タグ:マーク・ウォルバーグ

 わたしは走る男として、わたしを知る人々から認識されている。が、実は、震災でわたしがエントリーしていたレースが中止になって以降、1度もレースに出ていないので、実際のところ過去形で語るべきかもしれない。まあ、いずれにせよ、わたしが皇居を走ったりレースに出ていたのは2000年代で、まだ、当時は今のようなブーム的な盛り上がりまでは来ておらず、例えば、今現在の皇居の周りは平日の昼でもなぜか走ってる連中が多く、しかもクソ遅いスピードで多くの人がちんたらしている姿を見かけるけれど、10数年前はほとんどそんな姿は見られなかった。当時、わたしはよく仕事終わりに皇居で走り、真っ暗な桜田門の誰もいない広場で、全裸で着替えをするのも全然当たり前だったものだ。今やったら、確実におロープ頂戴で即逮捕は間違いない。
 そして時が過ぎ、2013年4月15日。「PATRIOTS DAY(=愛国者の日)」という祝日に開催されたボストンマラソンにおいて爆弾テロ事件が発生したことは、我々日本人もまだ生々しい記憶として覚えている人も多いはずだ。最近のマラソンブーム的な世の中においては、結構世界のマラソン大会に出場するためのツアーなんかもあるけれど、このボストンマラソンは、そういうなんちゃって野郎はお断りで、出場条件となるレースタイムが結構シビアというか、普通の市民ランナーだとちょっと速い人でないと出られない条件となっている。わたしの持ちタイムでも、やっと出場条件を10分クリアしているぐらいである。瀬古選手が2回優勝したことでもお馴染みのレースですな。
 というわけで、わたしが今日観てきた映画『PATRIOTS DAY』という映画は、まさしくそのボストンマラソン爆弾テロ事件の顛末を追う物語で、実に痛ましく、観ていてなかなかつらい作品であったのである。以下、結末まで書くと思うので、ネタバレが困る方は読まないでください。

 まあ、物語はもう上記予告のとおりである。ボストンマラソン開催中のゴール付近で爆弾テロが起き、そのテロリストを捕まえようとする警察とFBIの捜査を追ったお話だ。直接的な爆弾による死者は3名。後の捜査中に射殺された警官1名、合計4名がこの事件で亡くなっている大変痛ましい事件だ。
 ただ、映画の展開としては、若干群像劇的で、冒頭から爆弾が炸裂するまで、およそ30分ぐらいは、のちにこの事件を中心的に捜査することになる警官、爆弾で片足を失うことになる若いカップル、のちに犯人に車を奪われることになる中国人青年、また、のちに犯人に射殺されることになる警官、そういった、事件によって人生が変わってしまった、あるいは奪われてしまった複数の人々の、「なんでもない日常」が描かれてゆく。もちろん、犯人の二人組の、決行に至るまでの様子も、だ。
 わたしがこの映画を観て感じたことは、主に二つのことであろうか。
 1)一体全体、どうして犯人はこんなことをしようと思ったのか。そして実行できたのか?
 この点は、実際のところあまり深くは描かれない。単に、イスラム過激思想に染まったゆとり小僧二人が行った、ある意味何も考えていない短絡的な犯行であるようにわたしには写った。はっきり言って子供の悪ふざけと変わらない幼稚な思考である。しかし明確な人殺しなわけで、きっちり落ちまえをつけてもらう必要がある。おまけに犯人二人は兄弟なのだが、兄の方は妻も子もいる。どういう経緯で過激思想に染まったのか知らないが、100%悪党と断言せざるを得ないだろう。意外と計画はずさんで(それゆえに100時間で事件は解決する。100時間が長いのか短いのか、もはやわたしには何とも言えない)、様々な場所の監視カメラにバッチリ写っている。この事件はいわゆる「自爆テロ」ではなく、自分はさっさと逃げて無傷だったのだから、まあ、きっと死ぬつもりはなかったんだろう。でも、あんな計画で逃げ切れるとでも思っていたなら相当知能は低い。ちなみに二人の犯人は事件後、家にこもっていたけれど、顔写真が公開されて、その時点で初めてヤバい、逃げよう、と、NYC目指して逃亡するのだが、バカかこいつら、死ねよ、と本当に腹立たしく思った。おまけに、二人は逃亡のために、わざわざ超目立つメルセデスの新車のSUVを奪って、その持ち主も乗せたまま逃亡するのだが、ごくあっさりその持ち主に逃げられ、追い詰められることになる。行動に一貫性がなく、確実に言えることは、この二人はど素人、である。
 そしてわたしがもっと腹が立ったのが弟と、その大学の友人のクソガキたち(こいつらは別にムスリムではないただのゆとり小僧たち)の方だ。この事件当時19歳だったそうで、まさしく何も考えていないとしか言いようがない。こういう凶悪なクソガキが平気な顔をして暮らすUSAってのは、ホントにおっかないですなあ。そしてその友人どもも、写真が公開された時点で、あ!これってあいつじゃん!と認識しているのに、一切警察へ通報したりしない。このガキどもがさっさと通報していたら、ひょっとしたら警官は死なずに済んだかもしれないのに。まあ、まさしく悪意そのものですよ。ちなみに、このガキどもも、事件後捜査妨害の罪で逮捕されたそうなので、心底さまあである。キッツイお仕置きをくれてやってほしいですな。そしてもうひとつちなみに、兄貴の方はきっちり死ぬのだが(しかも警官に撃たれて死ぬのではなく、弟の運転するメルセデスに牽かれて死亡)、このクソガキ弟の方は生き延び逮捕される。現在も収監中だそうで、一応死刑判決が出ているそうだが、さっさと執行してもらいたいものだ。
 あと、悪意そのものといえば、犯人の兄の妻、も相当なタマと言わざるを得ないだろう。狂った信心に心を閉ざし、捜査に一切協力しない。劇中、ラスト近くで、超おっかないおばちゃんがこの妻を尋問するシーンがあるのだが、ちょっとわたしには意味不明で、その超おっかないおばちゃんが何者なのかさっぱりわからなかった。あれって……誰なんすか? ミランダ警告(※よくUS映画で刑事が犯人を逮捕するときに「あなたには黙秘権がある……」と読み上げるアレ)なしで妻を逮捕させる権限を持つ何者か、なのだが……だめだ、キャストとしてもInterrogator(尋問者)としか載ってないな……まあとにかく、この邪悪な妻も、さっさとこの世から抹消すべきでしょうな。もちろん現在も収監中?のようです。なお、その妻を演じたのは、TVシリーズ『SUPERGIRL』でおなじみのMelissa Benoist嬢でびっくりしました。
 2)捜査規模が尋常じゃない。当たり前かもしれないけど。
 本件の捜査は、警察が始めは場を仕切る、が、US国内における防諜・対テロ案件は、当然FBIの管轄だ。なので事件後数時間でFBIチームが現場に到着する。そして爆発現場に転がっているボールベアリングなどを見て、明らかに殺傷力を高めた対人爆弾であることから、本件はテロ事件であることを宣言し、FBIが捜査権を握る。このシーンは上記の予告のとおりだ。
 そしてその後、でっかい倉庫に現場を再現し、膨大な動画の中から犯人を特定し、前述のように、犯人に車を乗っ取られた中国人青年が逃げて通報し、と犯人に迫っていく。そして車を発見し、銃撃戦となって兄が死んだところで、弟には逃げられてしまう。ここからの展開がすごいんですよ。なんと、ボストン全域(?)にわたって、「外出禁止令」を発令し、商業活動も一切すべて止めてしまうんだな。車一台通らないボストンの図は、まさしく劇中のセリフにある通り、Martial Law=戒厳令そのものだ。これは日本ではありえないだろうな……あり得るのかな? それを可能にする根拠となる法が日本には存在しないんじゃないかしら……。まあ、最終的には、隠れていた弟は見つかって御用となるわけだが、その大捕物も、そりゃ銃や爆弾を所持している可能性があるから当然かもしれないけど、過剰なほどの銃・銃・銃、での大包囲となる。
 わたしは観ていて、やっぱりこれは、要するに戦争なんだな、と思った。戦争とテロ、何が違うかといえば、常識的に答えるならば戦争はプロ同士の殺し合いであり、戦闘員以外は対象から除外されるものである一方で、テロは、非戦闘員をも殺傷対象にしている、という点にあろうと思う。しかし、やっぱりテロは「いつでも」「どこでも」「誰でも」が無差別に対象となる戦争そのものなんだな、ということをわたしは強く感じた。なんというか、人類は憎しみの連鎖を断ち切ることはできず、ずっと殺しあうんだろうなという絶望を感じざるを得なかった。
 本作は、そういったテロに対する憎しみや、失われた命に対する悲しみを克服することができる、唯一の力として「愛」を讃美しているのだが、まあ、そうあってほしいとわたしも深く同意したい、とは思う。心から。けど、無理なんじゃないかなあ……。それならとっくに克服しててもおかしくないはずなのではなかろうか……人類は、どうやら何千年たっても、肝心な部分が進化できていないのかもしれないすねえ……。ラストの、おそらくは当時の本物映像を使ったと思われる、ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークでの「BOSTON STRONG」の演説(?)シーンは、わたしは結構グッときましたね。なんか、映画館でも鼻をすすってる人も多かったように思います。
 ※ちなみに、生粋のボストン人は「ソックス」ではなくて「ソークス」と発音するそうで、とある二人のキャラが「ソックスでしょ?」「いやいや、ソークスだよ」とやり取りするシーンは、後々ちょっとグッときます。

 というわけで、まあ、暗くもラストは希望を一応は描いてくれた映画なのだが、キャストは結構豪華で有名どころが多く出演している。もう長いので、二人だけ紹介して終わりにしよう。まず、主人公的視点のキャラとなる警官を演じたのが、サル顔でおなじみのMark Wahlberg氏。4月に観たばかりの『Deepwater Horizon』での熱演も記憶に新しい彼だが、本作は、監督も同じPeter Berg氏だ。やはり音響の迫力はばっちりだし、当時の本物の映像を巧みに使い分けながら非常にキレのある作品であったと思う。Wahlberg氏も、なんか、この人は「アメリカの良心」的な役が似合うんすかね。大変共感できる芝居ぶりであったと思います。
 そして次は、わたしが大好きなKevin Bacon氏の名をあげなくてはなるまい。今回はFBIの特別捜査官として、久しぶり?に悪党ではなく善の人でありました。いやー、シブい。実にカッコ良かったと思います。今回はそれほど活躍のシーンはないんだけど、犯人の写真を公開するか否かで警察とFBIが対立した時に、どっかのTV局がその写真を入手し、公開に踏み切るという話を聞いて、それまでは比較的冷静だったのに、いよいよブチ切れるシーンはもう、わたしの大好きなBacon節が炸裂してましたね。「……いいだろう。もう公開するしかあるまい。TVより先にな。だが! いいか! 覚えておけ! 絶対に写真をリークした警官を見つけ、必ず破滅させてやる!!!」わたしも観ながら、誰だ情報漏らしやがったのは!と腹が立っていたので、Bacon先生の大激怒で超スッキリしました。Bacon先生を怒らせるとは、恐れ知らずもいいとこだぜ……! あの大激怒を目の前でやられたら、おそらくほぼ確実に失禁せざるを得ないと思いますw 最高でした。

 というわけで、結論。
 2013年4月15日に起きた、ボストンマラソン爆弾テロ事件の顛末を描いた『PATRIOTS DAY』を観てきたのだが、とにかく思うのは、テロはもう戦争そのものだということで、まあ断じて認めるわけにはいかないということだ。ま、当たり前か、それは。しかしなぜなんだ? なんでそんなに憎しみを身に抱えられるんだ? なんで平気で人を殺せるんだ? 映画としては、本作はわたしのその疑問には答えてくれなかったけれど、代わりに、憎しみと悲しみを克服するのは「愛」しかねえ、と教えてくれます。でも……どうなんだろうな……いや、やっぱりそう信じて、行動するしかないすかねえ。なんというか、信じて損はないと思うけど、相手もそうとは限らないわけで、どうしたらいいのかなあ……以上。


↓ こういうのが売ってます。まったく関係ありませんが、わたしが世界で最も好きな小説家、Stephen King先生は、レッドソックスの大ファンとしても有名です。

 2010年に起きた「メキシコ湾原油流出事故」は、油まみれの海鳥の写真とともに全世界に報道され、いまだにわれわれ日本人の記憶にも残る大事故であろうと思う。われわれ日本人は、その後、東日本大震災に続く福島第1原発の壮絶な事故をテレビ画面を通して目撃してしまったわけだが、人間はとにかく地球をぶっ壊すことに余念のない生物である、と、将来どこかの宇宙人が言い出したら、残念ながら反論はできないのではなかろうか。
 というわけで、今日わたしが映画館で観てきた映画『Deepwater Horizon』(邦題:バーニング・オーシャン)という作品は、その2010年メキシコ湾原油流出事故の発生にいたる経緯を描いた実話ベースの物語であった。11名の人命が喪われた壮絶な事故であり、大変緊張感の高い作品であった。

 このような「Based on True Event」の映画の時はいつも書いているような気がするが、当然映画であって、描かれていることを100%鵜呑みにすることはできない、と承知してはいるものの、司法の手による捜査もほぼ終わっており(?)、結論としてはこの事故は、完全なる「人災」であることは間違いないようだ。しかし、はっきり言うと、犯人探しをしても、もはやどうしようもない。明確に「人災」である以上、この事故に対する責任を負うべき人物は存在しているわけだが、そいつを牢屋にぶち込もうと、失われたものは決して取り返すことはできない。ゆえに、我々としては、このような映画を観てできることは、「同じ過ちは繰り返すまい」と心に刻むことだけだろうと思う。
 もう、さんざんこの事件について報道されているように、この事故の責任は原油採掘基地「Deepwater Horizon」の保有者(?)であり運営者である(※追記:どうやらDeepwater Horizon自体はトランスオーシャン社(=主人公の所属する会社)のものらしい)、油田開発を実施・管理するイギリス企業、BP社にあろう。British Petroleum=イギリス石油、という社名を持つスーパー大企業でありモータースポーツが好きな人ならそのロゴマークは誰でも知っている、あのBPである。わたしはこの映画を観て、初めて知ったというか、そりゃ言われてみればそりゃそうか、と思ったのは、「Deepwater Horizon」で働く現場の皆さんは、みんな下請けの人間で、BPの人間はほとんどいないんすね。確かに。それは超ありうる。たいていの大規模開発の建築現場でも、仕切りはゼネコンでも、現場にゼネコン社員なんてほとんどいないだろうし、それと同じだよな、と改めて気が付いた。
 なので、この映画で描かれるヒーロー的活躍をする主人公や現場主任は、BPの人間ではなく、遅れている作業に業を煮やした(?)BP幹部が、現場の意見を無視して(一応、しぶしぶではあるけれど「同意」は明確にしたので、正確には無視してない)作業を指示したことで起きた大事故、と描かれていて、それはきっと事実なんだろうけれど、そんな、現場にやってきたBP幹部を悪人的に描いてもしょうがないというか、そりゃフェアじゃないんじゃないかしら、という気はした。そんな木っ端端末なんぞよりも、悪党はもっと奥にいるはずだ。現場になんて出てこないで、事業戦略を練るような中枢の、たっけえ給料をもらってる連中が決めた事業方針が、この事故を起こしたといって過言ではないのだろうと思う。
 ただし、それももはや結果論であって、おそらくは「大企業」と呼ばれる会社なら、事の大小はあっても、確実に起こりうるものだと思う。とりわけ上場企業の場合は、どんなきれいごとを並べても、究極的には利益の追求こそが至上命題というか義務であり、コスト削減は当然なのだから、本作で描かれたような、巨額の投資による事業が、なかなか進展しなければ、当然イライラもする。そして現場に派遣された幹部は、その問題解決が義務になる。何が問題で遅れているのか。その調査にまた時間(=金)がかかるわけで、残念ながらドツボにはまるわけだが、最終的な判断を人間がする以上、まず間違いなく、「まさかこんなことになるなんて」というミスが起こることは、もはや防ぎようがない。
 よって、責めるとしたら、そのリスク回避のバックアッププラン、事故発生時の対処法がなかった点にあるとわたしには思えた。いわゆる「想定外」ってやつだ。そして、その「想定」は、残念ながらどんどんと膨らんでいくばかりであり、企業としてはある一定の、ここまでは想定した、という線引きをせざるを得ない。たぶん、福島第1と決定的に違う点があるとしたら、この線引きのラインがやけに低かったこと、そして、人間による判断の甘さが事故の直接原因であろうということだ。
 本作で直接の原因として描かれるのは、パイプ内の圧力計の数値の解釈がマズかったという点で、その背景にあるのは、遅れている工期を何とかしたい=コスト削減、である。しかし、その判断がマズかったとしても、一気に大事故へつながる前のセーフティーネットはもっと何重にもあるべきだったんだろう。はっきり言って判断ミスなんて、絶対に起こりうるんだから。ま、それでも、人間は信用できん、とか言って、いろいろシステム化して、また無駄に金がかかったり、そのシステムもまた信用できない、みたいな無限ループになるんだろうけど、とにかく、「動いているものを完全に止める」手段は、何重にも用意しとかないとだめってことなんでしょうな。
 なんか書いてることも無限ループになってきたからこの辺にしておこう。
 ところで、わたしがこの映画で、へええ!? そうなんだ? と思ったことがもう2つあったのでメモしておこう。
 ◆実は「船」。
 石油採掘基地Deepwater Horizonは、わたしはてっきり、しっかり海底に固定された「建造物」なのかと思っていたが、実は「船」であった。ちゃんとスクリューとかある(=エンジンがついている)し、航行できる「船」なんすね。しかし考えてみれば当たり前で、あくまで「油田を発見するため」のものであり、空振りならば、はい次~と移動しなきゃいかんわけで、「船」といわれて、ああ、そうなんだ、つーか、そりゃそうだ、と納得である。
 ◆原油は汲み出すものじゃない=ポンプはいらない。
 これは冒頭で、主人公が自分の子供に説明する形で描写されるのだが、原油って、「汲み出す」ものじゃないんですね。つまりポンプなんていらないらしい。これも考えてみれば、ああ、そりゃそうだ、なのだが、要するに地下にある原油は、常に「超高圧」にさらされているので、穴をあけると噴き出すものらしい。なるほどである。そりゃそうだ。自分の上に、海や地面という超重量物が乗っかってるんだから、そりゃ圧力かかってるよ。これって常識なんだろうか? わたしは言われなければ全然気が付かなかったす。温泉なんかも同じなんだろうか??
 
 はー。もう長くなってきたので、最後にキャストと監督について触れて終わりにしよう。まず、主人公の下請け技術者(=油田探索のプロ)を演じたのが、サル顔でおなじみのMark Wahlberg氏。正直この人の見せ場は、事故発生後の避難の際の英雄的行動だけです。なお、本作はエンドクレジットで、実際の事件の裁判(?)シーンで、役の元となった本人が何人か出てきます。本物の彼は、事故後退職してテキサス住まいだそうです。あ、あと彼の奥さん役をKate Hudson嬢が演じてました。なんかいつもよりかわいく見えたのはなぜなんだ。大変お綺麗な美人ですな。
 次は、良心ある下請けの現場主任を演じたのが大ベテランKurt Russell氏。来月公開の『Gurdians of the Galaxy Vol.2』ではスターロードのお父さん役で登場するらしいすね。大変楽しみですが、本作でもやけに渋くカッコよかったす。彼に元になった人は、現在もなお同じ仕事をしているそうです。
 次。上に貼った予告でも登場する、ドリルオペレーター?の若者(最初にやっべえ!と気づく若者)を演じたのが、『THE MAZE RUNNER』シリーズの主役でおなじみのDylan O'Brien君25歳。このさわやかイケメンは顔に特徴があるのですぐわかりますな。助かってよかったよ。
 次。BPから派遣されてきた今回の悪役的ポジションとなった男を演じたのが、こちらも大ベテランのJohn Malkovich氏。まああの判断はまずかったな、どう考えても。ちなみにもとになった人は、故殺罪で起訴されたそうですが、のちに起訴取り下げとなったそうですよ。どういういきさつかはわからないけど。
 最後。監督は、Wahlberg氏とは前作『LONE SURVIVER』からの付き合いとなるPeter Berg氏。この人の作品は、結構私は好きかもしれない。独特のキレというか、いつも音響もいいし、非常に緊張感の高い作品をとる人だと思う。まあ、世間的には珍作扱いされてしまった『Battle Ship』も、わたしは嫌いではありません。この人は役者としても結構出てるんだよな。なかなかの才能あふれたお人ですな。

 というわけで、結論。
 2010年メキシコ湾重油流出事故を描いた『Deepwater Horizon』を観てきたわけだが、まあ非常に凄惨な事故が、ほんのちょっとしたこと、ともいえるようなミスが原因だったということはよくわかった。冒頭に書いた通り、もう犯人捜しは無益なので、こういう作品を観て、やっぱり「2度とこういうことを起こさない」ための教訓とするほかないと思う。これって、こんな大事故だけでなく、生活のあらゆるところでも当てはまることでしょうな。慎重になりすぎてもしょうがないけれど、常に安全第一で、万一のセーフティーは、生きる上でいくつあっても用意しすぎってことはない、とまあ、そういうことですな。しかし、どうでもいいけど「バーニング・オーシャン」って邦題は……必要だったのかなあ……ディープウォーター・ホライゾンじゃなぜ駄目だったんだろうか……。以上。

↓Mark Wahlberg氏&Peter Berg監督タッグの次回作はこの作品ですな。6月9日(金)公開。間違いなく観に行くと思います。

予告編はこちら。わたしの大好きなKevin Bacon氏が超シブイす。
 

↑このページのトップヘ