というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 つうかですね、今週も特に書くネタが浮かばないのでさっさと進行したいのですが、恐ろしいことにもう今年も半分終わりつつあり、なんつうかもう、その時の流れの速さに、なにかいやおうなしに追い立てられているような気すらする毎日であります。小学生の頃に感じた、夏休みの異常な長さはなんだったんだろう……。やれやれですな。
 それではまずは、さっさと今週の週刊少年チャンピオン2018年30号概況です。
 ■巻頭グラビア:モーニング娘。’18の牧野真莉愛嬢。大変結構ですな。
 ■弱虫ペダル:全てを捨てての巻。鳴子くんが泣かせてくれますなあ! 今泉くんと坂道くんの精神注入でついにボケー筋に追いついた鳴子くん。カッコ良すぎっす!
 ■BEASTERS:新星、助演男優賞の巻。チャラ男なピナ君の本気! が描かれ、大変面白かったす。絵的にも大変力がこもってますな。
 ■吸血鬼すぐ死ぬ:デキる男はベッドがスゴいの巻。ドラクルの棺桶、超快適w 初っ端の「楊枝に抵抗する信玄餅」に吹いたすw 今週も最高でした。
 ■昆虫武将チョウソカベ!:殿たちの決断の巻。あ、そういう話だった、と思い出させてくれました。「時の巻き戻し」という本筋編が始まろうとしています。
 てな感じの週刊少年チャンピオン2018年30号でありました。つうかですね、忘れてた! わたしはもう2年近く前にチャンピオン「電子版」に乗り換えてしまい、その結果、『ドカベン』を読めなくなってしまっていたわけです(※電子版だと『ドカベン』が載っていない)。そしてその『ドカベン』が来週なのかな? ついに最終回を迎えるとか……来週は久しぶりに紙雑誌版を買うしかないかもしれないすね……。。。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週は、【猛虎】先生の相撲の秘密その(2)的な、ある意味での種明かしの回でありました。その(1)で語られた「視覚的錯覚(?)」に加え、先週のその(2)では「力学的に最適化された動き(?)」と言えばいいのでしょうか? 【猛虎】先生の強さは、きちんとした科学的な根拠を「自覚している」ことにあるようにわたしは感じました。天才型は理屈不要ですが、努力型は「これだ!」と納得できる理屈(あるいは体験のようなもの)があって初めて、進むべき方向性が得られるわけで、単なるがむしゃらとは全く違う、技術を磨き抜いたのが【猛虎】先生なんだな、とわたしは思ったのであります。そして椿ちゃんは、思わずうつむきそうになる鯉太郎母と対照的に、決して目をそらすことなく土俵を見つめております。いよいよクライマックスに近づいている気配の13日目ですが、果たして今週はどこまで、どんな展開になるのでしょうか。
 というわけで、今週はNHKアナの「鮫島強引に体をもどしていく!!」という絶叫中継から開幕です。
 土俵際、【猛虎】先生は鯉太郎の左前まわしをがっちりキャッチしつつ、右手は鯉太郎ののど輪をグイグイと押し込む形、つまり鯉太郎はかなりのけ反っているわけですが、それを、「ブチッ ビギッ メ゛ギッ ベギッ」と背筋からすさまじい音をたてながら押し返しています。
 ここで描かれる鯉太郎の表情は、若干笑みを浮かべている様子です。そしてクールな【猛虎】先生は、あわてず騒がず全身の点を線で結んだ最適化された動きでそれに対抗、ああっと、再び「ぐおっ」と【猛虎】先生がのど輪で押し込む! 鯉太郎ピンチ!
 「しかし猛虎 そうはさせじと押し返す!!」とNHKアナも絶叫だ!
 鯉太郎もさすがに「くっ…」と苦しそう。そして【猛虎】先生はここでも冷静だぞ!
 「鮫島…大した男だ…その足りない体で 壊れることも覚悟で 限界を超えた力を出す… だがそれでは…その使い方… その振り切れ方では 俺には勝てん…」
 そして土俵を見つめる【王虎】さんがカットインです。
 「鮫島の覚悟に 熱に…呼応されることも引き出されることもない… 揺るぎなき己の技術への絶対的な誇り…愚直に突き進み 全うに振り切れた猛虎の相撲… どうする 鮫島… それとも… ココが終わりか?」
 鯉太郎はもうすごい表情です。ぐぐぐ、と耐えております! その表情に、橋くんはつぶやきます。
 「この窮地で まだ目から絶望がこぼれないのか…」
 そしてNHKアナも中継を続けます。「それでも強引に押し返す!! 鮫島あきらめない」 そんな耐える鯉太郎の姿に、場内は鮫島コールが自然発生だ! 「鮫島!!」「鮫島!!」「頑張れー!!」「あきらめんな!」「押せー!」「押し返せー!!」
 この、場内を満たす鮫島コールに、観客席の鯉太郎母は亡き夫、火竜の言葉を思い出します。
 「一度場所に観に来いよ スゲーもん見せてやるから」
 はっ!? と思う母は、土俵の鯉太郎に火竜を見たのです! まだ終わっちゃいねーんだと事件後嘆いていた火竜。そして俺はここにいると宣言していた幼き鯉太郎少年。あの時の言葉の通り、まさに今、火竜は鯉太郎の中にはっきりと生きていたのです!
 「また…ここに… あの子の中で… アナタはもう一度…あの頃のように…輝いて…」
 そして土俵上の鯉太郎の脳裏には、対する【猛虎】先生への想いが交錯します。
 「そうだ…ヒリヒリしてバチバチして 重くて…怖くて…俺の始まりは猛虎(ここ)からだった…そして今…その重さは 怖さは 比べられないほど強烈で…この男のここまでの道は きっと壮絶だったのだろう…肌で感じる叩きあげられた技術力の高さ…力士としての芯の硬さに 尊敬の念すら抱いちまう…でも…俺の道も軽くねーから…まだ…ここで…終われねーから…」
 ここで終われない。この思いは【王虎】さんとの約束と言ってもいいのかもしれません。「持っていけ…俺の全部をくれてやる…」男にこんなことを言われたら、終わるわけにはイカンのです!
 「もて…あともう少し…あと少し…崩れ落ちるな…」
 俵にかかっている鯉太郎の左足首もビチッギシッと悲鳴を上げております! そしてページをめくると! あ゛あ゛あ゛あ゛の雄たけび一発、ぐおっと押し返す鯉太郎の図だ! しかし【猛虎】先生はいまだ冷静! カッコ良すぎる表情!
 「まだ分からないのか…ただガムシャラな力押しでは…」
 そしてページをめくると、いよいよ【猛虎】先生、フィニッシュに行くか!?
 「残念だ…ここまでだ…」
 しかし!? ページをめくった先では、1ページブチ抜きで、「スッ…」とのど輪攻めを抜ける鯉太郎の図であります! こ、これは!? 何が起きたんだ!? 【猛虎】先生も「!?」と一瞬虚を突かれた表情です! その瞬間にはもう、鯉太郎が【猛虎】先生の左サイドに回り込もうとしている!! 鯉太郎は、自らの前まわしを握る【猛虎】先生の左手を支点として…くるりと反転!
 「ぬっ…抜けたーーーーー!!」
 とNHKアナも絶叫、わたしも同じセリフで絶叫です!! 抜けた! マジかよ鯉太郎! 今何やったんだ!?
 というわけで、今週ラストは【猛虎】先生の「な、なん…だと…!?」的な驚愕の表情と、もはや無心・無表情に近い鯉太郎の何とも言えない表情、という対照的な二人の顔アップで幕、でありました。【追記:ラストの猛虎先生の「右!?」は誤植で「!?」が正しい、と佐藤先生がツイートされてますので、直しました。コメント欄への情報ありがとうございます!】
 ラストの状況をまとめておくと、【猛虎】先生が握っていたまわしはもう切れています。そしてそのまわしを握っていた【猛虎】先生の左手というより左肘を鯉太郎は掴み、抱え込もうとしている状況です。これは小手投げ? の体勢でしょうか? そして二人は同じ方向を向いていますので、再び相対するには90度回転しないといけないポジション。しかももはや土俵際です。これは大変なことになってきましたね……ここから投げ合いに行くのか、来週の展開が大変楽しみであります。はあ……どうやらいよいよVS【猛虎】戦も大詰めですなあ……この戦いの結末をワクワクしながら見届けたいと存じます! くそー! 早く読みてえなあ!!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 12日目:【王虎】東大関
 13日目:【猛虎】東大関
 --------
 【王虎】東大関。12日目現在11勝1敗。鯉太郎に敗北!
 【猛虎】東大関。10日目まで10勝、その後【泡影】に1敗した模様
 【天雷】東関脇。12日目現在9勝3敗に
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。67連勝中(12日目現在)。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 

 というわけで、結論。
 今週は、先週ラストののど輪攻めからくるりとターンして形勢逆転か!? という超イイところまでが描かれました。投げ……投げなんすかねえ……最終的には……。しつこいですが、わたしとしてはやはり、大横綱・虎城の血を引く若虎退治には、虎城キラー春風の血を引くあの技しかないと思うんすよね……。どうだろうなあ……今のところ、鯉太郎=火竜の「親子の血縁」推しな感じですが、わたしとしては【猛虎】先生との戦いは「部屋の血」推しにして欲しいんすよ……。まあ、いずれにせよ、決着がウルトラ楽しみっすねえ……! ちなみに、今さらっとチェックしてみたところ、ナンバリングとしてはVS【宝玉光】戦が(19)まであって一番長いすね。まああれは回想編が長かったし、実際の取組は4週ぐらいしかなかったかな。今回の【猛虎】戦はすでに(9)。いよいよ決着近し、ですな。いやー、『鮫島』はホントに最高っすね! と今週も締めくくりたく存じます。以上。

↓ つうかですね、わたしは発売日に紙と電子で買ったのですが、紙版の方は、いつもの本屋に置いてなくて、3軒回って確保しました。マジかよ、売れてねえのかなあ……と大変心配になったので、しつこいですが今週もリンク付けておきます。それとも売れちゃったために置いてなかったのだろうか??