というわけで、新年一発目の週末映画興行データです。
 この週末は土日月の三連休でしたが、基本的に土日二日間の興行収入数値がメインです。 つーかですね、『君の名』はこの年始の1/5時点ですでに224.9億まで伸びているそうで、まったくもってお盛んですなあ、と驚きました。そしてわたしは、今年一発目の映画館での鑑賞として、去年の10月に公開されていた『湯を沸かすほどの熱い愛』を超今さら、1/3に観に行ってきました。泣けること甚だしい映画でありましたよ。詳しいことは1/3の記事をご覧ください。

 それでは、いつも通り興行通信社の大本営発表から見てみよう。

 1位:『映画妖怪ウォッチ空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン』が23日間で25億突破は確定的で26~27億ほどと見積もる。さすがの積み上げですが、やはり前作及び前々作と比べると、かなり数字は落ちます。前作比で60%を割り込んでると思われます。となると、やはり40億も届かない、ということになりそうな気配です。なお、おそらくは、動員数1位で、金額順ではもっと下の順位だと思われます。ちびっ子興行だからしょうがないす。
 2位:『バイオハザード:ザ・ファイナル』が17日間で30億突破はたぶん確定的、31~32億ぐらいと見積もる。おっと、Tweetによると昨日の祝日までで33.3億だそうです。こちらも3週目比較で過去作と比べると、前作の「5」より上で前々作の「4」にほんの少し届かないレベル、ということになりそう。てことは……一番売れた「4」が47億だったので、40億は楽に超えてしまいそうな勢い。45億ぐらいだろうか? それともそれ以上なのか、これは要チェックですな。
 3位:『君の名は。』が20週目にして3位まで浮上、まあ、前週末も3位だったそうですが、昨日の祝日までの累計では229.2億だそうです。すげえというか、もうまったく分からねえす。
 4位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が24日間で35億突破は確定的、36~37億ほどと見積もる。うーん、これは微妙なことになってきました。このままだと、いつまでの上映か分からないけれど、今の4週目の段階では『ズートピア』より若干落ちるぐらい。だけど……落ち率が『ズートピア』はすごく少なかったのに対してこちらは普通に毎週落ちて行っている……ので、70億はちょいとキツイ、65~67億程度での決着かな、と現段階ではテキトーに予想します。
 5位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が45日間でもう65億超えちゃっていると予想。66~67億当たりと見積もります。さすがに年末年始で数字を伸ばした印象ですね。ところで、この映画の次ってもう公開日が決まってるんでしたっけ?
 6位:『海賊とよばれた男』が30日間で20億には届かなかったと見積る。18~19億ほどか? こちらも数字を心配していましたが、年末年始できちんと積み上げてきましたね。これなら20億は届きそうで良かった良かった。
 7位:『土竜の唄 香港狂騒曲』が17日間で10億に載ったかどうかぐらいまで積み上げたと見積もる。どうかな、乗ったとしたらなかなかのものですね。素晴らしいじゃないですか。前作は3週目で12億を超えた板と思うので、チョイ落ちで済んでいる、と言っていいのかも。
 8位:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が23日間で10億突破はおそらく確定的、12~13億ぐらいと見積もる。ところで、こういった小説や漫画の映画化作品って、製作費どのくらいなんだろうな……想像よりずっと安く作れるんだろうな……きっと。まあ、15億まで行けば余裕で黒字なんでしょうな。
 9位:『傷物語(III 冷血篇)』が公開土日で0.7~08億ぐらい行ったのかしら。金曜公開で、昨日の祝日まで含めれば2億ぐらい行ってても驚きません。そこまでは行ってないかな。どうでしょう。
 10位:『この世界の片隅に』が先週時点でとっくに10億超えたらしいので、58日間で11~12億ぐらいか。上映館がグッと増えてTOP10維持。頑張ってますな。これでもう黒字は確実、かな? だといいのですが。たぶん、アニメの方が確実に時間も金かかると思うんだ……今の邦画よりも。でもまあ、大丈夫と思いたところです。
  
 とまあ、こんな週末だったようです。

 そういえばもうゴールデングローブ賞が発表されましたが、アカデミー賞も日本時間の1/24(火)の夜にノミネートが発表されます。WOWOWはちゃんとノミネーションも生中継するんだから偉いなあ……。わたしも楽しみにWOWOWを観ようと存じます。しかしですね、ゴールデングローブの受賞作品を鑑みると、たぶん、今回のアカデミー賞はまだ日本公開になってない作品が多そうで、なんというか……何とも言えないというか期待も盛り上がらないというか……ホント、さっさと公開していただきたいものだと思う。まあ、そういう「アカデミー何とか賞受賞!」みたいな看板がないと、宣伝のフックにならないのは分かるけどね……。分かるけど、もう効果薄いんだよな……残念ながら。洋画ファンとしては大変残念です。
 というわけで、映画を愛する身としては、今年もいっぱい映画を観ようと存じます。以上。