】の出番のような気がしますが、先に【白鯨力】かもなあ……正気に戻った【百雲】もあり得るのかなあ……まあとにかく、毎週楽しみすぎて木曜日の朝が一番ドキドキしますよ。ホント『鮫島』は最高ですね。以上。

↓「うぬら下衆にはわからぬ!! 心惹かれた女の情けは男にとって最大の屈辱!!」から山のフドウとの戦いを経て、ユリアを手にかけ、ケンシロウとの最終決戦に挑むラオウ様。シリーズ屈指の泣ける&盛り上がる展開はジャンプコミックスでは(15)巻収録です。


 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、『鮫島』も先週十日目が終わって、主人公・鮫島鯉太郎くんは初日から負けなしの十連勝を飾ったわけですが、番付的には東十四枚目と幕内下位力士なわけで、果たして今後、鯉太郎はどのランクの力士と戦うことになるのか? というのが非常に気になるわけですが、ちょっとここ数年の、実際の大相撲ではどんな例があるのかを調べてみました。
 それほど遡ったわけではないのですが、少なくとも平成25年から先場所までの26場所をチェックしてみると、平幕力士で初日から十連勝した力士はどうやらいないようです。 十日目終了時点で8勝2敗、は結構数多くいましたが、9勝1敗でも、以下の7例だけのようです。
 平成25年7月場所【魁聖】関・東前頭12枚目→残りの5番は全て平幕相手で2勝3敗
 平成26年5月場所【勢】関・西前頭5枚目→残りの5番は大関・関脇戦が1回ずつあって2勝3敗
 平成26年7月場所【高安】関・西前頭11枚目→残りの5番は大関戦が1回あって2勝3敗 
 平成27年5月場所【魁聖】関・東前頭11枚目→残りの5番は大関・小結戦が1回ずつあって3勝2敗
 平成27年9月場所【勢】関・東前頭12枚目→残り5番は大関・小結戦が1回ずつあって2勝3敗
 平成28年9月場所【遠藤】関・東前頭14枚目→残り5番は関脇戦が1回あって4勝1敗
 平成28年11月場所【石浦】関・東前頭15枚目→残り5番は全て平幕相手で1勝4敗
 相撲の割に関しては、わたしも全然詳しくないので良くわかっていませんが、明確な規則性がなくて、基本的に前日、星と番付を勘案して決まるわけです(開幕時だけ2日目まで決まってます)。そして鯉太郎が現在十日目まで全勝で、目立つ存在であっても、果たして本割で横綱【泡影】と戦うことはあり得るのだろうか、ということが気になって調べたのですが、まあ、大関戦はどうやら普通にあり得ると。そして現在の「鮫島」世界には1横綱3大関以上は存在が確認されていますので、横綱【泡影】は残りの5番のうち、3人の大関と戦うのはまず普通でしょうから、あと2つ、対戦相手の席が空いてるわけで、そう考えると星のいい鯉太郎が戦う可能性もどうやら確かにあり得る、というのがとりあえずの結論です。実際、今年の初場所では横綱【白鵬】関は14日目に、10勝3敗と星の目立っていた東前頭10枚目の【貴ノ岩】と戦っています(しかも負けた)。こうなると……鯉太郎VS【天雷】VS【猛虎】あたりを経て、横綱戦という展開なんでしょうかねえ……でも、千秋楽に戦うことはないだろうし……うーん、まあ、とにかく楽しみですな。前にも書いたかもしれませんが、わたしとしては、『バチバチ』の一番最初に素人だった鯉太郎と戦った【猛虎】さんとの戦いが一番観たいんすよね……。
 おっと! どうでもいい前置きが長くなりました。今週の週刊少年チャンピオン2017年20号概況は軽く流します。
 ■巻頭グラビア:今週は紙雑誌版もグラビアはナシ、のようです。
 ■『弱虫ペダル』:浦久保優策の巻。うーーん……広島の過去に興味ないす。
 ■『刃牙道』:絶対的無双の巻。うーん……もう飽きた。
 ■『囚人リク』:助走の巻。レノマ&佐々木!いいっすね!
 ■『Gメン』:兄妹の巻。ま、そうなるわな。 
 ■ 『BEASTERS』:鉄の猛獣使いの巻。ルイ先輩最高です。
 ■『少年ラケット』:追われて追っての巻。イチロー君覚醒です。
 ■『六道の悪女たち』:チーム竜宮の巻。新キャラ登場。乱奈さんの知り合いか!?
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。
 
 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 今週は先週の決着を踏まえ、風呂に入って一息つく鯉太郎の図から始まりました。今日のVS【毘沙門】戦を反芻する鯉太郎の脳裏には、「何度か……不思議な感覚があった……」という思いが去来します。そうです「少しだけ…先が分かったような……相撲が見えてきたような…」という思いです。こ、これは!まさしく横綱【泡影】的な瞬間未来予知能力じゃあないですか! JOJO的に言うところの「キングクリムゾン・エピタフ」ですよ! ヤバいす! 鯉太郎、お前一体……!! しかし、鯉太郎はすでに満身創痍。「だから…まだだ…まだ……あと少しだけ」という鯉太郎の悲痛ともいえる想いが叶うといいのですが、こうなるとホントにもう、残りの5番の相手が気になりますな!!
 そして一方、気合の入った四股を踏む力士がいます。もちろん、すっかり光の戦士と変身した常松こと【松明(まつあかり)】関です。よし、と気合の一言とともに花道入場。会場からは割れんばかりの歓声が【松明】を後押しします。あの常が……こんなに人気者になって……おっさん読者としては胸熱ですよ。場内の「まつあかり~」コールに、一人、缶ビール片手にイラッとしている男がいました。元力士、四股名を【松明(たいまつ)】と名乗っていた常の親父です。自らと同じ四股名を名乗りながら読み方を変えた常に対して、親父はつぶやき、常は胸の中でつぶやきます。
 父「フン…嫌味なヤローだ…」
 常(見てるか…クズ親父…)
 対照的な親子の想いですが、常としては今日は絶対に負けられない戦いが待っています。その相手、【ダース百雲】関も、完全に殺意の波動を身に纏っての花道入場ですが、こちらはもう会場からは激しいヤジです。「何人休場させれば気が済むんだ!!」「テメーがケガして休場しろ!!」「角界の良心と言われたお前はどこいった―――!!」
 そんな【ダース百雲】の入場に、支度部屋の力士たちも「昔はあんなじゃなかったのに…」「今や怖くて付け人すら寄り付かねーもんな…」的な空気で見守ります。鯉太郎の髪をセットする床上手さんも、「やーね…大丈夫かしら常ちゃん…」と心配そう。しかし鯉太郎は断言します。
 「大丈夫ですよ アイツも空流だ…臆する相撲は取りませんよ…ましてや今日は負けられない理由がある…折れませんよ…たとえ何をされようと…決して…強いですよ…今日の松明は」
 まあ、床上手さんも(それが心配なのよね…)と心の中で思うわけですが、いよいよ両者リングインとなりました。NHKアナも好取組と呼ぶ二人の戦いが始まります。NHKアナも、虎城理事長に聞きます。いったいどうして各界の良心とよばれた【百雲】が、【ダース百雲】になってしまったのかと。虎城理事長は多くを語りませんが「それほどのことだったのでしょう あの一番は…」と、横綱【泡影】とのあの一番を指摘します。
 そしてここから、回想編スタートです。「あの一番が……あの男の存在が 俺のすべてを溶かした…全てを…」という【百雲】ですが、どうやら彼は高校時代(大学か?学ラン着用は体育会なら普通にありうる)に全日本相撲選手権大会で、団体戦(や個人戦も?)を制したようです。そして生意気にも、その時すでに彼女がいたようです。その彼女に、君がずっと応援してくれたおかげだよ、次はプロだ、早く一人前になるから、そしたら……なんて、ある意味フラグを立てていた若き日の登馬道明くん。そして新発田部屋に入門し、稽古に励んでいた日々。親方からも、「彼の周りには自然と人が集まり笑顔が増える…本当に太陽のような男ですよ…」と絶賛されていたかつての【百雲】。そんなこともあったのに、今は客席から「やられちまえ百雲!!」「そんな奴ぶっ飛ばしてくれ松明!!」という罵声を浴びる身となってしまいました。一体、どうしてこうなった!? 【泡影】との取組で、「全てが溶けてしまった」とはどういうことなんでしょう? 今週ラストは、罵声を飛ばす客席を「フン…」と睨み返す超おっかねえ【ダース百雲】の顔アップで終了でした。
 ううーーん……この回想も長くかかるかもなあ……そして【百雲】ダークサイド転落の背景には、どうも彼女関係の出来事もあるようですなあ……奴を倒すためには、愛などいらぬ!! 的な展開なのでしょうか……まあ……付き合いましょう、ええ、回想を進めて下さい。しょうがないす。わたしの予想では、この彼女も今日、国技館のどこかでひっそり見守っているような気がしてならないす。常よ、【ダース百雲】の闇を祓うような、素晴らしいナイスファイトを期待してるぜ!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 
 というわけで、結論。
 今週はVS【毘沙門】戦終了後の鯉太郎の様子と、いよいよ立ち会い間近の【松明】と【百雲】の両者の心のうちが描かれました。そして、どうも【百雲】の回想編も入ってきそうな気配です。まあ、普通に考えて常が勝つのは間違いないところですが、【百雲】を正気に戻す、光の戦士としての真っ向勝負で、情熱が残酷を超える戦いを見せてほしいですね。まったく、常松といい王虎といい、かつての悪党がイイ奴に転じるのはグッときますな。二人とも、Burstではとんでもないクソ野郎だったのに。よくぞここまで更生したものよ……嬉しいす、ホント『鮫島』は最高ですね。以上。
 
 ↓まさか、このBlogを読む人で『Burst』を読んでいない人はいないと思いますが、『鮫島』を読むためには必須かと存じます。 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先日の日曜日に熱戦の幕を閉じた大相撲3月場所(春場所@大阪)ですが、まあ、ホントに新横綱【稀勢の里】関の奇跡の逆転優勝には熱くなったすねえ……! 13日目のVS【日馬富士】関との取組で負傷し、14日目のVS【鶴竜】関との取組でまったく力が入らない状態を見て、誰しもが、ああ、こりゃあアカン、と思ったと思います。しかし、15日目千秋楽で、本割で【照ノ冨士】関に勝利して相星となり、優勝決定戦でもねじ伏せる展開には、わたしもテレビを見ながら超興奮しました。そしてわたしの一番応援している【松鳳山】関は、最終的には5勝10敗と厳しい星取りとなりましたが、相撲自体は全然悪くないというかいいんすよねえ……勝ち星に繋がらなかったのは残念ですが、今後も応援したいと存じます。来場所は6~7枚目とかその辺りかなあ……もっと下がっちゃうかもなあ……でも、いつか再びの三役返り咲きを期待してるぜ!
 というわけで、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年18号の概況です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。紙の雑誌版は乃木坂の秋元真夏嬢だそうです。
 ■ 『弱虫ペダル』:焦る広島の巻。うーん、なんか広島はどうでもいいというか……。
 ■『刃牙道』:恐慌の巻。うーん、なんか武蔵はどうでもいいというか……。
 ■『囚人リク』:1分の巻。天野頑張った!天野のキメ顔がいいすね!
 ■『Gメン』:ななみのアルバイトの巻。妹奈々未ちゃん久々登場。平和回です。
 ■『BEASTERS』:その感情、極彩色の巻。今週も大変イイですね。単行本2巻は来週発売です。当然買いますよ、ええ。
 ■『吸血鬼すぐ死ぬ』ナイスショット&タマちゃんの巻。今週も大変笑えました。チャンピオンギャグマンガで一番面白いす。
 ■『少年ラケット』炎のように揺らめいての巻。なるほど、イチロー君はサウスポーだったんすね!超覚醒で来週からはイチロー君のターンだ!
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。今週は、ほとんどNHKアナの実況と、常松こと【松明】の心中の叫びで展開されるため、あまり書くことがないので短くまとめます。
 先週は、トンパチな【毘沙門】野郎が、鯉太郎の放つ圧倒的な殺気と技のキレで、とうとう「天才」としての能力に覚醒してしまい、鯉太郎が土俵際に追いやられてしまうところまでが描かれましたが、今週はその続きです。
 一気に前に出る【毘沙門】に、鯉太郎もすぐさま反応して前に出ます、が、【毘沙門】はその出足を蹴返しで叩き、鯉太郎の勢いを止めます。そして勢いの止まった鯉太郎のまわしをがっちり両手でホールド、二本差しの体勢です。鯉太郎も即座に巻き返しますが、【毘沙門】はそれを許しません。鯉太郎の得意の型、左下手が封じられました! そして内掛けで攻める【毘沙門】、鯉太郎は間一髪でそれを凌ぎますが、もはや土俵際、万事休すか!
 と、この状態で、常の心の語りが始まりますよ! もうですね、全文を記録しておきたいほどの想いがこもっていて、結構泣けるんすよね……!
 「クソ…クソ…知ってるさ…痛いほど…幕内(ここ)は 信じられないほどの化け物たちが巣食う世界 どんなに努力しようが…どんなに重い物を背負っていようが…どんなに負けられない理由があろうが…たとえ誰よりも相撲が好きだという情熱があろうが…より強い才能がそれを凌駕する……残酷な現実…」
 「けど…だけど…鯉太郎さんならそのクソッタレな現実(リアル)を 捩じ伏せてくれると思えるんです 俺は…知ってるから…ボロボロになりながら何度倒されても立ち上がってきた鯉太郎さんの背中を 必死に抗ってきた姿を…だから…だから…俺は見たいんです…情熱が残酷を超える姿を…」
 「頼む…頼む…情熱よ…残酷を…超えろ…!!」
 この、常の心の声が届いたかのように、鯉太郎は【毘沙門】をブン投げるわけですが、この常の心の声の背景に描かれる土俵の上での攻防、そして常や鯉太郎の表情は、もう文字では説明できません。ぜひ、ぜひともこれは、チャンピオンを買って読んでいただきたい! この『鮫島、最後の十五日』という漫画の、メインキャッチが「情熱よ、残酷を超えろ――」というコピーで、単行本1巻の帯にも採用されていましたが、つまりこういうことですよ。ホント、常のナレーションは倉本聡的で泣かせますねえ……。わたしも見たいんです……情熱が残酷を超えるところを!!!
 やっぱり、部下を育てるには、自分自身が熱い戦いをして、それを見せつけてある種のあこがれを抱かせるのが一番だと思います。男ならそういう、部下の目標になる男でありたいすねえ!
 というわけで、今週のラストは【毘沙門】を変形(?)の仏壇返しこと呼び戻しでブン投げる鯉太郎の姿が描かれました。どうやら無事に勝利したようです。はーーー良かった良かった。しかしこの後、鯉太郎の次の相手は誰なのか、そして、ダークサイドへ転落した【百雲】さんと常の戦いは描かれるのか、マジでもう読み終わったそばから来週が楽しみでたまりませんなあ! ホントに『鮫島』は最高です!!!
  それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週は、ズバリVS【毘沙門】戦の決着まで進みました。そして常の倉本聡ばりのナレーションがマジで泣けました。最高です。ホント最高ですよ。大相撲の【稀勢の里】関の逆転優勝を見て、弟弟子である【高安】関は、号泣したそうですが、そりゃあ泣けたでしょうね。【高安】関も、最高の兄貴をもって幸せですな。来場所の大関取り、ぜひ頑張ってほしいと思います。いやあ、ほんとこういうのに弱いすわ。『鮫島、最後の十五日』は最高です! 以上。

↓ わたしとしては買わざるを得ないような気がします。明日発売かな? 忘れないようにしなくては。
 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、現在、大相撲3月場所(@大阪)の熱い戦いが毎日繰り広げられているわけですが、昨日の水曜日11日目終了時点で、新横綱【稀勢の里】関が11勝0敗で単独首位、そして弟弟子の【高安】関は昨日負けてしまって10勝1敗と後を追い、他にもカド番大関【照ノ冨士】関と西10枚目の【栃煌山】関が並んで1敗キープという状況です。いやあ、ホントに【稀勢の里】関は安定してますなあ。そしてわたしが応援している【松鳳山】関は、6日目に横綱【鶴竜】関を破って金星Get!なのは良かったのですが、今のところ3勝8敗とすでに負け越しが決まっており、大変厳しい場所となっております。くそーーー……毎回いい相撲なのだが……頑張れ【松鳳山】関! 応援してますよ!
  というわけで、まずは週刊少年チャンピオン2017年17号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週も電子版はナシ。紙の雑誌版は乃木坂の堀未央奈さんだそうです。
 ■ 『弱虫ペダル』:チーム二人加速の巻。でも青八木君の足が!的な展開かな……
 ■ 『刃牙道』:おいたが過ぎますの巻。なお、電子版では付録として、刃牙道の単行本カバーギャラリーがついています。しかし……主人公・刃牙が出てこなくても、単行本のカバーは刃牙なんすね……。
 ■『囚人リク』:無理!無茶!無謀!の巻。最後のページのリクの顔芸が最高です!
 ■『Gメン』:拓美の告白の巻。肝田君は無事振られました。笑えました。
 ■『BEASTARS』:レゴシは朴念仁ですねの巻。久々登場のジュノが可愛いすなあ!
 ■『少年ラケット』:イチロー君出陣の巻。ただし相手のオーラに恐怖を感じて……? マズいすねこれは……。
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。
 
 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週はとうとう始まった鯉太郎VS【毘沙門】戦の、頭と頭が激しくぶつかる立ち合いまで描かれましたが、今週はそこからの攻防です。スピードが速いので、あまりいろいろ書けません。たぶん、現実時間で10秒も経過していないのではないでしょうか?
 まず、ブチカマシをキメた鯉太郎、すかさず下から突き上げます。常松こと【松明】もその状況を見て「飛んだだろこれは…いける!! 終わるぞ…」と喜びの表情。男塾的に言うとますます雷電化が進んでますがお前は大丈夫か!?すっかり実況キャラな常は置いといて、しかし、です。【毘沙門】は「飛んで」いるはずなのに、鯉太郎の下からの突き上げをかわして横へ飛びます。そしてまた常は「なんで…飛んでただろーが…」と一転焦りの表情。もう完全に虎丸的なリアクションです。
 【毘沙門】は、どうやらブチカマシから右の突きまでを読んでいたようで、無意識に体が動いてくれたらしく、さすがのトンパチ【毘沙門】も、あっぶねーーーと冷や汗状態です。しかし、息つく暇もなく、横へ飛んだ【毘沙門】を鯉太郎は追撃! 再びの右の突きを繰り出す鯉太郎に対し、【毘沙門】にはその動きが見えていますので、この一発を堪えろ、と覚悟を持って受け止めます。
 しかし! 鯉太郎の攻撃の本命は、左の下手でした! 左下手……それはまさしく鯉太郎にとっての一番得意な形です。実況の常も「左下手!!」と絶叫。いや、見れば分かるって。
 この動きの速い展開に【毘沙門】野郎も心の中は焦りまくっています。嘘だろ、どーなってんだ、先の先を読まれてる、前に取った時とは別人じゃねーか……超えた山だった、既に見下ろす存在だっただろーが……と思う【毘沙門】の脳裏に、【王虎】さんからの一言がよみがえります。
  「お前…相撲取ってて怖いと思ったことないだろ…?」
 【毘沙門】は鯉太郎の殺気溢れる顔を見て、これが【王虎】さんのいってた「恐怖」か、とどうやら悟ったようですね。うわあああと絶叫する【毘沙門】。しかし、それでもやっぱりこの【毘沙門】野郎は只者ではありませんでした。すかさず自分も左下手をねじ込み、鯉太郎のまわしをがっちりつかみます。実況席の虎城理事長ですら、もう遅い、そこから何が出来る…と思う一方で、なんと【毘沙門】の脅威の身体能力が発揮されました。大きくのけぞって、左下手をとらえたまま体を右回転、その勢いをつけて出し投げを繰り出します! そのアクロバティックな動きに、NHKアナも思わず「何だ今のは―――!!?」と絶叫! 堪える鯉太郎に、すぐさま小股を掬いに行く【毘沙門】。それも堪えた鯉太郎、ですが、気が付けば土俵際に追い詰められたのは鯉太郎! 形勢逆転です! やばし!
 この戦いを見つめる【毘沙門】の兄弟子であるどんぐり渡部くんは思います。
 「どうなってんだよ…これは…毘沙門(アイツ)にはムラがあった…それは天才がゆえのムラ…初めて見た………あんなに集中した毘沙門は…誰よりも才に溢れて 誰よりも稽古好きで 鮫島君にあてられた天才が…目を覚ましやがった…」
 そして目を覚ました天才【毘沙門】の反撃開始か―――!? というところで今週は終わりです。はーースピード感あふれる攻防に息止めて読んでたわ……。
 というわけで、鯉太郎的にはマズい展開ですが、覚醒した【毘沙門】野郎との闘いの行方はどうなるるのか、もう来週が待ちきれない思いでありますね。 鯉太郎は勝てるのかな……いや、そりゃ勝つんでしょうな? 勝敗は勿論、体の方も大丈夫か大変心配ですが、15日の戦いを最後まで応援したいと存じます。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週は鯉太郎の放つ猛烈な殺気に、天才【毘沙門】が覚醒してしまいました。まあ、鯉太郎は相手も強くしてしまうエネルギーというか、ハートを持っているわけで、そこに読者としてはグッとくるわけですな。いやはや、今週も大変楽しめました。そしてホントに鯉太郎の体が心配です。あと、気になるといえば、鯉太郎の今後の対戦相手も全く読めないですな。前頭14枚目で10日目まで全勝、既に小結戦はあったものの……結局、他の力士の星取り状況にも影響されるからなあ……でも、どう考えても本割で横綱戦があるとは思えないんだけどな……。佐藤先生、ここらで今場所の各力士の星取り状況も教えて下さい! よろしくお願いしゃす! 以上。

↓ 我が愛しの黒ブタこと、【松鳳山】関。実は結構小兵の部類に入ると思いますが、その前へ前へという相撲ぶりは大変カッコイイと存じます! 頑張れ裕也!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、気付けばもう3月半ば。あと2週間もすれば桜も咲きますなあ。まだ寒いけど、春はもうそこまで来ているんでしょうな。そして、現在熱戦が繰り広げられている大相撲春場所(@大阪)ですが、なんというか、17年ぶりの4横綱がそろった場所となったわけですけど……新横綱の【稀勢の里】関は昨日現在4連勝と順調なのでいいとして、なんと【白鵬】関と【日馬富士】関が2勝2敗、【鶴竜】関も3勝1敗と序盤から大変荒れております。そしてわたしが応援している【松鳳山】関も未だ星があがらず0勝4敗……おまけに今日は【日馬富士】関との割が組まれており、あああ……だ、大丈夫か……と大変心配です。今場所は【照ノ冨士】関が元気ですな。かつての輝きをもう一度取り戻して、カド番脱出は間違いなさそうですね。
 というわけで、まずは 週刊少年チャンピオン2017年第16号の概要です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシ。くそう!紙の雑誌版は乃木坂の斎藤飛鳥嬢のようです。
 ■『弱虫ペダル』:エアチョップドシャークの巻。なんかの料理みてえ……。
 ■『牙刃道』:内閣総理大臣官邸の巻。さあ、今後は戦争だ……!
 ■『囚人リク』:男気の巻。今週もリクやピカソ内海の顔芸が炸裂しまくりですw
 ■『Gメン』:キモ田童貞卒業→調子に乗るの巻。いいすねえ!来週からは拓海回か?大丈夫か…なんかおかしなことになってきたぞ…
 ■『少年ラケット』ジョー先輩勝利の巻。イイ! 大変面白い! 漫画力高し!
 ■『ファインプレー!』先週今週来週の3週短期掲載ですが、非常に画力が高く、面白いすね。かなりレベルが高いす。
 ■『BEASTARS』:ルイ先輩とハルと、そしてレゴシの巻。バッタリ遭遇してしまったレゴシ、どうなるのか来週以降の展開が超楽しみですなあ!
 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。今週は短いです。たぶん現実時間も2秒ぐらいしか進んでないのではないかしら。
 先週はいよいよ時間いっぱい、鯉太郎VS【毘沙門】が始まる直前、NHKアナウンサーの「あっ!?」という絶叫までが描かれましたが、今週はまさにそこからの続きです。そしてその絶叫の意味は見開きの絵で判明しました。なんと、【毘沙門】の野郎は、鯉太郎のぶちかまし対策として、土俵の一番後ろで仕切ったのでありました。場内の観客も、なんだアレ…マジかよ…と騒然とします。解説席の虎城理事長も、明らかなブチカマシ対策でしょうな、と見ていますし、NHKアナも、考えましたね、確かにこれなら強烈な出足を無効にします、なんてのんきなコメントです。そして常松こと【松明】も、「くっ」っと、あの野郎なんてこと考えやがる、的な表情です。お前は雷電か! あわてんなよ常! 鯉太郎の表情を見れば、鯉太郎が上等だぜ、と思ってる事が分かるだろ!
 そうです。鯉太郎はそんな奇策にも動じません。むしろ「いいんじゃねーの…」と闘志がメラメラ燃えてますよ! カッコイイすねえ! そして【毘沙門】の野郎は、そんな動じないどころかむしろ強力な殺気を放つ鯉太郎にイラつきを感じます。
 「仕切ったところでこの距離だぜ…何が出来るってんだよ…調子乗るなよな…弱ーくせによ~~~…この取組は すでに俺がコントロールしてんだよ…」
 はあ……まったく思い上がった傲慢なガキですなあ……ちょっと考えれば、その立ち位置は「もう後がない」俵を背負った背水だってことが分かるだろうに……1歩で土俵割っちゃうぞお前……おまけに、【毘沙門】はもう、両手を土俵に付けています。それは、つまり戦闘開始のタイミングを鯉太郎が握っているという意味です。鯉太郎の意思で、タイミングで、戦いが始まるというわけですから、主導権は鯉太郎にあり、【毘沙門】は受けに回らずを得ません。もう後がないのに。
 そしていよいよ、ハッキョイ! 戦闘開始です!
 「それはまるで獲物を狙う獣のように…静かで…しなやかで…美しい…ブチカマシだった…」と語られる鯉太郎のブチカマシは、距離があっても、もう一歩踏み込むだけで、あっさり【毘沙門】に届きます。その、プラスワンの踏み込みでさらに加速した鯉太郎のブチカマシは、【毘沙門】の想定を超え、奴も過ちを悟ったようです。もはや、いなしもはたきも間に合わない。胸で受けても、その運動エネルギーを堪えるための、空間的余裕がない。エネルギーを吸収できず1歩でも下がれば負け!
 ならば―――!! と【毘沙門】瞬時に選択したのは、衝撃をまともに受けることを覚悟し、自分も同じ角度で頭からブチカマシを迎撃するという方法でした。
 大相撲を見ていると、あまり回数は多くありませんが、まともに頭と頭がぶつかるすげえ立ち合いがありますよね。テレビだというのに、ゴッ!!! とすっげえ音が響くアレです。 あれは生で観戦したらすごいのでしょうなあ……。そして鯉太郎のキツイ一発を覚悟を持って頭で受けた【毘沙門】。「一瞬目から光が零れた…」というところで今週はお終いでした。
 しかし……こんな戦いを続けていたら、慢性外傷性脳症にもなりますよ、そりゃ……。『鮫島』(1)巻で、石川こと【飛天翔】関もそれで引退したわけで、心配というか……心配してももはや手遅れなんだろうけど、鯉太郎の未来に明日はあるのか、あってほしいと信じたいですなあ……。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週は立ち合いに小癪な策を使った【毘沙門】が、立った瞬間その過ちに気づいて鯉太郎の強力なブチカマシを頭で受け、その瞬間目から光が飛ぶところまでが描かれました。ただムカつくガキですが【毘沙門】も、そう簡単な相手ではないでしょうから、来週以降の展開が大変楽しみです。そして常VS【百雲】も読めると嬉しいのですが……そこんところ、佐藤先生、よろしくお願いいたします! 以上。

↓ 欲しい……売っているのをまったく見かけないけど、ネット専売じゃないよな……? 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今週の電子版の週刊少年チャンピオンは、ちゃんと巻頭グラビアがついてました。やっぱり事務所の都合なんでしょうな。しかし「ドカベン」が読めないのは残念だなあ……。そしていよいよこの週末から大相撲三月場所(大阪)が始まります。新横綱【稀勢の里】関の活躍が楽しみですが、わたしとしては応援している東前頭三枚目【松鳳山】関が星を重ねて三役復帰できるかどうか、とても注目しております。三役復帰が叶ったら、後援会に入ってもいいぞ。頑張れ【松鳳山】!!
 では、まずは週刊少年チャンピオン2017年第15号の概要です。
 ■巻頭グラビア:松永有紗嬢。大変お綺麗でよろしいかと存じます。
 ■『弱虫ペダル』:VS広島開幕の巻。さっさとぶち抜いて、先頭に合流してくれ!
 ■『牙刃道』:久々の独歩先生&牙刃の巻。守護るって誰を……。
 ■『囚人リク』:周龍やばしの巻Part2。さあ、とうとう変態内海が本領発揮だ!
 ■『Gメン』:仲良く合コンの巻。日本童貞連盟会長のキモ田がとうとう!!! マジすか!!
 ■『少年ラケット』ジョー先輩熱い!の巻。今週も気合の入った絵とカット割りで、ホント熱いすねえ! でも、掲載順が一番後ろなのが心配だ……そして勝負の行方は来週判明!
 ■『BEASTARS』:裏市の巻Part4。なんか実に味わい深いというか、ホントこの漫画面白いす。単行本2巻が4月発売だそうで、サイン会があるそうです。行くしかねえかも……!
 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週は常松が鯉太郎に「本当の強さ」をみる泣かせるお話と、一方でいつまでもバカな【毘沙門】野郎のわかってねえトンパチ振りが描かれ、実に対称的な同期二人の初入幕の頃が描かれました。
 今週は、時は現在に戻って、いよいよ十日目の朝です。「空流三人衆」が部屋から国技館へ向かう所から始まりです。 おっと、三人は同じ車に乗っての国技館入りなんですな。この車はタクシーじゃないみたいですが、ハイヤーなんすかね? たしか、空流部屋は、『バチバチ』(1)巻の説明によると、上野の不忍の池にほど近いところだったはずなので、まあ国技館まで車で10分ほどかな。しかし関取三人が普通車に乗れるもんなのかな? 相当狭そうですな、車内は。
 しかし、車に乗り込もうとする常松は、兄弟子二人に断って、ちょっと待ってくれと言います。部屋の前にたたずむ男に話があるようです。そう、この男は前夜前触れなく訪れてきた、常の父親であります。金の無心に来た親父を常は当然嫌っていますが、もう常は入門当時のギラついたガキじゃあありません。金が欲しければ、今日の場所を見に来い、と告げて、父親に背を向ける常。
 「楽に手には入らねーぞ…この金は…」
 カッコイイじゃあないですか。自分の闘っている姿を見て、その金の価値を、自身も力士の端くれだったのなら思い出せ、てなこことなんでしょうか。 戻って車に乗り込んだ常に、鯉太郎は声をかけます。「大丈夫か…?」常は答えます。「えぇ…きっと…」この、「きっと」には、傍点がついて強調されています。これはつまり、鯉太郎の「大丈夫か」という問いは、常松に向けたものではなく、親父さんに向けた問い、ってことなんでしょうな。それが分かる常も、「きっと(あのクソ野郎にも通じると思います)」という返事なのではないでしょうか。
 一方国技館では、既に【毘沙門】野郎がどんぐり渡部くんを相手に入念なウォーミングアップを開始しています。どんぐりくんはもうヘトヘトの体で、もうそろそろ出番なので体休めた方が、と進言しますが、トンパチ【毘沙門】は余裕の涼しい顔。やっと鯉太郎との再戦が叶ってうれしい様子です。どうやら、先週描かれたように、鯉太郎に勝ったものの、【王虎】 さんに言われた一言でスッキリせず、自分が未だ平幕で足踏みしているのは、あの時のモヤモヤのせいだ、なんて思っているようです。アホかお前。調子に乗ってバク宙まで披露する【毘沙門】は、【王虎】さんにドでかい声で宣言します。
 「今度こそしっかり見ててくださいよ! 大関~~~~~~!!」
 そして、チャッチャと鯉太郎をぶっ飛ばしてスッキリして、さっさと三役に上がって、アンタ倒して、番付も強さも全てで俺が上に行きますから、なんて無邪気発言をかまします。しかし、さすが【王虎】さん。完全ドシカトで余裕の笑みですよ。なんかカッコイイんですけど!【王虎】のくせに!
 そして、そんなうるせえ【毘沙門】野郎に一人の男が注意します。
 「おい…目障りだ…殺すぞ…」
 !? この発言の主は、先週までの回想では「各界の良心」とまで言われていた【百雲】関じゃないすか!! あんた……あんた一体、どうしちまったんだよ……!? 羽織っている浴衣の柄が、超おっかねえドクロ柄なんですけど、大丈夫ですか!? これはもう、第85話(単行本(10)巻収録)で描かれた、横綱【泡影】戦でまさかの金星を挙げてしまったことが関係していることは100%確実ですが、なんと!今日の常松の対戦相手はこの【百雲】であることが判明しました。空流の三人は支度部屋で話をしています。【白水】兄貴も、気を付けろよ、あいつ最近アブないだろ、と常をちょっと心配しますが、常は平気です。ここで【白水】兄貴は非常に気になる一言を言いました「今場所だって百雲(アイツ)のせいで…」おっと? 何があったんだ!? さっぱり見当もつきませんが、何かがあったようです。しかし常は気に掛けず、それよりも、と鯉太郎に【毘沙門】野郎をぶっ飛ばしてくれと言います。【毘沙門】野郎の調子に乗った言動や、鯉太郎を軽く扱う様子ははたから見ていて我慢がならん、オレも堪えるの大変なんす、と。
 「絶対に鯉太郎さんは毘沙門(アイツ)に勝たなくてはいけないんです…かつての俺のように 強さをはき違えたままの毘沙門(アイツ)に…(なぜならアナタこそ…俺にとって…”強さ”そのものなのだから…)」
 常よ…お前の成長にはホント泣けてくるぜ……そして成長させた兄弟子・鯉太郎も、カッコイイですなあ……!! ここの常松こと【松明】関の表情は、チャンピオンを買って読む価値アリです。最高ですわ……。
 というわけで、さっそく鯉太郎VS【毘沙門】の土俵入りです。今週は、時間いっぱいとなったところで、NHK解説の「あっ!!?」という絶叫でお終いでした。
 ちょっとちょっと!!! 一体何が起きたんです!? もう、今読み終わったばかりだというのに、もう来週が待ちきれないす!!! ここで終わりかよ~~~マジか―――一体何が起きたんだ!? くそー……来週からの立ち合いも超楽しみすね!! そして【百雲】VS【松明】も描かれることはもう確実でしょう。楽しみすぎてヤバいっす!! 佐藤先生、熱い戦いを期待してます!!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。 
 今週はいよいよ鯉太郎VS【毘沙門】の時間いっぱいまでが描かれました。そして常の父への思いの片鱗も垣間見え、おまけに十日目の常の対戦相手が【百雲】であることも判明しました。あの【百雲】が今や完全ヒャッハー的暗黒力士になっちまった経緯も大変気になりますが、鯉太郎よ、【毘沙門】野郎をきっちりぶっ飛ばしてくれよな。またもケガで、グラッ……とかは勘弁してくれよ!応援してますぜ! 以上。

↓ いっそ鮫島も、Figma作ってくれないかな……作ってくれたら買うのに……つーか、大相撲協会で公式フィギュア作ったら、結構売れると思うな。わたしも【松鳳山】なら買います。若い客を呼びたいなら、きっちりMD戦略を推進していただきたいものだ……こうなったらフルスクラッチで作るしかないか……。
 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、やっぱ電子版の週刊少年チャンピオンだと、巻頭グラビアがないし、「ドカベン」も読めないし、若干問題あるな……以前は巻頭グラビアも電子版に載ってたんだけどな……タレントによって電子アリ・ナシがあるんだろうな……事務所的に。
  ま、いいや。まずは週刊少年チャンピオン2017年第14号の概要です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシですが、紙の雑誌だと欅坂の3人でポスター付きだそうです。
 ■『弱虫ペダル』:チーム二人順調の巻。とりあえず広島には追い付いた、と。
 ■『牙刃道』:別れいッッ!!!の巻。どうすんのこれから……。
 ■『囚人リク』:周龍やばしの巻。今月発売のコミックス告知が最高すぎるwwww
 ■『Gメン』:おうちに帰ろうの巻。勝太の出した結末はいいすねえ!
 ■『少年ラケット』:最終セットへの巻。イヤほんと漫画力高いす。力のこもったペンのタッチが素晴らしいと思うす。試合も盛り上がっております!
 ■『BEASTARS』:裏市のPart3巻。強面ジャイアントパンダがイイすねえ!
 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。最近、ちょっと気合入れて長く書きすぎて時間がかかってしまうので、今週はあっさり目でお届けします。
 先週は、常松こと新生【松明】の新入幕場所の模様が描かれ、4連敗スタートとなった【松明】が5日目の朝げいこで、つい気合が入りすぎて鯉太郎が左膝を痛めてしまうシーンまで描かれました。今週は、その続きです。
  うずくまる鯉太郎に、すみません…すみません! と謝る常ですが、鯉太郎は笑顔で、謝るな常…大丈夫だ、問題ねえと言ってやります。ホッとする常に、鯉太郎は、落ち着けよ、焦んな、一つ一つ丁寧にやればお前は大丈夫だからよ、と大人な対応です。さすが鯉太郎、お前もホント成長したよな。新・空流親方こと【仁王】兄貴も、場所中に猛げいこしたって大した意味はねーからもう上がれとヤレヤレな顔です。
 そして始まった5日目。常は土俵上で気合を入れつつも深呼吸して気を落ち着かせ、鯉太郎の言ってくれた、「一つ一つ、丁寧に」を思い出します。そして勝負は寄り切りか押し出しか、分かりませんがともかく勝利!支度部屋のモニターで見つめる鯉太郎も、笑顔です。常は思います。
 「この幕内初勝利を…この1勝を俺はずっと忘れないだろう…」
 支度部屋へ戻って鯉太郎に礼を言う常。こんな常松の姿に、おっさんファンとしてはもう胸が熱くなりますな。あのクソ生意気だった常がよくぞここまで……。そして常は、鯉太郎に言います。次は鯉太郎さんの番ですよ、毘沙門(アイツ)は調子乗りすぎなんで黙らせてくれ、と。鯉太郎も、まかせとけ的な表情です。
 そして土俵に上がる鯉太郎と【毘沙門】。鯉太郎は全く冷静な表情ですが、バカ野郎な【毘沙門】は、いろいろと小癪なことを考えています。コイツ出世が遅すぎなんだよ、とか、王虎さんにはっきり見せてやるぜ、いずれアンタもコイツと同じになるってことをな、 とか、そんな生意気なことを考えている【毘沙門】野郎ですが、「ハッキョイ!!」の瞬間、鯉太郎の殺気というかオーラが爆発的に増大し、思わず「えっ…」と飲まれかけます。
 しかし! 朝、やっちまった鯉太郎の左膝が、よりによってこの時、ガクッと来てしまい、体勢を崩す鯉太郎。そしてそのブチカマシのエネルギーに、反射的に「わっ…!!」と引いてしまった【毘沙門】。そのまま引きおとして(はたき込みか?)勝負あり。なんてこった!という顔の常松、フン……という顔の【王虎】、そして当の【毘沙門】も、な、なんだ今のは……という表情を一瞬するも、勝負としては勝ったわけで余裕の笑み。ちきしょー!ムカつきますなあ、このガキァア!! しかし常は、すぐに気づきます。あれは今朝の膝のせいだ、と。そしてムカつくことに【毘沙門】野郎は、土俵上で鯉太郎に声をかけます。
 「だから言ったじゃん 鮫島(オマエ)のブチカマシなんて通用しないってさー」
 てめえ!!! お前わかってねえのかこの野郎!!! 腹立つわ……!! わたしは猛烈に頭に来たわけですが、大人な鯉太郎はそんな挑発には乗らず、さっさと退場です。【毘沙門】野郎はそんな鯉太郎に、さらに、チッ…無視かよ~~~~本当響かねぇな~~~とふざけたことを言います。 
 そして花道を引き上げてきた鯉太郎を常松が待っていました。常としては、完全にもう俺のせいだと罪悪感で思わず謝ろうとします、が、今週のハイライトはここですよ。鯉太郎はなんと言ったか分かりますか?
 「謝んな常!! 土俵は結果が全て…俺が弱えーから負けた…それだけだ……」 
 もう、鯉太郎よ、お前、人間出来過ぎだぞ!! この時の鯉太郎は推定20~22歳ぐらいです。 こんなカッコイイ20歳ぐらいの若者がいますか。プロであり、男っすねえ!!
 そして常は黙って鯉太郎に肩を貸し、鯉太郎を担ぎながら思います。ここはもう全文を備忘録として記録しておきたいすね。
 「たった1勝…そのために力士はどれほどの血と汗を流すのだろうか…そして1勝が重いのなら 1敗もまた同等に…いや…それ以上に重い…俺の不注意からこの人のその重い勝ちを奪ってしまった…普通なら恨み言の一つも言いたくなってしかるべき所を この人は自分のせいと笑った…サポーターを付けていなかった左膝は 星の挙がらなかった俺への気遣いだったのだろう…それはまた1勝の重さを この人は知っているからだ………俺はこの人の言い訳も泣き言も聞いたことがない…たとえ…誰かに軽く見られようと…土俵(ここ)では結果が全てと言い切る覚悟と潔さ…それはこの人の強さなのだと思えた…ここで謝ってしまうことは…この人の強さに対して失礼だと言葉を飲んだ…そして俺もその強さを…鯉太郎さんと同じ強さが欲しいと思ったんだ…」
 ヤバイ、今キーボードを打ちながら泣けてきたわ……。 もう完全に倉本総ばりな、北の国から的な泣かせる場面すよ……今週は絶対チャンピオンを買って、この場面を読むべきです。常の表情も最高ですよ。
 そして一方、頭の悪い【毘沙門】野郎は、支度部屋の【王虎】さんのもとへ、見ましたか、これでどっちが上かわかったでしょ、と浮かれて報告に行きます。しかしです。どーってことないですよ鮫島なんて、とはしゃぐバカに、【王虎】さんは、フッ…めでてー奴だな…とばっさり斬り捨てます。いいぞ【王虎】さん!もっと言え!! そして何もわかっちゃいない【毘沙門】野郎にきっちり言ってくれました。
 【王】「お前…相撲取ってて怖いと思ったことないだろ…? だから怖さがないんだよ…テメーの相撲には」
 【毘】「そんなもん思っちまったら 廃業だろ アホか…」
 【王】「ガキが…」
 うおーーー!! 【王虎】さんかっこいい!! マジで【王虎】さんもすげえ成長したんすねえ……!! まあ、『Burst』でのファイナルバトルで鯉太郎と死闘を演じましたからな……。【王虎】さん、さすがですなあ! とにかく落ち着いてるんすよね、鯉太郎も【王虎】さんも。その、落ち着きってやつが、大人なんでしょうな。まあ、二人とも直接会うと一触即発のガルルルル状態になってしまうのは先週描かれましたが、そんなとこも、とてもいいですねえ。ともかく、キャラクターの成長を味わう事がやっぱり物語の一番の醍醐味というか、読者の胸に刺さるポイントでしょうな。素晴らしいと思います。
 いやあ、まーた興奮して長く書いてしまった……わたしもちょっと落ち着かないと。鯉太郎の倍以上の年齢なのに、まったく情けなし、と、急にしょんぼりしてきたので今週はこれまで。
  というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。 
 今週は常松が鯉太郎に本当の「強さ」を見る、とても重要なお話が描かれました。本当に泣けますね、『鮫島』は。しかしそろそろ時を現在に戻して、クソ生意気な【毘沙門】野郎をぶっ飛ばしてほしいですな。でもただ勝つだけじゃあ、【毘沙門】野郎には響かないだろうし、どんな展開となるか楽しみにして待っていたいと思います。以上。

↓さあ、3/12からいよいよ春場所開幕ですよ! しかしやっぱり全然いい席は取れないですなあ……。。。わたしが愛する【松鳳山】関は前頭三枚目に踏みとどまりました。頑張れ~!!!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今週も電子版で買ってみた週刊少年チャンピオンですが、今週号も紙だと巻頭グラビアがあるのに電子版はナシか……うーむ……どうしたものか……でも、朝、起きたらすでにダウンロードされているってのは便利なんだよなあ……捨てる手間もないし……うーむ……一長一短ありますのう……ままならねえ世の中ですな。。。
  ま、いいや。まずは週刊少年チャンピオン2017年第13号の概要です。
 ■巻頭グラビア:電子版はナシですが、紙の雑誌だと欅坂の平手友梨奈さんだそうです。
 ■『弱虫ペダル』:共に進む力の巻。同調直接走法キター!キセキがまた顕現しそうな展開です
 ■『牙刃道』:電撃回復の巻。また一人殺しちゃった……。。
 ■『囚人リク』:ヤバみヤバみ!!!の巻。ピカソ内海の変態ぶりが炸裂して最高ですw ジャアアァアアァという擬音は何だと思ったら、超全力でお漏らししてましたwwww ヤバイのはお前だよ!!! と思わず突っ込んでしまう今週号は、ぜひ自分の目で確かめてください!!! 最高すぎるwwww
 ■『吸血鬼すぐ死ぬ』:新横浜ギルド巻。今回も安定の面白さでした。最高です。
 ■『Gメン』:八神さんの過去Part2の巻。八神さんの差し出すバットを勝太はどうするでしょうか。大変イイ展開です。
 ■『少年ラケット』:ジョー先輩立ち直るの巻。この作品はホント王道の漫画力の高さが光りますね。キャラクターや絵そのものもいいしカット割りの演出も素晴らしい!
 ■『BEASTARS』:裏市のPart2巻。まさかの愛嬌ゼロ!! 強面ジャイアントパンダ見参!! 彼の目的は…!? 次号につづく!! というエンディングのアオリがとてもいいと思います。そしてやけにカッコイイパンダも、その絵だけですげえイイすね!!! 竹担いでるし!
 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 それでは、今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週は、番付を駆け上がる【毘沙門】の過去話でしたが、今週は、一方そのころ常松は……的なお話です。まず、今週は3年前の11月にさかのぼります。空流部屋の後援会の皆さんが、皆おめでとーとお祝いしてくれていますが、どうやら常松の初入幕が決まったその日のようです。
 照れながらも、一足先に幕内力士となっていた【白水】兄貴や鯉太郎に抱えられて、超いい笑顔でガッツポーズを決める常松改め【松明】。常よ、お前もそんな笑顔をみせるようになったんだな、とわたしとしてはこのページだけでも今週号のチャンピオンを買う価値があると思います。この三人の空流の男たちの笑顔は最高ですよ。鯉太郎も【白水】兄貴も嬉しそうじゃあないですか!
 そして新入幕となった場所が始まります。まあ常識的に考えれば3年前の11月場所(=九州場所)ってことでしょうな。まさか年明けの初場所じゃあないでしょう。うーん、一度やっぱりこれまでの出来事を年表にまとめた方がいいかもしれないすねえ……まいいや。
 ともかく、その新入幕力士として場所を迎えた常松改め【松明】に、クソ生意気な【毘沙門】野郎が、「お前もやっと幕内かよ~~~~~」と寄ってきました。そしてどうやら、常が四股名を変えたのは、十両に昇進して関取となった時のようです。その時のことが【松明】の脳裏に再生されます。常は、大嫌いだった父親の【松明(たいまつ)】という四股名を継ぎたいと、今は亡き先代の空流親方に打ち明けました。曰く、「一度も火が灯らなかったこの名を 俺の力で輝かせたい」んだそうです。しかし先代は言いました。
 「そうか…だがせっかくだ…読み方変えてもっとデカくいこーじゃねーか…己だけじゃなく周りも照らす力士になれ…松明(まつあかり)!!」
 なるほど……そういうことだったんすねえ……これまた泣ける話じゃあないですか……常よ、お前ホントに空流に来てよかったな……最高の兄弟子たち、そして最高の親方じゃんか……
 で、クソ【毘沙門】野郎は、学生横綱から幕下付け出しで各界入りした常松に対し、それでなんで俺より出世が遅いんだよ、とか、常松に言いたい放題です。うるせえっつーの。しかし常は冷静に、「予定通りにはいかなかったよ…」とこれまでの苦闘を告げます。そしてその背後からやってきたのは鯉太郎。確かにお前のスピード出世は大したもんだけど、昇進が早けりゃいい手もんでもねーだろ、と常をバックアップです。しかし、そんな鯉太郎に、チョーシこいた【毘沙門】の口は止まりません。
 「だから鮫島(オマエ)はダメなんだろ~~~~…もう少し焦って頑張れよ…」
 こんな生意気な口を聞いたら、常も黙ってられないすよ。「おい…そこまでにしとけよ…」と若干キレ気味です。しかしかまわず【毘沙門】は、鯉太郎に対して、そんな体で幕内ってのが無理あんだよ、と 無神経な発言です。さらにキレる常松。そして【毘沙門】はさらに、鯉太郎の相撲スタイルについても、ブチカマシブチカマシって通用しねえ、もっと頭使えよ的な、ナメた発言を繰り返します。
 しかし、鯉太郎は、そんな【毘沙門】野郎の大きなお世話の暴言に対して、一言で流しました。
 「…………そうか…」
 この表情もイイすよ、実に。大人というか、これはなんつうんでしょうねえ…… きっと、土俵上の勝敗だけじゃない、本当の強さってものを追求しようとしている男なんでしょうな、鯉太郎は。そしてそんな鯉太郎のリアクションに、【毘沙門】野郎は、なんだよ、響かねえ男だなあ、と半ばヤレヤレ的なことを思い、そして常松は、ダメだ鯉太郎さん…この手の奴は一度ぶっ飛ばしてやらないと調子に乗るだけだ…と、ぐぬぬ…!!な表情です。
 そして!!! そんなやり取りを観ていたのか、一人の力士の登場です!!!!
 「クックック…昔の鮫島(オマエ)なら有無を言わさず殴りかかってたよな~~~~…随分立派になったもんだな…」 
 でたーーー!!! なんなんすかこの悪役感!!! 永遠のライバル【王虎】の登場だ――!!! ここはもう大興奮ですね!!! クックック…って……【王虎】さん、なんかお前、雑魚キャラっぽいぞ!!! そして【王虎】到来に常はヤバッ!! と慌てます。そして何もわかっちゃいない【毘沙門】は、呑気に「何言ってるんスか王虎さ……」と言いかけたところで、鯉太郎&【王虎】がFace to Faceで殺気を漂わせているのに気が付きます。
 鯉「(久し振りに悪タレ凶悪フェイスで)何か言ったか…?」
 王虎「(相変わらずの悪役フェイスで)ニコニコしてろよ さっきみてーに…」
 この対峙はまさしく『バチバチ』『Brust』時代そのものですな。あれから2年ぐらい経っているはずですが、いまだこの二人は、文字通りバチバチのライバルなんですなあ。そりゃそうだよ。そして、慌てて止めに入る常松や、逆にキレて「テメーコラ鮫島!! 誰に物言ってんだ」とわめく【毘沙門】野郎ですが、 この場を収めたのは、先週「各界の良心」と評された【百雲】でした。
 「やめないかお前たち…! 土俵入り前に何をやっている!」
 そんな【百雲】の一喝に、鯉太郎は「ボケが…」と捨て台詞を残し、【王虎】 は「アホが…」とにやにや笑いです。バカな【毘沙門】も、まったくなんだってんだ、身の程を知れってんだよ、とすっかり【王虎】サイドのつぶやきを発します。しかし、【王虎】は言います。
 「身の程を知るのは毘沙門(テメー)だ天然… 鮫島(あのアホ)は毘沙門(テメー)より上だよ…」
 おい! 【王虎】さん! なんだよお前、分かってるじゃないの!! 【王虎】よ、お前もちゃんと成長してたんだな。おっさん読者としてはこの【王虎】のセリフがやけにかっこよく聞こえてしまうじゃないか! いいすねえ! 今週号はマジでぜひ、買って読むことをお勧めします。
 そして幕が開いた【松明】の新入幕場所ですが、気合とは裏腹に4連敗でのスタートとなったそうです。しかも4敗目は、あの因縁の【宝玉光】だったみたいすね。そりゃあプレッシャーもあったでしょうし、勝たないと、という焦りもあったと常は述懐します。そんなとき、頼れる鯉太郎は、常松改め【松明】に、切り替えて行け、一度星上げればお前の力なら大丈夫だから…とアドバイス。【松明】も、すなおに「はい…」と良い表情で応えられるようになっていました。それは、2週前に描かれた通り、「自分の弱さを飲み込めたから」なわけですよ。いいすねえ……やはり、上司や先輩に恵まれると、成長できるんですなあ。グッときますね!
 そして支度部屋では、【毘沙門】野郎が翌日の割を見て興奮しています。どうやら翌日は、鯉太郎との割が組まれたようです。「鮫島(アイツ)が本当に俺より上なのかどうなのか…はっきりさせようなねーか…」と闘志をみなぎらせる【毘沙門】。そして場面は翌日朝の空流部屋に変わって、稽古に励む関取たちの様子が描かれます。とりわけ常松は、今日こそは、と気合が入っているようです。おっと、この時点ではすでに親方が【仁王】兄貴になってますので、先代が亡くなったのは3年前の11月以前のようですな。そして新たに親方となった【仁王】兄貴は常松に指導です。「コラ常! 強引になるな! ケガすんぞタコ!」そしてその親方の指導の直後! ゴギッ!と不吉な音が空流部屋に響きます!!!
 ああ、なんと! 今週号最終ページは、左ひざを抱えて土俵に倒れる鯉太郎の姿でした。やっばい! やっちまったのか!? そういえば、5週前(104話)では【毘沙門】は本割では鯉太郎と当たったことがないようなことを言ってましたが、4週前(105話)では前に顔合わせた時は楽勝だった、と言ってました。 しかも105話の一コマでその相撲の様子が描かれていて、立ち合いでブチカマシに行った鯉太郎を軽く引いて突き落としたような画になってましたっけ。まあ、いずれにせよ、鯉太郎は左ひざをやっちまったことは間違いないようです。そんな鯉太郎に楽勝して、それでまた【毘沙門】野郎は調子に乗っちゃったんですかねえ……あかんわ……そういうときこそ、常がきっちりケジメ取ってほしいものですが、さあ来週はどんな展開が待っているのでしょうか。超楽しみですなあ!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。 
 今週は常松が【松明】と四股名を改めたのは十両に昇進した時のことであり、さらに読み方を、父親の「たいまつ」ではなくて「まつあかり」とした理由が描かれました。泣ける……! そしてますます調子に乗る【毘沙門】野郎との本割の当日の朝、どうやら鯉太郎は左ひざをやっちまったことも判明しました。しかし、鯉太郎と【王虎】のやり取りは最高ですね。そして鯉太郎と常松の関係も、実に美しく泣かせますな。はーーーくそう、【毘沙門】野郎のような調子に乗ったガキはさっさとぶっ飛ばしていただきたいのだが……今後の展開がますます楽しみです! 以上。

↓ 買ってない人はいないすね? 大丈夫すね!? 常に携帯するのが男のたしなみですよ。
 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、3週間前かな、とうとう週刊少年チャンピオンも、紙媒体と電子版の同時発売が始まりました。で、今週から試しで電子で買ってみたのですが、やっぱいいすね! たまったチャンピオンを捨てるのも、若干面倒なわけで、わたしが愛用している電子書籍販売サイトBOOK☆WALKERでは、毎週予約をポチっておくと、勝手に決済まで完了して、朝起きたらダウンロードも完了しているわけで、これでもう、コンビニの店員さんがもたもたして電車に乗り遅れる!と、プチイラつくこともないわけですよ。まあ、読み終わったら削除してもいいし、単行本が出るまでほっといてもいいし、少なくともわたしにとっては、マイナス点はないすね。あ! マジか! ひとつ残念なお知らせがあるな……マジかよ……『ドカベン』だけ電子版には掲載されてないな……ぐぬぬ……ううう……ど、どうしよう……。ちなみに、今週いっぱいは,過去のバックナンバーが10円で買えるようなので、買い逃した方はぜひ! なんと今なら今週号も10円ですぜ!※2/12の23:59までの限定価格。Kindleだと99円みたいです。
 そして、昨日、『鮫島』の最新刊が発売となっておりますので、こちらはもう義務ですよ! 少なくともこのBlogを読んだ方は、もれなく買いでお願いします。

 さてと。というわけで、まずは週刊少年チャンピオン2017年第11号の概況です。
 ■巻頭グラビア:内山莉彩さん&渡邉幸愛さんのお二人。『六道の悪女たち』とコラボ企画ですな。
 ■『弱虫ペダル』:フェイズ99完遂の巻。集団VS総北&箱学!手嶋さぁぁーーーーーん!!
 ■『牙刃道』:両断の巻Part3。もう落としどころが全く見えないす……。
 ■『囚人リク』:脱獄チーム分散の巻。周龍&ピカソ内海の組はいろんな意味でやばそうすね!
 ■『吸血鬼すぐ死ぬ』:半田&お母さんの巻。いやー、マジ笑える。べたですが最高です。
 ■『Gメン』:Gメン登場の巻Part2。いよいよボス戦に突入しそうです。薫君がカッコいいすね。
 ■『六道の悪女たち』:新展開への序章の巻。ようやく乱奈さん主役回になりそう、かも!
 ■『BEASTARS』:レゴシの妹!? の巻。今週も新キャラ登場で、大変イイですね!面白い!
 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 では、今週の『鮫島』ニュースをお送りします。
 先週は、教習所時代の常松の様子が描かれ、後に【毘沙門】と四股名を変える当時のトンパチ速川君が順調に本割で勝ち星を挙げるのに反して、学生横綱として幕下からデビューした常松が、入門2場所目でも4勝3敗と、ようやくの勝ち越しを決めるのが精一杯だったという、皮肉な過去がラストで描かれました。
 今週は、さらに入門3場所目の7戦目の模様から描かれます。入門3場所目は、3勝3敗で迎えた7戦目。力士にとっては勝ち越しと負け越しでは天と地の差があるほど、後に大きく響きます。周りの親方衆も学生横綱と鳴り物入りで入門した常松のそんな苦戦をみて、「少々期待ハズレでしたな…」なんてことを言っています。
 そして、7戦目、相手はどうやら、鯉太郎や石川と同期の、あのどんぐり渡部君のようです。しかし……常松は、全く集中していません。常松が見ているのは、どんぐり渡部君ではありません。常松の脳裏には、クソ野郎だった父親や、そんなダメ力士だった父親をバカにする虎城親方の姿といった、いわば雑念が渦巻いています。そうです。常松はこの時、次のような思いで頭がいっぱいだったのです。
 「俺にとって相撲はただ金を稼ぐための手段…憎悪と嫌悪を固く握り 必死にそう言い聞かせていた……」わけです。思い出しますねえ、『Burst』の頃を。常は当時、鯉太郎に向かって言いましたよね。相撲界に入ったのはいわば就職だ、と。
 そして、そんな雑念に捕らわれていれば、どんぐり渡部君に勝てるわけもなく、あっさり負ける常松。入門3場所目は負け越しで場所を終えることになりました。そんな土俵を見ていたトンパチ速川は、あからさまに「うっわ~~~~~ダッセ~~~~」なんて笑ってます。しかし、同じく常の相撲を見守っていた鯉太郎は、心配そうな顔です。
 そして場面が変わって、国技館横のテラスでうつむく常松。この時の常松の脳裏には、妹や母の顔が浮かんでいます。心配しないで、俺は父親(アイツ)とは違うから。俺が必ず、楽させるから。そんなことを妹や母に言って角界入りしたのに「何をやってんだ…俺は………」と悩める常松。そこに、缶コーヒーを持って現れた男がいました。もちろん、我らが鯉太郎ですよ。そんな鯉太郎の気遣いに、常松はまた生意気なことを言います。
 「………やめてもらえますか…こういうの…気持ち悪いんで…」
 「ハハハ かってーなーお前は…本当よく似てるよ 俺とよ…」
 鯉太郎のこの笑顔は、とてもいいですなあ!優しく強い男の笑顔ですよ。しかし、常松は、そんな鯉太郎の言葉に、一瞬はっとして、すぐにまた怖い顔になって、鯉太郎と自分が似てるだなんて、冗談でも笑えない!と怒ります。なぜなら、鯉太郎は、なにしろ大関の息子。そして自分は三段目どまりでハイエナ芸者と揶揄されるようなダメ力士の息子。能力も性格も、生き方さえも遺伝でほぼ決まる、プロに入った途端、取組中にあのクズ野郎が頭によぎるんだ!と、常松は吠えます。
 しかし、鯉太郎は、静かに語ります。自分の父、元大関【火竜】も、親らしいことなんてしてもらったことはねえクソオヤジだったと。そして、言います。
 「ただよ…クソオヤジのせいでいろいろと生き辛かったけど オレに相撲を残してくれたことは感謝してる…お前も…そうだろ…」
 「………俺にとっては相撲はただ金を稼ぐ手段…それだけですよ…」
 「金のためだけなら お前ほど頭の回る奴…他でもっと稼げるだろ…好きなんだよ…相撲が……」
 「いや…俺は…」
 「じゃねーとそんなに負けて落ち込まねーし悔しくねーだろ…」
 もうですね、今週は本当に、皆さん、チャンピオンを買って読むべきですよ!!! マジで泣けるわ……鯉太郎の語りは続きます。
 「覚えてるか…お前が石川にのされた後 親方(オヤジ)に言った一言…あれは、己の弱さを知ってるからこそ吐けるんだよ…」
 「何を……勝手なこと…」
 「俺もクソ弱えーからよく分かるんだ…別に俺はお前に変われって言ってんじゃねえ…俺らみてーなのは意地張ってねーと立ってられないとこもあるからな…ただよ…もう少しいらねー力抜けよ…たとえ憎んだオヤジが相撲取りだったとしても…相撲は敵じゃねーからよ…」
 鯉太郎よ、お前ホントにすげえ奴だよ。お前だって『バチバチ』の最初の頃は超とんがってたのに、なんていい奴に成長したんだ!それもこれも、阿形さん、吽形さん二人の熱い戦いや、白水の兄貴の意地のようなものをしっかりと見つめ続けて、「空流部屋の魂」をきっちり自分に刻み込んだからだよな。もう、おっさん読者としては鯉太郎の成長は本当に泣けますな!! そしてそんな、鯉太郎の心は、常松のハートにも響くわけですよ。
 常松は今週ラスト、当時をこう振り返ります。
 「俺は空流に入らなければ…鯉太郎さん(このひと)と出会わなければどうなっていたのだろうか…必死に握りしめていたものは、恨みなどではなく…自分を支えていた大切なものなのだと そしてこの時初めて飲み込めた…俺は相撲が好きなんだと……」
 どうやら【松明】として立派な関取となった今の常松が誕生した瞬間のようですね。ラストの二人の会話もいいすねえ。常松は、ぼそっと小声で言います。
 「空流(ここ)でよかった……」
 「んっ?何か言ったか?」
 「いや…鯉太郎さんの今日の取組 脇が開きすぎて隙が多かったって言ったんですよ…」
 「ハハハ うるせーよ!負け越した奴が!」
 「くっ…見てて下さいよ…あなたより先に関取になってみせますから…」
 もうこのラストの会話で、『Burst』でクソ野郎だった常松が、『鮫島』ではデータ力士としてすっかり頼れる味方になった【松明】へ変身した経緯が明確に分かりましたね。そういうことだったんすねえ……いやあ、ホントにマジでお願いします。今週号は、ぜひチャンピオンを買って、実際に絵を見ながら読んでください。電子なら今すぐ買えますよ!! しかも今なら10円です!※2/12の23:59までの限定価格
 ホントに『鮫島』は最高すね!!! この常松回は、わたしとしては現状での『鮫島』最高のエピソードですね。はあ……もう【毘沙門】なんてどうでもいいぐらいす。鯉太郎よ、「強い」ってことがまるで分ってねえ、新弟子から「まるで成長していない」トンパチ【毘沙門】野郎をぶっ飛ばしてくれ!! 頼むぜ!!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週、我々読者はとうとう、クソ野郎だった常松が【松明】として立派な関取となる誕生の瞬間を見届けました。いやー、なんというか、これは全国の部下を持つおっさん中間管理職にはぜひ読んでいただきたいすね。クソ生意気な部下を持つ方には特におすすめですよ。器ってやつですなあ、人間としての。そして、生意気なクソガキの部下は、結局自分を写す鏡だってことですなあ。マジで『鮫島』は最高です。さっさと【毘沙門】をぶっ飛ばして、再び【天雷】や【王虎】、そしてもちろん【猛虎】さんとの取り組みも読みたいですね! 絶対【猛虎】さんとは対戦してほしいなあ……なにしろ素人時代の借りがありますからね。佐藤先生、超楽しみに待ってます! 以上。

↓ そしてこの漫画はやっぱり単行本を買うべきだな……つーか、さっき買いました!電子で。ドヤァッ!

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先日の横綱【稀勢の里】関の明治神宮奉納土俵入りをご覧になりましたか!? わたしが大好きな【松鳳山】関が堂々露払いとして参加したわけで、わたしはそっちに大興奮ですよ!同じ二所ケ関一門の関取として、【松鳳山】関も嬉しそうでしたな。そして横綱【稀勢の里】関の弟弟子である【高安】関も、太刀持ちとして一緒の時を過ごせて本当にうれしそうで、、なんかみんなが幸せそうなのがいいすね。しかし、【松鳳山】関は相変わらず黒いし、【高安】関は毛むくじゃらだし、面白い露払いと太刀持ちコンビで、わたしとしては大変ウケました。次の大阪場所がとても楽しみですな!
 というわけで、まずは週刊少年チャンピオン2017年第10号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週はナシ。
 ■『弱虫ペダル』:京伏ヤマさんの決意の巻。さあ、追いついちゃいましたよ!どうする泉田君!
 ■『牙刃道』:両断の巻Part2。完全に殺人犯ですね。クローン武蔵篇はもう飽きたっす。
 ■『囚人リク』:中門通過の巻Part2。面白キャラ玉木の面白さがまだ発揮されてません。
 ■『Gメン』:Gメン登場の巻。土井君ナイス!! これで形勢逆転だ!
 ■『六道の悪女たち』:平和な日常の巻Part2。乱奈さんはホント可愛いなあちくしょう!
 ■『BEASTARS』:雌鶏のプライドの巻。この雌鶏もナイスキャラで今週は超傑作ですよ。最高!
 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 では、今週の『鮫島』ニュースをお送りします。
 と、その前に、最新刊11巻の発売が先週から告知されています。

 この鮫島ニュースを毎週チェックしている方は、購入は義務ですのでよろしくお願いします。
 さて。先週からいよいよ10日目に入り、どうやら常松主役回のようです。『Burst』でとんでもないクソ野郎だった常松は現在、東前頭の立派な関取として、四股名も【松明】 と改め、妹や母親の面倒を見るイイ奴に変身したわけですが、そんな常松の教習所時代が先週のラストから始まりました。
 先週、常松は、自分の教習所時代を 何も分かっていない「どうしようもねえアホ」だったと述懐しました。しかし、今週いくつか新たに判明したことがあります。まず、常松が教習所に通っていたのは「5年前」だそうです。そして常松の初土俵は5月場所で、教習所に通っていたのは6月のことのようです。つまりですね、常松は鯉太郎の激闘、そして幕下優勝を見届けた後、ということになります。ここは重要なポイントですね。『鮫島』(2)巻で描かれた、まだ関取になる前の鯉太郎が【宝玉光】にガイにされたのも5年前。あの時、常はまだ髷も結えない状態でしたが、既にイイ奴になっていたので、どうやらやっぱり鍵は教習時代にありそうですな。
 で、教習所では、ゆとり力士養成員たちが、おしゃべりに夢中でまともに稽古していません。教官も大層おかんむりですが、その原因は、先週描かれた通り、常松が指導員の先輩力士をぶっ飛ばしてしまったからです。なので、指導員たちもすっかり縮み上がっていると、そんな状況です。
 そんな中、後に【毘沙門】と名乗ることになる、当時の速川君は、常と一番取りたくてたまらない様子です。常は偉そう言います。お前らのレベルに合わせて稽古したって何のメリットもないと。
 お前なあ……親方に強くなりたいって言ったのに、なんだよその態度は!
 しかし、トンパチな速川君も引きません。つか、コイツ、マジでバカなんですかね?デカい声でわめきます。
 「チッ…何だよ!逃げんなよ!! つまんねーなー!どっちがここで一番偉いのか 決めようって言ってるだけじゃん…」
 こんなことを言われては、常も黙ってはいません。あぁ?と凄んだところで、教習所に、さらにでかい声が響き渡ります。
 「オイオイオイ何だ何だ何だ!! この覇気がねー空気は!!?」
 この声の主はまさか!? わたしはドキドキしながらページをめくりました。たぶん、わたしはうれしくてにやけていた可能性が高いです。電車の中でしたが。 
 そうです! 我らが鯉太郎&石川のバチバチトンパチコンビの入場です!! そう、教官はたるんだ空気を壊すには「こいつらを呼ぶのがベストだろうと思っ」たのだそうです。教官、ナイスです!
 そして鯉太郎は、ゆとり養成員どもに言います。
 「オイ…挨拶は…!? 挨拶は!!!?」
 「ハイッ お疲れ様でございます!!」 と、一発でビビるゆとりども。いいですねえ! 
 しかし、トンパチな速川君はイマイチわかってません。まーた威張ってるのが来たね~~~~みたいな反応です。そして常に聞きます。どうするの常松君、またやっちゃう?と。しかし常は、もう場所での鯉太郎の熱い戦いを観ていますので、そんな馬鹿なことはしません。スッと鯉太郎の前に行き、きっちりと頭を下げて言います。
 「お疲れ様でございます…」
 鯉太郎も笑顔で、「おう!」と嬉しそうですよ。あのクソ生意気な常が、きちんと頭を下げるなんて、ホントうれしいじゃないですか。そもそもですね、常は大卒、つまりこの時23歳ぐらい。そして鯉太郎は、前の年に(?)高校中退(たぶん)で入門したわけですから、まだ17~18歳ぐらいですよ。歳の差が5歳はあるわけですが、この世界のルールがちゃんとわかってきた常に、おっさん読者としては胸が熱くなります。
 そして、常のそんな態度に、トンパチ速川君は、どういうこと?とハテナ顔ですが、【大吉】が教えてやります。
 「あの石川ってヤンキーみたいな人は 場所で常ちゃんを一撃で倒しているんだ…そしてその石川さんを倒しているのが幕下優勝してる鮫島鯉太郎さんだ 常ちゃんよりも強い同部屋の兄弟子だよ」 当然『Burst』を読んでいる我々はその時のことをよく知っています。ホントに一発でしたなあ。
 それを聞いて、またも「うはっ!」と嬉しがる速川君。
 「ちょっと! 邪魔! どけよ常松! 鮫島さん!俺と一番取ってもらえますか!」
 お前なあ!さっきまで「常松君」って言ってたくせに、もう呼び捨てかよ!そして鯉太郎は、まだ入門したばかりで腹筋の割れている速川君に、稽古をつけてやることにします。というわけで、鯉太郎と速川君は土俵に入りました。速川君は、右か左か、いや、絶対まっすぐ来る、と鯉太郎の動きを予想します。そしてその予想通り真正面からぶつかる鯉太郎。そこで、速川君は、石川ですら、「おっ……速ーぞあのガキ……」と心の中で思うほどのスピードで変化しました! しかし! そんな変化に全く慌てず、右手をハズにかけて、あっさり速川君を投げ飛ばします! 石川も思います。「まあ…俺らの比じゃねーがな……」
 土俵に大の字になった速川君は、その驚きに、爆笑で答えます。
 「強っえーーーーー!! アーハハハハ」
 まわりのゆとり養成員たちも鯉太郎の実力に唖然。そして、「つーか何笑ってんのアイツ……」と速川君の態度にも呆然です。そんな周りを一切気にせず、興奮気味に速川君は言います。
 「俺 速川って言うんス! スゲェっス鮫島さん! まさか今の動きに付いて来れるなんて…」
 「正面から来いよ正面から…今から稽古でそんなだとクセがついちまうぞ…」
 「でも…俺…軽いっスから…頭使わねーと…」
 「俺も入門した頃は虫みてーな腹してたんだよ…んなもんこの世界で言い訳にはなんねーぞ ただお前のスピードは大したもんだよ…それを逃げに使わず攻めに使えよ…」
 「うはっ! もう一丁いいっスか!?」
 「オウ! いくらでも来いよ…」
 鯉太郎はカッコいいすねえ!教官も、「あの鮫島(トンパチ)も成長したな…」と嬉しそうです。そして傍らの常に言います。
 「なぁ常松…上に行く力士ってのは度量もあるもんなんだぞ…お前には力がある…小さな力士になるなよ…」
 そんな優しい言葉に、この頃の常は変わりつつあるとはいっても、まだこんなことを言いました。
 「関係ないでしょ…学生ならまだしもここはプロの場だ…確かに鯉太郎さんの強さは認めるが オレは彼とは違う…何より考えるべきはどう番付を上げるか…自分がどう強くなるかそれだけでしょう…」
 まだ常は、「強い」ということがどういうことか、もがいていたわけですな……そして教習前期が明けた名古屋場所(七月場所)では、明暗が分かれます。なんと序の口を全勝優勝したのは速川君。そして常松は4勝3敗と何とか勝ち越しを決めるのがやっとでした。この時の常松は幕下かな? 三段目には落ちてないと思うけど、まだ幕内の壁を破れないでいたようです(※鯉太郎は、前場所で幕下優勝したわけですが、稽古のまわしが黒なので、まだ十両昇進には至ってなかった模様)。速川君が大喜びで鯉太郎に全勝優勝を報告に来て浮かれているそばで、常はタオルを頭からかぶって「こんなはずじゃ…こんなはずじゃねえ」とつぶやく有様。この時のことを、常松はこう述懐します。
 「あの時の俺はただ 突き付けられるリアルを視界から逸らし 崩れる自我を支えるのに必死だった…」
 そうか……常よ、今の【松明】になるまで、辛い日々があったんだな、やっぱり。そりゃあ、学生横綱を張った男だもんね、年下の力士に苦戦していては、プライドも何もズタズタでしょうよ。しかし、それでも今は立派な関取なわけで、きっと、鯉太郎をはじめとする空流部屋の兄貴たちの背中をしっかり目に焼き付けてきたんでしょうな。もう、何かそれだけで泣けるっすね。来週以降の展開も楽しみっす!

 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。 
 どうやら、本当に常松主役回の様相を呈してまいりました。いいですねえ!大変イイと思います。そして、実はわたしは、『Burst』から『鮫島』に至るまでにどのくらいの時が経ったのか、はっきり分かっていなかったのですが、今週のお話で明確に5年と判明しました。【宝玉光】にガイにされていた頃が5年前だったので、あれはこの常の教習時代とほぼ同時期なんすね。これは、ちょっと『バチバチ』から『Burst』を経て『鮫島』に至る、年表的なものをまとめておいた方がいいような気がしますな。リクエストがいっぱい来たら、記事にまとめようとと思います。いやー、それにしてもホント、常松話は泣けそうですよ! 以上。

↓ というわけで、わたしはいつも通り、紙と電子の両方を買って応援します!

 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先日の日曜日に熱戦の幕が閉じた大相撲ですが、わたしの愛する【松鳳山】関は、中盤は負けが込んでいたのですが後半は3連勝で最終的には7勝8敗と惜しくも負け越しで終了しました。惜しかったなあ……ホントに。って、それよりもですね、とうとうあの【稀勢の里】関が優勝し、そして昨日、ついに第72代横綱へと昇進いたしました。わたしは、強い相手に対しては強さを発揮するものの、格下相手にはするっと負けてしまったりすることのある【稀勢の里】関は、ホントにこの人は強いんだか弱いんだかわかんねえ、とか思っていたわけです。しかし去年は優勝回数0回なのに年間最多勝を獲り、いよいよその強さは本物になってきたぞ、と今場所は期待していたので、千秋楽で横綱【白鵬】関を下した相撲にはもう大興奮ですよ。あの千秋楽で負けていたら、横綱昇進もなかったかもしれないわけで、大変血圧が上がりました。【稀勢の里】関、本当におめでとうございます!! 今場所は本当にカッコ良かったぞ!
 というわけで、まずは週刊少年チャンピオン2017年第9号の概況です。
 ■巻頭グラビア:久松郁美嬢。実に素晴らしいBODYですね。
 ■『弱虫ペダル』:全員丸坊主の巻。京伏ヤマさん……なんかよく分かんねえ決意すね。
 ■『牙刃道』:両断の巻。もうみんな囲んで撃っちゃえばいいんじゃね……?
 ■『囚人リク』:中門通過の巻。妙な面白キャラは玉木進之介というそうです。
 ■『Gメン』:勝太大ピンチの巻。これは土井君が援軍を呼んでいる展開と思いたい。
 ■『六道の悪女たち』:平和な日常の巻。乱奈さんと幼田さんの関係もいいすね。
 ■『BEASTARS』:レゴシ君尻尾を振るの巻。この先、ルイ先輩も絡んでくるのかな?
 ■『サウエとラップ~自由形』:なんとあの名作『いきいきごんぼ』の陸井先生が大復活ッ!!!でもちょっと……どうなんでしょう、これは……。
 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

  さて。では、今週の『鮫島』ニュースをお送りします。
 先週は、とうとう鯉太郎の十日目の相手が、新キャラの【毘沙門】であることが判明しました。しかも【毘沙門】は、北里部屋所属であり、我々『バチバチ』時代からのファンには「どんぐり」君でおなじみの渡部仁くんの弟弟子であることも判明しました。 おまけに【毘沙門】は、常松こと【松明】や【大吉】と同期であることも判明しています。今週は、その北里部屋の十日目の朝げいこの模様から始まります。
 朝げいこで、どんぐり渡部君たちを相手に汗を流す【毘沙門】。もう十日目だというのに疲れを見せないタフな男のようです。しかも、これ以上は、とヘトヘトなドングリ渡部くん に対して、弟弟子だってのに、生意気なことを言います。
 「頼むよ~~~~仁パイセン~~~~…そんなんだからいつまでたっても関取になれないんだよ~~~」
 そんな無尽蔵のスタミナを誇る【毘沙門】に、どんぐり渡部君は思います。こういう奴を観ているとつくづく自分が凡人だと思う、幕内になる人間はやはりモノが違う、と。そして、こんなに稽古が好きな奴はいないんじゃないかと思う一方で、どんぐり君の脳裏には、いやいや、他にも一人いたな、と教習所時代の記憶がよみがえります。そうです。どんぐり君の同期である我らが鯉太郎ですよ。
 「さすが鮫島君に憧れてることはあるよ…君と稽古してると、彼との教習所時代を思い出す……」
  しかし、生意気な【毘沙門】は、こんなことを言います。
 「ハァ? アハハハ  ちょっとやめてよーーー憧れてるっていつのことだよそれ!たしかに昔はカッコ良かったけどさ~~~鮫島(アイツ)今はお話にならねーじゃん……前に顔合わせた時なんて楽勝だったし」
 どうやら鯉太郎と【毘沙門】はもう1回以上は対戦したことがあるようです。そしてさらに【毘沙門】はチョーシこいたことを抜かします。
 「今は番付も強さも俺の方が上だよ~~~? 昔教えてもらったんだよね~~~……この世界 強さが全てだってさ~~~……鮫島(アイツ)はもう俺よりも下だよ」
 なかなかムカつく野郎のようですよ、この【毘沙門】て野郎は。そして場面は空流部屋に移ります。入念にストレッチをしている鯉太郎。曰く、ちゃんと体と会話して、どこにガタが来ていてどこが動くのかを把握しておくのだそうです。そんな鯉太郎を切なげに見つめる椿ちゃん。もちろん、美和子先生に言われたことが頭によぎります。心配だよね……そりゃあもう。
 そしてその脇では、【白水】兄貴と常松こと【松明】が稽古中です。常松の激しい稽古に、【白水】兄貴も、場所中なんだからこれ以上は取組に支障をきたすぞと心配です。そうです。先週明らかになったように、常松の頭の中は、大嫌いな親父の影がちらついているわけです。子供のころ、ダメな父親に、どうせ俺の子供なんだからお前なんかダメに決まってると言われた常松。 それでも必死に頑張り、学生横綱のタイトルを獲って空流部屋に入門した当時、鯉太郎や【白水】兄貴を舐めきって、【王虎】や当時の【石川】に負け、悔しくて泣いたときに、今は亡き先代の空流親方がかけてくれた言葉を思い出す常松であります。
 「要するによ……強くなりてーーんだろ…?」
 あのシーンは『Burst』でもかなりいいシーンですね。まあ、ズバリ言うと『SLUM DUNK』の「バスケがしたいです……」でおなじみのあのシーンと同じですが。
 ともあれ、常松は、先代の言葉を思い出しながら、ふとつぶやきます。
 「俺は……強くなったんでしょうか……」 
 その言葉に、鯉太郎はハッとします。そして椿ちゃんは、何言ってんの、幕内の力士が、と元気づけます。弟弟子たちも、そおっすよ!松明かり関の相撲の強さは誰しがみとめるとこじゃないっスか! と言ってくれます。しかし常松は、「強さ」が、単純な相撲の勝負だけのものではないことを、今やしっかり理解しているのでありました。常よ、お前本当に成長したな!! 常松は言います。
 「いや………そうじゃねぇんだ…いや……その強さだけじゃなかったんだ……」
 というわけで、常松の教習所時代に時はさかのぼります。我々は『Burst』時代のクソ生意気な常松を知っていますので、想像は尽きますね? その想像通り、やっぱり教習所でも、クソ生意気なガキでした。 指導員の先輩力士に礼を失した態度で当たり、稽古でも腕を極めてヤマ行かせるような態度です。生意気なクソ野郎だった常松は、こんなことを偉そうに言ったようです。
 「分かりました……? あんたらは俺より下だ…今後一切俺に馴れ馴れしい口を利かないでもらえますか…? この世界 土俵の上では対等でしょ…いや…強い奴が偉いんだよ…」
 そしてこんな生意気な言葉に、一人の新弟子が目を輝かせて「うはっ!」と反応します。そうです。後に四股名を【毘沙門】とする、当時の新弟子北里部屋の速川君でありました。
 そういうことだったんすね!! どうやら今回は、やっぱり常松回のようですな。常松は当時の自分をこう表現して、今週は終わります。
 「あの頃の俺はナマイキでイジけてて…”強さ”とは何か まるで分かっちゃいない…どうしようもねえアホだった…」
 いいすねえ―――!! 今回もとてもイイですよ。あの頃の「どうしようもねえアホ」だった常松のことは、我々は『Burst』でいやというほどよく知っています。 あの常が、今や立派な関取。そこには兄弟子たちの背中をしっかり見てきた歴史があるわけです。泣かせるわ……もう常松のエピソードだけで泣けますね。
 しかし一方の速川君こと【毘沙門】は、未だそれが分かっていないわけで、こりゃあ鯉太郎との取り組みがものすごく楽しみですなあ!!  しかしまた、回想が結構入ってきそうな予感がしますが、大変大変楽しみであります!

 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭5枚目。←今週番付判明!!
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。 
 どうやら、十日目は【毘沙門】との対戦というより常松が中心のお話になりそうな予感ですが、その展開は大変期待できそうですな。常はホント嫌な奴だったからなあ……。「強いとは何なのか?」。これは『はじめの一歩』でも大変おなじみのテーマですが、あの常松が、それを真摯に考え続けてきたというだけでわたしはもう泣きそうですよ。やっぱり、鯉太郎は背中でいろいろ語って来たんすねえ。いやー、ほんと『鮫島』は最高っす!以上。

↓ 現実世界では稀勢の里関の横綱昇進で大変盛り上がっております。


 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先週は現在熱戦が繰り広げられている大相撲初場所において、わたしが応援している【松鳳山】関の調子がよさそうだぞ的なことをここで書きましたが、その後、昨日1/18(水)十二日目終了時点で4勝7敗という星の状況になっておりまして、大変厳しい戦いとなっております。黒星先行ですが、ホント、惜しい相撲が多いんすよね……今場所勝ち越せれば、三役復帰もあり得たのになあ……まあ、まだ初場所は終わっていませんので最後まで応援を続けたい所存であります。
 というわけで、まずは週刊少年チャンピオン2017年第8号の概況です。
 ■巻頭グラビア:浅川梨奈嬢。りな、ではなく、なな、と読むそうです。大変素晴らしいBODYです。
 ■『弱虫ペダル』:京都伏見の陰謀?の巻。どうやら広島の動きには京伏がからんでいるようで?
 ■『牙刃道』:孤独ッッッの巻。もう、なんというか方向性が分かりません……。
 ■『囚人リク』:第2ゲートの巻。まーた妙な面白キャラが登場です!
 ■『Gメン』:勝太怒り爆発直前の巻。勝太が電話した相手は土井くんだった。だ、大丈夫か……。
 ■『吸血鬼すぐ死ぬ』:ドラクル作家デビュー?の巻。毎週楽しいです。
 ■『六道の悪女たち』:バイク篇完結の巻。最後は良い話で落ち着きました。乱奈さんが一番かわいいす。
 ■『BEASTARS』:動物たちの夏の巻。新章スタートです。またウサギの彼女が……。
 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

  さて。では、今週の『鮫島』ニュースをお送りします。今週は新展開ですよ!!!
 先週は、ちょっとしたおふざけ息抜き回(?)でしたが、ラストで空流部屋に残った常松こと【松明】関のもとに、何者かが訪れたところで終わりました。今週は、幾つか大変なことが判明するのですが、まずは部屋に戻った鯉太郎と椿ちゃんと【白水】兄貴が飯を食っている情景からスタートです。どうやら【白水】兄貴は、顔がボコボコになっていることから察するに、【仁王】兄貴こと現・空流親方にガイにされた模様です。記憶すら飛んでいるらしく、鯉太郎や椿ちゃんとの会話にもまるで頓珍漢な受け答えです。
 まあ、それはどうでもいいとして(白水さんサーセン)、問題は常松です。
 床上手さんのちゃんこを喰いながら鯉太郎と椿ちゃんは、常松がちゃんこも喰わずに先に帰ったことを聞かされます。そうです。すでに常松も立派な関取。なんと、ページをめくると常松が既に部屋から出て、自分の家に住んでいることが初めて判明しました。そして、『Burst』でその存在が確認されていた、妹さんが初めて登場です。立派なマンション。帰ってきた常松を出迎えたのはその妹でした。現在高校生の由佳ちゃんというらしいですが、何やらコスプレめいた衣装で登場です。常松は普通に聞きます。
 「つーか由佳…なんなんだ…その格好は…」
 というわけで、そのコスプレ衣装は、常松と同期の大吉からもらったそうです。皆さん憶えてますか?大吉はオタクの引きこもりでしたね、そういえば。そして由佳ちゃんの着ているコスプレ衣装は、『Burst』の(1)巻で、大吉が初めて空流部屋に引っ越してきた時に持ってきた(そして常松に壊された)等身大フィギュア、「マジカル少女マホ」の衣装だそうです。というわけで、常松も、可愛い妹とオタ趣味を共有している大吉に対して、心の中で(明日ブッ殺す…)と大層ご立腹です。
 そして、このマンションには妹の由佳ちゃんとともに、なんとお母さんも同居していました。そうです。常松と言えば、『Burst』では非常にムカつく嫌な野郎でしたが、それもこれも、元力士のクソ親父によって苦労させられたからです。今や立派な関取として、妹とお母さんを養ってるんすね。まったく、常松もホントにイイ奴に成長しました。しかし、帰ってきた常松の顔を見て、お母さんは、何かあったの? と聞きます。
 平静を保っているつもりの常松でしたが、母の眼はごまかせません。そこで、常松の脳裏には、先週のラスト、空流部屋を訪れた謎の人物との邂逅がプレイバックされます。なんと、やってきたのは常松が憎んでいる親父でした。しかしですね、わたしは常松がイイ奴に 変身して、父親との確執的なものも解消できたのかな、と勝手に想像しておりました。だって、現在の四股名の【松明】は、父のつかってた四股名ですから(※ただし読み方は、父は「たいまつ」、常は「まつあかり」と違う)。
 しかしです。やってきた父親が、常松に投げかけた言葉は、金の無心でした。
 「親父(テメー)が消えて、何年たったと思ってやがんだ…突然現れて…吐いた言葉はそれかよ…クズが…」
 というわけで、思い出し怒りに形相が一変する常松に、妹の由佳ちゃんは心配します。何か今日のお兄ちゃん、空流に入る前のお兄ちゃんみたい、と。
 そして場面はまた空流部屋に戻り、お色気たっぷりの美和子先生のマッサージを受ける鯉太郎です。そしてマッサージを受けながら、大吉の口から、鯉太郎の次の十日目の相手が発表になりました。なんと! というか、やっぱり! というか、十日目の鯉太郎の相手は、北里部屋の【毘沙門】です!!! 【毘沙門】は、(9)巻収録の第71話で初登場した、あの爽やか笑顔のアイツです。まだ番付は不明ですが、鯉太郎は小結戦の次はやっぱり平幕が相手でした。そして、【毘沙門】は、大吉や常松と同期であることも判明しました!
 場面は北里部屋に移ります。なにやら【毘沙門】を含めた若手力士たちがPS4(もどき)で格闘ゲームに興じています。そしてですね、「北里部屋」と聞いてピンときたあなたは、相当な『バチバチ』ファンと言って差し支えないでしょう。そうです。北里部屋の力士を、我々は一人知ってるはずです。そう、『バチバチ』において、鯉太郎や石川こと【飛天翔】、【天雷】【蒼希狼】とともに同期としてしのぎを削ったあの男、「どんぐり」でお馴染みの渡部仁くんの『鮫島』再登場です!!!
 いやー、突然のどんぐり復活には大興奮ですよ。どんぐりくんは、鯉太郎にも勝った男だし、現在も力士を続けていることは、『鮫島』の単行本(4)巻に収録された描き下ろしおまけでも判明していましたが、【毘沙門】を関取と呼んでいることから、どうやらまだ幕下以下のようですね。そして、どうやら【毘沙門】という力士は、その爽やか笑顔やフレンドリーな話し方に似合わない、実はかなり物騒な奴的な模様も描かれます。ゲームのコントローラーを投げつける【毘沙門】は、どんぐり先輩の言葉に答えます。
 「でも君言ってたじゃないか…鮫島君と場所で取りたいって…」
 「あ―――…あれね アイツら巡業とかでいじっても響かないからさー…場所でいじくり倒してやろーと思ってさー」
 ニヒッっと笑う【毘沙門】。どうやら十日目もただでは済まなそうですよ。
 そしてラストでは、美和子先生が椿ちゃんを呼び出して告げます。
 「彼の体は…もう限界だと思う…ダメージの蓄積が許容量を超えてるわ…あれで取組をしているのが不思議なくらい…よく…見ててあげて…手遅れにならないように…彼の人生は力士を辞めても続くのだから…」
 まずいっすね……読者としてはもうそんなこと知ってるよ、ですが、大変マズイ展開になってきております。果たして鯉太郎は、【毘沙門】相手に白星を掴めるのか、そして【毘沙門】はどんな相撲を見せるのか。そしてさらに、鯉太郎の体は最後の十五日目をどう迎えるのか、これからも『鮫島』からはまったく目が離せませんな。鯉太郎の明日はどっちなんすか!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】番付不明。常と大吉と同期←今週NEW!!
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。 
 今週はかなりいろいろなことが描かれました。常松のこと、【毘沙門】のこと、そして鯉太郎の体のこと。しかし常松の現在の星取りはどうなっているのか知りたいですな。七日目までは全勝だったはずで、その後、もう勝ち越しは決めてるんすかねえ? 常松は元々学生横綱で強い男なんだから、三役にいてもおかしくないだろうに。現在六枚目の常松。二けた勝てば、場合によっては小結昇進だってあり得るだろうから、お前も頑張れよ!以上。

↓ そういえば、PS4をそろそろ買った方がいいんじゃねえかという気がしてきたな……「バイオ」の新作がやりたい……。いくらするんだろう……うわ、Proは5万オーバー、たっけえ!!
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-10
 

 というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 2017年、1発目の週刊少年チャンピオンは、まあ、特別感はなく普通な号でありました。
 つーかですね、この『鮫島』ニュースを読みに来ている方の何割かは、本物の大相撲にも興味がわいてきていると思いますが、現在、両国の国技館では平成29年初場所が熱い戦いを見せております。そしてこれも、常連の方にはおなじみだと思いますが、わたしは二所ケ関部屋の【松鳳山】関をずっと応援しております。でですね、その【松鳳山】関なんですが、昨日までの4日目で2勝2敗、という星なんですが、なんと!3日目には横綱【日馬富士】関をぶっ飛ばして金星GET! しかも初日は大関【照ノ富士】関も破り、おまけに、観ていた方はご存じだと思いますが、2日目も横綱【鶴竜】関をぶん投げたのです!!! しかしその勝負は、最初は行事軍配が【松鳳山】関に上がったものの、残念ながら【松鳳山】関の足が先に土俵の外についており、差し違えで黒星となってしまいました。
 いやーーーホント興奮したっすわ。もう完全に横綱【鶴竜】関は宙で裏返っており、「死に体」になっていたと見えたので、先に足がついても勝ちかも!? とドキドキしたのですが、結局は負けとなってしまいました。はーーー惜しかった!!  というわけで、昨日は大関【稀勢の里】関にやられちまいましたが、我が愛しの黒ブタ野郎こと【松鳳山】関は、今場所はたいへん元気です!! とにかく、この黒ブタは「引かない」で常に前に出る姿がわたしはとても応援したくなるわけで、観ていて気持ちのいい黒ブタ野郎です。なんであんなに黒いのでしょうか。ホント不思議な力士ですよ。
 というわけで、まずは週刊少年チャンピオン2017年第7号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今号はナシ。代わりに、ペダルと牙刃のダブルポスターです。オーガの顔芸がw
 ■『弱虫ペダル』:呉の陸鮫!! の巻。去年と同じ展開です。またか……どうせ……(略)
 ■『牙刃道』:武蔵捕縛失敗の巻。もう、全員で拳銃で撃てばいいじゃない……。
 ■『囚人リク』:制服奪取成功の巻。つーかホント展開が時間かかりますなあ……
 ■『少年ラケット』:ヒロ先輩の秘密の巻。足にけがを負ってたんですな。大丈夫か森原中は。
 ■『Gメン』:レイナ大ピンチの巻。はたして勝太が電話した相手が誰なのか気になりますね。
 ■『吸血鬼すぐ死ぬ』:セロリトラップ!の巻。いやー、今週も声を出して笑ってしまった……。
 ■『六道の悪女たち』:追いかけっこ勝利の巻:六道君の真面目さに、悪女たちも落ちるわけですな。
 ■『BEASTARS』:レゴシ人気者の巻:舞台後、ちょっとした人気者になったレゴシ君。友だちのジャックが大変良いですね。
 ■『SHY』:読み切り少女ヒーローもの。チョッと描き込みが多いけど絵が大変良いと思います。面白かった。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

  さて。では、今週の『鮫島』ニュースをお送りします。
 前回は、九日目の【白水】兄貴の戦いが物言いの末黒星で終わったものの、これまでの親方とのちょっとしたすれ違いも解消し、負けてすっきりした【白水】兄貴ですが、なんと、気分のいいところで勢いを借りて真琴姉ちゃんに告白する!!! という謎の展開で年を越しました。というわけで、今週は、【白水】兄貴のプロポーズ大作戦というわけなのですが……今週はもう、結果だけでイイっすよね?書く事ねえし……
 まあ、結論としては、【白水】兄貴の出る幕なく、【仁王】兄貴の掟破りの抜け駆けプロポーズが炸裂て、真琴姉ちゃんもまんざらでもなく、うれしげな笑顔を見せるの巻、と相成りました。
 いったい何が起こったかって? つまりですね、順を追って説明すると
 1)真琴姉ちゃんが「あのベンチ」で待ってる。【白水】兄貴に呼び出されたため。
 2)鯉太郎&椿ちゃんが斥候として茂みに隠れてる。
 3)【仁王】兄貴もベンチにやってきて、真琴姉ちゃんとばったり会う。実は【仁王】兄貴も、【白水】兄貴に「立会人」として呼び出された。
 つまりですね、【白水】兄貴の作戦は、二人は顔を合わせれば喧嘩ばかりなので、今日も絶対喧嘩になであろうから、喧嘩が始まったら鯉太郎&椿ちゃんにLINEで連絡をもらい、そこに自分がボートに乗って現れ、【闘海丸】くんのあのCMをパクった告白をしよう、てなことを考えていたわけです。
 しかし、背後に鯉太郎&椿ちゃんがいることも知らずに、【仁王】兄貴は結構男らしくカッコよくプロポーズし、成功すると。そして鯉太郎&椿ちゃんはここに【白水】兄貴が来てももうどうしようもない、ヤバイ、と思っていると、いつの間にか川さんが携帯を奪って【白水】兄貴にGOを出しちゃってたと。そして見事にスベった、とまあ、そういうわけです。
 まあ、我々読者的には、真琴姉ちゃんと【仁王】兄貴がイイ感じだということは、もう最初の『バチバチ』の頃からわかってますので、ここは素直に、良かったねと祝福したいですな。まあ、【白水】兄貴はとんだ当て馬(?)になっちまいましたが、【白水】兄貴には、もうチョイ相撲道に精進していただきたいですな。
 しかし、我々読者としては、鯉太郎と椿ちゃんはどうなってんだよ!って方が気になりますね。完全に椿ちゃんは鯉太郎のことが大好きですが、鯉太郎は……まあ相撲しか考えていない朴念仁でしょうなあ……そんな鯉太郎が椿ちゃんは大好きなわけで、果たしてこの二人が幸せになれるのか、大変大変心配です。
 そして今週の一番の問題は、最後のページに待っていました。
 部屋でみんなの帰りを待つ常松こと【松明】関。どうやら今回のプロポーズ大作戦には参加していないようですが、なかなか帰ってこないみんなを心配していると、部屋に何者かが訪れます。
 「やっ…やあ…久しぶりだな…」
 その声に、驚愕する常松、の顔アップで今週は終了でした。この客はいったい何者なのかが大変気になります。声が震えていて、フキダシも若干震えているわけで、『吽形』さんではありえないでしょう。『吽形』さんなら堂々としてるはずですし。こんなオドオドと空流部屋を訪れたのはいったい誰なのか。そして物語にどうかかわるのか。来週が大変楽しみですな。ここでまさかの【大鴇】とかだったらびっくりですな。一体誰なんだろう……常松が知っていて、久しぶり、となると……わかんねえっす。佐藤先生、誰なんすか一体!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:??? 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。 
 今週はちょっとした息抜き回でしたが、まあ【仁王】兄貴と真琴姉ちゃんには幸せになっていただきたいものです。そして今週のラストに現れたのはいったい誰なのか。そして鯉太郎の十日目の相手は誰なのか。さらに、鯉太郎はどういう運命をたどるのか。今年も『鮫島』から目が離せないっす!以上。

↓ヤバイ……ちょっと欲しいかも……。

 

 というわけで、2016年最後の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、新年最初の週刊少年チャンピオンの発売日は1/12(木)だそうですので、次回はまた2週間後になります。もう1年以上、この『鮫島』ニュースを綴っていますが、そろそろ辞めようかな……と言う気もしていますが、とりあえず、次の相手が誰か、そこでわたしのテンションが上がるかどうかで決めようかな、と思っています。書き続けるモチベーションが……続くといいのですが……。
 というわけで、まずは2016年最後の週刊少年チャンピオン2017年5・6合併号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は渡辺梨加嬢。欅坂の方だそうです。顔もスタイルもお綺麗ですな。
 ■『聖闘士聖矢 冥王神話』:紫龍VSスコーピオンの巻。車田節が炸裂してイイですなあ。
 ■『弱虫ペダル』:広島始動の巻。まーたこの展開か……。もうどうでもいいような……。
 ■『刃牙道』:武蔵捕縛?の巻。もう全員発砲しちゃえよ……。
 ■『囚人リク』:ヘルメットの巻。相変わらず熱いすねえ……。
 ■『少年ラケット』:第1試合の巻。イチロー君はいいとして、ヒロさんに何が起こったんだ!?
 ■『Gメン』:レイナのピンチの巻。またかなりヤバい展開になりそうな予感です。
 ■『六道の悪女たち』:魔法ならある!の巻。おっと、六道君がまた男を見せそうだ!
 ■『吸血鬼すぐ死ぬ』:ロナルドの戦い(笑)の巻。毎週面白いですが、今週の話はかなり好きです。電車内で思わず笑ってしまった……。
 ■『BEASTERS』:部長登場の巻。舞台は無事終わったので、まあよかったす。いよいよ単行本(1)巻が発売になるので、コイツは買いかも。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 先週は、土俵下に落ちる【白水】兄貴と大関【天鳳】までが描かれ、軍配はまだ上がっていませんでした。そして今週は、その軍配がとうとう上がります!
 結果は――――【白水】兄貴に上がりました! 小結【白水】が大関【天鳳】に勝った!やったぜ! 私も大喜び、そして空流の弟たちも大喜びです。【白水】兄貴も、「やっ…やった…やった―――!! 見てたか…親方…しっかり見てたかよ…!!」と、喜び涙を浮かべて、親方たる【仁王】兄貴に視線を送ります。
 しかし、審判席の【仁王】兄貴は、すっと右手を上げています。なんとここで、【仁王】兄貴の「物言い」だ――!! 唖然とする【白水】 兄貴をよそに、NHKの中継は取組のリプレイを放送します。「あっ!! 確かにこれは白水が先に落ちているように見えますね~~…」
 そして審議の結果は、なんと差し違えで大関【天鳳】の逆転勝利!!! NHKアナと、たぶん解説の虎城理事長(?)もこう言ってます。
 「しかし自分の親方の物言いで星を落とすことになってしまいましたね……」 
 「まあ…当然と言えば当然でしょうな…」
 ええ、そりゃまあ当然、でしょうなあ。しかし唖然の【白水】兄貴と青筋を立てている【仁王】兄貴の想いが面白いというか、ちょっと笑えます。
 「しっかり 見てんじゃねーよ……(ワナワナ)」
 「それはそれ! これはこれ!(プンスカ)」
  まあ、【仁王】兄貴はしっかり見てたってことで、しょうがないっすね。そして思わぬ勝ちを拾った【天鳳】は、素直に空流の強さを讃えます。
 「スゴイナ~~~仁王ハ~~~本当ニ強クナッタヨナ~~~白水 モット俺モ気合イ入レテイカネートナー…ノンビリシテルト 過去ノ人間ニナッチャウゾ…」
 【天鳳】のすがすがしい笑顔に、新寺親方も、うむ、的なほほえみです。そしてちくしょー的な悔しい表情で、あと一歩、あと一歩だったのに、と悔しがる【白水】兄貴に、【仁王】兄貴は声をかけます。
 「詰めが甘いんだよテメーは…まぁ…取り組みは少しはまともになったかな…バカヤローが…」
 その言葉を聞いて【白水】兄貴はハッとします。そして唇をかみしめて言いました。
 「ゼッテーアンタを超えてやるからな……次もしっかり見とけよ バカヤロー…」
 ここの【白水】兄貴は、【仁王】兄貴は言葉は悪いけれど、いつも自分を鼓舞する言葉を投げていてくれたということに気が付いた、という事でいいのでしょうか? 唇をかみしめたのは、慰め、激励してくれた、そしてそれがうれしい、けど、その感謝に答えるにはもっと強くならねーと、と覚悟を新たにした、というてことなんでしょうか?  こういう姿が、不器用な生き方しかできない空流の男たちの姿なんすかねえ。
 そして花道に引き上げてきた【白水】兄貴を、弟たちが出迎えます。そして、そんな弟たちに、【白水】兄貴は宣言します。
 「俺が見てきた阿吽(あにでし)みてーなカッコイイ背中は見せれねぇかもしれねーけど…でもよ…俺にしか見せれねぇ背中を見せっから…俺みてーなダセェ凡人でも 必死こけばなんとかなるって必ず見せっからよ…」
 その宣言に鯉太郎が応えます。
 「さすが俺らの部屋頭だよ…スゲー取組だったぜ…まだヘバッてらんねーって 力もらったよ…やっぱ間違いなく空流のぶってー柱だよ 白水さんは…」
 もう、まったくできた弟ですよ鯉太郎は。ここにジャギ様がいたら、「よくできた弟~~~!!」とクワッと反応しそうなレベルですな。 
 と、ここで今週は終わりかと思いきや、なんとちょっとした続きがありました。なんと、【白水】兄貴は、「オレ……この取組で何か変われたら、自分に少しでも自信が持てたら……真琴姉ちゃんに告白するんだ……」と完全に死亡フラグめいた想いがあったそうで、 鯉太郎に真琴姉ちゃんを呼び出すよう、兄貴職権の濫用です! だ、大丈夫か!? いや、大丈夫じゃないに決まってるけど、まさかの展開があり得るのか!? そんな読者の心配をよそに、結果は2週間後の年越しとなって今年は終了です。
 しかし……正直長かったすね、【白水】編は。おまけにまさかの年越しとは……。どうなんすかねえ、この展開は……まさか、【白水】兄貴に告白されて、真琴姉ちゃんの、ごめんなさい、からの、実は【仁王】兄貴が好きなの宣言もあり得るのでしょうか。まあ、正直その辺はあまり興味がないっす……とにかく、鯉太郎の次の相手は誰なのか、そしてどんな戦いとなるかが楽しみですな。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:??? 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 【白水】兄貴の戦いは、結論としては敗北に終わったわけですが、親方との絆は深まったわけで、一応はめでたしめでたしと言えると思います。そして次回に持ち越された、真琴姉ちゃんへの告白は……1週でさらっと流していただいて結構ですよ、佐藤先生! そして、次の相手や、現状での他力士の星取りもそろそろ教えていただければ幸いに存じます。来年も、よろしくお願いいたします!! 以上。

↓ マジで買うしかないかもな……結構好きです。この漫画。


 

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、もう年末までカウントダウンなわけですが、週刊少年チャンピオンは、今週は合併号で、次号は12/28(水)の発売だそうです。なので、来週はお休み&2週間後が今年ラスト、だそうですよ。
 というわけで、今週も特に書くことがないのでさっさといつも通り、 今週の週刊少年チャンピオン2017年第3・4合併号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は斎藤飛鳥嬢。乃木坂の方だそうです。サンタコスですな。
 ■『聖闘士聖矢 冥王神話』:紫龍、天蠍宮への巻。ほぼストーリーは進んでいません。
 ■『弱虫ペダル』:総北&箱学の協調の巻。また次号以降で広島がやらかすようです。
 ■『刃牙道』:武蔵出陣の巻。もうさっさと逮捕しちゃえばいいのに。
 ■『囚人リク』:ピカソ内海祭りの巻。またしても大変な顔芸炸裂。最終ページの少女漫画風な内海が最高です。なんなんすかもうw
 ■『少年ラケット』:試合直前の巻。一番手はイチロー君です。大丈夫でしょうか。
 ■『Gメン』:またしても天王会の影の巻。勝太もレイナも妄想してる場合じゃないぞ!
 ■『六道の悪女たち』:乱奈さんの決意の巻。いやー、ホント乱奈さんは素晴らしいですね!
 ■『BEASTERS』:レゴシ怒るPart2の巻。本番舞台上でのレゴシ君VS虎、大丈夫かこれ!?

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 先週は、とうとう会心の「真・ゴリラ張り手」をかました【白水】兄貴、そしてNHK実況アナの絶叫で終わったわけですが、今週は、そのNHKアナの絶叫の意味が分かるところからです。
 えーと、結論から言うと、要するに【天鳳】が堪えたということなのですが、新寺親方や空流親方が思うように、「並の力士ならあれで決まっていただろう…だが…相手は大関・天鳳 底が違う!!」わけです。
 そして、すっかり男塾の雷電のような解説キャラになりつつある常松こと【松明】が「マワシを取りに来た 距離を取れ――!!」と絶叫するも、【白水】兄貴は完全に「もう…ガス欠でんがな…」なわけで、がっちり【天鳳】に右上手をとられたと、とまあそんな展開でありました。
 しかし、その体勢に、新寺親方は「よし!これで問題ねぇ」としてやったり風な表情ですし、【松明】も、やられた的な顔をして下を向きそうになりますが、鯉太郎は言うわけです。
 「まだだ…下を向くな…まだ先かかかっただけだ…握れちゃいねえ…ギリ堪えてる…!信じて見てろ…最後まで何があるか分からねぇ…それが白水さんだ…」
 そして【天鳳】は「逃ガスカ!!」と気合一発、力をこめますが、なんと【白水】兄貴のまわしがびよーーーんと伸びてしまいました!! これは実際の大相撲でも良く見る光景で、がっちりとまわしが握れず、いわゆる「1枚まわし」だと、ずるりと伸びちゃうことがあるんですな。おまけにどうやら、なんと【川口】さんが、こんなこともあろうかと、まわしを緩く締めていたらしい。そんな、それはちょっとどうかと思うぜ【白水】兄貴!? そういえば、わたしの亡くなった親父も、1枚まわしで伸びちゃう状況に、「あー!! こいつ「ゆるふん」だぞ卑怯者!!」とTVに向かって怒鳴ってましたっけ……まさしく、【白水】兄貴は「ゆるふん」だったわけです。そしてその一瞬のすきに、【白水】兄貴は最後の力を振り絞って、最後の「真・ゴリラ張り手」を繰り出します! もちろん、【天鳳】も同じく「パクリVer.ゴリラ張り手」で迎撃だ!!
 しかし!! 見開きで描かれた両者の張りは、【白水】兄貴に分があった!! 吹っ飛ぶ【天鳳】に、空流の弟たちはガッツポーズ、新寺親方はやられたー!的に天を仰ぎ、空流親方はやりやがったあの野郎!的な笑顔です。
 が……!!! 土俵際、【天鳳】が最期のうっちゃり(?)というか、右の一枚まわしで強引に上手投げ(?)を放った――――!!! 
 という感じに、今週は土俵下になだれ落ちる二人で終了、軍配はまだ上がってません!! さあ、果たして勝ったのはどっちだ!? 結末は次号までお預けでありました。いやーーーホントに毎週、血圧上がるわ……。 

 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:??? 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 いよいよ【白水】VS【天鳳】戦の決着は見えましたが、まだ軍配が上がっておりません。一応、次号には判明するはずなので。年内はそこまでですね。しかし鯉太郎の次の相手は誰だろうなあ……まったく根拠はありませんが、次は関脇【天雷】のような気がする、というか、そうだといいなあ……と思っています。でも、前頭14枚目の力士が関脇と戦うことがあるのか……関脇までなら十分あり得るか。どうでしょうね。はーーー楽しみというかもう、鯉太郎の戦いから目が離せませんな。以上。

↓ しつこいですが買っていない人は『鮫島』ファンとは認めたくないものです。
 

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今日は我らが『鮫島、最後の十五日』第10巻の発売日ですので、今すぐ皆さん買いましょう! 本屋さんにGO、またはどこかのWebストア、あるいは、どこかの電子書籍販売サイトで今すぐポチッて応援しましょう。わたしは既に電子書籍は買ったので、帰りに本屋さんで紙でも買って来ます。

 というわけで、今週も特に書くことがないのでさっさといつも通り、 今週の週刊少年チャンピオン2017年第2号の概況です。えーと、年内の発売は次の次、までかな?
 ■巻頭グラビア:今週は平手友梨奈嬢。欅坂の方すね。水着はありません。
 ■『聖闘士聖矢 冥王神話』:久しぶりの連載再開!ちなみに今号の表紙にいるキグナス氷河は今週は出て来ません。しかし真面目に読んでるはずのわたしでさえ、お話を忘れかけているわけで……チッ……これは単行本をちゃんと買えってことかもな……。
 ■『弱虫ペダル』:坂道、今泉くんと合流の巻。今のところ順調ですが、まあ、すんなり事は進まないでしょうな。
 ■『刃牙道』:今度はヒナリー登場の巻。かなり「花の慶次」風な下ネタのオーガが笑えます。
 ■『囚人リク』:ピカソ内海再びの巻。今週も大変な顔芸炸裂で最終ページがとんでもないことに。マジでこの漫画を電車内で読むのは大変危険ですw ピロピロピロピロリンにわたしはもう笑いを耐えきれんせんでした。
 ■『少年ラケット』:試合前夜の巻。さあ、来週はいよいよ大会スタートか? そして1回戦で当たることになる謎の新キャラも登場です。
 ■『Gメン』:日本童貞連盟の巻。勝太もキモ田も、伊達さんもいいすねw そして最後にヤバそうな新キャラ登場でまたも大喧嘩の予感です。
 ■『六道の悪女たち』:飯沼くん、課長、大佐頑張るの巻。そしてラストは乱奈さんがハーレーに乗って登場ですよ!
 ■『BEASTERS』:レゴシ怒るの巻。虎に対して怒りを見せるレゴシは何気にカッコ良しですな。
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:最終回の巻。あーあ。わたしが応援するとことごとく終わっちゃうような気がしてなりません……せっかくどんどん画力が向上してたのになあ……

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 そして今週は、『鮫島』連載第100回記念としてカラー扉です。まあ、単行本も今日発売だしね。
 先週は、ようやく繋がった空流親方と【白水】兄貴の想いから、派手な一発を捨て、ショートジャブ「コゴリラ」張り手を小刻みに当てていく戦法にスイッチした【白水】兄貴の逆襲が描かれました。今週は、結論から言うとまだ勝負がつくところまでは行きませんでした。たぶん、年内あと2回(?)は、この【白水】兄貴の戦いで終わってしまいそうです。
 で。 NHK解説が叫ぶ通り、「じりじりと下がる天鳳!これは有効だ!効いている!!」状態です。【白水】兄貴は親方が「チマチマした相撲をやれ」と言っていたことを思い出しながら攻め続けます。
 「へっ…チマチマって…ボキャブラリーが貧困なんだよ…そりゃ丁寧って言うんだよ 理解すんのに労力かけさせんなよ…まったく…「基本に忠実に…丁寧に…もっと速く」だろ…」
 いやいやいや、【白水】兄貴、先代にもしっかりそれは叩き込まれてるはずなのに、余計なこと色々考えておかしくなってたのはあなたですよね? まあ、思い出したならいいのですが、ずっと頭の中で「チマチマ」という言葉を考えていた【白水】兄貴の「コゴリラ」張り手は、いつの間にか「チマゴリ」張り手に名称変更です!
 いけーー!と熱くなる空流の弟たち、やべえなコリャと青くなる新寺親方、そして「チマゴリ!!」と心が熱くなる空流親方こと【仁王】兄貴。しかし、そんな「チマゴリ」を喰らいまくって防戦一方の大関【天鳳】関ですが、その内心はもう嬉しくてたまらないようです。思わず笑みが漏れる【天鳳】関は思います。
 「強イナ~~~~~~~…サスガ空流ノ力士…前ニ出テモ押シ返サレル コノ感ジハ…マルデ俺ノ現状ソノモノダナ…イヤ…デモナ~~~…コンナモンジャナインダヨナ~~~…コンナモンジャ~~~横綱(アレ)ノ弾キ返ス力は…引ケナイヨネ…コノ程度デ…(略)進ムンダ…モット…強ク…何ガ来ヨウトモ…ドンナ力ダロウト平然ト進ム力デ…突キ抜ケル力デ…」
 というわけで【天鳳】も引かず、得意の「四つ相撲」に展開すべく、まわしを掴みに行きます。が、そこに、【白水】兄貴渾身の強力な本家「ゴリラ」張り手がカウンターで炸裂! 【白水】兄貴は、「これだろ…バカヤロー…」と思い、【仁王】兄貴も「それだよ…バカヤローが…」と思いはシンクロ。そして崩れ落ちる【天鳳】関ですが、ラストのコマは、NHKアナウンサーの「あっ……あ――――――ッ!!?」という絶叫で今週はお終い、でした。
 さあ果たして、ラスト、【白水】兄貴は見事【天鳳】関を撃破できたのか、それとも意識が飛びそうな【天鳳】はがっちりまわしを掴めたのか、来週までのお預けとなりました。こりゃあ、来週決着がつきそうですな。うーーん……まあ、漫画の定石的には、【白水】兄貴の惜敗となるような気がしますが……勝つのは【白水】兄貴か【天鳳】か、ドキドキしながら来週を待ちましょう!! はーー。やれやれ。今週も血圧上がったわ……。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:??? 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 いよいよ【白水】VS【天鳳】戦もクライマックス。来週結論は出るような展開ですが、はたして、勝つのはどっちだ!! そして、勝負の結果もそうですが、ほかの【松明】や【天雷】【猛虎】【王虎】の現在の勝ち星も気になりますので、佐藤先生、そろそろ教えて下さい!! よろしくお願いしゃす!! 以上。

↓ これが一番直近巻、かな? 一気に全巻買うしかないか……。

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先週は雪で今日は雨模様の東京ですが、ホント寒くなりましたな。そして今日からもう12月。なんてこった……本当に時の過ぎ去るのは早いですなあ……なんらかのスタンド攻撃を喰らっているかのようです。
 そして毎回しつこいですが、来週は第10巻の発売なので、皆さん買いましょう!

 というわけで、何も書くことがないのでさっさといつも通り、 今週の週刊少年チャンピオン2017年第1号の概況です。おお、今週号からもう2017年号だ!
 ■巻頭グラビア:今週は浅川梨奈嬢。デカい!何がデカイか自分で確かめよう!
 ■『弱虫ペダル』:今泉くんは信じるの巻。坂道よ、さっさと今泉くんの元へ急げ!
 ■『刃牙道』:武蔵TV出演の巻。生放送エア惨殺事件……たぶん、板垣先生は笑いながら描いてると思います。そして、巻頭カラーで第2部「バキ」のアニメ化の告知です!
 ■『囚人リク』:戻らんぞの巻。今週もリクの顔芸炸裂で、もう大変w
 ■『少年ラケット』:イチロー君の成長の巻。だいぶ顔つきも変わってきましたね。
 ■『Gメン』:レイナの恋愛特攻作戦、大失敗の巻。大変イイですが、やりすぎ!ですw
 ■『六道の悪女たち』:鬼ごっこスタートの巻。さあ、乱奈さんのターンが始まりますよ!
 ■『BEASTERS』:部長降板、レゴシ登板の巻。いやあ、ホント面白いす。!
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:舞台は2年後へ一気に進展の巻。あれっ!? かなりの急展開に驚きました。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 先週は、空流親方からの「悲しみのバカヤロー」に【白水】兄貴が奮起する展開でしたが、今週も引き続き大関【天鳳】と戦う【白水】兄貴の様子が描かれております。最初にズバリ言うと、今週も決着はつかず、です。
 というわけで、今週も大関【天鳳】の、満面の笑顔でのパクリ「ゴリラ張り手」が【白水】兄貴に炸裂しまくりです。必死に頭を下げ堪える兄貴ですが、なすすべなしか。力の入る【白水】兄貴の右手に、空流親方こと【仁王】兄貴は歯を食いしばって土俵を見つめます。
 「バカヤローが まだ大振りの一発を狙ってんのか…そんな無駄に力の入った見え見えの張りなんぞ 天鳳に通じるわけがねーんだ…(略)確実にチマチマ当てた方が勝率は上がるんだ…カッコつけんな…それじゃ負けちまうんだよ…」
 しかし! 次に【白水】兄貴が繰り出したのは、いつもの豪快な「ゴリラ張り手」ではありません。ショートレンジのジャブとでもいうべき「コゴリラ」張り手でありました! 驚く【仁王】兄貴 。そして空流の弟たちもあっけにとられ、新寺親方までなにぃ!? 的な顔です。10発のショートジャブこと「コゴリラ張り手」を飛ばす【白水】兄貴ですが、【天鳳】のパクリ「ゴリラ張り手」一発で返されます。再びブッ飛ぶ【白水】兄貴。その脳裏には、鯉太郎の想いや【仁王】兄貴への想いが交錯します。【仁王】兄貴は「カッコつけんな テメーはみっともねぇ位がちょうどいいんだよ!」と言ってくれました。そして鯉太郎は【白水】兄貴が自分を見捨てなかったことへの感謝を口にしてくれました。それは【白水】兄貴にとっては当たり前のことで、なぜなら、自分も【仁王】兄貴にそうしてもらっていたからです。弱くてヘボくてどうしようもない自分を、【仁王】兄貴はずっと見捨てなかった。あの人は、いつだって自分を勝たせようと、必死だったんだ。
 ようやくそのことに気づいた【白水】兄貴。気合で【天鳳】のパクリ「ゴリラ張り手」に耐えつつ、新技のショートジャブ「コゴリラ張り手」を打ち続けます。そしてそんな【白水】兄貴の姿に、空流親方こと【仁王】兄貴も若干嬉しそうに苦笑いです。
 「みっともねぇ相撲だな…バカヤローが…」
 ようやくここに、空流の師弟であり兄弟の心が通じたわけです。【白水】兄貴は思います。
 「俺の…俺だけの相撲を…見せてやる…」
 さあ、反撃開始ですよ! 執拗に打ち続ける「コゴリラ張り手」を喰らいすぎの【天鳳】。新寺親方もとうとう心配になってきました。
 「やべぇな…楽しみ過ぎだ…天鳳…」
 その言葉通り、【白水】兄貴の「コゴリラ張り手」は、天鳳にパクリ「ゴリラ張り手」を繰り出す余裕を与えません。そりゃあそうです。【仁王】兄貴の言う通り、
 「チマチマ打っても軽くねぇんだよ…テメーの一発は…」
 というわけで、今週はとうとう劣勢だった【白水】兄貴が大関【天鳳】を押し返している!! ところまで、でした。
 はーーー。やれやれ。どうなんすかねえ、この展開は。 問題は、この相撲を観ている鯉太郎が、次の戦いにどう生かすか、だと思うわけで、あくまで主人公鯉太郎の心の成長のための今回の【白水】兄貴の戦いであろうと思うのですが、やっぱり、自分の兄貴分が泥臭く必死で戦っている姿というのは、弟として当然、胸に沁みるのでしょうな。
 【白水】兄貴と鯉太郎の関係は、『バチバチ』でのラストの同門対決や『バチバチBrust』でのVS王虎戦などでかなり描かれてきました。そして、普通に考えて鯉太郎の方が強いだろ、と読者に思わせておいて、いつも男を見せたのは【白水】兄貴でした。そういう歴史があるからこそ、泣けるわけですよ、今回も。鯉太郎は現在もはや満身創痍。そのボロボロの体を突き動かすのは、こういう兄貴たちへの想いもあるわけで、いやー、やっぱり『鮫島』は最高ですね!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 とうとう空流親方の想いと【白水】兄貴の想いは重なり、そして新技のショートジャブ「コゴリラ張り手」を無意識に編み出した【白水】兄貴。ところで、【白水】兄貴はこの9日目で、星はどんなもんなんでしたっけ? 現在小結で、横綱には負けているわけで、何勝ぐらいしてるのかな? 自分より上位の三役との戦いがフルで組まれてるはずだけど、勝ち越さないとまた平幕だぞ! がんばれ【白水】兄貴! そして来週は、記念すべき第100話です! 以上。

↓ ホントにしつこいですが、来週発売ですよ!わたしは紙と電子両方買います。

 

 

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、スイスやフランスの皆さん、そちらの天候はいかがですか? 今日の東京は、クッソ寒いです。雪混じりの冷たい雨です。都内でこの時期に雪が降るのは54年ぶりだそうです。はーーーーマジで寒い……。そして日本では現在大相撲九州場所が開催されており、綱取りのかかっていた【豪栄道】関は昨日11日目時点で3敗とあっさり綱取り絶望、そして横綱【鶴竜】関と【日馬富士】関が1敗、【白鵬】関が2敗と優勝を争っておりますが、今場所は初入幕の【石浦】関が前頭15枚目で10勝1敗と非常に元気よく戦っております。【石浦】関は【白鵬】関と同部屋、すなわち弟弟子にあたるわけで、今後が大変楽しみであります。

 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年52号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は松本愛嬢。大変良いモノをお持ちですな。
 ■『弱虫ペダル』:最終日スタートの巻。坂道……お前、水田君に負けるなよな……?
 ■『刃牙道』:次期US大統領、オーガに会うの巻。無事に「不可侵宣言」引継ぎ完了で笑えます。
 ■『囚人リク』:リク一行脱出への巻。久々登場の主人公リク、相変わらずの顔芸ですw
 ■『少年ラケット』:ジョー先輩の成長の巻。サブキャラもイイですなあ。
 ■『Gメン』:レイナ、勝太をデートに誘うの巻。完全に呼び出しです。どうなるか楽しみですな。
 ■『六道の悪女たち』:六道君乗り込むの巻。乱奈さん置いてけぼりがかわいそう……。
 ■『BEASTERS』:演劇部の公演の巻。部長!大丈夫なのか!? 大変イイです。!
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:那由多、世界の秘密を知らされるの巻。えっ!? そういう話だったの!?

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 先週は、相撲を楽しむ【天鳳】にゴリラ張り手をパクられ、キッツイ一撃を受けた【白水】兄貴がもうだめだ……と崩れるところに、審判席の空流親方から大喝が飛ぶところまででした。今週は、まずは気が遠くなる【白水】兄貴が頭の中で見る走馬燈が描かれます。
 かつての入門時から、今現在まで、常に兄貴として自分を奮い立たせてくれた【仁王】兄貴であり、現・空流親方。【白水】兄貴にとって、【仁王】兄貴は、つねにバカヤローが!! としか言ってくれないけれど、そのバカヤローが!! という言葉に対して「オッかなくて…」「口が悪くて…」「キビしくて…」「しょーもなくて…」「優しくって…」「強くって…」、と様々な感情を抱いていたわけです。そしてなにより、「カッコよくて…」「誇らしくって」「俺もいつか…あんな風になりてぇって…弱さを微塵も見せねー男になりてぇって…ずっと……ずっと……思ってた」男、それが【白水】兄貴にとっての【仁王】兄貴という存在でした。
 そんな、薄れゆく意識の中で走馬燈を観てる場合じゃないだろ、とばかりに、審判席にいる【仁王】兄貴から、「この バカヤローが!!!」とすさまじい怒声が飛び、【白水】兄貴の意識がはっきり戻ります。【白水】兄貴は、その声とともに、【仁王】兄貴こと空流親方の顔をはっきりと見ました。そして悟ります。
 「分かってるよ…分かってる…今の「バカヤロー」は…今のは…悲しんでる「バカヤロー」だ…」
 そうですよ、【仁王】兄貴はもう悲しいのです。何やってんだお前は!! という悲しみの「バカヤロー」ですよ!! というわけで、覚醒した【白水】兄貴は思います。
 「終われるか…あんな顔させたままで…終われるか…!!」
 そして「あああああ!!」という咆哮とともに、再び右のゴリラ張り手を繰り出します!! が、カウンターで【天鳳】のゴリラ張り手パクリVerが【白水】兄貴の顔面にクリーンヒット!! NHKアナウンサーも「強――烈――!!」と絶叫です。「やっぱ…俺じゃあ…」と再び涙目で崩れ落ちていく【白水】兄貴。
 しかし、【仁王】兄貴にも、兄貴なりの苦悩がありました。鯉太郎に言われるまでもなく、【白水】兄貴が必死で頑張っているのはよーく分かってる。そして頼りになる新寺親方に「力士時代は歯ぁ食い縛って背中を見せていればよかった…けど親方ってのはそれだけじゃやれねえ…」と言われているわけで、親方であることの自覚は十分に持っているつもりです。しかしです。
 「だが…ここで誉めちゃダメなんだ…アイツの持っているモノは…俺の真似で終わるもんじゃねー…白水(アイツ)の力は…必ず俺を超えていく…」
 だからこそ、【仁王】兄貴は審判という立場であるにもかかわらず、そして虎城理事長が厳重注意だな……と頭に来ているにもかかわらず、土俵に向かって再び叫びます。
 「オメーはオメーでいいんだ!! バカヤローが!!」
 【仁王】兄貴! なんでその言葉をもっと前にかけてやれなかったんだよ……!! 誉めちゃダメ、ってのは、部下を持つ身なら非常に実感できるわけですが、誉めるタイミングと言葉は、まあ新米親方にはそりゃあ難しいでしょうなあ……分かります。でも、ちょっと遅かったんじゃねえかなあ……。
 いずれにせよ、その一言で再び蘇生した【白水】兄貴。ぐっと体をこらえ、涙と鼻血で汚れた顔は、いささかも闘志を失っていません。そんな顔をされて挑まれては、対する【天鳳】関も嬉しくてたまらなくなります。思わずアハッと笑う【天鳳】関に、師匠の新寺親方は嬉しそうに言います。
 「久し振りだな…天鳳(アイツ)のあんな顔は…」
 【白水】兄貴は、泣きながら思います。
 「バカヤローバカヤロー本当にうるせーよ…しっかり見てろよ…バカヤロ――――…」
 と、今週はここまで。反撃体制の覚悟の出来た【白水】兄貴の顔アップでおしまいです。
 いやー、しかし、ここから大逆転というのも、ちょっと難しいような……でも漫画だし、盛り上がるからいいのかな……。正直なところ、部下を散々教育してきたおっさん読者としては、空流親方の苦悩はよく分かるし、そしてこのエピソードを描かずにはいられなかった佐藤先生の気持ちも、理解できなくもない。けれど、やっぱりもどかしく思う部分も多く、じれったさを感じなくもない。しかしまあ、そんな兄貴二人を持つ鯉太郎のキャラクターを表現するには、やっぱり空流という家族も描かずにはいられなかったんでしょうな。
 しかし、【白水】兄貴ってそんなに強かったんだ……。もうちょっと、【白水】兄貴の強さの説得力があればよかったのだが、まあ、『Burst』の幕下時代に、現在の関脇【天雷】と大関【王虎】に勝ってる男なんだから、まあいっか……。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 何度もくじけそうになる【白水】兄貴を叱咤する空流親方だが、果たして勝負の行方は!! 来週には決着がつくのでしょうな、きっと。勝っても負けても、【白水】兄貴は鯉太郎の誇れる兄貴ですよ。そして兄貴らしい戦いを見せていただければと存じます。しかし鯉太郎の10日目の相手は誰になるんすかねえ。大変楽しみであります!! 以上。

↓ 毎週しつこいですが、発売まで告知し続けますよ!! 買いでお願いします!! 
 

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、全然関係ないのですが、この「鮫島ニュース」は、毎週(ほぼ)必ず、スイスからアクセスされている方がいらっしゃることは以前書いたような気がしますが、その後、どういうわけか、フランスとシンガポールとメキシコからも定期アクセスが観測されており、実はそろそろやめようかと思っていたものの、日本を遠く離れた地でも、『鮫島』が気になって仕方ない方々がいるならば、まだ続けようかな……と思い直した次第です。電子書籍なら、海外でも買えますので、ぜひ、単行本化の折は海外の皆さんも買ってください!! そして日本国内の人は、ちゃんとチャンピオンを買いましょう!
 ※ちなみに、わたしが使っている電子書籍販売サイトBOOK☆WALKERは海外から買えるのか、先日台湾で実験してみたところ、ちゃんと買えました。ただし、作品によってはダメなものもあるようです。
 今週号には、次の最新(10)巻の発売告知がありましたので貼っときます。12/8(木)発売ですよ!

 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年51号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は武田玲奈嬢。極上です。非常に美しいですな。
 ■『弱虫ペダル』:キモー筋再び坊主頭の巻。今年の総北は厳しいだろうなあ……。
 ■『刃牙道』:お見それしました!の巻。戦い終えた本部&牙刃の語らいです。
 ■『囚人リク』:逃がっさ―――ん!! の巻。まさかのピカソ内海の大復活に爆笑です。
 ■『少年ラケット』:イチロー君、再会を喜び健闘を誓うの巻。いよいよ公式戦かしら?
 ■『Gメン』:2学期編開始!の巻。非常にイイ展開が来ましたね!! 今後が楽しみ。
 ■『六道の悪女たち』:当たり前に理由はいらない!! の巻。六道君男を見せますな。そして乱奈さんが可愛いです。
 ■『BEASTERS』:部長&レゴシ君の巻。いやーホントに部長のキャラがイイ!!
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:那由多、拉致されるの巻。おっと、新展開きましたよ!!

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 そして今週は巻頭カラーです!!! 皆さん、チャンピオンを買いましょう!!
 先週は鯉太郎の兄弟子であり、空流部屋の部屋頭である【白水】兄貴と、かつて現在の空流親方が関脇【仁王】だった時代にしのぎを削っていた大関【天鳳】との取組の立ち合い直前までが描かれましたが、今週はいよいよ時間いっぱい、バトルスタートです。
 現在の【白水】兄貴の心の中では、(1)ボロボロになりながら戦う弟弟子・鯉太郎に、兄貴として誇れる姿を見せてやりたい (2)周りの親方衆から風当たりの強い空流親方に、あんたのハートをしっかり継いでるぜ、という姿を見せたい (3)ついでに言うと、真琴姉ちゃんにもカッコイイところを見せたい というような想いがあるのだと思われます。要するに、「部屋頭の自分が空流のぶっとい頼りになる柱だってことを見せて」やりたいわけで、気合十分ではあり、その気合に反応して大関【天鳳】も、「アハッ・・・ワクワクサセルジャ~~~ン・・・」と取組を楽しんでいるわけなんですが……この漫画において、力士たちは全員「自分」のために相撲を取っているのであって、「相撲」が好きで好きでしょうがない連中ばかりなわけですよ。この【白水】兄貴の想いは美しくはあるものの、ある意味「他人の目・他者からの評価」を気にしている時点で、マズいような気がしますね……。
 そういうわけで、そんな心中の【白水】兄貴は、ハッキョイとともに当然必殺の「ゴリラ張り手」を繰り出します。そしてその張りが大関【天鳳】の顔面にクリーンヒット!! 空流の弟たちも、やった!! 的な顔で土俵を見守ります。しかし!! 大関【天鳳】はノーダメージ!! まるでSGGKでお馴染みの若林くんのような余裕です。驚く【白水】兄貴にすかさず右のショルダータックルで【天鳳】は反撃!! おもわずNHKの解説も「あ―――!! 白水の巨体が弾け飛ぶ――!!」と絶叫、空流の弟たちも顔面蒼白!
 「内臓が爆発したと思った――・・・なんつー破壊力だよ・・・・・・クソ~~~~だが引かねえぞ・・・もう一度だ・・・」と、辛くも耐えた【白水】兄貴は思います。
 しかし、この後の【白水】兄貴と大関【天鳳】関の心のうちが、わたしは非常に対照的だと思いました。
 まず、【白水】兄貴は、反撃するにあたって、こう思います。
 「さっきのはきっと当たりが弱かったんだ・・・もう一発・・・俺のゴリラ張り手は最強だ・・・!!」
 そして大関【天鳳】はこう思ってます。
 「イイネ~~~・・・楽シーナーコイツ~~~・・・サッスガ仁王の弟子ジャ~~~ン・・・デモマダ足リナイ・・・俺ニ今必要ナノハ新弟子(あのころ)ノヨウナ楽シサ・・・馴レルナ・・・今ニ 楽シメ・・・モット・・・」
 どうですか。これじゃあ、【天鳳】こそ空流の弟子のようじゃあないですか?
 そして二人が放ったのは、二人ともが「ゴリラ張り手」!! その時の二人の顔もまた対照的です。決死の表情の【白水】兄貴に対して、なんと【天鳳】の楽し気な笑顔でしょう!! そして見開きで描かれる、二人の顔面に炸裂するお互いの張り手。【白水】兄貴は白目をむき、【天鳳】は「コンナ感ジ?」と嬉しそうです。そして崩れ落ちようとする【白水】兄貴は、薄れゆく意識の中でこんなことを思います。
 「だ・・・駄目だ・・・やっぱ俺はアンタみてーにはなれねーよ・・・仁王さん・・・」
 そして今週のラストカットは、審判席に座る【仁王】兄貴こと現・空流親方の大激怒です。
 「この バカヤローが!!」
 まったくですよ……わたしもそう思いました。このバカヤローが……!!! 【白水】さん……それじゃあ、ダメでしょうが……!!! まあ、親方として【仁王】兄貴がきちんと言葉に出来なかったのが悪いんすかねえ……オレの背中を見ておけ、というのが最高の教育だというのは、実のところわたしも大変頷けます。けれど、なんかちょっと変な方向に行ってしまったら、やっぱり指導してやらんとイカンのでしょうなあ……。一歩間違えばただの放任、指導者・管理者としての責任放棄だからな……。
 はーーー。なんというか、部下を持つ人間ならば一度は必ず悩むわけで、このあたりは、先代が急逝してしまったために【仁王】兄貴はまったく受け継げなかったとしても仕方ないすねえ……。まだ全然若いしなあ……。新寺親方に相談した方がいいっすよ、マジで。とにかく、鯉太郎の体も大変心配ですが、【白水】兄貴と【仁王】兄貴も、おっさん読者としては心配でなりません。がんばれ空流部屋!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 とうとうはじまった、【白水】兄貴VS大関【天鳳】関戦だが、ちょっとどうもまだ貫目が違うんすかねえ……悲壮な決意の【白水】兄貴と、周りからもうアイツは終わったなんて言われてもなお、相撲が楽しくてしょうがない【天鳳】関。これは最初から勝負は見えてたと言わざるを得ないのかなあ……でも、空流親方の大喝で、【白水】兄貴大復活&大勝利の図もあり得るかもしれないので、この勝負、まだ見えたとは思いたくありませんな。来週が楽しみです!!! 以上。

↓しつこいですが、次の(10)巻は12/8(木)発売ですので、この「鮫島ニュース」を読んだ方は義務として、必ずご購入いただきたく存じます。わたしはいつも通り、応援のために紙と電子両方買うぜ!!

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、急に寒くなってきたわけで、もはや東京もコートナシはつらい程なわけですが、気が付くといつのまにか11月になっているわけで、まあそりゃあ11月だから寒いか、と、さっき妙に腑に落ちました。いよいよもう来週から、大相撲も今年最後の九州場所なわけです。ホントに1年が早いなあ……そしてわたしの愛する【松鳳山】関は東前頭5枚目です。鮫島的に言えば、常松こと【松明】より上ですよ。がんばれよ、【松鳳山】!! 応援してるぜ!!
 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年50号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は入山杏奈嬢。水着で寒そうですが、大変いいと思います。
 ■『弱虫ペダル』:広島、青八木さんにからむの巻。極めて不愉快ですね。去年と同じ展開は観たくないですな
 ■『刃牙道』:本部のおっさん大勝利!!その2の巻。で? これからどうすんの?
 ■『囚人リク』:沢田&レノマ、分かりあう?の巻。沢田がこうなったのは変態・大場のせいなんすね。
 ■『少年ラケット』:ヨルゲン君勝利!! の巻。さあ、イチロー君の今後はどうなるんすかね。
 ■『Gメン』:番外編、勝太たち、TVの取材を受けるの巻。えーと、これは1話完結ですよね?
 ■『六道の悪女たち』:バイクガール、ピンチか? の巻。わたし的には乱奈さんイチオシで。
 ■『BEASTERS』:レゴシ君何気に演劇部になじんでるの巻。部長のキャラがすっげえいいすな。
 ■『AIの遺電子』:リサちゃん&須藤先生、山に登るの巻。リサが大変かわいいですな。
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:那由多、活躍す?巻。最後の決めゴマが大変カッコいいと思います。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は九日目の取り組みを終えた鯉太郎、そして悲壮な思いを胸に大関戦の土俵に向かう【白水】兄貴と仁王兄貴こと空流親方のやり取りなどが描かれました。そして今週は、まずはその相手の大関、「角界の怪鳥」でおなじみの、【天鳳】関の心のうちから物語が始まります。
 シリーズを読んでいる我々には、大関【天鳳】といえば、空流親方が現役の関脇【仁王】関だったころ、綱取りに手がかかっていたのを、【仁王】兄貴に負けて綱を逃したことで大変おなじみです。そして所属部屋は、鯉太郎の親友、石川でおなじみの【飛天翔】関と同じ、新寺部屋です。そして新寺親方といえば、先週も出てきた通り、空流部屋と同門で、いつも気にかけてくれる超いい人です。
 場内の観客の話題は、横綱【泡影】がどこまで連勝を伸ばすかということに沸いています。そして、もし勝てるとしたら、虎城部屋の二匹の若虎こと【猛虎】か【王虎】じゃね? なんて話が出ています。でも、待ってくださいよ、大関はもう一人いるでしょ? しかし、シリーズ最大のクソ野郎である 十文字のクソ親方は、まーたひどいことを言っています。
 「あ――――・・・アレはもう無いだろ・・・機を逃しすぎた・・・」
 このクソオヤジが言う「アレ」とは、まさしく 【天鳳】関のことです。お前うるせーよこの野郎、とわたしの怒りもふつふつと沸いてまいります。
 しかし、初めて描かれた、【天鳳】関 の心のうちは、なかなか泣かせるものでした。支度部屋で髪を結ってもらいながら、故郷の写真を見つめる【天鳳】関。思い出すのは故郷の母、そして新寺親方の温かい言葉です。母は、もうそろそろ故郷へ戻ってゆっくりしたら? なんて言ってくれたようです。そして新寺親方も、そろそろ日本国籍を取得したらどうだ、自分にもしものことがあったとき、後を任せられるのはお前だと思っとるんだよ・・・なんてことを言ってくれたみたいです。泣かせますねえ……。しかしです、大関【天鳳】は思います。
 「マダダヨネ・・・マダ終ワレナイヨ・・・幾度弾カレテモ・・・マダ俺ハ 綱(アレ)ガホシインダ・・・」
 その目線の先にいるのは、無敵横綱【泡影】。【天鳳】の目には、【泡影】は「ピカピカニ輝イテ」いる存在なわけで、場内のファンたちの「一時期の勢いはもうねーだろ・・・」という声には「忍ビ寄ル諦メノ香リヲ払拭スルホドノ熱ヲモウ一度」と思い、「俺はまだ信じてるぜ・・・」とあきらめずに応援してくれるファンには「マダシガミ付ク機体ヘ 感涙サセルホドノ 結果ヲ贈ッテアゲナイト・・・」と思っています。そしてなにより、【天鳳】関はこう思っています。
 「大丈~~~夫・・・ ダッテ・・・ホラ・・・土俵ハマダ コンナニモ俺ヲ・・・ワクワクサセテクレルジャ~~~ン」 
 つまり【天鳳】関は、まだまだ相撲を取るのが楽しくてたまらないわけです。
 そして今日、【天鳳】関と戦うわれらが【白水】兄貴といえば……当然、現役時代の【仁王】兄貴としのぎを削った姿を見ているわけで、当然強敵であるとしっかり認識しており、気合十分。テッポウ禁止の壁をゴリラ張り手でドオォンとかましています。 大関在位7年にして一度もカド番になったことのない【天鳳】関は、もちろんのことながら「相手にとって不足なし・・・!」であります。
 そんな気合十分の【白水】兄貴のもとへ、鯉太郎を筆頭に空流の弟たちが集合です。体はボロボロの鯉太郎に、【白水】兄貴はさっさと帰って休めと言ったのに、ですよ。鯉太郎は言います。 
  「寝てられるかっての・・・背中 見させてもらうぜ 白水さん・・・」
 全く、よくできた弟ですよ。【白水】兄貴は「コイツ・・・ヘトヘトのくせに・・・俺を心配して・・・」と内心思いますが、口を出る言葉は、兄としてのセリフです。
 「オウ! しっかり見てろ!」
 まったく、不器用な男たちですなあ……。そして花道から土俵へ向かう【白水】兄貴。鯉太郎たちへの想い、そして仁王兄貴こと空流親方への想いが心に溢れます。
 「見せてやるさ弟弟子(おまえら)に・・・俺が見てきたようなデッケエ背中を・・・見ててくれ・・・いつまでたっても俺はダメな弟弟子で いつまでたってもガッカリしかさせねえ弟子だ・・・けど・・・けど! それも今日までだ!」
 というわけで、土俵に立つ【白水】兄貴。そして対峙する大関【天鳳】。二人とも、思いの丈は大きなものがあり、そんな二人がいよいよ立ち合いだ―――!!! というところまででした。
 しかしあれっすね、盛り上がるし泣けますねえ……ホントにこの漫画は。【白水】 さんが気負いすぎなのは明らか。これはちょっとマズいのでは……大変心配ですが、単行本収録を考えると次の97話までが(11)巻になるはずなので、来週で「その後」は終わるのでしょうか? 終われそうにないような気がするんだけど……どうなるのかその辺も来週を楽しみにしておきましょう。いやー、鮫島は最高っすね。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週は、主人公・鯉太郎の兄弟子である小結【白水】関VS大関【天鳳】関のハッキョイ直前までが描かれました。この勝負、なんだか大変心配です。弟たちに兄貴としての背中を見せるために、【王虎】に腕をへし折られても闘った男ですからね……まさか白水、最後の十五日、にならないっすよね? 大丈夫かな……わたしは大変大変、心配です!。以上。

↓  あーあ……一度国技館で生観戦したいもんだなあ……。

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、明日は祝日なので、われらが「少年チャンピオン49号」は今日、水曜日の発売です。
 そしてわたしは今、羽田の出発ロビーでこれをスマホでテザリングしながら書いてUPしております。ちょっくら台湾へ映画を観に行ってきます。もう『DOCTOR STRANGE』が楽しみすぎる!!! そして映画以外になにも予定がなく、マジでどうしようかまったくノープランです。ま、そんなことはどうでもいいとして、さっさと本題へ入りましょう。
 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年49号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は橋本奈々未嬢。乃木坂の方っすね。大変お綺麗です。
 ■『弱虫ペダル』:3日目、今年も広島キターー!! の巻。また来たかコイツら……。
 ■『刃牙道』:本部のおっさん大勝利!!! の巻。超意外な結末にびっくり!!
 ■『囚人リク』:脱獄作戦順調に進行中の巻。またも沢田が大活躍か!?
 ■『少年ラケット』:佐々木先輩もとうとう熱く闘志燃やすの巻。君も頑張れ!
 ■『Gメン』:土井ラップ完結編の巻。なかなかいい終わり方でした。ちょっと面白かった。
 ■『六道の悪女たち』:バイクガールと仲良くなるの巻。乱奈さんがどんなバイクで来るか楽しみ!
 ■『BEASTERS』:レゴシ君しっぽを振るの巻。今回も大変面白い!! つか興味深い!!
 ■『AIの遺電子』:ロボット恋人の巻。いやー、今回も面白かったす。
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:初心者市バトル継続中の巻。キャラがどんどん増えてるけど大丈夫か? でも面白いです。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週はVS【闘海丸】戦の決着までが描かれました。決まり手は「送り出し」かというNHKアナウンサーの問いに、虎城理事長は答えます。
 「いや・・・わずかな隙を逃さず闘海丸の脇の下をくぐり抜けた・・・マワシは取っているが後ろに体を反っているから変形の<伝え反り>とでも言いましょうか」だそうです。ニワカ相撲好きのわたしには良くわからない決まり手ですが、さすがにGoogle神にお伺いを立てると、まあいっぱい画像やら映像が出てきますね。いずれにせよ、NHKアナの言う通り「両者力の入った真っ向からの戦い 絶体絶命といっていい状態から体を入れ替え まさに土俵際からの大逆転!! 勝ったのは鮫島――――!!」です。
 常松こと【松明】も呆然、将太くんも青ざめ、【白水】さんは当たり前だぜ的な笑顔です。椿ちゃんもほっと一安心な表情です、土俵下で、全力を出しきって横になっている【闘海丸】くんも、負けて悔いなし、「楽しかったな鮫島―――!!」と鯉太郎に声をかけます。しかし、【闘海丸】くんの「またやろーぜ鮫島!!」という晴れ晴れとした笑顔に、鯉太郎は一瞬の間をおいて「あぁ」と答えます。もう我々読者は知っています。鯉太郎に「また今度」がないかもしれないことを。辛いすね……。。。
 しかしそんな鯉太郎の状態を知らない【闘海丸】くんは熱い戦いに涙を流す男のファンたちにガッと右手を上げて叫びます「アイスてるぜオメ――ら――!!!」いや、それはもういいです、はいw
 そして支度部屋では、【白水】さんについている【豆助】がもう大興奮です。「カッケーなーくそ~~~あの人が俺の兄弟子なんだってんだからな~~~」
 そんな【豆助】を見て、【白水】さんもつぶやきます。「本当カッコよ過ぎんだよ・・・オメーは・・・」。【白水】さんとしては、鯉太郎の兄弟子だってことを見せたいところですが、頭に浮かぶのは、朝の親方との会話です。親方は、カッコつけんな、みっともねえくらいがちょうどいいと言いました。しかし【白水】さんは、あの十文字のクソ親方にいいように言われてしまった親方のためにも、カッコ良くキメてやろーじゃねーかと、ひそかに闘志を燃やしています。そしてそうやって勝てれば、親方も自分のことを認めてくれるはずだ、とも。
 イカンですなあ……【白水】さん……そいつは勘違いですぜ……親方は、変に気負わず、いつもの自分を出せばお前は強い、って言いたかったと思うんだけどなあ……。伝わらないわけですよ、それが。
 そして当の空流親方は、いつも気に掛けてくれる新寺親方と立ち話です。どうやら今日九日目の【白水】さんの相手は、「角界の怪鳥」でお馴染みの大関【天鳳】みたいすね。まったくもう、いつも新寺親方はホントいい人ですよ。仁王兄貴こと、現・空流親方も真面目に恐縮です。「お前が十文字に言われたことを気にしてんじゃねーかと心配でよ……ウザってーと思うが老婆心だと思って諦めてくれや・・・オメーは先代の・・・俺の親友の弟子なんだからよ・・・」こんなこと言われたら泣けるね、実際。
 そしてそこへ、【大吉】に肩を借りながら鯉太郎がやってきました。きちんと、新寺親方にもあいさつしつつ、仁王兄貴に報告です「おかげ様で星を上げることが出来ました・・・」。
 もう絵的にこの鯉太郎は見てるだけでキツイ表情です。完全にもう、大丈夫じゃないですよこの人。仁王兄貴も、凄い微妙な表情です。この表情は、ちょっと解釈が難しい!! どういう意味だろう!? こんなにボロボロになる戦いしやがって、と、言う顔ですが、それは鯉太郎の体を心配している、って事でいいのかな? でも思わずいつものように、説教してしまう仁王兄貴(空流親方)。しかしそんな説教にも、笑顔で答える鯉太郎がなんとも健気で泣かせます!!! 隣で見ている新寺親方も「ボロボロな体でなんて顔すんだよ・・・たまらんよな・・・お前(=空流)も・・・」と心の中で思ってます。なので「三役に勝ったんだ 少しは誉めてやってもいいんじゃねーか?」と水を向けてくれましたが、鯉太郎が、笑いながら、「いいよ気持ちわりー」と謙遜です。そして自分よりも【白水】兄貴を誉めてやってくれ、弟子の中で一番空流を背負ってるのは【白水】さんだから・・・と言って退場します。
 もう、鯉太郎、お前はホントになんて出来た奴なんだ。思わず「出来た弟」という言葉でジャギ様を思い出したぐらいですよ。泣けますなあ……。
 来週は【白水】さんVS大関【天鳳】が観られるのでしょうか……そして【白水】さんの悲壮な想いは仁王兄貴に通じるのでしょうか。来週も超楽しみっす!!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週はVS【闘海丸】戦の取組後が描かれましたが、鯉太郎の体はどんどんヤバイ方向へ向かっております。そして仁王兄貴や【白水】さんたちの想いも、なんというか……不器用な連中ですよまったく。いよいよ物語はつらい方向へ傾いてますが、まだ6日間場所は続くわけで、大丈夫なんでしょうか。大変心配ですが、最後まで応援したい所存であります。以上。

↓ しっかし時間の経つのは早えなあ……もう今年最後の11月場所、九州場所の開幕ですよ!!! 豪栄道関の綱獲りがかかってます。そして我が愛しの黒ブタ野郎こと松鳳山関の地元です!!!


 
 

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、来週の11/3(木)は、祝日なので、次号は11/2(水)発売です。
 なのですが、わたしは来週水曜から、ちょっくら台湾へ映画を観に行ってきますので、来週の『鮫島ニュース』の更新は、金曜日になるかもしれません。いや……羽田に行くまでにチャンピオン買って読んで、飛行機の中で書こうかな……まあ、出来たら頑張りますが、ダメだったら金曜までお待ちいただければと存じます。ちなみに、日本では来年公開の『DOCTOR STRANGE』が、わたしとしては今すぐにでも観たくて観たくてたまらないので、既に公開中の台湾に行くわけですが、映画以外には特に予定もなく……いっそ一泊でも良かったかもな……と若干思っています。まあいいや。しかし羽田から台北松山空港の便はホント楽ですなあ。
 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年48号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は島崎遥香嬢。水着はナシ。これって普通のこと?
 ■『弱虫ペダル』:坂道くん、明日に向けスイッチオンの巻。3日目ってどういうコースだっけ……。
 ■『刃牙道』:本部のおっさん、逝ったか!? の巻。もうホント武蔵は飽きました。
 ■『囚人リク』:変態・大場、KO!の巻。レノマの勝利。いやーヤバかった……。
 ■『少年ラケット』:ヨル君再び闘志燃やすの巻。頑張れ!
 ■『Gメン』:新展開。土井ラップ編Vol.2の巻。まだ続くの……?
 ■『六道の悪女たち』:第三の女子は凶悪バイクガールの巻。大変いいですね!
 ■『BEASTERS』:レゴシ君&ウサギガールの巻。下着はちゃんとつけてるんすね。
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:初心者市バトル拡大の巻。どんどん面白くなっております。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週はまわしの取り合いから、一気に【闘海丸】の寄りが鯉太郎を土俵際へ!というところまででしたが、今週はその続きです(当たり前か)。 そして、今週でVS【闘海丸】戦は決着です。
 状況としては、鯉太郎に覆いかぶさるように土俵際まで押し寄る【闘海丸】。そしてその圧力を必死でこらえる鯉太郎、という図式ですので、実際の経過時間はおそらく数秒だと思いますが、押す側の【闘海丸】と堪える側の鯉太郎の内面が描かれます。
 当然、【闘海丸】は、将太くんが「押せ―――!!」と怒鳴るまでもなく、必死で寄り切る目論見。しかし、粘る鯉太郎に、こう思います。
 「なんで・・・なんでだ・・・もういいだろ鮫島! 体が軋んでんじゃねーか・・・限界だって泣いてるじゃねーか・・・もう諦めろよ・・・まだ次があるんだ・・・」
 そして鯉太郎は――またも体中がミシミシメキメキと軋み、白水さんも大変心配そうですが――こう思ってます。
 「まだだ・・・まだ・・・探せ・・・探せ・・・突破口を・・・わずかでいい・・・針の穴ほどでいい・・・諦めるな・・・土俵を割るまで・・・力尽きるまで・・・終わっちまうまで・・・諦めるな・・・」
 そして渾身の力で耐える鯉太郎に、【闘海丸】も「ブハハッ やっぱ最高だぜ・・・」と嬉しそう。そして左手で鯉太郎の顔面を押さえつけます!! その、【闘海丸】の左脇が空いた瞬間を鯉太郎は逃しません。すかさず左ハズから【闘海丸】の左手を跳ね上げ、同時に自らの左手を【闘海丸】の脇にねじ込むことで、【闘海丸】必殺の「右」をまわしから切ることに成功、サイドへ回って両手で【闘海丸】のまわしを取りました!! あとはうりゃあと【闘海丸】を土俵の外へ放り出すだけ!!! 虎城理事長も、やりおるわ、的な顔をしてます。
 負けを悟った【闘海丸】も、「最高だ・・・」と一言残し、土俵の外へ……!! 決着です!!!
 はーーー。まったく今週も血圧上がるわ……はーーーやれやれ。しっかし鯉太郎も強ええ!! これで前頭14枚目とは……9日目にして9戦全勝です!! しかし、次の戦いの相手は、ちょっと予想ができませんな。他の力士の勝ち星もわからないし。ひとつ確実に言えそうなのは、「普通なら」ば、前頭14枚目の鯉太郎と横綱が本割で当たることはありません。たとえ全勝同士であっても。大関戦ですら難しいかも。でもまあ、漫画だし、どういう展開でもわたし的には大歓迎です。できれば、鯉太郎が素人の高校生だった時に、初めて戦った相手、現在の大関【猛虎】さんとは是非とも戦ってほしいですなぁ……もちろん、怪力【天雷】や大関【王虎】との闘いも観たいですが、どうでしょうね。とにかく、次の10日目の相手が誰なのか、もはやわたしがそれが一番気になります! 新キャラの【毘沙門】とか【白鯨力】あたりすかねえ……新キャラだと、また背景説明に話数がかかるからなあ……。ところで、常松こと【松明】は今、何勝何敗なんすかねえ。七日目までは全勝だったんだし、勝ち越しを決めていただきたいですな。はーーー。楽しみだ……。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週はVS【闘海丸】戦の決着まで、手に汗握る攻防が描かれました。これで9戦全勝。次の相手は誰なのかが大変気になりますが、気になると言えば、鯉太郎の体の具合も大変気になります。もやは大丈夫じゃないわけで、あしたのジョー的ラストを迎えるのでしょうか……。おそらく来週から「九日目_その後」が3話入ると思いますが、何か新しい情報が我々読者にもたらされるのか、じっと待ちましょう。以上。

↓ おっと、書影が登録されたすね。総北は今年は勝てず、来年3年生になってリベンジ、かな……。


  

 毎週木曜日は今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今週はまるでネタがないので、さっさと本題に入ります。
 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年47号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週はグラビアナシ。代わりに、『ペダル』の折り込みポスター付録です。
 ■『弱虫ペダル』:記録に残らない小さな峠でのレースの巻。坂道くん、あんた明日もレースだぞ?
 ■『刃牙道』:本部のおっさん、敗北!? の巻。なーんだ、鎖帷子か。武蔵編いつまで続くのやら。
 ■『囚人リク』:変態・大場、ついに本気に!の巻。この変態オヤジ強すぎです!!
 ■『少年ラケット』:ヨル君&イチロー君、ついに再会の巻。ヨル君、心折れてる場合じゃないぞ!
 ■『Gメン』:新展開。元ネイション土井、ラップバトルの巻。これ、続くのか……?
 ■『六道の悪女たち』:第三の女子も六道君に惚れちゃったの巻。いいですねえ!
 ■『BEASTERS』:オオカミのレゴシ君、運命のウサギの彼女に出会うの巻。大変イイ!!!
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:バザールでのバトル開始か?巻。ほんと、どんどん絵が上手になってきたと思う。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 先週は鯉太郎VS【闘海丸】の立ち合いからのハイスピードバトルが描かれましたが、今週はバックを取った鯉太郎の攻勢から始まります。
 とにかく、【闘海丸】くんの「右」だけはマズイわけで、スピードで圧倒する鯉太郎。そして背後を取り、一気に押し出しを狙います。 【闘海丸】くん「ヤッベェエェ つーかスピードが尋常じゃねー」とピンチ!! NHKアナウンサーも思わず「さすがにこうなってしまえば体格差があろうと問題なしか・・・闘海丸も必死で踏ん張るが さすがに万事休すか!!」と声を張り上げます。
 そこに将太くんの絶叫が!! 「んなモン押し潰せ――――!!」
 後ろに倒れ込むように、鯉太郎に伸し掛かる【闘海丸】くんですが、鯉太郎もそれを読んでいた!! ここで切り返しが炸裂―――ッ!! これはまさしく、前作『バチバチBurst』の(10)巻で、幕下優勝決定戦を戦う鯉太郎が【闘海丸】くんにかました技です!! 将太くんも思わず「それがあったーーー!!」と叫ぶ!
  しかし、【闘海丸】くんも今や小結を張る男。
 「知ってんよ・・・一度喰らってる・・・」と冷静な対処。タイミングよく体を回転させ、体勢を立て直し、その勢いのまま得意の右上手を取りに行きます。この展開に、鯉太郎は瞬時に決断します。
 「クッ・・・どうする・・・一旦下がるか・・・いや・・・・・・ここは・・・」
 と前進、ブチカマシで迎撃します。しかしそれを堪えて強引に右上手を取る【闘海丸】くん。
 将太「よっしゃ――!! もらった―――!!」
 常松こと【松明】「クッ なんで前に・・・選択ミスですよ!」
 と、両リングサイド陣営の反応も明暗を分けたかのような反応です。わたしとしては、常松がまるで男塾の雷電めいた役割になっていて笑えますw
 しかし、鯉太郎も黙って右上手を取られたわけではありません。さらに踏み込み、きっちりと得意の「左下手」をつかんでいました。虎城理事長も思わずニヤリ。「勝負に出たか・・・」とつぶやきます。
 鯉太郎「弱気になるな・・・左下手は俺の型・・・たとえ闘海丸(コイツ)に右上手(とくい)を取られようと 俺の左下手(とくい)で勝つ…!!」
 【闘海丸】「ブハハハ どこまでいっても真っ向勝負だな・・・だから鮫島(オメー)は好きなんだ」
 というわけで、両者組み合って一瞬土俵上は静止します。そして一気に押しに出る鯉太郎。それを強力な上手投げで一瞬で攻守逆転、一気に土俵ぎわに寄る【闘海丸】。ぐおおおお…と全身を鯉太郎に覆いかぶせ……!!!
 と、今週はここまででした。
 はーーー血圧上がるわ……どちらが勝つにせよ、激しい戦いに心身ともに削れますね。まあ、戦いとしてはあと1週2週で決着でしょうか。単行本(9)巻が第71話~79話の計9話収録だったので、次の(10)巻が80話~88話、その次(11)巻が89話~97話になるはずなので、あと4話分で【闘海丸】戦と九日目のその後の模様が描かれることが予想されます。しかし、鯉太郎の体の状態が心配ですなあ……最後まで、応援したいと存じます!!

 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週はVS【闘海丸】戦のハイスピードバトルから、両者得意の右上手&左下手の型になり、そこから最後の寄りまでが描かれました。いよいよ勝負は大詰め。来週あたり決着かもしれません。そして次は誰と戦うのかなあ……三役……うーん……どうでしょうか……ま、非常に楽しみです!! しかし、ほかの力士の星取り状況はどうなってるんすかねえ……その辺もそろそろ教えて下さい、佐藤先生!! よろしくお願いしゃす!! 以上。

↓ お、『ペダル』の新刊は来月のようですな。まだ書影なしですが。
 

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、まだ『鮫島』最新刊(9)巻を買っていない人は、絶対に買いでお願いしたいと思います。わたしは電子書籍と紙の単行本と、両方買いました。

 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年46号の概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は武田玲奈さんです。大変極上です。
 ■『弱虫ペダル』:巻ちゃん!! 尽八ィ!! の巻。ホント二人はラブラブですなあw
 ■『刃牙道』:本部のおっさーーーんッッッ!? の巻。やっばい!! どうなったんだこれ!?
 ■『囚人リク』:変態・大場更に変態にの巻。白ブリーフ再び。電車で吹いたw
 ■『少年ラケット』:ヨル君ピンチかもの巻。スタミナというか戦略が……先輩強し。
 ■『Gメン』:肝田幽霊の女の子を成仏させるの巻。まあ、息抜き的なエピソードでしたが面白かったす。
 ■『六道の悪女たち』:今週は巻頭カラー!! 第三の女子現るの巻。みんなで二輪免許を取りに行く話。
 ■『BEASTERS』:タイトルである「ビースター」の意味や学校の寮生活が分かるの巻。面白い!!!
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:バザールにとうとう奴らが来たの巻。前半の調子に乗る主人公はイイですね。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、とうとう小結【闘海丸】とハッキョイ、バトルスタートまで描かれましたが、今週は鯉太郎と【闘海丸】くんの息もつかせぬ攻防が描かれてます。
 なので、前半はほぼセリフナシ。19Pのうち、前半10Pとラスト5Pはセリフはありません。なので説明のしようがないというか……。 鯉太郎のブチかましが1発入り、2発目を【闘海丸】が頭で迎撃し、体が開いたところで鯉太郎がまわしを取りに行こうと懐に入る瞬間、【闘海丸】の必殺武器である「右」が入って、再び距離が空くと。
 この時の【闘海丸】は意識が飛んでいて、無意識の「右」だったようで、
 (危ねぇ―――――! 今、飛んじまってた・・・!!)
 とハッとする【闘海丸】の様子に、鯉太郎も(ハハッ・・・無意識かよ・・・)と嬉しそうな笑顔です。そして【闘海丸】も、
 (やっぱ鮫島はヤベェ奴だ・・・ブハハッこれだよ・・・これだ!! このギリギリ感をもう一度味わいたかった・・・)
 というわけで、後半もスピード感あふれる二人の差し合いです。 そして今週ラストは、【闘海丸】の背後にわまった鯉太郎ががっしりと両まわしを握って―――というところまででした。
 まあ、普通の相撲の取組は、本当にあっという間というか数秒で終わってしまう場合もあるわけで、こういったスピード感あふれる描写も大変良いと思います。しかし、絵的に鯉太郎と【闘海丸】の大きさが……最後のコマでは相当鯉太郎が小さいというか、【闘海丸】がデカいというか……体格差が激しいですね。その体格差について、冒頭10Pで、ナレーション(?)としてずっと語られているわけです。
 「誰の目にも明らかな体格差・・・その大きな者に小さき者が頭から突っ込む様は 玉砕覚悟・・・やぶれかぶれ・・・無策無謀・・・否・・・! それが愚かな決めつけであることを・・・シンプルに・・・一瞬で・・・理解する」
 そんな鯉太郎のブチかましは「体格差を無視するほどのヤバいものであることを・・・見る者は本能的に悟る・・・」わけですな。実際、大相撲を見ていると、立ち合いで頭と頭がぶつかる時、スゲエ音がテレビを見てても聞こえますからね。あれはマジ痛そうというか、ホントヤバいす。鯉太郎の体は、もはや大丈夫じゃないわけで、大変心配ですが、最後までその雄姿を応援し続けたいですな。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週はVS【闘海丸】戦の立ち合いから、キッツイブチかましと、続くまわしの取り合いの攻防まで描かれました。いやー、鯉太郎は強い。これで前頭14枚目だからなぁ……。しかし、先月の大相撲9月場所総括でも書きましたが、今年の大相撲9月場所では、鯉太郎と同じく前頭14枚目だった【遠藤】関が、連勝を続けても三役との対戦は1回、14日目に関脇【高安】関と当たっただけでした。普通はやっぱり、前頭14枚目で大関や横綱との対戦はないわけで、千秋楽も当然横綱は、横綱との取組(※『鮫島』において【泡影】の1人しか横綱がいない、と仮定すれば大関戦)になるわけで、鯉太郎が【泡影】と戦うのは、千秋楽、全勝同士の優勝決定戦しかありえないような気がしますね。どうせ【泡影】は誰にも負けず連勝記録を伸ばすでしょうから、鯉太郎も負けられないすな。頑張れ鯉太郎!! 以上。

↓ こちらも面白いです。超・地味ですが。単行本買うべきか……どうしよう……。


 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、明日は『鮫島』最新刊(9)巻の発売です!! このBlogを読んでいる人は、必ず、絶対に買いでお願いします!! わたしは電子書籍と紙の単行本と、両方買いますよ!!

 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年45号の概況です。
 ■『弱虫ペダル』:巻島さぁん!! の巻。ホントに坂道くんは巻島さんが大好きっすなあw
 ■『刃牙道』:武蔵、そろそろ本気出すか?の巻。まあ、このまま本部のおっさんが無事でいられるとは思えませんわな。
 ■『囚人リク』:変態・大場再登場!! の巻。白ブリーフの変態が再びレノマの前に!! ヤバしw
 ■『少年ラケット』:ヨル君順調の巻。まずは勝利したヨル君、次勝ってS級昇格なるか!?
 ■『Gメン』:肝田謎の深夜行動その2の巻。肝田、お前大丈夫かホントに!?
 ■『六道の悪女たち』:みんなで六道君の家で楽しく遊ぶの巻。『鮫島」『ペダル』の次に面白いかも。かなりイイです。
 ■『BEASTERS』:狼のレゴシ君の本能の巻。今回も非常にイイですね!!
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:改造魔術時(チートウィザード)爆誕の巻。いや、ホント絵がどんどん良くなってる。上手いし面白い。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、九日目の朝の国技館入りで、小結【闘海丸】の闘志に火が点くところが描かれましたが、今週はいよいよ取組直前、支度部屋から花道入場、そして土俵入りまでが描かれました。
 なので、あまり書くことはないのですが、今週は一つ、大変な事態というか、後々の伏線となるちょっとしたことが起きます。
 まず、【闘海丸】くんは、支度部屋でも気合満々で、付け人相手に汗をかいています。周りの力士たちも、
 「スゲェ気合入ってんな闘海丸関・・・」「コエーくらいだな・・・」「こりゃ今日の相手大変だぞ・・・」
 もう、【闘海丸】くんもブフーーーブフーーーと鼻息荒くおっかない顔つきです。
 一方の鯉太郎は、どうも右手が気になる様子。せっかくデータ力士でお馴染みの常松こと【松明】関が【闘海丸】関の「右の腕力(かいなちから)」について話をしているのに、イマイチ聞いてない様子。そして【松明】は、現在の【闘海丸】人気はすごいことになっているので、完全アウェーの空気になっているだろうとも、鯉太郎に告げます。まあ、【闘海丸】くんの「右」がヤバいことは、幕下時代にしっかり体験済みですから、大丈夫でしょう。
 それより気になるのが、鯉太郎の右手です。白水さんが、ほいよ、と投げてくれたテーピングを、キャッチできない鯉太郎。そして、その様子はきっちり【松明】も目撃しました。どうしたんだろう? という顔の【松明】です。
 そしていよいよ花道に入る【闘海丸】くんと鯉太郎。もう、【闘海丸】くんは、親友の将太くんがプロデュースした、女性に人気のかわいい力士ではありません。完全に鬼の形相で女性客たちもドン引きです。
 ここで、NHKアナウンサーとと虎城理事長の会話が入ります。
 虎城理事長「今場所の鮫島が上位相手にどこまでやれるのか・・・私も見てみたくはある」
 アナウンサー「しかし虎城さん・・・鮫島のテーピングだらけの体を見ても また休場という可能性も・・・」
 虎城理事長「生ぬるい場所ではないですからな・・・土俵は・・・残酷ではありますが・・・潰れたら潰れたでそれまでのこと・・・」
 というわけで、土俵に上がる二人の力士。人気者の【闘海丸】関には懸賞も多く懸かっているようですね。そして【闘海丸】関は、初日に横綱【泡影】に1敗しただけで、その後7連勝しているそうです。今日の鯉太郎との取組は勝ち越しがかかってるんですな。
 そして土俵に上がった鯉太郎にも、人気者【闘海丸】に負けない声援が! 空流部屋の弟弟子【豆助】も、その声援を聞いて、「おおっ!鯉太郎さんの声援も負けてないじゃないっスか! どこがアウェーなんスか!」と嬉しそうです。そんな【豆助】を見て、【白水】兄貴も嬉しそうです。
 「(誰に媚びるわけでもなく ただ単純に・・・純粋に・・・己の相撲を貫く・・・普通だったら嫌悪されてもおかしくないワガママなのに・・・危なっかしくて・・・ほっとけなくて・・・気になって・・・気が付けばみんなアイツにひきつけられている) ズリーよなー・・・アイツは・・・」
 この【白水】兄貴の顔はいい顔してますなあ! オレの自慢の弟だぜ、という誇り、なんでしょうな。
 そしていよいよ立ち会う鯉太郎と【闘海丸】。「行くぞ鮫島!! 幕下優勝決定戦(あのとき)の借りを倍にして返す!!」 と気合十分です。
 さあ時間いっぱい!! というところで、【松明】の顔アップがカットインされます。
 「オレの気にし過ぎだといいが・・・」
 というところで、ハッキョイ!! いよいよVS【闘海丸】戦の開始!! というところで今週は終わりです。いやー、まあ、鯉太郎の体がヤバいことは最初から分かっていますが、ついに自覚症状まで来てしまいました。力士は毎日交通事故に遭っているような衝撃をひと場所15日間続けるわけで、大変な負担になることはずっと語られてきていますので、「相撲に選ばれてない」小兵の鯉太郎の体はそろそろ限界のようで……まあ、だから本作のタイトルは『鮫島、最後の十五日』なわけですから、結末は最初から想像はついています。残酷ですなあ……。とにかく、最後まで応援を続け、毎週鯉太郎を応援したいですな。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週はVS【闘海丸】戦のハッキョイ!! までが描かれました。そして、鯉太郎の体もいよいよ限界が、最後の時が近づいている描写も描かれています。もう毎週目が離せない『鮫島』ですが、なんとか、真っ暗なバットエンドで終わらず、美しく完結してもらいたいですね。そこんところ、よろしくお願いしますよ、佐藤先生!! 以上。

↓ しつこいですが、最新刊(9)は明日、10/7(金)発売です!! 絶対買いでお願いシャス!!
 

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今週はチャンピオンの絶対的エース『弱虫ペダル』が休載です。『ペダル』が載ってないとやっぱりチョイ淋しいすね。まあ、渡辺先生の猛烈な仕事ぶりはもう尋常ではないレベルですから、たまに休まれても全然いいと思います。単行本×2冊&映画公開などで、すげえ仕事量でしたからね。1カ月ぐらい休まれても文句は言えないすな。お話的にもちょっと区切りのいいとこだし。
 というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年44号の概況です。
 ■『弱虫ペダル』:今週はお休みです。
 ■『刃牙道』:本部のおっさん攻め続けるの巻。武蔵編はもう、どう終わらすのかさっぱりわからんすな。
 ■『囚人リク』:沢田期待に応えるの巻。ほんとにこの沢田は一体どうしちゃったんすか?
 ■『少年ラケット』:紫王館頂上対決終了の巻。まだまだヨル君でさえ紫王館では下っ端なんすね。
 ■『Gメン』:肝田謎の深夜行動の巻。やっぱり人間じゃなかった―――!?
 ■『AIの遺電子』:知能の線引きの巻。深いすねえ……大変良いです。
 ■『六道の悪女たち』:幸せな帰り道の巻。大変良い決着でした。イイです。
 ■『BEASTERS』:ウサギの少女の心の巻。今回も大変イイです!!
 ■『放課後ウィザード倶楽部』:なんかどんどん絵が上手になって来ているような気がする。現実との魔法の接点は大変面白い展開です。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、八日目の朝の、鯉太郎や対戦相手の【闘海丸】が国技館入りするところまでが描かれました。今週は、冒頭は虎城理事長と、『Burst』でお馴染みの【闘海丸】の親友である細川将太くんの打ち合わせ風景から始まります。将太くんと言えば、『Burst』の(8)~(10)巻で描かれた通り、【闘海丸】つよしくんの高校(?)の同級生で一緒に鏡川部屋に入門した親友ですが、すでに髷を落とし、現在はAGUプロダクションという芸能プロの社長だそうで、今や鏡川部屋の後援会長でもあり、あのヤクザのような鏡川親方すら、頭が上がらないそうです。そして虎城理事長も、こんなセリフを吐くほど大変ご満悦です。
 「ウハハハ結構結構! 社長のおかげで闘海丸関連のグッズも飛ぶように売れているらしいですぞ・・・女性の集客力アップにもつながっておるし・・・これも社長の手腕のたまものですな~~~・・・」
 どうでもいいけど、虎城理事長が葉巻を吸ってるってのが、ちょっと時代がかっているというか、表現が古いすねw まあとにかく、そういうことらしいです。そして、「昔は野郎の野太い声援しかなかったのに」「今はこんなに黄色い声が」飛ぶほど女性に大人気となった、当の【闘海丸】はというと、友達の将太くんのためとはいえ、若干本人的にも不本意というか、居心地の悪さのようなものを感じていて……というところで、国技館入りする鯉太郎とばったり出会います。
 鯉「やっと戦えるな・・・ずっと楽しみにしてたんだ・・・闘海丸(アンタ)との取組・・・今日は幕下優勝決定戦(あのとき)みてーな一番でいこーぜ・・・」
 闘「鮫島・・・」
 (客たちの声援「キャーーーーーー闘海丸ターーーン(ハート)」)
 鯉「ハハ・・・スゲー人気だな・・・さすが幕下の頃とは違うな・・・」
 闘「いっ・・・いや・・・これは・・・」
 鯉「だからって遠慮なしでいくけどな・・・(ニヤリ)」
 闘「おう・・・もちろんだ・・・」
 こんな二人のやり取りに、ヤンキー系闘海丸ファンの男たちから声がかかります。
 「チョーシ乗ってんじゃねーそ闘海丸――!! 何だよその顔はニヤニヤしやがってよ!! 変わっちまったよな! 俺の好きだった近寄れねーほどおっかなかった闘海丸はどこいっちまったんだよ!!」
 男のファンたちは涙を流しながらの絶叫です。【闘海丸】くんも、そんな声を聴いては心中穏やかじゃありません。
 (違う・・・違うんだ・・・俺は何も変わっちゃいねぇんだ・・・何も・・・もう・・・限界だ・・・あぁ・・・限界だ・・・性に合わねぇ・・・俺は力士だ・・・土俵に命を懸ける戦士だ・・・好感度など・・・クソ喰らえだ・・・)
 その苦悩に満ちた顔に、将太くんがやって来て注意します。君の顔は恐ろしいんだから笑ってないとダメだと。そしてとうとうブチ切れる【闘海丸】くん。
 「俺はパンダじゃねぇーー お前には本当に感謝しているよ・・・俺をこの世界に導いてくれたんだからな・・・でもよ・・・俺が・・・俺らが昔目指してたモンはこんなことじゃなかっただろ将太・・・ただ強くなりてぇ・・・それだけだったんじゃねぇのか・・・確かにお前のおかげで 俺みてーな奴がキャーキャー言われるようになったよ・・・けど・・・やっぱ俺は力士だ・・・強さあっての人気以外はいらねぇんだよ・・・」
 そして、【闘海丸】も鯉太郎との勝負をずっとずっと楽しみに待っていたという事が語られます。今までも対戦するチャンスはあったようですが、運悪く鯉太郎が途中休場となって流れていたんだそうです。
 「鮫島(アイツ)とのあの一番は・・・俺の中をずっと焦がしてっから・・・」
 そう言われては、将太くんも折れざるを得ません。
 「今回だけだよ・・・僕だってあの時君が負けた悔しさは残ってるんだ・・・今回だけは友達として目をつぶるよ・・・だから勝ってよ!」
 というわけで、お許しの出た【闘海丸】は、闘志に火が点き、やる気全開です。女子たちの声援に
 「(さぁ・・・いくぞ・・・漢と漢の勝負へ・・・女は不要・・・)やかましい・・・」と渾身の鬼ヅラでつぶやきます。それには泣いていたヤンキー系男ファンたちも、今度は歓喜の涙にうち震えます。
 「帰って来おった・・・戦慄のマナティと呼ばれていた頃の・・・俺らのオッカネー闘海丸が帰って来おった!」
 とまあ、こんな感じにスイッチオンとなった【闘海丸】の顔アップで今週は終了です。いやー、イイ展開ですなあ!! 大変良かったと思います。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週はすっかり人気者になった小結【闘海丸】が、鯉太郎との一番に向けて再び闘志に火が点くまでが描かれました。もともと【闘海丸】は、『Burst』(9)巻で、現在関脇の怪力【天雷】をも破った「右の腕力」の強力な力士ですので、鯉太郎にとっては勿論楽な相手ではありません。この戦いも、相当熱い展開が待っていることでしょう。大変楽しみですな。以上。

↓ 最新刊(9)巻は10/7(金)発売です!! 絶対に買うべし!! わたしは紙と電子両方買います!!
 

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。が、明日木曜日は祝日のため、今日水曜日に週刊少年チャンピオン発売となりました。
 つーかですね、明日が休みとさっき気が付いて、慌ててコンビニでチャンピオンを買って来ました。超抜かってました……ホントにサーセン。というわけで、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年43号の概況です。今週は、『牙刃』25周年スペシャルな感じで、『浦安』が凄いコラボになってました。
 ■『弱虫ペダル』:それぞれの夜の巻。まさか東堂さんが追っているのは……あのお方ですか!?
 ■『刃牙道』:本部のおっさん奇襲攻撃その2の巻。……ちゅどッ!!
 ■『囚人リク』:レノマ脱出へ沢田を信じるの巻。沢田は一体どうしちゃったんすかこれはw
 ■『少年ラケット』:これが紫王館です!! の巻。かなり熱い戦いですね。
 ■『Gメン』:勝太、海の家のバイトへ の巻。肝田の前に現れた美少女は人間なんでしょうか?
 ■『AIの遺電子』:画家の話。今週はチョイ重いというか結構辛い話すね。
 ■『六道の悪女たち』:六道くん、男を見せるその2の巻。大変良い展開です。
 ■『BEASTERS』:演劇部部長の謎行動の巻。キャラがかなりイイですなあ!!

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、八日目の夜、鯉太郎、【白水】さん、空流親方のそれぞれの思いが描かれましたが、今週はいよいよ九日目の朝稽古から始まります。
 鯉太郎を相手に、気合十分の【白水】さん。どうやら昨夜(=先週号)での、真琴姉ちゃんの激励を勘違いして、それで超・気合が入っているようで、本人曰く「これは間違いなく過去最高のコンディション」だそうです。前日の横綱【泡影】との戦いで「完璧だと思えた」一撃も、まったく届きませんでした。なので、【白水】さんとしては「あの一撃を超える一撃」 が必要だと気合十分です。もちろん、「もう親方に・・・あんな思いをさせちゃいけねえ」という思いも強く、部屋頭として張り切る【白水】兄貴。
 しかし、そこに親方の怒声が響きます。
 「やめろやめろ! バカヤローが」
 ここから先は、まさしく仁王兄貴こと現・空流親方が真琴姉ちゃんに吐露した、「言葉で伝えられない」もどかしさ全開で、読んでいる我々は、もう「あちゃーー」です。要するに親方は、そんな付け焼刃の大振りでは、今日の相手の大関【天鳳】には通じないのだから、いつもの稽古で培った「ゴリラ張り手」で勝負しろ、という事を言いたいんだと思います。が、出てくる言葉がひどい。
 「もっとテメーの分にあった チマチマした相撲をやれって言ってんだ・・・雑なんだよヘッポコのくせに・・・チョーシこきやがって・・・カッコつけんな テメーはみっともねぇくらいが丁度いいんだよ!」 
 というわけで、二人は7ページにわたる大喧嘩の末、結構マジでヤバい空気に。あわてて鯉太郎や常松こと【松明】や大吉が止めに入る始末です。 
 なるほど、こういうことなんすね、親方の悩みは。まあ、普通に親方の言葉を聞けば、そりゃあ【白水】さんも怒りますよ。こりゃあ言葉が悪すぎますわなあ……どうしたものでしょうか……これはなんだか後を引きそうな気がしますが、場面は変わって空流の関取三人衆が国技館前に到着です。鯉太郎も【松明】も朝の大喧嘩が心配です 。
 鯉「どうしたんだよ白水さん・・・らしくねーよ親方にあんな・・・」
 松「ええ・・・ケンカは日常茶飯事ですが・・・アレは・・・」
 白「ああ・・・わかってるよ・・・全部俺のふがいなさが悪りーんだ・・・親方が愛想尽かすのも仕方ねぇよ・・・」
 鯉「何言ってんだよ・・・んなコト・・・」
 白「大丈夫・・・心配すんな!」
 一応鯉太郎と【松明】は心配は無用なのかな、と納得はしますが、【白水】さんの悩みというか思いは結構根深いみたいすね……。と、そんな3人の背後で、ドッと歓声が沸きます。しかも女子たちの歓声が!! そうです。今日の鯉太郎の相手、小結【闘海丸】の国技館入りです!!
 「キャ―――来た来た(ハート)」
 「カワイイ~~」
 「丸~~い(ハート)」
 「闘海丸タ~~~ン(ハート)」 
 というわけで、どういうわけかすっかり各界の人気者となった【闘海丸】。鯉太郎とは『Burst』(9)巻~(10)巻で描かれた幕下優勝決定戦以来の戦いになるそうで、前回は鯉太郎の押し出し(?)での勝利でしたが、今回はどうなるか、次号に続く、というところまででした。いやー、この戦いも大変楽しみですな。
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週は白水さんと親方の哀しいすれ違い(?)が描かれ、なんとなくちょっと不安を残すお話でした。が、鯉太郎はいよいよ三役戦に入るわけで、大変盛り上がっております。ところで、確か【松明】も七日目まで全勝で八日目を迎えたはずなんですが、結果はどうだったんだろう……佐藤先生、そこんところも教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします! 以上。

↓ はーーー……生の相撲を観に行きたい……。 
 

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、東京はとにかく暑くて湿度が高くて不愉快極まりない毎日ですが、今日は全く書くことがないので、さっさと本題に入ります。
 まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年41号の概況です。
 ■『弱虫ペダル』:喜び浮かれるキモー筋くんの巻。ええと、それ以上は書くことなしです。
 ■『刃牙道』:本部のおっさん見参の巻。この戦いはちょっと楽しみすな。
 ■『囚人リク』:レノマ、みんなを守る・その2の巻。今週のレノマはカッコ良かったすね!
 ■『少年ラケット』:イチロー君さらに卓球欲が高まるの巻。逆モーションはまあ常識でしょうな。
 ■『Gメン』:勝太の涙・その2…… の巻。今週もまたやるせないすね……。伊達先輩、慰め役よろしくお願いしゃす!
 ■『AIの遺電子』:ヒューマノイドのアイドルの話。毎週書いてますが地味だけどホントにイイ話すね。
 ■ 『六道の悪女たち』:幼田さんブチ切れるの巻。汚い陰謀に負けるな!! 大変良いです。
 ■新連載『BEASTERS』:この作品は、以前、4回か5回ぐらいの短期集中連載された『ビーストコンプレックス』を描いた板垣巴留先生による新作です。内容的には、基本的には『ビーストコンプレックス』そのままで、動物たちが普通に二足歩行で言葉を話している生活している世界を描くものです。そう、言ってみればダーク&リアルな『ズートピア』的な物語です。実に面白く、第1話の今週は、肉食獣と草食獣が通う高校を舞台にしたお話で、殺された草食獣(アルパカ)と、その学校の演劇部で仲がよかったはずの灰色オオカミがみんなに疑われて……というものでした。この漫画は、ちょっと要チェックですよ。わたしはとても面白いと思います。 

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、八日目結びの一番で、横綱【泡影】に、【白水】兄貴があっさり負ける模様が描かれました。 今週はその続きです。
 虎城理事長によると、「いや・・・白水の出足は良かったですよ・・・月も完璧といっていいタイミングでした」そうですが、いかんせん、横綱【泡影】には、「見えていた」のでしょう。横綱は完璧なタイミングで弾き、そして強烈すぎるゴリラ張り手の威力が逆に自分に跳ね返って来てしまったとのことです。
 空流のみんなは声が出ません。元・仁王こと現・空流親方も、真面目な顔で土俵を見つめます。そして、負けた【白水】兄貴が一番無念な顔をしています。鯉太郎は言います。
 「川さん・・・ここはお願いしますね・・・いくぞ お前ら・・・弟弟子の出る幕じゃねえ・・・」
 そう、一番悔しい兄弟子に対して、弟弟子がかける言葉など存在しないのです。川さんも、そのことは十分承知です。花道を引き上げてきた【白水】兄貴に、浴衣を頭からかぶせる川さん。【白水】兄貴は
 「情けねえ・・・俺は空流の部屋頭なのに・・・看板背負ってるのに・・・クソ・・・」と身を震えさせるばかりです。
 そして、現・空流親方に、声をかける男がいます。いつも気に掛けてくれている、新寺親方です。ホントにこの人は、いつも空流部屋の味方になってくれるいい人ですなあ。
 「おう空流・・・良かったじゃねーか白水・・・あの横綱相手に気迫は負けてなかったぜ・・・」
 「いや・・・まだまだヘッポコですよ・・・」
 「明日は新寺(うち)の大関とだろ・・・白水も力付けてきてるからな・・・面白くなるんじゃねーか?」
 「負けませんよ・・・」
 こんな会話で、ようやく厳しい顔をしていた空流親方にも笑みがこぼれます。が、ここでまた、あのクソ野郎でお馴染みの十文字親方が余計なことを言います。この十文字親方というおっさんは、第1シリーズ『バチバチ!』での一番最悪なクソ野郎だった【大鵠】の親方であり、それすなわち、この物語の中で一番の悪党なんですが、ぬけぬけと、空流親方に偉そうな講釈を垂れます。だいたい、当時の仁王さんだってこのクソ親方には恨み骨髄なはずですが、大人に成長した空流親方こと元・仁王兄貴は黙って言われるがままです。実に許せないクソ親父ですな!!!
 そして場面は変わり、部屋に帰ってきた鯉太郎の様子が描かれます。TVを見ている鯉太郎と真琴姉ちゃんと、常松こと【松明】関ですが、TVのCMに出ているのは、現在の小結【闘海丸】関です。なんと【闘海丸】関は現在大人気だそうで、真琴姉ちゃんの勤務するTV局でも特集番組が組まれたほどだとか。そして、その裏には、【闘海丸】関の親友でお馴染みの、あの「将太」くんが敏腕マネージャーとしてプロデュースしているんだそうです。『Burst』の8巻で言っていた「次の野望」を見事叶えたようで、ファンとしては大変うれしく、笑えるお知らせですな!! しかし、【闘海丸】関は、『Burst』で怪力【天雷】に勝った男ですから、実力も確かです。そして、なんと鯉太郎の明日、九日目の対戦相手だそうです。【松明】は言います。
 「ここで三役を当ててくるってことは 審判部も本気で鯉太郎さんの星を削りに来たってことですよ・・・」
 解説ありがとう! その通りでしょうな。そしてそんな心配をしてくれる【松明】に、真琴姉ちゃんは感謝を告げ、それに顔を赤くする【松明】というのも大変いいですね。
 そこに空流親方が帰って来て、真琴姉ちゃんを呼びます。どうやら、真琴姉ちゃんは「大切な話がある」と、空流親方に呼び出されていたようです。その大事な話とは……わたしはまた、愛の告白でもするのかとドキドキしながらページをめくると、どうも全然違う要件のようで、要するに、「もっと上手く喋りたい」というお悩みらしいです。真琴姉ちゃんは今や局アナとして喋りのプロ。その力にすがりたいという、極めて真面目なお話でした。
 「どうやったらもっと物事を上手く伝えられるんだ・・・どうやったらもっと弟子たちの力になれる・・・俺の未熟さで・・・弟子たちに迷惑はかけられねーんだ・・・」
 こんな真面目な悩みをまさか仁王兄貴が持っていたなんて。十文字のクソ野郎にも言われっぱなしの裏にはこんな悩みがあったわけですな。真琴姉ちゃんも、思わずはっとした表情です。
 そして鯉太郎は、「そろそろあそこに迎えに行かねーと・・・」と出かけます。「あそこ」とは、もうシリーズのファンならピンときますよね。【白水】兄貴が落ち込む場所と言えば、川辺のベンチですよ。鯉太郎が迎えに行けば、【白水】兄貴も帰って来てくれるでしょう。まったく、空流部屋は本当に家族ですな。
 というわけで、今週はいろいろな動きがあり、大変面白かったです。まだちょっと、「その後」が続くかもしれないすね。佐藤先生、今週も本当にグッときましたよ!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結。いよいよ三役戦!!←New!! 
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 今週は八日目結びの一番が終わり、部屋に帰ってきた鯉太郎たちが描かれました。いやあ、ほんとに『鮫島』は面白いすね。懐かしの「将太」くんも元気なようで、大変うれしい限りですな。これからも引き続き、『鮫島』を応援したいと思います。以上。

↓ さあ、来週から大相撲9月場所開幕ですよ!! 頑張れオレの【松鳳山】関!! 9月場所の番付は東前頭七枚目だそうです。

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、世のチャリンコ野郎どもは現在スペインで行われている「La Vuelta a Espana」に毎夜興奮しているわけですが、先週は、このBlogで、ツールの覇者Christopher Froome選手が勝っちゃうんじゃないかと書きましたが、若干情勢が変わってきていてですね、ツールでまるでいいところのなかったNairo Quintana選手が気合の入った走りを見せていて、かなり面白い展開になってきております。いやー興奮しますね、山岳でのアタックは。Quintana選手はコロンビア人で、身長170ないぐらいの小柄なピュアクライマーなので、、言わば小野田坂道くん的な選手なわけですが、走りはハイケイデンスよりもガンガンとダンシングで踏んでいくタイプなので、むしろ鳴子くん的な熱い走りを見せてくれる男なわけでして、非常に応援したくなりますね。とにかくガッツ溢れる走りですよ。ただ、ツールで勝つには、タイムトライアルが遅すぎるんだよな……昨日は、現在総合首位のQuintana選手と、Froome選手の一騎打ちで、Froome選手が勝利したのですが、最後の残り1Kmが熱かった。↓この動画の、赤いジャージがQuintana選手、白いジャージがFroome選手です。

 この戦いの最終的な結末も、大変楽しみですな。

 さて、そんなことはさておき。
 まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年40号の概況です。
 ■『弱虫ペダル』:2日目決着!!!! の巻。正直一番観たくない結果でした……。これで総北の2連覇消滅だろうな……まあ、物語的には、今年はダメで、3年生になってリベンジ、と最初から決まってたと想像しますが。
 ■『刃牙道』:ピクル試合拒否、そして本部のおっさんが守護る!! の巻。もう飽きてきた……。
 ■『囚人リク』:レノマ、みんなを守るの巻。早くしないとまずいぞ!!
 ■『少年ラケット』:新キャラとして女子選手登場の巻。しかもヒナくんの幼馴染疑惑が!!
 ■『Gメン』:勝太の涙…… の巻。せつないすね……。
 ■『永遠の一手』:最終回の巻。いやー、美しくまとまって大変面白かったと思います。
 ■『AIの遺電子』:マジンボディと生体ボディの話。しつこいですが、地味だけどホント面白いす。
 ■ 『六道の悪女たち』:六道くん、クラスを仕切る!? の巻。こちらも毎週大変良いです。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、八日目結びの一番を前に、横綱【泡影】の「涙の敗北」の謎が明かされました。そして今週はいよいよ【白水】兄貴と横綱【泡影】の一番が描かれました。
 しかし……今週はごく短くしか説明できないな……【白水】兄貴のギャグ回というか、箸休め的というか……カチンコチンの【白水】兄貴のおもしろアクションが前半描かれ、いよいよ時間いっぱいのところで鯉太郎たちの声援がかかって気迫を取り戻し、渾身のゴリラ張り手をかますも、軽~く【泡影】にその右手をはたかれて終了、でした。
 まあ、土俵下で見守る仁王兄貴こと現・空流親方や、久々登場の【川口】さんなんかの小ネタもあるわけですが、物語的には、スイッチの入った【白水】兄貴に、横綱【泡影】も、少し表情が変わるものの、勝負はあっという間についちゃった感じです。
 来週もまだ、「その後」が描かれるんでしょうな。部屋に帰った鯉太郎たちの様子、あたりなんじゃなかろうかと思います。しかし、【泡影】を倒せる男はいるのか、【王虎】も燃えてるでしょうから、期待したいすね。そろそろ、【王虎】や【天雷】の取り組みも観たいですな。そこんところ、佐藤先生よろしくお願いいたします!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。63連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。 
 横綱【泡影】は連勝を63に伸ばしました。果たしてこの横綱に土をつけられる力士はいるのか。それは鯉太郎なのか。つーか、平幕十四枚目の鯉太郎と横綱の対戦が組まれるのか、まあそりゃ組まれるんでしょうけど、一体何日目にあたるのか、大変楽しみですな。最後までしっかり応援したいと思います。以上。

↓ もう9月場所もすぐ開幕ですな。ホントに一年が早いのう……。



 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、オリンピックも終わり、陽も短くなってきてまだ明るかった帰りがだいぶ暗くなりつつあって夏の終わりを感じさせる今日この頃ですが、自転車ロードレースの世界は、現在スペインでの「La Vuelta a Espana」が開幕しており、シーズンラストの大勝負が毎夜繰り広げられております。ツールの覇者、Christopher Froome選手がここでも勝っちゃいそうな予感がします。強すぎる……。
 さて、まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年39号の概況です。
 ■『弱虫ペダル』:悠人、覚醒!! 今泉くん追撃、さらにキモー筋がキモイ!! の巻。
 ■『刃牙道』:ピクル、まさかの食事拒否!! の巻。もうマジで武蔵はいいや……。
 ■『囚人リク』:鬼道院、ついに挙兵!! の巻。レノマは一体何をしようとするのか、楽しみすね。
 ■『少年ラケット』:ヨルゲン君勝利の巻。ビリー先輩も登場で盛り上がってまいりました!!
 ■『Gメン』:勝太、間に合わず!! の巻。たぶん来週はかなり泣けると思うな……。
 ■『永遠の一手』:究極のヒートアップの巻。超・熱い戦いで最高!! なんですが、来週最終回だそうで、大変残念です。
 ■『AIの遺電子』:インプラントの話。いやあ、毎週書いてますが地味だけど、ホント面白いす。
 ■ 『六道の悪女たち』:幼女にも六道くんの魅力が効いちゃったーーッ!? の巻。大変良いですね。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、ついに【丈影】との対戦に勝利した鯉太郎ですが、またもや満身創痍で、弟弟子の常松こと【松明】関や兄弟子の【白水】さんは心配している様子が描かれました。そして今週は、同じ八日目中日の結びの一番、【白水】兄貴と横綱【泡影】の取組が描かれます。
 が、今週描かれたのは、現在62連勝中の最強横綱【泡影】が、最後に敗れた、4場所前のあの、「涙の敗北」の模様でした。なんと、【泡影】に最後に土をつけた力士も判明です。それは 第71話で物語に初めて登場した、現在関脇の【百雲】関でした。当時の番付は不明ですが、「金星」だったようなので、平幕の可能性大、と思われます。
 しかし、その金星を挙げた【百雲】関は、勝利インタビューの様子が変です。真っ青な顔をしてインタビューに答えます。
 「何なんだ・・・アレは・・・気持ち悪い・・・・・・・・・分かってただろ・・・一体・・・何なんだ・・・・・・怖い・・・・・・」
 もうさっぱり意味が分かりません。わけのわからないことを言う【百雲】関の方がよほど気持ち悪いですが、そのインタビューを唖然として聞いていた虎城理事長は、キレイに髪を整えて帰る横綱【泡影】に声をかけます。横綱というものがどれだけ厳しいものか、どれほどの覚悟で土俵に立っているのか。同じ綱を張った自分には良くわかる。たった一つの黒星に涙を流して悔やむことはない、横綱だって完璧じゃない、こんな日もある・・・と。
 しかし、横綱【泡影】は、本気で、虎城理事長の言葉が分かりません。
 「悔い・・・? 何を言っているのかわからない・・・」
 そう、【泡影】の涙の理由は、まったく別のところにあったのです。それはむしろ、感動による涙だったのです。
 第73話で描かれた通り、【泡影】が入門した時、禅定親方に、一番最初に教えてもらったのは「四股」の踏み方とその意味でした。かつて親方が言った、「大地の邪気を踏み鎮め また大地を起こし豊穣をもたらす儀礼」という四股の意味に、当時の【泡影】は、うっすらと笑みを浮かべて「難解だな・・・」とつぶやきました。その意味が、とうとう実感できたというわけです。【泡影】は虎城理事長に言います。
 「四股が・・・分からなかった・・・ずっと・・・だが・・・今日は・・・・・・違っていた・・・”私”が・・・広がっていくのがわかった・・・人に・・・空気に・・・土俵に・・・そして全てと繋がった・・・」
 そしてその結果、相手の力士が何をしようとしているか、まるで相手が自らの一部のように理解できたというのです。そして実際その通りに相手が動くのを見て、「取組中にもかかわらず 立ち尽くしてしまうほど・・・」感動したんだそうです。もう完全に奥義伝承後のケンシロウ並ですね!!
 大横綱といわれた虎城理事長も達することができなかった領域にいる【泡影】。今週最後のページのアオリは、「まさに神の依り代・・・」と締めくくられています。いやー、もうこれは誰も勝てないじゃないですか。まあ、【白水】さんは軽くやられるとして、はたして鯉太郎の「全身全霊」は、神様【泡影】に通じるのか!? 大変面白くなってきましたね。神との対決の前に、鯉太郎の前には強敵がまだ何人も立ちふさがるはずですが、最後まで応援したいと思います!!
 というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってることが判明!!
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。62連勝中。モンゴル人。

 というわけで、結論。
 もはや神様レベルの横綱【泡影】の、最後の敗戦の謎は解かれました。さあ、果たして鯉太郎の次の相手は誰なのか、大変気になりますね。読んだそばから来週号が読みたくてたまりません。ところで、7連勝中の【松明】は中日はどうだったのか、こちらも大変気になります!! そこんところ、佐藤先生、よろしくお願いします!! 以上。

↓ もう来週は9月か……早いなあ……予習しとくか……。
  

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、先週はお休みだったので、2週間ぶりの『鮫島』ニュースをお届けいたします。
 まずは、いつも通り今週の週刊少年チャンピオン2016年38号の概況です。
 ■『弱虫ペダル』:悠人、ついに目覚めるの巻。コイツの過去話はちょっとイイすね。
 ■『刃牙道』:ピクル最終形態でも武蔵ニヤリの巻。武蔵はもう、飽きたかな……。
 ■『囚人リク』:見開きの「ゲルニカ」めいた絵がすごい!! の巻。今回はちょっと瀬川先生のセンスに脱帽ですw
 ■『少年ラケット』:ヨルゲン君勝利まであと少しの巻。卓球は熱いすね。オリンピックも大変盛り上がりましたな。
 ■『Gメン』:勝太、まさかこの日に喧嘩なのか!? の巻。泣かせる……。
 ■『永遠の一手』:最善の一手、決まる!? の巻。非常に熱い戦いで最高です。
 ■『AIの遺電子』:マシンボディより生体ボディの話。地味だけど、ホント面白いす。
 ■ 『六道の悪女たち』:幼女には六道くんの魅力が効かない!? の巻。大変良い展開で最高です。
 ■『WILDロア』:『名探偵マーニー』でお馴染みの木々津先生による読み切り。面白かったです。

 とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、ついに【丈影】との対戦に終止符!! まで行ったように見えましたが、今週冒頭は静まり返る国技館から始まります。勝負はやはり、鯉太郎の勝利。決まり手は「押し倒し」でした。鯉太郎はまたしてももうボロボロです。そんな鯉太郎を見て、【丈影】は思います。
 (いつ振りだ・・・ここまで力を出し切ったのは・・・私はきっと見たくなかったんだ・・・自分の力の底を・・・限界を・・・泡影との差を・・・その距離を感じることを恐れていたんだ・・・私も・・・もっと早く鮫島のように・・・)
 しかし、鯉太郎は、そんな【丈影】の心中にお構いなく、「まだ行けた、もう一歩先に行けた」と悔しがります。そんな鯉太郎のつぶやきに、【丈影】は、ある意味勇気をもらったようです。「あぁ・・・そうだな・・・うん・・・まだ行ける」そう言う【丈影】は、泣いているような、嬉しいような、悔しいような、実にイイ顔をしてますよ。
 (私もここから・・・今からだ・・・きっと・・・お前のような・・・お前のような今を乗り越えていける人間が・・・泡影(あのひと)を満足させられるのかもしれないな・・・)
 土俵を見守る橋くんも、ようやく鯉太郎という力士を理解したようです。そして山崎さんは、鯉太郎に、父・火竜の姿を重ねます。そして支度部屋の大関【王虎】も、うっすらニヤリな顔です。【田上】さんの「嬉しそーだな・・・大関・・・」という声にも「フン・・・鮫島のアホにはもっと太ってもらわねーといけねーからな・・・俺が泡影(アレ)を超えるために・・・」と不敵な表情です。【王虎】も、ホントにすっかり立派な力士になったみたいですなあ。『バチバチ』や『Burst』の悪党ぶりが懐かしいすね。 
 そしてラストは、空流部屋の兄と弟です。弟弟子である常松こと【松明】は兄弟子である小結【白水】さんに言います。今場所はいつにもまして、神がかっていて、いつも以上に心配だと。「あとどのくらい・・・あの人と相撲を取っていられるのかって・・・」しかし、さすが兄貴。【白水】さんはそんな【松明】に言い聞かせます。
 「しっかりしねーか常! いつだって鯉太郎の存在はオレたちに力をくれているんだ 力になろーぜ・・・俺らも鯉太郎の・・・鯉太郎が潰れてられねーほどの 最高の相撲を見せてやってよ・・・」
 そこに、鯉太郎が大吉に肩を借りて支度部屋に戻ってきました。【白水】さんは続けます。
 「なぁ鯉太郎・・・次は俺の番だ・・・俺が横綱に土付けるとこ・・・しっかり見ぺろょよ・・・」
 あーーーっと!! 【白水】さん、せっかくカッコイイこと言ったのに、最後、噛んじゃったーーーっwww でも、それで一同、笑って、空気も良くなって、さすが兄貴っすね!! 大変カッコ良かったすよ。
 というわけで、来週から【松明】や【白水】さんの取組も描かれると大変うれしいのですが、佐藤先生、そこんところよろしくお願いいたします!!

  というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱【泡影】と同期入門
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってる。
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。62連勝中。モンゴル人。
 
 というわけで、結論。
 今週は、【丈影】に勝利した鯉太郎と、全身全霊の相撲を続ける鯉太郎の姿に動かされた、【丈影】や橋くん、【松明】に【白水】兄貴のそれぞれの想いが描かれました。しかしホント、鯉太郎はもう大丈夫じゃないすね……横綱との割が組まれるのは、鯉太郎の番付からすると結構もうそろそろなはずなんじゃなかろうか……? 千秋楽は絶対あり得ないはずだし。今後の戦いも厳しそうですが、最後まで応援し続けたいと思います。そして、【白水】さんVS横綱【泡影】も描いてほしいですな。ある意味、『はじめの一歩』的な、先輩・後輩力士の戦いもきちんと描いてもらうと嬉しいすね。期待してます!! 以上。

↓ 来月は『ペダル』新刊×2でお願いします。映画合わせすね。石垣さんがカッコイイじゃないすか!!

 

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、今週は書くことがないので、さっさと今週の週刊少年チャンピオン2016年36+37合併号の概況です。おっと、合併号ってことは、そうか、来週はお盆なので発売はなく、次は再来週8/18(木)発売だそうですよ。まちがいなく、そんなことを忘れて、来週も買いに行く可能性大ですな。アレッ!? 来週の木曜日は、そもそも初めての祝日「山の日」だ!! はーーーこんな時期に祝日設定されても超迷惑ですなあ……。
 ■『弱虫ペダル』:キモー筋くんの過去話の巻。コイツの過去には全く興味がありません。だからどうした、都しか読めない。それより今、ゴール前100mなんだから、そんな回想してる場合じゃないっショ。
 ■『刃牙道』:ピクル最終形態へーーッッッ!? の巻。武蔵……性格悪いし、もう飽きました。
 ■『囚人リク』:鬼導院、見開きで「スーパービーイング」を名乗るの巻。爆笑しましたw
 ■『少年ラケット』:ヨルゲン君の相手はイカサマか!?の巻。それでもヨルゲン君は闘志満々です。
 ■『Gメン』:勝太、横浜で楽しいデート中の巻。ああ、でも次回、泣かせる展開だろうな……。
 ■『永遠の一手』:名人VS元名人、20年前のあの対戦の再現か!?の巻。相当面白い。
 ■『AIの遺電子』:ヒューマノイドの人格整形の話。これは次回に引っ張るのか!?
 ■ 『六道の悪女たち』:六道くんを狙うボスは、なんと美少女だった―――ッッッの巻。実に良い展開です。
 ■『あしたもたぶん会いに行く』。バカ男と思春期乙女。今回も大変いいですな。

  とまあ、こんな感じの週刊少年チャンピオンでありました。
 
 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、ついに【丈影】の「あの時の当たり」が鯉太郎に炸裂し、吹っ飛ぶところまででしたが、今週はその続きです。つか、あまり今週は書くことがないんですよね……基本的には【丈影】と鯉太郎のバチバチの攻防が続くだけなので、説明のしようがないというか……。
 吹っ飛ぶ鯉太郎、こらえる鯉太郎、あたりに来る【丈影】、こらえる鯉太郎、と、とにかく「もっとだ!」の攻防で、お互い「全部をくれてやる!!」と激しくぶつかる二人。【丈影】は思います。ついに、【泡影】の立つ土俵に行けたのか? あの時の「先へ」、と。
 しかし、そこに鯉太郎のブチかましが迫る気配を察する【丈影】。思わず、「もう・・・いいだろ・・・」とつぶやいてしまいます。これは、「もう、勘弁してくれよ」という意味のつぶやきです。これでもう、勝負は見えましたな。鯉太郎の渾身の一撃が【丈影】にクリーンヒット!! 勝負は決着へ――!! というところまで今週は描かれました。
 どうも、最後のコマでは、決着はついたっぽいですな。もう既に、【丈影】の右手が土俵についているように見えます。はーーー。長い戦いも次回で完全決着のようですね。
 というわけで、どうやら鯉太郎は、中日八日目も勝利、勝ち越し決定となりそうですが、しかしこの激戦で、相当体にダメージを負ったような気がしますね。はたして大丈夫なんでしょうか。まあ、大丈夫じゃない、けど、戦いを続けるんでしょうな。問題は、翌日の割ですよ。果たして次に戦うのは誰なのか? 新キャラの【毘沙門】あたりでしょうか……しかしここまで全勝、勝ち越し決定となると、そろそろ三役との割も組まれる可能性はありますな……誰になるのか、大変楽しみですな。そして、中日は弟弟子の常松こと【松明】も勝ち越しのかかる一番だし、兄弟子の【白水】さんは結びで横綱【泡影】と戦うわけだし、たぶん、その辺りの戦いが何週間か描かれるかもしれないすね。楽しみに待ってます!!

  というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱【泡影】と同期入門
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってる。
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。62連勝中。モンゴル人。
 
 というわけで、結論。
 今週は、とうとう【丈影】との闘いの決着直前、というか決着までが描かれました。鯉太郎はどうやら勝ち越しが決まりそうですが、ほかのキャラクター達の動向も気になりますな。そして次の対戦相手がだれかも非常に気になるところです。そこんところ、よろしくお願いします、佐藤先生!! 

↓ 全然関係ないけど、明日はこれの発売日のはず、なので、帰りにもう売ってるかチェックするの忘れんなよ、オレ!! 待望の文庫化。わーい。
山女日記 (幻冬舎文庫)
湊 かなえ
幻冬舎
2016-08-05

 

 毎週木曜日は、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。
 つーかですね、いよいよもってわたしが愛用しているAndroid Tabletがですね、どうにも容量がいっぱいで、わたしは電子書籍専用端末として使っているわけですが、もう買った電子書籍が900冊ぐらいになっててですね、全部は到底入らないわけです。なので、読んだら削除しないといけないわけですが、そうじゃねえんだよ、いつ読みたくなるか分からないし、いつでもどこでも読めるから電子書籍の意味があるんだろうが!! とか思っちゃうわけでですね、せっかく買った作品も、読むときにまたダウンロードするのがめんどいわけで、困ったなあ、とここ半年ぐらい悩んでいるわけです。もちろん、『鮫島』や『バチバチ』は、削除しないでそのままにしてあるわけですが、『JOJO』全巻とか、どうやっても入らないのです。はあ……やはり、外部ストレージでMICRO-SDの使えるコイツを買うしかねえかな……と約半年悩み中です。半年前から1万円ぐらい安くなってるし。

 はい。わたしの悩みはどうでもいいとして、今週の週刊少年チャンピオン2016年35号の概況です。
 ■『弱虫ペダル』:ゴールまであと100m、キモー筋くん更なる進化!!! の巻。キモイw
 ■『刃牙道』:ピクル敗北なのかーーッッッ!? の巻。武蔵が強すぎて飽きてきた。
 ■『囚人リク』:一方レノマは脱出に向けてこんなことしてましたの巻。
 ■『少年ロケット』:紫王館ランク戦開始、ヨルゲン君ピンチ!?の巻。
 ■『Gメン』:コンビニ少女が健気で泣けるの巻。勝太、男見せろよ!!
 ■『永遠の一手』:名人VS元名人始まるの巻。
 ■『AIの遺電子』:産業用AIの生涯の巻。ちょっと泣かせますね……面白い。
 ■ 『六道の悪女たち』:六道くん、飯沼くんと友達になる!? の巻。大変よろしい展開です。
 ■『あしたもたぶん会いに行く』。なるほど、1話完結アンソロなんですな。今回も大変いいです。

  とまあ、また面白い漫画が増えてきた週刊少年チャンピオンでありました。
 
 さて。では、今週の『鮫島』ニュースのお時間です。 
 先週は、とうとう火が点いた【丈影】と鯉太郎のバチバチのぶつかり合いで、土俵上はもう炎に包まれたかの如く熱量が上がったところまででした。今週はその続きです。NHKの解説はこう表現しています。
 「丈影が前に出れば鮫島も押し返す!! 互に譲らないまさに真っ向勝負!!」
 常に冷静な丈影が笑っている姿を見て、土俵を見守る橋くんは「これが本当にあの冷静な丈影か・・・」と驚きの表情です。先輩の山崎さんは言います。
 「アレが鮫島の相撲だ・・・引っぱられているのさ・・・丈影は・・・ここにすべてを燃やし尽くすかのような熱に・・・そしてその引っぱり出した丈影の熱に乗り、鮫島もまた能力以上の力を引き出されていく・・・熱で熱を喰う・・・それが鮫島の相撲・・・」
 そんな山崎さんの言葉に、橋くんは、哀しいと言います。なぜなら、足りない体で懸命に勝利をつかもうとすればするほど体はボロボロになり、休場も余儀なくされるからです。しかし、山崎さんは、「鮫島にはそんな感情・・・微塵もねーんだろーな・・・」と漏らします。
 事実、戦っている鯉太郎は、もう嬉しくてたまらないような表情です。ここのカットはとてもいいですね。これはぜひ、チャンピオンを買って、観ていただきたい絵ですよ。鯉太郎は、その表情で、「まだ・・・まだ・・・もっと・・・もっとだ・・・」と心の中で思っています。そして【丈影】との攻防で、「コイツ・・・やっぱスゲェ」とさえ思っています。一方の【丈影】も、心の中で思います。
 「鮫島(コイツ)の・・・鮫島の相撲だけは認める訳にはいかなかった・・・それは私が見切りをつけた・・・稚拙で愚かな相撲(スタイル)・・・それは形だけ泡影の真似をし、ただただ己の感情をぶつけた相撲(スタイル)・・・だが違った・・・鮫島の相撲は相手を受け止め そして引き上げる度量がある そう・・・それはまるで・・・」
 ここで、【丈影】は、鯉太郎の相撲に一瞬【泡影】の姿を見てしまいます。瞬時に「それは言い過ぎか・・・」と思う【丈影】。否定はしても、とうとう【丈影】が鯉太郎を認めた瞬間ですよ。そして【丈影】は、ついに思います。
 「あぁ・・・楽しいなー 鮫島(コイツ)との相撲は・・・」
 とうとう、相撲の楽しささえも取り戻した【丈影】。その想いを込めた、右肩からの当たりが、鯉太郎の顔面左側にクリーンヒット!! 吹っ飛ぶ鯉太郎!! というところまでが今週の『鮫島』でした。
 最後の【丈影】のショルダーアタックは、かつて一度だけ【泡影】を笑顔にさせた、「あのあたり」なわけですが、それよりも鯉太郎は、大丈夫なのでしょうか? まさか負ける!? いや、負けることも十分あり得ますが、こりゃあちょっと分からないですね。来週がもう待ちきれません!! 果たして来週、どんな結末が待っているか、楽しみに待ちたいと思います。
  というわけで、最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝中
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱【泡影】と同期入門
  --------
 【王虎】&【猛虎】共に東大関
 【天雷】東関脇  【田上】番付不明※王虎の付け人をやってる。
 【闘海丸】西小結 他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。62連勝中。モンゴル人。
 
 というわけで、結論。
 今週は、とうとう【丈影】が鯉太郎のことを認めたわけで、かつての相撲の楽しさを思い出した一撃が鯉太郎に炸裂してしまいました。これは……この勝負は来週決着がつきそうな流れですね。もう1週かかるかな……どうだろう。そして勝負の行方も分からなくなりました。はたして中日、鯉太郎は勝ちこせるのか、楽しみすね。以上。

↓ ペダルの新刊は9月みたいですね。映画の『SPARE BIKE』も9/9(金)公開か。

 

↑このページのトップヘ