タグ:アーノルド・シュワルツェネッガー

 ここ1カ月ぐらい、わたしの周囲で大変悲しいことがいくつか立て続けに起こって、本当にもうなにもかもうんざりというか、生きる気力が枯渇しつつあり、おまけにわたしはとにかく暑いのが苦手なため、連日の猛暑に、あらゆる体機能が低下し、いよいよ精神・肉体ともに、この世からおさらばしたい気分が高まっている。
 こんな心身状態なので、夜はさっさと寝るに限るわけだが、わたしの場合、20時ぐらいには何もすることがなくなり、じゃあもう寝るか、と思っても、それはそれで激しくむなしくなるわけで、そういう時は、WOWOWで録画しておいた映画でも観ようか、という気になるものの……いかんせん暑くて、なんだか途中でどうでもよくなってきてしまう。
 というわけで、先日の夜、この世のすべてに対する興味を失いつつも、WOWOWで録画した映画をぼんやり観ていたのだが、珍しく最後まで、これはどういうオチになるのだろう……と固唾をのんで最後まで観た映画がある。まあ上映時間も94分と短めだったのも好都合だったのだが、なんつうか、非常にやるせない、今のわたしにはやけに心に重くのしかかる作品であった。
 その作品のタイトルは『AFTERMATH』。英単語としての意味は、「その後」とても訳せばいいだろうか? 辞書的には「(戦争や災害の後の)状態・余波」という意味らしい。このタイトルの意味は、最後までこの作品を観るとよーくわかると思う。実に救われないというか、つらいお話で、妙にわたしの心にグッと来てしまったのである。
 というわけで以下、決定的なネタバレまで書いてしまうと思うので、気になる方は読まないでください。わたしは途中で結末が予想できましたが、いっちばん最後のオチは、若干予想外だったので、知らないで観る方がいいかもしれないす。

 まあ、もうこの予告を観れば、どんなお話かは想像できるだろうし、実際その想像の通りだと思う。航空機事故によって家族を喪った男と、そしてその事故の原因となった管制官の男。この二人の心のさすらう様を描いた作品である。さっき調べてみたところ、この予告にも明確に表示される通り、本作は実際に起きた事件を元に作られた物語だそうだ。その事件は「ユーバーリンゲン空中衝突事故」としてWikiがあるほどで、わたしは全く知らない事件だったが、ひょっとしたら世間的には有名な事件なのかもしれない。このWikiの記述によれば、やはり事故は管制側に責任があるようだ。
 そしてこの事件の痛ましい点は、その事故の後(Aftermath of tha Plane Crush)、遺族のとある男がその管制官を刺殺するという事態にまで進展してしまったことにある。本作は、その悲劇に至る二人の心情をかなり丁寧に描いているのだが、もちろん全てを事実と思うのはちょっと危険だろう。本作はあくまで事実を元にしているだけで、舞台はUSA国内になっているし、そういう面ではフィクションであると言うべきだろうし、描かれるキャラクターの心情も、完全に一致しているとは思うべきではなかろうと思う。
 しかしそれでも、本作が描く二人の男の心情には、恐らく観た人なら誰しもつらいと感じるのではなかろうか。わたしとしては、家族を喪った男を演じたArnold Schwarzenegger氏も、事故を起こした管制官を演じたScoot McNairy氏も、渾身の演技だったように思う。お見事であった。
 そして、本作で一番すごいのが、本作では刺殺事件のその後(Aftermath of the Murder)まで描いているのだ。これは一番のポイントだと思うけれど……ネタバレだけど書いてしまうけれど……どうやら実際の事件においても、管制官を刺殺したのち、家族を喪った男はある種の情状酌量によって刑期を短縮され、釈放されているらしいのだが、本作でも、10年(11年?)の刑期を経て、Schwarzenegger氏演じる男は釈放される。そしてその釈放されたのち、刺殺された管制官の息子(航空機事故の当時は10歳程度の子供だけど10年経って青年に成長)が、父を殺した男の元に現れ、銃を突きつけるのだ。わたしは観ていて、あ、こういうことになっちゃうんだ、いわゆる復讐の連鎖は止まらないんだ? と猛烈に悲しくなってしまったのだが、最後に息子がどんなことを言ってどんな行動を取るのか、それは書かないでおきます。まあ、ここまでもったいぶって書くと、誰しも想像する通りかもしれないな。でも、なんつうか、Schwarzenegger氏の演技は抜群に良かったし、家族を喪った悲しみは痛いほど心に刺さったけれど、どう考えても管制官を刺殺したことは許されることじゃあないと、わたしとしては全力で否定したいと思う。やっぱり、それをやっちゃあおしめえよ、でしょうな。恐らく彼は、残りの生涯、心の安らぎは永遠に得られないのではなかろうか? おっそろしく、心にしみるエンディングだったような気がします。復讐とか敵討ちというものは、結局は亡くなった人のためではなく、今を生きる自分自身の気持ちの問題であって、その後(Aftermath of Revenge)に残るモノ・得られるモノは、実際なーんにもなく、むしろむなしさが募って、心がより一層痛んでいくんじゃなかろうか、と改めて思うに至ったのであります。憎しみの連鎖を断ち切れるかどうか、そこが人類にとって一番の問題なんじゃなかろうか……。
 というわけで、二人の主人公たるキャラを紹介して終わりにします。この二人以外は正直どうでもいいので。
 ◆ローマン・メルニック:飛行機事故で妻と娘(とそのお腹にいた子)を亡くした男。工事現場で真面目に働く労働者。飛行機会社(管制塔を運営する空港会社?)は、さっさと示談に応じなよと全く心無い対応で、ローマン激怒。観てるわたしも、あの弁護士どもの態度には吐き気がするほどのいやーな気分になったすね。でも、奴らも所詮は仕事をしてるだけの使い走りにすぎず、実際罪はないんだよな……でもあの対応はヒドイよ……。ローマンが望んだのは、ただ単に「謝罪」なわけで、欧米諸国は謝罪したら負けな文化なんすかねえ……だとしたら嫌な文化だなあ……。そして演じたのは前述の通り、ターミネーターT-800ことArnold Schwarzenegger氏。このところのシュワ氏は、ほんと疲れた表情のおっさん役がイイすね。もうその苦悩の表情がすげえ渋くて素晴らしかったす。
 ◆ジェイク:事故の原因となった管制官。彼は普通の男で普通の幸せを得て普通に仕事していただけだったのに、まあ、命を預かる仕事という自覚が足りなかったんだろうな……。事故後、苦悩に苦悩を重ねたのち、会社の弁護士の勧めで離職、氏名を変えて(USはそんなことが出来るんだと結構驚き)住所も変え、生きようとしていたがローマンに刺殺される。つうかですね、ジェイクの住所をローマンに教えたクソジャーナリストがやっぱり一番罪深いのではなかろうか。ジャーナリストってのはほんとロクなことしねえ……とも思ってしまいました。ジェイクを演じたのは前述の通りScoot McNairy氏だが、わたしはこの人、どっかで見たことある顔だ、けど、誰だっけ? とすぐには分からなかったのだが、さっき調べたら、『BATMAN V SUPERMAN』で、ウェインカンパニー社員で冒頭のメトロポリス大決戦で足に大怪我をし、以降車椅子となってレックス・ルーサーに利用されるあの気の毒な人を演じた方っすね。そうだ、あの顔だ、とさっき思い出したっす。
 ところで、さっきついでにこの映画の評価のほどをRotten Tomatoesでチェックしたところ、かなりの低評価だったことを知ったのだが、これはアレかな、やっぱりエンディングに対する評価なのかな……それとも、元々の事件がヨーロッパで起きたもので、US市民にはウケなかったのかな……ぞれとも、US市民にはやっぱりこういう重い話は敬遠されたのかな……。わからんけど、わたしとしてはそこまで低い評価にすることないじゃん、と無責任に思った。わたしとしては、観て良かった映画だと思う。

 というわけで、結論。
 実際の痛ましい事件を元にした映画『Aftermath』という作品をWOWOWで録画して観てみたのだが、まあとにかく、重くて暗ーい映画ですよ。それは間違いないと思う。救いがないと言ってもいいのかもしれない。しかし、二人の主人公を演じたArnold Schwarzenegger氏も、Scoot McNairy氏も、実に素晴らしい芝居ぶりだったと思う。お見事でした。この二人に敬意を表して、わたしの結論としては、この映画はアリ、です。観て良かった。しかしなんつうか、生きるってつらいすなあ……ほんと、生きてていいことなんてあるのかなあ……全くそう思えないわたしであります。出来ることなら、苦痛なく、生命活動が停止する日がさっさと来てほしい。それがわたしの望みっすわ。以上。

↓ ああそうか、なんか聞いたことがあると思ったら、STONESのアルバムタイトルか。
アフターマス
ザ・ローリング・ストーンズ
USMジャパン
2013-02-20

 もはやお約束だが、わたしの記憶力は年々低下の一途をたどり、本当にこれはもう病気なんじゃねえだろうか、と大変自分が心配でならないのが、40代後半となってしまったわたしの現状である。なので、なるべくせっせと記録を残そう、というつもりでこのBlogも存在しているわけだが、昨日の夜、これまた例によって例のごとく、何もすることがなくもう寝るしかねえな、という想いを抱いたのが20時半ごろで、この時間に寝てしまうのも老人めいているし、じゃ、映画でも見よう、とHDD内の一覧を見てみたところ、つい数日前に、『MAGGIE』(邦題はそのまま「マギー」)なる映画が録画されているのを発見した。全く記憶にないそのタイトルに、わたしは冒頭に記したように、オレはもう病気なんじゃねえかと深刻に疑ったわけだが、ま、とりあえず再生を開始してみた。
 すると、再生2分で、あ、これか、そうか、やっとWOWOWで放送されたんだ、と、この映画のことを思い出した。
 というわけで、『MAGGIE』という作品は、↓こんな映画である。

 わたしはこの映画の予告をだいぶ前にUS版で観て、これはまた、なかなかすげえというかシブイのが来たな、と思っていたのだが、そのまま忘却の彼方に埋もれ、日本で公開されたことすら気が付かなかった。どうやらUS公開が2015年の5月で、おそらくその前後にわたしはUS版予告を観たのだと思う。そして日本では2016年2月にごく小規模ながら劇場公開されていたらしい。へえ~。全然知らんかった。
 で。物語は、ほぼ上記予告から想像できる通りである。以下結末まで書くのでネタバレが困る人は読まないでください。
 THE NECROAMBULIST VIRUS(字幕では「腐歩病ウィルス」と訳されてた)なるものが蔓延し、感染者を隔離することで、かろうじて文明は保たれているが、街中には感染者として末期症状のゾンビが徘徊しており、極めて危険な状況に陥っている。そんな中、娘のマギーが感染してしまった主人公は、果たしてマギーを隔離所へ引き渡すことができるのか、あるいは、自らの手でゾンビと化したマギーを殺すことができるのか? そんなある意味究極の選択に立たされた男のお話である。
 この物語において、わたしが面白いと思ったのは、感染者が「徐々に」ゾンビ化していくという点であろう。どうやらゾンビに噛みつかれるとそこから「腐歩病ウィルス」に感染するようだが、噛まれて即座にゾンビになるわけではなく、実にゆっくりと、少しずつゾンビになっていくのだ。
 そのゆっくりぶりが、主人公にとっては非常につらいわけで、治療の可能性がなく、噛まれた時点でもうアウトなのに、まだ意思疎通もできるしまったく人間性を失っていないマギーを、放っておけるわけがない。しかし、「その時」は確実に近づいているわけでーーーてなお話である。
 どうやらこの映画、RottenTomatoesでもMetacriticでも、評価としては残念ながら低い。また興行面でもどうやらUS国内ではごく小規模上映しかなされず、まったく売れなかったようだなのだが、わたしの結論をズバリ言うと、結構面白かったと思う。そして、やっぱり見どころは、やけにくたびれたおっさんを演じたArnold Schwarzenegger氏と、ゾンビ化してしまう娘を演じたAbigail Breslin嬢の魂のこもった熱演であろう。いいじゃないの、とわたしは大層気に入ったのである。
 まず、悩めるお父さんを好演したSchwarzenegger氏は、現在もうすでに69歳という年齢になってしまったわけだけど、まあ、苦悩が顔ににじみ出ているというか、とても味がありますよ。また、娘マギーを演じたAbigail嬢も、複雑な役を見事に演じきったと思う。
 ただ、本作は、いわゆる「THE BLACK LIST」(=ハリウッドが注目するまだ製作の決まっていない脚本のランキング)の2011年版に載った脚本なのだが、わたしとしては以下の2点において、若干微妙だなあ……と思った点がある。
 1)マギーよ、お前なんで感染したんだ……
 マギーは、どうやら一時家出していたらしく、危ないと外出禁止令も出されているのに、のこのこ街へ出かけて噛まれてしまったようなのだが、その家出の理由は、明確には示されない。どうやら母は既に(ウィルス拡散以前に)亡くなっていて、継母と父との間にできた二人の幼い弟と妹がいるのだが、その関係は表面上は全く問題ないけれど、どうも、マギーの心中は、思春期の少女にありがちな複雑なもので、家出の背景にはそういう感情があるようだ。ーーてなことを感じさせるのだが、それを感じさせるのはあくまでAbigail嬢の演技が素晴らしいからであって、脚本的には非常にあいまいというか、明確ではなく、なんとも雰囲気重視で微妙であった。
 2)最終的な結末の微妙さ
 本作のエンディングをズバリ書いてしまうと、父はどうしてもマギーを殺すことはできず、自らマギーに殺されることを願う、が、わずかに残った人間の心で、マギーは父の額にそっとキスし、一人、自ら命を絶つ、という実に悲しいエンディングであった。しかし、このエンディングも、あくまでSchwarzenegger氏とAbigail嬢の演技が大変すばらしいからこそ美しいのだが、物語としてはかなり微妙なエンディングだ。お父さんよ、あんたは食べられちゃえば済む話かもしれないけど、その後凶暴なゾンビになっちゃったマギーをほっといていいのかという気がするし、一方でマギーの自殺の方法も、映像として美しいけれど、微妙に説得力がない。ゾンビなんだから、あれで死ぬとは思えないというか……うーん……とにかく、脚本がちょっとアレですよ、これは。
 おそらくはそういった微妙な点が、US国内での低評価に影響しているのだと思うが、何度も言う通り、二人の演技ぶりは大変すばらしかった。ま、Schwarzenegger氏はもういまさら説明する必要はないと思うので、Abigail嬢に関してだけ、少しメモを残しておこう。この方は、若干10歳でアカデミー助演女優賞にノミネートされた実力派である。わたしはその作品『Little Miss Sunshine』は見てないんだよなあ……ま、写真を探してみると、大変かわいいちびっこである。しかし、それからこの映画が作られるまでに9年が経過しているわけだが、現在のAbigail嬢は……ええ、ズバリ言おう、全く可愛くない。強いて言うならブサカワであろう。なので、わたしは全く彼女が何者か気が付かなかったのだが、実はAbigail嬢は、結構多くの作品に出演していて、わたしが驚いたのは、かの珍作で名高いM・Night Shyamalan監督の『SIGNS』に出てきたあのちびっこですよ。当時5歳か。そして、先日アカデミー主演女優賞を受賞したわたしの大好きなEmma Stoneちゃんと共演した『ZOMBIELAND』のあのおませなチビ、リトルロックを演じたのもAbigail嬢であった。当時11歳か? 全然気が付かなかったわ……。まあ、すっかり成長して、残念ながら美女?にはならなかったAbigail嬢だが、演技は本当にしっかりしていて、ラスト、父の額にキスするシーンはかなりグッときましたね。素晴らしい演技だったとわたしとしては称賛したいと思う。
 最後。監督について。監督は、Henry Hobson氏という男で、年齢はわからないけれどまだ若いみたいですな。ほぼ長編映画の経験はないようだが、グラフィックデザイナーとしてのキャリアの方が多いみたいですな。映画やゲームのタイトルデザイナーとしての仕事が結構多いみたい。本作の演出ぶりは、若干微妙だとわたしは判定した。妙なピンボケショットや顔や手など一部分のクローズアップが多い印象で、正直、シャレオツ系・雰囲気系な演出家とお見受けした。だからダメとは言わないが、もうちょっとシャープな方がわたしの好みであると思うけれど、ややぼんやりとした映像は、本作をなんとなくファンタジックな世界観に仕立てあげているとも言えそうな気がしますね。
 しかし……愛する人が死の運命にとらわれてしまったら……おまけに正気をなくしたゾンビになっちゃったら……まあつらいお話ですよ。わたしも引き金を引けたかどうか、相当怪しいわけで、そう共感させてくれたのも、Schwarzenegger氏とAbigail嬢の演技の素晴らしさゆえ、というわけであろうと思うことにします。

 というわけで、結論。
 WOWOWを録画してみた『MAGGIE』という作品は、確かに総合的には微妙作と言わざるを得ないけれど、主演の二人の演技は実に素晴らしく確かなもので、そこまで酷評しなくてもいいじゃん、とわたしには思える作品であった。わるくないじゃん。それがわたしの結論である。以上。

↓ この時のAbigail嬢は大変可愛かった……という記憶があるので、また見てみようかな。確かBlu-rayに焼いて保存してたはず……。
ゾンビランド (字幕版)
ウディ・ハレルソン
2013-11-26

↑このページのトップヘ