というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間です。
 どういうわけか、わたしのこの『鮫島』ニュースは、わたしが興奮して適当なことをほざいているだけなのに、海外からのアクセスがやけに多いことは以前も書きましたが、ここのところさらに海外アクセスが増え、何気にアクセスログをチェックするのが興味深い状況となっております。以前からフランスやスイスからのアクセスは確認できていましたが、このところ、毎週かかざず南米チリからのアクセスがあったり、ハンガリーやオーストリア、メキシコなどからもアクセスがあって、へえ~と毎週驚いております。
 ところで、日本では大相撲初場所が絶賛開催中で、わたしが一番応援している東前頭9枚目の松鳳山関は昨日の4日目現在で3勝1敗とまずまずのスタートを切っていて大変うれしいのですが……まあ、いろんなことがありますなあ……土俵外も、土俵内も大変なことが起きていて……その辺りのことに関してはコメントは差し控えたいと思います。でも一言だけ! 稀勢の里関よ……どうか頑張っておくれ……!!
 それでは、まずは今週の週刊少年チャンピオン2018年第8号概況です。
 ■巻頭グラビア:大原優乃嬢。Fカップ女子高生だそうです。極上す。
 ■弱虫ペダル:2人の壁の巻。山岳賞まであと40m。手嶋さんがらみは泣けますなあ!
 ■刃牙道:到達の巻。武蔵無双が続いています。刃牙は勝てるのかしら!?
 ■囚人リク:宣言の巻。いよいよクライマックス直前ですな。今週も絵力が最高です。
 ■BEASTERS:荒星の弔いの巻。レゴシ君はもはや悟りの境地に至ってますな。
 ■昆虫武将チョウソカベ:殿は夜空にホタルを放ちの巻。なんかどんどん面白くなってきましたよ! 今週は信長配下の浅井家の登場です!
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて。それでは今週の『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 先週は結構サクサクと話は進み、鯉太郎と【王虎】さんの運命の土俵入りまでが描かれました。そして結論から言うと、今週はハッキョイ!から最初のファーストアタックの様子まで、です。二人とも、セリフはありません。いやあ……それだけなのになんでわたしはこんなに興奮しているんだろうなあ……やっぱり、土俵上の二人の熱がわたしにも伝っているってことなんだろうなあ……。
 というわけで、今週はカラー扉から始まり、物語は呼び出しさんのコールから幕開けです。それを見つめる椿ちゃん、空流の兄弟たち、バーキ、寺井さん、大器くん、田上さん改め【稲虎】関&どんぐり渡部くん。おっと! 小さく【宝玉光】のクソ野郎もちゃんと観てますね! 誰が観るか!とか言ってたくせに! イイすねえ、こういう演出は。
 そして土俵上で相対する鯉太郎&【王虎】さん。国技館は大変な興奮に包まれているようです。わたしももう既に血圧上がってます。そして、描写はチラッと 「ハッキヨイ!せきとりくん」もどきのあの着ぐるみに移りました。そうです、この謎?の着ぐるみも、二人のこれまでをずっと見守ってきた重鎮の一人です。
 「責務なのだ…わたしにとってこの一番を見ることは…」だそうですが、中の人って、明確に描かれたことありましたっけ……? 一応『Burst』(12)巻の最後の戦いの後、頭部分を脱いでいる描写はあったと思いますが、顔は見えなかったような……月刊「力士」記者の畑さん、通称「教えのハブさん」じゃあないですよね、確か……。すみません、また完全にわたしが忘れている or 間違ているだけかもしれません。★追記:さっそくご指摘いただきました。中の人は、現虎城理事長と、鯉太郎の父である火竜、二人の師匠だった天城元親方で(あろう、と思われる状況で)したね! ご指摘ありがとうございます! しかしそう考えれば、この場の立会人としては、その資格十分というかこれ以上ないお方すね。
 そして次に描かれるのは、久々登場の日刊トップの山崎さんです。橋くんにはもう現場は任せてくれと言われているようですが、「うるせえ、今日はプライベートだ…しっかり見ねーとよ…アイツにぶっ飛ばされちまう…」だそうです。アイツ、それはもちろん鯉太郎の亡き父、大関【火竜】でしょう。鯉太郎と【王虎】さんの因縁を、そしてその二人の父の因縁を一番よく知る男ですから、当然この一番は見届けないとイカンわけです。
 そしてここからは再び、土俵の模様に移ります。NHKアナの実況に対して、虎城理事長も想いのこもった返答です。
 「さぁ! 注目の一番!! 場内が期待からくる歓声で埋め尽くされています! しかし意外といってはなんですが 歓声とは裏腹に両力士とも静かに見えますが…」
 「必死に押さえているんでしょうな…期待と喜びがパンパンにつまった風船の口を…手を離せばもう押さえは利かない…2人とも…いい顔をしている…」
 理事長、あなたも大変いい顔しますよ! そして行事がチラッと目をやると、土俵下の審判席で仁王兄貴こと空流親方がすっと右手を挙げています。それすなわち、「時間いっぱい」のサインです! NHKアナも興奮気味に「さぁ! 時間いっぱい!!」のコールを告げました! 一段と沸き上がる観客席の声援に、赤ん坊はびっくりして大号泣開始です。そして塩を取り、撒き、行司の「手をついて!」のコールがかかり、その一瞬の静寂に満ちた神々しさ?のようなものに、号泣していた赤ん坊も思わず沈黙。そしてページをめくると、見開きで鯉太郎&【王虎】さんがそれぞれ右手を握りしめて、土俵に付けるの図が大迫力で描かれております!
 なんかもう、ついに! 来ちゃった! とわたしは大興奮ですよ! この見開きの素晴らしい絵は、電子書籍で一枚絵としてみると大変な迫力です! もう言葉ではうまく説明できないので、サーセン、どうか今週のチャンピオンを買ってご確認ください! そしてさらに次以降も8ページ、4枚の見開きです。橋くんや椿ちゃんは、土俵を包むオーラ? 熱量? のような高度に圧縮されたエネルギー? に圧倒されています。
 「うわっ…意識が…想いが…ハジかれる…土俵(ここ)は今……あの2人しかいない…」 
 そして鯉太郎&【王虎】さんの嬉しそうな顔!
 「さぁ」「いこうか」 OK、いっちゃってくれ!
 そしてとうとう立ち合い成立、ぶつかる二人! もはやハッキョイの声も聞こえません! 体勢としては、鯉太郎はいつも通り頭から、そして【王虎】さんはカチ上げ気味の右肩! 鯉太郎の頭が【王虎】さんの右肩にヒット!!!
 そして次の見開きは、お互いにはじかれる二人! 互角!! こんなに互角なのは、二人の戦いで初めてのような気がします!
 そして今週ラストは、二人の不敵な、そして心から楽しそうな喜びに満ちた笑み、で終了でした。一応、編集部謹製の締めのキャッチを引用しておきます。
 「ぶつかる喜びが炸裂…!!」
 はあはあ……興奮した……。いやあ、しかし、とうとう始まった大一番、この勝負の行方はさっぱり想像できませんが、なんか鯉太郎の体の状態はもう全然大丈夫なような感じです。それは最期の灯、なんすかねえ……なんというか、もう、わたしも、今のこのVS【王虎】戦に集中して楽しみたいと思いました。終わった後のことは終わった後で心配すればいいや……。はあ……はやく来週号が読みたいなあ……今、今週号を読み終わったばかりなのに。こういう、次が待ち遠しくてたまらないという漫画が、やっぱり傑作と呼ばれるものなんでしょうな。佐藤先生、来週もよろしくお願いいたします!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 12日目:【王虎】東大関
 --------
 【王虎】東大関。11日目現在11勝0敗
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目の結果不明
 【天雷】東関脇 12日目現在9勝3敗に←New
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。66連勝中(11日目現在)。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は、とうとうハッキョイ、二人の渾身の立ち合いまでが描かれ、ラストの二人の心から喜んでいる表情がとても印象的なお話でありました。なんかもう、わたしの頭には、この言葉しか浮かびません。『鮫島』は最高だぜ……!!! しかしホントに、まだこの後もあるのに、大丈夫なんでしょうか……ま、それはこの大一番が終わった後にしましょうか。まずはこの大一番、毎週ドキドキしながら見届けたく存じます。以上。

↓ 最新刊発売中ですので、よろしくお願いします!