タグ:ソノヤ・ミズノ

 わたしの元部下のA嬢は、NYCに住んでいたこともあるバリバリの英語使いで、当時はよく仕事帰りにBroad Wayに寄って、さまざまなミュージカルを楽しんでいた筋金入りである。わたしもミュージカルが大好きなので、大変うらやましく思うわけだが、彼女は4~5年前、Ryan Gosling氏が大好きだった頃があって、へえ、じゃあこいつを観るがいい、といろいろRyan氏が出演している映画のBlu-rayを貸してあげたりしていたのだが、確か2015年の春ごろに、わたしの大好きなEmma StoneちゃんとA嬢の大好きなRyan Gosling氏が、ミュージカル作品に揃って主役として出演すると聞いて、わたしもA嬢も、そりゃあ楽しみだ、と大変期待していたのである。ああ、そういやEmmaちゃんとRyan氏が共演した『Crazy, Stupid , Love』も貸したことあったっけな。あの映画も面白かったね。
 そしていよいよその作品は去年末にUS公開され、1億ドルを超える大ヒットとなり、あまつさえ、日本時間であさっての月曜日に発表される第89回アカデミー賞において、なんと歴代最多タイの14部門でのノミネートを獲得し、一躍話題になって、いよいよ昨日の金曜日から、満を持して日本公開と相成ったわけである。
 その作品の名は『LA LA LAND』。A嬢に観に行こうぜ!と誘ったらごくあっさり振られたので、やむなく今日、朝イチで一人しょんぼり観に行ってきたのだが、結論から言うと、相当イイ! けど、若干、ちょっとどうなんだ……? という部分もあったのは事実である。これは、おそらく男と女では、かなり感想が違う問題作なのではなかろうか、という気がした。わたしはおっさんなので、二人の主人公の想いはかなりよく分かるというか納得できるので、実のところわたしはとても楽しめた映画であることは間違いないのだが、これは……若いカップルが観たらどう思うのだろうか……と若干心配である。わたしがそう思う理由を書きたいのだが、決定的なネタバレとなってしまうので、核心的なことにはなるべく触れずに、感想をまとめようと思う。あ、あともう一つ。この映画は、「ミュージカルのお約束」に慣れていないと、結構ポカーンとしてしまうかもしれないな。急に歌って踊りだすのは、慣れていない人では、え? と思うかもしれない。でも、あなた、それがミュージカルってやつですよ。わたしは全くその点は気にならないというか、歌が素晴らしいので、むしろキター!とうれしくなったね。
 それでは、まずはお約束の予告動画を貼っておこう。

 まあ、大体の物語は、上記予告で示されている、とは思うが、決定的なことは描かれていない、とだけ言っておこう。ヒロイン・ミアは、女優を目指して頑張る女子。しかしオーディションに行ってもまるで相手にされず、ルームメイトの3人の女子たちはいろいろ誘ってくれて、憂さ晴らしは出来るものの、そんなパーティーへ行ってみても、なんとなくしょんぼりな毎日だ。そして一方の男の主人公・セブ(セバスティアンの略だってさ)は、ガチガチのオールド・ジャズ好きで、いつか自分の店を開いて、もはや絶滅危惧種な本物のジャズを聴かせるんだ、という夢をもってピアノを弾いているが、所詮は定職のない、たまにクラブで弾くのが精いっぱいのピアニスト。こんな二人の双方のしょんぼりぶりが描かれ、たまたま出会った二人が、その後も何度も出会うことで魅かれていき、恋に落ちる――とまあ、そんな、なかなか甘酸っぱいラブストーリーだ。
 こういう場合、よくあるパターンとしては、どちらかがサクセスしてしまい、なんとなく距離ができてしまって――的な展開をよく見かけるような気がする。例えば、ちょっと違うけれど、だいぶ前に観たミュージカル映画『The Last Five Years』もそんなお話だった。なのでわたしもそういう展開を想像したのだが、問題はどっちが成功してしまうんだろう? という点であろうと思う。しかし――ここは書かないでおく。書いたらマズいよね、やっぱり。ただ一つ言えることは、わたしの想像を超えたエンディングであり、かなりわたしとしては、ええっ!? と驚いた、ということである。この点で、わたしは若い観客の理解を得られるのだろうかと心配になったわけで、さらに言うと男と女ではかなり受け取り方が違うんじゃないかな、と思ったのである。
 しかしですね、やっぱりとてもイイすねえ!何がいいって、そりゃあもちろん歌とダンスと二人の芝居ぶりですよ。わたしは観ながら結構足でリズムを取ったり、キメのところでは拍手をしたくなりましたな。まあ、正直、歌は超頑張っているのはよく感じられるけれど、もうチョイ、声に伸びやかさが欲しかったかな。
 まず歌だが、Emmaちゃんの歌声は、結構かすれ声系のしっとり系なんすね。もうチョイ声量が欲しいかなあ。でも可愛いから許す! そしてRyan氏も、やっぱりもうチョイ迫力欲しかったかもなあ。でも、キャラクターには合っていたのかな。決して下手じゃないし、実際かなりいいけれど、もう一声、を望みたいような気はしたのは記録に残しておこう。ハリウッドのミュージカルというと、最近ではやっぱり『Le Miserables』でジャベールを演じたRussel Crowe氏の意外な美声にわたしは非常に驚いたが(歌手活動を行っていたことを全然知らなかったので、歌えること自体驚いた)、EmmaちゃんもRyan氏も、まあ、想定内の歌声だったと思う。ただし、Ryan氏は、この映画のためにピアノを猛特訓したそうで、劇中のピアノを弾くシーンは本当に彼が演奏しているそうだ。カッコいい野郎がピアノ弾けたら、そのカッコよさは5倍増しですな。くそ、オレももしもピアノが弾けたらなあ……。
 そしてダンス! ダンスはもう完璧だったと言えよう。とりわけ、わたしが一番気に入ったのは、やっぱり二人が最初にお互いを意識する、LAのマウント・ハリウッド・ドライブで踊るタップダンスのシーンだ。ここはもう、ホントに夢のような美しさと可愛らしさがあふれてて、最高でしたね。そして撮影もかなり見どころであると言ってもいいだろう。ほとんどのシーンは、やけに長いカットで、ダンスシーンもほぼ長まわしの一発撮りだ。ただこの辺は、技術の発達した現代においては、長まわしに見えるようで実は違う、という場合もこれまたよくあるので、実際のところはよくわからない。しかし、↓こんな動画を観ると、マジで一発で撮ったんじゃねえかという気もする。

 ↑このシーンも、とてもかわいいすねえ! ちなみに、ルームメイトの一人、黄色の服の人は『EX Machina』でミステリアスな「キョウコ」という役を演じたソノヤ・ミズノさんという東京生まれのイギリス育ちのお方だ。国籍としてはイギリス人なのかな。大変お綺麗な方です。オープニングの高速道路でのダンスも、本当に高速道路で撮影したそうで、あれが一発撮りだったら相当凄いと思うけど、ちょっとよく分からない。まあ、この映画はのっけからその魅力にあふれているのは間違いないと思う。
 (※2017/02/28追記:昨日、WOWOWでアカデミー賞授賞式の中継を見たところ、カメラマン氏曰く、オープニングの高速道路のダンスは4カットで構成されていて、そしてわたしが気に入ったタップダンスのシーンは、完全1発撮りのワンカットで、6テイク撮影して、採用されたのは最後のテイク6だそうです)
 で。二人の演技ぶりだが、間違いなくこの映画を観た人は、男ならばEmmaちゃんを可愛いと思うだろうし、女性ならばRyan氏にときめいてしまうだろうと思う。
 まず、Emmaちゃんは今回、わたしの大好物であるしょんぼり顔を多く見せてくれ、もうホントに放っておけない雰囲気がある。そしてそんな彼女がセブに出会ってみせる笑顔の素晴らしさは、もうマジ天使クラスだ。以前このBlogで、Emmaちゃん主演の『Magic in the Moonlight』について書いたときも記したが、Emmaちゃんは「オレ的ハリウッド美女TOP10」の「天使クラス」に入る美女であって、今回の演技ぶりもとても良かった。本作は、「冬」に出会った二人が「春」に愛を確かめ「夏」に愛を謳歌し、「秋」に岐路を迎え、そして「冬」を迎えるという構成になっていて、特に最後の「冬」でのEmmaちゃんの演技が超絶品である。そして超絶品であるがゆえに超せつない物語に仕上がっているので、あさって月曜日、Emmaちゃんが栄光のオスカーウィナーとなってもわたしはまったく驚きません。獲れるといいね、本当に。
 そしてRyan氏であるが、元々この人は無口系キャラが似合うわけだが、今回演じるのはある意味、夢追い人の「だめんず」であり、女性のハートをくすぐるには余りある役を、繊細に演じ切っている。前述のように、ピアノ演奏シーンも非常に良い。そして、愛するミアのために、一念発起してそれまでのこだわりを捨ててだめんずから卒業しようと頑張る姿も、おそらく女性ならキュンとしてしまうのではなかろうか。しかし、その結果として迎える最後の「冬」を、女性客の皆さんはどうとらえるのか、わたしとしては大変興味が尽きない。ぜひこのエンディングは、今すぐ劇場へ確認しに行って欲しいと思う。特に女性の皆さんは。わたし的には、かなり序盤で、素人バンドが若干ダサめに80年代の名曲、a-haの『Take On Me』を演奏しているシーンで、超イヤイヤながら、オレが弾きたいのはこんな曲じゃねえ、という顔をしてキーボードを弾いているRyan氏の表情が最高に良かったと思います。そして、人々の中にミアを見つけ、超気まずそうなRyan氏が絶妙だったすね。
 最後に監督について記して終わりにしよう。監督は2014年の『Whiplash』(邦題:セッション)で一躍注目を集めたDamian Chazelle氏である。やっぱりこの監督は、音楽というかジャズが大好きなんでしょうな。音楽の使い方は素晴らしいですよ。そして前述の通り、長まわしも多用していて、ある意味古き良きハリウッド映画の様式をしっかり再現しているようにも思える。なお、脚本もDamian氏が執筆されたそうで、物語も非常にファンタジックというか、夢のようなお話で、そういう点も古き良きハリウッドの正統なミュージカルであったと思う。しかしまあ、古き良きハリウッドミュージカルであれば、もっと明確なハッピーエンドになっただろうな。かなりわたしとしては唐突感を感じてしまったのが、大絶賛一歩手前、に留まる要因であったのだろう。でもまあ、あれでいいんだろうな、きっと。この点についても、やっぱり女性の意見を聞きたいすね。

 人はきっと、誰しもが「ありえた未来」を想い、あの時なあ、ああしてれば今頃なあ、と考えることがあると思う。場合によっては、あの時のたった一言が、今を決定づけてしまったのかもしれない。そんな風に考えるのは、いわゆる「後悔」というものであり、そしてその後悔は、ほろ苦く、思うたびにどこか痛みを感じるものだ。そしてその痛みを、若干気持ちよく感じてしまうのが質が悪いというか、人間だ。ひょっとしたらそんな傾向は、女性よりも男の方が強いかもしれないすね。わたしはセブが「Seb's」のあのロゴを使った気持ちがすげえ分かる。そしてあのロゴを見た時のミアの表情が、わたしは一番グッと来た。
 しかし、これもきっと明らかなことだと思うけれど、確実に、人には「そうならなかった現在」を肯定できる日がやってくると思う。わたしのような40代後半のおっさんだと、もうほぼ、そんな境地に至っているわけで、それはあきらめではなく、現状肯定だ、とわたしとしてはカッコつけて申し上げておきたい。わたしの場合は、やっぱり40歳になるかならないかって頃だったんじゃないかなあ。
 はたして本作の主人公、セブとミアは、そんな境地に至るまでに、あとどれだけ痛みを感じることだろうか。でも、しょうがないよ。つーか大丈夫よ。だって、にんげんだもの!と、おっさんとしてはアドバイス?して終わりにしたい。
 ※2017/03/13追記:A嬢がやっと観に行ったというので感想を聞き、ちょっとだけ言葉を追加しました。

 というわけで、取り留めもなくだらだら長いのでもう結論。
 製作開始から楽しみにしていた『LA LA LAND』がやっと日本で公開になり、期待に胸弾ませて劇場へ向かったわたしであるが、言いたいことは、以下のことである。
 ◆Emmaちゃんがスーパー可愛い。ダンスもGOOD! 歌声も、意外なかすれ声で可愛い。しょんぼり顔とはじける笑顔にわたしは大満足。マジ天使っす。
 ◆Ryan氏の演技は、男視点から見るとすごく共感できる繊細な芝居ぶりでお見事。
 ◆物語的には、予想外のエンディング。これはぜひ劇場で!
 ◆演出面では長まわしの一発どり など、ダンスシーンをダイナミックに描いている。
 ◆急に歌って踊りだすのが変だって? あんた、なに言ってんの? This is !ミュージカルだぜ!
 以上。

↓ つーかですね、コイツを買って車で聞きまくるのもいいかもしれないな……。
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ユニバーサル ミュージック
2017-02-17

↓ そして今、わたしはEmmaちゃんマジ天使熱が激しく上昇中なので、久しぶりにコイツを観ようと思います。これまた超かわゆい。
ゾンビランド (字幕版)
ウディ・ハレルソン
2013-11-26
 

 以前から何度かここでも書いた覚えがあるが、2015年の4月にUS国内で公開された映画の予告がもの凄くそそるもので、コイツは早く観たいぜ!! と思っていたものの、全く日本では公開される気配がなく、もう1年が経とうとしている映画がある。どうやらUS国内では全然ヒットしなかったようだが、元々イギリス映画だそうで、UK本国では2015年の1月に公開されていたらしいのだが、Rotten TomatoesMetacriticなどの格付けサイトでも、妙に評価が高く、わたしとしては見られないことを非常に残念に思っていた。折しも、主演女優のAlicia Vikander嬢はこの映画のあとに出演した『The Danish Girl』でアカデミー助演女優賞を受賞するなど、大変な活躍である。何で公開しねえんだよちくしょー、と思っていたら、わたしが心から憎むamazonでは、スペイン版のBlu-rayには、日本語字幕も入っているという口コミもある。くっそう、買うしかねえか、と思っていたところ、友人のMくんがシアトルに出張だと言っていたので、街中でBlu-ray売ってる店見かけて買い物する時間があったら買ってきてくんない? とごく軽く頼んでみたところ、行ったその日に「あったっす~。買っとくっす~」とSkypeで連絡があった。よーし、でかしたぞMくん!! ありがとう!! というわけで、さっそく観てみたわけであります。
 その映画のタイトルは『Ex Machina』。その意味は「機械仕掛けの神」と訳される「デウス・エクス・マキナ」から来ていることは明らかで、デウスが付いていないので要するに「機械仕掛けの」という事になるのだろう。この物語は、ズバリ、AI(=Artificial intelligence 人工知能)の話であります。ああ、調べてみたら、どうも今年の6月11日に日本公開されるみたいですね。日本語公式サイトも出来てるけど何にもコンテンツがないな……なんなんだこの手抜きは。そして、日本語Wikipediaにはやけに詳しく情報が載ってますな。奇特な方がせっせと書いてくれたのだと思うが、とりあえず、予告はこちらです。※20016/05/09追記:さっき、日本語公式サイトを見たら、日本語字幕入りの予告やら、かなりコンテンツが増えてました。

 Mくんが買ってきてくれたのはUS国内の北米版だったので、残念ながら日本語字幕は収録されていない。なので、わたしもきちんと物語を理解したのかかなり怪しいのだが、非常に興味深い物語であった。基本的には、上記予告の通りの進行だし、その後の展開も、たぶん誰もが予想する通りだと思う。ので、びっくりするような意外な展開はないのだが、それでもかなり面白かった。
 この物語には、登場人物が4人しかいない(勿論モブキャラは他にもいます)。
 ■Caleb(ケイレブ):主人公。BLUE BOOKという検索ポータルの会社に勤めるプログラマー。演じたのは、『SW :EP VII』にて、何かとカイロ・レンと手柄を張り合う小者のハックス将軍を演じたDomhnall Gleeson君32歳。今回は非常に繊細でいい演技をしていたと思います。
 ■Nathan(ネイサン):BLUE BOOK創始者。要するに、これはGoogleのことだと思っていいと思います。今回の事件の元凶たるAIを作ったスーパー・リッチな超天才。アラスカの山奥にある恐ろしく豪華でカッコイイLABOに暮らし、研究を続けている。演じたのは、これまた『SW :EP VII』にてカッコイイX-WING戦闘部隊の隊長、ボー・ダメロンを演じたOscar Isaac。今回は坊主頭&メガネ&髭もじゃ、という風体なので、とてもダメロン隊長には見えない怪演が凄い。
 ■Ava(エイヴァ):アンドロイド。ただし劇中ではRobotと呼ばれていたと思う。AI搭載の自立型自意識搭載マシン。演じたのは、『The Danish Girl』でオスカーを手にしたAlicia Vikander嬢。おっそろしく可愛い。 そしてCGが凄まじく、もう本物にしか見えない。彼女のロボットぶりは見ものです。
 ■Kyoko(キョウコ)。謎の日本女子。Nathanの身の回りの世話をする超美人。英語がわからないという設定で、そのため、彼女がその場にいても企業秘密をペラペラしゃべっても大丈夫、というよくわからない設定。彼女の正体については、まあ、想像通りの展開と言えるだろう。演じたのはソノヤ・ミズノさんという東京生まれのイギリス育ちという初めて見る方だったが、有名なのかな? 元々バレエ・ダンサーでモデルさんだそうで、しっかりと鍛えられた女性らしい肉体がすっごくきれい。美しい。フルヌードシーンあり。

 物語は、主人公がある日、社長のLABOに招かれることになる(社内の抽選に当たったという設定)ところから始まる。やったーと喜んで訪れた先は、ヘリでしか行けないアラスカの山奥。こんなところで社長は毎日パーティーとかやってんだろうなー、と、若干のんきにやってきた彼は、社長と会い、そこで社長が一人で行っている実験に協力することになる。その実験とは――自意識をも持つAI搭載ロボットの実験で、既に完成しており、社長はそのロボットと話をしてみてくれ、そして感じたことを教えてくれと頼む。好奇心満々で対面したロボットは、想像を絶する意識を持っており――というお話であるので、そう複雑な話ではない。
 ただ、この物語を面白いと思うには、ちょっといくつかの知識が必要かもしれない。
 一つは、『Turing Test』というものだ。その名の通り、かのAlan Turing博士が考案した、ある機械が知的かどうか(人工知能であるかどうか)を判定するためのテストである。まあ、くわしくはリンク先のWikiでも読んでおいてください。なお、Alan Turing博士といえば、去年公開された『The Imitation Game』の主人公です。あの映画ではBenedict Cumberbatch氏が演じてましたね。ま、それは置いとくとして、ともかく『Turing Test』がどんなものか知らないと、この映画は楽しくないと思う。
 もう一つ、知っておいた方がいい知識としては、AI開発の現状と問題点についての知識だろう。中でも、「AIボックス実験」というシリコンバレーで行われた実験のことと、AIにおける「Singularity(=技術的特異点)」に関して知っていると、この映画はものすごく面白い思う。たぶん、一番手軽なのは、わたしがこれまたここで何度も紹介している本を読むことではなかろうかと思う。つーか、わたしはこの本を読んで「AIボックス実験」のことや「Singularity」のことを知った。
人工知能 人類最悪にして最後の発明
ジェイムズ・バラット
ダイヤモンド社
2015-06-19

 この本については、わたしも去年、ここで取り上げてレビューを書いたのだが……サーセン。もうけちょんけちょんにけなしてしまったので、そのレビューはもう読まなくていいです。そこでも書いたのだが、この本は……致命的に構成が悪いというか、とにかく著者がずーーっと、「AIやベえ!! このままでは人類滅亡じゃ!! とにかくヤバい!!」と、ほざいているだけなので、あまり面白くないのです。しかし、事実としてのAI開発の現状と問題点を知識として得るには非常に良い本だと思うので、今となっては読んでおいてよかったと思っています。あんなひどいレビューを書いてサーセンっした。今回の『Ex Machina』という映画は、まさにこの「AIボックス実験」を映画にしたようなもので(いや、それは言いすぎかも)、非常に興味深かった。
 また、天才Nathanが作り上げたロボットも、そのビジュアルは抜群に素晴らしいし、設定となるハードウェア・ソフトウェアの部分もかなり面白い。まあ、ビジュアルイメージは、予告やパッケージにある通りなので、あまり触れないけれど、Blu-rayに収録されているメイキングで、ああ、こうやって撮ったんだというのが良く分かって、映画オタク的にはとても面白いアイディアだと思った。で、作中ではいろいろな専門用語が出て来るので、英語字幕を出していちいち一時停止して解読しながら観ていたものの、わたしの英語力ではまったく太刀打ちできない部分も多かったのだが、この仕組みを説明する部分は極めて興味深かった。
 作中の設定では、まずハードウェアについては、一つのキーデバイス(?)となる「Structured GEL」というものが出てくる。「構造化ジェル」とでも訳せばいいのかな……そんな言葉だけじゃ全然伝わらないな……要はナノ技術によって精巧につくられた「脳」にあたるものなのだが、実はこれはほとんど説明されなかった。問題はソフトウェアで、その「Structured GEL」にインストールされているというよりも、どうやら作中世界のGoogleにあたるBLUE BOOKの検索エンジンそのものが、AIの本体で、ここはちょっと分からなかったのだが、どうやら常時接続でBLUE BOOKとリンクしているらしい。いや、これが正しい理解なのか全然自信はないけれど、膨大なデータを単一のロボット素体の中に持たせることは、たぶん実際無理であろうというのは想像できるので、なんとなく、実感としては、なるほど? と納得できる設定であった。そして現実世界の、Googleの恐ろしさが妙にリアルに感じられるような気もする。
 わたしは、常日頃から、きっとGoogleが人類を滅ぼすんだろうなー、と結構強い思い込みをしている頭の悪い男だが、いずれにしても、おそらくは、スーパーAIは、間違いなく誕生してしまうと思う。それがヤバいことなのか、便利になってHAPPYなのか、諸説入り乱れているのが現時点での我々の棲む世界なわけだが、この映画が示したビジョンは、Singularityを超えたときの人類への警告を発するようなものではあまりない。もっとかなりemotionalなお話であると思う。だが、AIがそのEmotion、要するに喜怒哀楽という「感情」を持ったときどう行動するか。そう考えると、この映画で描かれた顛末は非常にあり得るような気もするし、いやいやいや、単に登場人物たちが抜かっただけっショ、とも思える、実に興味深いものであった。そういう意味で、この映画は、実に面白い。

 最後に、監督のことだけ備忘録として書いておこう。監督はAlex Garlandという人で、わたしは全然知らないのだが、どうやら元々小説家・脚本家で、本作も彼の手による脚本だそうだ。ちなみに、DiCaprio氏主演の『The Beach』の原作者だそうで、あの映画を撮ったDanny Boyle監督ときっと意気投合したんでしょうな、Boyle監督の『28Days Later』や『Sunshine』の脚本も、Alex氏によるものだそうです。 あっ!! なんてこった!! 2012年版の『JUDGE DREDD』の脚本もこの人なんだ。へー。面白いなこの人。初監督作品としては、非常に画もセンスがあって素晴らしい才能だと思うけれど、かなり淡々とした、冷めた物語進行で、それは画にも表れています。ので、派手派手しいハリウッド的な部分はほぼないと思ってください。ある意味、物語の盛り上がりも非常に淡々としていて、かなり地味です。この映画は。

 というわけで、結論。
 まだ日本未公開の『Ex Machina』を観てみたところ、確かにこの映画は非常に面白く興味深いことが良く分かった。が、これは……確かに、CGによる凄い映像はあるけれど、内容的にある種の特別な知識や好奇心が必要で、一般ウケは難しそうな気がする。単純にキャラクターの行動だけを表面的に理解しただけでは、えっ!? で終わってしまう可能性もあるので、うーーん……これは難しいっすね。日本での配給の買い手がなかなかつかなかったのも、ちょっと理解できました。たぶん、公開規模も非常に少なくあっという間に公開終了になると思いますが、わたしは、かなり気に入ったので、英語の理解度チェックのためにもう一度観に行くかもしれないっす。以上。

↓ スペイン版は日本語字幕入りらしいです。ホントかどうかは分かりませんので自己責任でどうぞ。わたしが買ってきてもらった北米版は、英語とスペイン語字幕だけでした。

↑このページのトップヘ