というわけで、毎週月曜日は恒例の週末映画興行データです。
 今日は、第88回アカデミー賞の発表があったので、週末興行ランクはさらっと流して、後半はアカデミー賞ネタをお送りします。

 ではさっそく、いつもの興行通信社の大本営発表から。
 1位:『黒崎くんの言いなりになんてならない』が公開土日2日間で1.9憶。講談社別冊フレンド連載中。ほぼ興味なし。
 2位:『オデッセイ』:25日間累計で27億超か。アカデミー賞にかすりもせずだが、わたしの2016年暫定ナンバーワン。最終30億±2億ぐらいの当初予想より上に行きそうな気配。
 3位:『信長協奏曲』:37日間合計で40億間近。まだチョイ届いてないぐらいと見る。40億程度とした当初予想を大幅に超えそう。43~45億着地ぐらいは確実?
 4位:『ザ・ブリザード』が公開土日で0.9億。スクリーン数からするとかなり厳しめ。5億に行くか微妙。
 5位:『Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡』:16日間合計で5億を超えたか。凄い!
 6位:『X-ミッション』:9日間合計で3億以上4億未満。予測よりもチョイ上かも。
 7位:『スターウォーズ/フォースの覚醒』:73日間合計で112億。120億はちょっと厳しい情勢。
 8位:『さらば あぶない刑事』:30日間合計で14億。うーむ、18億届くかどうか?
 9位:『ヘイトフル・エイト』が公開土日で0.47億。上映館が少なくて、観に行きたいのに困る……。
 10位:『ガールズ&パンツァー』がまだランクイン。13奥は越えてるはず。ホントにすごい。

 ほか、『SHERLOCK/忌まわしき花嫁』:10日間合計で2億行ったかぐらい。わたし激賞の『キャロル』は18日間合計で2億程度と厳しい。アカデミー賞もかすらず、非常に残念。でもオススメですので、ホントにもっと売れて欲しいです……。とまあ、今週末のランクはこんな感じのようでした。

 で。今日は第88回アカデミー賞の授賞式が行われました。ちらちらと、WOWOWメンバーズオンデマンドで観ていましたが、字幕版を後ほどゆっくり見てみようと思います。
 以下、受賞リストです。主要賞だけでいいよね? また、基本的に各賞は個人に与えられるものですが、役者と監督以外は、作品名だけでお許しいただければと。
----------------------
■作品賞:『Spotlight』 邦題『スポットライト 世紀のスクープ』4/15(金)公開予定
■監督賞:Alejandro Gonzalez Inarritu 『The Revenant』 邦題は『レヴェナント 蘇えりし者』4/22(金)公開
■主演男優賞:Leonard DiCaprio  『The Revenant』 
■主演女優賞:Brie Larson 『Room』 4/8公開予定。邦題はそのまま『ルーム
■助演男優賞:Mark Rylance 『Bridge of Spies』 公開済み。
■助演女優賞:Alicia Vikander 『The Danish Girl』 邦題『リリーのすべて』3/18公開予定
■脚本賞:『Spotlight』
■脚色賞:『The Big Short』 邦題:『マネー・ショート 華麗なる大逆転』3/4(金)公開
 ※脚本賞と脚色賞ってどう違うのと聞かれることがありますが、英語にすれば一目瞭然です。
 脚本賞はWriting Original Screenplay→オリジナル作品ってことですな。
 脚色賞はWriting Adapted Screenplay→つまり原作アリ作品ってことです。
■撮影賞:『The Revenant』
■編集賞:『MADMAX:Fury Road』 公開済み
■美術賞:『MADMAX:Fury Road』
■衣装デザイン賞:『MADMAX:Fury Road』
■音響編集賞:『MADMAX:Fury Road』
■録音賞:『MADMAX:Fury Road』
■作曲賞:『The Hateful Eight』 公開中
--------------------
 というわけで、わたしは特に予想は立ててなかったけれど(いや、だって観てない映画ばかりだし)、もちろん、Stallone隊長が取れなかったのは残念ですが、それでも、助演男優賞をわたしが激賞した『ブリッジ・オブ・スパイ』のおじさんが受賞したのは嬉しいですな。素晴らしい演技でした。
 それから、制作系の主要部門を何気に『MADMAX』が独占したのは驚きだし(衣装デザイン賞まで獲るって、どうなのよ? という気もしなくもない)、 作曲賞に、スーパー大ベテランのEnnio Morricone氏が獲ったのも、これが初受賞だと知って驚いた。もうとっくに受賞したことがあるのかと思っていたほど数多くの作品を手掛けているので、ご本人も嬉しかったでしょうな。
 ほか、監督賞、主演男優賞を『The Revenant』チームが獲ったのは、まあ大本命ってことでいいんでしょうな。DiCaprio氏も助演1回主演4回のノミネートを経てようやくのオスカー像ゲット。良かったですね。監督も2年連続受賞は史上3人目だそうで、歴史に残る偉大な監督となりましたな。当然、わたしも4月公開の『The Revenant』は観に行きます、つーかさっさと公開してもらいたいものですね。あと、助演女優賞を受賞した、Alicia Vikander嬢が高度なAIを搭載したアンドロイド役で出演している『Ex Machina』は果たして日本公開はいつなんだろう? 今回、視覚効果賞も受賞したし、わたしはそっちを観たくてたまらないんですけど……日本公開しないつもりかな? US国内では2015年4月にとっくに公開されているのだが……なんか事情があるのかな!? さっさとGAGAあたりが買い付けて、公開していただきたいものだ。
  
 ところで、ほとんど根拠はないが、今後の日本公開で、大ヒットと言えるほど興収を稼ぐのは、おそらく『The Revenant』だけだと思う。今まで、アカデミー賞を獲った作品でも、そのほとんどが、日本ではそれほど大きなヒットにはなっていない。恐らくその反省から、今年のノミネート作はそれぞれ賞の発表から少し時間をおいての公開が組まれていると思うのだが、結局賞を獲れなかった作品は、ほとんど売れずに終わってしまうんだろうな……。それなら、ノミネートの時点で公開して、もっと国内でもUSアカデミー賞合わせで盛り上げた方が、よっぽどお客さんは来るんじゃなかろうか。作品賞が『Spotlight』となったのは、わたしとしては若干驚いたわけだが、観ていないので何も言えないけれど、きっと日本じゃ売れないと思う。わたしもあまり見る気になっていない。なぜならキャスト的にも、内容的にも、イマイチわたし好みでないからだが、全く若者を呼べそうにないし、公開も1カ月以上先だし、興行の行方が心配だ。それでもきっと、作品賞を受賞したので、期待を込めた厚いプロモーションを行うような気がするけれど、まあ、やめておいた方がいいと思いますよ。金をかけすぎて、それが回収できるとはあまり思えないので。……ま、余計なお世話ですかね。

 というわけで、結論。
 とりあえず、この週末の動きは新作が順当にランクインするも、まだまだ『オデッセイ』『信長協奏曲』が上位で頑張っていますね。アカデミー賞で受賞した作品群がどれだけ日本で売れるかを注目していく予定です。

↓ もういっそ、海外版のBlu-ray買っちまおうかな……どうやらスペイン版は日本語字幕が入ってるっぽいので。