タグ:サム・クラフリン

 わたしは映画オタとして、海外に行くときは日本でまだ公開されていない映画をいち早く観ることを楽しみの一つとしているのだが、それは現地に着いてから、だけでなく、ひそかに、搭乗する飛行機内でも、なにかまだオレの観てねえ映画はないかな、と、もう席に着いた直後から、機内端末をいじり出すような男である。
 というわけで、2018/10/19~2018/10/21に台湾へ行ったので、その際も当然、羽田で搭乗し、席についてすぐに端末をいじってみた。JAL便はちゃんと日本語字幕付きが用意されているので、大変ありがたしである。
 すると、「新作」とか「おすすめ」の作品は、映画オタとしてはもうとっくに劇場で観たよ、という作品ばかりで、なんだ、まだ日本未公開作品はないか……と思った3秒後に、何やら見知らぬ映画があるのを発見した。どうやら主演は、わたしがいつもブサカワと若干ヒドイ判定を下しているShailene Woodley嬢らしい。そして、相手役は、わたし的には『The Hunger Games』や『Love, Rosie』での爽やかイケメンスマイルが妙に印象深いSam Claflin君のようだ。あれえ、こんな映画、知らねえなあ? と思い、よし、じゃあこいつを観てみようという気になった。
 その映画のタイトルは、『ADRIFT』。その英語の意味通り、いわゆる「漂流モノ」の映画である。結論から先に言うと、それほど超面白かったとは思わないが、わたしとしては観ることが出来て良かったと思うし、ズバリ言えば想像とは全然違う物語で、機内のヒマつぶしには十分以上の役に立ってくれた作品であった。
 というわけで、以下、どうしても決定的なネタバレに触れざるを得ないので、観たいかも、と思っている人はここらで退場してください。その最大のネタがポイントなので、そのネタバレなしに感想は書けないです。

 この映画が日本公開されるのかどうか、今のところさっぱりわからないので、当然日本語字幕付きの予告はなく、とりあえず、英語字幕付きの予告を貼っておきます。が、この予告は分かりやすく編集されていて、本編の流れとは全く違うことだけはメモしておこう。
 本作は、冒頭、額から血を流したヒロインが、はっ!? と目覚めるところから始まる。ヨットは中破しており、マストも折れ、そして、愛する彼氏がいないことに気がついて愕然とするヒロイン。そしてそこからのサバイバルを描いたもので、どうしてこうなった? という過去が、折々に挿入されるという構造になっている。
 実はわたしは、「漂流モノ」の映画がかなり好きなのです。ここ10年ぐらいで、わたし的ナンバーワン漂流モノ映画と言えば、かのRobert Redford氏主演の「ALL IS LOST」なのだが(というかこの映画は彼以外誰も出てこないし台詞もほぼないウルトラ超傑作!)、他にも、例えばTom Hanks氏の『Cast Away』も大好きだし、なんつうかな、たった一人でその持てる頭脳と肉体をフル活用して頑張る姿にグッとくるわけです。
 で、「漂流モノ」は、大抵の場合、ラストに救助されて、めでたしめでたしとなる事が多いように思うけれど(※この点でも『ALL IS LOST』は独特のエンディングで超傑作)、わたしは『ADRIFT』の再生を始めてから、ま、どうせ最後は助かるんだろうな、なんてことを思いながら視聴していたわけである。
 ズバリこれも言ってしまうと、この予想は正しく、ヒロインは無事に生還する。まあ、この物語はいわゆる「Based on True Story」で、生還した女性の著書が原作なので、死んでしまうわけがないのだが……ひとつ、重大なことが全く予想外に描かれており、ああ、やっぱりそういうことなのか、とわたしは唸ったのであった。
 それは、いわゆる「サードマン現象」というものだ。これはどうだろう、一般常識的に誰でも知っていることなのかな? わたしはもうかなり前に、この本を読んでいたので、これってあれか! とすぐに思い出した。

 わたしは登山をたしなむ男なので、内容に惹かれて買って読んだのだが、要するにサードマンとは、過酷な山岳や海洋事故での遭難のような、生命の危機に至る超絶ピンチの時に、「自分の横に現れて、大丈夫、お前なら行ける!と励まし、奇跡の生還を導いてくれる、謎の同行者」のことである。それが、脳が生み出した幻影なのか、霊的なものなのか、そういったことはこの際どうでもいい。重要なのは、いわゆる「奇跡の生還」を果たした人の大半が、この「サードマン現象」を体験しているという点で、これは本当に共通していることなんだそうだ。へえ~だよね、ホント。
 で、本作『ADRIFT』では……サーセン、ここからほんとに核心的ネタバレですけど書いちゃいますよ? 読むならもう、覚悟してくださいね?
 本作では、ヒロインが目覚めてから、しばらくして、海に漂っている彼氏を発見し、ヨットに引き上げる展開となる。そして彼氏は、足を折っており、あばらも折れててまったく身動きできない状態。役立たずでごめんよ……なんて言う彼氏。そして彼氏は動けないながらも、存在していること自体がヒロインの生きるモチベーションになって行き、当然ヒロインを彼氏は叱咤激励する。ベジタリアンだから魚は喰えないとか、ゆとり脳なヒロインに、ちゃんと魚を喰わないとダメだとか、なにかと励ます。
 そしてーーー実はその彼氏こそ、「サードマン」であり、ヒロインの幻影だったとラスト近くで判明するのだ。わたしはこの展開に、えっ! と驚いたものの、驚きよりも、やっぱりそうだったのか、という納得の方が大きかったように思う。
 というのも、ヒロインが彼氏を発見するのに結構時間がかかったし、正直、え、生きてたんだ、うそだろ、普通もう低体温症で逝ってるだろ、つうか、あんな小さい救命ボートにしがみついていられるわけねえだろ、とか思っちゃっていたのだ。
 なので、これは超傑作『GRAVITY』で、宇宙の果てに流されて逝ってしまった、と思われていたGerge Clooney氏演じるコワルスキーが、突然生還して、我々観客を驚かせたアレにも似ていると思う。アレも、ドクター・ライアンの観た幻影(というか夢)で、サードマン現象と言っていいような気がするけど、まあ要するにそういうことです。
 というわけで、最終的にはヒロインは生還するも、彼氏は行方不明で亡くなってしまわれた、痛ましい事故なわけだが、まさしくサードマン現象を描いたお話であり、たまたまサードマンを知っていたわたしには大変興味深い作品であったと言えよう。つうかですね、本の詳細はもう忘れちゃってますが、ひょっとしたらこの映画の元となった現実の事故の話も、あの本の中で書かれていたかもしれないな……ちょっと本棚を漁って探してもう一度読んでみようかな、という気になりました。
 というわけで、最後に各キャラ&各キャスト&監督に短く触れて終わりにします。
 ◆タミ・オールダム:ヒロイン。現実に海難事故に遭って奇跡の生還を遂げた女性。現在は結婚してタミ・オールダム・アッシュクラフトさんというみたいですな。彼女は、10代後半から世界を旅していて、ハイチで知り合った彼氏と、彼氏の知り合いに頼まれたヨットをLAまで運ぶ航海に出て事故に遭う。まあ、自分探しの旅、なんてことをしている人物には共感は抱けないけど、演じたShailene Woodley嬢の気合の入った演技は結構凄かったすね。ラストはかなりげっそりやつれてたし。まあ、それでもわたしのブサカワ判定は覆りませんが。
 ◆リチャード:ヒロインの彼氏。彼は造船所で働いていたけれど、自分のヨットを造って、それでいろいろ各地を巡っている船乗り。彼もとりわけ共感できる人物ではないけど、やっぱり演じたSam Claflin君の、いつもの爽やかイケメン笑顔は妙に印象に残るすね。身動きできない中での演技も大変結構でありました。
 ◆本作の監督:Baltasar Kormákurというお方で、知らねえなあ? とか思ってたおれのバカ! 帰ってきて調べたら、わたしはこの監督の撮った映画を何本か観ていることが判明してビックリした。なんと、3年前に観て、とても怖かった『EVEREST 3D』の監督ですよこの人は! あの映画も奇跡の生還を扱っているけど、この方はそういう題材がお好きなんすかね? まあ、『EVEREST 3D』にはサードマン現象的な描写はなかったと思うけど、本作の監督はあの映画を撮った人なんだ、というのはなんか納得、すね。

 というわけで、さっさと結論。
 台湾へ行く飛行機内で観た映画『ADRIFT』。まだ日本公開されていないし、これから公開される予定があるのかすらわからないが、主演の二人と、わたしの好きな「漂流モノ」であるという点で興味がわき、観て観たわけだが、まあ、絶賛はしないけれど十分楽しめたと思う。かなり悲劇的?なお話なので、楽しめたってのはちょっとアレか。興味深かった、と言い直しておこう。主演の二人の熱演も、かなり凄いと思うし、映像的にも、大変見ごたえはあると思う。そして、かつて本で読んだ「サードマン現象」なるものについても、改めて興味がわいたっすね。つうかあの新潮文庫、どこにしまったのだろうか……もう一度読んでみたいのだが……。探してみよっと。以上。

↓これは原作のノンフィクションか? それともノベライズか……? わからん……。

↓そして こちらの映画は、みていてほんとに怖かったす……。どこまでCGでどこまでロケなのかもさっぱりわからない映像のクオリティもかなり高いです。
エベレスト (字幕版)
ジェイソン・クラーク
2016-04-08

 1年ちょっと前に、少しだけ話題になったけれど日本公開時はごく小規模の公開で、それなりにロングランまで引っ張れたものの、日本ではそれほど話題にならずに埋もれてしまった映画がある。まあ、そんな映画は洋画が全く売れない日本では星の数ほどあるわけだが、わたしも公開時に見逃してしまって、WOWOWで放送される日を待っていたのだが、先日やっと放送があり、昨日の夜、ぼんやりと観てみることにした。結果、非常に面白く、役者陣も魅力的で、いつもの通り、ああ、やっぱり劇場に行くべきだったと後悔するに至ったのである。
 その映画は、『Love, Rosie』。日本公開タイトルは『あと1センチの恋』という、ラブストーリーだ。

 物語は、上記の予告でほぼ語り尽くされている。家が通りをはさんだ向かい側、というご近所さんの幼馴染として一緒に育ってきた男女。高校卒業のプロムで、素直に一緒にダンスを踊っていれば良かったのに、お互い言い出せずに別々のパートナーを選んでしまった二人。その結果が10年以上にわたってのすれ違いをもたらしてしまった、という、まあ、ありがちな話である。なので、脚本的な見所は、別々の生活を送る二人の様子と、近づいてはすれ違うもどかしさになるわけだが、これも、実際のところ、ありがちな展開ではあった。
 こういう話だと、わたしがいつも思い出すのは、吉川英治の『宮本武蔵』だ。初めて読んだのはもう大昔だが、あの作品での武蔵とお通さんの、スーパーすれ違いぶりには、読んだ誰しもが、ギリギリとじれったさを感じるだろう。最初の姫路から武蔵とお通さんは一緒に旅に出るはずだったのに、「ゆるしてたもれ」と橋に刻んで一人旅立ってしまった武蔵。そして武蔵を追う旅に出るお通さん。吉川英治『武蔵』は、この二人のラブストーリーが軸にあるから面白いとわたしは思っているが、まあ、現代人感覚で読むと、武蔵の理屈がたまに意味不明というかちょっと笑えて、お通さんが気の毒なこと甚だしい。「ゆるしてたもれ」じゃねえっつーの。
 そして映画で言うと、最近ではAnne Hathaway嬢主演の『One Day』(邦題:ワン・デイ 23年のラブストーリー)なんかが思い出されるが、あの映画はもっと長い期間だし、確か二人は幼馴染ではなくて、大学の卒業直前に出会うんじゃなかったかな。そして、観た人はご存知だと思うが、かなりハードな展開が待っていて、結構哀しいお話であった。『Love, Rosie』と『One Day』のどちらが好きと聞かれたら、わたしとしては非常に悩むが、どちらも甲乙つけがたく、まあ、観たばかりで記憶がフレッシュな『Love, Rosie』を推すかもしれない。
 たぶん、わたしが『LOVE、Rosie』を推すのは、主役二人が非常に魅力的に映ったからというのが一つ、もうひとつは、物語の結末の幸福度合いのわかりやすさ、ではなかろうかと思う。まず女子の主人公、Rosieを演じたのが、Lily Collins嬢。1989年生まれだから今年の誕生日で27歳か。彼女は、かの有名ミュージシャンPhill Collinsの娘さんである。非常に可愛い。10代の素朴な少女から30代近い(?)姿までを演じきっていて、可憐でいてかつ美しく、表情も豊かでとても良かった。特にいいのが、きりっとした太い眉であろう。それなりに今までいろいろな作品に出ているのだが、わたし、ほとんど観たことがないんだよな……なので、名前と親のことは知っていたけど、初めてちゃんと演技している様を観たような気がする。非常に美人で大変気に入った。この映画のプロモーションで、来日もしてるんですな。
 そして相手の男主人公を演じたのが、Sam Claflin君29歳。この彼の印象的な、イケメン笑顔は絶対にどこかで観たことがある、誰だっけ、と思ったら、『Hunger Games』の2作目以降に出てくるフィニック役のあいつだ、と思い出した。口の形に特徴があって、この人の笑顔はかなり印象に残る、大変なイケメン野郎だと思う。まあ、キミもせっかく勇気を出したのに、Rosieはテキーラがぶ飲みして記憶をなくすほど酔っ払って、ぶっ倒れちゃってたからな……もうちょっとだけ、早く男を見せるべきだったけれど、なかなか君は男らしくてカッコよかったと思います。

 しかし、わたしは多くの映画や漫画や小説を読んだり観たりしているわけなのだが、「幼馴染」ってのは現実世界において実在するものなのだろうか? フィクションの中にしか存在しない、空想上の存在、いわゆるUMA的な未確認生命体ではないかとわたしはにらんでいるのだが、もし、本当に、「幼馴染」というものを持つ人がいるなら、わたしは声を大にして申し上げたい。さっさと告白して、幸せにおなりなさい、と。絶対に、相手もそれを望んでいるから、あとはキミのちょっとした勇気だけだぜ、と、おっさんとしてはアドバイスさせていただくッ!

 というわけで、結論。
 『Love, Rosie』という映画は、わたしとしては非常に楽しめた。そのすれ違いの様相は観ていてとてもじれったいけれど、だが、それがいい、のであろう。また、『あと1センチの恋』という邦題も、非常に良いと思った。観ればその意味が分かります。わたしはいつも邦題に難癖をつけるクソオタ野郎ですが、今回の邦題はとってもいいと思う。まあ、ありがちなお話だが、わたしは大変気に入りました。以上。

↓原作小説。小説のタイトルは「Where Rainbows End」っていうんですな。この著者Cecelia Ahernさんは『P.S. I Love You』でデビューしたアイルランド人です。
愛は虹の向こうに (小学館文庫)
セシリア アハーン
小学館
2008-12-05
 

↑このページのトップヘ