タグ:ブライアン・シンガー

 わたしの青春時代は、どう考えても小学校~中学校~高校~大学の初めを過ごした80年代だと思っている。さんざんこのBlogで書いている通り、わたしは映画オタクとして成長してきたわけだが、一方で、中学に入る頃になるといわゆる「洋楽」にハマる奴らも周りに出てきて、いろいろカセットテープ(信じられないかもしれないがCDに移行したのは大学入ってから)を借りたり教わるようになったのだが、あくまでわたしは映画中心で、洋楽に関しては、例えば映画の主題歌なんかは相当聞いていたので、それなりに知識としていろいろなバンドや曲に詳しくなったけれど、アルバムを買ったりコンサートに行ったりするほどにはバンドやアーティスト自身にハマることはなかった。
 そんなわたしでも、「Queen」というバンドにはそれなりに思い入れがある。たぶんわたしが一番最初に「Queen」なるバンドの曲を聞いたのは、夜な夜な兄貴の部屋から流れてくる『FLASH GORDON』のサントラであったと思う。「Flash! a-ah~!Savior of the Univers!」のあの歌が、兄貴の部屋からダダ洩れで聞こえてきて、もう何回聞いたことか……。当時わたしは小学生だったので、映画は劇場で観ていないけれど、すごく覚えているエピソードとしては、この映画が高校生の時にTVで放送されて、その翌日友達Y君が、サントラが欲しい!とか言い出して、あれ、兄貴が持ってたけど、おれたちが小学校んときのサントラだから、中古屋行くしかねえんじゃね? というわけで、当時、有楽町の数寄屋橋にあった「HUNTER」という中古レコード屋に行って、その友人が500円ぐらいでそのレコードを買ったのに付き合ったのをなんだか妙に覚えている。
 そしてもうひとつ、「Queen」というバンドについてわたしが思い入れがあるのは、その曲の多くがわたしの愛する『ジョジョの奇妙な冒険』でスタンドの名前として登場するためだ。Killer QueenAnother One Bites the DustSheer Heart Attack、そして「BOHEMIAN RHAPSODY」。ご存知の通りJOJOのスタンド名は様々な楽曲(やアーティスト)からとられており、いちいちその元ネタを教えてくれる友達もいたし、自分でも調べたりとしたもんだ。
 というわけで、わたしが今日観てきた映画は、まさしくバンド「Queen」のリードボーカルにして偉大なる伝説のパフォーマー、Freddie Mercurry氏の伝記映画、『BOHEMIAN RHAPSODY』であります。結論から言うと、相当駆け足だし、若干映画として、細かいツッコミは付けたくなるものの、そんな細けえことはどうでもよく、とにかく「Queen」の数々の曲がいちいちカッコいいし、ラストに描かれる1985年開催の「LIVE AID」のシーンはもう超圧巻で、鳥肌モンの感動?に酔いしれたのであります。わたしの隣に座っていた推定60代のご婦人が、さかんに涙をぬぐっておられたのが印象的だ。あの「We are the Champions」はもう、すげえ! の一言ですよ。マジで泣けそうになったすね。コイツは相当最高でした。たぶん、我々おっさんだけでなく、Queenを知らない若者が観ても、その強力なパフォーマンスシーンにかなりグッとくるのではなかろうか。

 相変わらずFOXの予告はセンスゼロだが、まあ、大体の物語は上記予告で想像できる通りだ。物語は、事実通りなのかは知らないけれど、伝説と呼ばれるFreddie Mercurry氏の生涯を追ったもので、いわゆる一つの「ジュークボックス・ミュージカル」と言っていいだろう。今後ブロードウェーでミュージカル化されてもおかしくない、とても胸に迫る物語である。
 ただ、わたしがどうもよく理解できなかったのは、Freddie氏の「バイクセクシャル」嗜好の件だ。Freddie氏は、残念ながら1991年に45歳の若さで亡くなってしまったわけだが、ご存知の通りエイズによる肺炎が死因である(と映画では語られた)。80年代終わりごろの当時、エイズはゲイのかかる病気、のような風評があって、まあFreddie氏もそっちの趣味があったわけだが、わたしは本作を見るまで全然知らなかったんだけど、Freddie氏は若い頃は普通に女性と恋に落ちていて、要するにバイセクシャルだったんですな。でも、本作では、なんだか結構唐突にゲイ嗜好に走ってしまって、それが原因で彼女と別れてしまうことになって、生涯の心の孤独、を抱えてしまうようになる。
 この、Freddie氏が生涯抱える心の孤独が一番大きなポイントなのだが、なんというか……観ていて、Freddie氏が積極的にゲイの道に向かったというより、その道にそそのかしたクソ野郎がいて、そいつが悪党だ的に描かれているのが、なんだかちょっとよくわからなかった。
 そして、そのことでバンドメンバーや彼女との距離ができてしまって、破滅的な道にまっしぐらになってしまっても、結果的には彼女の心からの説得で考えを改め、バンドメンバーにも素直に謝罪して、さらにはずっと距離のあった厳格なお父さんとの和解も果たし(お父さんとのシーンも泣ける!)、1985年の「LIVE AID」に出演するというクライマックスは、映画的にはとても美しく感動的であったように思う。まあ、ホントはそんなに美しくはなかったんだろうけど、あの圧巻のパフォーマンスは最高に心震えたっすね。とにかくカッコ良かった。
 あと、Freddie氏が大の猫好きだったことは、有名らしいすね。わたしは全然知らなかったけど、映画に現れる猫たちがとてもかわいかったすなあ。もうチョイ、映画的に猫好きエピソードはクローズアップされても良かったかもしれないすな。それとFreddie氏の親日ぶりも、何気にいろいろ描写されてたすね。あのドイツの別宅の玄関に、謎のお札が張ってあったし、部屋着としての着物もなんか雰囲気に妙に合ってたすね。わたしは全然知らなかったので、へえ~? と思ったす。パンフには、当時日本来日の際に必ず付き添っていた方々のインタビューが載っていて大変興味深いです。
 というわけで、わたしは本作にかなりハートを鷲掴みにされたわけだが、それはもう、なんといっても楽曲のすばらしさと、各キャストの熱演・パフォ―マンスのすばらしさによるものだと思う。あれって、キャストが歌ってる……んだよね? オリジナル音源に口を合わせてるんじゃないよね? もう、完全に本物ですよ。とにかく凄かったので、各キャストを紹介しておこう。
 ◆Rami Malek as Freddie Mercurry:この人が演じた役で、わたしが一番印象的なのは、WOWOWで放送された『THE PACIFIC』での兵士の役で、それ以外は正直あまり記憶にないのだが、今回のFreddie Mercurryは完璧に近かったですな。確かに、よーく見ると全然別人なんだけど、全然気にならないというか、映画の中ではもう完璧にFreddie Mercurryですよ。ビジュアル、そして歌唱、さらにピアノ演奏など、ホントに素晴らしかったと賞賛したいですな。

 ◆Gwilym Lee as Bryan May:もうとにかく、似てる! という印象です。わたしは全然知らない役者さんですが、とにかくブライアン・メイですよ。やっぱり、Queenというバンドにおける兄貴的存在なんすかね。ギターを担当するデカい人は、バンドにとってもその存在がデカイ人なんでしょうな。大変な熱演だったと思います。あの名曲「We will rock you」はブライアン作なんすね。

 ◆Ben Hardy as Roger Taylor:ドラム担当のロジャーを演じたのは、『X-MEN:Apocalypse』でアークエンジェルを演じた方ですな。この方も、確かに似てる、と思います。ドラム演奏はもう圧巻ですよ。最高でした。ロジャーの代表作は……いっぱいあるけど、本作内ではこの「RADIO GA GA」が印象的だったすね。

 ◆Joseph Mazzello as John Deacon:ベース担当のジョンを演じたのは、まさしく『THE PACIFIC』の主人公、スレッジを演じたJoseph Mazzello氏でありました。ジョンは一番若くてQueenにも一番最後に参加してくる男で、やっぱりバンド内では一歩後ろに下がっているような立ち位置なんだけど、名曲「Another One Bites the Dust」が生まれるシーンで、フレディ、ブライアン、ロジャーが喧嘩してイラついている時に、あのベースのリズムを弾きながら、さあ、どうすんの?的に煽ったら、それいいな!? とみんながノッてきちゃうという、あの誕生秘話は面白かったすね。ええと、わたしが言っているベースのリズムはこれっす。

 とまあ、もう本作はQueenの4人だけで紹介は十分だろう。とにかく熱演で素晴らしかったと思います。最後に、監督についてだけちょっとメモしておくと、本作は監督としてBryan Singer氏がクレジットされているけれど、残念ながら途中で降板となってしまい、後任としてDexter Fletcher氏が監督を引き継いでいる。そんなごたごたがあったようだけど(全米監督協会の規定でクレジットされる監督は1人のため、あくまでクレジット上ではSinger監督作品)、正直、どこまでSinger監督でここはDezter氏が撮った、なんてのはもう全然分からないデキなので、観客としてはどうでもいいことだろう。ただ、わたしは結構Singer監督の作品が好きなので、本作の途中降板など、このところかなり名声が傷ついているのは若干残念だ。
 最後に、どうでもいいことをメモしておくと、この年末は、本作と『A STAR IS BORN』の2作が音楽的に素晴らしいという点で、何かと比較されるような気がする。しかし、本作は実話ベースであくまでFreddie Mercurry氏の足跡をたどったものである一方で、『A STAR IS BORN』は完全フィクションだし、二人の男女を描いたものであるという点で全くの別物だと思う。両作に共通しているのは、とにかく音楽が素晴らしい、ぐらいじゃないかしら。そして、わたしの趣味で言うと、やっぱり『A STAR IS BORN』の方がわたし好みっすね。それは間違いないす。GAGA様とBradley Cooper氏の二人の演技の方が、わたしはグッと来たし、音楽的にも素晴らしかったと思います。

 というわけで、結論。
 偉大なるパフォーマーFreddie Mercurry氏の生涯を描いた映画『BOHEMIAN RHAPSODY』をさっそく観てきたのだが、やっぱりもう、名曲ぞろいで相当興奮するっすね。そしてキャスト陣の熱演は、ビジュアル的にも凄いし、何より演奏、歌ですよ。本物のQueenの大ファンの人が聞いたら、やっぱり違うとか思うかもしれないけれど、わたしのようなニワカには、もう本物のパフォーマンスに迫る熱と魂を感じたっすね。素晴らしかったと思う。そしてこれだけ持ち上げといてアレですが、わたしの趣味としては『A STAR IS BORN』の方が好きっすね。まあ、とは言っても両作ともに素晴らしいデキなので、ぜひ劇場で観ていただきたいと思います。両作とも、劇場の大音響&大画面じゃないとダメだと思うな。つうか、両作ともに、サントラを買おうと思います。そして車で聴きまくろう!と思うわたしであります。以上。

↓ くそう、早く日本語字幕付きで観たい! 恥ずかしながらわたしの英語力ではきちんと理解できなかったと思う……
アリー/スター誕生 サウンドトラック
レディー・ガガ
Universal Music =music=
2018-11-07

 MARVELヒーロー映画は、現在DISNEY=MARVEL STUDIO謹製の、「MCU」と呼ばれる一連のシリーズと、主に20th Century FOX配給の「それ以外」に分類されるが、SPIDER-MANがSONY PicturesからめでたくMCUに組み込まれた現在、その、「それ以外」で最も重要なキャラクターが、「X-MEN」 である。
 「MCU」ことMarvel Cinematic Universに関しては以前、詳しく書いたのでもう説明しないが、 FOX配給によるX-MENの映画の歴史はもうかなり長く、1作目が公開されたのが2000年のことなので、もう16年前ということになる。公開された順番に、各作品をまとめるとこういう感じである。
 ◆2000年公開:『X-MEN』。まさかのWolvarineを主役に据え、WolvarineがProfessor Xと出会ってX-MENに加入するまでの話。なんでわたしが「まさかの」と言うのか、理由は後で。US興収157M$と大ヒット。
 ◆2003年:『X2:X-MEN United』。 純粋な続編。X-MENと宿敵ストライカーの戦いを描く。US興収214M$とこれまた大ヒット。Cyclopsの愛車の青いマツダRX-8がカッコイイ!! (けどWolvarineに勝手に使われて大破しちゃうんじゃなかったっけ? 忘れた)。おまけにラストではCyclopsが大変なことに……。
  ◆2006年:『X-MEN:The Last Stand』(邦題=ファイナル・デシジョン)。ミュータントを人間化するCUREという薬をめぐる戦い。ラストはダークサイドに堕ちたJean GreyとWolvarineの悲しいバトル勃発。実は評価がいまいち低い、のだが、US興収234M$と一番ヒットした作品。わたしは嫌いじゃない。なお、『X1』『X2』を撮ったBryan Singer監督は、この時、この作品を撮ることを蹴って『SUPERMAN RETURNS』を監督したことでも有名。
  ◆2009年:『X-MEN Origins:Wolvarline』(邦題=ウルヴァリン:X-MEN ZERO)。初のWolvarine単独主役のスピンオフ。評価は一番低い、かな。US興収も179M$と大ヒットと言っていいけれど、シリーズの中では低め。Wolvarineの悲しい過去と、彼のアダマンチウムの爪の由来もきちんと描かれていて、わたしは結構好き。悪くないと思うんだが……。そういえばこの作品で、少年時代のCyclopsと出会ってるはずなんだけどな……。
  ◆2011年:『X-MEN:First Class』(邦題=X-MEN:ファースト・ジェネレーション)。わたし的にシリーズ最高傑作。素晴らしかった。1960年代の、「第一世代」ミュータントの戦いを描く。若き日のProfessor XとMagnetoの悲しい決別が実にグッとくる。ここで、後のProfessor Xがなぜ車いすなのかも描かれる。評価はかなり高かったものの、US興収はシリーズ最下位?の146M$だった。冒頭のシーンが『X1』のあるシーンを完全再現していて超大興奮した。悪役として出てくる、わたしの大好きなKevin Bacon氏が超素晴らしい!!! また、わたしがJennifer Lawrence嬢をはじめて認識したのがこの映画。
 ◆2013年;『The Wolvarine』(邦題=ウルヴァリン:SAMURAI)。日本ロケバリバリの異色作。Wolvarine単独主演スピンオフ第2弾。あ、US興収最下位はこっちだ。132M$だったそうです。評価は悪くないけど良くもない微妙作。わたしとしても、ちょっと微妙。
 ◆2014年:『X-MEN:Days of Future Past』(邦題=X-MEN:フューチャー&パスト)。超・問題作。わたしは、正直今イチだと思っている。『First Class』の若き日の第1世代と、『X1』~『X3』の現代キャスト夢の競演!! ということでわたしも超・期待したが、かなり穴があるというか物語的に問題があって、なんと歴史が塗り替えられてしまい、『X1』~『X3』は「なかった過去」にされてしまった。わたしはもう、マジかよ……と、ただボーゼン。ただしUS興収は233M$と大ヒット、Rotten Tomatoesの評価もシリーズ最高スコア

 とまあ、以上がこれまでの『X-MEN』映画の歴史である。なんでこんなに冒頭に無駄なことを書いたかって? そりゃあ、今日、シリーズ最新作、『X-MEN:APOCALYPSE』を観てきたからである。そして、ズバリ、あまり書くことがないからである。

 相変わらず、20th Century FOXは予告が……なんというか、ズバリ、上記予告は時系列がめちゃくちゃである。まあ別にいいのかな……。おまけに、ちょっと、びっくりしたというか呆れたことに、入場時に、『First Class』を無料で視聴できるデジタルクーポンを配布していた。はああ? 『First Class』観ないで、本作を観る奴いるのか? いや、いるんだろうけど、いまさら無駄ッショ? なんでこれを、『DEAD POOL』上映時にやらなかったのか、全く理解できない。本作『APOCALYPSE』を観てもらいたい人にこそ、タダでいいから予習として『First Class』を観ておくとより一層面白いですよ、と配布すべきで、その対象者として最もふさわしいのは、まさしく『DEAD POOL』でせっかく開拓した若者客だろうに。もうチケットを買って、これから『APOCALYPSE』を観ようとする人に今更配ってどうすんだ? どういう意味なのか、ホントわたしにはさっぱり不明である。何なんだ一体……。
 ま、そんなことはどうでもいいや。本作の話に移ろう。
 本作は、前作『Days of Future Past』の続編である。前作のラストのおまけ映像で描かれた、古代エジプトに君臨していた謎のミュータントが、1983年に蘇ってさあ大変!! というお話である。以上。これ以上もう書くことがない。

 ちなみに、これは本筋に関係ないのでズバリ書くが、今回も、エンドクレジット後に、おまけ映像がある。が、もう、本当にもう……ぽかーんとしてしまうおまけ映像なので、これはもう、観なくていいんじゃないかな。今回も144分と長い映画なので、トイレが我慢できない人は、さっさと退場していいと思う。「MCU」のおまけ映像は、明確に次作へ繋がる、いわば最速「予告編」として重要なわけだが、今回は、上に貼り付けた予告動画で誰もが想像できる通り、ちらっと出てくるWolvarineの血液が、謎の男たち(原作的には、おお、あいつか!? 的なつながりがある)に持ち運ばれた……的なおまけ映像があるだけである。まあ要するに、その血液から、後にDeadpoolが生み出されたり、いろいろ利用されるわけだが、なんでも、Wolvarine単独スピンオフ第3弾にして最終作が企画開発中だそうで、そこにつながるのかどうか……若干怪しいと思う。
 実は、わたしが一番言いたいことは、この点にある。
 MCUのおまけ映像が、どうしていつも、わくわくさせる素晴らしいおまけになっているかという点が極めて重要で、それは、明確に、「複数作品で大きな視点からきちんとシリーズが考えられていて、各作品に役割が与えられ、事前にきっちりと設計されている」からであり、それ故に、次はアレか!? と観客をわくわくさせてくれるのだ。だが、このFOXによるX-MENシリーズには、残念ながらそれがない。もっと言うと、WarnerによるDCヒーロー映画にも、それがない。ないというか、あるんだけど成功していない。この違いは、おそらくは、MARVEL STUDIOが、自分自身がIPホルダーであり、「全てをわかっている」いわば原作者であるのに対し、FOXやWarnerは、そうではない、という点に由来するものなんだろうとわたしは考えている。
 だから、本作に関して言うと、わたしは十分面白かったし、結構興奮したのは間違いない。決して嫌いじゃあない、のだが、この物語を描いてしまったら。この後どうすんの? というのがさっぱり見えない物語なのだ。Professor XとMagnetoがまた仲直りして、え、じゃあもう、敵対しないの? というのは、ちょっと受け入れられないような気がするし、MagnetoとMystiqueは別の道を歩むのかよ? というのも、それはないッショ、と言いたくなる。その点では、『First Class』のエンディングは本当に完璧だったのになあ……。
 というわけで、わたしとしては、出てくるミュータントたちはとてもよかったし、『First Class』に出てきたHavok(Cyclopsの兄貴)のまさかの復活にはとても興奮したのは間違いない。けど、はっきり言ってCGによるディザスター・ムービー的な都市崩壊の図はもう見飽きているし、そもそも、今回のApocalypseは、強いんだか弱いんだか、かなり微妙な敵になってしまったのは、極めて残念だ。これは、脚本に問題アリ、なのではなかろうか。そしてそれは、長期的な視点の欠如、が最大の欠陥であろうと思う。だってもう、この先のX-MENを描けないもんね。そもそも、前作『Days of Future Past』のラストは、本作『APOCALYPSE』事件の後だし、描いても、まーたこの展開かよ、になっちゃうし。なので、わたしとしては大変残念に思う。そして、さっさとFOXは、X-MENの権利をMARVEL STUDIOに返還した方がいいと思う。もう、FOXでは無理ですよ、きっと。ついでに、Fantastic 4の権利も一緒に返還してください。それがファンが一番喜ぶことだと思うな。

 というわけで、結論。
 超・期待して観に行った『X-MEN:APOCALYPSE』だが、登場キャラクターたちは素晴らしくて大変良かったけれど、長期的視点に立つと、極めて問題アリな物語であろうと思う。それはすでに前作『Days of Future Past』で露呈していた問題だが、本作でもう、取り返しがつかなくなってしまったようにわたしには思える。なので、さっさとMCUに参加してほしいな、というのが、クソオタクとしての意見である。なお、冒頭で、『X1』の主人公が「まさかのWolvarine」と書いたのは、わたしはX-MENのリーダーはCyclopsだと思っていたためで、それは何故かというと、わたしがX-MENを知ったのは、カプコンの格闘ゲームが最初だからです。意味わからない? ああ、分からないなら、それでいいです。どうでもいいことなので。以上。

↓ タダで視聴できるといわれても……おれ、Blu-ray持ってるんですけど……。FOXのマーケティングチームの意図がホントわからねえ……。もちろん、映画として『First Class』は超最高に面白いです。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション [Blu-ray]
ジェームズ・マカヴォイ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-05-16

 

↑このページのトップヘ