いやあ、ホント最高でした。
 2年前の10月に日本で公開された映画『John Wick』。日本が大好きなことでおなじみのKeanu Reeves氏が、ウルトラ凄腕の殺し屋を演じた痛快アクション作である。まあ、物語的に若干アレな作品だが、Keanu氏演じるジョンさんが大変面白いというかイイキャラクターで(※善悪で言えば純然たるBADGUYではある)、そのばったばったと敵を倒すGUNアクションは最高に気持ち良く、わたしも大変楽しませてもらった映画である。
 そのジョンさんが、帰ってきた!のである。わたしとしてはもうとても楽しみで、我慢できずに今日は仕事をさっさと切り上げ、日本橋TOHOシネマズへ行き、その続編たる『John Wick:Chapter2』を早速観てきたのだが、感想は冒頭に書いた通り、最高でありました。いやあ、これは面白い! しかし、1点だけ注意点として挙げておくと、やっぱり前作を観てないとちゃんと楽しめないと思います。そういう意味では完全なる続編と思っていいのではなかろうか。というわけで、以下、たぶんネタバレまで全開で書いてしまうと思うので、気にする人は読まないでください。

 さてと。まずは前作がどんなお話だったか、軽く復習しておくと、主人公ジョン・ウィックは殺し屋である。が、愛する妻を病気(だったと思う)で亡くし、殺し屋稼業も引退、妻の遺したわんことともに、静かに暮らしていた、が、ヤクザの親分を父に持つゆとり小僧が、ガソリンスタンドで給油していたジョンさんの愛車、ビンテージのFORDマスタングに一目ぼれし、「金ならいくらでも出すから売ってくれよ(ニヤニヤ)」「彼女は売り物じゃあない(She is not for sale)」とぴしゃりと断られる。バカなゆとり小僧はカッとなって、あろうことかジョンさん邸に仲間を引き連れて夜襲をかけ、大事なわんこを殺し、おまけにジョンさんの愛車をかっぱらって逃亡。ジョンさんは深く静かに激怒しながら、親分も、「ジョンさん、うちのバカ息子が申し訳ねえ、なんとか怒りを収めちゃくれねえか」と最初は手打ちにしたかったものの(ジョンさんは業界的スーパー有名人のため、親父は真っ先にバカガキに何てことしてしてくれたんだこのドアホが!と激怒する)、ジョンさんとしてはバカ息子に落とし前をつけてもらわないと怒りが静まらないわけで、交渉決裂、親分も事ここに及んでは後に引けず、壮絶な殺し合いに発展。怒り心頭に達したジョンさんは、封印していた銃を再び手にし、舐めたクソガキをぶっ殺しに出陣するのであった―――てなお話であった。
 そして今回の『Chapter2』では、前作ラストで無事にガキとヤクザの親分をぶっ殺し、やれやれ、となったーーかと思いきや、愛車がまだ戻ってきていないので、その愛車奪還の壮絶なアクションシークエンスから物語が始まる。このオープニングアクションもすごくいいです。前作でぶっ殺したヤクザの親分(ちなみに演じたのはつい先日亡くなったMikael Nyqvistさん。非常にシブくて味のある役者さんで惜しい方を亡くしました……)、の弟が保管していたジョンさんの愛車を取り戻し、まあ取り戻したはいいけど、これでもかってくらいぶつけまくってボロッボロになって(ドアも1枚外れちゃってる)しまったため、前作にも出てきた車屋の旧友に、「どう? 直る?」「……どうって……エンジンもドライブシャフトも何もかもいかれてるじゃん……でもまあ、直るよ。クリスマスごろかな。つっても、2030年のクリスマスだけどな(笑」みたいなちょっと笑えるやり取りがあって、とりあえずひと段落。
 そしてジョンさんは家に帰り、前作で物置の地下に保管していた、けど掘り出した武器、を元に戻して、一人せっせとセメントを練って、再び封印する。そんな地道な作業が終わって、やれやれ、と一息つくと。何やらドアベルが鳴り、来客がやってくる。その客は、どうやらジョンさんが引退する際に、ちょっとだけ助けてもらったイタリアンマフィア(=カモッラ)の野郎で、この作品に特有の「殺し屋協会」の会員として、「一度作った借りは必ず返すべし」みたいな掟を盾にとって、とある仕事を依頼しに来たのだった。ジョンさんは、俺はもう引退したし、無理なもんは無理だ、と当然断る。しかしイタリア野郎は、へえ、掟を破るのか。そりゃあ残念だ。ジョン、オレは友達だと思ってたけどなあ。しょうがない、じゃあまたな。と一度帰るも、すぐさまジョンさん邸を焼夷弾(?)で攻撃、焼き討ちにする。
 激怒したジョンさんは、焼け出されてボロボロな姿で、てくてくと徒歩でマンハッタンへ向かい(あれは……ブルックリンブリッジかな? 左から右に歩いてたから、違うのかも……?)、前作でも出てきた「殺し屋協会」が経営するあの「コンチネンタル・ホテル」(どうやらロケ地としてはウォール街のそばの、Pearl StとBeaver Stの交わる三角のところらしいので、ブルックリンブリッジからはすぐ近くではある)へ直行、支配人に面会を求めるが、支配人には、ジョンさん、そりゃあ、あんたがあいつに借りを作っちまったんだから、どうしようもないよ、と言われてしまう。真面目で律儀なジョンさんは、マジかよ……としょんぼりして覚悟を決め、イタリア野郎に会いに生き、まったく気が進まないながらも、仕事を受けることに。その依頼とは、カモッラの次期BOSSに指名された、自分の姉を殺してくれ(そして自分が次期BOSSになる!)というものだったーーーかくしてジョンさんの死闘は舞台をローマに移すのだが、ローマでの「殺し屋協会ローマ支部」がまた非常にいい感じで、銃の専門家のおじさんを「ソムリエ」と呼び、まるでワインのテイスティングするかのように、必要な武器を見立ててもらい、服も、カッコイイイタリアンオーダーメイドのスーツを仕立てるのだが、完全防弾仕様で(ただし衝撃は消せないので、超痛い)、以降このスーツは大活躍する。で、仕事自体はあっさり片が付く(ターゲットのお姉さんもジョンさんの旧友?で、超潔い死に方)のだが、その後の脱出劇では大勢VSぼっちのジョンさんの激しい戦いとなり、途中からは、ジョンさんに仕事を依頼したイタリア野郎も裏切ってジョンさん抹殺に参加、複数勢力が入り乱れる大乱戦となる。その戦いもなんとか切り抜け、ジョンさんはボロボロの体で「殺し屋協会ローマ支部」のホテルに帰り着き(※前作通り「殺し屋協会」のホテル内では、仕事=殺しは厳禁のルールがある)、一応無事にNYCへ帰ると。で。帰ってきたNYCでは、イタリア野郎がジョンさんに700万ドルの懸賞をかけて、ジョンさんはマンハッタンのいたるところで狩りの対象となってしまうのだがーーーてなお話でありました。はー。短くまとめられなかった……。
 まあ、本作の見どころは、激しいGUNアクションにあるのだが、今回は前作以上に「殺し屋協会」の各キャラが大変良かった。ホテルのメンバーは前作通り。キャストも同じ。今回も、NYCのホテルのコンシェルジュの黒人青年は出てきます。大変ナイスキャラで、今回はジョンさんのわんこも預かってくれます。「当ホテルでは預かれません……が、もしよろしければ、わたくしが個人的にお預かりいたしましょうか?」「ああ、助かるよ」みたいな、ジョンさんとコンシェルジュの性格が良く分かるほほえましいシーンですな。もう一つ、今回は「殺し屋協会」の本部の描写があった。なんと! ちょっと笑えることに、本部は60年代風のレトロな装置を使っていて、働いているのはみんな中高年のおばちゃんたちで、極めて事務的に、殺しの依頼を協会員にメールを送ったりする様がとてもよかったと思う。ちなみに、NYCの支配人は、ジョンさんのことを「ジョナサン」ときちんと呼ぶのだが、まあ、信頼関係があるんでしょうな。そして今回、ラストでジョンさんはとある掟を破ってしまい、支配人も苦渋の判断でジョンさんを協会から破門せざるを得ず……なエンディングで、まあ確実に続編は作られそうですな。それもまた楽しみです。
 というわけで、わたしは大変楽しめたわけだが、わたしが一番面白いと思うのは、やっぱりジョンさん本人のキャラクターだろうと思う。なんというか……ほんとKeanu氏そのもの?のような、妙に律儀で妙にきちっとした真面目な殺し屋なんすよね。そこが一番わたしは笑えたし、なんつうか、愛すべき殺し屋なんですな、とても変な言い方ですが。そして今回のアクションは、もうすさまじいの一言に尽きるだろう。今回、ジョンさんは、殴られる・蹴られる・刺される・撃たれる・車に跳ね飛ばされる・階段から転げ落ちる、など、とにかく満身創痍で痛そうなこと甚だしく、まあ大変な目に遭います。観ているわたしはもう、ずっと、アイタタタ……とつぶやかざるを得ず、一方であまりの状況に笑いも抑えられないという妙な状態であった。
 そして、もちろん他のキャラクターも魅力がいっぱいで、わたしが気に入った5人のキャラと演じた役者をメモしておこうと思う。まずは、NYCのコンチネンタル・ホテルの支配人ウィンストンを前回に引き続き演じたのは、Ian McShane氏74歳。実に渋くて、何気にジョンさんをいつも助けてくれるが、今回ラストでは苦渋の決断を下すことに。大変かっこいい。そしてその部下であるコンチネンタルホテルのコンシェルジュ、シャロンを演じたのがLance Reddick氏54歳。あれっ!全然青年じゃねえ!54歳なんだ……もっと若いかと思ってた。今回もきわめて丁寧というか慇懃無礼で有能なコンシェルジュを好演。まあ、いわゆるギャップがもたらす笑い、ですな。
 で、今回の新キャラとしてわたしが気に入ったのが以下の3名だ。
 まずは、NYCのホームレスを束ねるギャング?なのか良く分からない影の実力者的なキャラとして、なんと! Laurence Fishburne氏が登場、名作『The Matrix』以来のネオ&モーフィアスのツーショットを披露してくれます。このお方は、前歯が猛烈にすきっ歯で、なんかいつもすごくシブくてカッコつけてるのに、そのすきっ歯がわたしは気になって仕方なくなっちゃうんすよねえ……しかし今回のキャラは、わたしは実は良く分かりませんでした。あれは……殺し屋協会の理事の一人ってこと? 違うよな……何だったんでしょうか。そんな良く分からないキャラだけど、やっぱりFishburne氏が堂々と演じると、やけに存在感バリバリですね。Wikiによるとこのお方は、日本のアニメが大好きだそうです。
 次。イタリア野郎の護衛団のTOPである、しゃべれず手話を使う超攻撃的なおっかない女子を演じたのはRuby Rose嬢31歳。非常に印象に残る殺し屋でした。大変な美人さんです。そう、ジョンさんは、この作品では、ロシア語、イタリア語、そして手話まで出来ちゃう凄い語学力のお方であることも描かれました。さすがデキる男は違いますな! ジョンさんと、この女子とは殺しあう仲なんだけど、ジョンさんのラストの手話はちょっとカッコ良かったすね。
 ラスト。今回初めて出てきた、殺し屋協会ローマ支部、のコンチネンタル・ホテル・ローマの支配人ジュリアスを演じたのは、往年のマカロニウエスタンの大御所、Franco Nero氏でありました。いかにおっさんのわたしでも、さすがにマカロニウェスタンはEastwood先生の作品ぐらいしか見てないんだよな……なので、わたしが一番覚えているFranco Nero氏といえば、やっぱり『DIE HARD2』のエスペランザ将軍でしょうな。あとは、『Letters to Juliet』のロレンツォおじいちゃんかな。アレもいい映画でしたね。
 とまあ、こんな感じに、新キャラも魅力いっぱいで、ジョンさんの激闘を盛り上げてくれました。まあ、おそらくは続編も作られるであろうと思うので、また2年後ぐらいに、ジョンさんのその後が観られることを期待しつつ、今回はこれにておしまいにしようと思う。

 というわけで、結論。
 2年前に大興奮した『John Wick』がパワーアップして帰ってきた! というわけで、さっそく初日の今日、その続編である『Chapter2』を観てきたのだが、今回もやっぱり大変面白かった。ただまあ、ものすごい数の死者が出るので、それを面白がっていいのかという気がするけれど、その様子は、下品なものではなく、ジョンさんに完全に感情移入しているわたしとしては、向かってくる奴は全員ぶっ殺す! しかないわけで、大変痛快でありました。ただ、最初に書いた通り、この作品を楽しむためには、前作を見ていることが必須条件ですので、もしまだ観ていないならば、今すぐ観て、そして明日にでも劇場で『Chapter2』を観に行くことをお勧めします。以上。

↓ 観ていないならば、今すぐWatch This Right NOW!でお願いします。最高です。