タグ:アレクサンドラ・ダダリオ

 年末年始にかけて、WOWOWで録り貯めた映画をチョイチョイ観ていたのだが、その中で、結構笑えて楽しい(?)というか、意外と豪華な役者と監督で作られた、とんでもないB級作品があったので、そのことを備忘録として記録しておこう。
 WOWOWでの放送タイトルは、『ゾンビ・ガール』 。なかなかセンスのないどうしようもない邦題だが、元の原題は『Burying the Ex』というらしいことを、物語の一番最後に出てくるタイトルコールで知った。意味するところは、「元カノ(あるいは元カレ)を葬り去る」ということで、映画としては文字通り土に埋めて埋葬するのだが、ある日突然死んじゃった彼女が、ゾンビとなって戻ってきてさあ大変! という笑えるコメディーであった。ズバリ、面白かったす。

 この映画が日本でも劇場公開されてたなんて、今この記事を書き始めて調べて初めて知ったのだが、探してみたらちゃんと予告編があったので貼っときます。そして、物語はもう、この予告を観ていただければ分かる通り、そのまんまのお話である。ただ、笑えるポイントとして重要な、主人公の青年とゾンビの彼女の関係についてちょっとだけ補足しておこう。ネタバレもあると思うので、以下は自己責任でお願いします。
 まず、主人公の青年は、ホラーグッズを扱うお店の店員で、ホラー映画が大好き。ただし、店のオーナーの方針で、買い物してくれたお客さんに、Have a nice day~!と言えず、代わりにGo to Hell~と言わなくてはいけないルールなんかがあり、さっさとこんな店を辞めて、自分のお店を開きたいという野望を持っている。基本的にはB級オタであり、ジャンクフードも合成着色料も大好きな、ある意味フツーののんきな青年だ。
 そして一方の彼女は、いわゆる意識高い系で、良くわからない環境NGO的な事務所(?)に勤務していて、好きなものはエコ・オーガニック・リサイクル・ベジタリアンと典型的なスノッブ女子であり、乗っている車も当然TOYOTAのプリウスである。しかも押しが強く、気が強いというか、まあ男目線からすると、ちょっとめんどくさい女子だ。ただし、見た目の美しさは抜群である。
 こんな二人なので、性格や好みが全く合わないというか、いわば正反対なのだが、お互いをパートナーとしたSEXが大好きで、ともに相手の顔と体にメロメロなお熱いカップルなわけです。しかし、とうとう二人が一緒に住もう! ということになって、彼女の方が青年のアパートに引っ越してくる。そして仕事から帰ってきた青年を迎えたのは、スッキリ綺麗に片づけられ、あまつさえ壁も明るいグリーンに塗り替えられちゃったマイルームで、大切にしていたポスターやアイテムも片づけられてしまい、完全に意識高い系の部屋になっている有様であった。
 そしてとうとう主人公は思う。オレ、この女と合わないんじゃね? と。まあ観ている観客からすれば、とうとう、というか、今頃やっと、というか、おせーよ!! とつい突っ込みたくなるわけだが、ともかく、主人公の青年は、もうオレこの女無理、とようやく気付き、別れるしかねえ、という決断を下すことになる。
 主人公は、おっかない彼女になんて言えばいいんだとさんざん悩み、おまけに美女でSEXも最高だし、どうしよう、やっぱり別れるのは無理かも、いやいや、続けることこそ無理だし……とくよくよしながら、ようやく一大決心して別れを告げようと呼び出した、まさに目の前で、彼女は豪快にトラックに跳ね飛ばされ、あの世に直行と相成る。これが予告動画にも入っている映像ですな。
 そして主人公は別れようとしていたといっても、そりゃあ悲しいわけで、しょんぼりしていると……次に、今度は自分の趣味にジャストミートな、ホラー愛好家の可愛い女子と出会っちゃうわけです。しかもやけに積極的で、なんとなくの罪悪感を感じつつも、その新しい彼女に魅かれていく主人公。そんなところに、おっかない元カノが、ゾンビとなってさらに強力にパワーアップして帰って来て、とんでもない事態になる、とまあ、そんなお話であります。サーセン、もう完全ネタバレっすね。そういや、この話の筋道は、だいぶ前に観た『LIFE AFTER BETH』(邦題:ライフ・アフター・ベス)にも似てますな。似てるというか、そのまま、すね、ある意味。

 というわけで、そんな物語なので、バカ話なわけですが、キャストが非常にいいのです。
 まず、主人公の青年を演じたのが、去年不慮の事故で亡くなってしまったAnton Yelchin君。今回は何となく気弱なオタク青年を非常にコミカルに演じていました。とても良かったと存じます。
 そして、おっかないゾンビ元カノを演じたのがAshley Greeneさんという美女で、wikiに載ってる写真はかなり髪も長くて頬がげっそりしているので、相当イメージは違うのですが、この方は、かの『Twilight』シリーズで、吸血鬼一家の長女(だっけ?)のアリスというキャラを演じた方っすね。あの時はショートカットでもうチョイ丸い顔だったけれど、非常に美人&かわいい&スタイルグンバツ女子です。ちょっと検索すれば、そのアリスの時の画像はすぐ出てきますので、相当違うとわたしが言う意味は分かると思います。『Twilight』の野球シーンが超かわいい人です。今回のゾンビぶりも、実に良かったと存じます。
 で、もう一人。主人公が彼女亡きあと付き合いかける、オカルト大衆文化大好きな肉食系女子を演じたのが、Alexandra Dadarioさんという方で、わたしはこの人のことを、その美しい顔よりもですね、大変セクハラで恐縮なのですが、そのデカい豊満な胸の方を覚えておりまして、あれっ!? このデカい胸は知ってる、誰だっけ? と思い、インターネッツ神にお伺いを立てたところ、あっさりその正体は判明しました。そう、この方は去年の夏ごろわたしがWOWOWで見た、『San Andreas』(邦題:カルフォルニア・ダウン:2015年公開)で、THE ROCK様でおなじみのDwayne Johnson氏の娘役を演じていた方でありました。しかも、本作の方が2014年の作品なので古いすね。あ、今、去年の夏にわたしが書いたBlog記事を読んでみたら、その時もデカい胸のことを書いてますね。いや、だって、男なら誰だって無条件で目が行ってしまうと思うのです……。にんげんだもの……。
 そして、最後に、監督のことも書いておきたい。わたしはこの映画を、そのタイトルからしてヤバそうなB級映画だろうな、と、わたしのB級センサーが反応したために録画しておいたわけだが、監督が誰かなんてことはまるでチェックしておらず、映画が終わって、スタッフクレジットを観て初めて知って、非常に驚いた。なんとこの映画の監督は、かのJoe Dante氏ですよ!!!  えっ!?知らない!!? うっそお!! もし知らなかったら、今日限り映画好きの看板は下ろした方がいいと思います。80年代を代表する監督の一人と言っても過言ではないのではなかろうか? かの『Gremlins』や『Innerspace』を撮った方ですよ。この方の映画なんてたぶん20年ぶりぐらいではなかろうか。超久々でびっくりしました。

 というわけで、結論。
 タイトルに魅かれて、どうせつまらねーB級作品だろうな、と思って観た『Burying the Ex』(邦題:ゾンビ・ガール)は、想像以上に大変面白かった。その邦題のセンスは0点だが、映画は役者陣が大変魅力的で、単なるおバカムービーとして片づけるには大変もったいない作品であった。こういう映画、嫌いじゃあないぜ。以上。

↓ すげえ! このパッケージデザインは何ともはや……かなり攻めてますな!
ゾンビ・ガール [Blu-ray]
アントン・イェルチン
松竹
2016-04-06
 

 わたしは映画オタクであり、とりわけハリウッド大作が大好物であることは、このBlogでも何度も書いていると思うが、一つのジャンルとして、いわゆる「ディザスターもの」はかなり好きである。
 大抵の場合、まずはじめに、世界各地で、なにやら異変が起こる。そして、それが後に起こる大惨事の前兆であろうことを、大抵、うだつの上がらないような科学者が発見する。 そして、パターンとしては、その科学者自信が奮闘する場合や、その科学者から話しを聞いた、ほぼ行きずりの主人公(※何らかの特殊技能を持つ場合とまったくの普通の人の場合と分かれる)が奮闘する場合、あるいは、実は政府は既に対策を練っていて、秘密裏に何らかのハードウェア的なブツの建造を進めていた、という場合もある。
 いずれも共通するのは、大抵の場合主人公は超絶ピンチに見舞われながらも、何とか生き残り、荒廃した世界を前に、やれやれ、オレたちの未来はここから始まる!! 的な、ジャンプ10週打ち切り漫画的なエンディングを迎えることになる。ま、その後のサバイバルのほうがよほどドラマになりそうですが。
 というわけで、昨日の夜、ぼんやりとWOWOWで録画した映画を観たのだが、昨日観たのは、「巨大地震が北米西海岸を襲う」という、我々日本人にはちょっと刺激の強い作品、『San Andreas』(邦題:カルフォルニア・ダウン)である。結論としては、いつものパターンで、まあ、普通の出来でした。
 
 まず、やはりこの予告だけでも、受け取り方は人ぞれぞれだろうと思う。
 わたしは、正直に言えば、この映画は明らかなフィクションであると自覚しており、とりわけ嫌悪を催すことはまったくない。まあ、だからこそ観てみたわけだが、上記予告を観ただけで気分が悪くなる方もいるだろうから、残念ながら万人にお勧めするわけには行かない。こりゃあ、ちょっと……と思ったら、躊躇せず今すぐ立ち去っていただきたい。ちょっと厳しいと思うので。
 では何から書くか。そう、まずは、原題の『San Andreas』ってなんだ? と思われる方に説明しよう。これは、本編を見れば十分に説明されるので、ははあ、そういうことですかと分かるのだが、要するに、カリフォルニア州を縦断する「サンアンドレアス断層」のことで、この映画ではその断層の活動により、LAとSan Franciscoがバックり割れてしまうお話である。
 映画本編での科学者の説明によると、150年周期で大きな地震が起きており、今現在、前回の地震から100年を過ぎている状態で、「地震が起きるかどうか、という可能性の問題ではなく、いつか、という時間の問題」なんだそうだ。この事実は、確認していないけど、おそらくはフィクションではなく現実なんだろうと思う。そしてそのことは、残念ながら、というべきか、我々日本人すべてが、常に意識しておかなくてはならない問題なのだろうと思う。もちろん、必要以上に毎日を脅えて暮らす必要はないが、ある程度の準備は、物質面でも、心の面でも必要であろう。なので、熊本や東北、阪神淡路、など何度も大きな地震を経験してもなお、オレは平気だったし、なんて気持ちでいると、大変なことが起きたときにどうにもならないわけで、そういう意味では、こういった映画を観ることも、まったくの無意味ではないとわたしは感じた。実際怖いし。
 
 というわけで、物語はどんな感じかというと、ごく単純である。主人公はL.A.F.D.(ロス消防局)所属のレスキューヘリパイロット。 元軍人であり、経験豊富な腕利きだ。その彼は、妻と離婚寸前であり、妻は現在金持ちの男と同居を始め、娘もそちら暮らしである。というわけで、若干しょんぼりな主人公である。一方、カルフォルニア工科大学の地震学の教授は、地磁気の観測データから、地震予知のロジックを完成させる、のだが、ネバダ州の「フーバー・ダム」で実験中に、強烈な反応が観測され、直後、巨大な地震が起こり、フーバー・ダムは崩壊する。だが、それはこれから始まるサンアンドレアス断層の崩壊の序章だったのだ。そして、主人公パイロットは愛する妻と娘を救出に向かう――!! てなお話である。
  なので、まず主人公は、特殊技能所持タイプである。演じているのは、US本国で大人気の「THE ROCK」ことDwayne Johnson氏である。知らない人は知らないだろうから説明しておくと、元々プロレスラーで、そのリングネームが「THE ROCK」であり、わたしも随分昔にWOWOWでWWFの試合を1回だけ観たことがあるけれど、まあすっげえ人気者ですよ。わたしが思うに、現在の『The Fast and the Furious』(邦題:ワイルド・スピード)シリーズの人気が高まったのは、彼が出演するようになった5作目からではなかろうか。いや、正確には4作目から大ヒットしているけれど、とにかく5作目から格段にスーパーヒットになったのは事実だと思うな。ちなみに、わたしの分析によると、THE ROCK様のUS国内における絶大な人気の秘密は、いわゆる「ギャップ萌え」なのではなかろうかと考えている。このおっさんですね、すげえおっかない顔しておいて、笑顔がやけに可愛らしいんだな。結構コメディもやってて、なんか、いい人っぽいすよ。
 ま、そんなTHE ROCK様なので、とにかくでっかくてゴツイ。よくヘリの狭いコクピットに体が入るな、と思うほどの重量級な男である。 そんな彼が、おっそろしく大活躍して妻を助け、あっという間にヨリが戻り、妻と共に娘救出に向かうのだが、これはもう、ハリウッド娯楽作なので、そ、そんなバカな!? というようなスーパーマン的大活躍を見せる。なので、恐らく日本人的には、かなりシラけてしまう可能性は高いが、US本国では、THE ROCK様のマッチョボディに、恐らく劇場はもう大興奮の渦であろうと想像する。それはいい悪いの問題じゃなく、そういうものなんだから、批判したって何の意味もなかろう。
 わたしとしては、別にスーパーマン的な活躍は全然アリだと思うが、ちょっと気になったのは、おそらく、ここ日本においては、あれほど「仕事をほったらかして家族優先」に救助活動をしたら、確実に後に批判にさらされ、インターネッツの発達した現代では徹底的に叩かれてしまうんじゃなかろうか、という点である。一応、主人公は、家族を救出に行くことを管制に報告し、管制からも「よーし分かった。頑張れよ、GOOD LUCK!!」と、許可を得るシーンはあるにはあった。けど、まあ、日本ではありえないでしょうな。これもいい悪いの問題ではなく、日本人なら、家族より仕事を優先させるのはおそらく確実だろうということで、 アメリカ人でもそりゃあ仕事を優先させる人だっていっぱいいるだろうけど、ま、許されるんでしょうな。よく分かりませんが。とにかく、日本人のわたしから見ると、主人公の家族優先の行動は、ちょっと後々が心配になった。大丈夫かこの人。
 そんなわけで、この映画はある意味、THE ROCK様の、THE ROCK様による、THE ROCK様のための映画とも言えそうだが、一人だけ、役者を紹介しておこう。わたしが紹介したいのは娘のブレイクを演じたAlexandra Daddario嬢30歳である。彼女は、どっかで見た顔とデカイ胸だな……と思って調べてみたところ、彼女は『Percy Jackson & the Olympians:The Lightning Thief』で、アテナの生まれ変わり(?)のヒロインを演じた彼女だった。ははあ、なるほど、あの娘か、とさっき初めて知りました。どうも見たことがあると思ったよ。彼女は、今回実にえらい目に遭うわけだが、なにしろパパがTHE ROCK様ですからね。どうせ大丈夫でしょ、とわたしは全然心配せずに観てました。
 まあ、他の役者や監督は、もう正直どうでもいいかな。それより、やっぱりこの映画の最大の見所は、CGによる恐ろしくリアルかつ誇張された、カルフォルニア崩壊の様だろう。画として、非常に恐ろしい。わたしは無神経な図太いバカなので、うおー、すげえ!! で済むけれど、まあ、これはやっぱり人によっては厳しいだろうなと思う。この映画が、地震に対する警告や啓蒙というような意味があるとしたら、そのビジュアルは、若干やりすぎだろうけど、意味はそれなりにあるとは思う。知らないよりも知ってたほうがいいのは間違いないだろうから。

 えーと、他に何か書いておくべきことがあったかな……あ、そうそう、ビジュアルがやりすぎじゃね、と思ったのはですね、あまりにほぼ全てのビルが倒壊してしまうわけですよ。一応西海岸は地震がそれなりに多いのに、この国の耐震基準ってどうなんだろう? とその点はよく分からないというか、ちょっと謎です。しかし、地震があるかないかで、建築の様相、街の様相は結構ちがうもんすね。NYCなんてほとんど地震はないからあんなにボロいビルや高層建築が多いのだろうし、わたしが一番びっくりしたのは、香港の街並みすね。超高層マンションがこれでもかってぐらい、にょきにょきと無数に建ってるもんな。あそこは地震がないんだろうなあ。でもまあ、地震が避けられないけれど、わたしは日本が一番好きです、はい。

 というわけで、結論。
 本作『San Andreas』(邦題:カルフォルニア・ダウン)は、そのリアルな恐ろしい映像から、日本での上映も一時危ぶまれたほどだが、観てみた結果、意外と普通のディザスター・ムービーだった。しかし、やはりその映像の迫力は、ある意味無邪気に誇張されているような気もするので、まったく悪気はないにしても、日本人には若干厳しいかもしれない。ま、ハリウッド映画なので、安心のエンディングですので、その点は、何も考えずに観ても大丈夫だと思います。観る価値があるかどうか、は、なんともいえないなあ。でも、少なくとも、地震を他人事と思っている人は、この日本にいるとは思えないけど、一種の啓蒙として、意味はある、と思うことにします。以上。

↓ わたしとしては、THE ROCK様鑑賞にはこれをお勧めします。「1」にしか出てませんが、The ROCK様初めての単独主演作です。意外と面白いす。
スコーピオン・キング 1-4 ブルーレイBOX [Blu-ray]
ザ・ロック
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-05-02


 

↑このページのトップヘ