Brad Pitt氏といえば、誰もが認めるスーパーイケメン野郎だ。1963年生まれの現在53歳。まあ、いつの間にか立派なおっさんだ。このところ、離婚問題でちょっと話題になっているわけだが、まあそんなプライベートはどうでもいい。実のところ、わたしはこのイケメン野郎は結構演技派だと思っている。意外と、というと大変失礼だが、この男、実に演技がしっかりしていて、わたしとしてはDiCaprio氏より断然上だと思っているので、2008年の『Benjamin Button』でオスカーを獲れなかったのが非常に残念に思っている。あの映画での演技は、わたしとしてはあの年ナンバーワンだと思ったのだが、『Milk』でのSean Penn氏にかっさらわれてしまったのが未だに惜しかったなあ、と思う次第である。
 そんなBrad Pitt氏の主演映画が、今日から公開になった。
 タイトルは、『ALLIED』。えーと、強いてカタカナで表記すると「アライド」。ありーど、じゃないす。ビジネス用語でよく使う「アライアンス」の動詞の「ally」の過去分詞であり、2次大戦の「連合国軍(=The Allied Force)」を表すのによく使われる単語だが、辞書的に訳すと「結びつけられた」という意味にもなるだろうし、そこから転じて「同類の」という形容詞でも使われる単語だ。物語はまさしく「連合国」内のお話で、フランス領モロッコのカサブランカで出会ったフランス人女性スパイと、カナダ人軍人という「同類の」二人が極秘作戦中に恋に落ちて「結び付けられ」、モロッコでの任務終了後に共にロンドンへ渡って結婚し、幸せに暮らす……のだが、実は女性はナチスドイツの二重スパイなんじゃねえかという嫌疑をかけられ、主人公たるカナダ人の軍人が 超ピンチに陥る、とまあそんなお話であった。なので、タイトルの『ALLIED』という言葉は、この映画にはいろいろな意味があると思う。
 しかし、日本語タイトルは「マリアンヌ」と若干メロドラマっぽいものになってしまったわけで、それがいいか悪いかはともかく、わたしは観終った印象として、なんとなく日本のメロドラマっぽいお話だったなと強く感じたのである。というわけで、以下、いつも通りネタバレ全開ですので、読む場合は自己責任でお願いします。

 まあ、ストーリーの概要はもうすでに書いたけれど、上記予告で示されるとおりだ。このところ、Brad Pitt氏はいつも髭ボーボーだったり無精ひげだったりロン毛だったり、若干むさ苦しいツラが多いけれど、今回はやけにすっきりキレイなイケメンぶりである。そのせいか、確かどこかのプロモーションでは「久しぶりの正統派二枚目役」的な惹句を見かけたような気もする。たしかにその通りで、今回はキャラ的に突飛だったり癖のあるような役ではなく、その見かけ通り実に正統派で、いっそわたしの愛する宝塚歌劇でミュージカル化してもいいんじゃねえかしら、とすら思ったほどだ。そして物語も実にストレートで、ホント、わたしは何故だか、妙に昭和な日本ドラマを思い起こした。そうか、そうだよ! 物語もすげえ宝塚っぽいんだ! 王道って言えばいいのかな、とにかく、年に宝塚歌劇を10本以上観るわたしには、大変おなじみな展開というか、実に宝塚的なお話だとわたしは感じたのである。時代的にも、物語は1942年から1943年にかけて、だったかな、日本で言えば明確に昭和を舞台にしているわけで、その時代設定も影響したのかもしれないな。
 主人公がカナダ人という設定も、ちょっと珍しいかもしれないが、フランス領モロッコ(のカサブランカ)への潜入ということで、フランス語を話すシーンがいっぱいあるわけで、まあそのせいもあってカナダ人という設定になったのかもしれない。本作は、原作小説があるのかな、と思ったけれど、どうやら映画オリジナル脚本のようだ。おそらくは、Brad Pitt氏主演で2次大戦モノで恋愛ドラマを作ろう、という形で企画が動き、舞台はやっぱり、往年の名作『Casablanca』と同じにして、ヒロインはフランス人に設定し、それならフランスが誇る美女、Marion Cotillardさんをキャスティングしよう、みたいな流れだったのではないかと勝手に想像する。その過程で、フランス語をしゃべるならカナダ人にしよう、みたいな。いや、サーセン。これはわたしの勝手な妄想なので、本当のところは分かりません。
  しかしですね、とにかく、ヒロインを演じたMarionさんは美しく、これまた宝塚歌劇の娘役が演じてもいいような、強くて、そして愛の深い、実に印象的なヒロインだったと思う。この方も、すでにオスカーウィナーだし、演技のほどはもう素晴らしかった。こんな女性と夫婦を演じろ、なんて任務を受けたらですね、そりゃあ、常に冷静な軍人であろうと、恋に落ちますよ。恋に落ちない男はいないと断言してもいいね。とにかく超美人だし、なんというか……微妙に切なげだし。
 なので、上官からは、そんな作戦を共にした女と結婚するなんて、どうかしてるぞ、と注意されるけど、別れるなんてそりゃあ無理っすよ。いずれにせよ、カナダ人とフランス人の恋であり、舞台はモロッコ(の都市カサブランカ)とロンドン、というわけで、ちょっと珍しい。物語は、前半はモロッコでの作戦、後半はロンドンでの生活とスパイ疑惑、と明確に分かれている。時間配分もほぼ半分ずつであった。なので、映画として前半と後半は結構トーンが違っている。
 まず前半。やっぱり、本作の監督であるRobert Zemeckis氏はCGの使い方が実に巧みで、本作でもそれは存分に発揮されていたと思う。おそらく、二人がモロッコの砂漠にいる画は、CGだと思う。けど超自然すぎて全然自信はありませんが、Zemeckis監督ならありうる。あ!パンフに書いてあるな。やっぱりスタジオセット&CGだそうだ。ついでに言うと、オープニングシーンの、主人公が砂漠にパラシュート降下して降り立つ場面も完全にCGだろう。非常に独特な、Zemeckis監督らしい画だとわたしは冒頭から、すげえ、と感じた。
 そして後半、空襲にさらされるロンドンも、セットとCGの融合だろう。とりわけ、ヒロインが空襲のさなか、愛らしい女児を出産するのだが、あのシーンは相当なCGがつめこまれていると思うな。とにかくZemeckis監督の創造するCGは、超自然すぎて毎度ながらすげえと思う。去年の『THE WALK』もホントに凄かったもんな。そういった画としてのすごさは、Zemeckis監督の場合、そのすごさを感じさせない非常に自然だという点で世界一レベルだと思う。

 というわけで、役者は美男美女だし、お話も王道だし、これは女性に非常に受ける映画なのではないかと推察する。何度でも言うが、実に宝塚っぽい。なので、男が観た場合は、若干、ケッ!っと思われる方もいるかもしれないな……。
 しかしですね、まさしく、「だが、それがいい!」のですよ。わたしは、実は結構ラストはグッと来た。そう来たか、という意外性はあまりないとは思うが、やはりBrad Pittというある意味最強イケメンと、Marion Cotillardという世界有数の美女が真正面からド真面目に王道のラブロマンスを演じられたら、もうその世界にひたるのが正しい姿であり、そこをとやかく文句を言うのは、モテないブサメンに違いないと思う。まあ、わたしもモテないブサメンですが、わたしはこの作品をちゃんと楽しめました。なにしろわたし、宝塚歌劇が大好きなんでね。これで二人が歌っちゃったら、もう最高すぎて大感動!だったかもな。いやあ、実に良かったです。

 というわけで、もう何が言いたいかわからなくなってきたし眠いので結論。
 Brad Pitt氏主演の『ALLIED』(邦題:マリアンヌ)を、初日の今日、金曜の夜だってのに一人で観てきたわけだが、お話は、美男美女の正統派ラブロマンスということで、なんとなく昭和の香りのする恋愛ドラマであった。そして、宝塚歌劇が大好きなわたしは、実にその宝塚的王道ラブロマンスに酔う2時間を過ごしたわけである。一人で。なので、女性には特におすすめしたい。エンディングはかなり悲しい結末になるが、それがまたいいわけでですよ。これは……男には難しいかもな……という気もするが、わたしとしては万人にお勧めしたいところである。ぜひ、ブサメンの皆さんは女子とともに観に行こう! わたしは大変面白かったっす。以上。

↓ Marion Cotillardさんが主演女優賞を獲ったこの作品、実はわたし、観てないんすよね……もう品切れのようで、リンク先はクソ高い価格なので買わないでください。 
エディット・ピアフ 愛の讃歌 [Blu-ray]
マリオン・コティヤール
東宝
2012-02-24