わたしはミュージカルが大好きで、このBlogのタイトルにもその意を込めているわけだが、ここ数年、映画においてもミュージカル作品がちらほらヒットするようになってきたような気がする。
 その先鞭をつけたのは2012年の『Les Misérables』だと主張すると、それは違うぜ、もっとずっと前からあったよ、と当たり前の反応をされるとは思う。わたしも例えば『The Sound of Music』とか大好きだし。が、やっぱりあの『Les Misérables』のクオリティはすさまじく、キャスト陣のパフォーマンスのクオリティが素晴らしいのは言わずもがなとして、映画として、その撮影・演出がすごい、とわたしは思っている。普通、映画の場合は、撮影と歌は別で、別撮りした歌をかぶせるのが当たり前のような気がするが、あの作品は、本当に歌っている芝居そのものを撮影していたのである。これにはわたしはいたく感動し、それ故にすさまじいクオリティと賞しているわけだが、その主人公、ジャン・バルジャンを演じたHugh Jackman氏のパフォーマンスは本当に素晴らしかったとわたしは今でも思っている。
 そもそも、Hugh氏は、映画オタクのわたしにとっては、X-MENのWolverineでお馴染みなわけだが、実はBroadwayでも活躍している歌えるオージーであることは十分に承知していたものの、『Les Misérables』でのパフォーマンスはわたしの想像を超えていて、おまけに2014年かな、TONY賞の司会を務めた時(しかも4回目だったらしい)のパフォーマンスがこれまたウルトラ素晴らしく、なんてこった、Wolverineのくせにすげえ! とわたしの中ではHugh氏は最強に歌えるハリウッドスターとして認識されるに至ったのである。とにかくカッコいい。おまけに超イイ人キャラだし。イイ人なのは関係ないか。
 というわけで、以上はいつも通りの前振りである。
 今日、わたしはHugh氏最新作のミュージカル映画『THE GREATEST SHOWMAN』を観てきたのだが、これがまた歌が超最高だし、ダンスも超キレがあって素晴らしいし、大絶賛したい、けれど、若干アレだなあ、という点もあって、絶賛するかどうしようか迷っているのである。うーーーん……うーーーん……やっぱり、手放しでは絶賛できないかなあ……これはキャスト陣の問題ではなく、キャスト陣に対しては絶賛したいのだが……やっぱり撮影と、あれかな、編集のキレが悪いのかな……。だって、完全に口パク?で、歌が流れているのにキャストが歌ってないシーンがすげえ多いんすよ……これは完全に歌だけ後乗せだと思うな……そのため、なんというか、超長いPVを見たような印象なのである。その点がすげえ残念なんすよね……。でも、くれぐれも言っておきますが、歌とダンスは超最高です! これは劇場で観るべき映画だと思う。以下、物語の結末まで書いてしまうと思うので、ネタバレが気になる人は今すぐ退場してください。思いっきりネタバレると思います。

 というわけで、上記予告で聴ける歌もイイすねえ!
 ただし、物語は上記予告から想像されるものとは全く違うのではなかろうか。少なくとも、わたしが想像していた物語とはかなり違っていて、わたしは結構驚いた。
 主人公P.T.バーナム氏は実在の人物で、「サーカス」という興行を発明した男だそうだが、どうもWikiの内容を読む限り、今回の映画はかなり史実とは違うようだ。まあ、それは全然かまわないのだが、本作の物語をまとめると、こんなお話であった。
 時はどうやら19世紀の後半、バーナムは仕立て屋さんの息子として、上流階級のお屋敷に出入りしていて、とある金持ちの娘さんと恋仲になり、その父親には「どうせ娘はすぐに帰ってくる。貧乏暮らしに耐えられなくなって、な」なんて言われながらも結婚にこぎつけ、貧しいながらも二人の愛らしい娘に恵まれ、日々を送っていた。が、勤め先の商船会社が倒産し、無職となったところで、ふとひらめいたアイディアをもとに、「ユニーク(=唯一無二)」な身体的特徴を持つ人々を集め、ショーを開催する常設劇場をオープン、それが大ヒットとなって財を成すことに成功する。しかしそのショーも、所詮は見世物小屋という評価しか得られず、上流階級の人々からは蔑みの目で見られ、単なる成金野郎としかみなされていなかった。そんな中、上流階級向けの舞台作家として活躍していた青年と意気投合し、その青年のコネでイギリス女王(=ヴィクトリア女王)と謁見したり、何とか上流階級を見返してやろうとしていたところ、ヨーロッパで大人気の「本物の」オペラ歌手と出会い、アメリカに招いて全米ツアーを企画、それがまた大成功する。バーナムはその歌姫の本物の実力に心酔し、自分の劇場のショーをほったらかして、歌姫ツアーにのめりこんでいくのだが、そのことで妻や娘を蔑ろにしてしまい、あまつさえ、「家族」であった「ユニーク」な連中との間にも溝ができてしまい……てな展開となる。まあ、最終的には歌姫にも去られ、劇場を燃やされ、と無一文になってしまうけれど、残った仲間たちと、そうだよ、劇場なんていらねえ、テントで十分だぜ! と現在の「サーカス」の元となる興行を「地上最大のショー=The Greatest Show」として成功させるのだった―――てなお話である。
 まあ、要するに、途中まで、家族を蔑ろにする姿には、おいおいWolvarine、お前何やってんだよ、奥さん泣かせやがって、とか若干主人公への共感は薄れてしまうのだが、最終的にはめでたしめでたしに収まる、実に美しいお話である。ま、ちょっと美しすぎるけれど。なので、物語としては、ありがちというか、作り話めいているというか、冷静に考えるとそれほどグッとくるものはないのだが、前述の通り、とにかく歌とダンスは超最高である。というわけで、各キャラ紹介をしながら思ったことを綴っておこう。
 ◆P.T.バーナム:観ていてわたしが思ったのは、この主人公の、逆境を跳ね返すための挑戦を繰り返す、その不屈の気合、はそりゃもちろん凄いとは思うし、挑戦にはリスクが付き物だ的な発言も、そりゃそうだ、とは思う。けれど、あまりにその手法は詐欺師めいているし、計画も結構ずさんに見えるわけで、こんな危なっかしい男に惚れちゃった奥さんの心労は絶えなかっただろうな、とそっちの心配がずっと頭から離れなかったすね。しかしまあ、演じたHugh氏のパフォーマンスは本当に素晴らしかったですなあ! もう本作は冒頭からその歌とダンスを堪能でき、のっけから超ノリノリでありました。お見事です!
 ◆バーナムの妻:もう本当によく耐えましたねえ! そして演じたMichelle Williamsさんが超イイ!! この人、こんなに歌えて踊れたんだ!? と驚愕のパフォーマンスであった。あれは……ダブルなのか? 本当にMichelleさんなのか? かなり冒頭の、貧乏時代にアパートの屋上でHugh氏と歌って踊るシーンは超グルグル回ってすげえスピンでもう大興奮でした。演技も実にしっとりとした上質な芝居で、大変良かったと思います。ああ、Broadwayで『キャバレー』に出演したこともあるんすね。本物ですな、この実力は。
 ◆バーナムの二人の娘:まあとにかく可愛らしいチビたちでしたなあ! 最初の劇場こけら落としの時の、客席で踊るチビたちが超可愛い! どうかすくすくと育っておくれと祈らずにはいられないすね。最高です。
 ◆フィリップ:バーナムのパートナーとなる上流階級出身の男。演じたのは『High School Musical』でおなじみのZac Efron君30歳。おう、もう30歳になったんだな。歌はもちろん、ダンスもキレがありますねえ、やっぱり。キャラクターとしては、若干なぜ空中ブランコの彼女に惚れてしまったのか良くわからないけど、まあ、恋に理由はいらねえってことで、ひとめぼれだったってことなのかな。わたしは今まで彼の演技を見る機会はほとんどなかったけれど、なかなかいいですな、やっぱり。なかなかのイケメンでありました。
 ◆アン:「ユニーク」な劇団員の一人で空中ブランコの名手。演じたのはUS国内で大人気のZendaya嬢21歳。わたしは彼女のことは実はほとんどよく知らず、去年の『SPIDER-MAN:Home Coming』で初めてその顔と名前が一致するようになったのだが、やっぱり、歌もイイし、ダンスも超キレてますねえ! スレンダーで長身(180.3cmだって! Zac氏より全然背が高い!)な体の美しさも極めて上等でした。
 ◆ジェニー:バーナムがヨーロッパから招いた歌姫。演じたのはRebecca Fergasonさんで、な、なんて歌のうまい人なんだ!!! とわたしは超大興奮し、今まで何作かこの方の出演している作品を見ているけど、まさかこんなに歌がうまいとは!驚愕の歌ウマだぜ、と思ったのだが……残念ながら歌は別の方の声を当てているらしいです。なーんだ。超がっかり……。で、その歌を担当されたのがLoren Allredさんというお方だそうで、とにかく歌う『NEVER ENOUGH』という歌が素晴らしかった。

 Rebeccaさんが初めてUS国内で歌うシーンは超鳥肌モンでしたな。まさか本人が歌ってないとは……残念す。
 とまあ、キャスト陣に関しては以上でやめておくけれど、とにかく素晴らしいパフォーマンスであったのは間違いないのだが、冒頭に書いたように、映画としては若干アレなところがあって、ホント、PVを見ているような気がずっとしていたのは間違いない。それはやっぱり、役者をきちんと追わず、結構群舞だったりとキャラクターが画面に多いシーンが多く、せっかくのソロやデュエットでもきちんと役者の表情を追わず、引き目の画が多かったような気がする。カットも多いし。そういう意味では、去年の『LA LA LAND』のような一発撮影でもなくて、若干物足りなさを感じてしまった。まあ、今回の作品に流れる歌の数々は『LA LA LAND』のチームによるものらしいが、映画の出来としてはやっぱり、断然『LA LA LAND』の方が上だとわたしは感じた。本作を監督したのはMichael Gracy氏という方だそうだが、ほぼキャリアなしの新人監督みたいですな。何歳なんだろう……見た目は若い兄ちゃんですね。まあ、今後の活躍を期待したいと存じます。

 というわけで、結論。
 ミュージカルが好きなわたしとしては、Hugh Jackman氏主演ということで大変期待した『THE GREATEST SHOWMAN』という映画を観てきたのだが、確かに、歌とダンスのパフォーマンスは極めてレベルが高く、キャスト陣全員を激賞したい、のだが、どうも映画として、若干の問題点があって、ライブ感が薄く、長いPVを見ているような気分になる作品であった。その問題点は、ズバリ言うと撮影と編集にあるような気がしてならず、要するに演出の問題だろうと思う。あと、せっかくキーとなる重要な歌を、役者ではなく別人の歌をかぶせるというのも、正直とても残念だ。最初から歌える役者で撮ってほしかったす。それにしても、Michelle Williamsさんの歌とダンスは、本当に本人なのだろうか……?? 本人であってほしいと強く思います。何しろ、とにかく素晴らしかったので。以上。

↓ わたしはもちろん舞台版(日本語版)も観たことがありますが、この映画のクオリティはやっぱりすさまじいす。最高です。やっぱり、わたしとしてはエポニーヌの歌う「On My Own」が泣けますなあ……映画版でエポニーヌを演じたSamantha Barks嬢は、ほぼ唯一の舞台版本物キャストじゃなかろうか?