タグ:インターステラー

 多くの映画オタクの人々の中には、「現代最強の映画監督といえば誰?」と聞かれれば、「まあ、そりゃあやっぱりChristopher Nolan監督っすね」と答える人も多いだろう。かく言うわたしも、ナンバーワンかどうかはともかくとして、最強の一人として挙げることにやぶさかではない、というか、ズバリ、わたしもNolan監督作品の大ファンである。
 Nolan監督といえば、どうも世の中的に「実物」を使って作品を撮る男で、CGを使わない男、みたいに若干誤解されているような気もするけれど、実際のところCGもかなりバリバリに使う男である。Nolan監督がすごいのは、その実物とCGの区別が全くつかない画の質感にあるとわたしは思っているのだが、わたしとしてはやはりNolan監督の一番すごい点は、その超ハイクオリティなリアルな映像自体よりも、「物語力」にあり、端的に言えば脚本がすごい、と思っている。映像が「リアル」なのは誰がどう見てもそうだけれど、とにかく描かれるキャラクターが「リアル」であり、そして「ほんの一つまみの嘘」がスパイスとして超絶妙な味を醸し出しているのである。これは以前もこのBlogで書いたことだけれど、例えば『Memento』における「記憶を保てない状態」、『Prestige』における「奇術」、『DARK KNIGHT』3部作における「BATMANという存在」『Inception』における「夢に入り込む謎装置」、『Interstellar』における「滅びゆく地球と恒星間飛行」、そういった、たったひとつの「フィクション」の種が、「リアル」な人物像と完璧に調和して深い味わいをもたらしているのである。さらに、映像、脚本とともに音楽もまた素晴らしく、とにかくその3つが、役者陣の渾身の演技と完璧に一体化して、まさしく総合芸術たる「映画」としてすごいのだ、というのがわたしの持論である。これも以前書いたことだが、よく、世の中に「映像化不可能!」と言われる小説があるけれど、Nolan監督の作品は、まさしく「小説化不可能!」なのだとわたしは思っている。わたしは小説好きであり映画好きだけれど、ずっと、小説の方が想像力を掻き立てるのに最も適した芸術なんじゃないかと思っていたが、Nolan監督の『Inception』を観た時、ああ、小説化できない映画もあるんだ、と初めて認識し、深く感動したものだ。
 というわけで、現在全世界的に大ヒット中であり、評価的にも非常に高い作品、Nolan監督最新作『DUNKIRK』がやっと日本でも公開になったので、さっそくわたしも朝イチの回へ観に行ってきた。今回はNolan監督作品には珍しく120分を切る短い作品で、なんと上映時間106分である。そしてとにかく大絶賛の声ばかりが聞こえてくるので、当然わたしも超ワクワクしながら劇場へ向かったわけであるが、観終わって思ったことは、これはすごい映画だったし、面白かった、けど、期待したほどじゃあなかったかな……という若干の肩透かし感だ。これは、わたしが単にひねくれものだからなのか、それとも、IMAXではなく通常フォーマットで観るというオタクにあるまじき行為を働いてしまったせいなのか、原因は実は良く分からない。今思うことは、どうもわたしはキャラクターに感情移入できなかったのではないかという疑惑である。そこのところを、これを書きながら自分でも整理してみたいと思う。以下、ネタバレ全開になる可能性大なので、気にする人は読まないでいただければと思う。

 というわけで、相変わらずの「本物」感あふれる迫力は、予告編からも感じ取られるだろうと思う。わたしも予告を観て、このスピットファイアが本物だということは誰が観ても明らかだし、これはまたすげえのが来たぞ、さすがNolan監督だ、と超期待していた。
 物語についてはもはや説明の必要はないだろう。第2次大戦の序盤戦、ナチスドイツによるフランス侵攻が始まり、パリ陥落(1940年6月10日)直前の1940年5月24日から6月4日の間に起った戦闘「ダンケルクの戦い」での、イギリスへ撤退するイギリス軍視点のお話である。
 この作品でNolan監督は、今までの作品にない、いくつかの、具体的に挙げると以下の3つの挑戦をしているようにわたしには思われた。
 ◆初めてのノンフィクション
 ◆極端にセリフが少ない脚本
 ◆3つの視点に分割された構成
 これらはすべて脚本に関する問題であり、わたしがNolan監督で最も優れていると思っている「物語力」に直接関係するポイントだ。
 Nolan監督は、これも何度も書いているけど、ロンドン大学英文学科卒である。それすなわち、日本で言えば国文科なわけで、相当地味でまじめな青年だったのだろうとわたしはにらんでいる。まあそれはわたしが文学部を卒業した男だから実感として思うのだが(ちなみにわたしは国文科ではないですが、国文科の友達はみんな地味でまじめでちょっと変わった、面白い奴らだった)、ともかく、Nolan監督が小説、すなわちフィクションが大好きなのは間違いないだろう。冒頭に記した通り、Nolan監督の作品は、人間に対する深い洞察が極めてリアルで、そこに、一つだけ嘘を交え、面白い作品を創造してき男である。そのNolan監督が初めて描く「ノンフィクション」。となれば、残るのは「リアル」だけになってしまうわけで、わたしは一体全体、どんな物語になるのだろうとドキドキして観ていたのだが、どうもNolan監督は、キャラクターに「しゃべらせない」ことで、「リアル」を担保したように思えた。
 100%確実に、77年前のダンケルクの海岸でキャラクターがしゃべるセリフは「創作」にならざるを得ない。当たり前だよね。「創られたセリフ」をしゃべった時点で、嘘になってしまうし。だからもう、とにかくセリフが少なく、出来事を、冷静な視点のカメラが追う形式にならざるを得なかったのではなかろうか。それは映像としては実に効果的で、迫力の大音響とともに、観客をまさしく戦場へ放り込む効果はあっただろう。実際、わたしも観ながら上空を飛ぶ戦闘機の爆音、ドデカい爆発音などにいちいち驚き、緊張感は半端ないものがあったのは、おそらく本作を観た人ならだれでも感じたはずだ。「怖い」。まさしく戦場の恐怖である。
 しかし、である、やっぱりわたしには、セリフの少ないキャラクター描写は、リアルとトレードオフで、キャラへの共感を失ってしまったように思えたのである。確かに、勇気をもって船でダンケルクへ向かう船長や、なんとかしてドイツ機を撃墜して、船や海、海岸にいる味方を守ろうとする戦闘機パイロットの勇気ある行動には深く共感はできたけれど、最も長い時間描写される若い陸軍兵にはそれほど深い共感は得られなかった。基本的にこのダンケルクの戦いは、撤退戦であり、極端に言えば(一時的な)敗北であって、キャラクターは逃げるだけで、戦うこともほぼせず、最終的な勝利もないので、いわゆるカタルシス、スッキリ感も薄いのも、共感の度合いが浅かった原因なのかもしれない。まあ、徴兵されたと思われる若者だから、極めてリアルではあったのだと思うけれど……。
 そして、視点が3つに分かれている点に関しては、最終的に3つが一つに融合する脚本は実にお見事だった! が、これも、キャラクターへの共感という意味では、若干阻害要因だったのかもしれない。繰り返しになるが、船長と戦闘機パイロットは抜群にカッコ良かったのだが……若い陸軍兵士がなあ……演じたFion Whitehead君の演技に問題があったわけでは決してないんだけど……。なお、本作は、「The Mole(=防波堤):1Week」「The Sea:1Day」「The Air:1Hour」と3つの視点に分かれていることは、事前に散々プロモーションされていたので分かっていることだったが、実は「時間の流れが違う」ことは全然事前に触れられていなかったような気がする。わたしも知らなかった。この時間のズレも、若干わかりにくかったかもしれないな……この辺のトリッキーさは、ぼんやり見ていると全然気が付かないかもしれないが、構成としては抜群にお見事な点であったと、わたしとしてはさすがNolan監督、と絶賛したい点ではあるのだが、このことがキャラクターへの共感を、とりわけ陸軍兵士に対して減退してしまった要因の一つのような気もしている。まあ、わたしの考えすぎという説も濃厚だけどね。
 なお、勇敢な民間人船長を演じたMark Rylance氏、絶対に諦めないパイロットを演じたTom Hardy氏、そして防波堤で全員(?)を送り出した後、わたしはここに残るとシブく決めてくれた海軍中佐を演じたSir Kenneth Branagh氏、この3人は実にカッコよく素晴らしい演技で、わたしとしては大絶賛したいと思う。こういう、言葉は悪いけど映画的な勇敢さは、やっぱりわたしのような単純な男はコロッと共感してしまいますな。
 あ、こんな記事がありますね。Wikiから引用元を観てみると、
 The empathy for the characters has nothing to do with their story,” added Nolan. “I did not want to go through the dialogue, tell the story of my characters… The problem is not who they are, who they pretend to be or where they come from. The only question I was interested in was: Will they get out of it? Will they be killed by the next bomb while trying to join the mole? Or will they be crushed by a boat while crossing?”
 訳はWikからパクっとくか。
「キャラクターへの共感は彼らのストーリーとは無関係だ。私は台詞を通して自分のキャラクターのストーリーを伝えたくなかった。(中略)問題は彼らが誰であるかでも、彼らが誰になるかでも、どこから来たのかでもない。私が興味を持った疑問は、彼らが脱出するのか、彼らが突堤に行く間に次の爆弾で殺されるのか、それとも横断中にボートで潰されるのか、それだけだ」
 なるほど、つまり、キャラはどうでもいい、共感してもらわなくてもいい、ただただ、こいつは次の瞬間にどうなるんだろう、とドキドキして観てろ、ってことかな? だとするとそれは大成功しているといっていいだろう。とてつもない緊張感は106分持続しているのは間違いないと思う。うーん、でも観客としてはそれが面白いのかどうかとなると……どうなんでしょうなあ……。

 とまあ、いずれにせよ、本作はNolan監督作品としてはかなり異例だとわたしは感じた。もちろん面白かったし、ドキドキしたのは間違いない。でも、どうも……やっぱり期待よりは下だったかなという思いがぬぐい切れないのである。それは上記のような理由からなのだが、うーん……これを傑作と思えないわたしはやっぱりひねくれものなのか? それともIMAXで観たら全く別物なのかもしれない。ダメだ、やっぱりもう一回、IMAXに観に行こう。どうもそれは、映画オタクとしては義務のような気がします。
 で、その映像なのだが、わたしはNolan監督がIMAXにこだわるのは、別に非難するつもりはないけれど、そのことがNolan監督に余計な枷になっているのではないかという気もしていて、実は若干心配である。わたしは最新技術肯定派なので、まったくデジタルに抵抗はない男だが、例えばNolan監督が一度でもGoProを使って何かを撮影してみたら、そのあまりの高品位な映像にびっくりするんじゃないかという気もする。Nolan監督はまじめだからなあ……今の最新テクノロジーを享受しない理由はないと思うのだが……IMAXにこだわることで、いろいろな制約があるはずで、それはかなりもったいないことなんじゃないかと思う。もう、James Cameron監督みたいに、オレが撮りたい絵を撮るためなら、機材もソフトも自分で開発したるわい! ぐらいの勢いでいいと思うんだけどな。だって、確実にもう、フィルムは絶滅するもの。それが現実なわけで、こだわりを持つのは大いにアリ、だけど、あるものでそのこだわりが体現できないと思うなら、それが実現できる機材を作っちゃえばいいのにね。それが許される、世界に数少ない男の一人だとわたしは信じてます。
 最後。音楽について触れて終わりにしよう。本作は、Nolan監督自ら「タイムサスペンス」と言っているように、「時間」がカギとなっている。とにかく、観ていて「早く早く! やばいやばいやばい!」とドキドキするわけだが、今回の音楽は、「チッ・チッ・チッ・チッ……」という秒針の音を思わせる音楽が超絶妙で、緊張感を高めるのに極めて大きな役割を果たしているといえるだろう。その音は、超極小な音量からだんだんと大きくなり、かつテンポも上がってきて、とにかく「早く早く!」とドキドキである。もちろん音楽を担当したのはHans Zimmer氏。相変わらずのNolan監督とのタッグは大変素晴らしかったと思う。

 というわけで、若干整理しきれていないけれど、現状での結論。
 現代最強映画監督の一人とわたしが認定しているChristopher Nolan監督最新作、『DUNKIRK』がやっと日本公開となったので、初日の今日、さっそく観に行ってきたわたしであるが、確かに、確かにすごかったし面白かった。それは間違いなく断言できる。だが、どうもわたしが期待していたほどではなく、現状のわたしには、超傑作の判定は下せないでいる。その理由は、「リアル」一辺倒で、Nolan監督最大のポイントである「一つまみの嘘」というスパイスが効いていないためではないか、と思うのが一つ。そしてその結果、キャラに共感できなかったということが主な要因ではないかと思われる。ただ、IMAXで観ると、そのド迫力に、さすがはNolan監督、オレが間違ってました、と完全降伏する可能性もあるので、これはやっぱり、もう一度、IMAXで観ようと思います。以上。

↓ やっぱりわたしは、『Inception』『Intersteller』のような「Nolanオリジナル作品」の方が好きみたいです。この2作は、まさしく「小説化不能!」の超傑作だと思うな。
インセプション (字幕版)
レオナルド・ディカプリオ
2013-11-26

インターステラー(字幕版)
マシュー・マコノヒー
2015-03-25

 はーーー……昨日書いた通り、わたしはとある海外翻訳ミステリーを一昨日から興奮して読み始めているわけだが、今、読み終わってしまった。やれやれ。たぶん、読書を習慣にしている人ならば、上巻・下巻ともに4時間かからないぐらいで読めると思う。合計約8時間弱。はーーー……面白かった。幸せです。続きが読めたなんて。
  というわけで、これである。
ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上)
ダヴィド ラーゲルクランツ
早川書房
2015-12-18

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下)
ダヴィド ラーゲルクランツ
早川書房
2015-12-18

 昨日も書いたので、もはや紹介の必要はなかろう。全世界で8000万部売れた、大ベストセラー。しかし、著者は刊行前に亡くなっており、その続きは読めないものと誰しもががっかりしていたあの『ミレニアム』シリーズの、まさかの続編である。
-------------------
 ※2016/01/29追記:やたらと「ミレニアム4」「文庫」で検索してここにたどり着く方が多いので、余計なお世話の蛇足ですが、文庫が出るのは出版界の常識からすると2年以上あとです。わたしもかつては文庫が出るまで待つ派でしたが、よく考えると、どうせ文庫でも1冊1000円近くするので、それならもう、さっさと読みたいときに読む派に変わりました。かつて、「ミレニアム」の1~3を文庫が出るまで待ったわたしが言うのもアレですけど。置き場所に困る人にも、電子書籍というソリューションがありますよ。超便利です。
-------------------
 昨日は、この続編は出版社側が、存在するとされている第4巻の途中までの原稿や、シリーズ全体のプロットをなかったものとして、まったく別の作家に書かせたいわゆる二次創作らしいと書いたが、出版社だけでなく、亡くなった作家の父と弟も、続編を書くことを出版社とともにお願いしたそうだ。どうやら、正当な版権所持者は遺族である父・弟・出版社であるらしい。なので、亡くなった作家Stieg Larsson氏と長年パートナーとして苦楽をともにしたであろう女性は、一切関与していないようだ。なんかそれも残念な話ですが。まあ、100%間違いなく断言できるのは、亡くなった作家のためではなく金儲けのための刊行であろうということだ。だって、そうでないなら、存在するといわれる未完原稿をないがしろにするわけないもの。そういう点では非常に、どこか素直に大歓迎する気持ちにはなりにくいが、まずは味わってみたいという誘惑には抗えないのも事実である。

 ともあれ。
 実際に発売された『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』を読み終わった今、確かな自信を持って言えることは、シリーズを読んできた方なら、この『4』を十分楽しめることは間違いなかろうということである。非常に面白かった。巻末の解説によれば、文体も非常にLarssonを思わせるもので、きっちりと勉強して書かれているそうだが、はっきり言って『ミレニアム』シリーズを読んだのはもうだいぶ前でそんなこと言われてもわたしには全然記憶にないし、そもそも翻訳で読んでいるので、わかりっこない。ただ、これも昨日書いたが、ちょっと場面転換は上手じゃないかも、とは思う。主体のキャラが変わったとき、すぐに物語の筋を追わず、その人物描写が若干長めに入るので、そこで流れが一瞬切れてしまう箇所がいくつもあるのは、おそらく誰でも感じるのではなかろうか。しかし、そんなことはどうでもいい。物語として面白ければ。で、実際のところ、非常に面白かったわけで、わたしとしては大満足である。

 おそらく、これまでの3部作を読まないで、いきなりこの作品を読もうとする人はまずいないであろう。いるとしたらよっぽど変な人だと思うな。ま、そんなこともどうでもいいので、あくまで『ミレニアム』3部作を読んでいることを前提に話を進めますが、明らかに、『ミレニアム』3部作は、まだ未完であったと誰もが感じているはずだと思う。あいつって結局どうなった? というキャラクターが一人、残っていたことを覚えているだろうか? わたしは明確に覚えていた。なので、絶対に今回の『4』では、そのキャラクターとの対決の話になるであろうと思って、最初の上巻のページを開いたのである。

 上巻は、とあるコンピューターサイエンスの天才の話から始まる。まだ一体、どんな話になるか分からない。また次に描かれるのは、我らが主人公ミカエル・ブルムクヴィストが所属する出版社の看板雑誌「ミレニアム」が、またもや存続の危機に陥っており、うっかり受けた資本提携先から、「ミレニアム」の誌面について横槍が入りそうだということが分かる。おいおい、せっかく資金を出してくれたハリエット(第1部のヒロイン)はどうなっちゃったんだよ? と思いつつも、現在の世界的な出版不況からすれば、そりゃ、雑誌だけでは出版社が生きていけないことは、嫌というほどわたしは承知しているので、この展開は、痛いほど良く分かる。ああ、「ミレニアム」もそりゃヤバイわな、と。増資を引き受けてもらって、その時は「経営には口出ししません、今まで通りやっていただければ」なんて口約束があっても、その後に、しっかりと経営に口出ししてくるなんてことは、残念ながら世には普通に起こることである。なので、主人公ミカエルが、「ミレニアム」を救うには部数を回復し、どうしても売上を伸ばさないといけないわけだが、残念ながら前3作でモノにしたスクープの栄光も落日のものとなり、やたらとバッシングにさらされてしまっていた。あいつは古い、過去の人だ、みたいな。
 そんな、もうしょんぼりな状態のミカエルに、冒頭のコンピューターサイエンスの天才と会って話しを聞いてみて欲しいという情報提供者が現れる。なんでも、天才はとある画期的な発明をなしている、が、ハッキングの被害にあった。それは間違いないことで、天才もそう言っているし、その天才が唯一認めている「凄腕ハッカー」もそう断言している、と。ミカエルは、まーたどうせ、与太話でしょうよ、と思って適当に話を聞いていたものの、その「凄腕ハッカー」なる人物が、「女」であり、「タトゥーとピアスだらけで、ゴスとかパンクとか、そういう感じでした。あと、がりがりに痩せていました」という話を聞いて、な、なにーーー!! ということになる。ここまで読めば、当然シリーズを読んできた我々も、な、なんだってーーーーー!? ですよね。わたしも大興奮。とうとう来た。我らがヒロイン、リスベット・サランデル様の登場ですよ!!!
 とまあ、ここまでの間に、実はもっといろいろな出来事があるのだが、ネタバレになるので書きません。いずれにせよ、ここから先はわたしはもう、ページをめくる手がどんどん加速していくわけです。そして、あの、シリーズ三部作では結局ほとんど出てこなかったアイツが、やっぱり黒幕であることが下巻ではっきりする。これはネタバレかも、とは思いましたがその人物に心当たりがある人なら、結構はじめの方、上巻の真ん中あたりでピンと来ると思います。

 しかし、きっちりこの『4』で、想像通りアイツとの対決が描かれたことは、ファンとしては大変嬉しい展開であったと思う。なかなか分かってるじゃあないか、とわたしとしてはこの作品を高く評価したい。ただ、結末は若干の、ほんの少しだけど、ここで終わり!? 感はある。まあ、確実に今後も描くためのヒキとしては非常にアリだし、事件自体はきっちりと、そして結構美しく終わるので、十分以上にお見事ではあると思う。こうなったら、早く次を出版していただきたいですな。予定では、次の『5』が2017年、『6』が2019年だそうで、まるで『STAR WARS』と同じ展開だそうです。
 また、映画の方も、シリーズ第1作目をせっかくDaniel Craigという現代最強イケメン007を主役としてハリウッドリメイクしたのに、その後のシリーズの映画化は全然進んでいませんが、どうやら次は、今回の『4』を映画化するらしいという情報も既に出ている。それはそれで、わたしとしては十分アリだと思う。『2』と『3』は明確に前編後編といった構成なので、長いし、シリーズとしては絶対に欠かせない物語が描かれているけれど、映画としてその部分を飛ばすことは、小説をちゃんと読んでいれば、という前提条件の下ではあるけど、アリですね。とはいえ、キャストとして、主人公ミカエルはもっとおっさんイメージなので、Daniel Craigだとカッコ良すぎるし、強そうに見えすぎると思うけどな。リスベットは、ハリウッド版のRooney Maraちゃんよりも、スウェーデン版のNoomi Rapaceさんの方がイメージに合っているとは思うけど、もう、今のNoomi Rapaceさんではダメでしょうな。歳を取りすぎてるので。↓こちらがスウェーデン版の映画の予告

 とまあ、わたしとしては非常に楽しい8時間を過ごせたわけで、今回大抜擢されて本作を書いてくれたDavid Lagererantzs氏を大いに賞賛したい。そりゃあまあ想像を絶するプレッシャーであったろうに、良くぞ頑張ってくれました。その辺のことは上巻のあとがきに結構書いてあります。
 また、どうでもいいのだが、今回の『4』のサブタイトルは、スウェーデン版オリジナルでは「われわれを殺さないもの」というものらしい。これは……要するに監視社会のことだろうか? いろいろ書くとネタバレになるのでやめときます。なお、「蜘蛛の巣を払う女」 というサブタイトルは、英語版のサブタイトルの翻訳ですね。ちなみに、第1作の「ドラゴン・タトゥーの女」というサブタイトルも、実は英語版のサブタイトルで、スウェーデン版のサブタイトルを訳すと「女を憎む男」という意味らしい。まさしく、リスベットの敵、ですな。

 最後に、既に読んだ人、これから読む人に、昨日も挙げた参考となるものを挙げておこう。
 冒頭の方に出てくる、リスベットとフランス・バルデルが大学で出会ったときの議論、あれを理解したい人は、これを観た方がいい。これを観た人なら、あのシーンの二人の会話がすんなり理解できると思う。映画として超傑作。わたしはかなり好き。
インターステラー [Blu-ray]
マシュー・マコノヒー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-11-03

 それから、フランス・バルデルが研究していた内容を理解したい人は、これを読むとかなり具体的に分かると思う。まあ、本の内容としては、かなりつまらないけど、知識としては十分以上に人工知能の危険性を理解できるものです。
人工知能 人類最悪にして最後の発明
ジェイムズ・バラット
ダイヤモンド社
2015-06-19

 わたしは偶然、↑の映画も観てたし、本も読んでいたので、非常に本作を楽しめたし、フランス・バルデルが命を狙われる背景も実感として理解できた。
 また、このBlogを読んでいる人にはお馴染みのように、わたしはクソ映画オタであり、Marvel コミックのヒーローが大好きなわけです。本作『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』を既に読み終わった人なら、わたしが何を言いたいか、分かるよね? わたしは、敵が「サノス」と名乗っていると判明した時点から、もうリスベットのハンドルネームについて、まさか!? と思いました。そしてそれが的中したときは、もう大興奮でしたw

 というわけで、結論。
 『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』はわたしはもの凄く面白いと思います。たぶん、亡くなったStieg Larsoon氏の書こうとしていた作品とはまったくの別物だとは思う、けれど、もう二度と会えないと思っていたリスベットと、再び出会えた我々は、やっぱり幸せだと思います。シリーズを読んできた人は、是非とも今すぐ書店へGO!! でお願いします。以上。

↓ やっぱ、一度は行ってみたいですなあ……。
るるぶ北欧 (るるぶ情報版海外)
ジェイティビィパブリッシング
2015-02-25

↑このページのトップヘ