というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 なんだかもう、いろいろな事件?が起きる日本相撲協会ですが、まあ、わたしとしては土俵上の出来事以外にはコメントは差し控えたいと存じます。そして、現在絶賛開催中の初場所ですが、わたしが一番応援している松鳳山関は、昨日の11日目現在7勝4敗。ぐぬぬ……勝ち越しまであとひとつ、どうか頑張って勝ち越しておくれ……!
 ところで、わたしは今、今場所初入幕の東前頭14枚目、阿炎(あび)政虎関に大注目しております。何故かというとですね、去年、国技館へ観戦に行ったとき(当時は十両)に発見したのですが、この関取は、四股が超・美しいのです! 一度ぜひチェックしていただきたいのですが、阿炎関の四股は、足がまっすぐ伸びて、まさしく「シャキーーーンッ!」という効果音をつけたいような四股なのです。平成6年生まれだそうで、今年の誕生日でやっと24歳。体が柔らかいのでしょうな。あとは取り口がもっとガッツあふれる相撲になると、もっと応援したくなるのですが、どうも、若干あっさりしてるような……まあ、公式サイトの情報によると、身長187.0cmと長身な割に体重はまだ140.0kgと、たぶん幕内力士の中では軽い方だと思いますので、これからまだ体が幕内力士の体になる成長途上なんでしょうな。また立ち合いもやや腰が高いので、低重心でグッと踏ん張ってバーーッと行けば勝ち星も増えるような気がします。あと、ちょっと気に入らないのは、顔の表情が……もっと、殺気溢れる表情だといいのだが……とおっさんファンとしては思うすね。わたしの大好きな松鳳山関は、そのおっかない顔でもお馴染みです。
 イカン、余計なことを長々と……それでは、まずは今週の週刊チャンピオン2018年第9号概況です。
 ■巻頭グラビア:今週は浅川梨奈嬢。このグラビアは最高すぎます。
 ■弱虫ペダル:先週告知のあった通り、今週はお休みです。今まで全く休みのなかった渡辺先生。ゆっくりお休みください。
 ■刃牙道:修行観の巻。刃牙の反撃開始か? 先が全く読めないす。
 ■囚人リク:何故の巻。最終回間近……。今週も鬼道院の顔芸炸裂です。
 ■BEASTERS:電流通う牙の列の巻。レゴシ君の捜査が続きます……。
 ■昆虫武将チョウソカベ!:殿とおイチの夫たちの巻。鬼柴田まで出てくるとは……!
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週はいよいよ鯉太郎VS【王虎】さんの宿命の戦いの幕が切って降ろされました。ハッキヨイからのファーストアタックは両者互角、二人ともに嬉しそうな表情を浮かべている様が描かれて先週は終わりましたが、今週は当然その続きです。
 というわけで、今週のオープニングはすぐさま追撃の2撃目です。立ち合いの時と同様、鯉太郎は頭から、【王虎】さんは右肩でドンとぶつかります。そしてまたも互角か!? いや!? 鯉太郎の顎が上がって吹っ飛ぶその時、【王虎】さんは渾身の右で張りに行ったーーー!! そしてボゴ!っと王虎さんの右ストレートが鯉太郎の顎にヒーーーッット! これはイッたか!?
 しかし鯉太郎は左足に力を込めて耐えきり、すかさず鯉太郎も渾身の右を返す! またもやボゴッと鯉太郎の右ストレートが【王虎】さんの顔の左側に炸裂! いいのが入ったぞ! これには石川君も虎城理事長も息をのんだ表情だ! そして両者、すこし距離が空いたのか、鯉太郎はグッと踏ん張り、ぶちかましの発射体制を整え、【王虎】さんはそれを右手で迎撃態勢をとり……両者発射だーーッ!
 おおっと!! しかし鯉太郎のぶちかましは右に変化、【王虎】さんの張りは空を切った! この変化には、【大山道】兄貴も、あれはオレの!的な表情! そして常松も「よしっ…横をとった…!!」と解説してくれます! しかし常松の解説はあてにならないことでおなじみです! 
 ああーーーっと! なんと横へ飛んだ鯉太郎の顔面を、【王虎】さんの左手ががっちりキャッチ! まるで、どこ行くんだコラァ!的なことを物語っているかような、血管の浮き上がる【王虎】さんの左手です! この【王虎】さんの動きに、バーキも「読んでやがった…」とゾッとした表情! 鯉太郎の顔面をつかんだ左手を、【王虎】さんはいともたやすくぶん投げます! 鯉太郎吹っ飛ぶ!
 しかし吹っ飛んだ鯉太郎はすぐさま体制を整え、ふたたびのぶちかましを発射! そして【王虎】さんも、上等だこの野郎!的表情です! するとめくったその先のページでは、来たあ! 鯉太郎のぶちかましを【王虎】さんは頭で受けたーーー!! ゴンとすごい音がしています! 頭には頭、これは天才【毘沙門】の対応と同じです! ハイリスク・ハイリターンな迎撃! お互い吹っ飛ぶ! そしてお互い、最高にうれしそうな笑みだ!
 鯉「そう……」
 虎「コレだ……」
 ここから先は、お互いが同じことを持っているのでしょう。二人の思いがつづられます。
 「心臓が破裂するまで 体が砕けるまで…脳が沸騰するまで…細胞が蒸発するまで…」
 そして再び頭と頭がゴンと音を立ててぶつかります!
 「己の…存在を…生き様を ぶちあてろ!!!」
 ここは見開きで素晴らしい二人の表情が描かれております!
 というわけで今週ラストは、頭をぶつけたままの体勢で、お互い「おおおおお」と雄たけびを上げるの図で終了でした。はーーーー……興奮したっすわ……これは時間にして10~20秒ぐらいでしょうか? 今のところは互角と言ってよさそうですが、果たしてどんな決着になるのか、もうドキドキが止まらないすねえ! やっぱり、鯉太郎は左前まわしを取り、そして【王虎】さんは小手に取り、投げの打ち合いになるんすかねえ……。はーーくそう、来週号が早く読みたい! つうかもう、最終回のクライマックスが近いようなテンションで、ホントにこのあと3番取れるのか心配です。どうなるんすかねえ……もう毎週ドキドキしながら鯉太郎の戦いを見守りたいと存じます。
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 12日目:【王虎】東大関
 --------
 【王虎】東大関。11日目現在11勝0敗
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目の結果不明
 【天雷】東関脇 12日目現在9勝3敗に←New
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。66連勝中(11日目現在)。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、互角のファーストアタックからの展開が描かれ、張り合いから変化を交えた頭と頭のぶつかり合いという両者一歩も引かない状況でありました。まだお互いにまわしは取っておらず、組み合ってはいません。というわけで、序盤はまったくの互角。ここからどういう展開になるのか、超楽しみですなあ! 今すぐ来週号が読みたい!!! いやあ、ホントに鮫島は最高です! 以上。 

↓ ジャンプのこちらは最新刊で高校編完結、大相撲プロ編へ! TVアニメ化がうらやましい!