というわけで、毎週木曜日は『鮫島』ニュースのお時間ですが、明日は勤労感謝の日で祝日ですので、本日水曜日に『鮫島』ニュースをお送りいたします。
 現在毎日熱戦が繰り広げられている大相撲九州場所については、いろいろ書きたいことがありますが微妙なことも多くてやめにしておきます。ひとつだけ、わたしが応援している松鳳山裕也君は、昨日の十日目現在3勝7敗と星は良くありませんが、相撲の内容はとても松鳳山関らしいいい相撲が多く、ま、実際のところ星には不満ですが、頑張っていることは間違いなく、今後も応援を続けたいと存じます。やっぱり、幕内土俵入りのときにはひときわ小兵すねえ、松鳳山関は。それでいてガッツあふれる張りや押しが、わたしを熱くさせるわけで、大変素晴らしい力士だと思っております。そして九州場所ということで、わたし的には「毎日必ず客性にいる和服美人」のお姉さまを日々探し、おっと、今日は洋服だ!とか、若干ストーカー気味ににやにやするの図であります。変態サーセン!
 では、まずは今週の週刊少年チャンピオン2017年52号概況です。
 ■巻頭グラビア:久松郁実嬢。超極上で素晴らしいすねえ!
 ■弱虫ペダル:つめたい雨の巻。手嶋先輩&葦木場くんの過去話終了、最後の勝負だ!
 ■刃牙道:今週は休載、どうも次号は2話掲載のようです。
 ■BEASTERS:博愛主義のディープワールドの巻。レゴシ突然襲われるの巻です!
 ■囚人リク:命令の巻。さあ、脱獄完了、リクたちのターンになるのか!?
 てな感じの週刊少年チャンピオンでありました。

 さて、それでは今週の『鮫島』ニュースをお伝えいたします。
 先週はとうとう【王虎】さんVS新生【百雲】関の勝負の結末までが描かれ、【王虎】さんがぶん投げるの図で終わりました。今週は、NHKアナの「勝負あったーー!! 勝ったのは王虎ーーー!!」の絶叫と、ドワアアアと沸く観客席の様子から始まりです。
 今週はですね、【王虎】さんとNew【百雲】関の心のセリフですべてが語りつくされますので、その要約をお伝えするのが手っ取り早いと思われます。
 まずは、NHKアナの実況です。「百雲渾身の押しを見せるが王虎には通用せず 終わってみれば圧倒的な強さを見つけた王虎! 文句なしの圧勝で無傷の11連勝―――!!」
 です。うむ、という表情の虎城理事長、涙を流す新発田部屋親方、そして土俵でやり切った感?でゼェゼェと息を切らすNew【百雲】関が描かれます。
 そしてそんなNew【百雲】関を見下ろす【王虎】さんの長いモノローグが入りますよ!
 「どれほどのものか期待はしたが…しょせん何かを捨てなければ 何かを手に出来ない奴なんてこの程度 俺が欲しいのはもっと貪欲で強欲な純粋さ… お前のようにつくったものじゃなく…喰うか喰われるか… ギリギリのせめぎあいだけが俺を高みに上げる… 求めるのは 鮫島とのあの一番…」( ここでは、Brustでのあの一番が王虎さんの脳裏に描かれます。そして、「腹の足しにもならねーよ…テメーのレベルじゃ…」と捨て台詞を吐く【王虎】さんが1ページブチ抜きで描かれます! カッコイイ! 離れ眉の癖に! そして相撲記者としては新人の橋くんのモノローグが入ります。
 「驚いたな…似てたのは百雲じゃない…むしろ王虎の相手を引き上げる相撲こそ 鮫島と同じじゃないか…」 まあ、要するにそういうことなんすね。なるほど、す。そしてさらに、父であり師匠である往年の大横綱でもある虎城理事長も、この戦いを観て感じた想いがモノローグで語られます。
 「負ける訳にはいかなかっただろう…いや……負ける訳がなかったと言うべきか…百雲の相撲は 王虎…お前が通り過ぎてきた道……鮫島とのあの一番がなければ…今の王虎はなかっただろう…百雲にもそういったキッカケがもう少し早くあれば…百雲もまた違った答えを出したかもしれなんな…」
 というわけで、花道を引き揚げるNew【百雲】関には、観客席からは「あの相撲ならまた応援するぞ」とか「最後は良かったぞ」と信頼回復な声がかかっています。そして出迎えた新発田部屋親方もいい相撲だったと嬉しそう。しかし! 【百雲】関の表情はもはやボロボロで疲れ切った様子。親方たちは言葉を失います。そして【百雲】関の口から出たのは、今までご迷惑をおかけししました、もう疲れました、これで俺は、終わります、という引退宣言。【百雲】関は語ります。
 「いや…俺は終わってたんだ…あの泡影戦で…それを王虎のおかげでやっと飲み込めた…それどころか…あの泡影戦以上の力を…自分の能力以上の力を最後に出せた…その上で王虎(アイツ)は俺を 叩き潰してくれた…ちゃんと殺してくれた…アレも…器が違う…」
 この、最後の「アレも」というときの【百雲】関は、花道から振り返って土俵を見ています。そしてそこでは、勝ち残りの【王虎】さんが、横綱【泡影】へ力水を差しだしています。こここは何と見開きで、ズドーンと描かれる「横綱へ力水を差しだす王虎さんの図」です。なにやら極めて神々しい風景で、その様子に橋くんはブルリと身震い。ついに【王虎】さんも、横砂の存在感に負けていないほどになったようです! そしてそんな土俵を見た【百雲】関は、晴れやかな表情で言います。
 「最後の相手が…王虎(アイツ)で良かった…」
 というわけで、今週ラストはナレーションで終わります。
 「引退を決めた力士の目は 安堵に包まれたような優しさが宿るという…百雲の目にそれを見た親方の新発田は 何も言わずにそれを了承 そしてこの日 百雲は引退届を提出した」
 ラストのコマは、国技館から引き上げる【百雲】を待っていた綾子ちゃんの後ろ姿ですよ。は―――……【百雲】関、お疲れ様でした……。なんというか、綺麗にまとまりましたねえ……来週からは、また描写は鯉太郎に戻るのでしょうか。そして椿ちゃんや親方の想い、そして鯉太郎の行動は――!? と目が離せないわけで、来週も既にもう楽しみです! 最高すね、『鮫島』は!
 それでは最後に、毎週のテンプレを貼って終わります。
 <場所:9月場所>
 【鮫島】東前頭十四枚目(5月場所で東前頭十枚目)
 【白水】西小結
 【松明】東前頭六枚目。常松改め。本場所は7連勝したけど11日目から休場
 【大吉】序2段【豆助】序ノ口【目丸手】序二段【川口】不明
 ------
 1日目:【飛天翔】西前頭十二枚目。石川改め。
 2日目:【宝玉光】西前頭十一枚目
 3日目:【舞ノ島】西前頭十枚目
 4日目:【巨桜丸】西前頭九枚目。新入幕力士
 5日目:【岩ノ藤】東前頭七枚目 
 6日目:【大山道】西前頭七枚目
 7日目:【蒼希狼】西前頭六枚目
 8日目:【丈影】東前頭四枚目。横綱の弟弟子
 9日目:【闘海丸】西小結
 10日目:【毘沙門】東前頭五枚目
 11日目:【天雷】東関脇
 --------
 【王虎】東大関。11日目現在11勝0敗
 【猛虎】東大関。10日目現在10勝0敗。11日目って結果出てましたっけ?
 【天雷】東関脇 11日目現在9勝2敗に
 【稲虎】田上改め。十両力士に成長してた!
 【泡影】東横綱。第72代。29場所連続優勝中。65連勝中。モンゴル人。
  他の力士は表にまとめた記事を見て下さい。 
 
 というわけで、結論。
 今週は【王虎】さんの考えがはっきりわかり、そして【百雲】関が引退を決意したところまでが描かれました。そして【王虎】さんの存在感はもはや横綱に匹敵する神オーラを纏うまでになり、いよいよ本命であるVS鯉太郎戦も近づいている気配です。もちろん、【猛虎】さんも、素人時代の鯉太郎への借りを返す時を待っているでしょうから、鯉太郎最後の4番も大変なことになりそうですなあ! ヤバいす。我々読者としては、毎週ワクワクしながら今後の展開を待つしかないわけですが、はあ……しかしつらいというか、もうとにかく鯉太郎が心配でなりません。まったく大丈夫じゃないわけで……どうなるんすかねえ……佐藤タカヒロ先生、今後ともよろしくお願いいたします! 何をよろしくなのか我ながら良くわかりませんが! 以上。

↓ 来場所はまた前頭10枚目ぐらいに下がってしまうなあ……まあ、それでも応援します!