わたしはもうすっかりゲームはやらなくなってしまったが、わたしの周りにはゲーム好き、というよりもはやハードなゲーマーともいうべき人々はいて、中でも元部下のYくんは、わたしの知り合いの中では一番のゲーマー野郎である。彼は、もはやゲームはPlayStationなどのいわゆる「ゲーム機」でプレイすることは少なく、それよりもハイスペックなPCでのプレイが中心であり、遊んでいるゲームも10年前なら「洋ゲー」と呼ばれていたような、ガチムチ系のアクションゲームが多い。実際のところ、日本で発展したゲーム文化はもはや日本でしか売れないガラパゴス化の方向で進化し、もちろん、任天堂やスクウェア・エニックス、あるいはバンダイナムコなど、大手ゲームは売れてはいるが、世界規模ではあまり大したことがなく、その存在感は薄れるばかりと言ってもいいだろう。日本人がJ-RPGと呼ばれる作品やスマホをいじって喜んでいるうちに、世界の屈強なゲーマーたちはさっさと先へ進んでしまったわけである。
 ま、いずれにせよ、わたしとしてはゲームの世界も仕事上詳しくある必要があったのだが、自分自身がプレイしていなくても、隣に座っていたY君に話を聞けばいいし、そもそもY君に任せておけばよかったわけで、ゲームに関しては超ニワカである。そしてそんなニワカなわたしでも、当然幾つかの超有名タイトルのことは、だいぶ前から知っていたわけで、その中でも世界的に大人気であり、Y君も新作が出るたびにプレイしていたゲームの一つが、『Assassin's Creed』というシリーズである。わたしは、Y君が『Assassin's Creed』について、こっそり忍び寄って、サクッと殺るゲームっす、と熱く語るのを聞いて、それは要するに、往年の名作『天誅』みたいなゲームってこと? と質問したことがあるが、ええと、間違ってはいない、けど、違う、かな? と微妙な回答であった。曰く、物語がしっかりしていて、ストーリー自体が面白い、のだそうだ。なので、わたしはプレイしたこともないのにいつの間にか「テンプル騎士団」だの「アサシン教団」だの、「エデンの果実」だのといったゲームの世界観について知識を得ていったのである。
 というわけで、以上は前振りである。先週から公開になった映画版『Assassin's Creed』をやっと観てきたので、そのことをこれから書こうと思っているのだが、実はあまり書くことがなくて……つい無駄なことを書いてしまった……。一応、今回の映画版の予告編は、シリーズをすべてプレイしてきたY君をして相当期待できる! というものだったので、まあ、何も知らないに等しいわたしでも、楽しめるかな、と思ったのだが……結論から言うとかなり上級者向けの物語になっていて、Y君によれば、説明がいろいろと不足しているので、自分は楽しめたけどアンタにゃわからんかったでしょうよ、という若干の侮蔑を含んだ趣旨を丁寧な言葉で申し渡されることとなったのである。くそう。ああそうだよ、おれには良くわかんなかったよガッデム!
 
 というわけで、FOXには珍しく、非常に観たくなるようないい出来の予告である。だいたいお話は上記予告の通りと言っていいだろう。ただし、なかなか複雑なお話で、正直なところ良くわからない部分も多いし、そもそものメインとなる機械「アニムス」が謎過ぎてついて行けないような気もした。
 ざっと物語を説明すると、中世十字軍にも参加したテンプル騎士団が、現代の世にもその力を保持して世界にこっそり存在していて、「エデンの果実」を探していると。その目的は、ざっくり言うと人類の洗脳で、そのキーアイテムとして「エデンの果実」が欲しいわけだが、「エデンの果実」とは、最初の人類(アダムとイブ)に、神への叛乱を起こさせたもので、無知なまま神へ従属するのではなく「自由」を人間にもたらせたものであって、それは人間の精神(をDNAレベルで?)改変させる力がある、と彼らは思っている。で、その「果実」を最後に目撃した、15世紀のスペインにいた「アサシン教団」の男がいて、そいつの末裔として現代を生きる男をとっ捕まえて、そいつの「DNAに刻まれた記憶」を紐解けば、その所在がわかるんじゃね? ということで、DNAから先祖の記憶をトレースできる「アニムス」なる謎マシーンを使って「果実」を追う――てなお話である。実はわたしはこれで正しい理解なのか、正直全然自信がない。テンプル騎士団は全員修道僧だから、「エデンの果実」は神に反抗する、あってはならないもの、だからそれを確保する、ってことなのかな? 一方の「アサシン教団」は、あくまで人間の自由を守るために、テンプル騎士団と戦ってると、まあそんな感じの対立構造かもしれない。なんというか、よく分からなかったのがわたしの頭の悪さのせいなのではないかと非常に残念である。そして、アニムスについてももうチョイ原理的な説明が欲しかった。だいたい、アニムスを開発製造できる技術があったら、もっと別のやり方で世界征服できるんじゃね?
 しかし……たぶん、実際のところ、この映画はもうそんなストーリーはどうでもいいんじゃないかとも思う。それよりも、見せ場はゲームの世界そのままの超人的なアクションにあるのだろうと思う。パルクール、あるいはフリーランと呼ばれる縦横無尽なアクションシーンこそがこの映画の最大のポイントだろう。
 だが……わたしはこのせっかくのアクションも、映画としてはかなりイマイチだと感じた。とにかく画がブレブレで、きちんと画面にとらえられていないのは大問題だ。せっかくすごいスタントなのに活かしきれていない。実に素人っぽい画でわたしは結構がっかりした。カメラのブレを臨場感と勘違いしている映画をよく見かけるが、本作もその傾向が大いにある。アレじゃあダメだと思うな……。まあ、『Assassin's Creed』の代名詞ともいうべき「イーグル・ダイブ」は凄かったすね。ゲームそのままの迫力はあった……のだが、これはやっぱり3Dで味わうべきだったんだろうなと思う。なのに、ぜんぜん字幕3D版が上映されないのはホントに意味が分からないというか……こういう点がFOXのダメなところで、極めて残念だ。本作は、イーグル=鷲が重要なモチーフになっていて、鷲が空を舞うショットも多いのだが、あれを3Dで見せないでどうすんだ……配給社の配慮のなさには失望しかない。そもそもFOXは『Avatar』で3Dの威力を世界に知らしめて世界中の映画館の設備を改めさせた張本人なのに。実に分かってないとしか言いようがない。
 というわけで、ストーリーも映像も、配給社のマーケテイング戦略も、わたしとしてはかなりイマイチに感じた。せっかくキャストは豪華なのに、実に残念であった。ただ、Y君のような、元のゲームの大ファンは大変楽しめたらしいので、結論としては一見さんお断りで、分かる人には分かるということなんだろうと思う。なんか、もういつものようにキャスト紹介する気も失せたので、ざっと流して終わりにします。
 主人公の現代の死刑囚カラム・リンチと、15世紀のアサシン教団のアギラールという2役を演じたのが、世界有数のイケメンと呼ばれるMichael Fassbender氏。そしてヒロインでアニムスを開発したソフィア博士を演じたのが、これまた世界有数の美女と呼ばれるMarion Cotillardさん。そしてその父で現代のテンプル騎士団に所属する、アニムス開発会社社長を演じたのが、オスカー男優Jeremy Irons氏。この人もカッコイイ。とまあ、そんな有名美男美女がそろっており、ビジュアル的には大変見栄えがする。とりわけFassbender氏のアギラールは、ゲームのイメージそのままで、大変カッコいい。散々イマイチだと言ったけれど、シーンのワンカットワンカットのビジュアルイメージはとてもイイので、物語や雑な撮影がきちんとしていれば、もっとだれでも楽しめる作品となったはずなのだが、まあ、なんというか、残念です。いろいろと。

 というわけで、もう飽きたのでぶった切りで結論。
 映画『Assassin's Creed』は、そのゲームのビジュアルイメージをかなり忠実に再現しているけれど、まず物語は一見さんお断りの分かりにくさがあり、せっかくのアクションシーンもブレブレの映像できちんとわからない部分があって、一言で言うと残念、であった。もちろん、役者は美男美女だし、アクションスタントもすっごいので、そういう点では見事ではある。けど、話がよく分からんという決定的な部分はどうしようもないというか……PV的ですね、ゲームの。ただ、ゲームの大好きなYくんは楽しめたというのだから、ま、そういうことです、はい。以上。

↓ 日本では一応これが最新作かな? でも、Y君曰く、PCでやるのが一番、だそうです。キーボードでよくできるなあ、と言ったら、そんなの当たり前ですよ!と鼻で笑われました。