タグ:クソ映画

 このBlogで何度か書いているが、世界珍作MOVIE選手権が開催されたなら、わたしとしてはM・Night Shyamalan監督は間違いなく優勝候補に挙がる映像作家であると思っている。以前も書いた通り、たしかに『The Sixth Sence』は面白かった。実に上質で巧妙な伏線が張り巡らされた、小説で言うところのいわゆる叙述ミステリー的な脚本は確かにお見事であったと思う。思うのだが、残念ながらその後、どんどんと、妙なトンデモ話ばかりを撮り続け、すっかり珍作監督として今に至っている。また、この監督は自作に必ず(?)出ることでもおなじみで、わたしの目には単なる出たがり野郎としか思えないが、一応、尊敬するHitchcock監督の真似をしてるんだよ、アハハ、とどこかでのんきに語っていたのを目にした覚えがあるが、まあとにかく、なんというか……わたしにとってShyamalan監督は、どうもイラっとする野郎なのである。
 じゃあ、そんな監督の作品はもう観なきゃいいじゃん、と思いますよね、普通は。わたしも、Shyamalan監督の新作公開となると、今回はいいかな……とは思う一方で、どうしてもわたしの体内に巣食う、クソ映画ハンターの本能が無性にざわめき、わたしをして劇場に足を運ばせてしまうのである。これも前に書いたと思うが、絶対くさいに決まってる、けど、嗅がずにいられない自分の足というか……まあそんな変態はわたしだけかもしれないが、つい劇場へ観に行き、ああ、やっぱり今回もクソ映画だった、と納得して帰るのが常なのである。
 というわけで、いよいよ公開されたShyamalan監督最新作『SPLIT』。2015年の『The Visit』のあまりのクソ映画ぶりに、もういい加減劇場に行かなくていいんじゃねえかな……と思っていたものの、今回はUS興業も大ヒットと好調評価も上々らしい、ので、やっぱり観に行ってしまったわたしである。そして、やはり、今回もわたしの眼には微妙作としか思えない内容で、ある意味、ああ、やっぱクソだったと胸をなでおろすという、我ながらもう意味不明の事態となったのである。ちなみに、本作でもShyamalan監督は精神科医の助手?役で堂々と出てくる。まったく本筋に関係ない、HOOTERSは最高なんすよ! と熱弁をふるう役に、なんだか今回もイラっとしましたw
 なお、以下、クリティカルなネタバレもあるので、読む場合は自己責任でお願いします。

 さて。上記予告はご覧いただけただろうか? ズバリ言うと、本作の物語はほぼ上記予告で語りつくされていると言っていいと思う。誘拐された3人の女子高生。そして誘拐犯は23重人格の男。はたして女子高生は脱出できるのか―――というお話である。
 もちろん、誘拐の目的だとか、3人の女子高生のそれぞれのキャラなど、本作を観ないと不明な部分はあるけれど、正直、それらはすべて、もはやどうでもいいように思う。わたしは上記予告を観て、ラストで24人目の人格が出てきて、な、なんだって――――っ!? というオチになるんでしょ、と想像して劇場へ向かったわけだが、残念ながらオチも実に、「はあ?」というリアクションしかできず、Shyamalan監督のトンデモパワーも、随分弱体化したなあ……と思わざるを得なかった。そうなのです。この映画、まったくもって普通なのです。オチも。
 ただ、長年Shyamalan監督作品を観てきた人にとっては、事件終了後のホントのラストで、おおっと!? こいつはあの! というキャラが、まったく脈絡なく突然登場してくるので、ここだけはちょっとびっくりした。しかし、はっきり言って本作の物語とそのキャラがどう結びつくのか、まあ残念ながら普通の人には100%通じないことは確実だろう。わたしも、マジか!? まさかここであの映画につなげるの……!? とやおら興奮し、一体どういうことなのか考えてみたのだが、出た結論は「さっぱりわからん」であった。まさかと思うけど、次回作では本作の多重人格者VSあの映画の主人公、のバトルになるとか……? ええーーーっ!? シリーズ化でも狙ってんのか? まさか……ね? というわけで、最後にチラッと出てくる超大物ゲストキャラについてはもうこれ以上書けない。サーセン(※あの映画、大物ゲスト、の正体を知りたい人は、リンクをクリックしてください)。
 で。話を戻すと、本作は、実に普通(?)の、実にまっとうな(?)多重人格者のお話で、とりわけいつものShyamalan作品のような驚きのひねりもなく、いわば直球であった。そういう意味では、別にトンデモ展開はなく、ある意味実に退屈なのだが、主役の多重人格者と、誘拐された女子高生のうちのヒロイン扱いの1人、この二人の演技合戦はなかなか見ごたえがあり、クソ映画という評価を取り下げるつもりはないけれど、この二人は大変素晴らしかった。まずは、先にヒロインの女子高生から見ておこう。
 この女子高生、ケイシーは、クラスで浮いている、友達少ない系の女子であるのだが……いかんせん脚本的に中途半端で、実にもったいないキャラだったように思う。何度も何度も、彼女の幼少期のシーンが挿入され、しかもどうやらお父さんの弟のヒゲもじゃデブ野郎によって性的虐待を受けていた「らしい」ことがほのめかされる。そしてどうもお父さんはすでに亡くなっており、その変態野郎が叔父として保護者となっているらしい。そしてその虐待の傷痕が、ラストで重要なキーとなるのだが、それがなぜなのかは、まったくふわっとしていて、キレは悪い。キャラの掘り下げがもうチョイきちんと描かれていればよかったのにな、とわたしは思った。演じたのはAnya Taylor-Joyちゃん21歳である。わたしはこの女子を知らなかったが、大変可愛らしく、実にナイス・バディ子で名前を憶えておきたいと思う。演技のほどは、全然問題ないというか熱演だったし。大変悪くない。
 そして問題の多重人格者である。演じたのはヤング・プロフェッサーXでおなじみのJames McAvoy氏。複数の人格の演じ分けは非常に素晴らしく、演技としては極めて上物であろう。しかし、やっぱりですね……どうもこの多重人格というのも、一発ネタで終わってしまったかなという気がする。まあ、いわゆる「ビリー・ミリガン」ですわな。どうして多重人格になったのか、は何となく描かれる程度だし、そもそもなぜ女子高生を誘拐したか、のカギとなる24番目の人格も、実際良く分からない。おっと!? パンフには「そうなった理由・動機が劇中ではしっかり描かれており」と書いてあるな……うーーん……どうだろうそれは……。うーん……劇中で描かれる母親からの虐待だけじゃあ、説得力に欠けるなあ……おまけに、なんとキレの悪いエンディングか! これにはわたしも、ここで終わりかよ、と、ポカーンである。まあ、上記に書いた通り、続編でも作る気なのかな……そして大物ゲストと対決させる気なのかよ……それはそれで面白そうだけど、だったらそもそもこの作品にきちんと登場させて、最初からあの映画の続編にすればよかったのに……。
 というわけで、もう書くことがない。最後に、残り二人の女子高生と精神科医のおばちゃんを演じた女優をメモして終わりにしよう。まず誕生日会の主催者としてクラスの人気者らしきキャラを演じたのがHaley Lu Richardson嬢22歳。今までに見かけたことはないなあ……結構かわいいです。でもなんで死ななきゃならなかったのか、さっぱりわかりません。そしてもう一人の、完全に巻き添えを食らってしまった可哀想な女子高生を演じたのがJessica Sula嬢23歳。彼女も見たことないなあ……そしてなぜ彼女はホットパンツを脱がされ、ヒロインはシャツを脱がされたのか、それもまったく意味不明で大変可哀想な役であった。最後、おばちゃん精神科医を演じたのがBetty Buckleyさん70歳。この方は……さっき調べて驚いたけれど、Shyamalan監督作品『The Happening』の、あの超怖いおばちゃんを演じた方のようですね。全然気が付かなかったわ。たぶん、本作の一番のオチ?は、多重人格者の人格がチェンジすると、肉体的にも変化が起きる(例えば、ガリガリ→マッチョ、みたいな)というおばちゃん精神科医の研究が現実に!というものだと思うのだが、ま、それって、我々日本人は漫画で良く見るしなあ……。JOJOで言うところの、ディアボロとドッピオ的な。そういうわけで、わたしとしては特に目新しくもなく、ノれなかったす。

 というわけで、もうホントに書くことがないので結論。
 M・Night Shyamalan監督の最新作『SPLIT』が公開になったので、ついうっかりまたもや劇場へ足を運んだわたしであるが、やっぱり今回も面白くなかった。わかってて行ったので、別に後悔はしていないが、WOWOWで十分だったな、というのがわたしの結論である。しかし……この映画を普通の人が見て面白いと思うのか、わたしには良く分からない。どうなんだろう。今日は結構お客さんは入っていて、7割ぐらいは席が埋まってたように思う。それって結構大ヒットだと思うな。明日の月曜日、この映画がどれぐらい稼いだか、興行通信社の大本営発表が楽しみだ。意外と稼いでるとみたね(※2017/05/16:サーセン。全然売れてませんでした。公開土日は6千万弱のようなので、最終5億も届かないかな……)。 以上。

↓ ちょっともう一度見てみる必要があるかもな……。やばい、ネタバレかこれ?
アンブレイカブル(字幕版)
ブルース・ウィリス
2013-11-26

 先日、WOWOWのプログラムガイドを眺めていたところ、わたしの中に眠るクソ映画ハンターとしての本能にビンビンに敏感に反応する映画が放送されることを知った。なので、コイツは要チェックだな、と判定し、録画しておいたのだが、昨日の夜、ようやく観てみることにした。
 ちょっと前に、わたしのクソ映画アンテナに反応アリ、として観てみた『Lake Placid VS. Anaconda』(邦題:アナコンダVS殺人クロコダイル)は、まったくの時間の無駄であり、オレのアンテナもちょっと鈍ってきたな……と実に反省するにやぶさかでないダメ映画だったのだが、今回は、そのぶっ飛び具合といい、予想を裏切る意外な脚本といい、そしてお約束のお色気もきちんと踏まえていて、うむ、これこそクソ映画だ、と安心できる作品であった。
 その映画のタイトルは、 『ZOMBIEBER』。そのまま日本では「ゾンビーバー」というタイトルで、てっきりビデオスルーかと思ったら、ちゃんと劇場公開もされたらしい。まあ、とにかくたいへん香しいクソ映画で大満足であった。

 上記映像は、本作の監督がへたくそな日本語で頑張ってしゃべっている、もうこの映像を観ただけでこの映画を観たくなる(クソ映画ハンターのわたしの場合。普通の人は無理だと思う)メッセージで、正直、舐めているとしか思えない。大変よろしい感じである。
 
 そしてこちらが、本作の予告編だ。まあ、おおむね物語は上記予告の通りである。
 夏。冒頭、まったく仕事をする気のない2人組が、トラックを運転している。バカ話をしている間に、鹿を轢いてしまった。うんざりする二人は、さっさとその場をばっくれる。荷台に積んでいた、核汚染物質がひとつ、転げ落ちて川に流れてしまったことも知らずに……。
 そして場面は、3人の女子が乗る車内に移る。真面目女子、眼鏡ややビッチ女子、完全ビッチ女子の3人組なのだが、これから眼鏡ややビッチ女子の別荘(?)へ行くところらしい。そして到着してすぐに、湖(というか池?)へ泳ぎに行く3人。完全ビッチ女子はいきなりのトップレスで登場し、この時点で、ブランデーを片手に猫を膝に乗せ、ついでに葉巻をくゆらせながら画面を見守るわたしの口角はニヤリとしていたはずだ。ほう、わかってるじゃあないか、とわたしの期待は高まる一方である。
 で、池の端っこに、ビーバーの作ったダムがあることを発見する女子たち。ビーバーいるのかしら、きっと可愛いわよ、おいで~などと頭の悪い行動で、我々観客に、ははあ、死ぬな、コイツら、と分かるわけだが、残念ながらそのビーバーダムに、冒頭で川をドンブラコと流された核汚染物質が流れ着いていることはまったく気が付かない。なるほど、これでビーバーがゾンビになるわけね、と大変分かりやすい。いや、まあ、まったく分からないというかあり得ませんが。
 そこからの展開は、おそらく皆さんの想像通りで正解であろうと思う。
 ま、そのゾンビ化ビーバーが襲ってくる前に、ちゃっかり3人の彼氏たちも現地に合流して、殺される運命の馬鹿な若者たちが順調増えていくのは大変好ましいし、きっちり夜はヤリまくるので、観ていてほほえましいほどだ。うむ、この映画、分かっておるわ、と安心の脚本である。
 だが、である。この先、極めて意外な展開が待っていた。普通、先にあげた女子3人組だと、まあ、助かるとしたら真面目女子ですよね? だが、この映画は違う。真面目女子は第1被害者となるのである。しかも、ゾンビーバーに襲われて死亡、で終わるのではなく、その後、前歯がグギギ……と伸びてきて、ビーバー的な容貌に変身するのだ。まったく理屈は不明だが、そういうことである。
 わたしは、真面目女子が一番最初にそんなことになってしまったので、あれっ!? 全員死亡エンドかな? と思ったのだが、そこもわたしの予想を裏切る展開で、普通なら一番最初に死ぬでしょ、と思っていた完全ビッチ女子が唯一のサバイバーとなるのである。ネタバレだけど、どうせ誰も見ないからいいよね?
 とまあ、そんなわけで、意外と歴戦のクソ映画ハンターのわたしでも想像できない意外な展開で、わたしは大変楽しめたのである。
 また、この映画はほとんどCGは使われておらず、ほぼ全部、実物のマペットと特殊メイクだけである。なので、今観ると感動的に安っぽく、正真正銘のクソ映画だった。最高でした。
 一応、キャストについても調べてみたのだが、全然知らない方ばかりですな。
 まず、真面目女子を演じたのが、Lexi Atkins嬢。結構可愛いと思う。ひどい役でしたが。
 そして眼鏡ややビッチ女子を演じたのが、Rachel Melvin嬢。お、このIMDbの写真は可愛いじゃん。
 そして完全ビッチ女子を演じたのが、Cortney Palm嬢。いい脱ぎっぷりでした。おっと!! この娘、『SUSHI GIRL』で女体盛りされたSUSHI GIRLsの一人みたいすね。まあ、あの映画はわたし的には0点ですけど。
 で、彼氏たちや、監督はもうまったくどうでもいいや。知らん人たちでした。

 というわけで、短いけれど結論。
 『ZOMBEAVERS』は、紛れもないクソ映画で、普通の方は観る価値は一切ないと断言できる。しかし、80年代っぽい、なつかしのチープなクソ映画を愛してやまない方には、意外と想像の斜め上を行く展開には、ちょっと驚きかつあきれ、結果として意外と楽しめるような気もする。興味がわいた方は、こちらの公式サイトを観てみてください。センスゼロの調子に乗ったサイトですが、映画自体はアリ、だと思います。えーと、もちろんわたしは責任は取りませんけどね。以上。

↓ちゃんと出てるんすね。売れるとは思えません。
ゾンビーバー [Blu-ray]
レイチェル・メルヴィン
インターフィルム
2016-01-06

↑このページのトップヘ