タグ:大泉洋

 先日の夜、布団に入ってとある小説を読んでいたところ、元部下のYくんから、ぽろり~ん、とSKYPEメッセージが来た。とあるURLとともに曰く、「パン屋の漫画です。結構面白い」とのことであった。
 なんでそんなメッセージをくれたかと言うと、元々Y君はわたしよりも数倍漫画を読んでいる男であり、かつ、面白い作品があるとせっせとわたしに教えてくれているのだが、本作に限って言うと、わたしがいつも、「あーあ……パン屋になりてぇなあ……」とよくぼやくからである。
 わたしは結構マジメというか本気でベーカリー・カフェの経営を考えており、いつか実現して見せるぜ、と思ってはいるのものの、いかんせんパン知識がまったく乏しい男である。わたしは単純に、焼きたてのパンの香りと淹れたてのコーヒーの香りは、幸せの香りだと本気で思っているので、店をやりたいと思ってはいるのだが、肝心のパンについてはまるでド素人である。 まあ、本気だったらさっさと学校にでも通って勉強&技能を身に付けろ、ではあるのだが、そこに至らないということは、わたしはまだ本気ではないということなのかもしれない。情けなし。
 というわけで、Y君からのメッセージを受信して3分後には電子書籍版を購入完了し、読んだ漫画がこちらである。スクエニのWebサイトでは、第1話の立ち読みも出来るみたいですな。
聖樹のパン(1) (ヤングガンガンコミックス)
山花 典之
スクウェア・エニックス
2016-04-25

聖樹のパン (2) (ヤングガンガンコミックス)
山花 典之
スクウェア・エニックス
2016-10-25

 本誌を買って読んだことがないので知らないが、どうやらヤング・ガンガンに連載しているらしい作品で、そのタイトルを『聖樹のパン』という。結論から言うと、わたしとしては非常に面白かった。とにかく、パンに関する知識を相当わたしに教えてくれる内容になっており、これは大変イイじゃないか、と感じた次第である。
 どんなお話か、ごく簡単にまとめると……
 舞台は北海道の小樽。ベーカリー・ペンションを家族で経営する姉妹が、父が倒れたことで肝心のベーカリー部門が営業できず、パン職人を募集するところから物語は始まる。そして、父の旧知のパン職人(故人)の息子が東京からやって来て、姉妹と仲良くやりつつも 、亡くした父の焼いていたパンの味を求めて切磋琢磨する――的なお話である。
 で、各キャラクターは、以下のような感じです。
 ◆ほしの聖樹(まさき):22歳。東京からやってきた。幼少期に亡くした父はある意味伝説的パン職人。聖樹自身も東京でパン学校に通って、一時パン職人として仕事もしていたが、どうにも亡き父の名前が大きく、大人には「あのほしの君の息子か!」と注目され、同級生・同僚には、「ちっ!親の七光りが!」といじめられ、ということがあって、すっかり人間不信で引きこもっていた若干気弱な青年。母の勧めや、北海道に住む父の古い友人(=姉妹の父)からの誘いもあり、とりあえず小樽にやってきた。そして小樽で出会った善良な人たちに囲まれ、パン道精進のために一生懸命努力中。「人に生きる力を与えるパン」を作るのが目標。そして、結果的に、異常にモテる。出てくる女子キャラすべて(小学生から老女まで)に好意を持たれている。特にイケメンではないが、そのパン道への情熱と優しさゆえ、みたい。
  ◆雪森羽咲(うさぎ):28歳。美人&ナイスBODY。ファンの常連客の男がいっぱいいる。ペンション雪の森の支配人。聖樹のパン職人としての腕を信頼して雇うことに。聖樹のことを可愛い男の子と思っていて、やたらとモテる聖樹目当てにやって来る女性たちにちょっとした嫉妬を感じてしまう。
 ◆雪森桔音(きつね):?歳。羽咲の妹。ペンション森の雪のシェフ。料理学校出身の料理人。若干男らしいサバサバ系クール美人。聖樹のパン職人としての腕を認めている。姉の羽咲を「エロカワ」女子と表現し、時折聖樹が羽咲の無意識のお色気にどぎまぎするのを見て楽しんでいる。
 ◆雪森徳三:?歳。姉妹の父。2カ月前に過労?で倒れて入院。ただし、(1)巻の後半では退院するも、せっかく若い力でペンションを何とかしようと頑張っているため、家には戻らず独自になにやら新しいことを始めようとしている。パン職人としての腕は確か。聖樹の父とは古い付き合いがあったらしい。 
 とまあ、こういう聖樹と姉妹というレギュラーキャラを中心に、毎話ゲストキャラが難問?を持ち掛け、それに聖樹がパンで応える、という展開である。ちなみに、聖樹のパンを食べると、作中のキャラクターは「美味しい……まるでお母さんに抱かれているみたい……」のような幸せな妄想に浸るのがちょっとお約束なのだが、これはジャンプ連載中の『食戟のソーマ』のお約束の「おはだけ」に似てますね。まあ、『ソーマ』の場合は全裸でチョイエロ妄想シーンだけど、こちらの『聖樹のパン』は、服は破れませんw
 そしてこの漫画のもう一つの特徴は、毎話、聖樹のパン知識の説明がすごく、ある意味専門的で文字量も多い点であろうだ。これを読んでいると、聖樹の作るパンは一体どんな味なんだろうと妄想が沸くし、ホント、食ってみてえ!と思わざるを得ない。一部ではこの漫画は夜読んではダメ、まさしく飯テロ、とさえ言われているようだが、ま、わたしは夜読んでも全然平気でした。そもそも、味オンチで子供舌でジャンクフード好きなわたしは、果たしてうまいパンを作れるのだろうかと、そっちの方が実に心配である。
 わたしは、この漫画を読んでいて、北海道でパン屋さん……という連想から、この映画を思い出した。

 これは、わたしが日本人の芸能人で最も愛する原田知世様主演の、『しあわせのパン』という作品だ。詳しくは説明しないけれど、まあ、はっきり言ってちょっと狙いすぎというか現実離れしたおとぎ話めいた空気感が若干鼻につくけれど、知世様は最高だし、悔しいというかうらやましいというか、大泉洋氏の演技もとても良く、実に温かい映画である。
 漫画『聖樹のパン』という作品は、この映画とは全然違っていて、もっと現実的であり、商売としてのパン作りの方がメインであるため、もっとシビアな部分が多い。しかし、北海道でパン屋というのは、わたしにとってすさまじく憧れるもので、両作共にとてもわたしは気に入っている。
 しかし、やっぱり焼きたてのパンの香りと、淹れたてのコーヒーの香りって……これ以上に幸せをもたらすものは、そうそうないんじゃないかという気がしますね。わたしはパンは焼けないけれど、会社で毎朝、コーヒーを淹れるのが日課なのだが、コーヒー道もなかなか奥が深いというか、一筋縄ではいかないですな。もう何年もコーヒーを淹れ続けているけれど、こ、これだ―――!! という納得できる美味いコーヒーを淹れるにはまだまだ精進が必要のようです。パン作りはもっと難しいんだろうなあ……オレ……いつか、パン屋になるんだ……と寝言をほざいているうちは、ダメでしょうな。JOJO風に言うと、「オレはパン屋になるッ!!」なんて決意表明は口にする必要がなく、「オレはパン屋だッ!!」と自信をもって言うのが男ってことですな。まずは決意を固め、そしてとっとと研究に入るべきかもな、もうそろそろ……。

 というわけで、短いけどさっさと結論。
 教えてもらって読んでみた漫画、『聖樹のパン』という作品は、パン屋になりてえなあ、と日頃ぼやくわたしにはかなり楽しめた作品であった。そしてこの漫画は、意外にかなり高度なパン知識もわたしに授けてくれ、その点も大変良かったと思う。でも、普通の人にはどうだろう、ちょっと長いし専門的すぎと思う人もいるかも……。しかし、ホント、焼きたてのパンの香りはなんであんなに、幸せのイメージをもたらすんだろうか。そして、職人としては、自分が作ったパンをうまそうに食ってくれたら、そりゃあもう最高でしょうな。ちきしょう……さっさとそっちに進む決断しろ!オレ!! 以上。

↓ 知世様は永遠にわたしの女神です。誰がなんと言おうと、断じて変わらないす。
 

 先日、どうして土日の日中のTVはこんなにもつまらないんだろうか……? と片っ端からチャンネルを変えながら、しみじみと発見し、絶望したわけだが、どうも最近、翌週のウィークデイの夜にやる番組の、そのまた紹介番組を土日に放送していることが多いような気がした。そして肝心のものは見せず、やけにCM回数も多くて、ああ、こりゃあもう、TV没落も止むねえことですなあ……ということをぼんやり思った。
 なので、なんか映画でも観るか、と、WOWOW放送を撮りためてあるHDDを捜索したところ、ひとつ、邦画で、劇場で観たかったのに見逃していて、そして録画したこともすっかり忘れていた作品を見つけたので、よっしゃ、コイツを観よう、と再生を始めたのである。
 タイトルは、『駆込み女と駆出し男』。2015年公開の松竹映画であり、 原作は確か井上ひさし先生だったな、そして主演はわたしの大好きな戸田恵梨香ちゃんだったはず……と、そんなあやふやな記憶しか持ち合わせず、もちろん物語が鎌倉の東慶寺、通称「縁切寺」を舞台にした作品であることは知っていたけど、ズバリ、それ以外は何も知らないので、さて、面白いか知らん? という感じで視聴を開始したわけである。

 のっけから結論を言うと、実に面白かった。つか、意外と、というと大変失礼だが、とても感動した。危うく泣けそうなぐらいに。
 まあ、まずは上記予告を観ていただきたい。この予告を観ると、大体の雰囲気は分かると思う、が、正直全く物語は伝わってこないと思う。わたしは、もちろん「駆込み」なる制度が存在していたことは、一般常識としては知っていたが、この予告でもチラッとだけ説明されるような、「駆込み」の作法があるなんてことは全く知らなかったので、冒頭からもう、へぇ~、の嵐である。
 まず第一に、江戸時代にそれほどまで「離婚」が多かったことなんて知らなかったわけだが、想像するに、家のための結婚が普通であった当時、女性たちは子供が産めなくてはあっさり離婚されてしまう、ようなことは何となく想像できる。武家の事情なんかは、あまたの時代劇でもお馴染みですな。たぶん、そういった「夫から離婚される」場合が多数を占めていたはずだし、その数は、確かにふと考えると、今より多かったかもな、とは思う。なにしろ女性(妻)は、夫の所有物のようなものだったのだろうから。ポイ捨ては十分考えられそうだ。現代感覚からすればまったくもってひでえ話ですが。
 しかし、女性から離婚を申し立てることはできないわけで、かと言って女性たちにも別れたい理由は無数にあっただろうことも、想像に難くない。そんな時の最終手段(?)がいわゆる「縁切寺への駆込み」であろう。そして、その「駆込み」には、厳密なルールがあって、この映画ではそこをきちんと説明してくれるわけである。これがなかなか興味深い。ちなみに時代背景としては、本作は1841年ということで、明治ももうすぐ、の幕末直前という頃合いを舞台としていました。

 ◆STEP01:駆込み成就
 どうやら、Wikiによるといわゆる「縁切寺」は鎌倉の東慶寺と、群馬の満徳寺の二つがあったそうだが、その山門の内側に入ると、「駆込み成就」らしい。そしてその際、身に付けているもの(草履orかんざし)を投げ込んでもOKらしい。これって常識ですか? わたしは知らなかった。
 ◆STEP02:聞き込み調査
 そして、駆込みの発生が確認されると、山門の門番が当人を、「御用宿」へ連れて行き、事情の聞き取りが行われる。この時、仲介人(御用宿の人)は、相手方の旦那と、親元(あるいは名主)にも話を聞くみたい。そして大体の調べが終わったところで、両者を対面させる。この時、夫サイドが素直に「離縁状」を書けば、もう晴れて離婚成立、となるわけだけど、基本的に、「妻に駆込まれた男」はそりゃあもう激怒しているので、ふざけんな、となるわけだ。
 ◆STEP03:入山~下山
 で、ふざけんな、の場合、女性は縁切寺に「入山」することになる。2年を寺で過ごし、2年後、再び夫が呼び出されて、また御用宿で話し合いになり、2年の時をかけて、女性側からやっぱりあんたが好き! 離婚やめた! となることもあるようだが、基本的に2年後のこの話し合いの場は、夫が離縁状を強制的に書かなくてはならない場となり、晴れて離婚成立、となるようだ。この2年後の場では、夫に拒否権はもうないそうです。どうですか、知ってましたか、こういう段取りがあるって。わたしは残念ながらまるで知らなかったっす。
 ◆STEP03番外編:入山後の女性の日々の暮らし方
 わたしは入山後の女性たちの毎日にも、非常にへえ~と思ったことがあった。どうも、入山時にお寺に「格付け料」という名目の金を払わないといけないらしく、その金額によって、まさしく「格付け」されるんだな。で、一番上の格だと、寺の雑事なんて何もしないで、日々歌を稽古したり書物を読んだりの優雅な毎日を送ることができ、一番下の格だと、掃除洗濯炊事など、要するに住み込みの下女的な扱いになる。なんでも、武芸(なぎなたと弓)はどの格も修行しないといけない必修科目みたいですな。

 とまあ、こんなことになっているわけで、これは明確な「法制度」の一つのようだ。だから手に負えない場合はちゃんとお役人も出張って来る。調停人がいることなんてまるで知らなかったす。

 で、物語は、真面目な「じょご」という名の女子と、どうも訳ありな「お吟」さん、それからとある武家の侍ガール「ゆう」さんの3人の「駆込み」を中心に語られていく。「じょご」の場合、旦那は製鉄業を営む町人で、じょごちゃんも結構腕のいい職人なんだけれど、旦那がなかなかのクソ野郎で、ズバリ言えばDV野郎で逃げてきたという背景があり、彼女の目から見た日々がつづられていくわけだが、まあ、大変健気で頑張り屋さんないい娘さんなわけですよ。演じたのは、戸田恵梨香ちゃんで、実に可憐で最高でした。わたしはこのBLOGで、散々、「幸薄い女子」に魅かれるというか大好物であることを表明してきたが、今回もまあ幸薄いこと甚だしい。戸田恵梨香ちゃんの表情は本当にグッとくるものがありますな。マジ最高のしょんぼりフェイスでした。
 そして、「お吟」さんを演じたのが、満島ひかりさん。お吟さんのキャラも非常に良かったですな。最初の登場時は、なんなんだこの人偉そうに、と思うじょごちゃんも、だんだん親しくなっていって、ラスト前でのお吟さんとの別れのシーンは、大変感動的でした。わたしが泣きそうになったのはこのシーンです。「ずっと妹だと思ってたよ」と告げるお吟さんにはとてもグッときましたね。それから、お吟さんの旦那を演じた堤真一氏も、最後はとてもカッコ良かった。なかなかの漢でしたな。
 で、侍ガールの「ゆう」も、まあひどい目に遭ってきた女子で、実に幸薄く、大変魅力的でした。演じたのは内山理名ちゃんですね。わたしはこの方がまだ10代の頃に街でばったり見かけたことがあるのだが、超可愛かったことを覚えてます。すっかり落ち着きのある、イイ女になりましたな。キッとしたまなざしが印象的ですが、今回もつらい過去を背負い、やや運命に囚われてしまった気の毒な女子を大変お美しく演じてくれたと思います。最後はすっきりとした顔になって、良かったね、本当に。
 こういった、美しく可憐で不憫な女子を相手に、ひとり奮闘する「駆出し男」が大泉洋氏で、もういろいろな映画やドラマに出演しているけれど、やっぱり上手い、と言わざるを得ないでしょうな。はっきり言って、いつ見ても同じ大泉洋氏、だし、今回も弁舌で乗り切るちょっとお調子者な男ということで、まあ、誰もが思い浮かぶ大泉洋氏の「いつもの」役のような気がするのに、なぜか引き込まれてしまう。きっとこれは、演じているキャラクターというよりも、大泉氏本人の人柄?のようなもののせいなんじゃなかろうか。要するに、大泉氏は実際イイ奴で、なんか誠実さのようなものが、役を支えてるんじゃないかな、という気がしました。それは現在放映中のNHK大河『真田丸』でも滲み出ているように思う。きっと、非常に真面目な男なんでしょうな、大泉氏は。現在の日本の男優の中でも、非常に独特な存在感がありますね。ちなみに、なぜ「駆出し男」なのかは、見ればすぐに分かりますので説明はしません。
 あと、キャストで備忘録として記しておきたいのが、二人、わたしの愛する宝塚歌劇出身の元ジェンヌが出演していたので、ちょっと驚いた。陽月華さん(通称うめちゃん)が、東慶寺の院代を務める法秀尼様を演じ、その直属の部下(?)である法輪尼様を演じたのが大鳥れいさん。二人ともわたしは現役時代を知らないので詳しくないけど、うめちゃんは最初に登場したところですぐに分かった。わたしは出演されていることを全然知らなかったので、ちょっとびっくりした。

 というわけで、もういい加減長いので結論。
 ふとしたきっかけで観てみた『駆込み女と駆出し男』という映画だが、まったく予期せぬ感動作であった。大変面白かったと思う。しかし、この映画の興行成績としては、どうやら10億に届かなかったようで、8億~9億ぐらいで終わってしまったようだ。はーーー。劇場に観に行くべきだったなあ……今年の『殿、利息でござる!』のように、非常に面白く、また知らないことを教えてくれる良質な映画で、松竹の映画作りは地味ながらさすが、ですな。機会があれば、ぜひ多くの人に観ていただきたい映画だと思います。全然まとまりませんが、以上。

↓ 配信で観られますよ!

↓そしてわたしとしては、原案とクレジットされている井上ひさし先生のこちらが大変気になる。「オール読物」で11年にわたり連載された作品だそうですね。
東慶寺花だより (文春文庫)
井上 ひさし
文藝春秋
2013-05-10

↑このページのトップヘ