わたしは現代戦を描いた戦争映画は比較的よく観る方だ。わたしが好きな作品は、基本的にリアリティのある作品で、『BLACK HAWK DOWN』だとか、『LONE SURVIVOR』だとか、あの辺りの作品が好みである。そこにあるのは、なんというか、本当に「怖い」と感じるような緊張感で、絶望的な状況に陥った男たちが、任務遂行のために全力を尽くす姿に、なんだかとてもグッとくるし、大変興奮するわけである。
 というわけで、何度か劇場で予告を観て、お、これは面白そうかも? と思っていた映画が昨日から公開となったので、さっそく観てきたわたしである。しかしまあ、なんつうか、お客さんはシニアのご夫婦ばっかりだったのが妙に印象的であったが、わたしが観てきた作品のタイトルは、『12 STRONG』というもので、『ホース・ソルジャー』という邦題が付けられている。まあ、その邦題のセンスのなさは後で触れるとして、結論先に言うと、うーん、ちょっとイマイチかなあ、という気がした。というのも、若干リアリティという面では、映画的に盛り過ぎているように感じてしまったからなのだが、どうも、12人の男たちの個性が発揮されず、主役のTHOR様無双のような気もしていて、なんか……わたしにはどうもリアリティが感じられなかったのである。
 というわけで、以下ネタバレ全開になる可能性があるので、まだ観ていない人はここらで退場してください。

 まあ、物語は基本的に上記予告の通りである。2001年9月11日。アメリカ同時多発テロ事件が発生し、その事件の首謀者たるアルカイダ引き渡しに応じなかったタリバン勢力掃討=アフガニスタン戦争の、US政府による最初の作戦を描いたものである。
 戦略目標は、敵拠点の制圧・奪取にあり、戦術としては空爆、を行うのだが、その空爆をピンポイントで誘導する地上部隊が必要で、主人公たち地上部隊であるUS-ARMY(合衆国陸軍)の12人のチームが派遣されると。そして彼らは地元の軍閥と協力し、敵拠点へ徐々に近づくのだが、軍閥にも種類があってしかも敵対しているような感情もあって、なかなかうまくいかない。おまけに、あのソ連が最終的にはさじを投げたアフガンの山岳地帯であり、寒さと峻烈な地形に当然機動兵器(車とか戦車とか)は使うことができず、馬しかない、という状況である。さらに言うと、敵勢力は5万。つまり、地の利もなく戦力差も激しいわけだ。ただし、あくまで彼らは空爆の誘導役であって、実は直接的な戦闘は主任務ではないのがポイントだ(それゆえ、12人と少数精鋭)。もちろん、敵に遭遇してしまっては戦闘にならざるを得ないわけだが、あくまでそれは遭遇戦で、突発的に起きる可能性が高い、というものである。
 何が言いたいかというと、実に地味、なのだ。作戦自体も、物語も。
 わたしは観ていて、これって……無人機RQ-1 PLEDETORを飛ばしてヘルファイアミサイルをぶっこめばいいだけじゃね? と思ったのだが、どうやら調べてみると、アフガンの寒さには弱いらしく、戦果はイマイチだったらしい。まあ、2001年当時の話なので、これが10年後だったらもっと改良されてたかもしれないけど、まあ、とにかく2001年当時、しかも冬(作戦は2001年11月~12月ごろ)にかけての作戦では投入できなかったようだ。なるほど。
 で、わたしが感じたリアリティ面で盛りすぎ、と感じたのは、ズバリ言うと、全然リロードする気配もなく撃ちまくり続けるシーンが多くて、なんだか興ざめだったのと、相当銃弾が行きかうバトルフィールドなのに、主要キャラには全く弾が当たる気配がなく、馬で突進するのも、なんかアレだなあと思うし、一方では主人公たちUS-ARMYの男たちの放つ銃弾はことごとく命中する、という、ある意味ハリウッド映画万歳的な描写が多くて、正直そういった点は微妙であった。
 なんつうか、やっぱり主人公がスーパーマンすぎたように思う。主人公のネルソン大尉は、実戦経験ゼロで、地元の将軍には、「あいつ(=他の隊員)は人を殺した眼をしている。あいつも。あいつも。でも、あんたはそうじゃない」なんて言われてしまうような指揮官なのに、妙に隊員たちからの信頼も厚くて、その辺の説得力を増すような、何かの描写があってほしかったようにも思う。なんかあったっけ? ちなみにわたしが邦題についてセンスゼロだと思うのは、その地元の将軍が、「我々はSOLDIER(兵士)じゃない。WARRIOR(戦士)だ」というシーンがあって、最終的に主人公も、戦士になったな、と認められ、なんと本作に出てきた地元将軍は後にアフガンの副大統領にもなった男で、現在も本作の主人公(のモデルとなった実在の軍人)と親友なんだそうだが、ともかく、「戦士」というのが一つポイントなのに、邦題で「ソルジャー(兵士)」はどうなんだ? と思ったからです。
 ただし、である。さんざん文句を言ってしまったが、それはあくまでこの映画に対して、であって、実際にこの作戦に動員された12人の男たちが、全員生還できたのはもう、相当奇跡的なのではないかと想像する。恐らくは、本作で描かれたよりも数倍厳しい環境だっただろうというのは想像に難くなく、平和な日本の映画館でぼんやりスクリーンを眺めていたわたしには想像を絶する戦いだったのは間違いないと思う。なので、主人公のモデルとなった軍人は本当にスーパーマン的活躍をしたのだろうと思うことにしたい。ホント、全員生還できてよかった。
 しかしまあ、その後の歴史も我々は知っているわけで、ビン=ラーディン殺害までにはその後10年もかかったことを思うと、彼らの奮闘がどのような意味があったのか……本作は、数年がかりの作戦を3週間で終わらせたことへの賛辞しか示されていなかったけれど、もう少し、この作戦がどういう重要な意味があったのかについても深く教えてほしかったと思う。ま、それは自分で調べて勉強しろってことかな。
 というわけでもう言いたいことがなくなったので、最後にキャストと監督について短くまとめて終わりにしたい。
 ◆ミッチ・ネルソン大尉:チームリーダー。実戦経験ゼロながら、部隊をまとめるリーダー。演じたのはTHOR様ことChris Hemsworth氏。まあ、いつものTHOR氏で、とりわけ熱演とか、凄かったとは思わないけれど、カッコいいのは間違いないす。つうかですね、12人ということで、人数が微妙に多すぎて、各隊員の個性がほとんど描写されないというか、印象に残る隊員が少ないんすよね。活躍度合いも隊長のネルソン大尉が前面に出過ぎてて、他の隊員の印象が薄いんだよなあ……そういう意味では、THOR氏のTHOR氏によるTHOR氏のための映画になっちゃっているようにも感じた。これは脚本的な問題かもしれないし、監督の演出的な問題かも。ちなみに、本作で大尉の奥さんを演じたElsa Patakyさんは、実生活でもChirs氏の本当の奥さんです。夫婦共演って……よく出来るもんすね。いや、皮肉じゃなくて、演技的な意味で。
 ◆スペンサー准尉:実戦経験豊富なベテランの副官・サブリーダー。被弾して重傷を負うも、ギリギリ助かった模様。しかし……冒頭に、BASED ON A TRUE STORYと出るので、まあ事実だったのだろうけれど、椎間板ヘルニアで腰を痛めてほとんど動けないってどうなんだ? 足手まといでは……。そんな准尉を演じたのは、わたし的にはゾット将軍でお馴染みのMichael Shannon氏43歳。以前も『SHAPE OF WATER』の時も書いたけど、この人、完全に50代に見えるんですが、ホントに43歳なんですか?w とてもわたしより年下には見えない……。ま、そんなことはともかく、彼は印象には残る役柄だけど、物語的にはあまり活躍しませんでしたな。
 ◆サム・デイラー:チームのムードメイカー的な明るい男。演じたのは、ANT-MANの親友だったり、いつもコミカルな役の多いMichael Peña氏。彼も……クライマックスの戦闘には参加しておらず(?)、印象には残るけれど活躍度合いは薄い。なんつうか……やっぱり演出の問題なのではなかろうか。とにかく、THOR様やメジャーな役者以外はほぼ印象に残らないのはとても残念。
 ◆ドスタム将軍北部同盟のメンバーたる有力氏族の長。妻子を殺されたことからアメリカに協力している地元将軍。演じたのはNavid Negahban氏というイラン出身のお方。かなり多くの映画やTV作品に出演されているベテランの方らしいけど、わたしは知らない人でした。将軍のキャラは非常に立ってましたな。本当に味方なのか、腹に一物抱えているのか、はっきりしないような大物としてなかなか存在感がありました。前述の通り、彼はその後2014年にアフガニスタン副大統領に就任したそうです。現職かな? わからんす。
 で、本作の監督はNicolai Fuglsig氏という方だそうですが、本作が初監督先品だそうです。WikiによればナイキやソニーのCMを撮ったり報道写真家としてコソボ紛争を取材したりした人だそうです。まあ、要するにまだド新人ですな。なので彼の演出がどうとか、よりも、結局はプロデューサーのJerry Bruckheimer氏の目印たる、ドッカンドッカン爆発するシーンばかりが目立っちゃった感じなんすかねえ……そう考えると、同じBruckheimer氏プロデュース作品なのに、あれだけ大勢のキャラクターを登場させながら、きっちり各キャラの印象を残す演出をした『BLACK HAWK DOWN』のSir Ridley Scott監督がやっぱりスゲエってことなのかな。

 というわけで、さっさと結論。
 現代戦を描く戦争映画が好きなわたしとしては、結構楽しみにしていた映画『12 STRONG』(邦題:ホース・ソルジャー)をさっそく観てきたのだが、残念ながらイマイチ、というのが結論のようだ。なにしろ、映画的に嘘っぽくて、弾切れナシ・自分の弾は当たる・けど相手の弾は当たらない、というのはやっぱりちょっとアレっすね。そして、12人の勇者たちの印象が全然残らないのが一番問題だと思う。もったいないというか……残念す。それと、アフガンの自然も、ちょっと嘘くさく見えたかもな……なんかもっと、まさしく神の見捨てた地のような荒涼とした山岳なはずなんだが……意外と行軍自体はスムーズなのも、ちょっとアレだったかもすね。なので、ええ、要するに、しつこいですがイマイチでした。以上。

↓ ああ、なるほど、原作は早川書房から出てるんすね。そして原作がそもそも「12 Strong: The Declassified True Story of the Horse Soldiers」というタイトルなんすね。それならしょうがないか。失礼しました!